« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

15/05/31 Sun 旬のアサリとアスパラガスの原種。

昼。 最後のワラビは山菜そばにして食べる。 栄養バランスを考えて、さつま揚げ、人参の煎り煮、大根おろし、海苔も追加。

R0003517_edited1

午後。 なんだか疲れがたまっていて自炊する気になれないなー、と言いつつ図書館のあとに荻窪駅の商店街をのぞくと新鮮な食材がたくさん並んでいて、一気に料理気分が盛り上がりいろいろ仕入れてきました。

夜。 旬のアサリはしっかり砂出しして、ニンニクをじっくりオリーブオイルで香りだしした後、あさりと白ワインを入れて強火にして鍋にふたをして蒸し焼きにする。 貝の口が開いたらでき上り。

出来上がりに青ネギの小口切りを散らす。 アサリをパクリ、白ワインをぐびり。

R0003530

お皿に残ったアサリのスープは固めに茹でた素麺に吸わせて全部食べてしまう。

R00035352_edited1

メインはカジキマグロのグリル。 手前に見える青いツクシみたいな野菜はアスパラガスの原種。 小さなさやいんげんや茹でたジャガイモをたっぷり添えた。 ケーパーやタプナードが味の変化になってお勧めです。

R00035383_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/30 Sat 阿佐ヶ谷「やのしん」のお蕎麦と、つなポンごはん。

午前中。 気功教室。

昼。 阿佐ヶ谷の一軒家のおそば屋さん「やの志ん」に行く。 お仲間が生ビール頼んだので、みんなつられて頼んじゃった。

このお店、お蕎麦がどんどんおいしくなっています。

R0003497_edited1

私が注文したのはその日の限定の「茄子とミョウガの鴨せいろ」。 しつこくなりがちな鴨汁に茄子とミョウガの爽やかな味がアクセントになっていて、蕎麦湯で薄めながらお汁を全部飲み干すほどの美味しさ。 

R0003498_edited1

午後。 食品庫に仕切りボックスを導入して整理していたらおいしそうな瓶詰が出てきた。  夏トリュフとオリーブのペースト。 フランスの空港で買ったような記憶がある。

R0003503_edited1

トリュフの香りがするタプナードです。 ちょうどいい塩加減でとても美味。 パンに塗って食べるとワインが進むこと。

R0003505_edited1

おつまみは洋風ですが洋食一辺倒だと夫が辛いので、お献立は極めて和風になってます。

モズクのそばつゆ和え、長いもの梅肉おかか和え、

R0003510_edited1

ワラビと薄揚げの煮びたし。

R0003502_edited1

ご飯はこのサイトで炊き立てごはんにツナ缶を入れて蒸らすっていうのを見てやってみた。 山菜はないので茹でた小松菜を細かく切ってツナ缶と一緒に入れた。 塩昆布の薄切りを入れて味を調えると、なかなかいける味になりました。

R00035121_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/29 Fri 外苑前のラムバーガー。

昼。 台湾の顧客が家族旅行で来日しているので一緒にランチ。 

顧客はサラダとスープ。 息子さんは神戸ビーフのハンバーガー。 私はラム肉のバーガーにする。

パンがサワドウっぽくておいしい。 ラム肉はもう少しスパイスが効いていたら最後まで飽きずに食べられたと思う。

R0003478_edited1

フライトポテトは生のジャガイモで作ってある。

R0003479_edited1

彼が日本に駐在していた頃、仲良くしていた。 目の前でバーガーにかぶりついている中学生の息子さんもその頃はまだ生まれていなかった。 月日は飛ぶように流れていく。

夜。 部会を近くのタイ料理の店で。

R00034841_edited1

初めて話す人たちもたくさんいて、とてもよい会だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/28 Thu 阿佐ヶ谷のラオス料理「サバイディー」。

夜。 夫と待ち合わせて、阿佐ヶ谷のラオス料理「サバイディー」に行く。

ラオス風生春巻き。 

R0003475_edited1

エビと春雨の煮込み。 とても美味。

R0003476_edited1

ラオス風ソーセージ。 角切りチーズのように見えるのは、なんとショウガ。 ショウガと一緒にソーセージを食べる。 とてもよい相性です。

R0003477_edited1

こういう小さなエスニックの店は若い客や女子率が高いのだけれど、ホールを担当しているオーナーが美人で若いので、彼女が目当てらしいおっさん4人組もまぎれこんでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/27 Wed 自家製パンチェッタで新キャベツのホットサラダ。

定期健診のため、会社お休みする。 検査は午前中で終わるけど、最近は仕事量も多く緊張も続く毎日なので、できるときに息抜きも兼ねて。 心の病気は身体の病気に比べてうんと長引くので、予防が肝心です。

昼。 母が遊びに来て、ニシンそばを作る。 九条ねぎをたっぷりと。

R0003456

夜。 自家製パンチェッタで新キャベツといんげんと新玉ねぎのホットサラダ。 パンチェッタ、うまいです。 塩だけでこんなにおいしくなるなんて、熟成は魔法だ。

R0003465_edited1

メインはランプ肉のステーキ。

R0003470_edited1

ホットサラダがおいしかったので、もう一度作った。 お弁当にしても軽い夕飯にしてもいいので、調理後冷蔵庫に格納。

R00034711_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/26 Tue 今週のお弁当。

月曜日。 キノコとベーコンのペンネ、お惣菜盛り合わせ。

R0003446_edited1

火曜日。 いんげんとおかかの醤油煮と柴漬けで混ぜごはん。 お惣菜。

R00034501

水曜日。 検査のため会社を休んだので、お弁当もお休み。

木曜日。 冷やしタヌキ。


R0003473_edited1

金曜日。 会食のため、お弁当お休み。

自転車で帰る道。 国立競技場から新宿方面に向かう信濃町の手前。 夕陽がとてもきれい。

Img_3729


| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/25 Mon 自家製パンチェッタ完成。

3日間でパンチェッタが完成。 いい感じです。 3-5㎝くらいに切ってから小分けにして冷凍します。

R00034481_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/24 Sun 自家製パンチェッタと、阿佐ヶ谷こだわり「黒猫茶房」のカレー、「じゅうぞう」のお寿司。

昨日買ってきた豚バラでパンチェッタ作りの最中です。 シンプルに塩だけで作ってます。 レシピはこちらを参考にしました。

キッチンに行った夫が「肉がぶら下がってる!」と驚いた。

R00034251

朝ごはん。 昨日のロールキャベツの中身が余ったので、醤油・ショウガ・ニンニクを追加して練り直し、肉団子にして揚げた。

R00034241

午前中、気功教室。

昼。 阿佐ヶ谷のカフェ「黒猫茶房」にカレーランチを食べに行く。

まずサラダが出てくる。

R00034271

カレーは野菜、チキン、ハーフ&ハーフから選べるので、ハーフ&ハーフにしてみた。

じっくり丁寧に作った味がする。 

R00034291

食後のコーヒーも時間をかけてゆっくり淹れている。 すごくおいしいコーヒーだった。 コーヒーカップも珍しいものが棚に並ぶ。 こだわりの小宇宙が点在する阿佐ヶ谷は面白い街だ。

夜。 黒猫茶房の隣のこだわりの寿司屋さん「じゅうぞう」に行く。

今日はお任せコースにした。 ご主人は鉄火巻き好きの我々のことを覚えていて「コースに鉄火巻き入れましょうか」と言ってくれる。

ウニ乗せ卵豆腐。

R00034301

つぶ貝と鯵。 梅醤油が出てきて「鯵に漬けてみてください」とのこと。 ほんのり梅の香りがする。

R00034311

一口大の丼。 これなんだっけ、なめろうみたいな味だった。

R00034331

鯛の白子。 梅醤油にすごく合う。 梅醤油は梅とお醤油とみりんを合わせて1年寝かせるとのこと。 私も作ってみようかな。

R00034341

イカ。

R00034353

ヤングコーンの蒸したの。

R00034381

貝。

R00034391

鯛。

R00034401

タコ。 細かく切り目が入れてあって食べやすい。

R00034411

ここからはほかの客が入ってきたので、画像はなし。 残りのお寿司もおいしかった。

でも画像がないと細かいことを思い出せない。 よく人から「一度しか行ったことのないお店の料理のこと、ほんとよく覚えてるよね」と言われるけど、実は、写真を撮るのであとから何度もその料理の画像を見るからなのだ。

写真を撮ることは、記憶を強化する行為でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/23 Sat

ブランチにズッキーニとベーコンのペンネ。 付け合わせは人参ラペのクミン風。

R0003410_edited1

夜。 ソラマメ、糠漬け、じゅんさい。

R0003413

スモークサーモンサラダ。

R0003414_edited1

メインはロールキャベツ。 母がキャベツを茹でて持ってきてくれたので簡単にできた。

R0003418

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/22 Fri 外苑前ランチその2、ウラクの「ラルゴ」。

昼。 社長とランチ懇親会。 ウラクのラルゴに行く。 

ラルゴは会員制のレストランで洋食から和食までランチメニューが豊富だが、私は太っているのでおそばにする。 天ぷらを付けてもらった。

登場した蕎麦は茶そばでした。 さっぱりとしておいしかった。 

R00034081_edited1

この店は仕事関係の会食の客が大半を占めるので、フォーマルな会食に飽きた人のために麺類があるのでしょうね。 嬉しい心遣いです。

夜。 書類の手直しが必要で、結局提案書を発信したのが夜中の0時前。 夕食を取る時間もなかったので、ふらふらになりながら自転車で帰宅。

夫が起きて待っていてくれたので、ワインを一杯とチーズ一切れで少しおしゃべりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/21 Thu 外苑前ランチその1、サバティーニのパスタランチ。

昼。 上司と密談ランチ。 青山のサバティーニ(安い方)に行く。 前菜とパスタとコーヒーのコースを頼む。

前菜の盛り合わせ。 いろいろバランスよく盛られていて、ワインがほしくなっちゃう。

R0003406_edited1

パスタはエビとリコッタチーズのパスタにした。 おいしかったけど、味が単調で途中から飽きちゃった。 上司がご馳走してくれるので全部食べたかったけど、私には量が多すぎて残してしまった。

R0003407_edited1

前菜ダブルって注文できないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/19 Tue 今週のお弁当。

月曜日。 海苔弁。

R0003381_3

火曜日。 シーフードサラダ。

R0003394_edited1

水曜日。 冷やし中華。

R00033981

木曜日、金曜日は会食のためお弁当お休み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/18 Mon 新高円寺「ぐらんま」のミートソース。

夜。 「ぐらんま」に行く。

お通しはワラビのお浸しとピーマンと肉のサラダ。

R0003385

山菜の天ぷら。

R0003386_edited1

ホタルイカの干物。 冷酒が進みます。

R0003387

だし豆腐。

R0003389_edited1

メニューにミートソースとある。 麻婆豆腐とミートソースは常連さんに求められて交互に日替わりメニューに入れているそう。 「ラーメンはないんですか」と聞くと「たくさんリクエストあるけど、スープを作るが無理」とのこと。

出てきたミートソースはとてもおいしかった。 

R0003390_edited1

付け合わせににんじんサラダが出てきた。 かすかにニンニクが効いておいしい。

R0003392_edited1

ごちそうさまでした。

続きを読む "15/05/18 Mon 新高円寺「ぐらんま」のミートソース。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/17 Sun

今朝のキッチン仕事は、炒り豆腐、ひじきの醤油煮。

R0003370

昼。 茹で豚でラーメン。

R0003371

夜。 前菜の盛り合わせは、炒り豆腐、いんげんのお浸し、トマトと新玉ねぎとひじきのサラダ。

R0003373_edited1

生シラスも少しお刺身で。

R0003378_edited1

生シラスのアヒージョ。

R0003376

メインは小さなキンキで塩焼き。

R0003380

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/16 Sat ホットサラダとローストポーク。

午後。 立教女学院まで自転車で佐藤初女さんの講演会に行く。 もうこれで最後かな。

夜。 ローストポークを作ったので、ホットサラダと合わせて食べた。

R0003363_edited1

あとはチーズ、パン、サラミ、ワイン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/15 Fri 虎の門の老舗洋食「ケルン」で飲む。

午後アークヒルズで仕事だったので、終了後みんなで虎の門の「ケルン」に行く。

ケルンは店内もゆったりしていて古き良き時代の洋食屋さん。 夜来るのは初めて。 

しっかりした洋食系のメニューもあるけれど、量が少なめのおつまみ系のメニューも充実している。

ポテトサラダ。

R0003345_edited1

きびなご焼き。

R0003343_edited1

名物のカツサンド。 ひれ肉でおいしい。

R0003347_edited1

焼き鳥はオーブンで焼いてコールスローが添えてある。 これもおいしい。

R0003348_edited1

お店の一押しのクリームコロッケ。 お勧めだけあり、とろとろ。

R0003350_edited1

シラスピザ。

R0003353_edited1

ナポリタンは王道の味。

R0003355_edited1

最後に誰かが頼んだポテトフライがまた絶品だった。 ほんのりバターの香りがして。

R0003356_edited1

店内では客がそれぞれ馴染のメニューに舌鼓を打っていた。 気取らないけど成熟した空気が店に流れている。

マッカーサー通りが開通して町もずいぶん変わってきているけど、虎の門・新橋のそこここに今だ残る昔ながらの佇まいが私はやっぱり好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/14 Thu

珍しくアポがない一日なので在宅勤務でメールを片づける。


昼。 阿佐ヶ谷のラオス・タイ料理「サバイディー」に行ってみる。

ランチはサラダとスープがついてくる。

R0003327_edited1_2

ひき肉バジルご飯にする。 ご飯はジャスミンライスで香りがいい。 ボリュームのあるランチでした。

R0003332_edited1

夕方まで必死になってメールをこなしていたら、終わる頃にはへとへとでソファーに倒れこむ。

夜。 夜ごはん作ってねと言いながら夫は朝出勤していったので、なにかおいしいもの作ろうと思っていたけど、力尽きてルーベンサンドのワンプレートメニューにした。

R0003336_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/13 Wed 高円寺の大阪。

昼。 顧客とランチで鰻。 時々食べるとやっぱりおいしい。

R0003316

夜。 高円寺の南側の裏通りに小奇麗なお好み焼き屋さんを見かけたので、夫に「今夜はお好み焼きにする?」と聞くと、関西人の夫は「お好み焼きと言われて断れるはずがないでしょ」といそいそと賛成する。

「SOURCE」というお店。 

粉ものを待つ間、生ビールと長芋の梅肉和えを頼む。

R0003318_edited1

イカ焼き登場。 チープな美味しさだが、大阪人の夫は「卵が入っていて贅沢すぎ」と言う。

R0003319_edited1

トマトのチーズ焼き。 見た目よりおいしい。

R0003320_edited1

豚イカ玉。 ふわふわ。

R0003323_edited1

そのうち客が続々と何組も入ってきて店が満席になったが、なんと全ての客が関西弁でしゃべっていてびっくり。

続きを読む "15/05/13 Wed 高円寺の大阪。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

15/05/12 Tue ロールキャベツ。

午前中の便でバンコクを立ち、夕方6時に羽田に到着。

機内で。 大好きなジョニー・デップのコメディがあったので見る。 「チャーリー・モルデカイ」という映画。 好きだわー、こういうの。 
「ツーリスト」でジョニー・デップを追いかける刑事役の俳優がこの映画ではジョニー・デップの忠実すぎる用心棒役で、いい味を出している。
グイネス・パルトローの髭アレルギーも可愛かった。

午後6時ころ、羽田着。

夜。 前菜は、じゃこチーズトースト、きゅうりとわかめの酢の物。 

母がロールキャベツを届けてくれたので、野菜・ベーコン・シイタケのスープで温めてメインとする。

R0003314_edited1

汁ものが体に染みわたります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/11 Mon バンコクのファミレス「S&P」。

昼。 朝ごはんをたくさん食べたので、お腹が空かない。 ホテルのコンシェルジェで軽食のお店を聞くと角を曲がったS&Pを紹介してくれたので行ってみる。

和洋中のファミレスで、私は揚げ豆腐ともやしと卵の炒め物を頼んだ。

R0003311_edited1

同行者の頼んだ春巻きもおいしかった。

2時から顧客と打ち合わせ。 4時間半に及ぶ打ち合わせ。 こちらも向こうもへとへと、しかしまだ受注に至らず。

その後、顧客と会食。 顧客の希望で和食だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/10 Sun バンコク、リバークルーズ。

半日だけ観光する時間があるので、ホテルのコンシェルジェにお勧めを聞くと、地下鉄でボート乗り場まで行きそこからボートに乗って王宮やお寺エリアに行くといいと教えてくれる。

地下鉄は便利。 車内は死ぬほど冷房が効いていた。

ボート乗り場。 小さなボートは料金を吹っかけられるからなるべく大きなボートに乗るようにとのこと。 われわれの乗ったボート。

R0003253_edited1

船内。

R0003255

ビル群をあとにして出発します。

R0003257

川沿いのホテルの前も通る。

R0003261

だんだん景色も変わってきます。 風が気持ちいい。

R0003268

お寺が見えてきました。

R0003273

観光スポット周辺は大小のボートで大混雑。 みんなガンガン飛ばしていきます。

R0003280

王宮近くは観光客でごった返していて、ひとの海、海。 入り口若いを探していると男が寄ってきて「ここら辺は観光客をだます輩がいるので気を付けるように」と言う。 そして王宮はノースリーブと短パンでは入れない。 向こう岸の寺院なら中に入れるとと言う。 トゥクトゥクに乗って船着き場に行けばいい、金額は20バーツくらい、舟は一人800バーツくらいだ、それ以上ならぼられているので断るように、と言う。

トゥクトゥクに乗る。 がんがん飛ばしていく。 

R0003285

連れて行かれた船着き場はとても小さなところで業者が一人でやっていた。 この時点で王宮の男とトゥクトゥクの男とこの船着場はグルなような気がしてきた。 

船着き場の男は1時間のクルーズで一人1500バーツだと言う。 高いねーと言うと、二人で1500バーツでいいと言う。 
同行者はトイレが1時間持たないと言うし、なんだか最初からだまされて連れてこられた気がしてクルーズの気分にならないのではっきり断って大通りに向かって歩きだすと、舟男が追っかけてきて「二人で1000バーツ!!」と言う。 でも断った。

(のちにタイ通の私の美容師さんに聞いたら、王宮は誰でも入れるとのことで、やっぱりだまされていた。)

大通りでタクシーを捕まえて街中に戻る。 王宮の反対側。 

R0003286_edited1

この景色、オランダみたい。

R0003287

お寺にはお花がたくさん供えてあった。

R0003301

これはお祈りに一緒に踊ってくれるサービス。 暑い中、ずっと踊り続けているダンサーたちはかなり疲れがたまっているようで、投げやりに踊っていた。

R0003302

昼。 タイ料理がダメな友人のため、おいしそうなタイ料理レストランを横目で見ながら「クリスタルジェイド」の手打ち麺屋さんに行く。

いろいろ頼んだけど、この野菜餃子がすごくおいしかった。

R0003297


R0003298_edited1

日曜日のせいか、大通りは歩行者天国になり、屋台が続々と店開きしている。

R0003303_2

夜。 取引先が到着したので、ホテルで食事。

春雨サラダ。

R0003305_edited1_2

スペアリブとミートボール。

R0003307_edited1_2

手羽先。

R0003308_edited1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/09 Sat バンコクのフレンチと夜景。

今日からバンコクに出張。

ラウンジで朝ごはん。 お味噌汁の具が貧弱だったので、サラダバーの海藻をお椀に入れました。

R0003217_edited1

機内食。

R0003218_edited1

ステーキには焼きたけのこが添えてあった。

R0003220_edited1

エイミーアダムスが好きなので「ビッグ・アイズ」という映画を機内で見た。 あとで顧客に「機内で映画見ました?」と聞かれて何の映画だったかまったく思い出せず、帰りの飛行機で番組表をみてやっと思い出したという程度の感動度だった。 

4時前にバンコク着。 タクシーで1時間ほどでホテルに到着した。

バンコクは暑い! どんより雲が垂れ込めてさらに暑く感じる。

R0003221

夜。 友人と待ち合わせしてフレンチに行く。 友だちはエビが苦手なので「エビだし」満載のタイ料理はダメだし、私は生のホワイトアスパラガスが食べたかったので利害が一致した。

あらかじめ電話でホワイトアスパラガスがあることを確認しておいたので、当然ホワイトアスパラガス。 イタリア産だそうです。 この香りと歯ごたえ。

R0003225_edited1

スモークサーモンのクレープ包み。

R0003226_edited1

アンディーブのグラタン。

R0003229_edited1

ラムチョップのグリル。 これがすごくおいしかった。 炭の香ばしくて、でも中身は柔らかくて。

R0003227_edited1

フレンチフライも頼んでみたら、こちらも○。

R0003230_edited1

ごちそうさまでした。

その後、夜景を見にホテルのバーに出かけた。 ホント、きれいです。

R0003244

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/08 Fri

今日のお弁当も、冷蔵庫のお惣菜を詰めただけ。

カブと厚揚げと肉団子の煮もの
五目ひじき
人参の梅煮
わらびのお浸し
山ごぼう・漬物・梅干し
ごはん・ヒジキふりかけ

R0003214_edited1

遅くまで仕事。 明日からの出張の荷造りもしていないので、帰宅後にまず荷造り。 終わる頃には何も食べる気になれず、赤ワインを開けてチーズを切った。 

R0003215

開けた赤ワインがおいしくて、しみじみ嬉しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/07 Thu 南阿佐ヶ谷の「おお田」で、和食。

今日のお弁当は、牛肉と筍とピーマンのソテー、人参の梅煮、ワラビのお浸し、五目ひじき、沢庵。

R0003210_edited1

夜。 南阿佐ヶ谷の小さな和食のお店「おお田」に行く。 

もと「竹八」の板長さんが独立したお店で、夫が店の前を通りかかったらお店から竹八の板長さんが出てきて「おーっ」とお互いにびっくりして、それ以来私の出張中にしょっちゅう入り浸っているそう。

お刺身の盛り合わせを食べた後、 茹でアスパラガス。 梅マヨネーズが添えられている。

Img_3712_edited1

出し巻き卵。

Img_3715

シイタケの肉詰めフライ。

Img_3716

きちんとした和食で、ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/06 Wed ほぼ仕事一色の連休最終日。

遅めの朝ごはんは、夫のリクエストで冷やし中華。 昨日の残りのかに玉も入れちゃった。

R0003200

連休も最終日となりました。 今日こそはのんびり過ごそうと思っていたのですが、メールやら電話やらで処理しなければならないことがたくさん出てきて、午前中からフルで仕事モード。 気が付くと4時過ぎ。 

ひと段落ついて小部屋から出ると、夫が「もうビール開けてるよ、宴会始まるよ」と言う。

そうそう。 ビール開けて、連休の最終日の数時間を楽しみましょう。

稚鮎のオイル漬けを新玉ねぎの上に乗せる。 黒コショウをがりりっと散らす。

R0003202_edited1

昨日作ったカブと厚揚げの煮もの。

R0003204_edited1

イワシフライも揚げる。

R0003205_edited1

そんな風にちょこちょこ作りながら、大河ドラマ「義経」のDVDを見る。

最終日をいちにち引きこもりで終えるのは忍びないので、夜の散歩に出かける。

帰り道で高円寺のワインバルAccaに寄り、ソーセージとチーズ食べてワインを数種類楽しんだ。

R0003207_edited1

明日から会社だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/05 Tue ワラビのお浸しと、薫屋のおそば。

昨夜あく抜きしておいたワラビが出来上がりました。 

R0003177_edited1

朝ごはんに、さっそくお浸しで。 ねっとりしゃっきりで大好きな味。

R0003185

カブと厚揚げと肉団子のあんかけ。

R0003178_edited1

カニ缶の余っていとネギだけでかに玉。 一切調味料を入れなかったけど、蟹とネギの風味で十分おいしかった。

R0003181_edited1

明日の連休最終日はゆっくりと過ごしたいので、今日のうちに会社で来週のプレゼンの仕上げをしておこうと自転車で出勤する。

昼は持参したサンドイッチを食べながら仕事。 

結局6時前までかかった。 自転車を飛ばして家に帰る。

夜。 夫と歩いて旧中杉通の端のおそば屋さん「薫屋」に行く。

生ビールで、いんげんのくるみ味噌。

R0003191

牛筋の煮込みはトロトロ。

R0003189_edited1

サクサクの山菜天ぷら。

R0003192_edited1

甘くない卵焼き。

R0003194_edited1

そして〆は、十割そば。 今日のせいろも素晴らしかった。

R0003195_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/04 Mon 九十九里でハマグリ、のちホームパーティー。

みんなで九十九里までドライブに行くことにする。 妹一家と母のマンションで待ち合わせ、2台の車で行く。

義弟の車はSAでトイレ休憩をしたので、道の駅むつざわで待ち合わせする。 新鮮な野菜がたくさん並んでいて買い出しになった。 結局なかなか着かないので九十九里で落ち合った。

バーベキューのお店で焼き蛤を頼んで食べた。

R0003150

甥っ子はハマグリを焼くのが初めてだったので興味津々、ちょっと焼きすぎかな。

R0003154

みんなで海鮮丼を食べた。 私は母とシェアするつもりだったけど、予想外に小ぶりだったので母がほとんど食べた。

R0003152

その後、九十九里浜に出る。 気持ちいい。

R0003159_2

しばらく浜辺でゆっくりしたあと、みんなはまだまだ遊ぶというので、夫と私は一足先に帰宅する。 それでもかなり高速道路は渋滞した。

夜。 妹一家と母がご飯を食べに寄る。 

道の駅で仕入れた野菜たちは、

R0003167

3分間蒸し煮にしてホットサラダになった。 トッピングは目玉焼き。 

R0003170_edited1

メインはシェパーズパイ。 野菜がどっさりみじん切りで入っています。

R0003171_edited1

食後。 道の駅で仕入れたワラビを重曹であく抜きする。 ワラビは山菜の中でいちばんと言っていいくらい好き。

R0003172_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/03 Sun 阿佐ヶ谷はしごと「義経」DVD。

朝。 麻婆豆腐麺。 丁寧に作ったらとてもおいしくできた。

R0003135_edited1_2

夕暮れ時。 散歩がてら駅前に行く。 今日は地元の繁華街を散策してみよう。

最近できた餃子バル「WASHINTOKYO」に入る。 生ビールも数種類ある。

R0003136_edited1

突き出しは鶏ハム。

R0003138_edited1

餃子。

R0003140_edited1

羊のソーセージ。

R0003141_edited1

ここら辺で腰を上げて、また駅前を歩いてみる。 時間に追われる日々を過ごすうちに世代交代がすすんでいるのか、知らないお店があれこれできていた。

R0003148_edited1

スターロードに小さなお寿司屋さん「じゅうぞう」を見つけて入ってみる。 L字型の小さなカウンターだけのお店で、厨房はご主人のこだわりの調理道具が所狭しとと並んでいる。 小さな自分のお城というかんじ。

ご主人に聞くとすでに5年やっていると言う。 昔ここは中華料理のお店だったはず。

突き出しの巻貝(名前は忘れた)。

R0003142_edited1

煮あさり、ホタルイカ。

R0003144_edited1

マグロの漬け。

R0003145_edited1

カツオの鉄火巻き。

R0003147_edited1

ここからはほかの客も入ってきたので、撮影禁止。 穴きゅうを食べたことは覚えている。 一人でやっているお店なので、お任せのほうがいいのかもしれない。 次回はそうしよう。

早々に帰宅して、ワインを飲みながらDVDを見る。 NHK大河ドラマ「義経」の全巻をDVDで買ったので、毎日数話ずつ見るのが楽しみ。

渡哲也の平清盛、平幹二郎の後白河法皇、松平健の弁慶、中井貴一の源頼朝など、義経を取り巻く役者が多彩でもう一度ゆっくり見たいと思っていた。 ネット配信が見つからないので、NHKに問い合わせたら配信していないし配信の予定もないというので、思い切ってDVDを買ったけどそれだけの値打ちはありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

15/05/02 Sat

朝。 イワシのつみれ入りお雑煮。

R0003120

午前中。 新宿で母のお買い物に付き合う。 と言いつつ私の方が母よりたくさん買ってしまったという事実。

昼。 西新宿のおうどん屋さんで、サラダうどん小(私)と、タヌキうどん小(母)。 昔はおいしいと思ったけど、茹でアスパラガスがぐにゃぐにゃになっていて野菜がすでにダメなんだな。

夜。 長いお休みの自炊は乾物系を楽しむ。 今朝も干し椎茸とかんぴょうの煮ものを作った。

戻したひよこ豆を煮たので、エビと新玉ねぎとニンニクでマリネにする。 食べるときにジェノバソースをトッピングした。

R0003121_edited1

今日のホットサラダはミニトマト・新キャベツ・スナップエンドウ・カブ。 味のアクセントはももハム。

R0003125_edited1

メインはサヨリのハーブソテー。 九条ねぎをたっぷり乗せた。

R0003127_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/01 Fri 「アピシウス」の海亀スープとホワイトアスパラガス。

今日から私のゴールデンウイークだ。

5月の連休は東京が一年で唯一リゾート地みたいな気候になる時期なので、自宅を拠点にゆるーく過ごすのがいちばん好き。お風呂だって家の窓を開け放って入ればもう屋根付き露天風呂の気分で、私ってつくづくお手軽である。

今年はなぜか夫の温泉コールもないので泊まりの予定はなし、しめしめ。

昼。 母が豆ごはんを作ってきてくれる。 

R0003088

先日作った厚揚げのそぼろあんかけをもう一度作ってほしいと母からリクエストがあったので、今日はピーマンも入れてみた。 この方がおいしい。

R0003086

夜。 夫と銀座の「アピシウス」で待ち合わせ。 夫がすでにバーで飲んでいたので私もギムレットを頼んだ。 

R0003090

一緒に出てくるアンチョビオリーブがおいしい。

R0003092

今年はヨーロッパでホワイトアスパラガスを食べる機会がないので、東京でホワイトアスパラガスを食べられるレストランを探していたら、アピシウスになんと海亀のスープもあることがわかったので、夫と盛り上がって早速予約した。

私の大好きなデンマーク映画「バベットの晩餐会」に、もとフランスの有名シェフだった女性がデンマークの片田舎でお世話になった村人たちを全財産をはたいてもてなすメニューの中に海亀のスープがあって、いったいどんな味がするんだろうねと録画を見るたびに話していたのである。

ということで、当然料理はアラカルトで頼む。

自動的に出てくるアミューズはタンポポのサラダ。 

R0003095_edited1

パンもおいし。

R0003097_edited1

夫の前菜はオマールエビのサラダ。 

R0003098_edited1

私は海の幸サラダ。 宝石箱みたい。

R0003102_edited1

海亀のスープ。 焼き立てのチーズパイが添えてある。 ほのかな酸味がある上品なスープで、とてもおいしい。 うん、来てよかった。

R0003104

夫のメインは子羊のパイ包み。

R0003107_edited1

私はホワイトアスパラガスとリードボーのフライ。 ヨーロッパでは一人分数本は出てくるので、この量はさみしー。 

R0003106

デザートにチーズを頼むと、ナッツ入りパンと干しイチジクが出てきた。

R0003108_edited1

チーズはゴーダ、ヴァランセ、

R0003111_edited1

小さな焼き菓子から、オレンジの皮とカヌレを選ぶ。

R0003112_edited1

これも小さなお菓子。

R0003114

ごちそうさまでした。 サービスも気持ちよく、また是非来たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »