« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

08/12/31 Wed お年越し。

 浜名湖の「ホテル九重」で。 朝食
 大津の道の駅で。 きつねうろん
 実家で。 おせち料理 ふぐ刺し ふぐちり シャンペン にごり酒

朝風呂を浴びて部屋に戻ると朝焼けがきれい。 ゆっくりと明けていく朝を楽しむ。

Rimg0210_2

朝食は干物など。 メヒカリ、サバ、鯛、笹かまぼこ。 

Rimg0212_2 Rimg0217_2

早めに宿を出て、焼きたての鰻をお土産にしてくれる店を探す。 浜名湖畔には星の数ほどの鰻屋があるが、朝早くから開いている店はなかなかない。 やっと一軒見つけて焼いてもらった。 焼きあがる頃を見計らって店に戻るとなんとも香ばしい匂いで満ち満ちている。 

実家に向かう途中、琵琶湖に寄り道していく。 一日で浜名湖・琵琶湖とわたり、湖三昧だ。

私の目的は「丁子麩」を買うこと。 丁子麩は近江の特産の麩で、去年琵琶湖に旅行したときに買ったらとてもおいしくてあっというまに食べてしまった、東京で探したがどこにも売っていないのである。 ネットで買えるが一つ数百円のものに倍以上の送料を払うのがばからしい。

琵琶湖畔の道の駅に寄ると、特産物コーナーはすでに正月休みで手に入らなかった。

しかたない、昼食をここで取ろう。 きつねうろんを頼んだら、関西風のきつねうろんが出てきて幸せ。 琵琶湖沿いにドライブして景色のいいところで車から降りて散歩したりした。 

Rimg0220_4 Rimg0225_4

夕方、実家着。

何もしなくていいようにおせち料理を届けてもらったが、ちゃんと母が煮物・黒豆・数の子などを作っていてくれた。

Rimg0231_4

私は天然とらふぐの刺し盛りとフグ鍋のセットを頼んでおいた。 野菜を用意をするだけで楽チン。

Rimg0230_4

母は80歳を目前にして先日太極拳の指導員の資格を取ったので、食後は新米指導員に太極拳を教えてもらった。 そのお年でよく片足立ちで動き回れるもんだ、人間何歳になっても遅いってことはないんだね。

母はほかにも、ヨガをやったり、百人一首をお習字したり、源氏物語を原文で読んだりしてアカデミックな毎日を送っている。 うらやましい限りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/30 Tue 浜名湖の魚。

 玄米おにぎり 味噌汁(キャベツ・薄揚げ) 豚なしクーブイリチー 湯葉と山椒と塩昆布の煮物 きゅうりのぬか漬け りんご v
 高速道路のSAで。 かき揚げそば
 浜名湖の「ホテル九重」のレストランで。 コース料理 ビール 熱燗

朝。 おにぎり食べて帰省ツアーに出発、温泉に寄りながらの里帰りドライブである。 去年から宿の手配は夫にお任せで楽チン。

Rimg0149_2

昼。 高速道路のサービスエリアのフードコートでかき揚げそば。 お汁が塩辛い。

Rimg0166

夕方。 浜名湖のかんざんじ温泉の宿に到着。 部屋から穏やかな浜名湖が見える。 ホテル主催のサンセットクルーズに参加したら夕陽がとても綺麗だった。

Rimg0170_2 Rimg0183a_2

30分のクルーズで身体が冷え切った。 お風呂に入ろう! 

「ホテル九重」の温泉はいろんな種類のお風呂があり、とても楽しい。

夕食。 浜名湖は塩水と淡水が混じる汽水湖なので魚がたいそうおいしいらしい。 私が好きな麻布十番のフグ屋「亀の井」もここ遠州天然とらふぐを使っている。

前菜の盛り合わせとすっぽんの土瓶蒸しのあと、鯛の活き造りが出てきた。 魚の活き造りは身が締まっていなくて(死後硬直が始まる前に食べるので)おいしくないという認識だったが、どうやって処理したのかこりこりと甘くて旨い。 お頭もあとで煮付けにしてくれる。

Rimg0195_3 Rimg0202_3

ほかにもいろいろ出てきたがやっぱり鰻は旨かった。 白焼きと蒲焼。 どちらもおいしい。 〆のご飯はみかんご飯。 みかんの粉末をご飯に混ぜて炊いたもの。 これはおいしくもなんともなかった。

Rimg0197_2 Rimg0206_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/28 Sun メアリー・ポピンズの羊飼いのパイ。

 キノコとインゲンのパスタ 豆腐とモロヘイヤのスープ りんご v
 玄米ひじきおにぎり 根菜の味噌汁 すき昆布の豚抜きクーブイリチー v
 自炊。 カブとセロリとリンゴのサラダ ドネル ローストビーフ 羊飼いのパイ パン 赤ワイ

朝。 オランダで買ってきた揚げ麺ようなものを食べてみる。 パッケージに書いてあるレシピはオランダ語なので読めないが、茹で時間が11-15分ということだけはわかる。 

Rimg0120_2

ガーリックでソテーしたキノコといんげんを和えて食べた。 中華の伊麺みたいだ。

Rimg0116_3

午前中、家中の本の整理に終始する。 料理本の整理、本棚の整理など。 本棚に入りきらない本が小部屋にあふれているので思い切って処分する本は処分することにする。

冷蔵庫の整理もする。 夫は家中の雑巾がけ。

昼。 簡単におにぎりと煮物と根菜の味噌汁。

Rimg0124_6

午後。 車で出かける。 本を売りに行ったり、車の点検に行ったり、買い物をしたり。

我が家の料理本の中にメアリー・ポピンズの料理本がある。 子供の頃、メアリー・ポピンズが大好きだった。 唐突にやってきて唐突に去っていくところや、つんつんして怒りっぽいのに魅力たっぷりの性格設定がすごくおしゃれだと思ったもんだ。

この料理の本の中に「冷たくなったローストビーフを使い切るのにいい」とシェパードパイ(羊飼いのパイ)が紹介されているので、残り物のローストビーフを使ってパイを作ることにした。

Rimg0153

ローストビーフを細かく刻んでいると「少しそのまま食べたいから全部刻まないで」と夫が言うので数切れを前菜用に残した。

前菜はドネルとローストビーフ。 サラダはリンゴ・カブ・セロリ。

Rimg0133 Rimg0126_2

羊飼いのパイは挽肉と炒めたみじん切り野菜をグレイビー(あるいはコンソメ)で混ぜて、マッシュポテトを乗せてオーブンでこんがり焼くだけの料理だが、意外だったのがメアリー・ポピンズのレシピではマッシュポテトにまったく味をつけないこと。 ただ茹でたジャガイモをマッシュするだけ。 牛乳も塩コショウもなしである。

でもそれがとてもおいしかった。 肉と野菜が濃厚なのでマッシュしただけのポテトがメリハリのある味になった。

Rimg0138_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/27 Sat 商店街ぶらり。

 はと麦玄米ごはん 味噌汁(いんげん・薄揚げ) ひじきの煮物 車麩のソテー ハムエッグ(夫) きゅうりのぬか漬け 海苔 りんご v
 阿佐ヶ谷の「龍」(ロン)で。 ラーメン
 自炊。 キャベツとすき昆布の酢の物 パプリカのマリネ チリコンカーンのコロッケ 畑の唐揚げ ローストビーフ(夫) 赤ワイン v

朝。 戻した車麩に醤油としょうが汁で下味をつけて白ごま油で焼いたら肉っぽかった。

2008_12270003

昼。 ひさしぶりに徒歩で買い物に出かける。 母のリクエストの水晶のブレスレットを探しにダイヤ街の中の「氣石」という天然石の店に行く。 店頭に母の希望のものがなかったので、こんなのがほしいと伝えてその場でブレスレットを作ってもらった。 私もすごく気に入ったのがあったのでついでに買った。 魔よけの水晶と強運を呼ぶラピスラズリ、さて来年はこの石で未曾有の不景気を乗り切れるか。

さっぱりとした醤油ラーメンが食べたかったので「龍」へ。 私好みのスープでした。 

Rimg0106

自然食品の店「F&F」と「COMON 」などに立ち寄りながら、商店街をぶらつく。

夜。 すき昆布と塩もみしたキャベツの酢の物。 梅酢を使ったからか、大葉のみじん切りを入れたせいか、ふわっと梅の香りがしておいしい。 定番のパプリカのマリネも甘くうまい。

Rimg0111_2

大豆のグルテンミートは水で戻して、しょうが・ニンニク・セロリソルト・醤油・水で下味をつけて小麦粉をまぶして揚げた。 夫「脂っぽくない鶏の唐揚げみたい」と言う。

たくさん作って冷凍してあった野菜のチリコンカーンは、趣向を変えてマッシュしてハーブを追加してコロッケにした。 スパイスが効いたコロッケになった。

Rimg0113  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

08/12/26 Fri 仕事納めのお楽しみ。

 玄米おにぎり(私) ローストビーフサンド(夫) 味噌汁(キャベツ・岩海苔) りんご v
 弁当持参 v
 その一: 「L'oasina」で。 ハモンセラーノ ポテトサラダ キノコとウインナのソテー 赤ワイン その二:広尾の「Kissako」で。 コース料理 カレー チーズの盛り合わせ シャンパン 白ワイン 赤ワイン

朝。 夫にローストビーフサンド。 私は玄米ひじきおにぎり。

2008_12260025

とうとう今年も仕事が終わりました。 お疲れさま! 

会社の納会のあと、近くのオーガニックワインを出す店でワインと生ハムをつまみながら今年を振り返る。 おつまみにポテトサラダ、キノコとウインナのソテーを頼んだらすごいボリュームだった。 自然な味付けでとてもおいしかったけど。

2008_12260027 2008_12260029_2

さて。 移動してお料理教室の仲間たちと忘年会に加わる。

サバの前菜などから始まり、 

2008_12260034

豚のグリルまで楽しんだあとは、

2008_12260038_2

小さな蕎麦で〆たり(これが格別うまい!)、ワイン飲みながら更にチーズを食べたりした。

2008_12260042 2008_12260043_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/25 Thu 阿佐ヶ谷のペルシャ料理、羊づくし。

 大豆と湯葉の味噌煮どんぶり(私) イカ・イクラどんぶり(夫) 味噌汁(キャベツ・海草) きゅうりのぬか漬け りんご v
 新橋の「ビアホールライオン」で。 牡蠣フライランチ
 阿佐ヶ谷のペルシャ料理「Jame Jam」で。 ドネル ペルシャ風揚げ春巻き シシカバブ クービーデ・キャバブ 赤ワイン

朝。 私は湯葉と大豆の味噌炒めどんぶり。 夫にはイクラ・イカどんぶり。

2008_12260007_4

午前中、年末のあいさつ回り。

昼はとある事情から新橋のライオンへ。 私は牡蠣フライにした。 今年初の牡蠣フライかもね。

2008_12260011_2

夕方。 保留になっていた大口案件の発注の連絡あり。 大きなクリスマスプレゼントだ。

夜。 阿佐ヶ谷のペルシャ料理に行ってみる。 イラン人の店主が一人で切り盛りする小さな店。

前菜はドネル。 羊のミンチと米とナッツが葡萄の葉っぱに包まれている。 温められて出てきた。 

揚げ物は3種。 チーズ・ほうれん草とトマト・羊の挽肉。 どれもおいしかったが、特にほうれん草の揚げ物がおいしかった。

2008_12260013  2008_12260016_2

羊の串焼きと、羊の挽肉の串焼き。 

2008_12260015_2 2008_12260018_2

駅前のトルコ料理「イズミル」は品のある味で、こちらはワイルドな感じ。 どちらも好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/24 Wed おいしい野菜サラダ。

 新そば(九条ネギと山芋の落とし揚げ) りんご v
 弁当持参 v
 新宿の伊勢丹の「チャヤ」で。 グリル野菜のサラダ 雑穀・セイタンのハンバーグ 白ワイン 赤ワイン v

朝。 信州で買ってきた新そばを食べる。 ダシをとった昆布も刻んで食べてしまった。 夫にはさつま揚げを追加トッピング。

2008_12240019

午後。 インフルエンザの予防接種を受ける。

夜。 夫が新宿に用事があると言うので伊勢丹に入っているマクロビレストランで夕食。 ここは魚介類のメニューもあるので、ベジタリアンじゃない人も一緒に食事を楽しめる。

前菜はグリル野菜のサラダを注文した。 炒めた野菜・茹でた野菜・生の野菜がいろいろ入っていてとてもおいしい。 

かなりボリュームがあるので、サラダとパンと赤ワインで十分幸せになる。

2008_12260001 

メインはセイタンと雑穀のハンバーグにした。 なんだかすごく癖のある味、もしかしてテンペ入ってる? 私、テンペ苦手なんです。 付け合わせの野菜はとてもおいしかったが、肝心のハンバーグは半分以上残してしまった。

2008_12260005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/23 Tue 塩ラーメンとローストビーフの味見。

 アルゴビサンド(私) 燻製豚の割包サンド 味噌汁(大根葉・薄揚げ) りんご v
 阿佐ヶ谷の「CiQUE」で。 塩ラーメン
 自炊。 マシュルームソテーと九条ネギのサラダ ローストビーフ パプリカのマリネ クレソン 赤ワイン

朝。 夫には自家製燻製豚と割包。 私はアルゴビサンド。

2008_1223b0030_2 2008_1223b0032_2

家の電話が壊れてしまったので近くの量販店に買いに出かける。 吉祥寺の紀伊国屋に寄ってワインの買出しも済ませる。

昼。 醤油ラーメンがおいしかった「CiQUE」というラーメン屋へ再訪。 今日は塩ラーメンを注文してみた。

2008_12230001_2 

塩ラーメン、醤油より更においしい! お麩が入っている。 この店の叉焼は八角の味が強い。

今夜は夫と自宅で忘年会のつもりだったが、夕方夫の高校時代の友達が一緒に夕飯を食べようと電話してきた。 積もる話もあるでしょう、と私は遠慮して夫だけ送り出す。

ひとりの夜、ここぞとばかり菜食にしようとも思ったが、解凍してしまったサーロインの塊が惜しい。

予定通りローストビーフだけ作ってしまおう。

しっかりと表面を焼いて焦げ目をつけて、ミルポアをしいてキャベツをかぶせてオーブンで焼きこみます。

2008_12240005_3 

マシュルームはシンプルにソテーして塩・コショウとパセリのみじん切りをあわせる。 九条ネギとレタスとイタリアンパセリとマシュルームソテーを和えて、酢橘・オリーブオイル・醤油とまわしかけたらさっぱりとおいしい。

