« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

14/10/31 Fri もやしスープ定食。

帰国日の朝。 韓国の朝食を取りたくなり、ホテルの回りを散歩して、小さな食堂に入ってみる。 中年の夫婦が黙々と店を仕切っている。

おじさんに日本語で「もやしスープ」と言ってみたら、うなずいてくれたので続けて「定食」と付け加えると、ご飯とキムチが数種類出てきた。

あつあつのもやしスープが登場。 昨夜の会食の最後にこのスープが出てきて、とてもおいしくて気に入ったんです。

R0000683_edited1_2

干し鱈と豆もやしの味が染み出た優しい味のスープ。 キムチもおいしい。 5000ウォンの朝の幸せ。

昼。 顧客と食事。 アウトバックスで今日も肉。

R0000684_edited1_2

顧客が食事のあとはマッコリを飲もうと地元のお店に連れて行ってくれる。 

R0000687_2

カクテキ、水キムチ、チヂミのたれ。

R0000688_3

海鮮チヂミ。 チヂミにはマッコリだそうだが、みんな焼酎を飲む。

R0000689_edited1

夜の便で帰国。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/30 Thu ソウル、ビールと干物のセット。

コレアナホテルの和食のお店で和定食。 ほとんどの客はビュッフェスタイルのレストランに行くので、和食レストランはガラガラ。 窓辺の席でゆっくり朝食を取れた。

R0000655

昼。 顧客の事務所の近くのイタリアカフェ「アナログ20-21」という店で会食。

お店の名前の由来は「20」は珈琲一杯分の豆のグラム数で、「21」は珈琲豆の賞味期限の日数だそう。 オーナーシェフは日本で長くイタリアレストランをやっていたとのこと。

みんなでチーズハンバーグを食べる。

R0000656_edited1

夜。 ステーキ風の焼肉のお店で、顧客と会食。

その後、顧客がビールと干物を食べに行こうと言う。 人気のない道路を進んでいくと突然明かりが見えてくる。  昼間は工場街で、夜になると屋台村になるとのこと。 

R0000672

座るとビールと干物が自動的に出てきて一人400円くらい。

R0000673

干物をちぎってコチュジャンやマヨネーズにちょんちょんつけて、ビールを飲む。

備え付けのテレビのスクリーンでは韓国の野球をやっていた。 顧客はひいきのチームが負けて、悔しがることしきり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/29 Wed 韓国出張、参鶏湯。

朝。 5時に家を出て羽田に向かう。 今日から韓国出張だ。

昼前にソウル到着。

昼。 ホテルの近くの「明洞参鶏湯」というお店で参鶏湯。 あっさり目の味付けでおいしい。

R0000632_edited1

韓国料理はニンニクや唐辛子が入った料理が有名だけど、薄味でダシが効いていてあっさりしていて、訪れるたびに好きになる。

夜。 会食。 ふぐ料理の店。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/28 Tue

今日のお弁当は、定番の大根葉とジャコの混ぜごはん。 

R0000622

昼。 いつものように社食に行く。 みんなは社食のメニュー、私はお弁当を広げていたら、元同僚がジョインして、私のお弁当を見て「旦那さんが作ってるんですか?」と言う。 どうしても私がお弁当を作るような人物に見えないらしい。

夜。 遅くなったので地元のスパゲッティの店でサラダとパスタ。 イカスミのスパゲッティ。

R0000626_edited1

こちらも定番のおいしさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/27 Mon

今日のお弁当はちらし寿司。 いくらを乗せると贅沢な感じになる。

R0000621_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/26 Sun 秋の楽しみ。

朝。 きゅうりとカブの糠漬け、納豆、煮物。

R0000609

そして新米といくら。 日本人でよかったわー。

R0000612

夜。 サラダ、レンコンの梅和え、煮物、母が盛ってきたさつま揚げ。

R0000615_edited1

メインは、グラタン。 マカロニが切れていたので、指輪みたいなパスタを入れた。

R0000616_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/25 Sat 合同誕生日。

朝。 夫のごはんは、鶏ごぼうピラフ。

R0000584_edited1

昼。 私のごはんは、大根葉・ジャコ・薄揚げの炒め煮どんぶりと、カブの糠漬け。


R0000588_edited1

夜。 今日は母の誕生日。 昨日は私の誕生日だったので、阿佐ヶ谷の「おとのは」で合同の誕生会。 妹一家も参加した。

ピータン豆腐。

R0000594_edited1

腸詰入りのサラダ。 

R0000595_edited1

水餃子。

R0000596_edited1

春雨と野菜。

R0000597_edited1

から揚げ。 大振りでとても豪華。

R0000599_edited1

野菜と卵。

R0000605_edited1

レタスチャーハン。

R0000607_edited1

野菜たっぷりで品のいい味付けで、大満足。 みんなでワイワイやるのも楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/24 Fri 大阪の立ち食いうどんと東京駅の駅弁。

朝。 ホテルの回りにはなにもないので、一駅先の京橋の立ち食いうどんがとてもおいしかったことを思い出して、散歩がてらうどんを求めて京橋まで出かける。

京橋駅の東側のなんとも味のある繁華街の入り口に、人を誘いこむような佇まいの「京橋浪花」。

R0000575_edited1

きつね。 麺はそば、うどん、細めんから選べる。 

大阪のやわやわ麺が昆布だしのきいた優しい味のお汁とよく合う。 そして青ネギ。 朝から330円でたっぷりに幸せになる。

R0000573_edited1

客は「おおきに」と言いどんぶりを戻し、店主は「まいど」と言う。 浪花です。

ホテルに戻ると大阪城が見えた。 雲一つない素晴らしいお天気。 

R0000577

午前中。 堺の工場で打ち合わせ。

昼。 工場の食堂で食べる。 サバの塩焼きに、卵焼き(甘くなくて嬉しい)、いんげんの煮物、それに玉ねぎの天ぷらまでついていた。 お味噌汁はもやし、わかめ、玉ねぎ。 満足の味で400円なり。

R0000578_edited1

午後。 機械の試作を見学。 

夕方の新幹線で東京に戻る。 夫の具合が悪いので、食事はキャンセルして東京駅でお弁当を買って帰った。 

「FR1」の一日分の野菜の半分が取れるというお弁当。 まあまあの味。

R0000583_edited1

「つばめグリル」の秋限定のきのこごはんとハンブルグステーキ弁当。 夫がきのこごはんをおいしがっていた。

R0000579_edited1

これだけではさみしいので、トマトを切って、ちょっといいシャンパンを開けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/23 Thu 梅田、 ガード下の串揚げ。

ホテルの朝。 今日もいい天気です。

R0000565

朝。 早めにホテルを出て、新梅田食堂街の「潮屋」で、Aセット。 かけそばとおにぎりのセット。 おにぎりは数種類から選べるし、おいなりさんにしてもいい。 でもやっぱり次からはおそばは単品にしよう。

R0000566_edited1

昼。 梅田の「ビアホイ」で、フォーボー。 ずいぶんさっぱりしたフォーだった。

R0000568_edited1

夜。 「中崎きりがね食堂」で、オランダ事務所の新しいスタッフの歓迎会。

飲み放題のシステムは1分15円で90分から。 東京では時間制限があるけれど、こちらは反対のシステムで面白い。 ひさしぶりにおいしい串揚げだった。

R0000569_edited1

その後、ホテルのバーで身内で今日決まった受注のお祝いをした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/22 Tue 東京駅のエキナカで夕食調達と、マティーニのジン。

今日のお弁当は、スモークサーモンとクリームチーズのサンドイッチ。

R0000557_edited1

仕事後、大阪出張のため東京駅に向かう。

東京駅のエキナカは迷路のようだが、余裕のあるときに1時間くらい前に着いて探索してきて、どこに何があるのかなんとなく把握できるようになってきた。

新幹線の車中のささやかな宴の品をエキナカで調達する。 どうも私は、出来合いのお弁当の味に途中から飽きてしまう傾向があるので、ちょっとずつ食べたいものを買うことにした。 赤ワインのハーフボトル、季節の焼き野菜、ハムとチーズの盛り合わせ、そして〆にたらこのおにぎり。 新幹線でひとりの宴もまた楽し。

R0000562_edited1

大阪城公園のニューオータニに着くころにはすでに11時過ぎ。 バーに行き、ドライマティーニを頼んだ。

「お好みのジンはおありですか?」と聞かれたので、試しに「ナンバー3」と言ってみると「ちょっとお待ちください」と、しばらくして奥から鍵のマークのついたナンバー3が出てきた。

ナンバー3のことを知ったのは、ロンドン最古のレストランのバーでドライマティーニを頼んだときのこと。 その時の記事はこちら

注文を取りに来たすごく若い(小僧といってもいいくらいの)店員が「お好みのジンは?」と慇懃に聞くので、どんなジンがあるかと尋ねると、その少年店員がすらすらと10種利以上のジンの銘柄を歌うように言ったので、我々はびっくりするやら感心するやらで拍手喝采。

アメリカ人の同僚が「ボンベイサファイア」を指定すると、少年店員は「お客様、失礼ながらそれはマティーニに合いません」と言い、「じゃあ、どのジンがお勧め?」と聞くと「ドライなマティーニにはナンバー3がお勧めです」と言って踵を返してジンのボトルを持ってきて見せてくれた。

みんなでそれを注文したらとてもおいしかったので、それ以来「好みのジンは?」と聞かれることがあると「ナンバー3」と言ってみる楽しみができたというわけ。 そしてそのたびにあのおすましで慇懃な少年店員のことを思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/21 Tue 腸詰チャーハン。

今日のお弁当は、残り物の腸詰をみじん切りしてチャーハンを作る。 とても香港風の味になっておいしかった。

R0000549_edited1

夜。 天一で天ぷら。

お好みで注文した。 めごちを頼んだら、骨も揚げてくれた。

R0000552_edited1

〆のミニ天丼。

R0000553_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/20 Mon

今日のお弁当は、野菜炒めと塩鮭とじゃこごはん。

R0000544_edited1

夜。 松本の「八百源」のわさび漬けを従妹が母のところにお土産に持ってきてくれたので、かまぼこと共に食卓に並べる。 

R0000545_edited1

小松菜と薄揚げの煮びたしを作って、煮物も並べて。 メインの写真が残っていないので、何を作ったのかは覚えていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/19 Sun 新大阪「汐屋」の朝麺、青いバラ。

朝。 新大阪駅の「汐屋」で朝食。 

単品の麺類があるかと聞くと、朝定食とは別のメニューを出してくれた。 きつね・たぬきなどと書いてあるので、きつねそばありますかと聞くと、中国人の店員さんに「ああ、たぬきね」と直された。 とほほ。

R0000518_edited1

新梅田食堂街の私の朝食処「潮屋」と同じ系列のお店なので、味はよく似ているが店内がちょっと薄暗いので、雰囲気はぜんぜん違う。 シンプルな和定食のセットもあるので、私の新大阪駅の朝食スポットに追加決定。

昼。 東京駅に着いて「マンゴツリー」でトムヤムクンヌードル。 米麺はしゃきしゃきしていたが、スープはなんだかさみしい感じ。 何かが足りないような気がするけど、それが何かははっきりしないんです。

R0000522_edited1_2

帰宅して、昨日もらった箱を開けると、

R0000524_edited1

美しい青いバラ。 すごくいい香りがする。 ありがとうございました。

R0000531_2

夜。 ホタテ缶ときゅうりの酢の物。

R0000535_edited1

自家製レンコン餅。 

R0000536_edited1

腸詰。

R0000537_edited1

母の煮もの。

R0000538_edited1

干しキノコと青梗菜のスープ。

R0000540_edited1

メインは蓬莱のシュウマイと豚まん(画像なし)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/18 Sat 京都で布もの調達と、OB会。

雲一つない秋晴れの一日が始まった。

R0000471

午前中は京都で買い物。

祇園の表通りを歩くだけで、ひと観光した気分になれる。 梅干しやさん、ちりめん山椒やさん、などなど。 

RAAK」という手ぬぐい屋さんで、ジョギング用の手拭いを選ぶ。 かわいい模様がたくさんあってさんざん迷った揚げく、紺地に赤いさくらんぼの柄に決めた。

昼。 京阪三条のカフェで九条ねぎのピザ。

R0000474

私は正絹の風呂敷を愛用していて、上質の四角い布は出張の衣料の仕分けの必須アイテムのみならず、エコバッグやラッピングにもなり(出張中では私のブリーフケースとなったこともある)、大変重宝している。 究極まで無駄をそぎ落とした機能性とその形状は日本の美学だ。

唐草屋」という風呂敷専門店に出かけて、風呂敷屋さんで薄桃色の正絹の風呂敷と、木綿のカラフルな風呂敷を一枚づつ、ハンカチサイズのものを2枚買った。 バッグの中は布だらけ。

夜。 最初に働いた会社の集まりに出席。 この人たちに私は可愛がってもらい大切に育ててもらった。 会社生活の中でいちばん守られていた時代だったんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/17 Fri 大阪「花背」のふぐコース。

朝。 昨日の夕食がシンプルでおいしかったので、もう一度食べたくなって作る。 

クルミ入り食パン(母作)にハムと両面焼きの目玉焼きを乗せ、黄身のあたりにマヨネーズを絞り、醤油をたらり。 ナイフとフォークでちょっとずつ切り分けて食べると、朝の幸せ。

R0000446

午前中、母がやってきて用事を済ます。 

昼。 冷凍庫にらでぃっしゅぼーやのつけ麺があったので、無理やり中華そばにして母と半分ずつにして食べたら、やっぱりコクがなくなっちゃった。

R0000448

午後。 大阪に移動。

夜。 北浜の「花背」でふぐのコース。

まずお刺身。

R0000453_edited1

肝が出てきて、これをお刺身に巻いて食べる。

R0000455_edited1

こんな感じ。

R0000451

干しホタルイカ。 

R0000458_edited1

焼いた石が出てきて、ホタルイカを炙って食べる。 かじると肝がフォンダンショコラのように出てきて、おいしい。

R0000459_edited1

ふぐのから揚げはとても上手に揚げてあった。

R0000461

鍋。

R0000462

〆は雑炊。

R0000466_edited1

デザートは栗のムースにイチジクのソース。 さっぱりとしておいしい。

R0000468_edited1

ふぐの味は麻布の亀の井に及ばないけれど、お値段は半分以下でとてもお得なコースだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/16 Thu

夜は夫も遅いし、仕事も早く終わりそうだから、新宿に寄って冬物の服でも見よう、そのあと静かなバーでおいしいカクテルとちょっとした食事をつまもうか。

などとささやかな予定を立てていたが、夕方から数件の欧州で動きがあり気が付けば7時半過ぎ。 帰り道にも電話で打ち合わせしながら帰宅。 ワインを開けてトマトを切っていると、また海外から電話。 結局9時半すぎまで対応に追われていた。 

あー、疲れた。 クルミ入りの食パンの上にハムと目玉焼きを乗せて、トマトを添えて食べたら、シンプルでおいしくてすごく幸せな気持ちになった。 わたしって単純。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/15 Wed 今週のお弁当。

月曜日、祝日につきお休み。

火曜日。 シシャモ弁当。 五穀米ごはんに大葉の塩漬けを敷き、その上に焼いたシシャモを乗せる。 清貧ってかんじ。 お昼に食べたら、シシャモが柔らかくてとてもおいしい。 

冷凍庫の奥に眠っていたししゃもを処分するつもりだったけど、こんなにおいしいなら常備にしなくちゃ。

R0000426_edited1

火曜日。 大根葉とジャコと薄揚げの混ぜごはんと、おでん。

R0000435

大根を買うと茎と葉っぱがちょっとついてくることがある。 茎を縦に四等分して、茹でる。 それを小口に切り、油で炒めて薄揚げとジャコを入れて炒める。 お酒をふって、水分がなくなるまで炒め煮にする。 最後にお好みで醤油をたらり。 これで混ぜごはんを作るのが大好物。

木曜日。 皿うどん。

R0000441

金曜日は精勤のため、お弁当お休み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/14 Tue 高円寺のカウンター和食「小料理 休」。

夜。 高円寺の西友の裏あたりに新しい和食のお店ができていたので、入ってみる。 カウンターだけの小さな店だけど、おいしそうな料理が盛られた大皿が並んでいる。

お通しは豚肉とえのきや野菜のきんぴら風。 おいしい。

R0000427_edited1

お浸しは数種類の野菜で作ってあり、削りたてのカツオ節で食べる。 風味と歯触りばつぐん。

R0000428_edited1

お刺身の盛り合わせ。

R0000429

厚揚げのひき肉あんかけ。

R0000431_edited1

アヴォカドの糠漬け。

R0000432_edited1

太刀魚の塩焼き。

R0000434_edited1

おいしい日本酒もあるし、野菜もたっぷりで、居心地もいい。 いいお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/13 Mon 新宿小田急百貨店の「但馬屋珈琲店」で上質のひと休みと、干しきのこ。

体育の日で祝日。

朝。 冷蔵庫にお惣菜があるので、新米を炊いてお豆腐とネギのお味噌汁を作ったら、完璧なあさごはんです。

R0000415

午後。 昼ごはんを食べ損ねたので、新宿の「但馬珈琲店」で一休み。

私はスモークサーモンとクリームチーズのサンドイッチ。 胡麻入りのパンとよく合う。 ヨーロッパに行くようになって、昔よりスモークサーモンが好きになった。

R0000420_edited1

そして、白ワイン。

R0000418

夫は平打ち麺のナポリタンとコーヒー。

R0000421_edited1

小田急百貨店の紳士売場にある喫茶店で、ゆったりしているし、店員の笑顔も品よくいい。 丁寧な働きぶりにすごく好感が持てる。 上質のひと休みができるので、いつも程よく混んでいる。

夜は軽く。 タコぶつと干しキノコそば。

干し舞茸、干しシイタケ、干しえのきだけを別々に戻しておき、戻し汁に昆布水と貝柱酒(日本酒に貝柱を入れておいたもの)を足して、煮込んだ。 鶏肉ボールと野菜を入れてさらに火を通した。 それを香港の卵麺で汁そばにして食べる。 体に優しいおいしさ。 スープを全部飲み干した。

R0000423_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/12 Sun

朝。 ニシンそばを作る。

R0000395_2

おかずは、ぜんまいの煮物、ほうれん草の胡麻和え、きゅうりの古漬けと冥加の和えたの。

R0000393

午前中。 新宿に出かける。 東急ハンズと京王のキッチン売場が楽しくてあれこれ見ていたら、本来の目的に達する前に疲れてしまったので、帰る。

昼。 阿佐ヶ谷の一軒家のお蕎麦屋さん「やのしん」に行く。

南向きの窓から光が入ってきて、気持ちいい。

R0000398

私は舞茸の天ぷらと、

R0000400

もりそば。 味が進化してます。

R0000401

夜。 コーンポタージュを一口サイズで前菜に。 クミンと香菜でエスニック風にしたら、おいしかった。

R0000408_edited1

マーケットサラダ。 冷蔵庫にあるものを乗せた。 レタス、トマト、茹でいんげん、ジャガイモのマリネ、ハム、トロツナ、ブロッコリー、オリーブ、赤玉ねぎ。

R0000404_edited1

ホタルイカのペペロンチーノ。 ホタルイカはロングでもショートでもパスタによく合う。

R0000410_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/11 Sat

朝。 きゅうりの糠漬けが古漬けになったので、薄切りにして冥加と合わせる。 これ、好き。

R0000378

午前中、気功教室。 

昼。 お蕎麦の「やのしん」に行く。 ぶっかけもりそばを頼む。 煎り卵、冥加、大葉、胡麻の乗ったもりそば。 お汁をかけて食べる。 さっぱりとおいしい。 このお店、以前より味が進化している。 さすが。

R0000380_edited1_2

夜。 アヴォカド、トマト、エビのサラダ。

R0000382_edited1

メインはポークソテー。

R0000384_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/10 Fri

二日前のお弁当、トマトとスモークサーモンのサラダがとてもおいしかったので、また作る。 今日は茹でジャガイモを追加。

R0000345

夜。 マシュルームのアヒージョ、パン、サラダなど。

R0000350_edited1

メインは羊の肉のソテー。 ジンギスカンをイメージして玉ねぎのソテーと香菜をたっぷり添えて、自家製のにんにく生姜醤油(醤油にニンニクとショウガの薄切りを付けただけのもの)で食べた。

R0000352_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/09 Thu 鮭の親子弁当。

朝。 塩鮭といくらの親子弁当。 塩鮭は多めに焼いて、食べない分は焼きたてに日本酒をちょっと振りかけておくと、風味が増してふっくらするので時間が経ってもおいしい。

R0000336

夜、自炊。 煮物、トマト、いんげんの胡麻和え。

R0000337

メインは鮎の一夜干し。

R0000343_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/08 Wed 赤い月。

朝。 今日のお弁当は冷凍庫の奥にあったトマトとベーコンのパスタと、トマトとスモークサーモンのマリネサラダ。 サラダはレタスの上にスモークサーモンを乗せて、さらにトマトを乗せて塩コショウして、オリーブオイルを回しかけて、乾燥バジルをぱらぱら振るだけ。

R0000322_edited1

夜。 高円寺の「信濃」に行く。

ビールとおつまみセットを頼む。 わさび漬け、鴨の燻製、野菜の天ぷらは必須アイテムだ。

R0000330

私はかけそば。

R0000332

自転車を押しながら自宅に向かうと、今夜は皆既月食なので、近所の人々も外に出て空を見上げている。 ちょっと雲がかかっていたけど、赤い月が幻想的に光っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/07 Tue ワインに合う焼き鳥。

今日のお弁当は、冷やし中華。 そろそろ食べおさめかな、でも高円寺の大三元みたいに一年中冷やし中華やってるお店もあるから、寒くても食べたくなったら作ろう。

R0000292_edited1

夜。 阿佐ヶ谷のバードランドへ。

昔は週末の夜、気が向いたらバードランドに「今から入れますか?」と気軽に電話して出かけたものだったが、最近はそんなことでは席が確保できないほどの人気店だ。 平日はまだこのパターンがききました。

レバパテ、

R0000298_edited1

イチジクとクレソンのサラダなど、すぐできるものを頼んで焼き物ができるのを待つ。 この店のサラダがまたとてもおいしいんです。

R0000300_edited1

レンコンの肉詰め、

R0000301_edited3

ささみ、

R0000304_edited1

レバー、

R0000305_edited1

皮、

R0000308_edited1

焼き鳥には日本のお酒というのが定番だけど、この店ではワインもおいてあり、私は生ビールのあとはミディアムのワインで焼き鳥を堪能する。

焼き鳥はレバーと皮以外はすべて一本ずつ頼んで夫とシェアしている。 二人とも少しずついろんな種類を食べたい性質なので。

シイタケの軸、

R0000310_edited1

ネギ、

R0000312

チーズ、

R0000315_edited1

正肉、

R0000316_edited1

手羽で終わる。

R0000318_edited1

やはり親子丼も捨てがたい。 夫がミニを頼んだので一口だけもらった。

R0000321

いつも通りの美味しさでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/06 Mon 体重調整めし。

今日のお弁当は昨日の夕飯の残りと、稲刈りツアーでもらった「ひとめぼれ」の新米。

R0000276_edited1

夜。体重調整めし。 冷凍しておいたお好み焼き、きゅうりとホタテ貝柱の酢の物、

R0000284_edited1

野菜たっぷりのトン汁。

R0000286

宮城で買った美しい白菜(長野県産だったけど)は豚汁にしても、とてもみずみずしくおいしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/05 Sun みどりので梨狩りなど。

宿泊施設で朝ごはん。

R0000242_edited1

午前中は精米所の見学。 新米がぞくぞくと到着して処理されていく。

R0000231

パルシステム用のお米もあった。

R0000233

その後、梨狩りへ。 梨園には「秋月」という新しい梨がたわわになっている。

R0000243_edited1

生協で10種類以上の梨を用意してくれていて、みんなで食べ比べをしてとても興味深かった。 私が気に入ったのは、秋月、あきあかり、梨りんご(リンゴナシだったかな)。

その後、山そり遊びなど。

R0000257_edited1

とてもいい眺め。 台風さえ来てなければ素晴らしい景色だったでしょう。

R0000261_edited1

お昼。 芋鍋。 生産者の人たちが大きな鍋で仕込んでいるところ。

R0000250

手作りのお漬物。

R0000265

一目ぼれの新米のおにぎりは、昆布と焼き味噌。 すごーくおいしかった。

R0000267_edited1

イナゴの佃煮。 ちょっとひるんだけど、一口食べると香ばしくてとても上手な味つけで、お代わりして食べた。

R0000266

食べ終わったあと、解散。 採りたてのブロッコリーがお土産に配られた。

R0000269

すごく充実したツアーだった。 イベントが盛りだくさんなんだけど、全体的にゆったりのんびりしていて。 いつも食べているものを作っている人たちに会えて、とてもよかった。 参加者も食の安全にちょっと興味があって、私たちと似たような人ばかり。

東京に着くころには台風の影響で大雨になった。

夜。 もらってきたブロッコリーを茹でた。 サイコーです。 古川駅で買った「いかばっかり」というかまぼこもおいしかった。

R0000271_edited1

メインも古川駅で買ったソーセージと白菜の煮込み。

R0000274_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/04 Sat みどりの稲刈り。

パルシステムの稲刈りツアーに参加。 何度か試みたけどいつも仕事でキャンセルしてきたので、やっと今回参加できる運びとなった。

朝。 東京駅の銀の鈴で参加者のみなさんと顔合わせ。 一組ずつ自己紹介をする。 どの組も大人が自己紹介していたが、10歳の甥っ子が「僕がやる」と言って、妹と私を紹介した。 なかなかやるじゃん。

新幹線の中で、お弁当を食べる。 東京駅で買った金茶寮のお弁当。 揚げ物なしのものにしたが、微妙に口に合わなかった。 自分で作ってくればよかった。

R0000123


R0000124

台風が日本列島に来ているけれど、まだ古川は大丈夫。 稲刈りの田んぼに行く。

R0000193

まず、イナゴ捕り。 

R0000137

それから田んぼに入り、カマで稲を刈り、束をまとめて積み上げていく。

R0000160

ときおり、2両編成の電車も通る。

R0000141

別の田んぼに移り、今度は機械での収穫を体験。

R0000176

全員が少しずつ運転させてもらった。 全部刈り取った後の田んぼ。


R0000198

靴とばし競争もやった。 甥っ子の靴は後ろに飛んでマイナスの判定。 スタッフにお願いして「測定だけならしてあげる」と特別もう一度やらせてもらったら、遠くまで飛んでダントツの一位の数字が出た。 だけど、これは記録にならないので幻の一位。 「切ないなー」とのこと。

R0000186

夜。 温泉に入ったあと、宿泊施設で生産者の方々と交流会。 食事は地元で取れたものと土地の料理。

私の隣に座った人が作ったソーセージとハム。 とてもおいしい。 

R0000201

地元で取れた米粉で作ったフライドチキン、トマト。 

R0000203_edited1

地元のお酒「一ノ蔵」も振舞われる。 

R0000209

そして、ひとめぼれの新米のおにぎり。

R0000206_edited1

紫蘇巻きと手作りの漬物、

R0000202_edited1

デザートは梨のコンポート。

R0000211

生産者のひとたちの話を聞いて、いろいろと大変な状況だということが分かったが、みなさん全員とてもいい顔をしていて、東京でよく見るゆがんだ顔をしている人は一人もいなかった。 やっぱり人間があるべき姿なんだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

14/10/03 Fri 長靴探しののち、カフェで一休み。

お弁当にローストポークサンドイッチ。

R0000109_edited1

仕事後。 明日は稲刈りなので、長靴を買いに行く。 青山のオリンピックに行くとレインシューズが一足置いてあるだけなので、新宿の東急ハンズに行ってみる。 こちらは園芸用の長靴が2-3種あったけど、私のサイズはなかった。

ダメもとで高円寺のオリンピックに行くと、ナントたくさん種類が置いてあった。 最初から地元の店に行けばよかったのだ。

長靴さがしで疲れたので「Planet 3rd」で一休み。 ゆったりしたスペースが大好きなカフェです。 

ジントニックを飲み干して、サラダを頼む。 ここで食事を頼むのは初めて。 揚げジャガイモがホクホクでうまい。

R0000113_edited1

ワインに切り替えて、キノコのオリーブ焼き。

R0000119

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/02 Thu

朝。 お弁当を作る。 朝食用にハムきゅうりサンドイッチと、昼食用の野菜中心弁当。

R0000100_edited1

夜。 早めに仕事が終わったので、帰宅して夜ごはんを作る。 

えび水餃子とシイタケのスープ、 蓬莱のシュウマイ、冷やしトマト、

R0000104_edited1

焼きそば。 焼きそばは実は朝お弁当用に作ったんだけど、出来上がったら急に持っていくのがいやになったので、お弁当を別にもう一度作り、焼きそばは夜温めて食べた。 夫「うまい、うまい」と平らげた。 どうして突然いやになったんだろう。

R0000108_edited2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/01 Wed 新梅田食堂街の「潮屋」と「新喜楽」。

朝。 新梅田食堂街の「茹がきたて・自家製麺の潮屋」できざみ蕎麦。 大阪と言えばおうどんだけど、お客さんがみんなお蕎麦を頼むので私もお蕎麦にしてみた。 うん、おいしい。

「茹がきたて」という表現がいいですね。

R0000045

あとで調べたら、新大阪駅の新幹線の出口近くにあるお蕎麦屋も同じグループだ。 こちらも次回試してみよう。

午前中。 梅田でシステム移行の打ち合わせ。

昼。 また新梅田食堂街に戻り、「新喜楽」に行く。 メニューには季節限定の定食もある。

R0000049

でも、やっぱりかも鍋定食を注文する。

R0000048_edited1

あつあつの鴨鍋をすすってもよし、ご飯を入れて雑炊風にしてもよし。 体が温まりました。

新梅田食堂街にせよ、新喜楽にせよ、「新」で始まるお店はその名に反して大変レトロだ。

午後。 職場に戻り、働く。

夜。 新高円寺の居酒屋に行く。

生ビールを頼むと、お通しに貝ときゅうりのあえ物。

R0000051_edited1

なめろう。

R0000054_edited1

ホウレンソウのオムレツ。

R0000057

そうめん。 串揚げ屋さんで食事を済ませてきた夫が「そうめんは別腹」と平らげた。

R0000059_edited1

家に帰って、猫と遊ぶ。 猫の太ももをポンポンたたくと、判で押したように「やめろにゃー」と言う。

R0000096

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »