« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

15/03/31 Tue

大阪で終日打ち合わせ。

夜。 海外のコンサルと会食。

新大阪に移動して最終便のひとつ前の新幹線で東京に戻る。 

あー、終わったー、 スタッフとビールで乾杯。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/30 Mon 大阪福島の夜。

今日から大阪出張。 これが終わればやっと一区切りつく。 頑張って行ってみよー。

お花見に観光客が日本に押し寄せているらしく、いつものホテルは満室だったので、今回は梅田の隣の福島という駅のホテルに泊まることになった。

夜。 打ち合わせ後、同行者が福島駅の周辺を歩いて見つけた穴子料理のお店「Noresere」に行く。

穴子のサラダ、

R0002609_edited1

穴子のお刺身、

R0002611_edited1

白焼き、

R0002612_edited1

卵焼き。

R0002614_edited1

ホワイトアスパラガスと穴子。

R0002615_edited1

かき揚げ。

R0002616_edited1

なかなかおいしかった。 そういえば四谷三丁目の「ます味」にしばらく行ってないなぁ。

福島の裏通りには面白そうなお店がひしめき合っている。

R0002618_edited1

別の通りもいい。

R0002619

その中の一軒のバーに入ってみる。

R0002623

モヒート。

R0002622

椅子も青いビロードで素敵。

R0002621

お店の名前を覚えてなくて残念です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

15/03/29 Sun 江戸東京博物館。

朝。 キャベツなど冷蔵庫の野菜を使ってスープを作る。 フランスで買ったブイヨンを使ったら塩気が強かったので、入れるつもりだったベーコンをひき肉に変更した。 昨日買って食べ忘れていた神戸屋のローストビーフサンドイッチも一緒に食べた。

R0002581_edited1

午後。 夫が巴水の浮世絵を見に大江戸博物館に行こうというので、雨の中車で出かける。

夫のお目当ての巴水はほかの美術館の展示会に貸出し中で不在だったが、広重の「名所江戸百景」の展示会をやっていて、リニューアル記念とかでなんと入場料が無料だった。 

なじみのある地名の風景版画がたくさんあり見ごたえがある。 今の風景と比べてみたり、大胆な構図と繊細なタッチに感動したり。 改めて日本人の感性が特別であることを実感する。

R0002598

5月10日まで開催しているので、もう一度時間を見つけて行きたい。 

下の階では獅子舞などもやっている。

R0002599

夜。 納豆、ジャコ天と大根おろし、タラコそうめん、肉豆腐。

R0002606_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/28 Sat 冷凍庫の棚おろし料理。

今月は海外出張が続いて、料理できそうにないものは全部冷凍しておいたので冷凍庫がパンパン。 今日はできるだけ冷凍庫の食材を使って料理しよう。

朝。 冷凍してあったしめじ・シイタケ・ベーコン・スパゲッティで、きのこパスタ。 玉ねぎをたっぷり入れた。 同様に冷凍しておいたかぼちゃペーストもポタージュにして食べてしまった。

R0002539_edited1

とても気持ちいいお天気なので、公園にお花見に出かける。 まだ3分咲きくらい。

R0002551

たくさんの人がピクニックに繰り出していた。 BBQコーナーも盛況だった。

R0002554

その後、荻窪に寄って母の買い物につきあう。

遅い昼。 母のマンションで買ってきたお稲荷さんをシェアする。 きゅうりとちりめんの酢の物も食べた。

R0002561_edited1

夜。 冷凍のカツオのたたき。 新玉ねぎは水でさらさずに少量の塩を振りかけて軽くもみ、しんなりしたらカツオに乗せる。 苦みが取れて旨みも増してお勧めです。 栄養分もしっかり残っているし、最近のお気に入り。

R0002575_edited1_2

伊勢廣の焼き鳥を冷凍しておいたものを、まずレンジで温めてから魚焼きグリルでカリッとさせた。 伊勢廣のやきとりに限ると温めなおしても十分おいしかった。

R0002578_edited1

冷凍さつま揚げもおでん風煮物に使う。

R0002571_edited1

お正月用に買った鯛の姿焼きは鯛めしにした。

R0002569_edited1

自家製カブのお漬物を添えて。

R0002567

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/27 Fri 帰国後、「小料理おきく」へ。

昼の上海発のフライトで帰国。

夜。 夫は夜の会食があるので、私は荷物を置いて自転車で母のマンションに行く。

今日の小料理おきくは、定番の煮もの。

R0002531_edited1

ミニトマト、冷奴、ほうれん草の胡麻和え、鮎の一夜干し。

R0002532_edited1_2

ありがたやー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/26 Thu 上海「新栄記」でランチ。

展示会最終日。 昔の仲間がランチに誘ってくれたので出かける。 とてもシックなお店で「新栄記」という名前。 小さな店なのでなかなか予約が取れないそう。

海鮮料理のお店。 最近上海のお店は客単価を上げるためにかならず蒸し魚など高価な料理を薦めるという。 私の好きな上海川海老は安いので大きくて高い海老や蟹の方がいいという店もあるという。。 

点心をいろいろ頼んで(画像忘れ)、海鮮雑炊。 これがすごくおいしかった。

R0002521_2

同僚の大好物の牛肉の焼きそば。 豆板醤を少しつけて食べると美味。

R0002523_edited1

夜。 打ち上げ。

R0002525_edited1


R0002527_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/25 Wed

展示会2日目。 

昼は隣の顧客のブースでハンバーガーとサンドイッチをご馳走になる。

夜はホテルの近くの焼き鳥やさんで、居酒屋メニュー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/24 Tue

展示会初日。

夜はわれわれ主催のパーティがあるので、立ちっぱなしの一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/23 Mon 上海出張、「小南国」で川海老。

今日から上海出張。 

午後。 打ち合わせ。

夜。 みんなで近くの上海料理「小南国」のお店に行く。

味の濃い前菜が続く。

R0002504_edited1


R0002505_edited1


R0002506_edited1

川魚の蒸したの。 ハムが上に乗せてある。

R0002511_edited1

蟹。 

R0002512_edited1

ホタテ。

R0002514_edited1

上海川海老。 私はこれさえあればほかに何もいりません。

R0002515_edited1

鶏のスープ。

R0002516_edited1

〆の和え麺。 

R0002518_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/22 Sun イリコだしと、パエリア。

朝。 フルーツと野菜ジュース。

我が家では昆布水を冷蔵庫に常備している。 5㎝くらいの昆布を容器に入れて水を注いで冷蔵庫に入れておくだけ。 これを水代わりに何でも料理に使う。 スープ、蕎麦、うどん、煮物、などなど。 昆布は3回分くらい繰り返し使います。 (昆布はこちらを使っている)

昨夜は昆布水にイリコを入れてイリコだしを作っておいた。 使うときに弱火で10分くらい火を通す。

R0002488_edited1

昼。 いりこだしでラーメンを作る。 新物の鳴門のわかめをトッピング。

R0002491_edited1_2

夜。 イリコの生干しをマリネにする。 ニンニク・レモン・オリーブオイル・パセリで和えておいたもの。 白ワインが止まりません。

R0002492_edited1

アヴォカドとエビのサラダ。 香菜をたっぷり入れてレモンを絞っただけでおいしい。

R0002496_edited1

メインは、ドバイで買ってきたサフランを使って残り物パエリア。 なんと鶏肉は伊勢廣のやきとりです。

R0002498_edited1

お米2合使ったので私のお弁当用に余るかと思いきや、夫がワインを飲みながら少しずつつまんでいて、気が付いたら全部食べちゃった。 作り甲斐あります。 

R0002500_edited1

我が家にはパエリア用の鍋がないので南部鉄のすき焼き鍋を使っている。 おこげもできるし、まったく問題なしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/21 Sat 四国の物産展。

今朝のキッチン仕事は唐辛子。 

酢漬け唐辛子・コーレグース・生ラー油を作った。

R0002463_edited1

生ラー油は生の唐辛子をオーブンで乾燥させてごま油に投入。

R0002583

遅めの朝ごはん。 目玉焼き(夫のみ)、ひじきと根菜の煮もの、お味噌汁は薄揚げ・小松菜・えのき。

R0002468_edited1

茹でブロッコリーのゴマダレ、母の煮もの、漬物、海苔。

R0002467_edited1_2

午後。 私が好きな宇和島のかまぼこやさん(安岡蒲鉾)が新宿の小田急百貨店に出店しているというので自転車で出かける。

デパ地下に出店していると思ったら、催物会場の四国物産展と受付で教えてもらって行くと、四国のお店がたくさん出店していて、私がいつも糸わかめを取り寄せている鳴門のわかめ屋さん(八百秀商事)も出店していた。 母の好きな塩蔵わかめの新物があったので買った。

別のお店においしそうなイリコもあったので、それも買って帰った。

夜。 イリコやさん(青木水産)で買った半干しの小イワシにお酢を振りかけて小ねぎをちらしておつまみにして食べた。 おいしい。

R0002475_edited1

ポテトサラダ。 

R0002471_edited1

メインはお好み焼き。 今日はとても上手にできた。

R0002486_edited1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

15/03/20 Fri 今日の「小料理おきく」。

お弁当は母の煮もの・茹でブロッコリー・焼き魚。

R0002450

夜。 夫が会食なので、母が「小料理おきく」を開店してくれた。

きゅうりとわかめとジャコの酢の物、きんぴらごぼう、カツオのたたき。

R0002455_edited1

焼きナス、

R0002457_edited1

ふかし芋、たらこまで出てきてお腹いっぱい。 

R0002461_edited1

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/19 Thu  空港のファーストフード店でフィッシュボールヌードル。

朝。 5時半にホテルを出て帰路につく。 

シンガポール空港にて。 今回の出張でフィッシュボールヌードルを食べ損ねたので、空港内で探してみると数件あることがわかった。 

フードコートはプリペードカードを買う必要があるので、ファーストフード店でビーフンのフィッシュボールヌードルと飲み物がセットを頼んだ。 

香菜もチリパディもなくてそっけない紙の容器に入っているけど、早朝のぼやけた頭に温かい汁ものが嬉しい。

R0002438_edited1

夕方、羽田着。

帰宅すると母が煮物を届けてくれた。 

R0002441

キノコのスープを作り、

R0002442

おかずサラダを作る。 魚のフライ、ハム、ゆで卵、チーズなど具だくさんにしてお腹いっぱい。

R0002449_edited1

サラダがメインのときはお腹が冷たくなるので、ちょっとしたスープをメニューに加えるとバランスが取れる気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/18 Wed シンガポールの住宅のフードコートと、タンジョンパガーのスペインバル「Binomio」。

シンガポール担当だったころ、事務所で打ち合わせ後も顧客と場所を変えてカフェでショウガ入り紅茶を飲みながら本音などを教えてもらっていた。 最近は表敬訪問ばかりでじっくり話す機会も少なかったので、今回は久しぶりにお茶することにした。

午前中。 顧客の住んでいるマンションに行く。 顧客は有休を取って午後からゴルフに出かけるので、Tシャツに短パンでリラックスモード満載。

シンガポールは集合住宅が多い。 その敷地内に居心地のいいフードコートが必ずあるそう。 住民は食事をしたり、お茶を飲んだり、ビールを飲んだりして、食事を取るだけでなく、ご近所との交流の場にもなっている。

R0002424_edited1

おいしそうな料理の数々。 顧客から「スパイシーな麺はなかなかいけるよ。 食べて行けば」と言われたけど、お昼も会食なので紅茶にした。

こんなに安くて種類が豊富なら朝から晩まで料理する必要ないんじゃない? と聞くと「そう。 食事は家族でほとんどここで食べる」とのこと。

R0002423_edited1

昼。 別の顧客とカジュアルランチ。 久しぶりに情報交換できて、有意義だった。

午後の顧客との打ち合わせで、全スケジュールが終了。 ふぅ。  一区切りついたのでおいしいものを食べに行こう。

朝の散歩で気になっていたホテルの近くのスペインバル「Binomio」に行ってみる。 レストランとタパスバーに分かれていて、我々はカジュアルなタパスバーに予約しておいた。

店につくとレストランもタパスバーも予約で満席で、念のため予約しておいてよかったぁ。

ハムの盛り合わせとフレッシュトマトのピュレ。 とても美味。

R0002428_edited1

スパニッシュオムレツは半熟卵。 珍しかったけど、個人的にはしっかり固いオムレツのほうが好き。

R0002429_edited1

イベリコソーセージのグリル。 とてもしっかりグリルしてあり、下のトーストによく合う。

R0002433_edited1

アスパラガスのグリルも香ばしい。

R0002437_edited1

ジャガイモフライ。

R0002434_edited1

キノコのクリームコロッケ。

R0002436_edited1

よいお店でした。 ひとりの夜に、生ハムと野菜のグリルをつまんでおいしいお酒を飲むのにもいいかんじ。

この界隈はおしゃれなお店が増えている。 それにしても、シンガポールはお酒が高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/17 Tue

午前中。 顧客訪問。

昼。 宿泊ホテルの近くで点心。

午後。 顧客訪問。

夜。 顧客と会食。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/16 Mon 

今日からシンガポールに出張。

夕方、ホテルのクラブラウンジで明日の事前打ち合わせ。

夜。 ホテルの近くのパラナカン料理の「Blue Ginger」に行く。

料理を食べていると、みんなが「写真撮らないんですか?」と聞く。 そうそう、そうでした。 すっかり写真を撮るのを忘れてました。 

途中から取ったものは、大きなナッツの煮込み、

R0002409_edited1_2

豚の煮込み。

R0002410_edited1

その後、ホテルの近くのバーでビールを飲んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/15 Sun 阿佐ヶ谷「薫屋」でそば前。

朝。 昨夜の鍋物用野菜が残ったので、豚肉とショウガと一緒にクタクタ煮にする。

R0002385_edited1

夕方。 散歩がてら阿佐ヶ谷駅から旧中杉通りを北上して、早稲田通りの手前のおそば屋さん「薫屋」で蕎麦前を楽しみましょう。

生ビールを注文して、ホタルイカと菜の花の酢味噌和えを注文する。

R0002396_edited1

新じゃがで鴨じゃが。 こっくりしておいしい。

R0002398_edited1

甘くない卵焼き。

R0002399_edited1

山菜天ぷらの盛り合わせもサックリ揚がっている。

R0002401_edited1

こごみと舞茸の天ぷらを追加して、〆に十割せいろを頼んだ。

R0002406_edited1

このお店の蕎麦、香り高くて大好き。

しばしの週末の休息を楽しんだ。 明日からまた出張、今度はシンガポールだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

15/03/14 Sat

土曜日です! お休みです! 自分のベッドです!

今日だけは仕事をうっちゃって好きなことをしようと思っていたのに目が覚めたら朝の10時だった。 がーん、午前中がほぼ終わっちゃってるよー。

いつものように野菜ジュースを飲んで果物を切って食べる。

夫が歯医者に行く前に食事を作ってほしいというので、残り物の煮ものでけんちんそばを作った。

R0002379_edited1

夜。 きんぴら(母作)、クーブイリチー、蟹ときゅうりの酢の物。

R0002381_edited1

今日は夫の誕生日なので、リクエストにお応えしてしゃぶしゃぶ。 ちょっといいお肉を買ってきて、自家製ゴマダレ(レシピの半分の量)を作って、シャンパンを開けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/13 Fri

大阪日帰り出張。 

新幹線の中で仕事する予定だったが、疲れのため爆睡。

昼。 新大阪駅の「しおや」で。 たぬきそば。 二日酔いの内臓にお汁が染みわたる。 

R0002375_edited1

私の左隣の30代のサラリーマンがなんとなく不運なオーラを放っていると思ったら案の定、ずいぶん時間がかかって出てきたのは注文した天ぷらうどんではなくてきつねうどんだった。

右隣の20代の女の子の二人連れは若者らしく海鮮丼ときつねうどんのセットを頼んでいた。 可愛らしい大阪弁で話すので思わず聞き入ってしまう。 

仲直りしたばかりの彼氏からラインメッセージが朝から4回も入っているけど無視している、一度謝ったら何もなかったようにラインしてくるのが頭に来ると言う。 友だちも「ほんま、少し時間おいてほしいわぁ」と同意していた。 そんなものかしらん。

自分はゆっくりとたぬきそばをすすりながら、隣の会話を楽しんで店を出た。

事務所で7時まで新大阪で打ち合わせ。 エクスプレス予約で新幹線の席を確保して、神戸屋のバケットサンドイッチとビールを買ってのぞみに飛び乗った。

R0002378_edited1

サンドイッチがおいしくて食欲のスイッチが入ってしまい、社内販売でさらに別のサンドイッチを買ってしまった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/12 Thu 伊勢廣のやきとり。

夜。 海外からの顧客と会食。 「焼き鳥食べたい」とのリクエストでホテルから近い帝劇の「伊勢廣」へ。

大振りの焼き鳥で、直球のおいしさ。 でも食べきれなくてお土産にしてもらった。

R0002374_edited1

その後、ホテルで2時半まで飲む。 体が壊れてしまいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/11 Wed 新高円寺「ぐらんま」で、日本酒と家庭料理。

ひさしぶりの出勤はひさしぶりの自転車で。 疲れと時差ボケで効率悪いので、早めに切り上げて帰宅する。

R0002335_edited1

夜。 おいしい家庭料理が食べたくて、高円寺の「ぐらんま」に出かける。

付け出しのホウレンソウの胡麻和えとポテトサラダ。 ポテトサラダがポッテリしてとてもおいしい。

R0002337

煮物。

R0002341

マーボー豆腐。 しっかり花椒がきいています。

R0002343

板わさ。

R0002348_edited1

山菜の天ぷら。

R0002350_edited1

焼き岩のり。 店主の親戚が海で採ってきたそうで、とても肉厚でおいしい。

R0002351_edited1

〆は筍ごはん。 春ですねー。 

R0002353_edited1

今日も大満足のおいしさだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/10 Tue 久しぶりの帰宅と簡単自炊。

夜中のドバイ発のフライトで帰国。 

今回の出張では総飛行時間が30時間に及んだが、観た映画はたった1本。 「セッション」という映画で、これがとても面白かった。

名門音楽学校の鬼教授と生徒(ドラマー)の壮絶なバトルのお話。 特訓が狂気じみていて最後まで息がつけない。 ラストがすごく好き。

夕方、帰国。

へとへとに疲れてるけど外食はもう嫌だー、と冷蔵庫の残り物をかき集めて夕食を作る。

白菜と肉団子の煮込み。 ねぎ・ショウガ・椎茸・春雨などを入れた。 汁物が内臓にしみわたります。

R0002322_edited1

香港の塩魚のハムユイ。 高峰秀子の「台所のオーケストラ」に従って多めの油で揚げ炒めにしてみた。 簡単なレシピとはいえ、だいたいハムユイのレシピを載せるなんて通すぎる。 大女優なのにやるじゃありませんか。

R0002319_edited1

多めに作って冷凍しておいた香港焼きそば。

R0002325_edited1

ドバイで買ってきたイラン製のピスタチオ、など。

R0002320

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/09 Mon ドバイ「The Meat Co」で熟成肉のステーキ。

午前中、顧客トップへのプレゼン、その後CFOも参加してランチ。 

今回の出張のメインイベントが無事済んでよかった。 アラブ人って魅力的な人々です。 

夜。 同じ顧客の別のメンバーとカジュアルな会食。 昨日観光で回ったショッピングモールのベルギービアバーで待ち合わせ。

メンバーは日本人二人、あとはインド人、レバノン人、イギリス人、デンマーク人が一人ずつととてもグローバルです。

この作られた緑と水。 

R0002308_edited1

ディズニーランドにいるのかと錯覚するくらい。

R0002310_edited1


R0002315_edited1

おまけに地金の自販機まであります。

R0002318

食事は顧客のリクエストでステーキの「The Meat Company」というレストラン。 熟成肉のフィレステーキがとてもおいしかった。

Img_0006_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/08 Sun ドバイのパークハイアットで一休み、ドイツ風前菜とアラビアの肉。

ドバイで困るのはお酒がないということです。 もちろん大きなホテルやレストランにはフツーにお酒が置いてあるけど、今回は利便性を優先して、お酒はないけど空港から近く顧客の隣のホテルに泊まることにした。

夕暮れどき。 仕事もひと段落しても、冷たいビールがないのがこんなに辛いとは!

同行者が「ホテルの回りにはお酒が飲めるところがなにもないはず」と言うので、例のごとく周辺をググってパークハイアットに行く。

敷地内の川辺にはたくさんのボートが停泊している。

R0002261_edited1_2

ゆったりした造りのホテルルーム。 リゾート気分が満載です。

R0002262_edited1

テラスバーでビールを頼む。 ひー、おいしい。

軽食に期間限定のドイツメニューがあり、コールドミールの盛り合わせを頼んでみると、私の好物がバランスよく並んだ一品がでてきた。

チーズもハムもフムスもとても上質で大満足。

R0002268_edited1

特にスイートマスタードがよくソーセージに合うこと。

R0002269_edited1

白ワインに替えてゆったりしていると、とっぷり日も暮れた。

R0002271_edited1

アラビアの幻想的な夜。

R0002280


R0002284

ホテル内の「カフェ・アラベスク」というアラビア料理のレストランに行く。

R0002294

ここは中東料理のビュッフェレストラン。 

めくるめく前菜、

R0002286_edited1


R0002287


R0002291_edited1

アラビアパン、

R0002289_edited1

デザートなど。 

R0002290_edited1

すごくおいしそうだったけど、すでにバーで前菜をたっぷり楽しんだので、メインをアラカルトで肉のグリルの盛り合わせを注文してシェアすることにした。

赤ワインと温かいアラビアパンをつまんで肉を待つ。

しばらくしてグリル登場。

R0002297_edited1

ピタブレッドをめくると、チキン、ラム、ラムひき肉のグリル。 最高の焼き加減で炭の味で表面がカリッと焼けていて、中は肉汁がたっぷり。 特にひき肉のアダナケバブが気に入りました。

R0002301_edited1

おいしいものと贅沢な空間と赤ワインで、疲れてコチコチになった体がほぐれていくのがわかる。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/08 Sun ドバイの休日。

出張中の週末は初めてのドバイです。 今まで日々をやり過ごすのに必死だったので、ドバイの予備知識ゼロです。 ロンドンで顧客が「ドバイのオールドタウンはいいよ」と薦めてくれたのでそこには行ってみよう。

朝。 寝坊して、10時に朝ごはんをホテルで食べる。 食堂のビュッフェには中東らしくフムスやアラビアパンなどが並んでいてとてもおいしかった。

午前中にタクシーを頼んで2時間ほどお勧めのスポットを回ってもらうことにした。

オールドドバイのゴールドマーケット。 アラビア風の金製品が並んでいる。 「これ、いったいどういう場面でつけるんですかね」と同行者が言った、たしかに。 肩こりさんには拷問ですね。

R0002244_2

スパイスマーケットはゴールドマーケットと隣接している。 海から引き込んだと思われる川が流れていて、岸には積荷や船が延々と続いて昔の人々の生活がしのばれる。

R0002245_3

お土産屋さんで気が付いたらこんな恰好させられてました。 買わない?と言われたけど、もちろん断った。

R0002243_2

サフランなど山のようにスパイスを買ってしまった。 手前左の丸いものは乾燥レモン。 手前右は軽石。

R0002392_edited1

ビーチ。 

R0002250_edited1_3

エメラルドグリーンの海がきれい。 もちろん地元の人たちはここには来ない。 途中に女性専用のスイミングプールがあったくらいだし。

R0002251_edited1_2

有名なホテル。

R0002253_edited1_2

その隣の古い市場を再現したショッピングモール。

R0002255_2

中にはたくさんお店があり、客引きはいっさいなしでゆっくり回ることができる。

R0002256_edited1_3


R0002257_edited1_2

ドバイは町全体が砂漠の上に建つ巨大なアミューズメントパークだ。 何もかもが大きくて何でもそろっている。 なんとインドアのスキーゲレンデまである。 

視界は砂漠の砂でいつも煙っていて、ときどき砂嵐がおこる。

砂で煙った巨大なビル群をタクシーの窓から眺めていると、この風景が夢なのか現実なのかわからなくなる。

3時間くらい観光してホテルに戻り、部屋に戻って仕事をした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/07 Sat

またまた移動の日。

ホテルの朝食。 イギリスなので、ちょっと英国風にしてみた。 

チーズは飛行機の非常食用に。 何度か離陸が遅れて数時間機内に閉じ込められてひもじい思いをしてからというもの、すぐつまめる非常食を搭乗前に必ずバッグに入れておくことにしている。 

Img_0004_edited1

朝10時にホテルを出て、ヒースロー空港に向かう。 昼の便に乗ると、ドバイ着は23時半。 一日が消えてしまった感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/06 Fri ロンドンでタパス。

昼。 顧客と会食ミーティング。 The Follyというおしゃれなレストランに行った。 雰囲気とビールの味は最高だったが、料理の味はよく覚えていない。 

野菜不足だったので、前菜に芽キャベツとベーコンのソテーを頼んだら、みんなが身を乗り出してびっくりするので、こちらがびっくりした。 子供はみんな芽キャベツが嫌いなので、クリスマスには必ず食べるという。 そして芽キャベツを食べたらご馳走を食べてもいいことにして食べさせてしまうそう。

夜。 ランチが終わったのが3時前だったのでお腹がすかない。 そんなときは量の調整がきくタパスにしましょうか。

ホテル近くのタパスバーをググってみる。

知らない土地ではグーグルマップにお世話になっています。 連泊する場合は自分の足でホテルの回りをチェックして気になった店に入るけど、時間がないときはグーグルマップで自分のホテルを入力し、付近のお店のキーワードを入れるとたくさん候補が出てくる。

さて、その候補の中から「Barcelona Tapas Bar」というお店に行ってみると、ゆったりとしてなかなか感じのいいお店だった。

タパスバーに行くと頼むものは決まっている。 私はシンプルな料理が好きなので、まず生トマトとニンニクをこすりつけたパン。

R0002228_2

ハムの盛り合わせ、

R0002227_edited1_2

しし唐炒め、

R0002235_edited1_2

キノコのアヒージョはメニューになくて、クリーム煮。

R0002237_edited1_2

ベビーカラマリのフリット。

R0002233_edited2

ニンニク入りのマヨネーズに漬けて食べる。

R0002234_edited1_2

ワインもとてもおいしくて、幸せ。 お腹にずっしりこないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/05 Thu

午前中。 顧客訪問。 その後、顧客の本社ビルの専属レストランで会食。

今回のメインイベントのひとつが終了。

夜の便で、ロンドンに移動。 ホテルのバーで飲んだビールが冷たくておいしかった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/04 Wed マルセイユ「La Brasserie du Port」のブイヤベースもどき。

今日はオランダからフランスに移動の日。

3時前にマルセイユのホテルにチェックイン。 1時間ほど時間があるので、近くのスーパーマーケットの場所をフロントに聞いて出かける。 その土地のスーパーマーケットをチェックするがささやかな楽しみです。

戻って4時から打ち合わせ。 

6時過ぎに事前打ち合わせを終えて、中心街に繰り出す。

同じヨーロッパでも北と南では空の色も違う。 なんでしょう、この解放感。 

R0002205

R0002204

R0002202

お目当てのブイヤベースのお店に行くと7時まで開かないという。 その対応がすごく感じ悪かったのでこの店で食べる気が失せてしまった。

時間つぶしに近くのカフェレストランでビールを頼むと、自動的にラスクとタプナータが出てきて、このタプナータがさりげなくとてもおいしい。

R0002206_2

お代わりに白ビールを頼むと、

R0002208

今度はヒヨコマメのカレー風味のペーストが出てくる。 こちらもビールによく合う。

R0002209

陽気で小太りのギャルソンのおやじに「おすすめのブイヤベースのお店教えて」と聞くと、数件教えてくれた。 ここから少し距離があるので悩んでいると、ギャルソンおやじが「ブイヤベースは天然の魚で作ると決まっている。 うちの店は養殖ものを使ってるからブイヤベースと名乗る資格がないけど、味は保障する」と言うので、そのままこの店で食べることにした。 

レストランの席は地元客で満席だったので、我々が座ってるバーコーナーの席をギャルソンおやじがナプキンやカトラリーを並べてテーブルセッティングしてくれた。

ギャルソンおやじがあれこれ世話を焼いてくれる。 このオヤジは人懐こくてどのテーブルの客ともすぐに話し込む癖があるので、一度われわれのテーブルを離れるとなかなか戻ってこないという難点がある。

前菜はおやじのおすすめの3種のチーズの前菜ををシェアした。 ワンタンの皮みたいなものにそれぞれに違うチーズが入っている。 生野菜もたっぷりついていて満足。

R0002211_edited1

おやじのおすすめの白ワイン「Cassis」。

R0002212

ブイヤベース「もどき」。 とても美味。 すっきりしたワインとよく合う。

R0002215_edited1

ルイユと乾パンと一緒に食べる。

R0002214

初めてマルセイユに来た同行者はよほど気に入ったらしく、一言も発せずもくもくとブイヤベースを平らげていた。 

最後におやじが我々にレモンチェッロをサービスしてくれて、レモンチェッロに目がないオランダ人の同僚は大喜びした。

外に出ると、月がきれい。

R0002218

ホテルに戻る頃にはデンマーク人の同僚も到着して、ホテルのバーワインを飲んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/03 Tue 「Zeezout」の玉ねぎマヨネーズとサプライズコース。

ロッテルダムの一日。

午前中、事務所で電話会議など。

昼。 顧客とランチミーティング。 顧客が魚料理のお店「Zeezout」に連れて行ってくれた。

お勧めのサプライズつきのお任せコースというものを頼んでみる。

パンと一緒に出てきたのが、ローストした玉ねぎの中身をくりぬいてマヨネーズや香辛料と合わせたソースとパン。 これがすごくおいしい。

R0002178_edited1

マスタードのアイスクリーム。

R0002179_edited1

前菜は魚のタルタルサラダ。 洋風なめろうです。

R0002180_edited1

メインは魚のグリル。 カリフラワーのムースが添えてある。

R0002181_edited1

デザートはチョコレートケーキ。

R0002184_edited1

食後にマキアートをすすっていると、お店のスタッフが来てコーヒー皿をひっくり返してみて、と言う。 

ひっくり返すと、なんとお皿の裏にクレームブリュレが。 遊び心満載のお店でした。

R0002186_edited1

夜。 昼がコース料理だったので、軽くカフェでつまむことにする。 

R0002188

オランダ語で「美しい」という意味のお店。

R0002190

お店のおすすめのビールを頼む。 ヨーロッパではビールと同じロゴが入ったグラスに継がれて出てくることが多い。

R0002191

定番のおつまみのビターボーレンをつまんだり、

R0002193_edited1

ドイツ風ピザをつまんだり、

R0002192_edited1

ワインに切り替えてチーズをつまんだりしたら、お腹もいっぱい。

R0002194_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/02 Mon ロッテルダムへ。

朝。 フルーツを食べて、ちりめん山椒と胡麻とひじきのおにぎりを作って出かける。 今日から欧州・中東に出張。 今月は出張が続きます、ふう。

余裕をもってタクシーを予約したが、渋滞で新宿発の成田エクスプレスに乗り遅れる。 直前にネットで予約を変更して東京駅で次の電車に乗ったら、ぼぉっとして第2ターミナルで降りてしまった。 連絡バスで第一ターミナルに移動してチェックイン。 チェックインでも座席の確保に時間がかかったので、両替する時間もなくゲートに向かった。 なんだか出鼻をくじかれた感じです。

今回はアムステルダムまでKLMの直行便。 溜まった仕事をやっつけていると、隣の女性客も私と似たような年恰好でシャンパン飲みながらずっと仕事の書類をめくっている。 お仲間がいて嬉しい。

KLMの和食はあまり口に合わないので洋食を選ぶと、私が最前列だというのにCAが「希望に添えないかもしれない」と言う。 前回もそうだったので、むっとして見せたら洋食が出てきた。 日本人乗客の数だけ和食を用意しているのだろうか。

R0002169_edited1

メインはビーフの煮込みとマッシュポテト。

R0002170_edited1

仕事がひと段落してもなぜか映画を見る気にならず、本を読んだ。 この間読んだ高峰秀子のレシピ本「台所のオーケストラ」がとてもいい本だったので(料理本の座右の書にしてもいいくらいです)、「私の渡世日記」の上巻をバッグに入れてきた。 あっという間に読み終わってしまい、こんなことなら下巻も一緒に持ってくればよかったと後悔しきり。

軽食はクラブハウスサンドイッチとオランダのアップルパイと生クリーム。

R0002173_edited1

夕方。 アムステルダム空港に到着。 電車でロッテルダムに移動する。 ホテルにチェックインしてさっそく近くのスーパーに出かけて、パン・チーズ・スープなどを買う。 

夜。 同行者がホテルに着くころにはすでに8時前。 遠出も面倒なのでホテルのレストランで済ませる。 生春巻きを前菜でシェアして、メインはシーザーサラダを食べた。 

R0002177_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/01 Sun

朝。 チャーハン、カブの浅漬け、お味噌汁。

R0002155

明日からの出張の顧客へのお土産を買いに、新宿に出かける。 

昼。 デパートの催物会場で信州のおそば屋さんの特設レストランができていたので入ってみた。

天ざる。

R0002156

お蕎麦はおいしいのかもしれないけど、水切りが不十分でざるの底に水が溜まって水っぽいことしきり。

R0002158_edited1

夜。 タイ風春雨サラダを作る。 さっぱりすっきりおいしい。

R0002160

メインは鶏肉とジャガイモのタジン。 香菜をたっぷり乗せて食べた。

R0002167_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »