« 10/01/13 Wed 東京ーソウル。 | トップページ | 10/01/15 Fri ソウルの「あさりうどん」。 »

10/01/14 Thu ソウルの「軍隊鍋」。

 ホテルのレストランで。 フルーツ盛り合わせ v
 ホテルの近くのプデチゲ屋で。 プデチゲ
 ホテルの近くの焼肉屋で。

ホテルのロビーに書いてあった今日の予想気温、最低温度-16℃、最高-5℃。 寒いというより痛い。

昼前。 少し時間ができたので南大門市場に出かける。 会社の同行者は石焼ビビンバの器とチゲ用の煮込み鍋を買った。 ひとつ400円くらい。 私もほしいけど重いからやめておく。 同行者は買ったあとで重い器を両手にぶら下げながら「こんなの持って帰って、奥さん喜ぶかなぁ。 いらないって言われたらどうしよう」と言う。 「いらなかったら私が引き取ってあげるよ」と言っておいた。 奥さん、いらないって言わないかなー♪

ひやかしに革製品の店でコートを見る。 シンプルで素敵な鹿革のハーフコートが見つかった。 のらりくらりと値段交渉していると結局三分の一まで値段が下がった。 ほかの店でいろいろみたが結局最初の店のコートがいちばんよかった。 横で見ていた日本人の同行者が「Nobrinさん、コート買わないの? あの値段ならうちの嫁さんに買ってかえる」と言う。 どうしよう、心は揺れます。 でも今は買わない。

昼。 みんながプデチゲを食べに行くという。 少し前に流行った鍋らしい。 韓国語で「プデチゲ(部隊鍋)」、つまりは闇鍋のようなもの、いろいろな具が入った辛い鍋。 軍人さんがスパムやソーセージなどの備蓄食材を手当たりしだいぶち込んで食べた鍋で、いかにも男どもが好きそうな料理。

まず、目玉焼きの入ったお椀とご飯が出てくる。 おかずもちょこちょこ出てくる、おかずは食べ放題でなくなると追加を持ってきてくれる、これが韓国料理のいいところ。

Rimg5039_4 Rimg5041_2

ブテチゲ、登場。 インスタントラーメンまで乗ってます。 しばらくグツグツやっているといい感じに煮込まれてきました。

Rimg5038_2 Rimg5047_2

ほんのりショウガの味もして、なかなか繊細な味で驚いた。 身体も温まります。

夜。 顧客のリクエストで焼肉。 この店の焼肉はタレに浸かっていない。 ぶつ切りのステーキ肉とエリンギが皿に山のように出てくる。 それを炭火で炙って、ごま油か塩で食べる。 焼肉のタレに浸かった焼肉があまり好きではない私にはぴったり。 (画像はなんとなく撮り損ねた)。

お酒はビール、マッコリ、焼酎。 百年酒という養命酒みたいな薬草酒もある。 私はマッコリを飲んでいた。

Rimg5050

〆は冷麺。 麺がすごく細かった。

Rimg5051

鹿革のコートは結局買いました。

|

« 10/01/13 Wed 東京ーソウル。 | トップページ | 10/01/15 Fri ソウルの「あさりうどん」。 »

Korea 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/01/14 Thu ソウルの「軍隊鍋」。:

« 10/01/13 Wed 東京ーソウル。 | トップページ | 10/01/15 Fri ソウルの「あさりうどん」。 »