« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

05/05/31 Tue 自炊。

0505_359 0505_366

 穴子チラシ寿司 味噌汁(三つ葉・油揚げ) すぐき パイナップルとヨーグルト
 虎ノ門の「新橋亭」で。 ねぎそば
 自炊。 にんじんサラダ 冷やっこ ジャーマンポテト 焼き鳥(帰り道に買った) 茹でオクラ 鰆の西京焼き 焼酎のグレープフルーツソーダ割り

朝。
ちゃちゃっとチラシ寿司を作る。 ミョウガと大葉をたくさん刻んで爽やかに。

夜。
夫も私も7時前に帰宅したので、夜ごはんを作る。
平日の夜にちゃんと夕食を作るなんてすごく久し振りのような気がする。
今日の人参サラダは、ホタテ缶で作った。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/05/28 Sun 新たまねぎ。

0505_349

 ハムエッグ 茹でアスパラガス トースト 味噌汁(大根・わかめ) パイナップルとヨーグルト
 抜き。
 早めの夕食、自炊。 中国風ジャーキー 新たまねぎとひき肉のサラダ マカロニサラダ ゴーヤチャンプルー ビール 焼酎のソーダ割り

お昼過ぎ、ゴルフの練習。 シンガポールで顧客にゴルフを始めたと話したら、次に来るときはコースを取っておきますよ、とみんな言う。 ひえぃ、練習しなくちゃ。 ということでプレッシャーの中で練習。

夫が辛いものが食べたいというので、合いびき肉を茹でて、ナンプラーとレモン汁と唐辛子と香菜の根のみじん切りを混ぜあわせて、レタス・バジル・新たまねぎ(一個分)と和えてサラダを作った。 テキトーに作った割にはおいしかった。
マカロニサラダにもどっさりと新たまねぎを入れた。

新玉ねぎ、最高。 この時期、玉ねぎを使った料理はなんでもすごくおいしい。 もっともっと食べたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/05/27 Sat 週末。

0505_335 0505_338

 塩鮭 ご飯 味噌汁(アスパラガス・ミョウガ) きゅうりとハムと新玉ねぎのサラダ 漬物 海苔 ちりめん山椒 メロンとヨーグルト
 西荻の「鞍馬」で。 焼き味噌 鴨せいろ(夫) 穴子天そば(私)
 自炊。 ミモレット 黒オリーブ パン サワークリーム(セロリソルトを振り掛ける) 切り昆布ときゅうりのサラダ ステーキ ローストポテト 茹でいんげん 肉汁パスタ 赤ワイン

週末です!

今週は運動不足だったので、身体を動かしたい。 
しかし疲れが溜まっているので、無理せずに公園で1時間ウォーキング。 
そのあと、西荻の「鞍馬」で蕎麦。
ここの蕎麦は十割なのに、上品な味。 個人的にはここの蕎麦が日本で一番好き。

0502_060


夜はステーキを焼く。 生協の予約の肉、歯ごたえがあって健全な肉の味がする。
今日の肉汁パスタはマカロニで作った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

05/05/27 Fri シンガポール-日本。

0505_319 0505_321

 シンガポール空港の「Chen Fu Ji」で。 豚ミンチ入り手打ちそば 玉ねぎ餅
 機内食をつつく。
 つくりおきの大根と鶏肉とこんにゃくの煮物をチンしてつまんだだけ。 ビール

5時に起床して、6時半にホテルをチェックアウト。
空港の麺屋で朝ごはん。 手打ち麺だが、味はイマイチ。

今回のフライトでは、往きに「スパイダーマン2」と「今、会いにゆきます」、帰りに「クローサー」を観た。
トビー・マグワイア、好き。 ジュード・ロウも好きだけど「クローサー」では限りなく情けない男だった。 
飛行機の中ではどうも大作を見る気にならない。 画面は小さいし、ここってところでいつも機内アナウンスにさえぎられたりするから。

夕方、成田着。 駐車場に停めておいた車を運転して帰る。

夜のレインボーブリッジあたりを走るのがいつも楽しみ。 
岸辺のホテル、高層ビル、海に浮かぶ船、陸に広がる東京の街…、たくさんのいろんな灯りが、とても静かにお行儀よくまたたいている。
この風景を見るたびに「ああ、日本だ。 日本ってきれい」といつも思う。 
街の景色は国民性をかなり反映していると思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

05/05/26 Thu シンガポール3日目。

0505_314

 ホテルのビュッフェ
 日本料理「Sun」で。 刺身盛り合わせ 炙り寿司盛り合わせ サラダ 蟹クリームコロッケ 豚トロの胡椒焼き 牛肉とフォアグラの釜飯
 「瑞記(家嫂)魚頭米粉」で。 野菜の炒め物2種 揚げ豆腐 ローストポーク 鳥のから揚げ ゴーヤとスペアリブの炒め煮 蒸し魚 魚のスープ麺 

朝からシンガポールの会社に挨拶まわり。
私の直接担当の顧客ではないが、間接的に関係があるので一緒に回る。
顧客の指定でランチは日本料理。 セットメニューがたくさんあったので楽チンだと思っていたら、顧客が「アラカルトでいろいろ頼みたい。 注文は日本人のNobrinさんに任せましょう」と突然言い出した。 いくら食いしん坊とはいえ、初めての店で全員の注文を突然引き受けるのはけっこう大変だった。
顧客は機関銃のようによく喋る。 いかに自分が偉いかを延々と話している。

午後も顧客回り。

夜は同僚たちといつもの魚の汁そばの店で夕食。 ここの海老の粉が入ったから揚げが私のお気に入り。 もちろん名物の魚のスープ麺もおいしかった。 スープが白いんです。

そのあと、友人も合流してChina Oneというバーで飲む。

0505_312 0505_308
0505_318 0505_317

| | コメント (3) | トラックバック (0)

05/05/25 Wed シンガポール2日目。

 ホテルのビュッフェ朝食
 顧客と食事。 広東料理。
 顧客と食事。 Pan Pacific Hotelの「欅」で。 冷奴 タコ酢 ゴリの素揚げ マグロの山かけ イカの塩辛 鳥のから揚げ お寿司お好みであれこれ 味噌汁 ビール 冷酒

今日は一日顧客回り。
シンガポールは外国料理があまりおいしくない。 広東料理も日本料理もイタリア料理も。
ローカルフードはおいしい。 でも今回の出張はローカルフードを食べるチャンスはほとんどなさそうだ。

夜。
顧客と日本食。 コースを頼もうと思ったら、顧客がさっぱりしたものをちょこちょこと食べたいという。 冷奴やマグロの山かけやイカの塩辛などの居酒屋メニューになった。
顧客と冷酒を飲みながら話し込んでいたら、気分はすっかり日本。 シンガポールにいることを忘れてしまった。

同僚たちはGrand Hyattのローカルフードのブッフェに出かけた。 もちろん専門店にはかなわないが、かなりおいしかったらしい。 夕食後、Brixで待ち合わせてみんなで飲む。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

05/05/24 Tue シンガポールのタイ料理。

0505_303

 成田空港の食堂で。 けんちんそば
 機内食。
 シンガポールの「Yhingthai Palace」で。 ライスクラッカーの前菜 トムヤムクン グリーンカレー 魚の揚げ物 カニコロッケ オリーブピラフ 青菜炒め マンゴともち米 タピオカ ライムジュース

今日からシンガポールに出張。
早い時間の飛行機にしたので、成田まで車を運転していく。
朝のドライブはとても気持ちよかった。

夜は会社の同僚とタイ料理。
トムヤムクンがとてもフレッシュ。 おいしい。
黒いご飯はオリーブピラフ。

0505_289 0505_297
0505_298 0505_301

夕食後、ホテルに戻って残っていた仕事を片付ける。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

05/05/23 Mon 阿佐ヶ谷のドイツ居酒屋「G.G.C.」。

0505_250


 カツサンド 味噌汁(壬生菜・揚げ玉) メロンとヨーグルト
 弁当持参。 ご飯 大根とこんにゃくの煮物 ミニハンバーグ 茹でかぼちゃ 即席モズクスープ
 阿佐ヶ谷のドイツ料理「GGC」で。 エビフライ ジャーマンポテト ウインナソーセージ グリーンサラダ ナポリタン ハンブルグステーキ レーベンブロイ生

仕事後、夫と高円寺で待ち合わせしたら急にすごい雨が降り出した。 熱帯のスコールみたい。
しばらくやみそうにないので電車で阿佐ヶ谷に戻り、濡れないで行けるガード下のゴールド街にあるドイツ居酒屋に行ってみる。
ずっと昔からある店だが、なぜか今まで入ったことがなかった。
ドアを押して中に入ると、古びているがゆったりとしていて手入れのゆき届いた居心地のよさそうな店。

メニューもドイツと日本の居酒屋のコラボレーションで、飲み物はドイツビールの生からチューハイまでカバー、料理は枝豆からアイスバインまでカバー。 おもしろーい。

料理は家庭的なおいしさで、おいしいビールが飲める洋食屋というかんじ。 特にジャーマンポテトがおいしかった。
かなり気に入りました。 

0505_259 0505_270
0505_277 0505_283


| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/05/22 Sun 買出しと猫攻め。

RIMG0005


 お雑煮
 お稲荷さん ペットボトルのお茶
 冷奴 和野菜のサラダ 大根とこんにゃくと鶏肉の煮物 アスパラガスの胡麻和え 餃子 焼酎のソーダ割り

今日は服の買出しに新宿に行く。
サマーニットのアンサンブル・ワンピース・インナー・パンツ・靴、を買う。 これでしばらくは買い物のことは忘れていられる。

オットに車で迎えに来てもらい、スーパーマーケットで日用品の買出し後、帰宅。

夕食はオットのリクエストで、餃子。

なんだか疲れてしまい、夕食後ソファでうたた寝。 ずっと猫が私の首に巻きついてくつろいでいたそう。 どうりで余計に疲れたかんじ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/05/21 Sat 鴨の窒息死と天使の海老。

0505_229 0505_232
0505_236 0505_241

 ごはん 味噌汁(ソラマメ・かき揚げ) ハムエッグ・レタス・トマト 漬物2種 ちりめん山椒 海苔 パイナップルとヨーグルト
 抜き。
 お料理教室で。 シャラン鴨のサラダ仕立て グアンチャーレを使ったペンネアマトリチャーナ ホタテと海老の軽いソテー根セロリのピュレ ヤギのミルクのチーズケーキ スパークリングワイン ブラッドオレンジジュース 白ワイン セイロンティー


今日のお料理教室も珍しい食材がずらり。
シャラン産の鴨、グアンチャーレ、ニューカレドニア産の海老。

シャラン鴨は窒息死させることにより、血液が肉全体にいきわたり、風味がよくなるそう。
鴨は柔らかくてとてもおいしかった。 ビンコットとバルサミコのソースも鴨にぴったり。
その後、ブラッドオレンジジュースで口直し。
パスタの後のメインディッシュは、「天使の海老」といわれるニューカレドニア産の海老のソテー。
限りなく自然に近い環境で育てられている海老らしく、きれいな青。
軽くソテーした海老は、甘くやわらかく、味噌も上品な味だった。

今日は鴨の窒息死を体感したあと、血のジュースを飲んで昇天し、天国で海老の天使と戯れる、という壮大なメニューでした。

飛び入り参加した先生のお祖母さまが「鴨の窒息死」をいたくお気に召し、話が何度も窒息死に戻り、ついには「昔の人は家で鶏を飼っていた。 下手な人が首をちょん切ると、首がなくなっても鶏が走り回る」という話を披露してくれた。 ひぇぇー!
あとでMちゃんは「窒息死の話よりも、首なしで走る鶏の話のほうが怖かった」と言っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

05/05/20 Fri 鱧しゃぶ。

0505_221

 レタスチャーハン 味噌汁(かき揚げ・ネギ・わかめ) パイナップルとヨーグルト
 新橋の「とりやす」で。 モツ重定食
 新橋の「喰切料理 一楽」で。 竹コース 生ビール 烈 浦霞

サボっていた分、忙しくなる。
ああ、私ったら。

夜は顧客と食事。
先日行った「一楽」がとてもおいしかったので(そのときの日記)、再訪。
席につくとご主人の山崎さんが「Nobrinさま!」と呼ぶので振り返ると、くねくねとのたうつ生きた鱧を掲げ見せてくれた。 今日はこれでしゃぶしゃぶだそう。
ここのはも鍋は、春キャベツ・ウド・新ごぼう・新玉ねぎなんかをまず鍋に投入してから、鱧はなべの中で「の」の字を2回半書いてしゃぶしゃぶ。

今日もすべて結構なお味でした。
顧客にも気に入っていただけたようだ。 接待だったので、残念ながら画像はなし。

また来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/05/18 Wed 「プルクワ」の野菜サンド。

0505_211 0505_212
0505_213 0505_215

 カレー丼 即席鯛のお吸い物 らっきょ パイナップルとヨーグルト
 虎ノ門の「プルクワ」から。 カルツォーネ 野菜サンド ミルク
 阿佐ヶ谷の「山猫軒」で。 クリームチーズのアミューズ スモークサーモンのカルパッチョ 穴子のテリーヌ フォアグラのソテー 地金目鯛のポアレ メロンとアイスクリーム スパークリングワイン 白ワイン 赤ワイン ハーブティ

昼、「プルクワ」の野菜サンドを食べる。 ここの野菜サンドは、大葉が入っていたりソースが白和え風だったり,
パンも黒胡麻入りだったりで、とても満足なお味。 私のお気に入り。

オットは業界のゴルフコンペ。
車ででかけたので、帰り道だからと会社まで迎えに来てくれる。

阿佐ヶ谷に戻り、山猫軒でよるごはん。 ワインがおいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/05/16 Mon ヘアカット。

0505_197

 シラス・鮭丼 漬物 味噌汁(かき揚げ・わかめ・ネギ) メロンとヨーグルト
 虎ノ門のパン屋から。 ウインナパン サラダ 即席トマトバジルスープ
 虎ノ門のパン屋から。 メンチカツバーガー

仕事後、髪を切りに行く。
「あいだ、あけすぎ」とまた怒られた。

帰宅後、友達と電話で話していたら「髪を切るたびにまた短くされちゃったーっていうくせに、いつも同じとこに行くんだね」と言われた。
髪を切りに行くのも憂鬱だが、新しい美容院に行くのは更に憂鬱なんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/05/15 Sun 高カロリーの一日。

0505_182 0505_186

 アジの開き ご飯 味噌汁(壬生菜 揚げ玉) クーブイリチー 漬物 ちりめん山椒 海苔 メロンとヨーグルト
 高円寺の「天下一品」で。 唐揚げ 餃子 ラーメン チャーハン
 自炊。 醤豚 切り昆布ときゅうりのサラダ 新玉ねぎと桜海老のかき揚げ 白ワイン

今日のゴルフの練習はやる気なし。 160発打っておしまい。
関西風の餃子が食べたいとオットが言い出し、高円寺の天下一品に出かける。
から揚げもチャーハンも餃子も食べたので、カロリーオーバー。

夜は切り昆布ときゅうりのサラダだけにするつもりだったが、作りおき用に醤豚を煮たり、お蕎麦用のかき揚げを揚げていたら、オットが「それ、両方とも今すぐに食べたい」と言う。
結局カロリーの高い夕食になってしまった。

0505_188

| | コメント (4) | トラックバック (0)

05/05/14 Sat 辛い鍋。

0505_173 0505_179

 セロリ麺 びわ
 抜き。
 早めの自炊。 トマト 鶏軟骨の唐揚げ 四川風ホットポット(車えび 新タケノコ 椎茸 クレソン 豚肉 マトン きしめん) 焼酎のソーダ割り

5月の中旬だというのに、寒い!

寒いから鍋にしよう、ということで夕食はホットポットにする。
このあいだ香港でホットポット用のスープの素を買ってきたので、これを使ってみる。
香港式に薬味は、香菜、ねぎ、しょうが、にんにく、腐乳なんかを用意して、自分でお好みでスープに溶いてたれを作る。
肉も香港式でマトンを用意。 
八百屋で豆苗を探したらもやしのような豆苗しかなかったが、代わりに元気なクレソンがあったので、青野菜はクレソンにする。

0505_167 0505_176

辛いよ、辛い! 食べ進むほどに視界がどんどん狭くなり、耳も聞こえなくなる(というか耳鳴りがする)。
辛いものを食べると、そういう状態になりませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

05/05/13 Fri お料理教室の食事会 - カサベリア。

0505_149 0505_153
0505_154 0505_157

 きのことポルチーニの生パスタ(生協の冷凍) トマトと卵のスープ メロンとヨーグルト
 虎ノ門の蕎麦屋(名前忘れた)で。 カツ丼とかけそばのセット
 新宿の「カサベリア」で。 イベリコ豚の生ハム ムール貝の前菜 マシュルームのオリーブ油焼き サーモンチーズトースト スペインオムレツ 普通の生ハム イカ墨のパエジャ サフランのパエジャ サラダ カヴァ 白ワイン 赤ワイン 食後酒2種類 アイスクリーム

夜は、お料理教室の仲間たちと食事会。
カサベリアの料理は、どれもこれもほっとするような素朴なおいしさで、お酒が進むものばかり。

メンバーは揃いも揃っておいしいもの&お酒好きなので、加速度的にボトルが空になる。
「お料理教室の食事会」というよりも「大酒飲みの食いしん坊会」だ。
こういう人たちと食事をすると、料理とお酒がさらにおいしくなるね。

食事の後は、食後酒に突入。
ひとつは50度のキンキンに冷えた透明なお酒(名前、忘れた)。 味はグラッパに似ている。
もうひとつは「モスカテル・マラガ」という、見た目も味もパッシートによく似たお酒。
両方とも結構なお味でした。

0505_164 0505_163


その後、さらに「イーグル」でカクテルを一杯ずつ飲んで帰宅。
とても楽しい一夜でした。


 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

05/05/11 Wed 地元で宴会。

0505_144


 自家製パン ハムエッグ 茹でオクラ 味噌汁(キャベツ・油揚げ) プルーンとヨーグルト びわ
 弁当持参。 たけのこご飯 茹でかぼちゃ クーブイリチー トマト チキンのチーズ焼き 即席味噌汁
 阿佐ヶ谷の「うねり亭」で。 島豆腐の奴 島らっきょう 島らっきょうの天ぷら インドネシア風焼き鳥 ゴーヤチャンプルー タコやきそば 生ビール 泡盛

今年初めて、びわを食べる。 この上品な甘さはなんなんでしょう。

仕事後帰宅すると、人間ドックの結果が届いていた。 低血圧と貧血以外はすべてAで一安心。 またあと一年、飲んじゃおうかなー。

Tシャツとジーンズに着替えて、友人たちと近所の沖縄居酒屋で待ち合わせ。
案の定、がんがんに飲んでしまいました。 5人で少なくとも泡盛4本は空けました。

いろんな話をして、なんだか学生時代に戻ったようにとても楽しかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

05/05/08 Sun リハビリBBQ。

0505_097

 タケノコご飯 だし巻き卵 味噌汁(キャベツ) クーブイリチー 漬物 海苔 メロンとヨーグルト
 公園でBBQ。 
 自宅で自炊。 焼きうどん 葛餅

5月の連休の一日はいつもバーベキューをやっていたが、準備がおっくうになってここ数年ご無沙汰だった。
今日はリハビリを兼ねて妹夫婦とこじんまりとBBQ。

気軽にしようということで買出しにも行かず、冷蔵庫のあり合わせで準備。
前菜には叩きキュウリと朝食の残りのクーブイリチー、BBQ用にハンバーグを丸め、さばの塩焼きを解凍して、野菜を切る。 しめじはアルミで包んで酒を振りかけておく。
ホームベーカリーくんにはパンを焼いてもらった。

ちょっとメニューが少ない気がしたので、近くの焼き鳥屋で焼き鳥を買って追加。
妹は焼きうどんの用意をしてきた。

やっぱりBBQはおいしいね!
外の空気は抜群のスパイスだし、焼きたてをほおばると、何でもないメニューが御馳走に早変わり。
食べ足りないので、近くのコンビニでウインナととうもろこしを買ってきて焼いた。

0505_104 0505_101
0505_099 0505_102

甥っ子もシートの上でひっくり返って、ご機嫌さん。

0505_115

リハビリもうまくいったので、今度はみんなを誘ってやろう。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

05/05/07 Sat 幸せの黄色いハンカチ。

0505_086 0505_090
0505_095 0505_096

 皿うどん大盛り しめじと卵と生のりのスープ メロンとヨーグルト
 遅めのランチ。 阿佐ヶ谷の「Kumari」で。 野菜サモサ 海老のパコダ スペシャルセット 魚のカレー 生ビール 白ワイン
 抜き。

朝から野菜をたっぷり使って、皿うどんを作る。 具は大盛り。 おいしい!

お昼過ぎにゴルフの練習をしたあと、阿佐ヶ谷でカレーを食べて、レンタルビデオ屋に寄る。
私はぶらぶらと見てまわっただけ。 オットは2本借りた。

夕方、衣替えを少し。

夜、オットが借りた「幸せの黄色いハンカチ」を観る。
武田鉄矢はまだ説教をたれないし、桃井かおりも芋姉ちゃんだ。
倍賞千恵子も清楚。 高倉健もかっこいい。
結末を知っているというのに、夕張のシーンでまたホロリ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

05/05/06 Fri 同じ言語で語りあえることの尊さ。

0505_083


 資生堂パーラーのキーマカレー 味噌汁(なす・みょうが) 福神漬けとらっきょ イチゴとヨーグルト
 弁当持参。 筍ご飯 茹でかぼちゃ 茹でブロッコリー チキンのチーズ焼き トマト 即席味噌汁
 自炊。 蓬莱551の豚まん 茹でブロッコリー プチトマト 納豆の海苔巻き ビール 焼酎のソーダ割り

お昼休み、後輩に「連休どうだった?」と聞いたら、とつぜん「彼と別れました」と言う。 ひえぇ。

塩野七生が「『同じ言語』で語りあえることの尊さについて」書いていてこのエッセーに妙に納得していたのだが、後輩の話を聞くとやっぱり「同じ言語」で語り合えなかったことが大きな要因のようだった。

しかし、「同じ言語」で語り合える人って巡り会えるだけで幸いだ。
それほど貴重な気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/05/05 Thu ドラマのまとめ見。

0505_077 0505_078
079 0505_082

 古窯の朝食ビュッフェ
 新宿の「つばめグリル」で。 ロールキャベツセット 手作りハム 白ワイン 赤ワイン
 自炊。 野菜たっぷりのマカロニ入りミネストローネ

朝、温泉で一風呂浴びてから、朝食。 ここのビュッフェ、すごい。 カレーなんかもあるよ。
8時半頃ホテルをチェックアウトして、送迎バスで駅まで。
上山温泉まで散歩してみる。 私たちが泊まったのは正確には「葉山温泉」で、温泉の質は上山の方が上らしい。 たしかに硫黄の匂いがたちこめている。 足湯に浸かったりぶらぶらしているうちに新幹線の時間が近づいてきたので駅に戻った。

お昼過ぎに新宿に戻り、つばめグリルでランチ。
オットは名物ハンブルグステーキを頼んで、おいしそうに食べていた。

家に戻って録画してあった「汚れた舌」を第一話から一挙にまとめ見。
こわーい、このドラマ。
藤竜也、けっこういい線いってるのに、小さく笑うときの笑い方がオッサン、「へへっ」って。 惜しいねぇ。
森口遥子って別に好きじゃなかったけど、すごく好きになっちゃった。 ふっ切れたかんじで意地悪な女の役を楽しんで演じてる。

今日もこのドラマの放送日だけど、CMが邪魔だから録画したものを後日見るつもり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

05/05/04 Wed かみのやま温泉。

0505_021


 たけのこご飯 ハムエッグ 味噌汁(蕪・揚げ玉) 蕗と油揚げの煮物 漬物 海苔 イチゴとパイナップル
 上山城の麓の茶屋で。 おでん、玉こんにゃく
 「古窯」の食事。 山菜いろいろの前菜 お寿司盛り、お刺身、米沢牛のしゃぶしゃぶ、ふかひれ茶碗蒸し、タラバガニの天ぷら 芋煮 ごはん 味噌汁 漬物 デザート盛り ビール 日本酒「古窯」

一泊でかみのやま温泉に出かける。
最近西にばかり行っているので、今回は東北に行ってみることにした。

東北新幹線の景色は東海道新幹線のそれとは、ぜんぜん違う。 なんか牧歌的。 山並みもまあるい感じ。
杜子春の最後のシーンを思い出す。
ところにより、まだ桜が満開。 遠くに雪を抱いた山々が見える。

かみのやま温泉に降り立つと、頼んでおいた観光タクシーの運転手さんがお出迎えしてくれた。

とりあえずおいしい蕎麦屋に連れて行ってもらう。 「樵こり」という店だったが、大混雑。 しかもここは注文を受けてからそばを作るので、40分くらいかかると言う。 他にも何軒か行ってもらったが、どこもかしこも並んでいたのでお蕎麦はあきらめることにした。

斉藤茂吉記念館。
茂吉の生涯のビデオ上映を見る。 斉藤茂吉はお医者さんでアララギ派の歌人で北杜夫のお父さん、くらいしか知らなかったけれど、すごく精力的な人だったんですね。 医学・和歌・研究をしても使いきれないような強いエネルギーが身体の中にずっと燃えていた人のような気がする。

上山城公園。 
ここの茶屋でこんにゃくとおでんをかじって昼食とする。 玉こんにゃく、おいしい。 おでんも。
お城は最近再建されたものだったので、中には入らなかった。
足湯に入る。 けっこう熱い。 でも気持ちいい。

武家屋敷を車窓から見る。 小さい家並み。
ボランティアのガイドさんたちが張り切って説明している。

春雨庵。
沢庵禅師が幕府の怒りを買い、この地に3年間流されていた時の住処。 こぢんまりとした居心地のいい庵。 ここが一番気に入った。 庭のところどころに置かれた石像がかわいらしい。 斉藤茂吉より沢庵の生き方に共鳴する。

0505_041

栗川稲荷。
商売繁盛の神社で、日本各地からおまいりに来るという。 しかし神社の経営はうまくいっていないよう。 鳥居がぼろぼろで歯抜け状態。 人の商売繁盛よりまずご自分の商売繁盛をかなえたほうがいいのでは、なぁんて思ってしまう。

0505_049


蟹仙洞。
製糸工場の社長が道楽で集めたお宝を展示してある。 日本刀の細工に見入ってしまう。 しかし豊臣秀吉の刀は数年前に泥棒に盗まれてしまったそうだ。

こんなところをタクシーで回ってもらい、4時前に今日の旅館に送り届けてもらう。
今日の宿は「古窯」。
今回も4日前になって「一日くらいどこかに行こうか」と宿を探した。 
ゆえに選択肢はおのずと限られていたが、連休中でもけっこう空いてるものなんですね。


お部屋はゆったりとしていて、山が見えていい感じ。

0505_050

温泉に入って、極楽。 お肌つるつるになったかな。 ふふふ。
お風呂のあとは、館内探検。 食事処は最近フレンチもはじめたと言う。 きれい。
トイレがすごいらしい。 オットは部屋よりトイレにずっといたい、と言っていた。 (テレビもついてたそうだ)。
売店で試食・試飲三昧。

6時から夕食。
山菜がたくさん出てきて、おいしかった。 米沢牛も芋煮も白米もおいしかった。

0505_056 0505_057
0505_059 0505_060
0505_063 0505_064
0505_066 0505_069


しかし、食事の出し方に難あり。
お刺身の前にしゃぶしゃぶ食べるのは辛かった。
料理が矢継ぎ早に出てくるし、食事担当の仲居さんがきりきり舞いの雰囲気を部屋に持ち込んでくるのにも閉口した。
食事が始まって45分で「遅くなってもーしわけありません! 今、ご飯とお味噌汁を御用意しますから」と言われたときにはさすがに「もう少しゆっくり飲んでますから、まだいいです」と断った。 

部屋食なのに戦場のようなあわただしい食事のあと、旅館の外をぶらつくことにする。
とちゅう「葉山小劇場」というヌード小屋があった。 ヌードショーに興味はないが、その店先につながれている猫のかわいいこと。 猫には猫好きがわかるらしく、話しかけているうちにお腹を出してひっくり返っちゃった。 勝手に「りりい」と命名して、さんざん撫でてしまいました。

0505_072

ほかには別に何も見るものはなかったので、麓のコンビニでミルクとミネラルウォーターを買って、またりりいと遊んで宿に戻った。

もう一度お風呂に入り、昼に食べ損ねた手打ち蕎麦をそばコーナーで食べて、あとは部屋に戻ってくっちゃべって就寝。
爆睡。

0505_074

| | コメント (2) | トラックバック (0)

05/05/03 Tue 植え替え。

0505_005 0505_010
0505_006 0505_018

朝 玄米入りご飯、味噌汁(いりこ、キャベツ) ハムエッグ 蕗と油揚げの煮物 漬物、ちりめん山椒 海苔 パイナップルとヨーグルト
昼 抜き。
夜 早めの夕食、自炊。 トマトのハーブマリネ、 豆腐のレモンマリネ、サルサとドリトス、ヨシカミのハンバーグ(生協の冷凍)、グリーンピースと干ししいたけとたまねぎのスープ煮 赤ワイン

本当に完璧なお天気。
つつじやジャスミンの甘い香りがカーテン越しに部屋に入ってくる。
我が家のジャスミンも2年も植え替えをしていないのに、けなげに毎年花を咲かせているよ。 ああ、胸がちくちく痛む。
ということで、今日は大掛かりな植物の植え替えをとうとう敢行。
今までの良心の呵責の分まで、肥料はたっぷり目。

夜。
冷蔵庫にあるものだけでメニューをひねり出す。
豆腐は、ワインビネガー、塩、オリーブオイル、レモンでマリネ。
トマトは、イタリア製のペペロンチーノの素と酢とオリーブオイルとパセリのみじん切りで和えただけ。
ペペロンチーノは旬の新たけのこを入れてみる。 べちゃっとするのが心配だったから、薄切りにしたたけのこを一度オーブントースターで炙った。

冷凍グリーンピースをほぼ一袋使ってスープ煮を作り、この量ならオットも文句はないだろうと胸を張ったら(ちなみに画像は私の皿なので、豆の量はオットの半分です)、豆をほおばりながら「豆のお代わりはないの?」と抜かした。 
恐怖の豆男。

新筍がまだ残っているので、夜、ごそごそとキッチンにこもって筍ご飯を作り、オットの夜食となった。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

05/05/01 Sun のんびり休日。

0504_207 0504_210

 パン チーズ2種 ハム レタス クラムチャウダー パイナップルとイチゴとヨーグルト
 抜き。
 早めの夕食、自炊。 サーモンとほうれん草のキッシュ こごみ タケノコの姫皮 ホワイトアスパラガスのオランデーズソース スズキのアクアパッツァ 白ワイン

今日もゴルフの練習で身体を少し動かして、お風呂に入ってゆっくりと塩野七生の「男たちへ」を読む。 この本、すごく昔に買ったというのに、今の今まで本棚の肥やしになっていたのだ。

面白い。 今読んでも古くない中身。 骨太でかつ、いつまでも「女」を捨てない感じが好ましい。
読むたびに「そうそう、その通り!」と膝と叩かんばかりに共感してしまう。 
結婚の唯一の利点は、結婚というものをあらためてしなくてすむという点である、だって、あははは。
「おしん」が嫌いというその理由にも、思わずにんまり。 私もまったく同じ理由で嫌いだったんだよねー。

「ローマ人の物語」もまわりのひとたちに薦められて買ってはいるのだが、また本棚の肥やしになりかけている。 「男たちへ」を読み終えたら、ローマ人を読んでみようかな。

きりりと冷えた辛口白ワインを飲みたくて、夕飯はそれに合うようなメニューにした。
アクアパッツァ、何度か作っているのにオット「これ、初めて食べた。 おいしい」と言う。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »