« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

16/01/31 Sun ESTA期限切れのハプニング。

朝。 ウォーキングに出かける。

午後。 成田空港に向かう。

早めに空港に到着してチェックインすると、ESTAの有効期限が切れていてチェックインできないという。 20分くらいで申請できるとのことなのでお願いしてショッピングして時間をつぶして戻ると、なんとサイトが定期メンテナンスに入っていて4時間は申請できないという。 がーん。 待ってる間にフライト出発しちゃうよ。

いろいろJALでチェックしてもらったが、結局今日のフライトには乗れないことになった。 明日のフライトの席を押さえてもらう。

一度帰宅して明日また成田に来る交通費を考えると成田に泊まったほうが安いので、JALの担当者にホテルの手配をお願いした。 自分でもネットで調べたら当日直前レートが安かったので、その金額に合わせてもらった。

ホテルのシャトルバスを待つ間、成田空港の一角に産直ショップがあるのに気づく。 朝採れの「不動いちご」というのがあるので、お店のスタッフに「初めて聞く名前」と言うと、「甘いですよ、洗わないで食べられます」と教えてくれたので、買って帰る。

夜。 ニッコーホテル内のお寿司屋さんで軽くつまむ。 この鉄火巻きは米粒だらけでいただけませんね。

R0031826

穴子がおいしかった。

ホテルの部屋に戻り、ESTAのサイトに行くとメインテナンスは終了していて申請は10分で終了した。 あー、なんという間の悪さ。 とほほ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

16/01/30 Sat

朝。 ラーメン。 茹で豚がほんの少し残っていたので、細切りにしてメンマ・香菜・白髪ねぎと合わせてトッピングとした。 ブロッコリーニの茹でたのと、白菜漬けを添える。

R0031806

昼。 ハムエッグトーストに、自家製ピクルス。 煎り人参をたっぷりトーストの上に敷き込んで。 卵って割って焼くだけでなんでこんなにおいしいんでしょう。 

R0031820_edited1

夜は学生時代の友人たちと飲み会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/29 Fri 外苑前の 「アクアヴィット」で一休み。

来週のアメリカ出張のプレゼン資料を仕込むのに遅くなったので、部下と二人で「アクアヴィット」のバーラウンジで一休みしていこう。

ちょっとつまみたいねと、ローズマリー味のフライトポテト。

R0031801_edited1

チーズの盛り合わせ。

R0031802_edited1

ミートボール。 食べごたえのある一品だった。

R0031804_edited1

お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/28 Thu 高円寺のバリ料理。

夜。 高円寺のバリ料理「カフェバリチャンプルー」に行く。 小さな店内は満席だ。

ビールのおつまみに野菜春巻き。

R0031793_edited1

おかずとご飯の盛り合わせの「ナシチャンプル」。 野菜たっぷりでおいしい。

R0031795_edited1

あひるの丸揚げ。 こちらもカリカリに揚がって我々の好物。

R0031797_edited1

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/24 Sun アイスバインごはん。

宅配野菜に青梗菜が入っていたので、お雑煮にする。 かつおだしに鶏肉・シイタケ。 チンゲン菜のお雑煮、お勧めです。

R0031767_edited1

今日のキッチン仕事。 ひじきの醤油煮、ピリ辛こんにゃく、茹で小松菜、煎り人参、焼き豆腐、炙り薄揚げ。

R0031771_edited1

夜。 煎り人参は香菜とレモンでサラダに。 ひじき煮に薄揚げ・煎り人参を合わせる。 あとはこんにゃくと豆腐。

R0031780

メインはアイスバインご飯。 先日のドイツ料理屋さんで食べきれずに持ち帰って冷凍しておいた骨付きアイスバインをピラフにしてみた。 生のグリーンピースも入れて。

R0031783_edited1

なかなかおいしかった。

R0031784_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/23 sat

朝。 フルーツ、野菜ジュース、蓬莱の豚まん。

昼。 レタスとハムのバケットサンドイッチと白ワイン1杯。

夜。 蒸したサツマイモのバターソテー、納豆と大和芋の海苔巻。 こんにゃくの煮もの、カツオのたたき。

R0031760_edited1_2

野菜いっぱいのつみれ汁を作った。 白菜がとろとろ、冬は本当に白菜がおいしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/22 fri 小料理「おきく」でうなぎ。

夫も遅いので、母に「夜、なにか食べさせてー」とメールする。

お惣菜あれこれと、うなぎ。 

R0031758_edited1

疲れた体に鰻が効きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

16/01/21 thu 浅草橋の「大吉」でお疲れさま会。

取引先のお世話になった部長さんが定年になったので、昔の仲間で集まりお疲れ様会。 場所は浅草橋の「大吉」。

今日も大吉は満席でにぎわっている。 美人のマダムがてきぱきと注文をこなしていく。

野菜炒め。

R0031753_edited1

牡蠣フライ。 うまーい。

R0031751_edited1

玉ねぎスライス。 人間ドックの生活習慣病で引っかかった人が頼んだのかな。

R0031750

サラダ。

R0031749_edited1

レバーソテー。

R0031752_edited1

ピザ。 これ、おいしい。 やるなー。

R0031754_edited1

とんかつ。

R0031755_edited1

ナポリタンとカレー。

R0031756

摂取カロリーがすごいことになってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/20 Wed 阿佐ヶ谷「すぎもと」で焼き鳥。

夜。 すぎもとで焼き鳥。 いつものお得なコースを頼む。

突き出しにカブの煮もの。

R0031736_edited1

肝。

R0031738_edited1

糠漬け。

R0031739_edited1

つくね。

R0031740_edited1

トマト。

R0031742_edited1

しし唐。

R0031743_edited1

ささみ。 わさびと梅肉が両方乗っていてうれしい。

R0031744_edited1

ねぎま。

R0031745_edited1

手羽先。

R0031747_edited1

カウンターだけのお店で、気軽に焼き鳥が楽しめるお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/19 Tue 今週のお弁当。

今週のお弁当。 週末にどっさり作っておいたお惣菜を詰めまわした一週間だった。

R0031726_edited1

R0031733_edited1

R0031735_edited1


R0031748_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/18 Mon 新高円寺の「ぐらんま」で、牡蠣の天ぷら。

東京は雪。 雪となると交通機関がすぐにダメになる東京の朝の通勤は恐怖。 自転車通勤を始めて以来、ただでさえ電車通勤の人との距離が近すぎて疲れるのに、駅に到着するたびにホームに人があふれかえっていて、乗客がつぶれそうになっている車内にごりごりと入ってくる。 そんなに一生懸命出勤するのやめようよ。  私は「無理して出勤せず自宅で仕事して」とスタッフに指示出したけど、4時間かけてきた人もいたらしい。

夜。 新高円寺の「ぐらんま」に行く。 雪かきで下準備の時間がなかったそうで、おかみさんはとても忙しそうです。

前菜のたらこ白滝と青菜の胡麻和え、

R0031728_edited1_2

明太卵焼き、

R0031727_edited1

芋煮がまたおいしい。

R0031729_edited1

牡蠣の天ぷらもぷっくりと美味。

R0031731_edited1

締めに麻婆丼。

R0031732_edited1

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/17 Sun

朝。 最近はまっている茹で塩豚をチャーシュー代わりにラーメン。 青菜はゆでたニラ一束。

R0031709_edited1

お昼を抜こうと思ったら、母がおやきを持ってきてくれたので、お茶を入れてお惣菜を並べて昼食とする。

おやきの中身はなんだかわからないけど、コリコリした触感だった。

R0031710_edited1_2

夜。 お寿司の「じゅうぞう」に行く。

R0031711_edited1 R0031712


R0031714 R0031715_edited1


R0031716_edited1 R0031717_edited1


R0031719_edited1 R0031720_edited1


R0031721_edited1 R0031722_edited1


R0031723_edited1 R0031724_edited1

今夜もおいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/16 Sat ネギのかき揚げ、お料理教室、レンズ豆のアイントップ。

