« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

05/11/30 Wed 「美々卯」。

2005_12020020 2005_12020024

 ハムチーズトースト 味噌汁(春菊) リンゴとヨーグルト
 弁当持参。 五穀米ごはん 目玉焼き こんにゃくの煮物 豆のマリネ 即席味噌汁
 新橋の「美々卯」で。 前菜盛り合わせ 蕎麦寿司 うどんすき 生ビール 熱燗

夜。
夫と新橋で待ち合わせ。 なんだか今年はおでんが食べたくて仕方ない。 三度に一度はおでんが頭に浮かぶ。 不思議。
一平でおでんを食べようと思ったら座敷しか空いていないので、あきらめて隣の美々卯でうどんすき。

二人で二人前は多すぎるから、一人前だけ頼んで前菜の盛り合わせとそば寿司を頼んだ。 うどんすきって焼き穴子が入っているところがなぜかとても好き。

鶏肉はもう少し薄く切ってくれてたらいいのに、といつも思う。 たとえば削ぎ切りとか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

05/11/29 Tue 病人食。

2005_12020003

 なし。
 梅粥
 湯豆腐

昨夜、胸焼けが収まるどころかどんどん悪化し、夜中に食べたものを全部吐いた。 へろへろー。

今日は会社を休んでおとなしく寝ている。
絶食しようかと思ったが、お粥を作って食べた。

夜は豆腐や大根をだし汁で煮て食べた。

気力のない、淡白な一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/11/28 Mon 読み違い。

 トースト ハムエッグ 焼きピーマン 豆のマリネ 味噌汁(キャベツ) りんごとヨーグルト
 虎ノ門の「イ・プリミ」で。 パスタセット
 高円寺の「ねりめん亭」で。 冷やしトマト 里芋とニシンの煮物 カワハギ刺し 松葉かに 生ビール 熱燗

ランチに食べたパスタ、すごいニンニクで辟易とする。 じっくり火を通したニンニクは大好きだが、生のままは嫌い。
午後、ずっと胸焼け。


夫と待ち合わせて高円寺のうどん屋へ。
お勧めのメニューに「松葉蟹 680円」とあったので、「ずいぶん安いねー」とふとカウンターを見たら15cmくらいの小さな茹で蟹がたくさん大皿に盛ってある。 「あんなに小さいから安いんじゃない? 頼んでみよう」と注文したら、ナントでっかい本物の松葉蟹が登場。 「これ、680円?」と店の人に聞いたら、「6800円です」。 えぇーっ!
お店の人が「確かにメニューの料金が見にくいですね、注文キャンセルしましょうか?」と言ってくれたけど、夫が「蟹、食べたい。 そのままでいいです」と言った。

カウンターの隣の客が「私たちも680円だと思ったんですよ、安すぎるから頼まなかったけど。 でも彼氏が太っ腹でよかったですねー」と慰めてくれた。 しかし私が「お金払うの、私なんです。 家計担当なので」と答えたら、びっくりしていた。

2005_11280089 2005_11280092

| | コメント (6) | トラックバック (0)

05/11/27 Sun 「三丁目の夕日」。

2005_11280071

 お雑煮 バナナとヨーグルト
 映画館で。 ホットドッグ フライドポテト フライドチキン 生ビール
 阿佐ヶ谷の「潮州」で。 豚の耳の前菜 焼き餃子 韮の水餃子 トマトと卵の炒め物 鶏肉と椎茸の蒸篭蒸し レタスチャーハン 生ビール 紹興酒

朝。
小松菜を一把全部入れてお雑煮を作る。 青菜たっぷりで気持ちよい。

車で新宿へ買出しに出かけた後、ふいに思い立って大泉のシネコンに行ってみる。 「三丁目の夕日」の時間がちょうどよかったので、映画も見る。

何を隠そう、私は「三丁目の夕日」オタクなのである。 仕事が大変だった頃、夜中にがばっと目が覚めて眠れなくなったときはいつもこの「夕焼けの詩」を引っ張り出してきて読んだ。 どの巻でもいいの。 私の睡眠薬。 何度も何度も読み返したので、もう登場人物の相関関係がしっかり頭に叩き込まれている。

映画では原作の登場人物がかなり変更されていたけれど、なかなかよい映画だった。 茶川竜之介の毛玉だらけのぼろセーターとぺらぺらのズボンが郷愁を誘う。
一平役の男の子もとても可愛かった。 最近は日本の子役もなかなかやるねぇ。

夜は、餃子が食べたくなって阿佐ヶ谷の「潮州」へ。
餃子はおいしかったが、鶏肉と椎茸はレンジでチンしたような味で、イマイチだった。

2005_11280074 2005_11280076
2005_11280077 2005_11280079
2005_11280081 2005_11280085

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/11/26 Sat 引きこもりの土曜日。

2005_11280061

 鍋焼きうどん バナナとヨーグルト
 抜き。
 早めの夕食、自炊。 豆サラダ カレー 焼酎のソーダ割り

朝寝坊。
「たまには朝ごはん作って」と夫に言ってみたら、食品庫から怪しげな「ごぼ天うどん」なるものを取り出した。 いつの間に仕入れたんだろう?
アルミの容器のままお湯を沸かして、生卵を放り込んでいるよ。 あまりに具が寂しいので、かまぼこ、椎茸、わかめ、にんじんの天ぷら、ねぎなんかを切って横に置いたら、ご機嫌で投入している。

「ねえ、アルミって身体に入るとアルツハイマーになるんじゃなかったっけ。 もしかして、そのまま食べるの?」と言うと、「一回や二回くらいどうってことないさ」と案の定、鍋がそのまま器になってテーブルに並んだ。
朝からすごいもん食べた。 美味しかったけど。

夕方になったら吉祥寺でお散歩しておでんでも食べようか、と言っていたのに、いざ夕方になると二人とも面倒くさくなってしまい、結局一歩も家の外に出ず仕舞い。

「カレー食べたい、カレー食べたい」と夫が騒ぐので、また圧力鍋を登場させてささっとカレーを作った。


2005_11280065 2005_11280068

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/11/25 Fri コニャックの梅酒。

2005_11280045

 コロッケサンド みそ汁(キャベツ) りんごとヨーグルト
 弁当持参。 茹でレンコン トマト こんにゃくの煮物 おにぎり2個 即席みそ汁
 青山の「Les Becs Fins」で。 アミューズ 生牡蠣 魚介のジュレ 牛スジと下仁田ネギのグラタン カリフラワーと海老芋のスープ 白身魚の牡蠣ソース 骨付き羊のブレゼ プリンのグレープフルーツソース マドレーヌ シャンパン 白ワイン 赤ワイン コニャックの梅酒

夜。
お料理教室の仲間とお食事会。 またしても「Les Becs Fins」へ。

アミューズのあと、築地でとてもいい牡蠣が手に入ったので生で一つずつどうぞ、とサービスしてくれた。 うんまい! なんと上品な磯の味。

どれもこれもおいしかったが、個人的には魚介のジュレがとても印象的だった。 食材をひとつずつ味わったり、野菜と魚介を一緒に口に入れてみたりして堪能しました。

羊はもうちょっと血が落ち着いてから食べてもよかったかな。


2005_11280042 2005_11280046
2005_11280048 2005_11280050
2005_11280051 2005_11280053
2005_11280056 2005_11280060


食後酒に自家製の「レミー・マタンの梅酒」を飲んだ。 ホワイトリカーの代わりにコニャックを使い、角砂糖は一切入れないとのこと。 とても私好みのお酒でした。 今度、作ってみようかな。

そのあと、焼きたてのプチマドレーヌが出てきたりして、お腹がいっぱい。
ごちそうさまでした!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/11/24 Thu ポトフ。

2005_11280038

 穴子チラシ寿司 味噌汁(じゃこ・春菊) リンゴとヨーグルト
 虎ノ門のベーカリーカフェ「241」から。 カポナータブレッド スモークサーモンとクリームチーズのミニベーグル ワサビ入りコールスロー 野菜ジュース
 自炊。 ポトフ 焼酎のソーダ割り

夜。
少し残業していたら夫から電話。 「奥歯を一本抜いて辛いから先に帰る。 柔らかくて消化のいいものが食べたい」と言う。

帰宅して、圧力鍋でポトフを作る。 ジャガイモは圧力鍋で火を通すと美味しくないので、レンジでチンして皮を剥き半分に切って、出来上がったポトフに入れてさっと煮る。 30分で出来上がり。

2005_11280040

「スープ、おいしい。 これで雑炊作って」と夫が言うので、残りのスープにご飯を投入してネギを散らした。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

05/11/23 Wed 休息。

2005_11280024

 きのこそば バナナとヨーグルト
 抜き。
 自炊。 レンコンの梅肉和え こんにゃくの煮物 スナップエンドウとトマトの和風サラダ モツ鍋 締めはおじや 焼酎のソーダ割り

今日は祝日。 思い切り寝坊をする。 目が覚めてもベッドでグズグズする時間があるって幸せ。

朝。
生協のきのこセットを全部使ってきのこおそばを作る。 きのこだらけ。

昼過ぎに、公園に出かける。 東京は紅葉の盛りまであと少し。
ウォーキングをするつもりだったが、夫が「ゆっくり走ろうか」と言うので、結局ジョギングしてしまった。 うっすらと汗をかいて気持ちいい。 

スーパーで買い物をして帰宅。
夕食の用意をしておいて、長風呂。

2005_11280026 2005_11280031

モツ鍋は野菜が美味しかった。 食後、また3時間ほどソファでうたた寝。
目覚めてから、パソコンに向かい少しだけ仕事をする。

久しぶりの、お休みらしいお休み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/11/22 Tue 串揚げ。

2005_11280020

 ヴォンゴレ・ロッソ 味噌汁(サラダほうれん草・わかめ) バナナとヨーグルト
 弁当持参。 じゃこごはん トマト シュウマイ 即席味噌汁 シトレーゼン 
 赤坂見附の「最上」で。 串揚げ 生ビール ワイン

朝。 
ありえないくらいテキトーな弁当を作る。 トマトを切って、冷凍シュウマイを詰めただけ。 それでもコンビニの弁当よりはずっと美味しい。 なぜなんだろう。

夜。
顧客と食事。 顧客はお酒が駄目なので、私も途中からお茶に切り替えた。
顧客はジャワティーで全種類の串を制覇なさいました。

その後、同級生の男の子たち(世間では立派なおじさんたちだが、私の目にはいつまでもたっても同級生の男子)の飲み会に合流。 仕事抜きのお酒は屈託がなくて楽しい。 1時過ぎまではじける。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

05/11/21 Mon 簡単ローストポテト。

2005_11280002

 蓬莱の豚まん 味噌汁(ほうれん草・薄揚げ) もやしとにらの炒め物 リンゴとヨーグルト
 弁当持参。 じゃこご飯 ミニハンバーグ トマト 蒸しかぼちゃ 即席味噌汁
 自炊。 クレソンのサラダ 牛すね肉のビール煮 ローストポテト フィットチーネ グリーンピース 赤ワイン

夜。
残業したけれど、昨日じっくりとすね肉のビール煮を作っておいたので、余裕しゃくしゃくで帰宅。 サラダと付け合せを作っただけでそこそこの夕食となった。

2005_11280007 2005_11280008

最近のお気に入りは、簡単ローストポテト。 ジャガイモを皮付きのままラップしてレンジでチンして、4つに切って油を敷いたフライパンでこんがりと全面に焼き色をつけるだけ。 食べるときに塩を振って味付け。 外がカリカリで中がホクホクで幸せな気持ちになります。 

レンジで料理を完成させることはあまりないが、下ごしらえにはフル活用だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

05/11/20 Sun ノヴェッロとブイヤベース。

2005_11200095

 新宿の立ち食い蕎麦「更級」で。 春菊天そば
 抜き。
 自炊。 チーズ3種 インゲンとジャガイモとベーコンのサラダ ブイヤベース 白ワイン

夫が「服を買いに行くの、付き合って」と言うので、朝一番で車を飛ばして新宿へ。
駅前の駐車場はすぐにいっぱいになってしまうので、朝食は新宿に着いてから立ち食いそばで。
私もまだ今シーズンの服を買っていないけど、まず肉を落とすことが先決だ。

夜は鍋物にする予定だったが、お料理教室から持ち帰ったノヴェッロワインを飲みたくて、ブイヤベースにした。
アサリと野菜とサフランでスープを作ってから、鯛、海老、蟹、牡蠣、ホタテ、なんかにさっと火を通して、出来上がり。 ホントは魚のアラでスープを作るのだが、面倒くさがりの私は魚のスープで代用。

海のごった煮ってかんじ。

2005_11200098

取り分けたらこんなかんじ。

2005_11200099

作りすぎちゃったかなと思いましたが、危惧に終わりました。 スープが美味しくて、完食!

2005_11200101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/11/19 Sat 爆睡とお料理教室。

2005_11200070

 ご飯 塩さば 味噌汁(サトイモ・ネギ) ほうれん草と薄揚げの煮浸し 漬物 海苔 梨とヨーグルト
 なし。
 お料理教室で。 カッポン・マーグロ フォルマッジョ・ミスト シャラン鴨とフォアグラのセモリナ粉パスタ(洋ナシとトリュフの香り) シュトーレン ノヴェッロ

ひさしぶりに10時間ぶっ通しで寝た。 少し生き返ったかんじだが、まだ寝足りない。
ご飯を炊いて、魚を焼いて、出汁をとって味噌汁を作る。 日本の朝ごはん! しみじみと味わう。

長風呂にゆっくりつかると、身体がじわじわとほぐれてくる。 ああ、極楽、極楽。

午後、お料理教室に出かける。
今日はイタリアの新酒をのみつつの、ノヴェッロフェスタ。
今日でこのコースは終了なので、先生が奮発してフォアグラ、シャラン鴨、トリュフ、根セロリ、なんかをふんだんに使った料理が出てきた。

「カッポン・マーグロ」はリグーリア地方の郷土料理。 「マグロ、入ってますか?」とオヤジギャグを言いたくて仕方なかったが、自分でもばかばかしかったのでぐっと我慢した。

2005_11200073 2005_11200076
2005_11200081 2005_11200085

かなりのボリュームだったが、連日の暴食で胃が大きくなっている私はいつもは食べないデザートまで平らげた。 くわばら、くわばら。

2005_11200089

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

05/11/18 Fri 眠い。

2005_11200057

 コンビーフエッグマフィン プチトマト りんごとヨーグルト
 虎ノ門の「南竜」で。 韮そば
 浜松町の「一喜」で。 カワハギ刺し 鶏の塩焼き 玉子焼き 野菜天ぷら せいろ 生ビール 焼酎の蕎麦湯割り

眠いぞ、起きるの辛いぞ!
しかし今日も一日は始まっている。
スローモーションで朝食の用意をしていたら、みそ汁を作る時間がなくなってしまった。

昼。
突然どうしても「二郎」のラーメンが食べたくなる。 しかし店の前は長蛇の列。
あきらめて「南竜」で韮そば。 韮そばは細めんなので、麺を硬めにしてもらう。 久し振りの韮そば、おいしかった。

仕事後。
帝国ホテルで日本に休暇で来ている本社のスタッフと軽く飲む。 その後、夫に電話したら「あと30分くらいで終わる。 こっちの近くの蕎麦屋で食べようか」と言うので、浜松町まで出かける。

夫に会ったら「Nobrin、目がほとんど閉じてるよ。 ひどい顔。 今日は軽く食べて帰って、早く寝たほうがいいよ」と言うので、そうした。
眠くてどんな味だったのかさっぱり分からなかった。

2005_11200060 2005_11200061
2005_11200065 2005_11200068


| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/11/17 Thu 「末げん」。

2005_11200048

 目玉焼き丼 味噌汁(大根・ゴボウ・人参・揚げ玉) 梨とヨーグルト
 新橋の「末げん」で。 かま定食 鶏のから揚げ
 一人の自炊。 野菜のスープ煮 白ワイン

今朝も空っぽの冷蔵庫からメニューをひねり出す。 
卵だけは生協から届いているので、目玉焼き丼。 ご飯の上にちりめん山椒と大葉の千切りを散らした。
味噌汁の具はしなびた大根・ゴボウ・人参と揚げ玉。

昼。
出張者「玉ひで」の親子丼を並んでも食べたいと言う。 「玉ひでもいいけれど、ミシマが自決する前に食事した店の親子丼もおいしい。 試してみますか」と言うと、「それは興味深い。 そこに行ってみよう」と「末げん」でランチ。 親子丼もから揚げも食べたかったので、から揚げは単品で頼んでシェアした。 私好みのから揚げでした。

2005_11200052 2005_11200053

さて。
仕事もしばし一段落。 ずっと社用で食べまくっていたので、今夜からダイエットに入らないと大変なことになる。

会社を出て、久しぶりにスーパーに寄って買い物。
今日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日だったんですね。 せっかくだから一本買った。

野菜をことこと煮ながら、白ワインをちびりちびり。
ヌーヴォーは夫と一緒に飲もう。 ここのところずっとお互いにすれ違いで、夫の顔をしばらく見ていない。
どんな顔してたっけな。

2005_11200056

「デスペラートな妻たち」を3話分まとめて見ていたら、夫帰宅。
夫の顔を見たら急に眠くなり「おかえりー」の代わりに「おやすみー」と言ったら、夫「えぇっ、もう寝るの? せっかく早く帰ってきたんだから少しお喋りしようよー」と驚いた。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

05/11/16 Wed どっちが親?

2005_11200043

 親子きしめん 梨とヨーグルト
 銀座の「一宝」で。 てんぷらコース
 銀座の「久兵衛」で。 すし 冷酒

出張中に冷凍していたヨーグルトを再生していたのがやっと固まったので、久々に朝食にヨーグルト。
ヨーグルトを食べて幸せ。

朝からずっとミーティングやら会食やらミーティングやらで移動続き。

昼。
顧客とランチ。 関西風天ぷら。 紅花油100%なので、さっぱり。
親子丼の話になりドイツ人に説明していたら、顧客が「タマゴと鶏とどっちが親だと思う?」と言う。 「鶏ですよね」と言ったら、「卵だ」とのこと。 タマゴから鶏が生まれるから。 いろいろと説明されてもなんだか納得いかなかったけど、考えているうちに頭が混乱してきたから考えるのをやめた。 

夜。
出張者たちと銀座で寿司。 食事を味わうには体力も必要ですね。 久兵衛はオークラの店の方が好き。

2005_11200045 2005_11200047

ドイツ人の出張者に「私は女優の中でロミー・シュナイダーがいちばん好き。 彼女より素敵な女優はいまだかつて現れてないと思う」と言ったら同意を得られたが、上司に「ロミー・シュナイダーなんてあまり言わない方がいいんじゃない。 若い子は誰だか知らないと思うよ」と言われた。

帰宅して夫に「久兵衛で寿司を握ってくれた職人さんはタコ八郎みたいな顔をしていた」と言ったら、「タコ八郎なんてあまり言わない方がいいんじゃない。 若い子は誰だかわからないと思うよ」といわれた。

別に若いと思われなくてもいいっつーの!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

05/11/15 Tue 星の数。

 ハムチーズトースト 梨
 京橋の「美々卯」で。 天ぷらそばのセット
 コンビニのサンドイッチ ビール 白ワイン

午前中、また新たな出張者がドイツから到着。 ホテルに迎えに行く。 打ち合わせを軽く済ませてから、近くの「美々卯」で軽くランチ。

ホテルの話になり、出張者が「4つ星ホテルは大嫌いだ」と言う。 
「5つ星に泊まれないんだったら、2つ星か3つ星に泊まった方がずっといい。 5つ星と4つ星の値段の差はわずかだけど、質と設備が全然違う。 2つ星や3つ星はぐっと値段が下がるけど、かえって親しみやすいサービスが受けられる」。
確かにそーだ、と納得。

夜は一人だったが、自炊をする気にもならずコンビニのサンドイッチを買ってきてかじった。
久しぶりに早めに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/11/14 Mon 「ドンピエール」と「一楽」。

2005_11200019

 お雑煮 りんご
 京橋の「ドンピエール」で。 コロッケ 鴨カレー リンゴのジブレ コーヒー
 新橋の「一楽」で。 お任せ料理 生ビール 冷酒

朝。
野菜食べたい、でも週末買出しに行く時間がなかったので、冷蔵庫にはゴボウと人参と大根と、しなびた浅葱しか入っていない。
それを全部使ってお雑煮を作る。 干し椎茸、鶏肉、切り昆布、かまぼこも入れた。

昼。
ドンピエールでランチ。 ここではしょうゆ味のオムライスしか食べたことがないので、今回は鴨のカレーにした。 カレーはおいしかったけど、らっきょとか福神漬けとかがでてこないのでなんだかさびしい感じ。 カレーの食感にこりこり系の薬味を合わせて食べるのが好きなのです。
オムライスを一口もらったら、やっぱりおいしかった。

2005_11200021 2005_11200022

隣の客にデザートのワゴンが並んで、美味しそうだったので一つ頼む。

2005_11200023

夜。
新橋の「一楽」で食事。 焼いた牡蠣がおいしかった。

2005_11200024 2005_11200027
2005_11200030 2005_11200032
2005_11200033 2005_11200034
2005_11200035 2005_11200036

| | コメント (3) | トラックバック (1)

05/11/13 Sun 鳥ぎん。

2005_11200012

 トースト ハムエッグ ハッシュドポテト 味噌汁(大根・わかめ) 梨
 抜き。
 銀座の「鳥ぎん」で。 鶏わさ 焼き鳥 釜飯 生ビール 冷酒

久し振りに朝食を自炊しようと思ったら、野菜室がスカスカ。
かろうじて大根を千切りにしてみそ汁を作る。 大根のみそ汁を飲むと、胸がすっとする感じ。

昨日からアメリカ本社の偉いさんが来日しているので、家事を猛スピードでこなして夕方宿泊先のホテルに出かける。
「焼き鳥と釜飯が食べたい、久し振りに鳥ぎんに行こう」とのリクエストで、鳥ぎんで夕食。

釜飯っておいしいね、普段あまり食べないから特においしく感じる。 (写真、撮り忘れた。)

2005_11200016

その後、ホテルのラウンジで少し飲んで帰った。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

05/11/12 Sat 香港ー東京。

2005_11200009

 ルームサービスのコーヒー
 ハーバーシティの「Crystal Jade」で。 坦々麺 シンプル麺 小篭包 餃子 酔っ払い鶏 豆乳
 抜き。

ここのところずっと週末がないようなもので疲れがピークに達する。 昨夜から口内炎がたくさん出来ている。 チョコラBBを飲んでもちっとも直らない。

朝。
9時過ぎまで寝ている。 のろのろと起き出してルームサービスのコーヒーを頼んで、荷造りにかかる。 疲れているから動きが鈍い。
11時半に上司と待ち合わせをして上海麺屋で軽くブランチ。

2005_11200007 2005_11200010

飛行機の中で「シンデレラマン」を見たら、最後のクライマックスの場面で「着陸態勢に入るので、ビデオサービスはこれにて終了させていただきます」とぶちっと映画が切れた。 きーっ!

へとへとで帰宅したというのに、夫はすでに寝ているし、猫たちもお出迎えに来てくれなかった。
さびぢい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/11/09 Fri 香港三日目。

2005_11200003

 近くの粥屋で。 ピータン痩肉粥 パイナップルパン
 「夏宮」で。 広東料理あれこれ。
 寿司「松島」で。 あれこれ。

朝。
疲れているのに早く目が覚めて、出勤途中で粥屋に寄り、お粥を食べる。
ホテルの朝食は180ドル、お粥は28ドル。 ぜったいお粥の方がいい。
事務所に行くと、会社の人が「地元のパイナップルパンを買ってきたから食べて」とコンデンスミルク入りの紅茶と一緒に私の部屋に届けてくれた。
パイナップルパンは日本のメロンパンと同じ。 パイナップルの形をしているだけ、パイナップルの味はしない。

2005_11200004

昼。
顧客と会食。

夜。
元顧客で今は友人と、3ヶ月前に東京から香港に赴任してきた顧客とその奥さんと寿司屋で飲む。
仕事の関係がなくなるとこうして友だちになれるのが嬉しい。 数ヶ月前までは真面目くさって仕事の話をしていたのに、今はくだらない話で大笑いばかり。
「インド人は基本的に賢い人が多い。 だけどなかなか発展途上国から抜け出すことができない。 なぜだか分かる?」と言うので、身を乗り出して「なんでですか?」と聞いたら、「B型が多いから」と言われて、ぶっ飛んだ。

みんなチムチャッツイの高級アパートに住んでいる。
「香港の生活はどうですか?」と聞いたら「歌舞伎町のど真ん中に住んでるみたい。 目が回る」とのこと。
気持ちはよぉーくわかる。

寿司屋でさんざん食べた後、Island Shangri-Laのバーに移動して、シャンペンを飲みながら黒人歌手の歌を聴いた。
グローバーワシントンジュニアの「Just the two of us」をリクエストしたい!と言っていたのに、飲み始めたらすっかり忘れてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/11/10 Thu 香港二日目。

2005_11200001

 Canton Roadのセブン・イレブンから。 ハムチーズロール
 Hong Kong Sideの「夜上海」で。 上海料理
 Canton Roadの「ヘイチンロウ」で。 広東料理 ビール 紹興酒

寝坊して朝食を取る時間がなくなったので、セブン・イレブンでハムチーズロールを買って出勤。

昼も夜も顧客と会食ミーティング。 たくさん珍しいものを食べたが、仕事なので写真は撮らなかった。
唯一の画像は、顧客が来る前からテーブルに出ていた漬物みたいなものだけ。

食事が終わって、上司とホテルのバーでワインを飲みながらまた仕事の話など。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

05/11/09 Wed シンガポール-香港。

2005_11090035

 ホテルの朝食ブッフェ。
 シンガポール空港の「Crystal Jade」で。 野菜炒め 海老ワンタンメン
 チムチャッツイの「新東記」で。 火鍋 冷酒

朝食後ホテルをチェックアウトして、午前中は会社で仕事をする。 それから飛行場まで送ってもらう。

昼。
飛行場の中華料理店でランチ。 軽いものが食べたいのでワンタン麺にする。 香港式の麺は輪ゴムみたいでめったにおいしいと思わないが、この店の麺は上手に茹でてあった。 スープもおいしかった。 素ラーメンかと思ったが、ぷりぷりの海老ワンタンも底にたくさん沈んでいて満足。
野菜もがっつり食べた。 中華料理のいいところはたっぷりと緑黄色野菜が食べられることだ。

2005_11090027 2005_11090026

飛行機の中で爆睡。

夕方、香港に到着。
宿はいつものMarco Polo Hong Kong Hotel。 あまり好きじゃないけど、会社の下にあって場所的に便利なので。
チェックインのときに「朝食はつけますか?」と聞かれる。 「追加料金いくら?」と聞くと180ドルと言う。 「300ドル追加すると、朝食つきのデラックスルームに出来ますよ」といわれたが、しばらく考えて「いつものスーペリアルームでいい」と言ったら、結局追加料金なしでデラックスルームにアップグレードされた。 むかっとする。 どうせオーバーブックなんでしょ。 いつも泊まってるんだから黙ってアップグレードしろよ。 このホテルのこういうところが嫌い。 これでも五つ星ホテルなんだから。

飛行機が遅れたので、スーツケースが部屋に届くのを待たずに夕食に出かける。

香港支店の人たちと火鍋。
今日はシーフード中心の具。 香港に来ると一日は火鍋を食べるのが恒例になってきている。
同じ店にもう数年も来ているが、毎回何かしら新しい具が登場して全然飽きない。

2005_11090030 2005_11090029
左: 今日のだしは、トマトチキンとサテースープ。
右: いろんな薬味で自分の好みのタレを作る。

2005_11090032 2005_11090033
左: 魚の皮の揚げたの。 さっとスープにくぐらせて食す。 私の大好物。
右: 魚のすり身の揚げたの。 想像よりふわっとしている。 もっちりした揚げはんぺんってかんじ。

2005_11090034 2005_11090036
左: 魚のすり身。 かじると中からオレンジ色のジューシーな上海蟹の蟹味噌が出てきた。 今日のお店のお勧め。
右: 野菜3種と、きのこの盛り合わせ。

2005_11090038 2005_11090039
左: 活けの海老の刺身。 すごく美味しかった。 もちろんなべにくぐらせて食べてもいい。
右: 巻き上げ貝のでっかいの。 これは火を通して食べる。 あと更に活けの魚とか羊肉とか牛肉とか数品ありましたが、割愛しました。

食事を終えてホテルの部屋に戻ったら、私のスーツケースがまだ部屋に届いていない! むかむかっ! 
電話して「とっとと持って来い」と言う。

やっとスーツケースが届いて荷物をほどいていたら、「Do not Disturb」のスイッチをオンにしているにもかかわらず、「ピンポーン!」とベルが鳴る。 ドアを開けると「フルーツをお届けにあがりました」だと。 私が食事している間に全部やっとけっつーの!
やっぱりこのホテル、嫌い。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

05/11/08 Tue シンガポール三日目。

2005_11090021

朝 ホテルのクラブラウンジで。 ビュッフェ
昼 顧客と会食。 展望回転レストランで。 点心と北京料理。
夜 Grand Hyattの「Straits Kitchen」で。 ローカルフードのブッフェ ココナツジュース

夜。
Grand Hyattのローカルフードのブッフェ。
ローカルフードはエアコンの効いていない専門店に行くのが一番美味しいけれど、いろんな種類を食べたいと思ったらこの店がお勧め。

インド、中華、シンガポール、マレー、とそれぞれのコーナーがあり、デザートのコーナーだけでもすごい量。
ほとんどの料理はその場で作ってくれるので、出来立てが食べられる。 味もいい。

しかしあまりの種類の多さに目が回りそう。 どれもこれもおいしそうだし。
「これはほとんど拷問だね、お腹いっぱいなのに目がまだ食べたいんだよねー」。
いかに効率よく食べ放題を楽しむかということについて、真剣に話す。

写真を撮り忘れたが、ツルムラサキの炒め物とブラックペッパークラブがとても美味しかった。
「身投げスープ」というスープがあって、おいしくて食べるともう川に飛び込んで死んでもいいくらいだという。 魚の浮き袋なんかが入っていて確かにおいしかったが、だからといって死んでもいいということはなかった。

2005_11090025 2005_11090022
2005_11090023 2005_11090024

苦しいー!とお腹を押さえていたら、誰かが「Nobrin、まだラクサ食べてないでしょ! シンガポールに来てラクサを食べないで帰るなんて! 麺なしにしてもらってスープだけでも飲んだら?」と言った。 そう言われてももう何も一口も入らないよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

05/11/07 Mon シンガポール二日目。

 ホテルのクラブラウンジで。 朝食ブッフェ
 シンガポールの「Straits Chinese Seafood Restaurant」で。 インドネシア料理あれこれ
 「Yhingthai Palace」で。 タイ料理あれこれ。 ビール

昼。
会社の人たちと近くのローカルフードのレストランに出かける。 フィッシュヘッドカレーが有名な店。
フィッシュヘッドカレーは私の好物のひとつ。 専門店に行くと、洗面器みたいな容器にどでかい魚の頭がカレースープに浸されて出てくる。 トマトやオクラなんかもぷかぷか浮いていて、初めて見たときは本当にびっくりした。
ここのフィッシュヘッドカレーはおとなしい容貌。

2005_11090004 2005_11090007
左: フィッシュヘッドカレー
右: その他の料理いろいろ

「何がいちばんおいしかった?」と聞かれて、「フィッシュヘッドカレーと、空芯菜の炒め物と、魚のすり身。 こっちの野菜の炒め物は味付けが濃厚でとてもおいしい」と言うと、みんなであーだこーだと作り方を教えてくれた。 どうもサンバルとBelacan Shrimpという海老の煎餅みたいなものが必要らしい。 スーパーに行く時間があったら買って帰ろう。

夜。
代理店の人たちも合流して、タイ料理。

2005_11090010 2005_11090011
左: マンゴのサラダ (青いパパイヤでしょ、と聞いたら、マンゴだよと言われた、ふうん)。
右: 手羽先餃子。 中がジューシーで外がかりかり!

2005_11090012 2005_11090016
左: ブラックオリーブライス。 オリーブの味がほのかにする。
右: トムヤムクン。 とにかくフレッシュでさっぱり。 辛くてひーひー言いながら食べていたら、会社の人たちは「今日のトムヤムクンはあまり辛くないね」と言っていた。

2005_11090013 2005_11090014
左: 魚の揚げ物。 からりと揚がっていて、今日の料理の中でいちばん好きだった。
右: 野菜炒め。 濃厚な味です。

2005_11090015 2005_11090017
左: 魚のすり身。 繊細なお味。
右: グリーンカレー。 お決まりの味。


デザートはマンゴともち米、タピオカ餅だった。

2005_11090018

食事後、上司のお供でClarke Queyという川沿いのスポットに出かける。 みんなジントニックを飲むことにしたら、ボンベイサファイアをボトルで入れて、トニックウォーターと氷とライムを頼んでいた。 こんな風にジントニック飲むの初めて。 なんか変な感じ、ジントニックじゃないみたい。 しかし、こちらのライムは甘くて香りがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/11/06 Sun 東京-シンガポール。

2005_11060028

 成田空港のフードコートで。 ちくわ天そば
 グルメのサンドイッチ 赤ワイン
 ホテルのクラブラウンジで。 スモークサーモン 蟹つめフライ フライドチキン ジントニック 白ワイン

今日からシンガポール。
フライトは直行便が満席で、バンコク経由。

機内食がどうも苦手なので、今回はサンドイッチを空港でテイクアウトして乗り込んだ。
先日のフライトで座ってばかりいて腰を痛めたので、今回はまめに動き回ったりストレッチしたりして腰をいたわった。

飛行機の中で「チャーリーとチョコレート工場」「School for Seduction」「Must Love Dogs」を見る。

小さい頃に読んだチョコレート工場の本の挿絵がとても恐かったような気がする。 懐かしい。 映画は「ひどーい!」と言いながら大笑い。 本当にひどいんです、子供の懲らしめ方が。


友人が空港まで迎えに来てくれた。 ホテルのクラブラウンジがカクテルタイムだったので、そこでお酒を飲んだりスナックをつまんだりした。
一日中座りっぱなしでちっともお腹が空かないので、今日の食事はこれまでとする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

05/11/05 Sat 奈良-東京。

2005_11060018

 ごはん みそ汁(春菊・薄揚げ) 目玉焼き いくら 漬物 りんご ヨーグルト
 新幹線の中で。 サンドイッチ クリームチーズかまぼこ 白ワイン
 阿佐ヶ谷の「Izmir」で。 羊飼いのサラダ フムス アダナケバブ ドネルケバブ 薄焼きピザ 生ビール 赤ワイン

実家を昼前に出る。
京都は紅葉の見ごろだが、明日からまた出張なのでどこにも寄らずに帰る。

昼。
今日はなんとなくサンドイッチが食べたくなり、伊勢丹のアンデルセンでサンドイッチを買う。 ついでにワインも買う。 新幹線の中でゆっくり食べる。

夕方、帰宅。
冷蔵庫の野菜室は空っぽだし、食材を買っても明日から無駄になるので外食にする。 地元のトルコ料理。
いつもどおりおいしい。

2005_11060019 2005_11060021
2005_11060023 2005_11060026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/11/04 Fri 奈良二日目。

 ご飯 みそ汁(ネギ・薄揚げ) あじの開き すぐき 柿
 奈良のお好み焼き「平乃家」で。 ミニネギ焼き 豚・イカモダン焼き
 自炊。 お刺身 山芋の千切り 鱈なべ シャンペン 締めはうどん

奈良公園までドライブ。

路地裏のお好み焼きで腹ごしらえをしよう。 何の変哲もないお好み焼きだが、関西で食べるとやっぱりおいしい。

2005_11060007 2005_11060010

興福寺を通って散歩をする。
奈良公園はひろびろとしてすがすがしい気持ちになる。 建築家の妹は「こんなにゆったりとこの公園一帯を都市計画した人ってすごい」と別の観点から公園を見ていた。

国立美術館で「正倉院展」をやっているので観にいく。 すごい人でした。
象牙で出来た「孫の手」が見事だった。

夕方。
デパ地下で夜ご飯の食材を買う。
関西の方が野菜も新鮮だし、安いし、種類が多い気がする。 こんな新鮮な鱈のアラなんて東京で見たことないよ。 
というわけで、今夜の献立は鱈ちり鍋になりました。 自家製ポン酢も作ったが、実家には減塩醤油しかなかったのでちょっと塩気が足りなかった。

2005_11060014 2005_11060017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/11/03 Thu 東京-奈良。

2005_11030060

 松茸ご飯 みそ汁(根菜と薄揚げ) だし巻き卵 ひじきとハムの煮物 きゅうりのヌカ漬け りんごとヨーグルト
 ラーメン ハムチーズトースト
 新幹線の中で。 アナゴ寿司 朝御飯の残りを弁当箱に詰める スパークリングワイン 実家で。 おでん 焼酎

夕方から妹と甥っ子と一緒に奈良の実家に出かける。
甥っ子は新幹線の中でご機嫌にしていた。 いい子だね。

9時頃実家に着いたら、父がおでんを作って待っていてくれた。 一日中ずっと鍋を見張ってアクをとっていたような、ていねいな味のするおでんだった。 みんなでお酒を飲みながら、おでんをつまんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/11/02 Wed 「未亡人の一年」。

2005_11030057

 にしんそば 梨とヨーグルト
 虎ノ門の「ケルン」で。 ナポリタンセット
 一人の自炊。 温奴 サラダ 缶チューハイ

同業者とランチ。 虎ノ門の「ケルン」にする。 ナポリタンを頼んでみる。 麺のぶっとさといいソースのまったりさといい、まったく私好みのナポリタンでした。

夜。
ジョン・アーヴィングの「未亡人の一年」を読み終わる。 この本は数年前に原文で読み始めたのだが、ルースが大人になった章で失速したまま放置していた。
このあいだ日本語訳の文庫本を本屋で見つけたので、もう一度始めから読み直してみる。 今度は大丈夫だった。 あまりにセックスのことがたくさん出てきて辟易としたけれど、とてもよい物語だった。 ジョン・アーヴィングって風変わりな人物がたくさん出てきて「ひどーい。 もうそこらへんでやめて」と言いたくなるような試練を与えられるが、なぜか暖かいし、品のよさが漂っていて好き。

読み終わったのが通勤の地下鉄の中でなくてよかった、最後で思い切り泣いちゃったから。

今夜は爽やかな読後感と一緒に眠りにつこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/11/01 Tue キンキの一夜干し。

2005_11030041 2005_11030046

 ハムチーズトースト トマト 梨とヨーグルト
 愛宕山の「T」で。 づけ丼定食
 自炊。 冷奴 コンビーフと玉ねぎのマカロニ炒め かぼちゃの土佐煮 キンキの一夜干し ビール ウイスキーのソーダ割り

素晴らしい天気なので愛宕山の上でランチでも食べますか。 愛宕神社の茶屋がレストランに生まれ変わっているようだし。

外のテーブルで定食を頼む。 プレゼンテーションはいいが、お味はいまひとつ。
しかしカラッと晴れた秋の木洩れ日の中でのんびりとランチすると、体の筋肉がじわじわとほぐれてくる。 ああ、気持ちいい。
午後からの仕事を放り出してどこかに出かけたいような気分。

夜はひさしぶりに自炊。 キンキの一夜干しがおいしかった。

2005_11030048 2005_11030049

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »