« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

15/12/31 thu お年越。

大晦日。

朝。 かき揚げそば。 

松本の親戚から届いた蕎麦、母からもらった玉ねぎのかき揚げ、安岡蒲鉾のあげ巻で。 自家製の白菜漬けを添えた。 

R0031566

夜。 お年越し。 

母が張り切ってごまめと煮ものを作って来てくれた。 私は数の子と干し柿入りのなますを作った。 あとはブロッコリーのサラダと手巻き寿司。 おせち料理は今年は「山乃尾」のものを注文したので、楽ちん。

金沢の旅館は金茶楼・金城楼・山乃尾に泊まったことがあるが、個人的にいちばん気に入ったのが山乃尾だった。 料理も見た目はいたって地味だったけど、食べるうちにその底力に圧倒されるような味だったと記憶している。

おせち料理のどの味もそれぞれに工夫してあって、今まで頼んだ中でいちばんおいしいおせち料理だった。

R0031569_edited1

紅白歌合戦をつけてくつろいでいたらメッセージが入り、おととい修復したはずの中国の案件がまた炎上している。 担当者がつかまらないので進捗のメールを顧客に入れて、内部でできるだけの指示を出し終わるころにはお休みムードが吹き飛んで、ウィスキーをがぶ飲みしたい気分になった。 はぁー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/30 wed

朝。 京都で買った鯖寿司と京都で買った白みそで菜っ葉のお味噌汁。

R0031562

年賀状を書き終えて出して、やっとすっきりする。 来年は絶対に早く書き終えようと毎年思うんだけど、やっぱりギリギリになってしまうんです。

夜。 チーズやサラミなどをつまんだあと、ブロッコリーのチーズ焼き。

R0031563_edited1

京都駅で買った蓬莱のシュウマイ。

R0031564_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/29 tue 東福寺と伏見稲荷、京都駅の「和久傳」でランチ。

朝。 ホテルで野菜ジュースと果物。 東福寺に行く。 9月に訪れたときは遅くてお庭はすでに閉まっていたので、今回はゆっくりお散歩する。

R0031509

R0031511

R0031530

R0031537

人もまばらで、とても静か。 心が落ち着く。 お庭に面した縁側で日向ぼっこした。

近くに伏見稲荷があるので、Siriに道案内をお願いする。 

iPhone6sに変えてSiriを使うことが増えた。 「ヘイ、シリ。 今日は雨降る?」、 「ヘイ、シリ、お母さんに電話して」、「ヘイシリ、妹にSMS」などとやっているので、何かあると夫が「ミス・シリーに聞いてみたら?」と言うようになった。 

夫もやりたいというのでiPhoneに登録するのを手伝っていたら、突然夫が「'Siri'だったんだ!」と驚く。 「あまり賢くないから'Silly'だと思ってた」とばかばかしいことを言ったので大笑い。

設定が終わって、夫が「ヘイ、シリ。 今忙しい?」と聞くと「いろんな人の人の注文に答えるのに、大忙しです」と答えた。 私も試しに「ヘイ、シリ。 今忙しい?」と聞いたら、「何か御用ですか、いつでもおそばに控えています」と答えた。 携帯によってSiriの性格が違うようだ。

話はそれたが、10分ほどで伏見稲荷に到着。 京都の観光客の90%がここに終結しているんじゃないかと思うほどの混雑ぶりだった。 さっきの東福寺の静寂が夢のようだ。

でも、めくるめく朱色の鳥居をくぐって歩くのは楽しい。

R0031545_edited1

伏見稲荷は24時間営業なので、もっと暖かくなったら早起きしてゆっくり回ろう。

昼。 今回はお店の予約をしないで大変だったけど、京料理を食べないで京都を去る手はないので、早めのお昼に京都駅の「和久傳」に行ってみる。 カウンターが空いていたので、コース料理を頼んだ。

天然ブリのお刺身。 すっきりとしたおいしさで、最初からお酒が進みます。

R0031547

カウンターの隣には常連らしい40代くらいの男性の一人客が、一品出てくるたびに「うまい!」と身もだえるので、おかしくてしょうがない。

R0031549_edited1

どれもおいしかったが、はたはたの天ぷらのネギソースが斬新だった。

R0031550_edited1

〆に真鯛の黒寿司。

R0031555

こちらは別のコースの〆の蟹おこわ。

R0031556_edited1

相変わらず隣の客は身をよじって「うまいなぁー」を連発しているので、とうとう帰り際に声をかけてしまった。 東京から3か月に一度くらい食べに来るそう。 

東京で接待で食べる懐石料理は退屈で「懐石料理アレルギー」の人も多いし、私も「懐石かぁ」というタイプだけど、京都で食べるとぜんぜん違う、楽しくておいしい。 私も3か月に一度くらい京都に来たいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/28 mon 城崎温泉の朝。

朝。 夫はぐーぐー寝ているので、一人で外湯に出かける。 早朝の外湯は空いていて、露天風呂にゆっくり浸かった。

ゆとうや旅館に戻ると、入り口には門松が。 新しい年に敬意を表していて、やっぱりいいものですね。

R0031476

旅館は建て増しをしているせいか、廊下が迷路のように広がっている。

R0031480

廊下の継ぎ目には、休憩所がありストーブが燃えている。 昔の造りはゆったりして、なんだか懐かしい気持になる。 

R0031481

朝ご飯。 どれも丁寧に作ってあり、よい朝食でした。 これが夕食でも十分くらい。

R0031488

早めに旅館を出て、駅前を散歩する。 

通りには海鮮ものを取り扱う店が軒を連ねているて、店先に並べられた松葉ガニが威勢よく暴れている。 観光客は口々に「めっちゃ、動いてる」と驚いている。 「めっちゃ」をたくさん聞いて、ここは関西の人たちの温泉地なんだとあらためて思った。

R0031491

駅前にも立派な外湯があったり、目の前の観光案内所がとても広々して居心地がいいことや、旅館の内湯には「お湯の量が限られているので、大浴場はありません。 どうぞ外湯で楽しんでください」と書いてあることから、協力し合って公共の部分を充実させて温泉街を発展させている町だと感じる。

10:39分の「きのさき12号」に乗ると、京都に13時過ぎにつく。 

旅館のたっぷりの朝ご飯でお腹も空かないので、ホテルに荷物を置いて錦市場を歩いたり、骨董品屋さんを冷やかしたりする。

3時過ぎ。 歩きまわって体が冷えたし、夫がお好み焼き屋の前で金縛りになっているので、お店に入って熱燗と牛筋煮を頼む。

R0031498

熱燗が体に染みるわぁ。

たぬき焼きを頼む。 焼きそばメインのお好み焼きにたっぷりの九条ねぎに生卵が乗っている。 卵を崩しながら食べると、チャンプルーかピカタのようだ。

夫は粉ものさえあれば、幸せいっぱい。 

R0031499_edited1

夜。 時間をずらせば行きたいお店に入れると思ったのが甘かった。 年末はどのお店も満杯。 やっと遅い時間に予約できた先斗町のおばんさい屋さんに向かって歩いていると、住宅街にぽつんと灯りがともり、地元の客で賑わっているスペインバルが。 カウンターが空いていたので、予約時間までワインを飲んで時間をつぶすことにした。

生ハムをつまみながらワインを飲んでいると、お尻に根が生えてしまった。

R0031501_edited1

先斗町のお店はキャンセルして、腰を落ち着けてここで食事した。

R0031502_edited1


R0031505_edited1


R0031506_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/27 sun 城崎へ。

今年の年末温泉旅行は、城崎温泉です。 

今年、久しぶりにむかしのNHKドラマ「夢千代日記」を見て、同じころに酒井順子の「裏が、しあわせ」のインタビューを聞いて、山陰に行ってみたくなって。 

夢千代日記の舞台になった湯村温泉は今回は時間が取れないので、その近くの城崎温泉にした。 それでもけっこうな移動です。

まずは東京駅から10:00の新幹線で京都まで。 

富士山がきれいに見える。

R0031430_edited1

昼。 乗り継ぎの時間があまりないので、京都駅の在来線のホームの立ち食いそば「さがの」で。

R0031496

ちくわ天そば。 ちくわの衣がカリッとしておいしい。 多めの九条ねぎも嬉しい。

R0031432_edited1

特急の「きのさき」に乗る。

R0031433

京都まではいいお天気だったのに、城崎温泉駅に着くころには雨。 今回のお宿「ゆとうや旅館」に着いて一休みした後、外湯めぐりに出かける。 川沿いに温泉街の風情が続く。 

R0031445

R0031451

洞窟風呂が気持ちよかった。 しかし、あまりの混雑ぶりに、外湯に一つ入っただけですごすごと旅館に戻り、内湯でほっこりした。

夜。 蟹中心の食事。 私は蟹はズワイガニが一番好き。 ここでは松葉ガニと呼ばれている。 

お刺身に蒸し。

R0031456_edited1

蟹を焼くと、味が濃くなる気がする。

R0031460

蟹なべ。

R0031461

〆の雑炊。

R0031466_edited1

福井の「若えびす」で絶品の越前蟹を一生分くらい堪能して以来、憑き物が落ちたように蟹に興味がなくなったけど、あれから10年、若ゑびすの効力も薄れてきて、とてもおいしくいただきました。

油を使った料理がなくて、でも満足感の高い夕食だった。

続きを読む "15/12/27 sun 城崎へ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/26 sat 新宿「ことぶき」で忘年会。

朝。 「伊勢廣」の焼き鳥をお土産で持ち帰ったのを冷凍しておいたので、それを使って焼き鳥丼。 

チンして魚焼きグリルで軽く焦げ目をつけた。 伊勢廣の焼き鳥は大振りで温めなおしてもおいしいし、冷凍庫がすっきりして、幸せ。

R0031403_edited1

午後。 母に付き合って新橋の四国のアンテナショップにいりこを買いに行く。

夜。 妹との忘年会で、新宿の「ことぶき」へ。 お好み焼きにつられて、出不精の夫も参加。 気功仲間の妹の大学の先輩も参加。

お通しは、大好きなおでん風煮もの。

R0031414_edited1

おかみのお勧めのイカのウニ和え。 イカが新鮮でおいしい。

R0031415_edited1

親父のお勧めのわかめ。 シャキシャキの歯触り。

R0031417_edited1

マグロと山芋の千切り。 今日のマグロはすごくいいものが入ったとのこと。  

R0031418_edited1

かゆり。 ジャコとネギの炒め物。

R0031420_edited1

ニラ玉。

R0031422_edited1

きゅうり。 このきゅうりがなんだかとてもおいしいんです。

R0031423_edited1

〆のお好み焼き。

R0031426_edited1

焼きそばも頼んだ。

R0031428

満足、満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/25 fri 仕事納め。

お休みを取ったので、今日が一足早い仕事納め。 

今年もいろいろありました。 何歳になっても試練を乗り越えるガッツがあれば成長できることを実感した。 

そう言えば。 取引先の部長さんが嬉しそうに「Nobrinさんはアウンサン・スー・チーですよ」と言うのを聞き流したら、また別の日に「Nobrinさんはアウンサンスーチーですね」と繰り返すのでその理由を尋ねると、「大統領が誰でも、仕切るのは私」とのたまった。 ほめ言葉と受けておこう。

夜。 地元でよくいくお店も予約で満席。 世の中ではクリスマスですね。

高円寺駅の近くの餃子専門店に行ったら、なんか脂っぽくて不発だった。 

R0031395


R0031396_edited1

夫が「亀戸餃子が近くにあったらなぁ」とぼやくことしきり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/24 thu 阿佐ヶ谷「達吉」の合鴨のロースト。

夜。 阿佐ヶ谷の「達吉」に行く。

あいやき(合鴨のロースト)が柔らかくて香ばしくて、白髪ねぎによく合う。 お気に入りのメニューに決定。

R0031388_edited1

お決まりの出し巻き卵。

R0031386_edited1

揚げ出しナス。

R0031385_edited1

〆のお蕎麦。 夫は巣ごもりそば。 お蕎麦の揚げ焼きそばです。 さっぱりしておいしい。

R0031389

私は花巻そば。 海苔とアオサがたっぷり。

R0031390_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/23 wed ローストチキンの骨でスープストック、 羽田空港「エッセドウェ」のピザとパスタ。

祝日でお休み。

朝。 ローストチキンの骨からとったスープで鶏肉のにゅうめん。

Img_3640_edited1

クリスマスのローストチキンの残りを骨から肉をこそげて除いて(もちろん肉はサラダやスープの具になるので別途冷凍保存)、ネギ・干し椎茸・昆布でスープを取った。 

一晩ベランダに出しておくと油が固まるので、それを取り除いて漉すと美しいスープができた。

Img_3634_edited1

昼。 台湾からの帰国便に置き忘れたデジカメを預かってもらっていたので、羽田空港まで取りに行く。

ついでに「エッセドウェ」でランチ。

ピザはシラスのトマトソース。

R0031371_edited1

パスタはヴォンゴレロッソ。 濃厚なトマトソースでおいしかった。

R0031373

夜。 自炊はさっぱりと。 スペインオムレツに、小松菜の煮びたし。

R0031376_edited1

週末に仕込んでおいた塩豚を薄く切ってソテーにした。

R0031375_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/21 mon 今週のお弁当。

月曜日。 会食のため、お弁当お休み。

火曜日。 汁なしフィッシュボールヌードルと、サラダ。

Img_3632_edited1

水曜日。 祝日のため、お弁当お休み。

木曜日。 サラダ弁当。

R0031382

金曜日。 今年最後のお弁当は、皿うどん。

R0031393_edited1

続きを読む "15/12/21 mon 今週のお弁当。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/20 sun 今年のローストチキン。

今日は一足早いクリスマスを兼ねた忘年会。 

Img_3636_edited1

今年のローストチキンは今までサイコーの出来でした。 

塩・胡椒して、鶏の皮から取った鶏油を表面にまんべんなく塗ってオーブンで焼いた。 このレシピを参考にした。

Img_3644_edited1

母が注文してくれたケーキもあっという間にみんなのお腹の中に。

Img_3635_edited1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

15/12/19 Sat 「Kissaco」で忘年会。

朝。 豚肉入りのおかずきんぴらを作り、シシャモを焼いて食べる。 漬物が切れているので、きゅうりと冥加の塩もみを作った。

Img_0044_edited1

午前中、気功教室。 

午後。 駅前の携帯ショップでスマートフォンの買い替え。

夜。 お料理教室の仲間と広尾の「Kissako」で忘年会。

Img_3639_edited1


Img_3646_edited1

ワインも食事もおしゃべりも楽しくて、気が付けば11時過ぎ。 楽しいときはあっという間に過ぎる。

続きを読む "15/12/19 Sat 「Kissaco」で忘年会。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/18 fri タイペイの朝食。

朝。 早く起きてウォーキングに出かける。 

早朝から開いている豆乳屋さんに入って、「鹹豆漿」を頼む。 

「鹹豆漿」は甘くない温かい豆乳で、ねぎやザーサイや干しエビなんかが入っている。 お酢で豆乳が固まっておぼろ豆腐のような食感。 この朝食、軽くていいわぁ。

揚げたての油条を入れて食べる。 体が優しく温まって、食欲がむくむくとわいてくる。

Img_0043_edited1

店先で売っていた揚げ饅頭も試しに買ってみたら、鉄板で焼いて熱々を出してくれた。 饅頭の中身はニラと春雨と湯葉らしきもので、精進だけどすごくおいしくて歩きながらペロリと平らげてしまったので、画像はなし。

ホテルでハムエッグの朝食。 お醤油を垂らして食べた。

R0031365_edited1

午前中、顧客訪問。

昼。 「好記担仔麺」でランチ。 

台湾に半年長期出張に出していたスタッフも今週で帰国なので、ビールでお疲れ様の乾杯。 営業としてかなり成長したので、さらに脱皮していってほしい。

シジミのしょうゆ漬け。

R0031366_edited1

A菜の炒め物。 台湾でしか見かけない野菜だけど、青くて柔らかくて癖がなくて、炒め物に最適な野菜。

R0031367_edited1

担仔麺。 ごはん茶碗くらいの小さな器に出てくる。

R0031368_edited1

その後、帰路につく。 機内食がたっぷりだったので、夕食は抜き。

R0031370_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/17 thu 台湾の牛肉麺。

京都ホテルの朝食。 今日はおかゆ定食を頼んだ。 相変わらずボリュームと栄養満点。

R0031352_edited1

昼。 牛肉麺のお店に行く。 このお店、名前を聞いてもわからないんです。

R0031353

キャベツの浅漬け、

R0031354_edited1

スペアリブの蒸したもの。 そこにジャガイモが入っている。

R0031355_edited1

牛肉麺。 いつものように牛肉がホロホロと柔らかい。

R0031356_edited1

卓上の高菜のみじん切りをたっぷり入れて食べると、とても美味。

午後。 顧客訪問と、会食。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/16 wed 台湾屋台料理。

今日から台湾出張。 

昼過ぎにホテルに到着したので、近くの通りをぶらりと歩くと市場の近くに麺屋さんが並んでいる。

地元の客の出入りが多い店に入ると、案の定言葉が通じない。 向こうも会話が通じないことがわかると、伝票を持ってきて見せてくれる。 伝票にはその店で出す料理が印刷されていて、豚肉ザーサイ麺が読めたのでそれを頼んだ。 中で食べるのか持ち帰るのか聞かれて、店内を指さしてここで食べることを伝える。

すると店の人が、お惣菜の棚を指さして好きなものを選べという。 湯葉と煮干しピーナツを選ぶと、席を確保してくれて頼んだお惣菜を持ってきてくれた。 

R0031344_edited1

卓上の辛いソースをつけて食べる。

R0031346_edited1

しばらくすると、麺が登場。 想像通りのラーメンだった。 スープがちょっと脂っぽかったので、途中からお酢を入れて食べた。

R0031348_edited1

午後。 事前打ち合わせのあと、顧客訪問。 その後、会食。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/15 tue 高円寺の「アブラクサス」でサラダとステーキ。

夜。 高円寺のビストロ「アブラクサス」に行く。



ここの前菜の盛り合わせが大好きなんだけど、明日からの出張の用意があるのでゆっくり食べる時間がない。 サラダとステーキフリットを頼んでシェアする。



新鮮野菜とさっぱりしたドレッシング。 それぞれの野菜がそれぞれにおいしい。



R0031340_edited1



ステーキ。 上質の赤身で、美味。

R0031342_edited1



グラスワインも数種類あって、一日の垢を落としてほっとするのにぴったりのお店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/14 Mon 「グランマ」の野菜料理と麻婆丼。

夜。 グランマに行く。 相変わらず野菜たっぷりの料理なんだけど、どれもおいしくて、「野菜料理!」みたいに押しつけがましくなくていい。



ポテトサラダ、のっぺ、お浸し、なんかを食べた後、里芋とつくねの煮もの。



R0031331_edited1



鮭の塩焼き。

R0031333_edited1



〆は麻婆丼。 この麻婆丼も侮れません。 麻と辣が効いています。

R0031336_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/13 Sun フィッシュボールヌードルを作る。

朝。 シンガポールでフィッシュボールヌードルを食べ損ねたので、自分で作って食べる。 フィッシュボールはシンガポールのスーパーで無添加のものを仕入れてきた。 フワフワでおいしい。 スティックブロッコリーを茹でて添える。 自画自賛の味。

R0031314_edited1

午前中、気功教室。 長時間のフライトでガチガチになった身体が気功でほぐれて、体が軽くなってスキップしたいくらい。

昼。 商店街のサンドイッチ屋さん「Victory Cafe」でランチセット。 すごく大きいホットドッグで、妹とシェアした。

R0031319_edited1

この店のサンドイッチ、けっこう好きなんです。

夜。 トマト・玉ねぎ・香菜のサラダ。

R0031325

メインは冷蔵庫のあり合わせで、コールドミール。

R0031326_edited1

土曜日が出張で消えてしまったので、あっという間の週末だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/12 Sat

シンガポールから朝便で帰国。

往きの機内では「Bridge of Spies」というトムハンクスとスピルバーグの、冷戦真っただ中の60年代のスパイ映画を観た。 トムハンクスの哀愁がいい。

帰りの機内では、同じく60年代のスパイ映画「コードネームUNCLE」を観る。 こちらは登場人物がすべて美男美女で、おしゃれで、とても楽しかった。 ヒロイン役の若い女優がいつも地面をしっかり踏みしめる感じで立っているのが印象的だった。

車の渋滞で帰宅が遅くなったので、夜は「阿づ満や」から鰻の出前。 うな重を頼むと肝吸いとおしんこが付いてくる。 うざくもついでに頼んだ。

R0031313_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/11 Fri きのこ餃子とトマト牛肉ごはん。

昼。 Amara Hotelの隣のビルの飲茶レストランへ。

キノコの蒸し餃子は初めての味。 数種類のキノコの風味が満載で香りと食感を楽しむ一品。 キノコのラビオリを彷彿させる味。

R0031311_edited1

湯葉の巻き揚げ、などなど。

R0031309_edited1

〆は牛肉トマトごはん。 以前食べておいしかったのでまた頼んだ。

R0031310_edited1

夜は顧客と会食で和食。

そのあとの2次会で、文学好きの顧客と久しぶりに文学の話で盛り上がった。

プルーストの「失われたときを求めて」がお勧めとのこと。 プルーストですか。

この本は薔薇絵にたとえられていて、薔薇絵とは無数の小さなバラで描かれた薔薇の絵のことで、全体像も美しいし細部もまた美しいという意味だと理解しているんだけど、最初の数十ページのベッドでまどろむシーンのかったるさにに耐えられなくて挫折した物語。 

あらすじだけは漫画で読んで知っているんだけど、新訳も出てることだしもう一度挑戦してみようかな。

いちばんお勧めの小説はなにかと聞かれて、デビッド・コッパーフィールドと答えたけど、何か大切な本を忘れているような気がしてずっと考えていて、数日後に「ハワーズエンド」のことを思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/10 thu シンガポール、白濁スープ。

今日からシンガポール出張。 

R0031289


R0031293_edited1

夕方。 シンガポール着。 雷のせいで荷物が出てくるのが大幅に遅れた。

ホテルに到着して、現地の取引先と会食。

卵白とポテトでつくった巣ごもりのような前菜。

R0031294_edited1

スープ。 時間をかけて作ったらしく白濁している。 すごくおいしい。 おいしいスープのコツは山のもの(肉類)と海のもの(魚介類)両方でダシを取ることと聞いた通り、さまざまな食材が入っていた。

R0031301_edited1

蒸し魚。

R0031302_edited1

いろいろ出た後の〆に、カレー風味の汁麺。

R0031304_edited1

おいしかったんだけど、量が多すぎて途中から味がわからなくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/08 Tue 新高円寺の「アルデンテ」でいつもの料理。

夜。 高円寺の「アルデンテ」に行く。

ここでも頼むものは決まっている。 

前菜にアスパラと生ハムの春巻き。 カレーソルトで食べる。

R0031278_edited1

次はパスタ。 私の好物にするか夫の好物にするかでもいつももめるけど、今日のパスタは夫の大好物、ヴォンゴレロッソに落ち着いた。 アサリは9個と決まっている(夫談)。

R0031280_edited1

メインは、牡蠣フライとハンバーグの盛り合わせ。 

R0031281_edited1

満足、満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/07 Mon 阿佐ヶ谷「達吉」のカワハギ刺。

夜。 阿佐ヶ谷北口の蕎麦屋さん「達吉」に行く。

カワハギ刺しを頼む。 肝をお醤油でといて食べるととてもおいしい。

R0031268_edited1

自家製の塩辛。 まだ浸かりが浅いかな。

R0031265_edited1

夫の大好物のダシ巻き。

R0031271

鶏のささみ入りのサラダ。

R0031267_edited1

海老しんじょの湯葉揚げ。 

R0031269_edited1

私の〆はもり。 むっちりとして、薫りたかい蕎麦です。

R0031273_edited1

夫はかけそば。 

R0031275_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/06 Sun 筑波のガマの油。

夫がドライブして筑波の温泉に行こうという。

筑波の中心街は電柱がなくて未来都市みたいだが、筑波山のあたりは昔の風景が残っている。 紅葉のピークならさぞきれいでしょう。

R0031213

筑波神社は、3000年の歴史があるという由緒ある神社だという。

R0031229_edited1

筑波神社はガマの油で有名だそうで、門前では口上が始まっていた。

R0031221_edited1

境内の狛犬が堂々としている。

R0031235

お尻にも風格が。

R0031244

空気がきれいで気持ちいい。

R0031238

夫が行こうとしていた温泉旅館は門前でいちばんの旅館らしいが、混んでいたし対応があまりにお粗末だったので、温泉はやめて帰ってきた。

夜。 最近の流行りのレタス・ハム・レンズ豆のピクルスのサラダ。

R0031253_edited1

メインはチキンとじゃがいものタジン。 

トッピングの香菜がなかったので、冷蔵庫のセリをさっと茹でて乗せたら、意外や意外、とてもおいしかった。

R0031254_edited1

続きを読む "15/12/06 Sun 筑波のガマの油。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/05 Sat

朝。 野菜中心の和食。 

R0031185

猫のワクチンに連れていく。 今年で21歳になるうちの老猫の健康状態は、獣医さんに「表彰もの」と褒められた。 夫が大切に世話をしていることも大きいが、骨格がしっかりしているし、生まれつきの体の強さもあるのだろう。

夫が獣医さんに「たまに煮干しやカツオ節を食べされているんですが、塩分があるからあまりやらないほうがいいですね」と聞くと、獣医さんは黙っていたけど「こんだけ生きたんだから、もう好きなものあげたら」と顔に書いてあった。

夜は、レンコンのきんぴら、きゅうりとシラスの酢の物、かまぼことわさび漬け、

R0031197_edited1

そして豚しゃぶ。

R0031199_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/04 Fri ドイツ弁当と、高円寺のフライドポテト地点。

今日のお弁当は、ドイツ弁当。 先日風邪でほとんど食べなかったソーセージ料理をタッパに詰めて、ピクルスとスイートマスタードを添える。

R0031177_edited1

夜。 高円寺の「クラフトビールマーケット」で待ち合わせ。 ビールと、

R0031180_edited1

フライドポテト(小)で、ひと息入れる。 ポテトが止まりません。

R0031181_edited1

食事をする次の店が決まらないので、そのままこの店で食べることにした。

淡路島の玉ねぎのグリルがおいしかった。

R0031184_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/03 Thu 高円寺の「カフェ バリチャンプルー」のから揚げ。

今年の東京の紅葉は温暖化のせいか、例年よりかなり遅い。 外苑前のイチョウ並木は夏の間にかなり枝を選定したこともあり、なんとなく感動に欠ける紅葉だった。

R0031168_edited1_2

夫はフライドチキン気分だけど、近場でお店が決まらないのでバリの定食を食べようと新高円寺の「バリチャンプル」で待ち合わせ。

メニューにフライドチキンがあったので頼むと、うまい! カリカリで我々の好みにぴったりの揚げ加減。

R0031172_edited1

おかずとご飯の盛り合わせの「ナシチャンプル」。 それぞれの料理が丁寧に作ってあり、期待を裏切らない味。

R0031173_edited1

メニューにアヒル料理もあったので、バリを思い出して頼んでみる。

R0031175_edited1

バリで食べたのと同じ味。 おいしい、高円寺のフライドチキン地点に決定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/02 Wed お料理教室。

仕事が忙しくなって習い事をやめてしまってから久しい。 またお料理教室に行きたくなって、会社の近くの井上絵美先生の教室に通うことにした。

今日のメニューはクリスマスの献立。

プチトマトのサラダ、カブのサラダ、

R0031156_edited1

ローストビーフ、

R0031155_edited1

ドフィノア。

R0031153_edited1

にんじんピラフ。

R0031157_edited1

ビュッフェ方式でワンプレートに並べる。

R0031160_edited1

ゼリーには全く敬意を払わず「ふん」とじゃけんに扱う私だが、クリスマスリースみたいなゼリーのデザートがとてもおいしくてびっくり。 ゼリーを見なおしました。

R0031161_edited1

食事と一緒に飲んだ泡のロゼ。

R0031163

井上絵美さんは仕草や話し方がお嬢さんのように若々しくてびっくり。 すっかりオヤジ言葉がしみ込んだ私にはとてもうらやましかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/01 Tue 来年の手帳。

みなさんは紙の手帳を使ってますか?



パソコンのスケジューラーやスマートフォンのアプリで予定を管理していても、ぱっと開いてさっと書ける紙の手帳も私にはやっぱり必須で、ここ数年は「アクションプランナー」を愛用している。



「アクションプランナー」はシンプルでとても使いやすいけど、さらに欲を言えばもう少し軽くしたい、と今年は真剣に新しい手帳を検討してみた。



私の手帳に求める条件は;



1.形式はバーティカル。 (一日の予定が4つ以上あるなら、なんといっても空き時間が一目瞭然。 一週間の予定が見渡せる。 一日の予定が3つ以内ならバーティカルは不要だと思う。)
2.土・日も平日と同じスペースがあること。 (週末もプライベートのタイムマネージメントが必要。)
3.30分刻みで表示されていること。 (予定を書き込みやすい)。
4.プロジェクトシートがあること。 (スタッフの大まかなスケジュール管理ができる。)
5.できれば週ナンバーが入っていること。 (海外チームとは週ナンバーで話すことが多い。)



最終的に残ったのが「陰山手帳」と「ジブン手帳」。 「陰山手帳」は土日のスペースが少ないので、「ジブン手帳」を使うことにした。 



ジブン手帳は辞書用の紙を使っているので軽いし薄い。 色分けしてあったり文字のフォントが変わっていたりする。 個人的にはアクションプランナーのシンプルさが好きなので、ちょっとくどい感じもするんだけど。



毎年使っているノートホルダーはA5サイズ。



R0031404



左側に手帳、右側にノートを格納。



R0031411_edited1



手帳の裏表紙には甥っ子作の「頑張れカード」。 落ち込むと「あなたはすごいですね」という言葉に励ましてもらう。



R0031412_edited1

このセットで、重量は900g足らず。 これにiPhoneを合わせるとこれで1キロ。  今まではこれを持ち歩いていたけど、これからは会社を出るときにジブン手帳だけをバッグに入れることにした。



なんとか効率よく運営したいスケジュール管理。 会社のスケジューラ、アプリ、手帳と3つを手動で同期する身は辛い。 少なくとも会社のスケジューラとGoogleカレンダーが同期してくれたら楽なんだけど。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/01 Tue おでん弁当。

今日から師走です。 うかうかしてると文字通り「あっ!」という間に12月は終わっちゃうんです。

今日のお弁当は、朝食用のサンドイッチに野沢菜とおにぎり。 おかずは、コンビニで熱々のおでんを調達する予定。 

コンビニのおでんにもう少し栄養バランスを考えて、茹でた春菊、わかめ、そして保冷材を兼ねて冷凍えのきを詰める。 おでんのスープを大目に盛って、そこに春菊・わかめ・えのきだけを入れると、熱々のスープもいい温度になるし、野菜も温まってとてもおいしいんです。

R0031147_edited1_2

エノキダケは買ってきてすぐに好みの大きさに切ってばら冷凍しておくと、とても便利。 凍ったまま、お味噌汁やオムレツの具にしたり、キノコ類が足りない献立の時には麻婆の仕上げに入れたりする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »