« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

12/02/29 Wed 雪の日、 野心と虚栄心。

朝 フルーツ盛合わせ v
昼 お弁当持参(ベジナポリタン) v
夜 外苑前の「京菜」で。 あれこれ

4年に一度の2月29日。 東京は朝から雪が降っている。 

Rimg4732

悪天候に極度に反応する私はスタッフに「昼から帰っていい、私も帰る」と言っていたが、午後から急に忙しくなり帰るどころではなくなった。

夜。 夫と会社の近くの和食の店に行く。 何かの拍子に「野心と虚栄心」の話になる。 

夫は塩野七生の「ローマ人の物語」を愛読していて、その中で歴史上のリーダーを虚栄心と野心で比較しているという。

虚栄心とは他人からよく思われたいという心情であり、野心とは何かをやり遂げたい意思である。 虚栄心ばかり強いのはよいリーダーとは言えない。

指導者の資質とは関係ないが、私の失敗を振り返ると、だいたいにおいて「人によく思われたい」ことに起因するのに最近気づき始めていて、また「人によく思われないことがあってもそれほど人生に影響はない」ということにも気づき始めていた。 虚栄心をコントロールするのが鍵だ。

そんな話をしながら冷酒を飲み、〆はマグロ丼(小)。 一口もらって食べた。

Rimg4736

| | コメント (4) | トラックバック (0)

12/02/28 Tue 新宿「ことぶき」のしし唐。

朝 フルーツ キュウリサンドイッチ
昼 弁当持参 
夜 新宿の「ことぶき」で。 新わかめ 牡蠣のソテー しし唐炒め 焼きそば 豚天 ビール 冷酒

朝。 今日のお弁当はビビンパ。 野菜がたっぷり摂れておいしくて、お気に入りのお弁当である。

Rimg4714

夜。 新宿の「ことぶき」で一杯。

京のお通しはスパサラダ。 スパゲッティをマヨ味のサラダにするなんてどーいうこと?と思うが、やっぱりおいしい! 海老は夫に食べてもらった。

Rimg4719_3

ご主人のお勧めの新わかめはしょうが醤油で食べる。

Rimg4720_2

しし唐炒め。 丁寧にフライパンで焼かれて、鰹節をまとったしし唐。 柔らかくて甘くておいしい。 ご主人曰く「焼き鳥屋で出てくるしし唐はうまくもなんともない。 しし唐は炒めるのがいちばんだ」。 はい、このしし唐サイコーです。

Rimg4721

牡蠣のソテー。

Rimg4722

大好物の焼きそばは刻み海苔を散らして食べる。

Rimg4724

お好み焼きは豚天。 夫の大好物。

Rimg4726

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/02/26 Sun

朝 フルーツ v
昼 モロヘイヤのスーラータン麺 v
夜 蟹とアヴォカドのサラダ もやしとニンジンのサラダ 牡蠣のオイル漬け 和えソバ シュウマイ 白ワイン

昼。 夏に茹でて刻んで冷凍してあったモロヘイヤが二束分、冷凍庫に忘れられていた。 それを使ってサンラータンメン

Rimg4691

夜。 蟹とアヴォカドと香菜のサラダ。

Rimg4697_2

人参ともやしのナムル、蓬莱のシュウマイ、

Rimg4704 Rimg4708

〆は香港麺で撈麺。 撈麺とは、和え麺のことだ。 伊勢佐木町「第一亭」のパタンをイメージして作った。

Rimg4707_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/02/25 Sat 牡蠣のオイル漬け。

朝 フルーツ v
昼 ナポリタン かぼちゃのポタージュ v
夜 牡蠣のオイル漬け ミモレット サワドウ サラダ カレー 福神漬け ラッキョウ 白ワイン

昼。 ベジナポリタン。 板麩・玉ねぎ・ピーマン・山えのきなどを入れる。

Rimg4667

夜。 ワインのお供はミモレットと、牡蠣のオイル漬け。 オイル漬けは料理の本ではハーブをたくさん入れるが、私はにんにく・ローリエ・胡椒でシンプルにした。 うまーい。 牡蠣が出回っているうちにまた作ろう。

Rimg4671 Rimg4680_2

メインは中途半端に残った肉料理をカレーにして食べてしまう。

Rimg4683

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/02/23 Thu 阿佐ヶ谷の「pause」でイタリア料理。

朝 フルーツ盛合わせ キュウリサンドイッチ v
昼 社食で。 スーラータンメン
夜 阿佐ヶ谷の「PAUSE」で。 自家製パン ほうれん草のピュレとフルーツトマトのサラダ イカわたと菜の花のスパゲッティ 羊のソテー ワイン

