« 14/10/21 Tue 腸詰チャーハン。 | トップページ | 14/10/23 Thu 梅田、 ガード下の串揚げ。 »

14/10/22 Tue 東京駅のエキナカで夕食調達と、マティーニのジン。

今日のお弁当は、スモークサーモンとクリームチーズのサンドイッチ。

R0000557_edited1

仕事後、大阪出張のため東京駅に向かう。

東京駅のエキナカは迷路のようだが、余裕のあるときに1時間くらい前に着いて探索してきて、どこに何があるのかなんとなく把握できるようになってきた。

新幹線の車中のささやかな宴の品をエキナカで調達する。 どうも私は、出来合いのお弁当の味に途中から飽きてしまう傾向があるので、ちょっとずつ食べたいものを買うことにした。 赤ワインのハーフボトル、季節の焼き野菜、ハムとチーズの盛り合わせ、そして〆にたらこのおにぎり。 新幹線でひとりの宴もまた楽し。

R0000562_edited1

大阪城公園のニューオータニに着くころにはすでに11時過ぎ。 バーに行き、ドライマティーニを頼んだ。

「お好みのジンはおありですか?」と聞かれたので、試しに「ナンバー3」と言ってみると「ちょっとお待ちください」と、しばらくして奥から鍵のマークのついたナンバー3が出てきた。

ナンバー3のことを知ったのは、ロンドン最古のレストランのバーでドライマティーニを頼んだときのこと。 その時の記事はこちら

注文を取りに来たすごく若い(小僧といってもいいくらいの)店員が「お好みのジンは?」と慇懃に聞くので、どんなジンがあるかと尋ねると、その少年店員がすらすらと10種利以上のジンの銘柄を歌うように言ったので、我々はびっくりするやら感心するやらで拍手喝采。

アメリカ人の同僚が「ボンベイサファイア」を指定すると、少年店員は「お客様、失礼ながらそれはマティーニに合いません」と言い、「じゃあ、どのジンがお勧め?」と聞くと「ドライなマティーニにはナンバー3がお勧めです」と言って踵を返してジンのボトルを持ってきて見せてくれた。

みんなでそれを注文したらとてもおいしかったので、それ以来「好みのジンは?」と聞かれることがあると「ナンバー3」と言ってみる楽しみができたというわけ。 そしてそのたびにあのおすましで慇懃な少年店員のことを思い出す。

|

« 14/10/21 Tue 腸詰チャーハン。 | トップページ | 14/10/23 Thu 梅田、 ガード下の串揚げ。 »

1 EKIBEN/IN-FLIGHT MEALS 駅弁・空弁・機内食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14/10/22 Tue 東京駅のエキナカで夕食調達と、マティーニのジン。:

« 14/10/21 Tue 腸詰チャーハン。 | トップページ | 14/10/23 Thu 梅田、 ガード下の串揚げ。 »