トップページ | 2004年8月 »

2004年7月

04/07/31 Sat 宿酔い土曜日。

 ハムレタスサンド 牛乳
 阿佐ヶ谷の「富士そば」で、 きつねそば
 阿佐ヶ谷のトルコ料理「イズミル」で。 メッセ エキメキ シシカバブ アダナケバブ 白ワイン 赤ワイン

昨日は3時まで深酒したので、頭がんがん。
朝食を作ることもできない。 私がベッドでうなっているので、お腹をすかせた夫は1人でカップヌードルを食べていた。

夫は私が遅くなってもあまり文句を言わない。 同じ業界で働いているので、お互いがどんなことをやっているのか手に取るようにわかるのだ。 これはいいことだが、仕事が終わってもお互いだらだらと仕事の話をしてしまうのが難点。

私は昼前にのそのそと起き出して、サンドイッチを作って食べる。


午後から妹のために子供用品を取りに行く運転手の役。
寝不足の二日酔いで事故を起こすといけないので、夫に同乗してもらう。


車が混んでいて、妹をたまプラーザまで送り終えて帰宅すると8時前。
疲れてしまったので、阿佐ヶ谷のトルコ料理を食べに行く。
肉を食って、元気回復した。

カメラを忘れたので、今日は写真なしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/30 Fri 送別会。

0407_2734.jpg

 イングリッシュマフィン 目玉焼き ロメインレタス トマト ウインナ オレンジ プルーンとヨーグルト
 弁当持参。 焼き飯 餃子 豆とウインナの煮込み トマト 即席わかめスープ
 銀座の「松玄 凛」で。 お任せコース 生ビール 洗心 黒龍

夜。
外国に転勤する顧客の送別会。
私はこの人が大好きだったので、とても淋しい。
みんなとカラオケで炸裂したあと、帰り道が一緒だったので「まだ飲み足りませんね」と二人でバーで飲みなおす。
さっきのハジケぶりとはうって変わってしんみりモード。

今までいろいろとありがとうございました。
向こうでの活躍をお祈りしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/29 Thu とうもろこし。

0407_2720.jpg 0407_2727.jpg


 うなぎチラシ寿司 味噌汁 キュウリのぬか漬け スイカ プルーンとヨーグルト
 虎ノ門の「ラーメン次郎」で。 ラーメン 野菜とにんにく追加
 自炊。 蒸しとうもろこし そうめんのたらこ和え スパムと野菜のサラダ キノコのマリネ さんまの開き(画像なし) ジントニック 焼酎のソーダ割り

昨日の夜はサラダだけだったので、目が覚めたらお腹ぺこぺこ。 料理する気も満々!
朝からチラシ寿司を作る。 多めに作って残りを弁当にするつもりだったのに、夫が全部平らげてしまった。

ところで最近、とうもろこしが我が家の食卓によくのぼる。
この間スーパーマーケットのとうもろこし売り場に「皮付きのまま、レンジで5分で蒸しとうもろこしができる!」と書いてあったのでそのとおりに作ったら、ほんとにそうだった。
簡単でおいしいので、一品足りないときにすごく便利。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/28 Wed 熱帯夜の地獄。

0407_058.jpg


 メンチカツサンド プチトマト すいか プルーンとヨーグルト
 新橋の「バンコクキッチン」で。 Bランチ (麺とかけご飯)
 自炊。 スイカとリコッタチーズのサラダ ドライシェリー

仕事関係の先輩とランチ。 彼女がおいしいと勧めてくれたタイ料理屋さんに行く。
ナンプラーやタイ米の匂いをかいでいると食欲がモリモリと湧いてきて、麺もご飯もぺろりと平らげてしまった。
北欧系のカフェに移動して、お茶。

なんか愚痴りたい気分になって、あれこれ愚痴った。
先輩も2月から4月までは仕事のストレスがひどく、心臓が圧迫されるような苦しさで病院に駆け込んだそう。
私だけじゃなかったんだねー、辛いのは。

元気が出たので、ワインショップでワインを注文して事務所に戻った。

夜。
さて、熱帯夜の今日はどの地獄コースで寝ようか。
寝室のドアを閉めて寝るか、開けて寝るかだけのチョイスだが、どちらも辛い。
ドアを閉めると冷房が効きすぎてお肌かさかさの密室冷房地獄。 
ドアを開けると、他の部屋からの冷房が間接的に入ってきて気持ちいいけど、猫たちがべたべたと乗っかってきて暑苦しい、猫地獄。

最近ずっと密室地獄だったので、今日は猫地獄を選択することにした。
寝室のドアを開けたとたんさっそく猫が入ってきて、ベッドの上にどたんと倒れて寝そべった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/27 Tue ビアホール。

0407_2704.jpg 0407_2708.jpg

 そうめん(きゅうり・ハム・錦糸玉子) スイカ プルーンとヨーグルト
 虎ノ門のパン屋「プルクワ」から。 海老カツバーガー シーフードグラタンパイ 
 東京フォーラムの「レバンテ」で。 岩がきの浜焼き 枝豆 ジャーマンポテト 串カツ タコの唐揚げ ピザ シチューのパイ焼 アスパラガスのサラダ 生ビール レモンハイ 赤ワイン

今夜は仕事関係の暑気払い会。 夏はやっぱりビアホールでしょ!っとレバンテへ。
レバンテは有楽町の交通会館の向かいにあったレトロなビアホール。 
客がビールを飲んだり牡蠣をつまんだりしているのが窓越しに見えて、みんなそれぞれに仕事後のひとときを楽しんでるって感じが漂っていた店。
東京フォーラムに移転後、初めて行ってみる。
岩がきの浜焼きがおいしかった。 他の料理も気負わない素直な味でおいしかった。

メンバーの男性陣はお二人とも50歳をとっくに超えているのに、その若々しいこと!
話していてとても楽しい。 
20代のヨーコもこの二人と飲みに行くととても楽しいと言う。

しばし「オヤジ」と「素敵な男性」の違いについて考察した。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/07/26 Mon 味噌カツ。

0407_2693.jpg 0407_2699.jpg

 ドライカレーチーズトースト ハーブミックスとトマト スイカ プルーンとヨーグルト
昼 名古屋栄の「黒豚屋らむちい」で。 三昧ランチ
 阿佐ヶ谷の居酒屋で。 カボチャの煮物 焼茄子 ほうれん草の胡麻和え イワシの香り揚げ 生ビール 焼酎のロック

日帰りで名古屋出張。

昼。
自分が甘いもの苦手なことを忘れて、味噌かつを食べてしまった。 それも、味噌カツ、メンチハーフ、味噌串カツが入った「三昧ランチ」。 なんてこった。
肉が柔らかくてジューシーで、衣がさっくりとしてとてもおいしかった。 パン粉が細かくて、関西の串カツの要領だ。
しかしとにかく味噌が私には甘すぎた。


帰り、普通の指定が取れなかったので、久しぶりにグリーン車に乗る。
グリーン車に乗ると面白い人たちがたくさん乗っていて、飽きない。
結構なお年なのに、完璧な化粧と髪形をして、ピンクのスーツを着て、10cmのヒールを履いて、ヴィトンのバッグをたくさん持ってる女性とか、ぴっちぴちのジーンズをはきこなしている足の長いおばあさんとか。
おもしろーい。

車中でアガサ・クリスティーの「ゼロ時間へ」を読み終えた。 あー、面白かった。
クリスティは若い頃にほとんど全部読み終えたが、内容をすぐ忘れる私は何度でも楽しめる。
今、早川書房から新しくなったクリスティ文庫がぞくぞくと出てきていのが、嬉しい。
クリスティの本の中で、私が特に好きなのは自伝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/25 Sun おさらい。

0407_2677.jpg 0407_2684.jpg
0407_2688.jpg 0407_2690.jpg

 麦入りご飯 味噌汁(もずく、ネギ) 冷凍ハンバーグ プチトマト 茹でインゲン オレンジ たらこ 海苔 梅干 浸し豆 プルーンとヨーグルト
 三浦屋の焼きそばパン うずら卵の串揚げ
 自炊。 クラッカー 桃とリコッタチーズのサラダ ドライトマトとタコの冷たいカッペリーニ 白いんげん豆とウインナの煮込み ジントニック 白ワイン

午前中、不動産を見て回る。 いい物件があったら移ってもいいかも、とひやかし半分だったが、結局気に入った物はなかった。

午後、なんだか疲れてしまって、ジョギングに出かける予定を買出しに変更。 新しい冷蔵庫に合わせてがっちり買いました。

昨日の料理教室のメニューがとてもおいしかったので、おさらいをかねて夕食を作る。
桃のサラダは、蜂蜜が行方不明だったのでメープルシロップを使った。
タコのパスタはレシピより少しオリーブ油を多めにした。
メインは豆料理。

大満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/24 Sat イタリア料理教室。

0407_2665.jpg 0407_2668.jpg
0407_2669.jpg 0407_2671.jpg


 焼きめし トマトと卵のスープ しば漬け オレンジ
 お料理教室で。 桃とリコッタチーズのサラダ タコとドライトマトの冷たいカッペリーニ トマトのゼリーカンパリ風味 白ワイン
 なし。 夫には、琉球すずきの刺身 トマト ひじきの五目煮 きゅうりとじゃこの酢の物 うな丼

朝ごはんは焼きめし。 シンガポール人が薦めてくれたハイナンチキンライスの素が残っているので、それとコブミカンの葉を使って朝から南国風にした。

午後からイタリア料理教室。 みんなとはおととい謝謝で会ったばかり。 
わいわいと手よりも口をよく動かして料理を作った。
出来上がった料理は全部おいしかった。 どれもこれも今日のような暑い天気にぴったりの爽やかな味。

料理教室のあとは、もうお腹が満ち足りてしまって夜ごはんを作る意欲が皆無。
しかし夫は週末の夕食をとても大切にしているので、駅前の「あづまや」でうなぎを買って帰った。
ここのうなぎはとてもおいしいので、夫は幸せそうだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/23 Fri 天ばら。

0407_2648.jpg 0407_2656.jpg

 ハムチーズトースト ゴーヤのサラダ トマトとサラダ菜 オレンジ プルーンとヨーグルト
 虎ノ門の「丸屋」で。 きのこそば
 丸ビルの「天政」で。 天ぷら梅コース、ウニの天ぷら追加。 締めは天ばら ビール 白ワイン


久しぶりに天政の天ぷらを食べに行く。
バブルの頃、接待の末席で「お座敷天ぷらとはこーいうものか」ときょろきょろと感心した店。
本店はずいぶん前に閉めてしまったが、丸ビルが新しくなって戻ってきた。

昔の感動を期待したが、なんか普通のてんぷらだった。
いつもなら最初の海老で「ああ、私って天ぷらが大好きなんだ」と実感するのだが、ここは「??」ってかんじ。 肉厚の椎茸も香りがまったくしなかった。 しかしアスパラガスはとてもおいしかった。

いつも締めは天丼なのだが、天政には「天ばら」というかき揚げの混ぜご飯というチョイスもあるので、それにする。
ああ、今日もまた夜に炭水化物を摂ってしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/22 Thu 暑気払い。

0407_2636.jpg 0407_2638.jpg


 かき揚うどん スイカ プルーンとヨーグルト
 冷やしとろろそば おかず持参(鶏の唐揚げ ズッキーニのソテー 煮物) 即席味噌汁
 新橋の上海家庭料理「謝謝」で。 ひとり3000円のお任せコース ビール 招興酒

今日は涼しいねと言うが実は気温は35度を超えている。 昨日までの猛暑のせい。
人間とは相対的な生き物だ。

夜。
お料理教室の仲間たちと暑気払いの食事会。 
私のサイトにちょくちょく登場する「謝謝」に行ってみたいというりリクエストに応えて、予約を入れた。

すごく庶民的な店なのでみんなの口にあうかしらんとちょっと心配だったが「おいしい、おいしい」と喜んでもらえてほっとした。 
シェフは張り切って何時間も蒸して作る冬瓜スープを出してきた。 本場では冬瓜をくりぬいて作るけど、謝謝では安い土鍋にラップして作ってた。 これを日本で食べられるなんて幸せ!

中華料理は大人数で食べた方が断然おいしい。
しかも「食いしん坊」が共通点な人たちと一緒だと食事がさらにおいしくなる。

食べること、飲むこと、喋ること、笑うことに夢中になり、写真はほとんど撮り忘れました。 
お決まりの麻婆豆腐と蒸しまんじゅうをかろうじて撮ったので(しかし微妙にボケてる)、載せておく。

Tさん、企画してくれてありがとう、またみんなで食べに行きましょうね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/21 Wed 海南チキンライス。

0407_2623.jpg 0407_2630.jpg


 ビーフシチューライス 卵とトマトのスープ キュウリのぬか漬け オレンジ プルーンとヨーグルト
 愛宕の「夢飯」から。 ハイナンチキンライス
 阿佐ヶ谷の「港寿司」で。 寿司あれこれ ビール 冷酒

会社の近くに私の大好物ハイナンチキンライス(海南チキンライス)の専門店があるらしいので、早めのランチに出かけた。 
しかしすでに長蛇の列。 テイクアウトならすぐできるので、持ち帰った。
テイクアウトのチキンライスはいまいちだった。 ご飯がぼそぼそだった。 今度は店内で食べてみなくちゃ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004/07/20 Tue 猛暑。

0407_2611.jpg 0407_2621.jpg

 トースト ズッキーニのソテー スパムのピカタ スイカ プルーンとヨーグルト
 弁当持参。 ご飯 ハンバーグ ひじきの五目煮 りんご 即席味噌汁
 自炊。 茹でとうもろこし トマト わかめの冷やしスープ ゴーヤサラダ 煮物(厚揚げ・こんにゃく・昆布) 鮎の塩焼き ビール 焼酎のソーダ割り


あ、あぢいー! 熱風が吹き荒れている。 どっちを向いても暑い!
39.5度っていったいどーいうこと?!

仕事後、スーパーマーケットに寄るけど、夜ごはん、何も作りたくない。 スイカ食って終わりにしたい感じ。
さんざん店内をうろついたあと、鮎ならタデ酢でさっぱり食べられるかも、と鮎を買って帰った。

ひーひー言いながら料理していたら、夫が帰宅し、景気付けにツェッペリンのCDをかけてくれた。
元気が出すぎて、踊りだしてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/19 Mon クイーン。

0407_2590.jpg 0407_2592.jpg

 スパムと卵とサラダ菜 ご飯 味噌汁(納豆・ねぎ) ひじきの五目煮 柴漬け 林檎とヨーグルト
 遅めのランチ、自炊。 かつおのたたき キュウリとくらげの和え物 蟹の唐揚げ 餃子 肉まん 空芯菜の炒めもの ジントニック 焼酎のソーダ割り
 林檎一切れ

石垣島で食べたスパム&卵おにぎりが気に入ってしまった夫が、朝から「スパムと卵! スパムと卵! スパムを焼いた油で卵を炒めて!」と催促するので、そのとおりに朝食を作る。

昼前に公園にジョギングに出かける。 ちょっと走るとバテバテ。 ウォーキングに切り替える。 夫は初心を貫いてきっちりジョギングした。

夕方、テレビでクイーンの特集をやっている。 懐かしい。
私が若かった頃に若かったロックスターを見るのは感慨深いものがある。

すごい声、すごい口、かっこいーなーと見ていたら、フレディだけあっという間に濃いオヤジになっていく。 他のメンバーは何年たってもあまり変わらないのに、フレディだけなぜ?! 残酷だ。 死に急いだのか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/18 Sun 冷蔵庫の日。

0407_2566.jpg

 かき揚げそば 石垣島マンゴ ヨーグルト
 遅めのランチ、自炊。 たこのマリネ グリーンサラダ 冷奴 フライドポテト 鶏のから揚げ 赤ワイン
 抜き

冷蔵庫の中身が心配で、早く目が覚める。
食材が駄目になる前に料理できるものは料理して、朝一番で冷蔵庫を買いに出かけて、昼、ドライアイスを求めて街をさまよい、夜、冷蔵庫が届いて食材を移して。
冷蔵庫中心の一日だった。 これが冬なら、食材をベランダに出しておくだけでよかったのにね。

午後、最後まで凍っていて保冷剤代わりだった鶏肉でから揚げを作る。
最近、自分好みのから揚げができるようになった。
生姜のみじん切り、ニンニクチューブ、しょうゆ、ごま油、片栗粉、水、そしてセロリソルトとナンプラー少し。
これで鶏を30分ほど漬け込んでおき、卵1個と小麦粉&片栗粉各大さじ2を混ぜて、どろどろの衣にして、じっくり揚げる。
うんまいよ!

冷蔵庫が新しくなって、嬉しい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/17 Sat 冷蔵庫ぶっこわれる。

0407_2532.jpg 0407_2539.jpg 0407_2555.jpg


 チキンカレー 味噌汁(薄揚げ・ねぎ) 石垣島マンゴ ヨーグルト
 遅めのランチ、自炊。 酢の物 焼きとうもろこし しし唐と赤ピーマンのおかか和え 納豆 トマト 塩カルビの野菜トッピング そうめん ビール 白ワイン
 抜き

おととしから我が家の家電が次々と壊れ始めた。 電子レンジ、食器洗い機、洗濯機、乾燥機…。
そして今夜、とうとう冷蔵庫が壊れた! 冷凍庫の中身がどんどん腑抜けになっていく、がーん。 

明日の朝一番で冷蔵庫、買いに行かなくちゃ。

「困った、困った」と眉をしかめてみせたが、夫は冷静に「Nobrin、なんかウキウキしてない?」と見抜いた。

今の冷蔵庫、フリージングルームの中ぶたが壊れててすごく不便だったんだよ。
新しい冷蔵庫、うふふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/16 Fri 沖縄-東京

0407_435.jpg


 「軽井沢倶楽部」の朝食ビュッフェ
 石垣島空港のレストランで。 八重山そば
 自炊。 ニース風サラダ 蟹のトマトクリームパスタ(アサリ追加) 赤ワイン

今日で、私たちの夏休みはおしまい。
ああ、楽しかった!!
青い海と青い空と吹き渡るさわやかな風に会いに、また訪れたい。

ヤギ汁を食べてないの―?、と言われたけど、もともと食べるつもりがなかったからいーの。
私は蛇でも虫でも何でも食べるが、「血」の料理だけはどうしても駄目なのだ。
血のソーセージとか、豚の血のゼリーの入ったお粥だとか、勧められて挑戦したこともあるが、やっぱり体が受け付けなかった。
小さい頃にすごい量の鼻血を出したことがある。 鼻に脱脂綿を詰めていたが、脱脂綿から血がぽたぽた伝って洗面器で血を受けなくちゃならないし、のどの方にも血がどんどん流れ出して、いやでも胃の中に流れ込んでいく。 鼻血がこんなに止まらないなんて誰も思わないから、数時間我慢したあと、救急車で運ばれた。 (病院で、もう少し遅かったら危なかったと言われた)。 
そのとき一生分の血を胃の中に入れたので、血が入っているという料理だけはもう食べないのだ。


石垣島空港の売店で買い物。
空港の売店には二人店員がいた。 ひとりはしっかりものの年配女性、もう1人は人のよさそうな女性。
私がかまぼこを手に取って「これ、一度に食べきれないけれど冷凍できますか」と聞くと、やり手店員は「できるわよ!」と即答する。 人のよさそうな店員が私の顔をじぃっと見てから、小さな声で「冷凍するとまずくなる。 冷凍しない方がいい」と教えてくれた。 私はそれでもかまぼこを買った。 有名な「石垣島ラー油」は1人ひとつまで。

昼。
空港のレストランで八重山そばを食べる。 那覇空港の沖縄そばはまずかったけれど、ここのそばはおいしかった。 売店でスパム&玉子焼きをはさんだおにぎりがあったので買う。 これは夫が飛行機の中で食べた。 私もちょっと味見したら、夫好みのジャンキーなおいしさだった。

夕方、東京着。
渋滞に巻き込まれて8時過ぎに家に着く。
猫たちがニャゴニャゴニャゴーっと出迎えてくれた。
旅もいいけれど、家もまたいいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/07/15 Thu 沖縄5日目

0407_403.jpg


 ホテル「軽井沢倶楽部」のビュッフェ。
 ホテル「軽井沢倶楽部」のレストランで。 天ぷらそば定食(夫) チャンプルー定食(私) 白ワイン
 「あだん亭」で。 ゴーヤの酢の物 島胡椒の新芽の天ぷら あだんチャンプルー 鳥のから揚げ あだんの胡麻和え(サービス) 八重山そばの皿うどん ビール 泡盛

今日はホテルでゆっくり過ごすことにする。
朝食後、水着に着替えてプールへ。
石垣島のホテルは日中ひと気がない。 行くべき島がたくさんあるので、宿泊客はみんなどこかに出かけてしまうのだ。 島の人はみんな「どこそこへはもう行ったか。 あの島はもういったか、あれあれこれこれ」と言う。 「竹富島に行った。 石垣島の半周ドライブもした」と言うと、「それだけー?! 西表はいかないのか、シュノーケリングはしないのか、ヤギ汁はもう飲んだか、あれあれこれこれ…」
ここまで来てなーんにもしないでゆっくりのんびりするなんてヘンらしい。

プールは私たちだけの貸し切り状態。 泳いでは身体を焼き、暑くなったらまだ泳ぐ。 
この5日間で私たちはゴキブリのように真っ黒になった。
たくさん泳いだので「私、魚になったみたい」と言うと、夫は「魚というよりは亀」と言った。

ランチもホテルのレストランで食べる。 ここも誰もいなくて、ひっそりしている。 外の日差しだけがかんかんとまぶしい。 

午後は部屋でごろごろしながら、本を読んだり昼寝をしたりして過ごす。
夫は長いあいだ、テラスで青い海と青い空を飽きることなく眺めていた。

0407_405.jpg

夜は郷土料理居酒屋「あだん亭」へ。
あだんはパルミットのような、若竹のような、白い植物。 ソテーも天ぷらもおいしくて、私たちは気に入ってしまった。 
「あだんがおいしい!」とパクパク食べていると、店のご主人が「こんなものだ」と食材を出してきてくれた。 そして「ほい!」とあだんの胡麻和えもサービスで出してくれた。 そのうち「これを泡盛に絞るとうまい」とシークワーサもくれた。 生協で頼むシークワーサより味が濃い。 「最近は改良品種がたくさん出てきて、ほんとのシークワーサはなかなか手に入らない」とご主人が言う。
八重山そばで作った皿うどんもとてもおいしかった。

0407_414.jpg 0407_411.jpg
0407_412.jpg 0407_421.jpg


島唄のライブハウスを紹介してもらって店をのぞいたけれど、まだ早い時間だったのか閑散としているので、今回はやめにした。

ホテルに戻ると、入り口のマットにのそのそとタカセ貝が歩いている。 男の人のこぶしほどの大きさのタカセ貝。 触ると殻の中に引っ込んでしまった。 夫が草むらに戻してあげた。

0407_428.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/07/14 Wed 沖縄4日目

0407_303.jpg 0407_306.jpg


 ホテルのビュッフェ
 石垣シーサイドホテルのレストランで。 石垣牛汁定食(私) ビーフカレー(夫)
 「こっかーら」で。 八重山宮廷料理 講福ヴィンテージ

朝。
全日空ホテルをチェックアウトして、レンタカーで出かける。 今日から「軽井沢倶楽部」というホテルに2泊することになっている。
軽井沢倶楽部は高台のサトウキビ畑の中にある、とても古びた静かなホテル。
全ての部屋がひろびろとしたスイートになっている。 天井が高い。 私はこんなホテルが好きだ。
冷蔵庫はついているが、空っぽなので自分で飲み物を調達すること。

ホテルにちょっと顔を出してから、石垣島半周ドライブへ出発!


まず、玉取崎展望台。 絶景、絶景。
0407_277.jpg

次は島の西側に移動して、吹通川のヒルギ群落。 蟹やトントンミーといった小さな生き物がちょこちょこたくさん動き回るのが面白くて、しゃがみこんでしばらく見入ってしまった。
0407_300.jpg


米原海岸。
キャンプをする人たちが静かにのんびりと過ごしている。 静かな静かなビーチ。

ランチは、牛汁というものを食べてみる。 とろとろに煮込んだ牛バラ肉、豆腐、野菜がたっぷり入ったお汁。 おいしい! 牛スジの煮込みのような、すき焼きのような、そんな味。 ご飯にかけると、コムタンクッパのような味もする。
底地ビーチを眺めながら、のんびりとランチ。

川平湾で、グラスボート。
さんご礁、魚、海蛇、いそぎんちゃく。 今日の透明度は100点満点だそう。 でもサンゴってもっときれいなものだと思っていた。 これって汚染されているのか。
0407_339.jpg


御神崎灯台。
草原が広がっていたり、岩場が出てきたりで、変化のある景色。
0407_358.jpg


どの場所もそれぞれに美しい。

夕食は八重山宮廷料理の「こっかーら」。
丁寧に丹念に作られた料理の数々。 妥協をしない味付け。 食材の火の通し方が完璧だった。 昔からのレシピを守っているのか、私たちにはちょっと甘すぎる味付けだった。
0407_362.jpg 0407_367.jpg
0407_375.jpg 0407_380.jpg


夜、テラスで星を見ながら泡盛を飲む。 
外の空気が本当に気持ちがいい。 普通なら外にいてしばらくすると「そろそろ暑くなってきたから」とか「そろそろ寒くなってきたから」といって家の中に入りたくなるが、ここは外にいることを忘れてしまうくらいちょうどいい気候なのだ。 まるでハワイみたい。
眠くなるまでテラスで、あれこれお喋りした。

0407_392.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/13 Tue 沖縄3日目

0407_250.jpg 0407_228.jpg

朝 ホテルのビュッフェ。
 ホットドッグ フライドチキン オリオンビール 八重泉のロック
 ホテルの洋食「クレール」で。 コース料理 ドライシェリー 白ワイン

昨日読んだ地元のフリーペーパーのエッセイにこんなことが書いてあった。
「友だち夫婦が遊びに来たので、竹富島に連れて行く。 水牛車で街を回るとあとは何も見るものがない島だ。 持参したジューシーのおにぎりと島豆腐を浜辺で食べて、これも持参した泡盛に氷を浮かべて飲みながら、ただただ海と空を眺める。 そんな過ごし方が似合う島だ。」
夫が「これと同じことをしてみようか」と言う。

朝食後、ホテルのツアーデスクに聞きに行くと「ジューシーのおにぎりやお惣菜は桟橋の売店で買える」と教えてくれる。 9時半の水牛車とサイクリングのコースに申し込んで、泡盛の小瓶を持って出かける。

桟橋の店には確かにジューシーのおにぎりがあったが、あまりおいしそうじゃなかったので買わない。 代わりにフライドチキンがとてもおいしそうだったので、そっちを買う。 夫はミネラルウォーターと一緒にロックアイスもちゃんと買っている。

石垣島から船に乗ると10分で竹富島に着く。
小さな島。 桟橋まで魚が白い腹をきらきらさせながら群れをなして泳いでいる。 

0407_2531.jpg

水牛車に乗る。 かんかん照りの中、水牛は車を引く。 日陰に来ると水牛はすぐに休んで動かなくなってしまう。 そうするとお尻を棒で叩かれる。 ああ、水牛の暮らしも楽じゃないね。

サンゴの塀の向こうに赤瓦の小さな家が並んでいる。 家の守り神シーサーがひょうきんな顔で屋根の上や塀の上にのっかっている。
とてもいい天気なのに、なぜか悲しくなるような静けさが島をおおっている。

水牛車の後は、サイクリングを借りて浜辺に行ってみる。 熱い熱い陽射し。
でも日陰に入ると涼しい風がわたり、とても気持ちいい。

0407_231.jpg 0407_239.jpg
0407_241.jpg 0407_242.jpg


星砂で有名なガイシ浜には適当な木陰があってのんびりする。 猫がたくさん日陰で寝そべっていた。
コンドイビーチは日陰がまったくなくて逃げ場がない感じ。 コンクリートでできた東屋のようなところで、ホットドッグとビールを買って、持ってきたフライドチキンと一緒に食べる。 夫が買ってきたロックアイスも半分溶けただけだったので、ちゃんと泡盛のロックもできた。 沖縄の人たちはほんと、揚げ物がうまいね。 フライドチキン、おいしかった。
しばらく浜辺で過ごしてから、石垣島に戻った。

夕方またホテルのプールとビーチで泳いで過ごす。


夕食は当初和食レストランに予約していたのだけれど、昨日のタクシーの運転手さんが「全日空ホテルのフレンチは沖縄一おいしいと言われている。 ホテルに泊まっているならフレンチを食べなくちゃ駄目だ」と言うので、フレンチに予約を切り替えた。
しかし! ひどいまずさ。 前菜は何時間も前から盛り付けて冷蔵庫で冷やしておいたような感じだし、コース料理だと言うのにオフィス街のランチのように矢継ぎ早に料理が出てくるので、ワインが半分くらい残ってしまった。
ホテル内のほかのレストランはとてもおいしいのに、ここのまずさは一体どういうことなんだろう?!

バーに移動して、私はマルガリータを飲む。 夫は泡盛を飲む。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/07/12 Mon 沖縄2日目

0407_254.jpg 0407_097.jpg
0407_103.jpg 0407_109.jpg

 ホテルのビュッフェ。 種類が多くて楽しい。
昼 ホテルの「八重山」で。 石垣島地ビール 長命草そばセット(夫) 八重山そば(私)
 ホテルの中華「ニライ」で 新中華コースとアジアンコースを取って分ける。 白ワイン

午前中はずっとプールとビーチでのんびりする。
海にぷかぷか浮かんでいると、いつまでもこうしていたいと思う。 
プールサイドの木陰で読書していてもまた、いつまでもこうしていたいと思う。

昼。
ホテルのレストランで八重山そばを食べる。 夫は長命草そばを食べた。
沖縄そばは平べったくて、八重山そばは丸い。 個人的には八重山そばの方が好き。


午後。
ホテルのエステでタラソの「海のうるおいコース」に挑戦する。
シャワーマッサージ、海草ジェットバス、そして全身の海草パック。
気持ちよくてぼぉっとしているうちに1時間半のコースは終わった。


夕方。
石垣島の中心街をのぞいてみることにする。
ホテルからタクシーに乗ると運転手が「こんなにいいお天気は珍しいから、近場でいいから観光した方がいい」と何度も言うので、近くの公園の展望台に行ってもらう。
一緒に車を降りて景色の解説をしてくれた。 島の東側が見渡せて、きれい。

タクシーの運転手さんは東京から石垣に住み着いて13年になると言う。 きちんとした目的なしに移り住むと人生の敗者になると言う。 そうやってだらだらと暮らしている人がたくさんいると言う。 自分も敗者の一人だという。 もう東京には戻れないと言う。

その後、中心街でタクシーを降りて、ぶらぶら見て回る。
デジカメの電池が切れてしまったので、かび臭くてうす暗いカメラ屋に入って「デジカメ用の電池ください」と言う。 ホコリをかぶったアルカリ単三が2個だけあった。 いやな予感がしたけど、それしかないので買う。 店の主人が「外、すごく暑いでしょ。 絶対に外に出たくないねー」と言う。  「暑いけど気持ちいいから平気」と言うと「へぇー」と驚かれてしまった。
いやな予感は見事に的中し、電池を交換してから写真を5枚撮っただけで、また電池が切れてしまった。


夜。
ここのホテルは夕食なしの宿泊は受け付けないので、今夜もまたホテルのレストラン。 今日は中華にする。

この中華料理が予想外においしかった。 スープもちゃんと本場の味がした。 昨日の鉄板焼きといい今日の中華といい、食事のレベルが高い。

0407_114.jpg 0407_115.jpg
0407_118.jpg 0407_129.jpg
0407_133.jpg 0407_135.jpg

食事後、バーで泡盛を一杯飲んでから、ビーチまで夜の散歩に出かける。
「空いっぱいの星だ!」と夫が感動する。 
しばらく空を仰いでいると、突然流れ星がおちた。 一瞬の花火のようにぱっと燃えてすっと消えた。 夢の中のできごとみたいだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/11 Sun 沖縄1日目

0407_274.jpg 0407_063.jpg


 コンビニのおにぎり2個
 那覇空港の売店で。 ソーキそば(夫) 沖縄そば(私) オリオンビール生
 全日空ホテルの「於茂登」で。 石垣牛のコース・伊勢海老のコースを分ける 白ワイン 赤ワイン

今日から夏休み。
今年は石垣島まで足をのばすことにした。
羽田から那覇経由の飛行機に乗る。
東京―那覇の客室乗務員もとても親切で、窓から見える島々の説明をしてくれた。 那覇―石垣の客室乗務員もよく気が付いて、私たちを空いてる列に移してくれた。

2時半頃、石垣島に着く。
ああ、いい天気! 想像どおりの青い空と青い海。 同じ暑さでも東京とはぜんぜん違う。 東京はビルと車の空調のせいで熱風が吹き荒れているが、ここは自然の暑さ。


今日から3日間の宿は全日空ホテル。
びっくりするほどの豪華さはないがスタッフのサービスがとても気持ちいい。 親しみやすいかんじ。

チェックイン後、さっそくホテル内の探検に出かける。
ビーチ、プール、レストラン、エステ、と見ているうちに大浴場があったので、そのままお風呂に入る。 この大浴場は何でも揃っているから、手ぶらで出かけることができるのだ。
湯船からも青い空が見えて気持ちいい。


売店のあちこちで試食ができるようになっていている。 マンゴとパイナップルがとてもおいしかった。
泡盛の試飲もしていたら、それをじっと見ていた1人のおばさんが近づいてきて「それ、試せるの?」と聞く。 「そうですよ。 いろんな泡盛を飲み比べできるんです」と言って、少しお喋りする。 おばさんが「ここ、いいとこだねー。 ほんと、楽しいねー」とうきうきしながら言う。 同感、同感。

夜。
ホテル内の鉄板焼きのレストランへ。 石垣牛も伊勢海老も食べたいので、ビーフのコースとシーフードのコースをひとつずつ注文する。 焼き手の人が気を利かせてくれて、両方のコースを二人で分けやすいように焼いてくれる。 ステーキもミディアムレア(私)とウエルダン(夫)と半分ずつ焼いてくれた。 野菜類も土地のものでとてもおいしかった。

0407_065.jpg 0407_066.jpg
0407_069.jpg 0407_071.jpg
0407_073.jpg 0407_076.jpg
0407_082.jpg 0407_083.jpg


夕食後、外に散歩に出たら、夜空が紫の濃淡に交じり合って、とても幻想的だった。

0407_084.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/10 Sat

0407_037.jpg 0407_050.jpg 0407_054.jpg

 ドライカレー 味噌汁(豆腐・わかめ・ねぎ) きゅうりのぬか漬け 桃とヨーグルト
 ハムチーズトースト 茹でオクラ
 アヴォカドの蟹詰め 枝豆 ズッキーニとトマトのチーズ焼き 豚バラのカリカリ焼き・香味野菜どっさり そうめん 赤ワイン

明日から沖縄に旅行なので、朝からせっせと冷蔵庫の中身だけで料理する。
豚のばら肉をかりかりに焼いて、みょうが・大葉・しょうがといった和風ハーブをたくさん上に乗せる。
さっぱりとしておいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/09 Fri

0407_024.jpg 0407_030.jpg

 ハムレタスサンド(私) 朝食プレート(夫) ヨーグルトとプルーン
野菜ラーメン
サバのニンニク焼き・香味野菜添え

夫の帰りが遅いので、夜は一品だけ作ることにする。
サバを焼いてミョウガ・大葉・しょうが・トマトを乗っけて食べる。 爽やかで夏にぴったりの一品。
とてもおいしかったので、また作って夫にも食べさせてあげよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/08 Thu

0407_021.jpg


 落とし卵そば(わかめ・天かす追加) 桃とヨーグルト
 弁当持参。 麦入りご飯 トマト 麻婆茄子 茹でカボチャ トマト 即席味噌汁
 きのこのパスタ ホタテのソテー・ラタトォユ添え ビール 白ワイン


今日も暑かったですねー。 最高気温は35度まで上がった。
朝食後シャワーを浴びるといつまでも汗が引かず、どこをどうやって化粧していいのかわからなくなる。

仕事後、美容院で髪を切る。
担当の人に「今日はどうします?」と聞かれたので、「扱いやすくて、女らしい髪型がいい」と言った。
出来上がった髪型はとてもセットしやすそうですっきりしていたが、ぜんぜん女らしくなかった。
ま、いいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/07 Wed

0407_001.jpg

 麦入りご飯 味噌汁(あおさ・ねぎ) 茄子とピーマンの麻婆風 柴漬け 桃とヨーグルト
 愛宕の「南竜」で。 冷やし中華
 銀座の「煙事」で。 おまかせ燻製料理 ビール 白ワイン 赤ワイン

今日は一日、暴力的な暑さでしたね。 朝、東側の窓を開けたら、一瞬殴られたかと思うほどの熱風にくらくら。

昼。 
冷やし中華を食べに行く。 
私は醤油味を頼んだのに、厨房で胡麻味を作ってしまったようで、給仕のおばさんが「ちがう! 醤油、醤油よ!」と騒いでいる。 急いで作り直したらしく、めちゃめちゃな盛り付けの冷やし中華が出てきた。 味もめちゃめちゃだった。

夜。
銀座のバーで友だちと待ち合わせ。 
夫も乱入して3人で食事する。 料理はいまいち。 ビールはおいしかった。
その後、夫は洗濯したいからと先に帰り、私たちはカラオケではじけた。
友だちが「長い夜」を歌っている途中で、濃いオヤジの生き霊が乗りうつったかのように、とつぜん絶唱し始めた。
あー、怖かった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/07/06 Tue

040706_028.jpg 040706_038.jpg


 トースト ウインナ ゆで卵 トマト 茹でオクラ 桃とヨーグルト
 おかず持参。 野菜の肉巻き ラタトゥユ 出し巻き卵 即席味噌汁
 1人ごはんの自炊。 お蔵のおかか和え 冷たいカッペリーニ・ラタトゥユソース ビール 赤ワイン


この季節は実の野菜がたくさん出てきてうれしい。

特にオクラは強い味方だ。
そのまま1分茹でるだけでいい。
後は、ヘタを落とすだけ。

オクラが冷蔵庫にあると、それだけでゆったりとした気持ちになる。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/07/05 Mon

040706_012.jpg 040706_016.jpg
040706_018.jpg 040706_020.jpg

 ご飯 味噌汁(ほうれん草と麩) ハムエッグ 肉じゃが 柴漬け 海苔 桃とヨーグルト
 弁当持参。 ご飯 出し巻き卵 トマト 野菜の肉巻き 即席味噌汁
 阿佐ヶ谷の「にしぶち」で。 イカげそ かんぱちの刺身 ハマグリの刺身 青菜の胡麻和え 揚げだし豆腐 柳かれいのから揚げ おにぎり カニ汁 生ビール 十四代 千寿


仕事帰り、スーパーマーケットで買い物をしレジに並んだ、まさにそのときに夫から電話。
夫「今、駅に着いた。 Nobrin、今どこ?」
近くで食べて帰ろうということになり、私はかごの中身をさっさと棚に戻してスーパーを去る。

駅の近くの割烹で夕食。
ハマグリの刺身なるものがあったので、頼んでみる。
うーん、やっぱり塩焼きの方がおいしいかも。
上手に揚がったカレイのから揚げは身より骨のほうがおいしくて、骨ばかりバリバリ食べてしまう。

ところで、このサイトで画像をクリックすると拡大写真が出てくるのはなぜなのだ? 
あえて「ポップアップにしない」を選択して画像をアップロードしているというのに。 謎だ。 
大きな画像は残酷なまでに細かいところまで写し出すので、奥ゆかしさに欠けて興ざめだと思うこともあるが、いまのところポップアップを解除する方法がわからないので、このままにするしかありません。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/07/04 Sun

040704_009.jpg


 トースト ハムとレタス わかめとネギのスープ 桃とヨーグルト
 遅めのランチ、自炊。 まぐろのづけ 酢の物(わかめ・きゅうり・じゃこ・みょうが) 白菜とセロリとザーサイの肉巻き しゅうまい 厚揚げと大根の煮物 そうめん 白ワイン 赤ワイン
 カップヌードル


朝。
2年間ほったらかしにしていたポーチの植物を母がきれいに剪定してくれた。
私の園芸熱はここのところずっと冷めたまま。

040704_010.jpg


10時すぎに母は友だちとの待ち合わせがあると言って、帰っていった。
久しぶりに母と東京でゆっくりできてとても楽しかった。 また来てねー。


午後2時ごろ、夫出張から帰宅。
食事は夫のリクエストで居酒屋メニュー。
一週間ぶりの日本語なので、機関銃のように話すこと、話すこと。
「もっとゆっくり喋ったら? 時間はたっぷりあるんだから」と言っても、「喋りたいことが山ほどある。 話しても話しても追いつかない」と喋り続ける。

夫はロンドンが初めてだったので、いろいろ興味深かったようだ。
みんなとても礼儀正しくて驚いたそう。
アメリカはワイルドだからね。

猫たちは母と妹の滞在で疲れがどっと出たらしく、夫が帰ってきてもグーグー寝ていて、お出迎えしなかった。
夫「帰ってきても、誰も玄関に迎えに来ない。」とショックを受けていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/03 Sat

040703_001.jpg 040703_004.jpg 040703_013.jpg

 あれこれ
 焼きたて胡麻パン 切っただけサラダ(生ハム・ミモレット・ピクルス・きゅうり・セロリ・トマト・玉ねぎ・サラダ菜)
 自炊。 蒸しとうもろこし 冷奴 コールスローのトマトのせ 肉じゃが ビール ウイスキーのソーダ割り

午前中、妹と一緒にパンを焼く。 思いっきり金胡麻を練りこんだ。 楽しいねー。
焼きたてのパンでランチにする。

午後から近所の商店街をぶらつく。

今日も元気全開の母につきあっているうちに妹はとうとう鼻血を出したよ。 

5年前東京にいたときより、パワフルな母。
恐るべし、田舎暮らし。 恐るべし、気功。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/02 Fri

040702_027.jpg 040702_013.jpg
040702_016.jpg 040702_018.jpg

 ご飯 味噌汁(舞茸とほうれん草) だしまき卵 大根と厚揚げの煮物 ひじきのお焼き 銀むつの西京焼き うなぎの蒲焼 海苔 梅干 ぬか漬け 桃とヨーグルト
 阿佐ヶ谷の「げんこつ屋」で。 げんこつラーメン
おやつ 新宿伊勢丹のチョコレートバーで、マカロンとホットチョコレート
 荻窪の「ブラン・ド・ミュゲ」で。 うさぎとなすとフォアグラのテリーヌ チキンのロースト・キノコソース ブランマンジェ リカード 白ワイン 赤ワイン ハーブティ


昨日から母と妹が我が家に遊びに来ているので、休みを取って車で新宿へ。

東口方面でさんざんショッピング。
その後西口に移動して、母がどうしても食べてみたいという伊勢丹のチョコレートバーでチョコ三昧。
間食が苦手な私がおやつを食べるなんて、何年ぶりのことだろう。

疲れ知らずの母の買い物はまだまだ続く。


夜は荻窪のフレンチに行く。
シェフのお勧めのテリーヌがすごくおいしかった。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004/07/01 Thu

040702_001.jpg 040702_006.jpg 040702_012.jpg

 

 

 

 メンチカツサンド 桃とヨーグルト
 顧客とランチミーティング。 日本橋のうなぎ屋で、うなぎ
 自炊。 オクラとわかめとジャコのお浸し 塩雲丹の冷たいパスタ パン2種 ズッキーニとトマトのチーズ焼き いわしのムニエル ビール 白ワイン

 

 

食事日記、今日の分からblogに移行します。 サイト内のリンクをかなりいじらなくてはならないので、不都合があるかもしれません。 新しい機能がよくわからないので、当面のあいだ、大目に見てやってくださいませ。

 

 

昼は顧客とのミーティング。 メンバーにアメリカ人が二人いて大リーグの話になり「イチローはすごいけちで有名だ」と言う。 レストランでチップは10%しか置かない、サインもしない、あれこれ。 儲かっている人はチップをたくさんあげないといけないらしく、面倒くさいことだ。

 

今日から母が泊りがけで遊びに来る。
私の両親は5年前に東京から奈良に移住した。
父はしょっちゅう仕事がらみで上京するが、母は本当に久しぶりの東京。

 

 

仕事後、さっさと帰宅して料理をして、一緒に夕食をとる。
9時過ぎに妹もやってきて、女3人あれこれ過ごす。
猫たちは自分たちの居場所がなくなってしまったので、途方に暮れて家の中をうろうろしていた。

 

 

前の日の日記

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年8月 »