朝。 松本の親戚から送ってきた松本の曲がりネギと桜エビでかき揚げを作る。 朝食はかき揚げそば。 曲がりネギがとろっと甘い。

R0031692_edited1

昼。 お料理教室に出かける。 ロースハムのムース。

R0031695

海老のリゾット、レモン風味。 リゾットがメインになるのがいい。

R0031698

チョコマフィン。 マフィンがすごく簡単にできることがわかった。


R0031700

夜は自炊。 チーズ、パン、サラミ、サラダ。

R0031704_edited1

メインは、レンズ豆とソーセージの煮込み。

R0031707_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/15 Fri 「イズミル」でトルコ料理。

朝。 お弁当を作る。 ネギ入り卵焼き、塩鮭、茹でサツマイモ、白菜と朝霧のあえ物。

R0031682

夜。 阿佐ヶ谷の「イズミル」に行く。

フムスはあくまでも濃厚でスムーズで、トルコパンはもちもちの焼きたて。

R0031687_edited1

いつもの羊飼いのサラダを頼んだ後、香辛料が効いたアダナケバブ。

R0031688_edited1

羊肉のシシケバブ。

R0031691_edited1

シンプルな料理がおいしいということは、素材をごまかしていないということ。

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/14 Thu 東京駅の「エノテカノリーオ」で会食。

夕方。 上海から羽田に戻り、そのまま東京駅のステーションホテルに行く。 顧客と「エノテカノリーオ」で会食。

プレフィックスのコースで。 

前菜は自家製ソーセージ。

R0031676_edited1

パスタは牡蠣のスパゲッティ。

R0031677_edited1

魚料理。 なんだか忘れた。


R0031678_edited1

メインはチキン。 ぷりぷりで美味だった。

R0031679_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/12 Tue 蘇州でロボットつきの火鍋。

蘇州で顧客の工場見学に同行。

夜。 ホテルの近くの海鮮鍋屋さんに身内で行く。 

ロボットが食べ物を運んでいる。 誰も驚かないところがへん。

R0031672_edited1


R0031674_edited1


R0031675_edited1

何を食べてもイマイチだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

16/01/11 Mon 中国出張。

日本は成人の日で祝日ですが、今日から中国出張。 汚染などで気が進まないけど、PM2.5対策のマスクをバッグに詰めて出発。

朝。 羽田空港のラウンジで。 スープストックの雑穀スープ、ハム、メゾンカイザーのバケット、明太子。 小さなサンドイッチは非常食用にバッグに入れる。

R0031667_edited1

昼過ぎに上海到着。 目的地は蘇州だけどせっかくなので、上海で顧客訪問。

夜。 別の顧客と会食。 CITICビルの台湾人がやっている上海のイタリアンに行く。 台湾人は中国人と違ってサービスがいいとのこと。

R0031669_edited1

8時半頃、迎えの車に乗って蘇州に移動。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/10 Sun 「ゴーンガール」。

朝。 昨日ステーキを焼いたフライパンでチャーハン。 紫蘇をたっぷりちらして食べる。

R0031657_edited1

夜。 イカ飯好きの夫のためにスーパーで買ったいかめし。 私はそんなにおいしいとは思わないけど、夫はおいしい、おいしいとたくさん食べていた。 

曲がりネギでマリネも作った、「貧乏人のアスパラガス」というそう。

R0031664_edited1

メインは塩サバ。 大根おろしと一緒に食べた。

R0031666_edited1

映画「ゴーンガール」を観る。 

私はホラーとハッピーエンドでない映画と血がたくさん出る映画は全く見ない。 

主演のロザムンド・パイクが好きだけど**、この映画は「女は怖いー」というネットのコメントが多かったのでハッピーエンドでないならいやだなぁとためらっていたら、別の批評で「とびきり上質のミステリー」をあったので、観てみることにした。

いやぁ、好きです。 私は気に入った映画は続けて3回は見直すのですが、この映画も3回見直した。 上質のミステリーだが、上質のブラックユーモアでもある。

プロットとしては突っ込みどころ満載だけど、ロザムンド・パイクの怪演技といったら。 策略家のエイミーと、ベン・アフレックのダメ男ぶりの対比が面白い。 ベンはダメ夫をやらせたら天下一品ですね。

モーテルで「あんた、旦那に殴られて逃げてきたの?」と聞かれて、「もっとひどいこと」とエイミーが語った出来事は、それまで「やりすぎじゃない?」とエイミーの行動に眉をひそめていた多くの女性を一挙に味方につけるに足りる。

でも、そうする男性はかなり多いと容易に想像できるし、だから男性は「怖いー」と言うのだろう。

**数年前のWowowのアカデミー賞の中継で、Wowowが送り込んだ日本のインタビュアーはまったく軽視されていて素通りする俳優たちが多い中で、ロザムンド・パイクは自分からインタビュアーに近づいてきちんと公平に接していたところにすごく好感が持てた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/09 Sat 七草ラーメン、野菜スープと、低温加熱ステーキ。

朝。 七草がゆならぬ、七草ラーメン。 

去年作っておいしかったので、今年もラーメンにして、茹で豚と白髪ねぎを和えたものをトッピングした。 麺は揖保乃糸のラーメンで、むっちりとしている。 また買おう、でもどこで買ったんだっけ。

R0031648_edited1

きゅうりがたくさんあるので、ピクルスを作る。

R0031646_edited1

夜。 チーズ、パン。 そして野菜スープ。 

土井善晴の文庫本「まねしたくなる 土井家の家ごはん」は、出張時にカバンに入れて息抜きしたい時に好きなページを開く癒し本のひとつですが、その中で印象的なエピソードがある。 

土井善晴が若いころ、フランスの料理界の長老的存在の家に居候していたとき、平日の夕食はどんなに豪華だろうと思いきや、野菜スープにサラダにほんの少しの肉や魚、デザートはチーズと果物という質素なメニューが毎日続いたとのこと。 

そのスープは、さまざまな野菜を細かく刻んでバターで炒めて、水だけで煮込んで塩・こしょうで味付けしたもので、スープストックやコンソメの素など一切使わないシンプルなものだそう。 

土井善晴も最初は物足りなかったが、毎日のことなので、だんだん味に慣れておいしく感じるようになり、そしてスープストックなしの味付けの方が素材の味が生きることに気づいたそう。 

水だしの野菜スープ、体によさそう。 そして舌の鍛錬にもよさそう。 我が家でも取り入れよう、と最近ちょくちょく作っている。 続けられるといいな。

R0031652_edited1

メインはステーキフリット。 

ステーキは最近流行っている(?)低温で焼いて最後に高温で焼き目を付けるというやり方を試してみた。

上手に焦げ目はつかないけど、とてもおいしかった。

R0031655_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/07 Thu 四谷三丁目のドイツ料理「ラインガウ」のザワークラウト。

夜。 身内で新年会。

四谷三丁目のドイツ料理「ラインガウ」に行く。

ここに来る理由である、フライドポテト。 バターたっぷり。

R0031637_edited1

いろいろ頼んだ。 最後に出てきたのが、アイスバインのオーブン焼き。 どーんと骨付きでボリューム満点。

R0031638_edited1

付け合わせのザワークラウトとマッシュポテトがとても美味。 次回はザワークラウトを単品で追加しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/06 Wed

一日中いろんな会議であっという間に時間が過ぎる。

夜。 プロジェクトのメンバーと築地の寿司清で懇親会。

R0031632_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/05 tue 今週のお弁当。

今日から仕事始め。

また今年もお弁当が始まりました。

火曜日。 鮭弁。

R0031625_edited1

水曜日。 オムレツ弁。

R0031631_edited1

木曜日。 夜の会食に合わせて、調整サラダ弁。 ポーチドエッグ入り。

R0031636_edited1

金曜日。 コンビニおでんに追加する茹でブロッコリーとわかめ。

R0031643_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/04 mon お正月休み、最終日。

朝。 残った煮ものでけんちん蕎麦。 ちょっと飽きた煮物を最後までおいしく食べるのに適したメニューです。

R0031614_edited1

昼。 自家製のローストビーフでサンドイッチを作る。 今日はわさびマヨネーズにしてみた。 それをリュックに入れてウォーキングに出かける。

R0031615_edited1

夜。 トマトとタコのサラダ、いたわさ、冷奴。 そしてショウガ焼き。

R0031622_edited1

〆に茹で塩豚を作ったスープで五島うどん。 シンプルな上質のスープで最高。

R0031623_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/03 sun 箱根駅伝。

朝。 大磯のマンションの屋上から海を見る。 松林がきれい。

R0031600

海沿いにお散歩して戻ると、街道沿いで箱根駅伝のスタッフが読売新聞の旗をくれる。 I子のマンション付近には10時半ころランナーが通過するそう。

通過予想時間に合わせて街道に出てみる。 今ではネットで走者の走行位置が一目でわかってとても便利。

中継車が通り、白バイが通り、先頭の走者が見えてくる。

Img_3695_2 Img_3696

頑張れ! 頑張れ!

Img_3697 Img_3712

小旗を振って応援したあと、マンションに戻って朝ご飯。 炊き立てご飯、小松菜とわかめのお味噌汁、目玉焼き。

R0031602_edited1

小松菜とさつま揚げの煮びたし、持参した白菜漬け。 シンプルな日本の朝ごはんがおいしい。

R0031603_edited1

昼過ぎに東京に戻る。 夫は録画した萬屋錦之助の宮本武蔵5部作映画をおせちをつまみながら観ると意気込んでいる。

私は母のマンションに行き、妹と3人で女子新年会。

R0031606_edited1

妹が自家製の塩麹でもみ込んだ鶏肉をソテーした。 

R0031607_edited1

世の中では「塩麹を知るまでどのように味付けをしていたんだっけと思うほど」重要な調味料とよく聞くけど、私はこの塩麹の甘みが苦手なんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/02 Sat チンゲン菜のお雑煮。

新年二日目の朝食のお雑煮は、小松菜。 と言いたいところだけど、年末に小松菜を買い忘れたし宅配でチンゲン菜が届いたので、今年はチンゲン菜でお雑煮をした。

R0031589_edited1

小松菜はどちらかというと土臭い香りがするけど、青梗菜で作ると優しい味になった。 茎の根元の白いところがシャキシャキして食感も楽しい。

公園まで1時間半ウォーキング。

昼。 づけ丼。 お年越で残った酢飯を冷凍しておいたのと、あまったトロのお刺身をヅケにしておいたのを使って。 とても上手にできました。

R0031590

午後。 車で大磯に向かう。 悪友I子が大磯にマンションを買ったので、遊びに行く。

夜。 車が停められる大磯の街道沿いのラーメン屋さん「丸源」に入る。 メニューには肉そばや野菜ラーメンなどごたごた乗ったラーメンが多い。 あまり期待しないでシンプルな塩ラーメンを頼んだら意外とおいしかった。

R0031592_edited1

夫がI子を車で大磯駅に迎えに行く間、私は餃子とビールをつまんでいた。

I子のマンションは新しくて広々して気持ちいい。 お風呂に入った後、スパークリングワインで乾杯。 チャーシューや、

R0031594

鹿児島のさつま揚げや、

R0031595

I子が作ったユリ根の梅肉和えがおいしい。

R0031596

我々もチーズやサラミなどを持ち込んだので、ワインと共に湘南移住計画の詳細を検討したりした。 我々には起こりそうもないことなんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/01 Fri

朝。 おせち料理を風呂敷に包み、お雑煮の具を詰めて母のマンションに行く。 

お節を並べてお雑煮ができたら、新年の挨拶、ワインで乾杯。

R0031575

その後、馬橋神社に初詣。 

R0031581

夜。 ワインとおせち料理、チーズ、野菜とウインナのスープなど。

R0031582_edited1

食後。 ソファでくつろいでいると、猫がべったり。 できるだけ多くの面積の体をくっつけようとする。 

夫が「また猫がNobrinを魔法にかけて眠らせようとしている」と言う。 猫が胸元に潜り込んできて丸く落ち着くと、顔に当たる猫の背中が温かくて柔らかくていい匂いがして、あっという間に寝込んでしまうから。 私をさっさと眠らせて猫のベッドにしようとすると夫は言う。

R0031586_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/01/01 Fri 謹賀新年。

Img_3692

新年明けましておめでとうございます。

ブログの更新もままならない日が続きましたが、それでも訪ねて下さる皆様に、感謝でいっぱいです。 ありがとうございます。

最近は自分の備忘録とデータベースと化しているこのサイトですが、気が向いたときに遊びに来ていただければ幸いです。

今年もよろしくお願いいたします。

例年通り、去年の更新は↓でぼちぼちやっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »