« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

14/12/31 Wed 舘山寺「うな助」の鰻。

朝。 ホテルで朝風呂のあと、朝食。 10時前にホテルをチェックアウトした。

うなぎを買って帰ろう。 

6年前の同じ大晦日に鰻を買ったお店がとてもおいしかったけど、名前も場所も覚えていない。 近場を車で回って、こんな感じの店だったという店の前に車を停めると、店からおばさんが出てきて困った顔で私を見る。 「持ち帰りできますか」と聞くと「お弁当?」と言うので「鰻だけ」と伝えると「それならできる」と、6年前と全く同じ会話をしたので、この店だったと確信した。

R0001446_edited1

店内。 そうそうこの感じ。 小さいけどピカピカに磨き上げてあって気持ちがいい。 人懐こい猫が店を出たり入ったりする。

R0001449

鰻ができるのを待つあいだ、猫と遊んだら喜んでひっくり返っちゃった、かわいー。 

R0001443_edited1

ぽんちゃんという名前の2歳の猫ちゃんだそうです。

帰り道で、目の前にどーんと富士山が見えた。

R0001454

夜。 お年とりの食事会。 筑前煮と数の子を昨日仕込んでおいたし、母がゴマメと黒豆を作ってきてくれたので、なますを作ってお刺身を並べるだけ。 分担すると楽だわー。

R0001462_edited1_2

舘山寺で買ってきた鰻には頭がついている。 夫は一本、母と私は一本を分けて食べた。

R0001465_edited1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

14/12/30 Tue 舘山寺へ一泊旅行。

朝。 冷蔵庫のお惣菜で朝ごはん。 野沢菜、ポテサラ、大根葉とジャコの炒め煮、小松菜とツナの炒めもの。

R0001412

今日は忙しいので、白いごはんの回りにお惣菜を盛って、目玉焼きを乗せた。 お味噌汁はわかめとねぎ。

R0001416_edited1

用事を済ませて、11時過ぎに浜名湖の一泊旅行に出かける。 車を買い替えたので、慣らし運転を兼ねて。 今度の車はスポーツカーなので、高速道路で私も久しぶりに運転を楽しんだ。

4時半ころ舘山寺に到着。 夕日がきれいだった。

R0001418_edited1

宿は「ホテル九重」。

R0001426

温泉に浸かって、夕食はレストランで。 

R0001427


R0001430_edited1


R0001432_edited1


R0001434_edited1


R0001435_edited1


R0001437_edited1


R0001438_edited1


R0001440_edited1


R0001441_edited1

そこそこおいしかったけど、6年前に出た鯛のお刺身も鰻もなくて、つまらなかった。 ちゃんと事前に電話で確認するべきでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/29 Mon 渋谷のベルギービアバー。

午前中から午後まで、会社のメールをやっつける。

夕方。 4時半に渋谷で妹と待ち合わせて、忘年会。 共通の友人も6時半まで参加。 妹が行きたかった「鳥竹」はまだ四時半だというのにすでに満席だったので、近くのオヤジ系やきとり「山家」に行ってみる。 

「山家」は周辺に何軒か店を構えていて、その中の一つの店では40代後半くらいのかっこいいスリムな女性がカウンターで生ビールを前にしてゆったりと読書している。 いいねぇ。

R0001391

オヤジの必須アイテム、ポテサラ。

R0001392

山芋の千切りがおいしかったので、お代わりした。

R0001393_edited1

焼き鳥ともつ焼きの盛り合わせ。 この店は辛子で食べるんですね。 焼き鳥の味は、まあこんなものでしょう。

R0001395_edited1

友人は会社の忘年会で6時半に帰ったので、我々は2次会の場所を探す。 

道玄坂の途中でベルギービールの「Hemel」という看板に惹かれて店に入ると、ウッディですごくいい感じ。 カウンターも奥行が広めで居心地がいい。

R0001402

まずビールを頼む。 かなりの種類の生ビールがあって嬉しい。 

私がヨーロッパの好きなところのひとつは、おいしいお酒の種類が多いこと: ビール、食前酒、カクテル、ワイン、ウイスキー、食後酒などなど。 どんな小さな店でもそれなりの種類をそろえている。

生ビールの種類をあれこれ試す楽しみが、日本にいながらできる店だ。

R0001398_edited1

ベルギー料理の店なので、とうぜんフリットを頼む。 フリットはマヨネーズで食べる。

R0001406_edited1

シラスのピザも頼んだ。 チーズピザにシラスと大葉がトッピングしてある。 個人的にはシラスもチーズと一緒に焼いてほしかったな。

R0001410_edited1

妹とくだらない話でゲラゲラ笑った。

グラスワインもおいしくて、料理のメニューも興味深い。

渋谷はキッズの町というイメージが強くてよほどのことがない限り立ち寄らないけれど、こんな大人のお店もあるんですね。 また来ようっと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

14/12/28 Sun 自家製フライドポテト。

朝。 らでぃっしゅぼーやのお餅が届いたので冷蔵庫にたまった野菜を使ってお雑煮を作る。 あら、このお餅おいしい。 お餅が苦手な私もおいしいと思う。

R0001381_edited1

年賀状を投函してほっとする。

午後。 中央図書館で予約した本を借りる。 図書館に行く余裕ができて嬉しい。

夜。 トマトときゅうりのサラダに大葉をちぎって入れた。 クリスマスパーティの残り物のシャリキュトリ、野沢菜、ミモレット。

R0001382_edited1

男爵芋でフライドポテトを作る。

ジャガイモは皮つきのまま拍子木に切り、水にさらしたら水気をよく拭いて、冷たい油にポテトを入れて火をつけ、弱めの中火(160度)で4-5分揚げる。 この時点ではポテトは白いままだけど火は中まで通っている。 一度取りだしておく。 ここまでが下準備。 食べる直前に揚げ油を200度にして、ポテトを戻していい揚げ色がつくまで揚げる。 

作り方はこちらを参考にした。 このレシピでは下茹でするけど、冷たい油から揚げるとその手間も省けます。

R0001386_edited1

うまーい。 これからはおうちでおいしいフライドポテトがいつでも食べられる!

生活クラブのロース・ヒレステーキの切り落としを焼いた。 ポテトと合わせて、ステーキフリットだ。

R0001385_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/27 Sat 宇和島のあげ巻でお蕎麦。

昼。 そばを作って、茹でたほうれん草と、宇和島の「あげ巻き」を乗せる。 あげ巻きは安岡蒲鉾のもので、薄揚げでくるんだかまぼこ。 

母が子供のころ宇和島に住んでいてこのあげ巻きが大好きだったというので、私も頼んでみたら柔らかい味でとてもおいしい。

R0001369_edited1

夜。 お年越の料理を作る前に、冷蔵庫の中身を減らしておかなくては。 

冷凍庫から、きびなごのかき揚げ。 カニクリームコロッケも揚げた。

R0001372_edited1

レタスサラダ、レモンとお醤油とオリーブオイルで。

R0001375_edited1

冷蔵庫の残り物の、白菜とトマトとベーコンの煮物。

R0001371_edited1

茹でモヤシと蒸しそばを使ってしまいたくて、〆は焼きそば。 

R0001379_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/26 Fri 丸の内の「Viron」でムール貝。

今日で今年の仕事もおしまい。 最後の最後までバタバタしています。

昼。 久しぶりに古巣の虎の門に行く。 オークラのテラスレストランで顧客とランチ。 季節の牡蠣のメニューがある。

R0001350

牡蠣とシラスと梅のピラフを注文した。 それぞれの食材がなじまずバラバラで、なんだかイマイチの味だった。 オークラらしくない。

R0001353_edited1

ピラフについてきたお漬物セット。

R0001351

夕方、会社の納会にちょっと顔を出して、席に戻り残った仕事を片付ける。

夜。 お料理教室のともだちと忘年会。 丸の内のVironを予約してくれた。 大好きなお店。

パン屋さんなので、もちろんパンは温かくおいしい。

R0001355_edited1

黒板の今日の料理から選んでシェアする。

冷たい前菜はカニのサラダ。 バルサミコ酢がアクセントになっている。

R0001356_edited1

ムール貝。 小ぶりだけど、ぷっくりしてとてもおいしい。

R0001360_edited2

クリームの効いたお汁もおいしい。 私の中ではVironと言えば、冬のムール貝なんです。

R0001361_edited1

メインは仔牛のクリーム煮。 

R0001363_edited1

デザートはババ。 さらに追加でラム酒をかけて食べた。

R0001366_edited1

続きを読む "14/12/26 Fri 丸の内の「Viron」でムール貝。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/24 Wed 阿佐ヶ谷の「錦天」、肴のおいしい天ぷら屋さん。

クリスマス気分はすでに昨日味わったので、今日は通常仕様のいちにち。

夜。 阿佐ヶ谷の「錦天」で。

生牡蠣。

R0001341_edited1

天ぷらの盛り合わせ・いんげんのくるみ和え・小あじの南蛮漬けなどを頼んだあと、キスとイカの天ぷらを追加した。

R0001343_edited1

〆は稲庭うどん。 

R0001345_edited1

おいしい天ぷらも食べたいけどほかにもつまみたいって時にいいお店。 

厨房は大将とその息子と思われる二人で仕切っていて、ホールは大将の奥さんらしい品のいい和服の女性が担当している。

阿佐ヶ谷には予約しないと入れないおいしい和食屋さんがたくさんあるようだけど、その日の気分はその日にならないとわからないので、こうしてふらっと入れるお店がありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/25 Thu

大阪に日帰り出張。 7時半の新幹線に乗り、持参したおにぎりを食べる。

11時から打ち合わせ。

昼。 事務所の近くの店でパスタランチ。 今日はキノコとベーコンのパスタ。 この店のパスタ、意外とおいしい。 今度お店の名前を覚えなくちゃ。

R0001348_edited1

夜は新大阪で忘年会。 8時まで参加して、その後新幹線で東京に戻る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/23 Tue クリスマスパーティ。

天皇誕生日で祝日。

朝食は皿うどんとお味噌汁。 ニラを一束ぜんぶ入れた。 えのきも入れちゃった。 何を入れてもあんかけにするとおいしい。

R0001327_edited1

午後からクリスマスパーティなので、午前中は自転車で新宿に出かけて、みんなへのささやかなプレゼントを買う。 甥っ子にはファンキーなTシャツ、ほかの人には伊東屋のファイル入れを色違いで。

49963855320131904

私はこれをレシート入れに使っている。 よく使うクレジットカードはお財布とは別にすぐ出せるようにしているので、レシートをしまうためにバッグからわざわざお財布を出すのが面倒だし、もともとお財布にレシートを入れるのがあまり好きでないので。 サイズもいろいろあるけど、これは飛行機の搭乗券がすっぽり入る大きさ。

妹がおいしいパン・チーズ・ハムを持参してくれた。

R0001331

今年は鶏を2羽仕入れて、ローストした。

R0001335

つけ合わせは人参とグリーンピースのシチュー

R0001339_edited1

デザートはスポンジケーキをイチゴでデコレーションする予定でしたが、どうしたんだっけ、食べなかった気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/22 Mon 牡蠣フライと手こねハンバーグ。

今日の地味弁は、小松菜とツナの混ぜごはんと煮物とたくあん。

R0001317_edited1

夜。 夫が牡蠣フライが食べたいので、新高円寺の「アルデンテ」に行く。

まず、取り合わせサラダ。

R0001318

イカスミのパスタ。 イカがゴロゴロ入っている。

R0001322_edited1

メインは牡蠣フライとてこねハンバーグのセット。 牡蠣フライもハンバーグもおいしい。

R0001321_edited1

満足、まんぞく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/21 Sun 黒豆味噌と、カジキのグリル。

今年仕込んだ味噌が完成したので、さっそく味噌汁にしてみる。 うん、おいしい。 丹波の黒豆のお味噌です。

R0001311_edited1

おかずはお惣菜あれこれ。

R0001308

最近Febeでオーディオブックを買って「海賊と呼ばれた男」を読んだ(というか聴いたというか)。 朗読ではなく、ラジオドラマみたいに複数の人たちが本を読むので面白かった。 主人公の声は中村雅俊だった。 アメリカはオーディオブックが浸透しているらしいけど、それは車社会で運転している時間が手持無沙汰なんでしょうね。 オーディオブックの不便なところはどこまで聞いたかわからなくなること。 聞いているときに無意識に考え事をしてしまうと、知らないうちにストーリーが先に行ってしまっていること。

夜。 オランダのスーパーマーケットで買った生パン。 220℃のオーブンで8-10分焼くと、自宅で焼きたてのパンができる。 いろいろな種類があるし常温で2か月もつので、オランダのお土産の必須アイテムです。

R0001312

メインはカジキマグロのグリル。 仕上がりは、いつものようにロンドンのVitat Bacchusの料理をイメージして。

R0001313_edited1

今回はカジキは塩・こしょう・レモン汁・ニンニク・オリーブオイル・カレーリーフでマリネしてから焼いた。 ハワイで食べた魚のグリルがとてもおいしかったので、味を思い出しながら。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/20 Sat

雨の土曜日。 週末のブランチはとろろ蕎麦。 煮物とすり身の天ぷらを添える。

R0001302_edited1

デパ地下でジャコ天と一緒に買った白い天ぷら(「身天」というらしい)がとてもおいしかったので、デパートに電話すると次回は3月にお店を出すとのこと。 お店の名前と電話番号を教えてもらい、パソコンでネットショッピングを見つけて速注文した。

夕方。 野菜を使ったお惣菜をたくさん作ったので、傘をさして母のマンションに出かける。 

夜。 生活クラブのごぼうサラダにぽろぽろひき肉とネギをちらしてレタスの上に乗せる。 

R0001304

メインはほうれん草とゆで卵のグラタン。 茹でたほうれん草をみじん切りにしてさっと炒めて塩・こしょうして、ゆで卵を乗せて、ハムとパスタを散らす。

R0001303_edited1

その上に玉ねぎ入りのホワイトソース、チーズを乗せて、オーブンでこんがり焼く。

R0001306

ほっとする味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/19 Fri 恵比寿「焼肉チャンピオン」の霜降り肉。

今日のお弁当は冷やし中華に目玉焼きと煮物を一緒に詰めるという、かなりめちゃくちゃなもの。 おいしければいいんです。

R0001285

夜。 会社の忘年会で恵比寿の「焼肉チャンピオン」で、お肉のコース。

霜降り肉のオンパレードだったので、赤身好きのわたしが楽しめたのは手前のハラミ。

R0001289

柔らかくてサイコー。

R0001293

あとはほとんど一口食べて、残りは若者に食べてもらった。

R0001295

追加で頼んだザブトンというものは、でかい牛肉をさっと炙ってザブトンのように重ねて食べるもの。

R0001299

このあと近くのバーで2次会。

続きを読む "14/12/19 Fri 恵比寿「焼肉チャンピオン」の霜降り肉。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/18 Thu 台北、路地散歩。

午前中。 同行者たちはみんな朝の便で帰国したので、ぽっかり一人の時間ができた。

ホテルの部屋で仕事を済ませて早めチェックアウトして、大通りの路地裏を歩いてみる。 そろそろ昼時なので、お腹を空かせた人たちがお目当ての店に向かっていく。

乾麺とおでんの店。 好きな具と好きな麺を選んでいる。

R0001266

看板娘の犬が仕切っている店。

R0001267

麺の店。

R0001269

お粥や丼飯の店。

R0001272

生活もある。 なんだかとても懐かしい風景だ。

R0001270_edited1

お弁当屋さんでは、好きな具を選んで詰めてもらうみたい。

R0001274

そんな店のひとつで、お惣菜がとてもおいしそうな小さな麺屋さんに私も入ってみた。 

R0001276

R0001277

入り口で麺を注文する。 英語が通じないのでテキトーに「ワンタン麺」と言ってみると、麺担当の女性が中国語であれこれ返してくる。 「ワンタンもたくさんあるんだから、どの種類にするの?」みたいなことを言っているようなので「ポーク」と言ったら「あー、わかったわよ」という顔をして、同僚の女性たちと「ポーク、ポークだって」と笑っている。 へんな外人と思われただろうけど、とにかく通じればいいんです。

お惣菜の棚から湯葉とニラの炒め物を取って、席に着いて麺ができるまで食べて待つ。

R0001281

出てきた麺。 「ポーク」ワンタン入りの麺でした。 大根の漬物のみじん切りが入っていて、コリコリした食感と程よい塩味がいい。 テーブルに置かれたラー油を入れて食べる。

R0001284

言葉が通じなくても麺にありつけたという達成感です。 

やっぱり路地が好き。

午後の便で帰国。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/17 Wed 台湾「Kiki」のハエの頭。

昨日の夜から台湾に出張中です。

午前中、打ち合わせ。

昼。 「Kiki」という四川料理の店に連れて行ってもらう。 カフェのように明るくおしゃれな店内。

こちらは「蒼蠅頭 - 青いハエの頭」という料理で、細かく刻んだニラの茎とひき肉の炒め物。 ほんのり辛いけど、ご飯に乗せて食べると止まらない美味しさ。 

R0001257_edited1

定番の豚のばら肉の茹でたもの。 ソースがとてもおいしい。

R0001258

鶏肉と唐辛子の炒め物。

R0001259_edited1

麻婆豆腐。

R0001261_edited1

冬瓜と鶏肉のスープ。 いいおだしが出ている。

R0001263

画像にないけど、卵豆腐の揚げたのもとてもおいしかった。 夜に来て料理をゆっくり味わいたい店だ。

夜。 「梅子」で台湾料理。 いろいろ頼んでもらい、私がリクエストしたのは牡蠣とネギの炒め物。 牡蠣は当然おいしいけど、炒めたネギも甘くて柔らかくて、うんまいです。

R0001264_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/14 Sun 蕎麦屋で飲む楽しみ。

朝。会社のパソコンを開けて、溜まったメールを片づける。 2時間ほどで終わり、スッキリ。土曜日の朝に済ましておけばもっとスッキリした週末だったのにね。


朝ごはんを作る。 ごはんを炊いて、昨晩昆布とイリコを水に漬けておいたダシでお味噌を作って。

R0001242_edited1

午前中。母のお買い物に付き合って新宿まで。

昼。ポンパドールのピロシキをかじる。

夕方。 衆議院選の投票に行き、そのまま地元のお蕎麦屋さん「ふるやま」へ。 ここに来るのはいつ振りだろう、と自分のブログで確認するとなんと10年ぶりでした。 前回の記事

生ビールを頼むと、揚げ蕎麦が出てくる。 おつまみ3点セットは、焼き味噌・岩海苔・鴨のロースト。

R0001243_edited1

卵焼き。 甘くなくてわれわれの好みの味。

R0001249_edited1

お野菜2点セットは、黒豆の赤ワイン煮と、

R0001250_edited1

ほうれん草の胡麻和え。

R0001251_edited1

鶏つくね鍋風。 つくねが柔らかくて、優しい味のダシで、ほっこりと体が温まる。

R0001246_edited1

私の〆はもりそば。 うん、ストレートなおいしさ。

R0001253

夫は手作りがんもの飛竜頭せいろ。

R0001252_edited1

お蕎麦屋さんで飲むのが好きな私には阿佐ヶ谷はパラダイスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/13 Sat 牡蠣フライ、始まりました。

午前中、気功教室。

昼。 新高円寺の「アルデンテ」に行く。 洋食も充実したパスタの店だけど、冬になると牡蠣料理がメニューに加わる。 

パスタと牡蠣フライセットを頼んで妹とシェアすることにした。

セットのコーンポタージュは濃厚なおいしさ。

R0001226

パスタは、キノコとベーコンのペペロンチーノ。 おいしいけど、汁だくでちょっと食べにくい。

R0001228_edited1

お待ちかねの牡蠣フライ。 ジューシーで口の中に磯の香りが広がります。 今年は何回楽しめるかな。

R0001230_edited1

夜。 干し柿入りのなます。 干し柿は会社のスタッフのご両親の手作りで、小粒ならが素晴らしい出来だった。

R0001233

里芋と薄揚げの煮もの。

R0001234

メインはお好み焼き。

R0001238

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/12 Fri 地元で軍鶏のやきとり。

夜。 友だちと阿佐ヶ谷の「バードランド」で忘年会。 

彼女が最近お母さまを看取られたので、花束を持って行った。 

時が心を癒してくれるまでまだ少しかかるでしょうが、私が父を失くしたときに、お料理教室の仲間たちが食事に誘ってくれて、他愛のない話で励ましてくれて、花束を頂いてすごく嬉しかったので。 

勝手知ったバードランドの焼き鳥なので、わたしのお勧めの品を頼んだ。

R0001211_edited1

R0001212_edited1

R0001214_edited1

R0001215

R0001217

R0001218

R0001219

R0001220

こちらは友だちのリクエストの膝の軟骨。

R0001222

R0001223_edited1

そのあと2次会は我が家で。 ドライイチジクのブランデー漬けやら、チーズやら、ハムやらを、赤ワインと一緒に食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/11 Thu

昼。 香港の顧客と恵比寿のウエスティンホテルで待ち合わせ。

ロビーのクリスマスツリーがきれい。

Img_3622

鉄板焼きレストランで会食。 ビジネスランチを頼んだら、個室も用意してくれて終わりの時間に合わせて上手に時間配分してくれて、とても助かった。

Img_3624

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/10 Wed 今週のお弁当。

月曜日。 鮭べん。

R0001180_edited1

火曜日。 皿うどん。

R0001192

水曜日。 ちらし寿司。

R0001208_edited1

木曜日。 会食のため、お弁当お休み。

金曜日。 豆カレー。

R0001209_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/09 Tue 阿佐ヶ谷「柿ざわ」の肴とかけそば。

朝 フルーツ ハムきゅうりサンド
昼 お弁当持参
夜 阿佐ヶ谷の「柿ざわ」で。

仕事で頭の痛いこと多く、なかなか定時で帰れない。 自転車を飛ばして帰る。

夜。 先に帰宅していた夫と阿佐ヶ谷の蕎麦屋「柿ざわ」で待ち合わせ。

お通しの鶏の胸肉はしっとりとして、とても美味。

R0001193_edited2

春菊としめじのお浸し、ユリ根の梅肉和え。

R0001195_edited2

焼き白子。 スダチを絞って食べると日本酒にぴったり。

R0001198_edited1

つくねと大根の煮ものは一押しの美味しさ。

R0001200_edited1

私の大好物のはたはたの醤油干し。

R0001201

〆はかけそば。

R0001203

夫はかき揚げそばを頼み、芝エビのかき揚げは別盛りにしてもらい、分けて食べた。

R0001202

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/08 Mon

よいお天気だけど、ぐっと寒くなった。 今日から手袋をして自転車通勤だ。

夜。 夫は新しい職場に初出勤で、新しい仲間と飲んでくるというので、私は体重調整めし。

野菜たっぷりのスープ煮。

R0001186_edited1_2

これでやめておけばよいのに、このあとチーズ・サラミ・かまぼこなどをつまんで、結局お腹いっぱいになった。

テーブルワインが切れていたので、ちょっといいワインも開けちゃった。

R0001190

うまーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/07 Sun シトロンコンフィで、チキンのタジン。

朝。 ハムエッグチーズをパンに乗せて食べる。 ポロネギスープと一緒に。

R0001157_edited1

午前中。 気功。

昼。 「はなまるうどん」で。 カレーうどんの中。 野菜が柔らかくてカレーとうどんのお出しがよく合う。

R0001167_edited1

午後。 自転車で新宿に出かけて、買い物。 

夜。 大量にあるサツマイモを焼きいもにする。 セラミック鍋で空焚きすると30分ほどで出来上がる。 私が持っているのはこの会社の燻製鍋。

R0001168_edited1

妹が買ってきてくれた宇和島のかまぼこをわさび漬けと一緒に食べる。

R0001169_edited2

マスタード入りのゴーダチーズとサラミ。

R0001174_edited1

サラダ。

R0001172

2週間前に仕込んだシトロンコンフィがいい感じになってきた。 朝のうちにこれを使って煮込み料理を作っておいた。

R0001151_edited1

鶏肉とジャガイモのタジン風。 我が家にタジンはないけど、味付けが中東風なのでタジンと呼んでいる。 レモンコンフィの風味がいいかんじ。

R0001178_edited1

みんなに好評でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/06 Sat

土曜日のブランチ。 とんこつラーメンを作って食べた。

R0001139_edited1

夜。 小松菜の煮びたし、大根とホタテのサラダ、豆腐とネギの炒めたもの。

R0001144_edited1

メインは塩サバ。

R0001145_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/05 Fri 台北「金品茶寮」で昼ごはん。

朝。 東京ホテルの食堂で、フルーツ、納豆ごはん、目玉焼き、野菜炒め。

午前中。 顧客訪問。 これで今回のスケジュールは終了。

昼。 「金品茶楼」に小籠包を食べに行く。

酸辣湯。

R0001133

豆苗の炒め物。

R0001134_edited1

小籠包2種類。

R0001135_edited1

豚肉と干し豆腐の炒め物。

R0001136_edited1

塩魚入りチャーハン。

R0001138_edited1

小籠包以外はすごくおいしいってわけでもないけど、ホテルから近いし店内はきれいだし、使い勝手のよいお店だ。

その後、松山空港から羽田行のフライトで帰る。

お腹が空かないので、機内食は断って白ワインとおかき。

夫が羽田まで車で迎えに来てくれたが、すでに夕食を済ませたと言うので、私は食事は抜くことにして、帰宅後ワインを飲みながら読書した。

途中で口寂しくなり、生たらこを解凍して食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/04 Thu 台湾 桃園の牡蠣料理の店「蚵仔仁」。

朝。 定宿の京都ホテルの食堂で、お粥定食。 卵焼きも、魚も、野菜もとてもおいしいので、食べきれないんだけどついつい頼んでしまう。

R0001119_edited1

夜。 桃園の牡蠣料理のレストラン「蚵仔仁」で会食。 蚵仔とは台湾語で牡蠣のことなので、牡蠣料理を得意とするお店だそう。

魚の活け造り。 

R0001121_edited1

蒸し鶏。 放し飼いの鶏だそうで、とても弾力があり味が濃い。

R0001122_edited1

蟹。 

R0001125_edited1

具だくさんのスープ。 小さな牡蠣も入っていて、とても美味。

R0001126_edited1

この店の看板料理の牡蠣の天ぷら。 看板料理だけあって、シンプルだけど食べ始めると止まらない美味しさ。

R0001128_edited1

食後のグァバをおいしがっていたら、厨房から持ってきてくれた。

R0001131_edited1

統制の取れた顧客の温かい歓待ぶりに学ぶところが多い夜だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

14/12/03 Wed シンガポール航空の機内やきそば。

朝。 6時にホテルを出て、シンガポールから台湾行きのフライトに乗る。

SQの機内食の叉焼やきそばがおいしい。 チャーシューまでおいしい。 付け合せのエビの蒸し餃子は皮がべろべろで気持ち悪かったけど。

R0001101_edited1

到着後、客先に直行して、打ち合わせ。

夜。 身内で広東料理の店に行った。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/02 Tue トマトと牛肉のあんかけごはん。

シンガポールの朝。 ホテルのまわりの住宅街を散歩する。 街路樹が南国だ。

R0001089

タンジョンパガーからチャイナタウンまで歩いて戻る。 途中に「Maxell Food Court」というフードコートに寄る。 朝ごはんを食べていこうかと中をぶらついたけど、お財布を忘れたことに気付いた。 残念。

午前中、顧客訪問。

昼。 ホテルの近くの香港中華レストランで点心。 〆に日本語のメニューの「トマトと牛肉のチャーハン」と「海鮮かた焼きそば」を頼んだ。

出てきた料理はチャーハンではなくて、あんかけごはんだった。 でも中華風のトマトと牛肉と玉ねぎとスープの味のバランスが素晴らしくて、あたり。

R0001098_edited1

海鮮かた焼きそばも、麺がスープを吸ってなんともいい食感と味。 ふだん口数の少ない同行者が「両方ともホームランの味でしたね」と褒めた。

R0001099_edited1

夜は顧客と会食で、和食。 その後、バーのテラス席で延々と飲んでしゃべった。

続きを読む "14/12/02 Tue トマトと牛肉のあんかけごはん。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/12/01 Mon シンガポールのプラナカン料理「Blue Ginger」。

今日から出張。 まずはシンガポール。 飛行機の移動で一日が終わる。

夜。 タンジョンパガーのプラナカン料理の「Blue Ginger」に行く。 プラナカンとはマレー風の中華料理のこと。 人種のるつぼのシンガポールではいろいろな種類の料理が融合しているが、プラナカンもハーブやココナツミルクがふんだんに使われている。

野菜の湯葉巻き揚げ。 大好物。

R0001077_edited1

オタオタという魚のすり身を笹の葉で蒸したもの。 こちらのハーブの香りが爽やかで、東南アジア風の魚肉ソーセージというかんじ。

R0001078_edited1

黒いナッツと鶏肉の煮込み。 ナッツはかたい殻の中に黒い実が入っていて、食感はねっとりしているが味がさっぱり。

R0001080_edited1

イカの炒め物。

R0001082_edited1

茹でオクラのエビペースト乗せ。

R0001083_edited1

豚のグリル (美味)。

R0001084_edited1

フィッシュヘッドカレー。

R0001086_edited1

ごちそう様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »