« 08/04 サルバドールの夜。 | トップページ | 08/04/27 Sun 日常に戻る。 »

08/04 さよなら、サルバドール。

ということでとても楽しかったサルバドール。 

こんな風に昼下がりのカフェで風に吹かれながら食事したりした。 野菜は新鮮だし、肉はうまい。 日本人は魚のことを熟知しているから素晴らしい魚料理を作るけど、ブラジル人は肉のことを熟知している。

2008_04250200_2 2008_04250202_3 2008_04250203_2 2008_04250206_2

太陽と青い空と吹き渡る風がある場所。 生きた音楽とおいしい料理がある場所。 

そして旅を豊かにするのはやはり土地の人の温かさである。 サルバドールの人たちはなんだかのんびりしていて、物売りですら「要らない」というと諦めが早くて楽だった。 

人々の生活はシンプルで小さな幸せがたくさんあるようなかんじ。 あくせく働いてばかりの日本人は果たして昔より幸せになったのか、そもそも日本人はどんな幸せに向かって進んでいるのだろう、といろいろ考える旅でもあった。

またいつか訪ねたい、愛すべきサルバドール。

|

« 08/04 サルバドールの夜。 | トップページ | 08/04/27 Sun 日常に戻る。 »

Brazil ブラジル」カテゴリの記事

コメント

終わってしまうのが惜しいような、とても楽しいサルバドール日記でした。
最近どこへ行ってもマクドナルドやスターバックスが目に付くような都市が多いような気がしていたので、読んでいるだけで異国をたっぷり堪能出来ました。
定年後等でなく、肉がガッツリ食べられる年代に是非行ってみたいです。(それにしても、往復の時間を考えるとやっぱり遠いですよね。)

投稿: 孫悟空 | 2008.05.15 08:12

孫悟空さん、
私も思い出を辿りながら楽しんで旅行日記を書きました。 そうそう、早い時期に行くべき場所ってありますよね、南米も気の遠くなるような飛行時間で、早い訪問をお奨めします。

投稿: Nobrin | 2008.05.16 14:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08/04 さよなら、サルバドール。:

« 08/04 サルバドールの夜。 | トップページ | 08/04/27 Sun 日常に戻る。 »