« 06/10/15 Sun 買出し。 | トップページ | 06/10/18 Wed おひつのご飯。 »

06/10/17 Tue 田辺聖子と年の取り方。

朝 メンチカツサンド プチトマト 梨とヨーグルト
 外苑前の「NIU」で。 ジャージャー麺
 銀座の小料理屋で。 黒豆茹で 筑前煮 刺身盛り合わせ ばくらい シラスご飯 漬物 生ビール 熱燗

朝。 メンチカツサンドを作ったが、食べる時間がなくなってしまったのでラップに包んで会社で食べる。 ヨーグルトだけは自宅で食べた。

昼。 お洒落な中華屋でジャージャー麺。 

061021_006

夜。 田辺聖子のトークショーに出かける。 集英社から田辺聖子の全集が出た記念のトークショー。

第一部は田辺聖子と林真理子の対談。 第二部は川上弘美と菅聡子の対談。 みんな田辺聖子ファンである。

とても楽しかった。 79歳の田辺聖子は「おばあさん」ではなくて「ちょっと長く生きている女の子」という感じでとても可愛らしい。 

林真理子は直木賞選定委員だったりして大作家然としているのかと思いきや、相変わらず野次馬根性丸出しで下世話な質問を田辺聖子にしている。 「藤山直美より田辺先生の方がずっと可愛いですよね。 あれは肥りすぎでひどいですよねぇ。 先生、どう思われます?」とか。 飾らない俗物という感じに妙に親近感を覚えた。

川上弘美はすごく背が高かった。 そしてすごく若かった。 服装も髪をかき上げたりするちょっとした仕草もまだ2-30代の辛口のOLみたいで、とても48歳には見えない。

いろんな年の取り方がある。 好きなように年を取ればいいんだね。

出演者がそれぞれに読書体験をとても楽しげに語っていて、「お話」のわくわくする世界のことを思い出した。 しばらくそんな楽しみから遠ざかっていたことにあらためて気づく。

その後、妹と銀座の町を徘徊して小さな和食の店に落ち着いた。 料理が全部ほっとする味。 いつもはあまり日本酒を飲まない妹が楽しそうに熱燗を飲んでいて、そろそろお開きにしようと思ったとたんに「お銚子もう一本!」と注文したので、びっくりした。

061021_007 061021_010 061021_009 061021_013

|

« 06/10/15 Sun 買出し。 | トップページ | 06/10/18 Wed おひつのご飯。 »

AOYAMA/GAIENMAE 青山・外苑前」カテゴリの記事

コメント

田辺先生、可憐でしたね~。

トークショーのあと、出口のところで、林真理子さんとすれ違いましたが、
とってもアブラギッシュ(死語?)な感じがして、女流作家というよりは、
まさに働き盛りのおじさん(失礼!)のようなオーラを放ってました。


投稿: マエダエマ | 2006.10.29 14:17

ほんと、いろんな形のオーラがありますね。

投稿: Nobrin | 2006.11.01 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 06/10/17 Tue 田辺聖子と年の取り方。:

« 06/10/15 Sun 買出し。 | トップページ | 06/10/18 Wed おひつのご飯。 »