夜。 地元でワイン飲みたい、と北口の「PAUSE」に出かける。 旧中杉通りのビルの中二階にあるカフェレストランだ。

店内は喫茶店みたいだが、イタリア料理とワインが楽しめる。

まず、バターを練りこんだ自家製パン。 とても好みのパン。

Rimg4650

アラカルトで頼んで、すべて取り分けてもらった。

サラダ。 ほうれん草のピュレが乗っている。 トマトも野菜も新鮮で大満足。

Rimg4651

イカのわたのパスタ。 菜の花がほろ苦い。

Rimg4653

メインは骨付き子羊。 柔らかくてマスタードとよく合ったが、我々はもう少し火を通したほうが好み。

Rimg4656

ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/02/22 Wed 銀座で焼き鳥。

朝 ルーベンサンド フルーツ 紅茶
昼 キノコうどん
夜 銀座の「葡萄屋」で。 レバーの燻製 焼き鳥 揚げ野菜の煮浸し 砂肝のフライ 生ビール 赤ワイン

朝。 ルーベンサンド。 

Rimg4637

昼。 きのこうどん。

Rimg4641

夕方の新幹線で戻る。 久しぶりに焼き鳥の気分。 銀座の「葡萄屋」という焼き鳥に行く。

Rimg4643


Rimg4646

なかなか居心地のいい店だった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/02/21 Tue

朝 フルーツ キュウリサンド 紅茶 v 
昼 大阪の「にし家」で。 肉なんうどん(私) しっぽくうどん(母)
夜 

用事あり、大阪に出かける。

昼。 心斎橋の「にし家」でランチ。 母はしっぽくうどん。 

017

私は肉うどん。 (iPhone画像)。

020

夜。 実家にて。 網地島のヒジキを使って煮物を作る。 私は網地島のヒジキが日本一おいしいと思うが、この地も震災の被害が大きかったようだ。

Rimg4630

メインは銀座の「三州屋」の鶏豆腐をイメージして作った。

Rimg4635

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/02/20 Mon 奈良の「ヒルトップ」のフレンチと、鹿の食欲、蓬莱の豚まん。

朝 フルーツ キュウリサンド v
昼 奈良の「ヒルトップテラス」で。 シェフのお勧めコース
夜 実家にて。 カブの漬物 もやしと人参とキュウリのサラダ 小松菜の煮浸し 昆布巻き 551の豚まん 白ワイン

朝。 キュウリサンドを作って食べる。 マフィンを軽くトーストしてマヨネーズとマスタードを塗る、大葉・キュウリの薄切り、塩コショウ。 大葉とキュウリがさっぱりとしておいしい。

Rimg4557

母と奈良で待ち合わせして、「ヒルトップ」でランチ。

光がたくさん入る室内。 ゆったりとして居心地がいい。

Rimg4579

Rimg4580

突き出しはホタテの雲丹ソース、

Rimg4567

トランペット茸の茶碗蒸しに熱々のコンソメを注いだもの、右は白子をトルコの極細麺で揚げたもの、

Rimg4572

この白子、とてもおいしかった。

Rimg4570

メインはステーキ。 とてもいい赤味肉だった。

Rimg4574

デザートとお茶請けの焼き菓子。

Rimg4583 Rimg4584

ひさしぶりにゆったりと食事したかんじ。

帰りは奈良公園を歩いて戻ろう。

Rimg4608

ベンチで一休みしていると、傍若無人な鹿がバッグに顔を近づける。 追い払ってもぜんぜん動じない。

Rimg4603

とうとうバッグに顔を突っ込んだ。 そしてあっという間に私の文庫本を加えて逃げた。 文庫本も食べようとする、ぎゃーっ。 あわてて追いかけてやっと奪還した。

Rimg4606

夜は野菜中心に軽く。 

Rimg4616 Rimg4620

母のリクエストで京都駅で買った蓬莱の豚まんも蒸して食べた。 母によると、同じ蓬莱の豚まんでも、京都駅の新幹線の改札近くの店の豚まんがいちばん好きだという。 皮がふわっとしているそう。 確かにふわっとしていた。 個人的にはもちっとしている皮が好きだけど。 

ところで、豚まんとは関西の呼び名で、東京では肉まんだ。 昔から不思議に思っていたが、今日なぞが解けた。 

関西で「肉」といえば牛肉のことで、それ以外は「肉」とは呼ばない。 たとえば肉じゃがも肉うどんも牛肉以外は使わない。 ということで、「肉まん」と呼ぶと牛肉の饅頭になるから、これは「豚まん」なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/19 Sun 芽キャベツの蒸し煮。

朝 なし
昼 にゅう麺
夜 牡蠣のオイル漬け(夫) ディルきゅうり 芽キャベツの蒸し煮 豚ひれ肉とプルーンの煮込み 白ワイン

昼。 にゅう麺。

Rimg4542

夜。 昨日つくった牡蠣のオイル漬け。 パプリカを振って食べる。 キュウリとディルのサラダ。

Rimg4548 Rimg4549

冷凍庫のひれ肉が邪魔。 何かの料理を作ろうと注文したが、肉が届いたら何を作りろうとしていたのかぜんぜん思い出せない。 ネットでレシピを探して、ひれ肉のプルーン詰めを作った。

Rimg4556_2

付け合せは芽キャベツの蒸し煮。 芽キャベツが出ると必ず作りたくなる一品だ。 

Rimg4552

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/18 Sat

朝 フルーツ v
昼 阿佐ヶ谷の「竹八」で。 鯖の一夜干し定食
夜 自炊。 おでん 春菊のお浸し ニンジンの胡麻和え チーズとクラッカー 鶏のグリル 白ワイン

午前中、気功教室。 ずいぶん久しぶりに身体を伸ばした感じがする。

昼。 竹八で鯖の一夜干し定食。 茶碗蒸しも付いてくる。 お味噌汁は根菜入り。

Rimg4518_2

夜。 ニンジンの酒炒りで、胡麻和え。 春菊のお浸し、

Rimg4524_2 Rimg4530

酒盗とクリームチーズをクラッカーに乗せたり。 夫が商店街の練りもの屋さんでおでんを買ってきたのでそれも温める、ウルイをさっと茹でておでんに添えた。

Rimg4527 Rimg4529

鶏のもも肉は魚焼きグリルで塩焼きにした。



Rimg4537

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/17 Fri 止まらぬおしゃべりと、春の気配のお寿司。

朝 フルーツ v
昼 阿佐ヶ谷の「大勝軒」で。 中華そば
夜 四谷三丁目の「のがみ」で。 おつまみとお寿司 ビール 冷酒

午前中。 最近目がヒリヒリするので、眼科に行って診てもらう。 乾燥性のドライアイだそう。 目薬をもらう。 

眼科の待合室に年配の女性患者が入ってきて、ひとしきり受付の人にしゃべり倒したのち、待合の椅子に座って、隣の女性に近くの道路工事の話や、血圧の話、食事の話など、機関銃のよう話している。 てっきり知り合いだと思ったが、検査室の前の待合室でまた一緒になり、今度は隣に座った女性に同じ話をし始めた。 何かに憑かれたような話しぶりだった。

昼。 ひさしぶりに大勝軒で中華そば。 麺少なめで注文して、残さず食べてしまった。 満腹。

Rimg4484

夜。 ともだちと「すし処のがみ」で待ち合わせ。

店はもう春の気配である。

Rimg4515

新もののモズク。 すごく爽やかな味。

Rimg4486_2

いろいろ食べました。

こち、

Rimg4488
 

きれいな初鰹。 

Rimg4490

新もののコノワタはお酒が進みます。 新ものや鰹など、春めいてきましたね。

 
Rimg4497

コハダ、

Rimg4506

生のマグロは鉄火巻きと握りで、

Rimg4498 Rimg4500_2

とり貝も。

Rimg4507

こちらも握りと軍艦巻き、

Rimg4508 Rimg4510

穴きゅうなども。

Rimg4512

今日もたいへんおいしく頂きました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

12/02/16 Thu 新大阪駅の味、喫茶「SANCHO」のモーニングと「吉野」のお寿司。

朝 新大阪駅の味の小路の「SANCHO」で。 サンドイッチセット
昼 事務所の近くのバーでランチ。 コロッケ・エビフライ・チーズカレーのセット
夜 新大阪駅の寿司割烹「吉野」から。 穴子づくし寿司

昨夜は新大阪泊。 

朝。 ホテルを出て新大阪の味の小路に朝ごはんを食べに行く。 サンチョという喫茶店の前で、同僚が「この店、混んでますよ。 入ってみましょうよ」と言う。 うん、入ってみよう。

サンドイッチセットを注文する。 ふわふわのサンドイッチに、新鮮なフルーツとゆで卵が入った籠が出てくる。 紅茶も丁寧に淹れてある。

Rimg4479

ひっきりなしに客が入ってくるだけあり、納得のおいしさだ。 

昼。 近くのバーのランチ。 海老フライ・コロッケ・チーズカレーの定食。 最初に出てきたスープも冷めていて、あまりおいしくなかった。

Rimg4482

夕方。 新大阪駅の「吉野」のお寿司を買って新幹線に乗る。 ビールと穴子寿司をつまんで、しばし休憩。

Rimg4483

なかなかおいしいお寿司だった。 

「吉野」は新大阪駅だけでも、お弁当の「吉野」、和食の店「吉野」、串カツの店「かつよし」などを展開している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/15 Wed 新大阪の牛すき鍋。

朝 フルーツ 野菜サンド
昼 新大阪の「龍」で。 牛すき鍋
夜 新大阪の台湾料理店で。 あれこれ

朝6時すぎの新幹線で大阪へ。

午前中、打ち合わせ。

昼。 気晴らしに外に出かける。 ビルの奥の小さな焼肉屋に入ってみる。

Rimg4478_3

ランチの牛すき鍋。 キムチとごはんがついてくる。 ほっとする味。

Rimg4477

食後にコーヒーもついて600円。 お徳である。

夜は台湾料理屋で飲み会だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/14 Tue 焼き蕎麦弁当。

朝 フルーツ キュウリサンド v
昼 弁当持参 v
夜 アクアヴィットで。 フライドポテト コンビニの鮭おにぎり

朝。 日本蕎麦の在庫がたくさんあるので、今日のお弁当は焼き蕎麦。 昨日のうちに作っておいた。 キャベツ・玉ねぎ・椎茸をごま油で炒めて、固めに茹でた蕎麦を加えてさらに炒めて、醤油をまわし掛ける。 青海苔と紅しょうがを添えて出来上がり。 海苔好きなので、刻み海苔も別に持っていく。

Rimg4471

夕方。 イギリスから顧客訪問。 

夜。 顧客とアクアビットに行き、フライドポテトを頼んで軽くワインを飲む。

Rimg4473

1時間ほどで会社に戻り、おにぎりを食べながら残務整理をした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/13 Mon 2週間ぶりの出社。

朝 フルーツ盛合わせ おにぎり
昼 弁当持参
夜 目玉焼きとザワークラウトのチーズサンドイッチ 白ワイン

朝。 今日のお弁当は昨日大目に作って置いた翡翠炒飯と煮物、野沢菜。

Rimg4461

久しぶりの出社である。 

席についてしばらく穏やかな時間が流れたあと、いろんな案件がどぉーっと降りかかってくる。 ごちゃごちゃに詰め込むだけ詰め込んだ押入れを開けたようだ。 ぎゃぁぁぁ。

夕方。 ヨーロッパと3時間に及ぶ予算会議。 3時間がまったく無駄な内容だった。

帰宅してパンに目玉焼き、ザワークラウト、チーズを乗せて、フライパンで焼いて食べた。 なんかとてもおいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/12 Sun 野菜補給に、翡翠炒飯とキーマカレー。

朝 フルーツ v
昼 翡翠炒飯 味噌汁(湯葉・ネギ・ワカメ)
夜 サラダ サワドウ キーマカレー 赤ワイン

朝。 久しぶりに自分のベッドでゆっくり寝て幸せ。 このところ出張続きで野菜の摂取量ががくんと落ちている。 せっせと野菜を補給しなくちゃ。

昼。 ほうれん草一束を茹でて細かく切って、炒飯にする。 ほかの具はネギ・シラス・卵。 とてもいい感じ。 

湯葉の味噌汁も作って食べた。

Rimg4448

午後はウォーキングに出かける。 寒いけれどいいお天気で気持ちいい。

夜。 レタスとベビーリーフでサラダ。

Rimg4454

サンフランシスコで仕込んだサワドウを温めて、メインはキーマカレー。

肉は鶏ひき肉で作った。 野菜は冷蔵庫にあるものなんでも。 今回は、トマト・キャベツ・玉ねぎ・レンコン・椎茸・ニンジン・グリーンピース。

Rimg4456

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/10 Fri サンフランシスコのチャイナタウンのワンタン麺。

朝 ホテルのレストランで。 和食
昼 サンフランシスコのチャイナタウンの「Washington Bakery & Cafe」で。 海老餃子スープ 鶏肉入り海老ワンタン麺 野菜のオイスターソース添え
夜 機内食

朝一番で最後のアポ。 打ち合わせを終えて、仕事終了!

昼。 同僚の強い希望でチャイナタウンにワンタン麺を食べに行く。

今回の出張の初日に彼に香港で食べたワンタン麺の写真を見せたら、ワンタン麺スイッチが入ってしまい、出張中ずっと「ワンタン麺食べたい」といい続けていたが、ずっと聞こえない振りをしていた。 

とうとう我慢できずに「今日は絶対にワンタン麺を食べる」とチャイナタウンに連れて行かれた。

私は鶏肉入りワンタン麺にした。 遜色なくおいしい。

Rimg4445

同僚は水餃子スープも追加で注文した、よほどワンタン系を渇望していたんですね。 青菜のオイスターソースも頼んだ。

Rimg4440 Rimg4442

午後。 少し買い物して夕方6時半のフライトで帰国する。 土曜日の夜遅くに帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/09 Thu サンフランシスコ「Farallon」でシーフード。

アメリカは不景気と聞いていたが、どうも様子が違う。 レストランはどこもかしこも満席で、いつもなら必ず空いている店ですら予約が取れない。 タクシーもなかなかつかまらない。 買い物客も多い。 少なくとも西海岸の景気はずいぶんと回復しているようだ。

夜。 同行者のTさん(別会社)は社内用の書類作りのため、出張中ずっと食事も満足に取らずに働いていた。 その書類作りもようやく終わる頃には、もう最後の夜である。 

「今夜の食事はTさんの好きなものを食べに行きましょう、何が食べたいですか?」と聞くと「ダンジネスクラブ」とのお答。

ホテルのコンシェルジェにおいしい店を探してもらったが、予約でいっぱいだ。 近くの「Farallon」というシーフードレストランも満席だがバーコーナーなら予約はいらないから少し待ては席が取れると思うと教えてくれたので、最後の仕上げを頑張っているTさんをホテルに残して、我々は席取りのために一足先にバーに向かった。

バーはJellyfish、つまり「クラゲ」という名前がついている。 クラゲの形をしたランプが使われて、まるでクラゲが空中を泳いでいるようで、とても幻想的。

レストランの席に急にキャンセルが出たらしく、待たずに座れた。 ラッキー。

Rimg4412 Rimg4413

お待ちかねのダンジネスクラブ。 うん、おいしい。

Rimg4419

燻製の鱒のサラダ。 これがいちばんおいしかった。 絶妙な加減で燻製された鱒の上にはセロリの柔らかい葉が、下には卵のタルタルソースとポテトのピュレとベビーリーフ、回りに散らされたケイパーは素揚げしてあり、サクサク。 今思い出してもうっとり。

Rimg4420

ビーツのサラダも美味。

Rimg4423

ベビーほうれん草と豆のサラダ。 白いんげんも素揚げしてあり、外はクリスピーで中がホクホク。

Rimg4425

黒トリュフの生パスタ。 

Rimg4432

鮭のムニエル、

Rimg4434_4

鴨のコンフィ。 こちらも鴨の火の通り方と食感がまさにドンピシャ。

Rimg4433

付け合せは豆。

Rimg4435_2

野菜と一緒に蒸し焼きにしてある。

Rimg4436

デザートはお店のお勧めのキャロットケーキ。 ショウガの味がほんのり利いていて、お店のお勧めだけある。 

Rimg4439_2

アラカルトで注文して、みんなでシェアして食べた。 お店の人が「すごくいいメニューの選び方でしたね」と言ってくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/09 Thu ルーベンサンドでランチ。

朝 ホテルのレストランで。 オレンジジュース バナナ ごはん 味噌汁 塩鮭 海苔 
昼 サンフランシスコの「The Holding Company」で。 トマトと豆のサラダ ルーベンサンド
夜 サンフランシスコの「Farallon」で。

昼。 お気に入りのパブでランチ。

今日のスープはポテトとウインナか、トマトと豆を選ぶ。 私はトマトスープ。 あー、家庭の味。

Rimg4399

メインはこれも私のお気に入りのルーベンサンド。 ルーベンサンドの構成はライ麦パン、コンビーフ、ザワークラウト、チーズ、サウザンアイランドドレッシングだ。 絶妙の組み合わせである。

Rimg4401_3

この店のサンドイッチは量がすごく多いので、同行者はカキフライサンドを頼み、シェアした。 カキフライは日本で食べるカキフライそのものだった。 (画像忘れ)。

こちらは同僚が頼んだコンビーフとキャベツの煮込み。 根菜がごろごろ入っていてこちらもおいしそうだった。

Rimg4403

デザートはティラミスをみんなで一口ずつシェアした。

Rimg4405_2


 

午後。 顧客と打ち合わせ。 こちらの顧客の会議室からもアルカトラスやフェリーターミナルやベイブリッジが見渡せる。

Rimg4406

夜に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/08 Wed サンフランシスコ「Incanto」でイタリアン。

朝 フルーツ v
昼 サンフランシスコの「堂島庵」で。 かき揚げそば
夜 サンフランシスコの「Incanto」で。 

時差ぼけで2時前に目が覚める。 ふぅ。
ベッドでメールを見たりするうちに4時になる。

シャワーを浴びて荷作りをして、5時半のシャトルバスでJFKに向かい、サンフランシスコ行きのフライトに乗る。

昼前にサンフランシスコに着く。 冬だというのに暖かい。 桜も咲いている。

昼。 ホテルの近くの和食屋でランチ。 私はかき揚げ蕎麦にした。 どーんとアメリカサイズのかき揚げが出てくる。 いざとなったら駆け込める和食の店が近くにあるのは本当に便利だ。

Rimg4372_2

午後。 顧客訪問。 会議室から爽やかなサンフランシスコの町が見える。

Rimg4375_3

夜。 日本からの機内で読んだフィガロの最新号にアメリカ西海岸特集があり、お勧めレストランも載っていたのでメモしておいた。 ホテルのコンシェルジェに予約してもらうと、水曜日だというのにどの店も満席。 コンシェルジェのお勧めのお店を予約してもらう。

ワインを楽しむ店である。 ワインの量も小さなグラス、大きなグラス、デカンタ、ボトルと選べ、使い勝手がいい。 同僚が選んだワインがとてもおいしかった。

Rimg4393_2 Rimg4382

まず、パンとタプナータが出てくる。 パンもとてもおいしい。


Rimg4378

前菜のベビーほうれん草とビーツのサラダ。 サンフランシスコではビーツが流行っていて、よくサラダのメニューで見かける。 地元の同僚もビーツが大好物とのこと。 食感がとてもいい。

Rimg4380

トリュフ入りのキノコの生パスタ。 トリュフの匂いがぜんぜんしなかった。 同僚と「絶対にトリュフ入れ忘れてるよね」いう意見で一致した。 しかしいい塩加減だった。

Rimg4383

ラビオリも美味。

Rimg4385

メインはアサリと豚の皮。 パスタに見えるのは細切りの豚の皮である。 コラーゲンたっぷり。

Rimg4387

付け合せはメキャベツのソテー。

Rimg4389

同僚がどうしても食べたくて追加したキノコのリゾット。 

Rimg4390

デザートはチョコレートケーキ。

Rimg4392


| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/07 Tue ニュージャージーのスペイン料理。

朝 フルーツ v
昼 New Jerseyの寿司屋「桃太郎」で。 寿司の盛り合わせ
夜 New Jerseyのスペイン料理「Sangria」で。 チキンスープ ハムとチーズの前菜 貝とベーコンの前菜 アスパラサラダ ロブスターの蟹肉詰め バレンシア風パエリア ミルクケーキ サングリア 

午前中。 顧客と打ち合わせ。

昼。 寿司屋でランチミーティング。  この顧客と打ち合わせのあとには必ず行く店で、「アメリカの郊外」で「台湾人」が経営する「寿司屋」っていったいどんな味? と思うが意外や意外、なかなかおいしいのである。 日本のチェーン店の寿司居酒屋で出てくるお寿司よりずっとおいしい。

最後に食べたアイスクリームの天ぷらがまたジャンキーな美味しさだった。 (画像取り忘れ。)

午後。 顧客訪問。 初日の打ち合わせは無事に終わった。

夜。 同僚が以前行ったことがあるスペイン料理に出かける。

「サングリア」という名前の店なので、サングリアを頼むと新鮮なフルーツがたっぷり入ってとても爽やかでおいしい。 

「今日のスープはチキンだけど、飲む?」と聞かれてうなずくと、スープが入った大きな器を持って戻ってきて、好きなだけ注いでくれる。 前菜に生ハムとチーズ。

Rimg4360 Rimg4362

イチオシの海老のオリーブ炒め。 ぷりぷりの小海老が唐辛子とにんにくの効いたオリーブオイルで炒めてあり、海老の香りが移ったオイルをパンに浸して食べると最高。

Rimg4363

お店のお勧めの貝とベーコンの前菜、アスパラサラダ、

Rimg4364 Rimg4365_4

メインはロブスターの蟹肉詰め。 こちらも特別の味。

Rimg4368

大なべにバレンシア風パエリアがどーんと出てくる。 自家製のポテトチップスも。

Rimg4366 Rimg4367

量が多い店なので、地元の客はみんな食べ残しを持ち帰り用につめてもらっている。 

デザートはミルクケーキ。 生クリームがスポンジに染み渡っておいしい。


Rimg4370_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12/02/06 Mon ニューヨークの空港のホテルで篭る。

朝 フルーツ おにぎり
昼 機内食
夜 ホテルの食堂で。 カラマリフリット チキンサンドイッチ ビール 白ワイン

香港から帰国して、一日休んでアメリカに出発。 ふぅ。

同日の午前中にニューヨークに着く。 今回のホテルは空港の近くだし、仕事がたまっているので、ホテルでひたすら仕事する。

夜。 サンフランシスコとダラスの同僚たちもホテルにチェックイン。 時間もないので、食事しながら事前打ち合わせ。

もちろん私の注文はカラマリフリット。

Rimg4355

メインはハウスチキンサンドイッチ。 どうってことのない味。

Rimg4359_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/05 Sun あり合わせドリア。

朝 フルーツ v
昼 阿佐ヶ谷の「めんさいぼう五郎左」で。 ネギラーメン
夜 自炊。 きゅうりのサラダ レンコンの梅肉合え ドリア 白ワイン

朝。 夫がくしゃみをしてぎっくり腰になった。 更に八朔を食べて治療中の前歯を折った。 泣きっ面に蜂である。

整体院に電話して夫の予約を入れる。

昼。 めんさいぼうで待ち合わせ。

めんさいぼうの今日のサービスは味玉が無料。 サービスは自動販売機にさりげなく告知されているので、よく見ないと気づかずに過ぎてしまう。

ねぎラーメンを注文し、味玉子をひとつ頼んで分けた。

丁寧に作られたしっかりした味のラーメン。 

Rimg4338

午後。 ぎっくり腰の夫の代わりに数年ぶりに掃除機をかける。 しかし掃除機の横にぴったりとついてあれこれ指示する夫。 意味ないじゃん。

明日からの出張の荷造り、家事、郵便物の整理などであっという間に日が暮れる。

お風呂でゆっくり読書する時間だけは確保しよう。

夜。 このところ出張続きなので食材は極力買わず、家にあるもので作る。 冬は段ボール箱に野菜を詰めて外で保存できるので助かる。

きゅうりと乾燥ディルのサラダ。 レンコンの梅肉和え。

Rimg4341 Rimg4348


メインは冷ご飯とクリームスープの缶詰を使ってドリア。 鶏肉は薄切りにして、塩・コショウ・酒をもみ込みマリネしてから、オリーブオイルのフライパンで両面に焼き色をつけて取り出す。 同じフライパンでたまねぎのみじん切りを蒸し炒めして、レンコンの粗みじん切りも入れて蒸し炒めする。 火を止めて、冷凍庫から投入できるものは何でも入れてふたをして余熱で解凍。 今日はとうもろこし・グリーンピース・きのこ。

Rimg4351

クリームスープ缶(私のお気に入りはクリームセロリスープ)を鍋に温めて水を足しながら好みの塩加減にして、これを具と混ぜて、ご飯を敷いたグラタン皿に入れる。 チーズ数種類とパセリのみじん切りを乗せて、オリーブオイルをふりかけて、オーブンでこんがり焼けるのを待つだけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12/02/04 Sat 梅ダシの野菜なべ。

朝 香港空港のキャセイのラウンジで。 人参ジュース ベジ焼きそば ラテ 「正斗」のワンタン麺
昼 機内食
夜 自炊。 キュウリとワカメの酢の物 煮物の残り 野菜鍋

朝。 6時前にホテルを出て空港に向かう。

ワンタンメンを食べようとフードコートに行くと、まだ店は閉まっていた。 開店まで30分ほどあるのでキャセイのラウンジで一休みしたら、ラウンジ内のレストランにおいしそうな焼きそばが。

誘惑に負けて一口食べた。 (実際はイマイチの味だった。)

R0020634

昼過ぎ、羽田着。 夫が車で迎えに来てくれた。

駅前の商店街に寄り、夕飯の買い物をして帰宅。

夜。 キルさんの鍋のレシピがとてもおいしそうなので早速作ってみる。

丁寧にとったダシに梅干を投入。 紫蘇の葉も入ってしまったが、気にしない、気にしない。 これ、本当においしい。 さっぱりしているので、牡蠣もしゃぶしゃぶして食べた。

R0020640 R0020642_2

旨みが詰まったスープは香港麺に吸わせて、食べた。

R0020645_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/04 Sat 今週のラーメン、香港空港の「正斗」の海老ワンタンメン。

香港空港に麺屋がけっこうある。 Crystal Jadeの手打ち麺屋が第一ターミナルの到着ホールAにある。 ワンタン麺の超有名店「正斗」も入国管理の先のフードコートにある。

今朝の空港麺は「正斗」にしよう。 開店は朝の7時でほかの店より少し遅い。 朝はメニューが限られている。

海老ワンタン麺を注文する。 

輪ゴムのような香港麺。 ワンタンは麺の下に沈んで見えない。

R0020635

底からゴロゴロとワンタンが登場。

R0020637

スープもワンタンも熱々。 器も小ぶりで、ちょうどいい量だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12/02/03 Fri 香港 星つき点心。

朝 ホテルのビュッフェで。 フルーツ 人参ジュース
昼 香港インターコンチネンタルホテルの中華「Yan Too Heen」で。 点心と一品料理
夜 香港のThe One19階 「海賀」で。 枝豆 野菜天ぷら 湯豆腐 かっぱ巻き ビール 白ワイン 赤ワイン

昨日から出張で香港にきている。

香港も3年前からミシュランの評価が始まり、星つきの店の話をすることが多くなってきた。

昨日の夜の店はミシュラン星ひとつ。 今日の会食は星二つ。 中華料理で三ツ星は世界でただ一軒だけ、それは香港のFour Seasonsの中華料理屋とのこと。

ちなみに日本はミシュランの星の総数は世界一、そして三ツ星レストランの数も世界一、しかも星を辞退する京都の料理屋も多いという、美食大国である。

さて。 ランチなので、点心と一品料理を数品、元上司たちが頼んでくれた。

半干しの牡蠣をのせたシュウマイ。 美味。

R0020618_2

スタンダードな点心もおいしいこと。

R0020619 R0020615

魚のすり身の揚げ団子は絶品。 新鮮な魚の味と、ぷりぷり感。 貝の塩辛みたいなソースと一緒に食べる。


R0020624 R0020623

腸粉をくるくる巻いたものも最近の流行のようだ、よく見かける。

R0020616_3 R0020621

こちらが星を取った料理。 鶏のから揚げとつくね。 

R0020626_2

こちらも星を取った料理。 穀物のハンバーグとタロイモ系のフライ。 なんとも繊細なおこげでびっくり。 いつまでも記憶に残る一品だ。

R0020628

午後。 空いた時間を利用して、オーシャンセンターで用事を済ます。 カントンロード沿いのブティックは金持ちの中国人で溢れかえっている。 LVやYSLは入場制限をしている。 GUCCIに入ると中はもうバーゲン会場のような有様で、早々に退散した。 恐るべし、チャイナマネー。

夜。 同行者が和食をリクエストしたのでホテルのコンシェルジェに教えてもらった近くの和食の店「海賀」に行く。 夜景がきれい。

枝豆も茹で立て、天ぷらもとてもうまく揚がっていて、レベルの高い和食だった。 写真は撮り忘れた。

R0020631

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/02/01 Wed お腹にくる風邪。

朝 フルーツ盛合わせ v
昼 とろろ蕎麦 巻き寿司盛合わせ v
夜 野菜とソーセージの煮込み パン

朝。 昨日の大阪出張から体調が悪い。 夜の会食はほとんど食べることができなかった。 お腹に来る風邪を引いたようだ。 明日からの出張ははずせないので、会社を休むことにした。 夫もぎっくり腰で欠勤。 

昼。 大和芋をすりおろして、とろろ蕎麦。 ぎっくり腰の治療に出かけた夫がF&Fで巻き寿司の盛合わせを買ってきた。 少しずつ口をつけた。

Rimg4295 Rimg4291

午後。 ベッドでこんこんと眠る。 

夕方。 メールやら電話会議やら。

最近の電話会議はSkypeである。 相手の顔がしっかり映るので会議自体は進めやすいが、今日のわたしのように寝起きで頭ぼさぼさ・すっぴん・マスク着用でも、しっかり相手に映ってしまうのである。 幸い私のソフトのバージョンが低くて、今回はまだ私の映像はなしだったが、文明の進化もよしあしだ。

夜。 簡単で栄養のあるものと考えて、圧力鍋で野菜とソーセージの煮込みを作る。 野菜を切って、コンソメと水を入れて煮込むだけ。 ふたを開けてソーセージを入れて火を通す。 一人キャベツ四分の一個をぺろりと食べられる。

画像は夫の分。 私の皿は量は三分の一。

Rimg4303

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »