« 05/12/10 Sat 花笠音頭とほろほろ鳥。 | トップページ | 05/12/13 Tue 親子丼。 »

05/12/11 Sun おでん騒動。

2005_12170008 2005_12170006

 固焼きそば スープ(干ししいたけ・蕪の葉) 蕪の皮と葉の即席漬け りんごとヨーグルト
 抜き。
 早めの自炊。 トマト おでん 冷酒

おでんを仕込む。 今日は昆布とカツオからちゃんとダシをとったりして、大なべでゆっくりと煮込んだ。 夫は何度も鍋のそばに来て「絶対に沸騰させたら駄目だ。 沸騰させたら汁がにごるからな」と同じことを繰り返し言う。

ことこと煮て、満足なお味に仕上がりました。

たくさん作ったから3日くらい食べられるね、と夫は嬉しそう。

しかし…。
10時過ぎに長風呂から上がりキッチンに飲み物を取りに行ったら、ナントおでんの大鍋がぼこぼこと煮立っているじゃあありませんか! ふたを開けると煮汁がほとんどなくなっている!

「おでんが沸騰してるよ!」と教えてあげると、夫が飛んできた。 そして無残な鍋を見て、がっくりと肩を落とす。
早めの夕食だったので小腹が空いた夫は、おでんをつまもうと鍋に火をつけたまま忘れてしまったらしい。

あんなに口をすっぱくして私に「沸騰させるな」って言ってたのにねー。

あまりの夫の落胆ぶりが気の毒になり、どろどろのスープを捨てて新しいスープで再生してあげた。 元通りにはならないけどね。

|

« 05/12/10 Sat 花笠音頭とほろほろ鳥。 | トップページ | 05/12/13 Tue 親子丼。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

でも、焦げるところまでいかなくて幸いでしたねー。我が家も最近、火のつけっぱなし。よくあります。
一番ひどかったのが、ダンナ。ある日曜の朝、フルーツティーを作ったのですが、遅く起きてきたダンナは冷え切ったティーポットのティを見て、温めようとその耐熱ガラスのポットをガスにかけ、忘れ去ったのでした。
仕事をしながら甘い匂いが漂ってきて、それでも私がジャムでも煮ていると思っていたそうです。気がついた時はティがすっかり蒸発し、ガラスのポットが焼けて、カチンカチン音がしていました。あわてたダンナはそれを取り上げるなり、コルクの鍋敷きに置き、丸い焼け焦げまで作ってくれました。

投稿: み | 2005.12.22 20:00

ホント怖いですね、ガスのつけっぱなし。 お茶がジャムなんてすごい。
火元から離れるときは、どんなに短くてもタイマー使ってほしいですね。

投稿: Nobrin | 2005.12.23 07:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 05/12/11 Sun おでん騒動。:

« 05/12/10 Sat 花笠音頭とほろほろ鳥。 | トップページ | 05/12/13 Tue 親子丼。 »