2008_12240010

さて。 ローストビーフを作ったらやっぱり味見したくなるのが人情というもの。 薄く一切れ切ってみたら、んー、おいしい。 

2008_12240014_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/22 Mon 揚げ物盛り合わせ。

 豆腐と九条ネギどんぶり(私) 焼肉丼(夫) 味噌汁(大根葉・薄揚げ) きゅうりの漬物 りんご v
 外苑前の「上海港」で。 本日のランチ 卵チャーハンと麻婆麺
 品川の「SUB」で。 揚げ物プレート 生ビール その後、三軒堂で宴会コース

朝。 玄米で丼にする。 私は豆腐のソテーと九条ネギ、夫には焼肉と九条ネギ。

2008_1223b0021_2 2008_1223b0023_3

1時から顧客先で会議があるので早めに会社を出る。 上海港でランチ。 今日の定食は卵チャーハンと半麻婆麺。 卵チャーハンは半分会社の人に食べてもらった。

2008_1223b0024_2 2008_1223b0026_2  

顧客との合同忘年会までちょっとした時間があったので会社のひとたちと近くのカフェでビールと揚げ物。 

菜食ではけっこう揚げ物作るが、肉の揚げ物はやっぱりどかんと来る。

2008_1223b0027_2

30人ほどで忘年会。 2次会はカラオケ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

08/12/21 Sun ニンジン餃子。

 はと麦玄米ごはん 味噌汁(カボチャ・ニンジン・大根葉・ネギ・ミョウガ) 長芋のガレット(私) ハムエッグ(夫) きゅうりのぬか漬け 海苔 ひじきの煮物 りんご v
 アルゴビサンド(私) ぺヤングソース焼きそば(夫) v
 自炊。 アルゴビ コールスロー 山芋とそば粉揚げ団子 ニンジン餃子 赤ワイン v

朝。 今日の玄米ははと麦を入れて炊いてみた。 はと麦を入れる場合は水を少し多めにしないとダメですね。 

夫のおかずはハムエッグ、私のおかずは長芋のガレット。

2008_1223b0001_4

昼。 アルゴビを作ったのでそれでアルゴビサンド。 

2008_1223b0006_2

今日は冬至。 お風呂を柚子湯にしたら柚子の香りがとても気持ちよかった。

夜。 今日の揚げ物は山芋の落とし揚げ。 山芋をきれいに洗って皮ごとすりおろし、好きな硬さまでそば粉を入れて混ぜる。 それにいんげんの小口切り、青海苔、胡麻、塩を混ぜいれて、スプーンで油に落として揚げる。 ふわふわでおいしい。

2008_1223b0009_3 2008_1223b0012_2

アルゴビ、コールスローなどを作って、メインは餃子。

2008_1223b0010_2 2008_1223b0015_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/20 Sat レンコンの揚げ団子。

 チーズトースト
 阿佐ヶ谷の「大勝軒」で。 中華そば
 自炊。 湯葉と大豆の味噌炒め レンコン団子 ひじきの煮物 赤ワイン v

朝。 目が覚めると9時半。 午前中はのんびりゆっくりしよう…、と思ったら今日は10時から気功の日じゃないか! がばっと起きて大急ぎでチーズトーストをかじって出かける。 オランダのチーズは味が濃くておいしい。

2008_12200058

今日の気功教室はきつかったが、終わったあとは体がすっきり。 気功って自分で体のマッサージをするようなもの。 無理しても来てよかった。

昼。 夫も合流して大勝軒で中華そば。

2008_12200060_2

ラーメン食べたあとは青汁スタンドで青汁をぐいっと飲み干す。 冬は青汁がさらにおいしくなるそう。 そう言われればそんな気もする。

2008_12200064 2008_12200065

夜。 菜食いってみよう。

今夜のヒットはレンコン団子。 

レンコンはよく洗って皮ごとすりおろす。 そこに青海苔と塩と胡麻適宜と塩小さじ1を入れて混ぜ合わせる。 水っぽいようなら砕いたお麩かパン粉を振り入れて調整する。 それを団子にして揚げるだけ。 衣もつけなくていいんです。 

外がかりっとして中がもっちりしてすごくおいしい。

2008_1220a0042

こちらは大豆と湯葉の味噌炒め。 こちらも懐かしい味。

2008_1220a0045_2

あとはひじきの煮物や大根おろしなど。 夫にはタマネギ入りのさつま揚げを温めて出した。

妹が忘年会の帰りに遊びに来たので、ワインを飲みながらひとしきりお喋り。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

08/12/19 Fri 忘年会。

 玄米ひじきおにぎり v
 弁当持参。 v
 六本木の「はし本」で。 鴨鍋コース ビール 熱燗

夜。 高校時代の仲良しご近所会でしっぽりと忘年会。 幹事はKくんである。 

六本木の鴨鍋の店を予約してくれた。 おいしい料理の数々。

2008_12200038 2008_12200039_2

2008_12200040_2 2008_12200041

2008_12200043_2 2008_12200045

今年はどんな年だった? とみんなで語り合う。 私の場合、大きな変化は菜食を取り入れ始めて料理の世界に広がりができたことだな。

2次会は高円寺のスナック。 3時まではじけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/18 Thu 山の上ホテルの和洋折衷。

 いくらおろし丼 味噌汁(ほうれん草・薄揚げ) きゅうりのぬか漬け 柿
 社食にて。 ツナおろしスパゲッティ 野菜春巻き 味噌汁
 御茶ノ水の山の上ホテル「モンカーヴ」で。 天ぷらの盛り合わせ 牡蠣のソテー フカヒレ餃子 スモークサーモンとイクラのガレット マコカレイのオーブン焼き 牛肉とキノコのオイスターソース炒め 生ビール 白ワイン 赤ワイン

朝。 いくらおろし丼。 大根おろしが爽やかです。

2008_12200023_2

夜。 大好きな山の上ホテルにでかける。 今夜はワインバーで食事。

コースは和洋折衷のプレフィックスで、山の上ホテルの各レストランから料理が運ばれてくるようだ。

前菜は天ぷらの盛り合わせと牡蠣のソテー。 

中菜はフカヒレ餃子とサーモンとイクラのガレット。

メインは魚のオーブン焼きと牛肉のオイスターソース炒め。

2008_12200025_2 2008_12200031_4

2008_12200030_4

和食・中華・フレンチといろいろな味が楽しめて、しかもすべて本格的な味なのが嬉しい。

このホテルは客のツボをしっかり押さえている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/17 Wed 欲望満たされぬ一日。

 抜き
 赤坂のラーメン屋で。 モヤシラーメン
 阿佐ヶ谷の「G.G.C.」で。 グリーンサラダ ポテトのチーズ焼き ドイツ風ポトフ ロールキャベツ 黒ビール 赤ワイン

人間ドックのため、朝食抜き。

ランチはおいしいラーメンを食べようと意気込んでクリニックの近くの店に入ったら、大ハズレ。 こんなまずいラーメン、どうやって作れるのか? しかも1000円もした!

欲望満たされないまま、夜になる。 歯痛がとつぜん来た夫と店選びで合意できず、やっと決まった目当ての店は閉店になっていてまたしてもショック。

結局ドイツ居酒屋に落ち着いた。

生ビールで乾杯したあと、ポテトのチーズ焼き。 定番のおいしさ。

2008_12200017_3

サラダやポトフを頼んだあと、ロールキャベツ。

2008_12200022_2

ほっとする雰囲気の店だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

08/12/16 Tue

 湯葉と九条ネギのうどん 柿 v
 弁当持参 v
 忘れた

朝。 生湯葉と九条ネギでおうどん。 京都的な味。

2008_12200007_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/14 Sun 春巻きの具。

 玄米おにぎり ワンタンスープ きゅうりの漬物 柿 
 抜き
 自炊。 きゅうりとワカメの酢の物 大和芋のガレット 野菜春巻き 赤ワイン v

午後。 公園で1時間ウォーキング。 週に2回くらいやりたいんだけどね。 

夜。 大和芋をすりおろし、キクラゲと香菜と塩を混ぜ合わせてフライパンで焼く。 焼き上がりに醤油を刷毛で塗る。 面白い食感だ。

2008_12140004_2

メインは春巻き。 作りすぎて冷凍しておいた野菜ビーフンの残りを中身にして、モヤシやピーマンを追加した。 追加野菜は生のまま、具にはとろみもつけなかった。 でもとってもおいしい。 中身がなんであれ春巻きっておいしいのかもしれない。

2008_12140007   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

08/12/12 Fri シェリル・クロウのコンサート。

 おいなりさん 味噌汁(ワカメ・薄揚げ・ネギ) きゅうりのぬか漬け ヨーグルト 柿 v
 社食で。 チャンポン風蕎麦
夜 神楽坂の「ルグドゥノム ブション リヨネ」で。 デリカテッセンの盛り合わせ ウサギのコンフィ 赤ワイン

朝。 おいなり食べて出勤。

2008_1220a0035_2

仕事後、シェリル・クロウのコンサートに出かける。 前回の武道館のコンサートからすでに6年。 ちょっと戻ってくるのに時間がかかっちゃって、と軽く話す彼女の言葉の裏には40代半ばで婚約と婚約解消、乳がんの発病と克服、養子縁組など、ここ数年で大変なことが彼女に起こったことをみんな知っている。

シェリルは普段から鍛えたいい体をしている。 「白人の女でも頑張れば肥らないんだな」と夫が言う。 

可愛くてかっこいい大人の女、シェリル。 

久しぶりのライブでギターやドラムのお腹に響くロックも堪能できて、満足、満足。

しかし。 コンサートでは私のカメラは預けさせられたが、会場で隣の席の男はIフォンでがんがんシェリルの写真を撮っていた。 おまけに私はカメラを引き取り忘れて帰ってしまった。 すごく理不尽なかんじ。

神楽坂まで出てフレンチビストロで食事。 迎合しないそのままの味。 どっしりとしておいしかったが、カメラが不在につき画像なし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

08/12/11 Thu 天ぷらと日本料理の店。

 イカの塩辛とキャベツのパスタ 味噌汁(岩海苔・モヤシ) 柿 ヨーグルト
 外苑前の「ナタラジ」で。 ランチセット v
 曙橋の「荘司」で。 天ぷらと和食のコース ビール 白ワイン

朝。 先日作った塩辛とキャベツのパスタがとてもおいしかったので、また作って食べる。 おいしー。

2008_1220a0020_4

昼。 妹が会社の近くまで来て「ナタラジ」でランチしたいというので出かける。 なんだかナタラジづいていますね、最近。

グルテンミート入りのナタラジカレーとマメのカレー。 炭水化物はナンと玄米。 とてもおいしいカレーでした。

2008_1220a0024_3 2008_1220a0023_2

夜。 曙橋の「荘司」で天ぷらと和食。

天ぷらの合間にちょこちょこと和食が出てくる。 金目鯛とカブの蒸したのとか、

2008_1220a0028_3

白ワインで天ぷらを楽しんでいたが、ボトルが空いたので日本酒に切り替えたら蟹が登場。 お酒と蟹と蟹味噌。 しあわせである。

2008_1220a0029

仕上げは鮭ご飯・いくら乗せ。 

2008_1220a0031_2

まだ若い店主なのでこれからの店である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

08/12/10 Wed 豆腐とモヤシとネギの丼。

 もやし・ワケギ・豆腐の混ぜご飯 味噌汁(水菜・岩海苔) きゅうりのぬか漬け ヨーグルト 柿 v
 玄米おにぎり 納豆・オクラ・長芋 かき玉汁 ひじき v
 キャベツの千切り キンピラ 高野豆腐と干し椎茸の煮物 赤ワイン v

朝。 豆腐ともやしとネギで丼。 最後にトウチを入れるところがポイント。 長尾智子のレシピ。

2008_1220a0012_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/09 Tue イカの塩辛とキャベツのスパゲッティ。

 チーズトースト モロヘイヤと麩のスープ 柿 ヨーグルト
 塩辛とキャベツのスパゲッティ 朝のスープの残り
 ファラフェルサンド v

朝。 予想通り体調絶不調。 なんとか朝食を作る。 チーズトーストとモロヘイヤのスープ。 モロヘイヤは夏の安いときにたくさん買って、茹でて刻んで冷凍しておくと便利。

2008_12090058

会社を休んで横になる。

昼。 自家製塩辛とキャベツでスパゲッティを作る。 具合悪くても料理だけはマメだと自分でも感心。 

2008_1220a0002

夜。 冷凍しておいたファラフェルとピタでサンドイッチ。 

ヴィーガン用のマヨネーズに「ナヨネーズ」というものがある。 豆腐で作ったマヨネーズ。 世の中、いろんなものがあるね。 ナヨネーズをピタに塗る。

同量の黒酢とオリーブオイルに生の唐辛子のみじん切りを漬け込んだものをキャベツの千切りに振りかけてしんなりさせる。 そのキャベツをピタに詰め込んでファラフェルとハリサを入れたら出来上がり。 今夜はヴィーガンミール。

2008_1220a0008_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/08 Mon 深夜のお料理とメンタルケア。

 五穀米 味噌汁(ネギ・薄揚げ・こんぶ) 麩のピカタ きゅうりのぬか漬け 海苔 塩雲丹 きんぴら 高野豆腐 りんご ヨーグルト
 弁当持参。
 外苑前の「ナタラジ」で。 ベジタブルパコラ ナタラジスペシャル サイバジ ナタラジキノコ 赤ワイン

時差ぼけ治らず。 夜中の1時半に目が覚める。 3時半までベッドで頑張っていたがあきらめて起きる。 

やりたかった料理でもしようか。 深夜ラジオを聴きながら、高野豆腐を煮たり、きんぴらをマクロビレシピで作ったり、お麩を戻したり。 玄米を食べたいが、せっかく新米もあるので新米を炊いた。

2008_12090042_2

午前中。 会社のメンタルケアとハラスメントの講習を受ける。 最近どの会社でも心の病を発病する人が増えているので全社員必須の講習である。 

講師の先生(40代後半・美人)がアルカイックスマイルで女子アナのような美しい声で話したかと思うと、すごく怖い顔をして発病した人の真似をして、しかも男性患者の場合は野太い声で話す。 インパクト強すぎて、こっそり居眠りする予定がしっかり受講してしまった。 

夜。 夫と待ち合わせして外苑前の「ナタラジ」へ。 寒いのでカレーはどうかと思ったが、野菜が食べたかったので。

ベジタブルパコラ。

2008_12090049_2

グルテンの「ナタラジスペシャル」。 これが肉じゃないなんて、夫も驚いた。 どうやって作るんだろう。

2008_12090051_2

ほうれん草とレンズマメのカレー。 グルテンとキノコのカレー。 丁寧に作られたおいしさ。 全粒粉のナンもおいしい。

2008_12090052_4 2008_12090053_2

夫もたいそう気に入ったと言う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

08/12/07 Sun 落ち葉の黄色いじゅうたん。

 玄米チャーハン 味噌汁(切干大根・ネギ・ワカメ) ヨーグルト りんご
 南阿佐ヶ谷の「大勝軒」で。 中華そば
 自炊。 オランダの海老とニシン 瓶詰めドルマ カブの風呂吹き カブの葉と薄揚げの炒め物 ポテトフライ クリーミーポテトコロッケ ファラフェル 赤ワイン

朝。 玄米黒米でチャーハン。 中身はベーコン・タマネギ・グリーンピース・ひじきの煮物。

2008_12090003_2

午前中は大量の洗濯、ネットでショッピングなど。

昼前に公園に出かける。 時差ぼけで頭がじんじんするからウォーキングにする。 たっぷり45分歩いた。

公園はすっかり晩秋。 落ち葉のじゅうたんが綺麗。 落ち葉ふみふみのウォーキングもまた楽し。

2008_12090022_2

昼はお約束のラーメン。 今日のラーメンは麺が固くてがっかり。

2008_12090032_2

クリーニングやスーパーなど買出しを終えて帰宅してたまった郵便物を整理していると妹から電話。 柿や大根や特別栽培の玄米を届けてくれると言う。

甥っ子も一緒にやってきたので、私はドイツの小さなチョコレート屋で買ったチョコレートの盛り合わせ、フェラーリのおもちゃなどをあげた。 本当はクリスマスまでとっておくつもりだったんだけどね。

妹には蜂蜜をはさんだワッフル、チーズ、デルフト焼き、ニシンのマリネなどのお土産を渡す。

中途半端な時間になったので妹と一緒に料理してみんなで食べた。

まずはオランダのスーパーで仕入れたニシンの酢漬けと茹で海老。 この変な色の海老がオランダの名産の海老である。 味が濃いのでみんな気に入った。

2008_12090039_2

これもスーパーマーケットで仕入れた瓶詰めのドルマ。 ハーブ入りのお米を葡萄の葉で包んだもの。 葉っぱと一緒に食べるとワインに合う。

2008_12090040_2

妹がカブの葉と薄揚げでマクロビクッキング。 鍋のふたでぎゅーぎゅー野菜を押さえながら料理していく。 私は里芋とポテトのコロッケを揚げた。

2008_12090035 2008_12090033_2

あとはファラフェルも揚げた。 妹がカブを風呂吹きにし、柚子味噌を作った。 さっぱりとおいしかった。

甥っ子は海苔好きで、海苔をばりばり食べる。 翌朝、我が家のいたるところに海苔のかけらが落ちていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

08/12/06 Sat ただいま。

土曜日の夕方、成田着。 夫に新宿まで車で迎えに来てもらい、へとへとで帰宅しました。 

冷蔵庫は空っぽ。 しかし疲れすぎていて外食は辛い。 出張中ありえないくらい野菜を食べていなかったので野菜をたっぷり食べたい。

冷蔵庫のしなびた野菜をかき集めて味噌味の鍋にした。

中身はごぼう・ニンジン・白菜・車麩・薄揚げ・椎茸・ワカメ・ネギ・鶏肉。

2008_12060159_2

ごぼうのだしが利いてすごくおいしい!

〆はラーメン。

2008_12060162_3

クナイプ入りのお風呂にゆっくり浸かったら意識が遠のいて、即寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/05 Fri ドイツの庶民料理。

 ホテルのビュッフェ
 ハンブルグの「Taverna Romana」で。 魚のスープ パンフィッシュ シュニッツェル 塩豚とソーセージ ビール
 機内食。 v

やっと帰国の日。 午前中ホテルの近くを散歩しながらショッピング。

昼。 ドイツにいるのにまだドイツ料理を食べていないね、とドイツ料理レストランを探して入る。

入り口は小さいのに店の奥に進むと中庭から光を採っていてとても気持ちいい。

2008_12060147_2

珍しく英語のメニューのある店だったが、気さくな女主人が「ドイツの庶民的な料理は英語のメニューに載っていない。 よかったら訳しましょうか」と定食メニューとランチメニューの両方を説明してくれた。 じゃあ、典型的なドイツ定食を頼んでみんなで分けよう。

固いパンとニンニクハーブマヨネーズが登場。 生ビールと一緒に食べながら料理を待つ。

2008_12060148

前菜の魚のスープは一皿頼んで3人で分けた。 この魚のスープはシンプルに魚と野菜の味が出ていて、とても素朴なおいしさ。

2008_12060149_3

こちらは「パンフィッシュ」という北ドイツの貧乏人の食べ物らしい。 魚とジャガイモをマスタードクリームソースでパンフライするというもの。 マスタードのクリームソースがなんともおいしい。

2008_12060150_3

ご存知シュニッツェル。 付け合わせのポテトフライがさっくりとおいしく揚がっている。

2008_12060151_2

豚の塊とソーセージ。 ソーセージ、塩辛ーい。 ぐずぐずに煮込んだ野菜とジャガイモがおいしい。

2008_12060152_2

いかにもドイツといった料理だった。

ハンブルグからアムステルダムまで飛行機で戻り、その後成田行きの直行便に乗る。

機内食はベジタリアンにした。 まずいが身体には優しい。

2008_12060156

2008_12060158_3

軽食に「玄米塩おにぎり」があったので頼んだら、ひどくまずい玄米だった。 玄米の抜け殻ってかんじの味、初めて食べる玄米がこのおにぎりだったら2度と玄米を口にしないだろうという味。 あまりにまずくて半分残した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/04 Thu ドイツでなぜかテックスメックス。

 ホテルのビュッフェ
 カップラーメン
 ハンブルグのテックスメックス料理屋で。 ナチョス ワカモレ オニオンリング チーズバーガー ビール 赤ワイン

夜。 白人肉食人種たちが「魚ばかりじゃ死ぬー」と騒ぐので誰かがステーキハウスに予約を入れたが、いざ出かけてみるとファミレスみたいなテックスメックスだった。 予約を入れた人もショックを隠せない。

メキシコ人の奥さんを持つイギリス人がみんなでシェアする前菜を頼む。 サラダやタコやオニオンリングをつまんだあと、メインは各自で頼む。

2008_12060141_3 2008_12060142_4

私は無難にチーズバーガー。 フツーのバーガーだが、日本の水準と比べるとやっぱりおいしい。

2008_12060145_2

スペアリブを頼んだ人が多かったが、味見をしたらパサパサで味がなかった。 みんな残していた。

2008_12060143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/03 Wed ハンブルグの魚料理、「La Sepia」。

 ホテルのビュッフェ
 ホットドッグ
 ハンブルグの海鮮料理「La Sepia」で。 魚介料理あれこれ ビール 白ワイン

日曜日に車でロッテルダムからハンブルグに移動した。 500キロのドライブである。 途中の300キロは私が運転した。 オランダからドイツの高速道路に入るととたんに道が悪くなる。 路面工事も多く走りにくいこと。 ただでさえ灰色の雲が垂れ込めていて憂鬱な気候なのに、途中で雨や雪やミゾレに見舞われてとても楽しいドライブとはいえない。 

ハンブルグは港町なので魚がおいしい。 ポルトガル系のシーフードの店にトライしたら、もうとてもおいしくて2回通った。

イワシのマリネ。 塩加減がちょうどいい。 ニンニクやハーブもたっぷり入っている。

2008_12060117

シーフードサラダ。 ただのサラダに見えるが、実は野菜の間にどっさり小さな魚介を茹でたのが入っている。 ちっちゃなイカやアサリやタコや魚の味が濃くて、レモンとオリーブオイルがよく合う。 あまりのおいしさに何度もお代わりして食べた。 

2008_12060118_2

「小魚のフリットある?」と聞くと「あるよ、小イワシでフリットしてあげる」と言って出てきたのがこれ。 サイコー! 白ワインやビールが進みます。

2008_12060119_4

タコとジャガイモのソテー。 小タコのソテーもおいしかった。

2008_12060123_2

魚は選んで焼いてもらう。 これは黒鯛。 皮がぱりりっとして中身はふわり。 これもサイコー。 私は醤油をバッグに忍ばせていたので、ちょろりと醤油をたらして食べた。 

2008_12060121_2

初めてこの店を訪れたときに、前菜をみんなで分けてメインは各自決めようということになり、私が店の人に「ブイヤベースある?」聞いたら「ポルトガル風の魚介スープならある。 メインで食べるの? じゃあ、お米を入れて魚介ライスにしてあげる」と言われて出てきたのがこれ。 

2008_12060125

新鮮な魚介にトマトやハーブの味が複雑に混ざり合って、なんとも繊細な味。 ご飯も入っていておいしいことといったら!

前回食べ切れなくてみんなにおすそ分けしたら、そのあまりのおいしさに「魚のスープを食べに戻ろう!」ということになったのである。何杯でもいけます。

2008_12060129_2

しかも値段もとっても良心的。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »