« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

06/07/29 Sat のんびり週末。

 寝坊のため、抜き。
 舞茸のピザ メロンとヨーグルト
 阿佐ヶ谷の「Izmir」で。 羊飼いのサラダ フムス ビベル・ドルマ エキメキ アダナケバブ インスケンデル・ケバブ 赤ワイン

昨日は台湾で午前中アポを一件こなして、日本に帰国。

待ちに待った予定のない週末です。 さんざん惰眠を貪ったのち、昼前にのろのろと起き出す。 舞茸をたっぷりいれてピザを作る。 夫が「さっぱりしてとてもおいしい」と喜んだ。

0600805_008

週末は絶対にジョギング!と決めていたので、公園に出かけて、走る。 体中から汗が噴出してなんとも気持ちいい。 

帰宅してゆっくりお風呂に浸かる。 極楽、極楽。

夜。 肉でも食いに行くか、とぶらぶらと歩いて駅前のトルコ料理。 「おいしいね!」と食事を堪能していたら後ろから店のマダムがぽんと肩を叩いて「ありがとう!」と言った。

0600805_010 0600805_011 0600805_014 0600805_018 0600805_015 0600805_017

| | コメント (3) | トラックバック (0)

06/07/27 Thu 台湾2日目。

 台北の「京都ホテル」にて。 おかゆ定食
 台北の「京都屋」で。 うな重定食
 台北の「New Hama」で。 鉄板焼き 白ワイン 赤ワイン

今回のホテルは日本人専門のビジネスホテル。 台湾の知人たちも誰も知らないホテルなのでかなり不安だったが、私はこのホテルがすっかり気に入ってしまった。 部屋は清潔だし、ティーバッグ用の小さなポットがついているのが嬉しい。 インターネットも追加料金なしでつなぎ放題だし。 スタッフもとても人懐こい。 すぐに顔を覚えてくれてホテルに戻ると部屋番号を伝える前にニコニコと私の部屋のキーを渡してくれるし。

フロントの横には小さなコーヒーショップがあって、ちゃんとサイフォンでコーヒーを入れてくれる。 朝食もここで食べる。

朝のおかゆ定食もとてもおいしかった。

060728_046

今まで大きなシティーホテルに滞在していたが、この小さなビジネスホテルは私の台湾の定宿になりそうな予感大。

060728_027 060728_048

午前中、台北支店で作戦会議。 午後のプレゼンに急遽私も参加することになる。 私は同じ時間に別の顧客のアポを入れていたので、慌てて明日の朝にアポを変更。

鰻でも食って、スタミナをつけよう。

060728_050

夜は別の顧客と鉄板焼き。 台湾料理が食べたいが、鉄板焼きが顧客のリクエストだから仕方なし。

060728_054 060728_056

その後、身内でカラオケ。

ホテルに戻る前にうちの会社の割引料金があるという台湾マッサージへ。 1.5時間のコースでへろへろ。 今までマッサージは、日本、タイ、バリ、台湾、中国と経験したけど、私はバリのマッサージが一番好き。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

06/07/26 Wed 東京ータイペイ。

 成田のJALのラウンジで。 鮭おにぎり
 機内食 白ワイン
 台北の蒙古料理屋で。 蒙古料理 ビール

今日から台湾出張。 

台湾は8年ぶりくらいだが、空港がびっくりするくらいきれいになっていた。 町もずいぶんとバイクの数が減りました。

台北のホテルにチェックインした後、台北支店に顔を出す。 スタッフの人たちはみんな流暢な日本語を話す。 日本の会社だからなのなか、台湾だからなのか。

社内ミーティングの後、私の前の会社の同僚たちとミーティング。 今の会社の台湾の案件が座礁に乗り上げているので、私の人脈を使って違う角度からアドバイスをもらう。

夜。 台湾支店の人たちと食事。 何食べたい?と言われて、「地元の人がいく堅苦しくないお店!」と言うと、蒙古料理に連れて行ってくれた。 蒙古料理は初体験である。

060728_033 060728_038 060728_034 060728_037

何食べてもうまーい。 羊の串焼きは皮がかりっかりで独特のスパイスが振りかけてあり、ビールが進みます。 「スイレン」という初めて食べる野菜の炒め物もたいそう気に入りました。

途中で、硬い饅頭のようなものがコロリと丼に入って出てくる。 「はい、これ手で細かくちぎって」と言われ、みんなでちぎる。 なんでどんぶりに洗濯バサミがついているのかは不明。

060728_032 060728_035

ちぎり饅頭の入ったどんぶりはいったん退場する。 しばらくすると具沢山のスープが注がれて出てくる。 ちぎった饅頭もいい具合にふやけて、鶏ベースのスープもとてもおいしかった。

060728_042

「特別料理はまだあるよ!」と言って、今度は豚肉の塊が登場。 皮がぱりぱりで中身がしっとりとしていてこれも絶品。 鶏肉のロールも皮がかりっとしていて、中身がジューシー。 皮の火の通し方が本当に上手だ。

060728_040 060728_043

最後のデザートはチーズ入りのパイ。 なんともさっぱりとしたおいしさでした。 このデザートは売り切れになることが多く、店の予約のときに注文してくれたとの事。

060728_045

ごっつぁんでした!

その後、会社の人たちといったん別れ、以前日本に駐在していた台湾の会社の顧客と待ち合わせ。 リージェントホテルのバーで飲む。 あれこれお互いの近況報告など。

11時過ぎ。 元顧客の友人と別れた後、西華飯店のバーで今の顧客との飲み会に合流。 着いたら議論が喧嘩に発展しそうな不穏な雰囲気だ。 ひぇー。 丸く収まって笑顔で別れる頃には2時前。

長ーい台湾の一日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06/07/25 Tue 出張前の深酒。

 レタスチャーハン 味噌汁(小松菜・薄揚げ) 漬物 メロンとヨーグルト
 青山の「まほそ」で。 ほっけ焼き定食
 青山の「鳥ぎん」で。 焼き鳥 ポテトサラダ 岩海苔 たこぶつ 生ビール 焼酎

060728_020

昼。 ちかくの炉辺焼きのお店でランチ。 魚の焼き具合はいいし、おかずもおいしかった。 京都のお店らしい。

060728_025

夜。 残業していたら会社の人たちが「ちょっと息抜きに飲みに行ってきませんか?」と言う。 飲んでからまた戻ってきて残業という意味。 「飲んだら仕事なんて無理無理」と言って、仕事を片付けてから飲みに行く。 軽く一杯のはずが話し込み、気がついたら11時過ぎ。 あー、明日は5時起きで出張だっつうのにー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

06/07/23 Sun ピカソの女性観。

 元箱根の「佳松」の朝食
 カップラーメン
 自炊。 冷奴 なすのお浸し トマト しろ菜と薄揚げの煮びたし 鉄板焼き 白ワイン スプマンテ

朝。 貸切風呂で一風呂浴びて朝食。 温泉に入るとお腹がすきます。

060723_111

さっさと宿をチェックアウトして、芦ノ湖を一周してからポーラ美術館に行く。 

ピカソの特別展をやっていた。 笑えたピカソの一言。 「私にとって女性は2種類しかいない。 女神か、もしくは玄関マットである」。 よりによって「玄関マット」とは辛辣ですね。 同じ女性が女神になったり玄関マットになったりするのか、それとも女性は女神と玄関マットに分類されるのか、そこら辺はよくわからなかったけど。

この美術館、充実してるけど入場料高い。

帰宅をして後片付けをしていると、妹一家が到着。 リフォームの打ち合わせのあと、食事。 冷蔵庫の中身を総動員して鉄板焼きにした。

060728_001 060728_005 060728_002 060728_006

| | コメント (2) | トラックバック (0)

06/07/22 Sat 温泉。

 豚まん 味噌汁(小松菜) メロンとヨーグルト
 港北SAで。 ラーメン(夫) コロッケ(私)
 元箱根の「佳松」で。 和食いろいろ ビール 冷酒

夫が「Nobrin、このところ大変だったね。 温泉にでも行ってゆっくりしよう」と旅館を予約してくれたので、元箱根に車でおでかけ。 梅雨どきの箱根は紫陽花もたわわ、新緑も美しい。

今日の宿は芦ノ湖からちょっと奥に入った料理旅館です。 温泉は硫黄のにおいがしっかりしてお湯もねっとりとしている。 一皮剥けてますますいい女になった感じ、あはは。

060723_113 060723_072

お風呂のあとは芦ノ湖畔をお散歩。 霧に煙る芦ノ湖もなかなかおつなものでした。

夕食もとてもおいしかった。 少しずつおいしいものがたくさん出てきて。 特に海ブドウと落花生の新芽の酢の物が気に入った。 伊豆の和食ってダシの味がびしっと効いている気がする。

060723_074 060723_076 060723_082_1 060723_077 060723_088 060723_090 060723_094 060723_098 060723_101 060723_104

食後に温泉に入ったら睡魔がすごい勢いで私のところにやってきて、9時過ぎには眠ってしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

06/07/21 Fri アロマフレスカ。

 ハムレタスマフィン 味噌汁(白菜 薄揚げ) メロンとヨーグルト
 外苑前の「Tea Factory」で。 サンドイッチランチ
 麻布十番の「アロマフレスカ」で。 通年メニュー スプマンテ 白ワイン

060723_031

昼。 会社の同僚たちと近くの紅茶屋でランチ。 でも私、まだ社食で食べてないんですけど。 女性社員は「社食って、男性社員と『派遣さん』が多いんですよ」と言ってぜんぜん連れて行ってくれない。 男性社員も私と行くときはなぜか張り切って外に連れ出してくれちゃうし。

060723_033

女性社員は「派遣さん」とか「事務職」とか「総合職」とかに分かれていて私にはその棲み分けがよくわからない。

夜。 お料理教室の仲間たちと食事会。 おいしい料理のオンパレードでした。 よく食ったなぁ。 料理の詳細はIt's meさんのサイトをご参照ください。 炭焼きの蟹がおいしかった。

060723_035 060723_037 060723_039 060723_041 060723_043 060723_045 060723_046 060723_048_1 060723_049 060723_050 060723_052 060723_054 060723_056 060723_058 060723_060 060723_061 060723_062 060723_063

食事が終わって化粧室から戻ったら、みんなが私のために花束を用意してくれていた。 いろいろあって大変だろうけど元気出してねって。 思いがけないことだったけど、とても嬉しかった。 みんなありがとう!

060723_066

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06/07/20 Thu 四三ぶらぶら。

 天ぷらそば メロンとヨーグルト
 外苑前の「Niu」で。 白胡麻坦々麺
 四谷三丁目の「Dada」で。

060723_018

昼。 中華料理。 おしゃれなバーみたいな店。 中華も青山あたりじゃとてもお洒落です。 こんな店は虎ノ門・新橋には絶対にないな。 白胡麻坦々麺と黒胡麻坦々麺がある。 お勧めの白胡麻坦々麺を食べた。 なかなかおいしかった。 お昼の定食もおいしそうだった。 また来よう。 (カメラ忘れて写真なしです。)

夜。 用事があり前の会社へ。 妹も一緒。 その後、近くの韓国居酒屋で夕食。 二人で食べるにはすごい量を注文してしまったが、気が付いたら平らげていた。 予想外に冷奴がおいしかった。

060723_019 060723_020 060723_022 060723_028

店を出てぶらぶらと歩いてテキトーに足が向いたバーに入る。 カクテルを飲みながら妹と父の思い出話など。 店を出るとき「開店したばかりなので記念品をどうぞ」と入浴剤をもらった。 店の名は「Bar SUnyaさん」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06/07/19 Wed バリ料理。

 ハムエッグレタスマフィン メロンとヨーグルト
 新橋の「味の時計台」で。 塩ラーメン
 赤坂見附の「ジュンバタンメラ」で。 サテ・カンビン パパイヤのサラダ アヤムゴレン・ダブーダブ チュミチュミチャー マルタバトロール 白ワイン

060723_001

昼。 外出がてら新橋でラーメン。 洗面器のような器にラーメンがどかんと出てきた。 具が多すぎて味がよくわからない。

060723_004

夜。 赤坂見附のバリ料理の店に行く。 昔はここのお弁当をランチ時によく届けてもらったものでした。 バリのから揚げは絶品だったが、この店のから揚げも絶品だ。 辛くなく甘くないメニューを注意深く選んだ。

060723_006 060723_007 060723_009 060723_012 060723_014 060723_016

| | コメント (2) | トラックバック (0)

06/07/16 Sun おかゆと天ぷら。

 シラス入り芋粥 漬物2種 ひじきの煮物 塩昆布 鮭フレーク メロンとヨーグルト
 ラーメン
 新宿の「天一」で。 桐コース 追加でアオリイカ、シャコ、アスパラガス 〆はミニ天丼 生ビール 冷酒

久しぶりに自宅に戻ったら、今度は夫が体調を壊していた。 私も大変だったが、夫も大変だったんだね。 昨日あたりから調子が戻ったというのが、今夜外食するので、念のため今朝もおかゆ。 今朝のおかゆはシラス入り芋粥。 おかゆも丁寧に作るとおいしい。

060718_002_1   

京都で買ってきた漬物を添える。 京都の漬物は華やかでいいね。 かぼちゃの黄色や、日の菜のピンクや、柴漬けの赤や。

夕方。 新宿に買い物。 セールの時期だったのでどこもかしこもすごい人。 早々に用事を済ませて天ぷらを食べに行く。

060718_007 060718_009 060718_014 060718_020

追加で頼んだシャコの天ぷらがおいしかった。

060718_017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06/07/14 Fri までの自炊日記。

7月6日に父が亡くなりました。 享年78歳。 父の死は日記に書くのはやめようかとも思いましたが、自分の気持ちの整理として記録に残すことにしました。 これはあくまでも個人的な記録です。

癌とわかってから2年足らず。 進行性の癌で、すでに最終ステージだった。 人並みはずれた体力と気力のある父は抗がん治療を受けながら普通の生活を続けてきたが、4週間前に突然容態が悪化し、入院。 私も転職して間もなかったが、妹と交代で奈良の実家や大阪の病院に泊まりこんだ。 弱音のひとつもこぼさずに病気と闘ってきた父のそのときの絶望感はたいへんなものだった。

病院嫌いの父のために、入院から2週間で母はさっさと在宅看護に切り替えた。 素晴らしい在宅ホスピスと出会えたことも幸いだった。 患者のケアも大切だが、介護する家族のケアも同様に大切なのである。 母の心のケアもきちんとしていただいたそうだ。

自宅療養から一週間で危篤状態になったが、我々家族が駆けつけた頃には奇跡的に持ち直し、家族ひとりひとりを抱きしめて頭をなぜてくれた。 時々笑顔を見せてくれたりして、穏やかに静かに旅立っていった。

在宅で看取ると残された家族の悲しみは尾を引かないという。 人の死は感動的だとヘルパーさんが言っていたが、確かに事実だった。 むろん今も涙はふとした拍子にこみ上げてくるけれど。

父のように最期まで威厳を保ち続けるのは難しいけれど、私もどういう風に死にたいかをきちんと掘り下げて考えておくべきだと痛感した。

というわけで、私は父の死から一週間実家に残っておさんどんといろいろな手続きに明け暮れていました。 今まで頑張ってきた母がもう料理をいっさいしたくないと言うので、こういうときにこそ私の出番、お料理好きが功をなすのである。

毎日の朝ごはん。 朝からしっかり食べよう!

060715_049 060715_094 060715_097 060715_101 060715_136 060715_124

昼ごはん。 なぜか昼食の写真は取り忘れることが多かった。 外出先で済ますこともよくあった。 麺類多し。 作ったのは皿うどんや、ブロッコリーとアンチョビのオレキエッテなど。

060715_115_1 060715_126

夜ご飯いろいろ。

カツオのたたきと鮎の干物など。

060715_088 060715_089

蒸し鶏のサラダ、茹で豚のソテー、フレッシュトマトや野菜のスープ煮を添えて。

060715_108 060715_110

ある日の茹で豚は中華風。 ねぎとシソをトッピング。

060715_117 060715_122

私の好物の牛すね肉のビール煮。 夏野菜もたっぷり食べた。

060715_130 060715_133

茹で豚、蒸し鶏、ビール煮など、いろいろ使いまわしの出来る料理を母に披露した。 母ちゃん、一人になってもちゃんと料理して食べてよね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

06/07/02 Sun 天津麺もどき。

 野菜のスープ煮 フルーツとヨーグルト
 オムレツラーメン
 自炊。 タコのマリネ 茹でとうもろこし パン2種 チーズ 魚介のグリル 白ワイン

昼。 夫がラーメンを作ってくれた。 イメージは天津麺だそう。 しかし卵の中にはねぎとベーコンが入っていて、味は「オムレツ麺」。 何はともあれ、人に料理を作ってもらうと嬉しい。 ご馳走様でした。

060715_023

夜。 冷凍庫の整理をかねて、前菜はタコのマリネ、メインは魚介のグリエ。 素材がいいと、シンプルにさっと火を通して、レモンをぎゅっと絞るだけでかなりのご馳走になる。

060715_029 060715_031

| | コメント (0) | トラックバック (1)

06/07/01 Sat 夏到来。

 なし。
 そうめん (錦糸玉子・焼き穴子・ミョウガキュウリ) さくらんぼ ヨーグルト
 阿佐ヶ谷の「大黒寿司」にて。 イカの塩辛 鯨ベーコン 刺身盛り合わせ 寿司 味噌汁 生ビール 熱燗

久しぶりの休日。 久しぶりの寝坊。 目が覚めたら10時半過ぎだった。 二人で這うようにベッドルームから起き出す。 夫も私もすごく疲れてたんだね。

お腹がすいたからさっさと食事を作りたいが、ご飯もパンも餅もない! 冷凍麺もない、何にもない! そうめんを茹でて食べた。 そうめん食べると、夏が来るって感じ。

060630_035

猫も床にお腹をつけて寝そべるようになる。 これも夏の風物詩。

060715_021

夜。 商店街のすし屋で一杯。

060715_001 060715_005 060715_006 060715_007 060715_010 060715_012

その後、新しく出来たライブハウスに行ってみる。 カーペンターズ、アバ、ダイアナ・ロスなどが歌われて、懐メロのカラオケみたい。 リンダ・ロンシュタットの「It's So Easy」を久しぶりに聞いてなんだかとても嬉しくなった。 思わず手拍子しちゃった。

060715_016

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »