« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

04/11/30 Tue 連載小説。

0411_291.jpg

 ビーフストロガノフコロッケサンド トマト 味噌汁(わかめ・ねぎ) 柿とヨーグルト 
 おかず持参。 シュウマイ トマト キノコマリネ おにぎり2個 即席味噌汁
 新橋の「益子」で。 焼き鳥 鳥の刺身(サービス) おしんこ(サービス) 生ビール 熱燗

朝食のサンドイッチ用に買ったスーパーのメンチカツサンド、食べたらビーフストロガノフコロッケだった。
朝からびっくり。

夜は益子で焼き鳥。
うまい、うまいとパクパク食べる。

ところで、日経の朝刊の連載小説だんだんすごいことになってますね。
渡辺淳一の、その名も「愛の流刑地」。
なんでこんなに事細かに描写しなくてはならないのか不思議だ。
まるでその手のマニュアルみたいだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

04/11/29 Mon 自覚。

0411_285.jpg 0411_288.jpg


 お雑煮 ひじきの五目煮 苺とヨーグルト
 溜池の「しなとらラーメン」で。 しなとらラーメン醤油味、コクがないラーメンだった。
 弁当持参。 ひじきごはん 牡蠣フライ トマト シュウマイ 茹でかぼちゃ

数ヶ月前、シンガポールの同僚のお父さんが心不全で突然亡くなった。
あまりに突然のことだったので、同僚もお父さんの死を現実のものとして受け入れるのにかなり時間がかかったと言う。

しかし怖いのは、いちばんその死を現実として受け入れられないのは当のお父さんで、自宅のキッチンによく幽霊として出てくるというのだ。
そのお父さんは料理が好きで、よくキッチンで家族のために食事を作っていたらしいのだが、夜、家族のみんなが寝室に引きあげたあと、キッチンから調理道具を動かす音がするとのこと。 家族全員がその奇妙な物音を、お父さんが亡くなってからしょっちゅう聞くようになったと言う。

「あはは、そんな馬鹿なー」と笑いとばそうと思ったら、別の同僚が「こういうことって、よくあるのよ。 特に突然死の場合はね」と真顔で言う。
ひぇー、私は知らなかったよ。 そんなことがよくあるなんて。

そしたらこの間、顧客が飲み会で「よく霊が見えるんです」と言うではありませんか。
その人は理詰めで有名で、そういう類の話からはいちばん遠いところにいる人だと思っていたのに。
見える霊の詳しい素性はわからないが、いい霊なのか邪悪な霊かだけははっきりとわかるそうだ。

鈍感な私は、生まれてこの方そういうものの気配を感じたことすらない。
霊の方でも私がまったく気づかないので、つまらなくて近寄らないのかもしれない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

04/11/28 Sun ブータン王国。

0411_275.jpg 0411_280.jpg


 ご飯 味噌汁(キャベツ) 鯵の開き レンコンの炒め煮 たらこ 漬け物3種 柿とヨーグルト
 抜き。
 早めの夕食、自炊。 海苔入りほうれん草のお浸し 牡蠣フライ キノコサラダ おでん ビール 焼酎のソーダ割り


今夜の世界ウルルン滞在記、すごく面白かった。
ブータンの国王が生まれた村では、みんな助け合いながら暮らしている。
村の長老は朝、畑に向けて家を出るのだが、他の村人が人手を必要としているのを見ると、必ず手伝う。
畑にたどり着くまでに、人の家の塀作りなんかを手伝っているうちに日が暮れてしまい、「今日はもう家に帰る」と畑仕事をしないで、帰宅する。

おかしかったのは、困っている人を見ると必ず手伝わなくてはならないので、長老が「昨日の塀作りはまだ終わってないぞ。 見なくて済むように今日は別の道を通っていこう」とか、手助けを必要としている人たちをわざと見ないで「おれは見てない。 お前が見たんなら、手伝ってあげなさい」と言うところ。

服装といい、生活といい、なんだか宮崎駿のおとぎの世界の村みたいだった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

04/11/27 Sat お料理教室。

0411_259.jpg 0411_263.jpg
0411_265.jpg 0411_267.jpg

 トースト ベーコンエッグ 茹でスナックエンドウ イチゴとヨーグルト
 塩焼きそば
 お料理教室で。 グリーンピースのポタージュ グリーンサラダ きのことパンチェッタのキッシュ フロマージュブランのレアチーズケーキ シードル

夫は朝早くゴルフに出かけた。

午前中、おでんを仕込んでからお料理教室に出かける。
今日のメインはキッシュ。
途中、夫から電話あり、夕食も済ませてくると聞いた途端、急に食欲が爆発。 
うふふ、夕飯作らなくていいのね! 思いっきりここで食べちゃおう。
勢いに乗ってキッシュを4分の3も平らげてしまった。
そのあとのチーズケーキも完食。

夜、胃薬のお世話になったことはいうまでもありません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

04/11/26 Fri 夜長。

0411_255.jpg 0411_256.jpg

 生協の塩焼きそば(野菜追加) 味噌汁(三つ葉・わかめ) 漬物2種 イチゴとヨーグルト
 新橋の「天吉」で。 天丼
 自炊。 レンコンの胡麻和え しらたきの煮物 トマト 温奴 焼酎のソーダ割り

生協の宅配、今週からイチゴがお目見え。 どんどん季節が早くなるような気がする。

昼。
温かいものが食べたいね、第一楼の鶏の煮込みそばを食べに行こう、と出かけると店はなくなっていた。 がーん。
近くの天吉で天丼。 
この店は古い柱時計の音が聞こえそうな、ほかの場所より時間がゆっくり流れているような店。

夫のいない夜。
ダイエット夕食を済ませて、猫を膝にのっけてしみじみと読書をしていると、近くで飲んでいるからおいでよ、と同級生たちからメール。
自転車で出かける。

さんざん大笑いして、12時過ぎにまた自転車で帰ってきた。

夜の空気は甘く暖かく、これから春が来るような錯覚に陥りそうだった。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

04/11/24 Wed 占い。

0411_247.jpg 0411_249.jpg


 えびピラフと目玉焼き トマト 味噌汁(ねぎ・わかめ・麩) 柿とヨーグルト
 弁当持参。 えびピラフ ハンバーグ コールスロー にんじんとインゲン 即席モズクスープ
 新橋の「謝謝」で。 お任せ料理 ビール 招興酒

夜。
久しぶりの友だちと食事。
男友達の中ではこの二人だけがこのサイトのことを知っているので、話をしても「それ、ネットで書いてた話だろ」とか「ぜんぜん会ってなけど、何してたのかよく知ってる。 京都にも行ってたんだよね」とか言われてしまう。

この二人に私のサイトを探し当てられてしまったときの私のショックといったら! 即座に閉めてしまおうと思ったくらい。 しかし誰にも言わないという約束を守ってくれているので、びくびくしながらも続けている。

帰り道、路上の占い師を見て「占いって、やったことない。 やってみようよ」と友だちが言い出し、酔った勢いで3人で手相を見てもらう。 

みんなそれぞれ神妙に話を聞いていた。
私はなぜか「とてもいい顔してますね。 今すごく運気が上がってる時ですよ」と何度も言われた。 それを聞いて友だち「鑑定料をひとりだけ多めに払ったんじゃない?」とからかう。

その他に言われたこと。
仕事に重点をおきすぎ。 もっと家族や身近な人にも時間を割きなさい。
出て行くお金も大きいけど、同じくらい入ってくるから心配いらない。
もっと人生を楽しみなさい。

私がすごく聞きたかったこと、これからなにか大きな試練とか苦しみが私の人生にあるかどうか、という問いに対して、そういうことは何もない、幸せな人生だ、と言われてホッとした。

清志郎じゃないけど「幸せになりたいけどー、頑張りたくないー♪」だもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

04/11/23 Tue 休日。

0411_231.jpg 0411_241.jpg


 ハムエッグ トースト インゲン炒め 柿とヨーグルト
 野菜室整理ミネストローネ 残りご飯を入れて、リゾット風。
 自炊。 海老と三つ葉の和風サラダ ロスティ(今日はアンチョビなし) チーズとピクルス コールスロー ハンバーグステーキ 肉汁パスタ 赤ワイン

素晴らしいお天気、身体を動かしたい!
しかし風邪を完治させるために、今日は家でおとなしくしていることにする。

久しぶりにキッチンにこもって音楽を聴きながら、食品庫を整理したり、煮物を作ったり、金胡麻を炒ったりする。
午後、習字。

夜のメインディッシュは、ハンバーグステーキ。
良質のたんぱく質をしっかり摂って、風邪を撃退だ!

今日の肉汁パスタは沖縄そばで作りました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

04/11/22 Mon レトロな食堂。

0411_216.jpg 0411_219.jpg

朝 お雑煮 柿とヨーグルト
昼 虎ノ門の「ケルン」で。 ランチボックス
夜 阿佐ヶ谷の「あづまや」で。 焼き鳥 うざく 上新香 うな重 ビール 熱燗

昼。
虎ノ門の交差点近くの「Kern」という店に行ってみる。
前々から気になっていたけれど、行きそびれていた店。
階段を下って店のドアを開けると、レトロな雰囲気が充満している。
小津安二郎の映画で笠智衆が昼間からビールなんかを飲んでいそうな食堂。
適当にざわついていて、適当に落ち着いていて。

ランチボックスは、ハンバーグ、エビフライ、グラタン、ナポリタン、卵焼き、春巻きなんかがちょこちょこ入っていて、さながら大人版「お子様ランチ」だ。
揚げ物は揚げたてで、いい感じ。
年配の常連も多く、彼らは店に入るなりメニューも見ずにおのおの自分のお気に入りの品を注文していた。
きっと何十年も同じメニューを食べているんだろうな。
カメラを持参していなかったので、残念ながら画像はなしです。

夜は風邪を吹き飛ばすために、うなぎ。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

04/11/21 Sun 風邪ぶり返す。

 コーヒー 夫にはハムエッグと磯辺焼きもち。
 銀座のホテル西洋の「アトーレ」で。 山海の幸のマリネ 鴨肉のラグーショートパスタ カジキのトマトソース フルーツサラダ
 抜き。 夫にはピザーラのパーティボックス、シーザーサラダ

上司たちとホテルのイタリアンでランチ。
パスタがおいしかった。

車で彼らを送り出したあと、ほっとしたせいか突然風邪がぶり返す。
悪寒が身体を走り、節々が痛む。
のんびりとした休日の銀座の歩行者天国を楽しむ余裕もなく、帰宅するのが精一杯。
夫の食事に付き合ったのち、ベッドに倒れこんだ。
翌朝まで記憶なし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

04/11/20 Sat 箱根と天ぷら。

0411_202.jpg 0411_212.jpg
0411_213.jpg 0411_215.jpg


 豚まん スープ(トマト・椎茸・卵)
 箱根湯本の日清亭で。 シナチク チャーシュー ネギそば 餃子
 銀座の「天一」本店で。 天ぷらコース 天丼 マンゴ 生ビール 冷酒

目が覚めると、風邪の症状が治まっている。 よかった。

来日している上司たちと箱根に出かける。
新幹線・ローカル線・ケーブルカー・ロープウェイとたくさんの乗り物に乗った。
高度が上がるにつれて、紅葉がきれい。

大湧谷で源泉を見て、卵ソフトクリームと黒卵を食べる。

8時頃、東京に戻って天ぷら。
好きな日本料理をひとつ揚げよと言われたら、私は多分天ぷらと言うだろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

04/11/19 Fri 風邪と寿司。

0411_187.jpg 0411_188.jpg


 鶏南蛮そば 梨とヨーグルト
 丸の内のフレンチで。 豚のマリネ ブイヤベース ロースとビーフ 白ワイン
 カレッタ汐留の「すし善」で。 寿司とつまみあれこれ アサリの味噌汁 生ビール 冷酒

昨日から上司たちが来日しているので、顧客周りと会食続き。
今日の夜は、寿司。
風邪気味で苦しいのだが、それでもおいしいここの寿司。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

04/11/17 Wed デンマーク人。

0411_184.jpg

 穴子チラシ寿司 味噌汁(大根 わかめ ネギ) 漬物3種 柿とヨーグルト
 弁当持参。 うな丼 トマト カボチャの土佐煮
 自炊。 レタス チーズ ハム ベーコン入りパン 白ワイン

デンマーク人の元同僚が仕事で来日しているので、オークラのバーで一杯飲む。
お互いのスケジュールの合間を縫っての再会なので、正味1時間。
会うの、3年ぶりくらいだよね。
すごく懐かしそうに、楽しそうに私を見る。
私も同じ顔をしてるんだろうな。

デンマーク人って人口500万人しかいないのに、いたるところでデンマーク人に会う。
世界中にデンマーク人がたくさんいるような気がする。
「デンマーク人て目立つよね。 存在が印象的なんだよ」と言ったら、ちょっと得意げな顔をして笑った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

04/11/16 Tue サーカスの夜。

0411_180.jpg 0411_182.jpg


 鶏南蛮そば ラ・フランスとヨーグルト
 虎ノ門の「さくら」で。 さんまの塩焼き定食
 渋谷の「ラ・ボエム」で。 小やりイカのフリット 蟹とアヴォカドのサラダ 赤ワイン 白ワイン

友だちが「アレグリア2のチケットあるから一緒に観に行こう」と誘ってくれたので、原宿まで出かける。

テントの上からブランコや縄梯子が吊ってあって、わくわくする。
昔の西洋の見せ物小屋に迷い込んだように現実離れした世界。

紐の上で逆立ちしたり自転車に乗ったりする東洋娘がいちばん印象的だった。
高所恐怖症の私には、空中ブランコの演技はとても直視できるものではありませんでしたが。

気分転換になり楽しかったけど、自腹を切ってでもいく?と言われると、ノーですかね。

その後渋谷に移動して、ちょっとつまむ。
会話のない夫婦生活とギクシャクした職場の人間関係に疲れ果てている友だちの話を延々と聞く。
吐き出して少しはすっきりしたかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

04/11/15 Mon 同い年。

0411_172.jpg 0411_173.jpg


 白菜とばら肉の重ね蒸し丼 味噌汁(春菊) 漬け物3種 なしとヨーグルト
 弁当持参。 ひじきご飯 ハンバーグ カボチャの土佐煮 五目ひじき トマト 即席味噌汁
 新橋の「木曽路」で。 しゃぶしゃぶ定食 生ビール 冷酒


スタッフの件で、人材派遣会社の担当部長がやってくる。
知的でエレガントでさっぱりした感じの女性。 私より絶対に年下だろうな、と思いながら話をする。
しばらくして突然「あの、失礼ですがお幾つですか?」と聞かれる。 よほど興味があったらしい。
あまりに唐突で単刀直入だったので「うん十うん歳」と素直に答えてしまう。
「お幾つですか?」と聞き返すと、にやりと笑って「同じ」と言う。

ふたりで顔を見合わせて「よかったですね、今日お会いできて」と結束した。

夜は顧客と仕事の話をしながら食事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

04/11/14 Sun 意地っ張り。

0411_152.jpg 0411_159.jpg
0411_162.jpg 0411_164.jpg

 レタスとソーセージのマフィン 卵焼き 梨と桃缶とヨーグルト
 抜き。
 早めの夕食。 自炊。 まぐろのタルタル風サラダ チーズ2種とブルーベリー パン2種 コート・ド・ポー ビール 赤ワイン

夕食のメインはコート・ド・ポー。 勝手に干し椎茸追加。 夫、ことのほかこの料理がお気に召したようだ。

ひさしぶりに「イングリッシュ・ペイシャント」を観る。
相変わらず号泣したけれど、感動は昔ほどではない。
そんなにお互い意地を張らなくてもいいのに、と思ってしまう。
そんなに社会に迎合しなくてもねぇ。

しかし会話はとても素敵だった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

04/11/13 Sat コッパーフィールド。

0411_139.jpg 0411_144.jpg
0411_145.jpg 0411_150.jpg


 穴子チラシ寿司 かぼちゃの土佐煮 味噌汁(春菊) 漬物3種 梨と桃缶とヨーグルト
 遅めのランチ、自炊。 うざく 豆もやしと韮の金華ハム蒸し モツ鍋 締めは辛ラーメンを鍋に投入。 ビール ジンロのシークワーサソーダ割り
 抜き。

デヴィッド・コッパーフィールドを再読中。
魅力的な変人がたくさん出てくる。 どの人物も生き生きしていてディキンズの観察眼とユーモアに脱帽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

04/11/10 Wed スープ。

0411_105.jpg 0411_112.jpg


 シーフードカレー 味噌汁(わかめ・ねぎ) 柿とヨーグルト
 虎ノ門のホテルオークラの「テラスレストラン」で。 コンソメスープ 牡蠣のカレーソテー 白ワイン 赤ワイン
 「さぼてん」のミックス弁当。 ビール

海外に転勤していた顧客が「戻ってきました。 久し振りに会いましょう!」と先週メールをくれたので、さっそくオークラでランチ。

私はここではいつもコンソメを頼む。
スープは断然透明なスープが好き。 自分で作ると気が遠くなるほど大変だから、いつもコンソメを頼むたび贅沢だなと思う。

再会を祝して、グラスワインで乾杯。
彼はすごくパワフルで、どんなときも逆境を楽しみに摩り替えてしまう人物。 逆境がひどければひどいほど、燃えるらしい。
私も頑張らなくちゃ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

04/11/07 Sun 孤独とお習字。

0411_096.jpg

 お雑煮 りんごとヨーグルト
 焼きそばパン
 自炊。 きゅうりとわかめの酢の物 茹でブロッコリー 蓬莱のシュウマイ 手羽と豆の中華風煮込み 豚まん(夫のみ) ビール ウイスキーのソーダ割り

ああ、秋ですね。
孤独をひしひしと感じる。 孤独は若い頃だけ感じるものだと勘違いしていたが、大人になっても同じように感じるんだね。 そこそこ仲のいい夫がいても、孤独はとつぜん深い穴のように目の前で真っ暗な口をぱっくりと開く。 
ま、人間は元来孤独な生き物なんだからしょうがないか。

気を紛らわせるために、朝からフル回転で動き回る。

ジョギングに公園に出かける。 いつもよりハイペースで長く走る。
その後、車で買出し。
帰宅後、長風呂してから、料理に集中する。
デビット・コッパーフィールドの再読開始。
そして、ついに書道まで始めた。

書道は、あまりの字の汚さに恥ずかしくなり、少し前から教室に通いだしている。 まったくの初心者です。
書道はいいね、なんといっても無心になれるところが。 墨の匂いもいいし。
筆を持っているうちに、孤独のことをきれいさっぱりと忘れていた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

04/11/06 Sat 京都ー東京。

0411_063.jpg 0411_075.jpg
0411_084.jpg 0411_077.jpg

 河原町の立ち食い「都そば」で。 きつねうどん バッテラ
 嵐山の「嵯峨野」で。 湯豆腐定食 地ビール 冷酒
 自宅にて。 「ひさご寿司」の寿司 高野豆腐の煮物 しし唐炒め ビール 焼酎

妙心寺でお墓参りのあと、近くの金閣寺まで足を伸ばす。
透明な秋の陽を浴びて、金箔を貼りなおした舎利殿が鈍く光っていた。
お庭も幻想的だった。 お寺まわりは朝に限るね。

その後、嵐山まで行ってみる。
しかしすごい人出で、湯豆腐を食べて早々に引き上げる。

京都駅の伊勢丹で漬物とお寿司と豚まんを買って、新幹線に乗る。
7時半頃、帰宅。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

04/11/05 Fri 京都。

0411_016.jpg 0411_027.jpg
0411_039.jpg 0411_047.jpg

 牛丼 味噌汁(ねぎ・わかめ・麩) サトイモと鶏の煮物 高野豆腐煮 漬物2種 生卵 梨とヨーグルト
 東京駅の「あじさい」で。 かき揚げ蕎麦
 祇園の「なか川」で。 はもと松茸のお任せコース ビール 熱燗

二晩続けての抑えた夜ごはんと運動のおかげで体重2キロ減少。
付いた肉は早めに追い出す、が鉄則です。
そうして振り出しに戻ってまた食べる、である。

今日から京都に一泊。
お墓参りをかねて、鱧と松茸を食べに行く。

「なか川」の料理はすごく地味な見た目だが、本当においしい。
メシタガレイの薄作りが絶品だった。
メシタガレイの薄作りが出ると、必ずあとで皮と骨の唐揚げが出てくる。 これもおいしい。
子持ち鮎の山椒煮も骨まで柔らかくて全部食べてしまう。
丹波のマツタケもうまかった。
しかし肝心の鱧は去年の感動ほどではなかった。 普通の鱧だった。

夜はオークラ泊。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

04/11/04 Thu 大統領選。

0411_012.jpg

 ドライカレーチーズトースト 味噌汁(シジミ) 梨とヨーグルト
 弁当持参。 マツタケご飯 だしまき卵 シュウマイ きんぴらごぼう トマト 即席モズクスープ
 自炊。 きんぴらごぼう 温豆腐のきのこあんかけ ウニかまぼこ 焼酎のシークワーサソーダ

米大統領選挙、接戦の末、ブッシュ勝つ。
我が家ではひそかに「ニホンザルと死神の対決」と呼んでいた。

都会はケリー支持、田舎はブッシュという構図が顕著だった。

民主党はヒラリーまで待たねばならないでしょう。

夜はダイエットメニューでひとりごはん。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

04/11/03 Wed 食欲の秋。

0410_891.jpg 0411_002.jpg
0411_006.jpg 0411_008.jpg

 松茸ご飯 味噌汁(大根葉・揚げ玉) 出し巻き卵 サトイモと鶏肉の煮物 漬物2種 海苔 梨とヨーグルト
 遅めのランチ。 阿佐ヶ谷の「Kumari」で。 パパド インディアンサラダ スペシャルセット ほうれん草とマシュルームのカレー 生ビール 白ワイン
 なし! 夫には冷蔵庫の残り物でワンプレートおつまみセット

先週末、松茸を仕入れたので、朝から松茸ご飯を炊く。 大きめに切ってお米も2合に抑えたので松茸がじゃかじゃか入っているように感じる。 おいしくてお代わりして食べた。

昼過ぎ、ジョギング。

夜はダイエットメニューにしようと意気込んでいたのに、3時ころ夫「Nobrin、Kumariにカレー食べに行かない?」と誘う。
誘惑に負けて、Kumariでカレー三昧。

帳尻を合わせるべく、ダンベル&ストレッチ&腹筋運動に励むが、焼け石に水ってかんじ。
誰か、この炸裂した食欲を止めてくれー!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

04/11/02 Tue 韓国タウンでスパニッシュ。

0410_883.jpg 0410_886.jpg

 生協のソース焼きそば(野菜追加) 味噌汁(なすの天ぷら・ほうれん草) 漬物2種 りんごとヨーグルト
 弁当持参。 麦ご飯 豆とソーセージと厚揚げの煮込み トマト ごぼうのきんぴら 即席味噌汁
 新宿の「カサベリア」で。 イベリコ豚の生ハム マシュルームのオイル焼き スペインオムレツ スペインサラダ サフランのパエリア ドライシェリー 白ワイン 赤ワイン

夕方、会社の人と新橋の焼き鳥に行くからねと夫に電話すると「新宿の韓国料理の下見に行きたいから一緒に付き合って」と言う。
3人で新宿にでかける。
しかし夫は新しい場所をうろ覚えで、しかも電話番号も控えていなかった! なんという段取りの悪さ!

結局お目当ての店は見つからず、「カサベリア」に行く。
頭の中が韓国料理になっているのに、スペイン料理に切り替えるのはけっこう大変だった。
が、この店は相変わらずおいしい。
イベリコ豚の生ハム、最高!

結局、幸せな気分で店を出た。
めでたし、めでたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

04/11/01 Mon 疲れたときは蕎麦屋。

0410_868.jpg 0410_870.jpg
0410_872.jpg 0410_876.jpg

 ハムチーズトースト 味噌汁(かぼちゃ・ミョウガ) りんごとヨーグルト
 虎ノ門の「長崎飯店」で。 ちゃんぽん
 阿佐ヶ谷の「すが原」で。 新そばの実 揚げそばサラダ だし巻き卵 鴨つくね 天せいろ 生ビール 百年の孤独

なんだか脱力感ひどく、夜の予定をキャンセルして阿佐ヶ谷に戻ってくる。
夫と蕎麦屋で一杯。

疲れているときにきちんとした蕎麦屋が近くにあるのって、すごく嬉しい。
軽く肴をつまんで、おいしいそばで締める。

早めに就寝。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »