« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

16/03/31 Thu ソウルの生ホルモン「良味屋」。

夜。 顧客と会食で、生ホルモンのお店に行く。 漢字の名前は「良味屋」という。

R0040081

店内の様子。 すでにほかの客も宴たけなわです。 

R0040082

例によってテーブルには野菜たっぷりのおかずが出てきて嬉しい。

R0040084

分厚く大きく切ったホルモンを豪快に焼いてくれる。

R0040085


R0040086

その後、ビールのお店で2次会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/30 Wed ソウル「平家屋」で平壌冷麺、夜は牛肉。

朝。 5時に家を出て、今日から韓国出張。

昼。 光化門あたりの平壌料理「平家屋」に行く。

席に着くとおかずが並ぶ。

R0040063

テーブルにはおいしそうなタレも置いてある。

R0040061

豚の薄切り。 韓国語を話せないし英語も通じないので、身振り手振りでどうやって食べるか聞くと、気のいいおじさんが一枚作って見せてくれる。 

肉を一枚取って、干しエビのタレにちょんちょんと付ける。 そこに上のきゅうりを乗せて、さらに干しエビを乗せて巻いて食べる。 うん、おいしいです。

R0040064

ジョンもフワフワで美味。

R0040065

冷麺。 食べきれないと思ったけど、あっさりさっぱりしたスープにムチムチの麺がするするとお腹に落ちていき、気づいたら平らげていた。

R0040067

夜。 代理店と会食。 焼肉のお店に連れて行ってくれた。

お店の名前ですが、読めません。

R0040074

R0040069


R0040070

R0040073

R0040071

R0040075

料理もとてもおいしかったけど、最後の〆に食べる韓国風のお味噌汁「テンジャンチゲ」が大好きです。

石鍋に入ってくるので、みんなで分けます。

R0040076

んー、体に染みます。 絶対作り方覚えたい。

R0040077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/29 Tue 青山「リビエラ」で送別ランチ。

昼。 別の課の女子がバンコクに駐在するので、送別ランチで「リビエラ」に行く。

「リビエラ膳」は、お通し、お刺身、煮物、焼きもの、揚げものが付き、メインはロールキャベツ・ビーフシチュー・ブイヤベースから選ぶ、盛りだくさんのランチだ。

R0040057_2

いつもニコニコしている芯がぶれない女子なので、バンコクで大きく成長することでしょう。 楽しみです。

午後は明日からの韓国の出張の打ち合わせ。

夜は別の送別会。 そんな季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/28 Mon 新高円寺の「グランマ」で、わらびのお浸し。

仕事後、夫と新高円寺の「ぐらんま」で待ち合わせ。

ワラビのお浸しがあるというので、さっそく頼む。 私は山菜の中でわらびが一番好き。 自分で茹でるとうまくいったりドロドロになったりして難しいが、ぐらんまのお浸しはドンピシャの歯ごたえ。

Img_3793

マグロの山かけ、

Img_3794

納豆オムレツや、お惣菜をつまんだ後、

Img_3795_2

今夜の〆はミートソース。

Img_3796

あー、おいしい。

Img_3797

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/27 Sun

夜。 高野豆腐の肉巻き、

R0040054_2

海老とアヴォカドのサラダ、

R0040052_2_2

筑前煮。

R0040050_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/26 Sat

8:30に夫に起こされて目が覚める。 疲れてるんだなぁ。

フルーツを食べて、たまった家事をやっつける。

13:30からキッチンのレンジのお掃除の人が来る。

14:00からトイレのリフォームの打ち合わせ。

夕方。 一歩も家から出ていないことに気づいて、夫と散歩に出かける。

夜。 ソーセージのソテー、

R0040045_2

小松菜と薄揚げの煮びたし、ホタルイカのお刺身、 お散歩で買った太巻き。

R0040047_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/25 Fri

夕方、上海から帰国。

久しぶりの自炊は簡単な洋食で。

シーザーサラダと、

R0040041_2

茄子とツナのトマトソーススパゲッティ。 夏にプチトマトで作ったトマトソースを冷凍して常備してあるので、簡単にできます。

R0040043_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/24 Thu 上海最終日、「福1039」で上海料理。

上海の定宿「ルネサンス中山公園ホテル」はリーズナブルな料金の割に朝食が意外とおいしくて救われている。

生のジュースがあり、麺コーナーのスープが熱々でおいしくて、 麺と具を選ぶと3分後に戻って来てと言われる。 お粥もおいしい。

Img_3787_2

いちにちの始まりの食事がまっとうだと、まっとうな一日が過ごせるような気がします。

さて、上海の展示会も無事終わりました。

夜。 「福1039」という中華料理店で打ち上げ。 久しぶりにちゃんとした中華を食べた感じ。

R0040002_edited1R0040003_2R0040005_2R0040006_2R0040007_2R0040009_2R0040010_2R0040011_2R0040013_2R0040014_2R0040016_2R0040017_2R0040018_2R0040020

お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/20 Sun 上海出張。 

今日から上海出張。

昼前に羽田のラウンジでスタッフと打ち合わせながら、ランチ。 

R0040001

夜。 上海のホテルに到着して、みんなで近くの焼き鳥屋に行ったらすごく不味かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/19 Sat アクアパッツァの乾物料理。

朝。 温かいとろろ蕎麦。 

このところずっと冷蔵庫の野菜室の山芋を見るたびに「とろろ蕎麦食べたい、でも食べる機会がない」と思っていたので、念願かなって嬉しい。

家で作るお蕎麦って、お湯を沸かしたり、お蕎麦の種類を決めたり、ダシを取ったり、具を作ったり、と結構スローフードなので時間に余裕がないと楽しめないんですよね。 

今日の麺は白くて細い更科。

R0032306_2

ヒジキの煮物をオムレツにして副菜にした。

R0032304_2

午前中。 伊勢丹のフードスタジオのお料理教室に出かける。

麻布の有名イタリアン「アクアパッツァ」のシェフの日高さんが乾物を使ったイタリアンを教えてくれる。

Img_3778

アイディアがとても面白い。 トマトと鰹節を一緒に炒めてそれをブレンダーで滑らかにして作る冷たいスープ、高野豆腐の肉巻きクリーム煮、酢漬けの煮干しの卵サラダ、ヒジキと干しエビのゼッポリーニなど。 

R0032310_3

これは煮干しのサラダ。 りんご酢で漬けた煮干しがサラダによく合う。

R0032313_2

メインは桜鯛と春野菜のヴァポーレピエモンテ風グリーンソース添え。

R0032317_2

私の定番のホットサラダに上品なソースがかかっているバージョンだ。

スパークリングワインと白ワインを飲みながら、有名シェフの話を聞きながらイタリアンを食べるのもいいものです。

その後、友達とお茶して2時に帰宅。

小部屋にこもって来週のプレゼンを仕上げる。

夜。 駅前の串揚げ屋さんで軽く飲む。

R0032320_2

今日できたことを書き出してみる。

・宅配の注文を終える
・1万歩あるいた
・お料理教室に参加した
・ともだちとおしゃべりできた
・ドラッグストアで買い出し
・長風呂した
・とろろ蕎麦食べた
・プレゼン資料完成
・母に野菜を届けた

まぁ良しとしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/18 Fri 「忙しい病」にならないように。

朝。 お弁当を2人分作る。 

朝のお決まり事は、まずニンジンジュースを飲んで、果物を食べる。 そしてお弁当を2食分作る、朝食用のサンドイッチとランチ用のお弁当。 

ある日のサンドイッチはベーコン入りのザワークラウトドッグ。

R00322571_edited1

お弁当箱が邪魔だからと今までお弁当を持って行くのを拒んでいた夫ですが、今回の人間ドックでコレステロール値が基準値を超えたので、無理やりサンドイッチを作って持たせたら、やっぱり手作りはおいしいから昼食用のお弁当も作って、ということになったのである。

R0032296_2

来週の展示会の準備などで終日忙しい。

仕事後。 ポッドキャストを聞きながら帰宅。 

母が「オトナカレッジ」というポッドキャストが面白いというので聞くとたしかに面白い。 政治・歴史・健康・経済などのテーマをわかりやすく扱っている。 (後日追記:3月で終わってしまったようですが、古いエピソードは聴けます。)

今日聞いたエピソードは、「『いつも忙しい』のは、どうしてなのか?」。

私にぴったりじゃぁありませんか。 年を重ねるにつれ賢くなって毎日に余裕ができるはずなのに、ここ数年加速度的に時間が足りなくなってます。

できないことを数えてあたふたすると何も進まないので、小さくてもできることから片付けて、できたことを数えてみようとのこと。 なるほど。

夜。 なにを食べたのか記憶ないけれど、フィッシュボールヌードルを作った画像だけ残っていた。

R0032300_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/17 Thu おうちタイ料理。

先週は週末がなかったし今週もまた日曜日から出張なので、振替休日を取って体を休める。 と言っても、来週のプレゼンの見直しで午後は消えましたが。

夜。 さっぱりとタイ料理にしよう。

春雨サラダ。 茹でたひき肉がポイントです。

R0032281_2

トムヤムスープはベジ仕様で。

R0032284_2

友達がタイ料理のお土産にとグリーンカレーペーストをくれたので、さっそく茄子とチキンでグリーンカレーを作った。  ハーブたっぷりでおいしい。

R0032285_2

おぎのやの釜めしの容器で、

R0032292_2

ジャスミンライスを一合炊いた。 いい香り。

R0032286_2

夫がグリーンカレーを食べたあとに、タイ米でチャーハン食べたいというのでリクエストに答えた。

R0032289_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/16 Wed 「ナタラジ」ベジランチと「イズミル」のトルコ料理。

昼。 転職するともだちとランチ。 連日の送別会続きで胃もお疲れかなとベジタリアンインド料理「ナタラジ」にした。 お昼はビュッフェ。

契約農園から届く野菜でサラダ。 ここのにんじんドレッシングが好き。

R00322621_edited1

4種類のカレーは優しい味。 焼き立てのナンもおいしいけれど、私はやっぱりカレーはご飯!

R00322611_edited1

サバサバした友達の表情が印象的だった。 古いチャプターを閉じて新しいページをめくるんですね。 私もある意味4月から新しいチャプターだ。

夜。 阿佐ヶ谷のトルコ料理「イズミル」に行く。

お決まりのフムスとエキメキ。 熱々のトルコパンエキメキになめらかなフムスを乗せて口に放り込む。 いいねぇ。

R00322641_edited1


R00322651_edited1

シンプルに牛肉を楽しめる、ドネルケバブ。

R00322671_edited1

スパイシーな羊のひき肉のアダナケバブ。

R00322681_edited1

今日はパイも頼んでみた。 中身はほうれん草。 おいしい!

R00322711_edited1

ご馳走さまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/15 Tue

夕方。 シンガポールから帰国。

夜。 自炊する。 サラダにアジフライ。

R00322541_edited1

〆は皿うどん。

R00322561_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/14 Mon シンガポール「Thanying」でタイ料理。

昼。 顧客と会食。 竹葉亭にて鰻の定食。



夜。 ホテルのタイ料理「Thanying」で昔の同僚と食事。 この店はタイの皇族たちも来る本格的なタイ料理のお店である。



今日は友達がおごってくれるというので、料理はともだちにお任せ。 



ココナツミルク風味のソースにお米のクラッカー。 ビールが進みます。



R00322451_edited1



八朔みたいなフルーツのサラダ。



R00322421_edited1



手羽先餃子。 これ、おいし。



R00322461_edited1



スープはトムヤムベジー。 やっぱりわたしはこんな風な透明なトムヤムが好き。

R00322481_edited1



魚のスープ煮。 すっぱ甘い。

R00322491_edited1



グリーンカレー。

R00322511_edited1



魚の皮の揚げたもの。



R00322531_edited1



ご飯はブラックオリーブライス。

R0032252

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/13 Sun シンガポールで北インド料理「Shahi Maharani」。

昼。 リッツカールトンの「Summer Pavilion」で顧客と会食。 顧客がホストしてくれた豪華な会食で、フォーマルな感じだったので画像なし。



途中で出てきた「坊さんが塀を飛び越える」という名前のスープは、あとで聞いたらここでは一杯一万円はするとのこと。 恐ろしや。 



Img_3767_2



夜。 インド料理の「Shahi Maharani North Indian Restaurant」に行く。



生ビールを頼むと小グラスで1600円くらい。 シンガポールはどこもお酒が異常に高く、娯楽も国に管理されている感じ。



突き出しのパパド。



R00322111_edited1



前菜に揚げ物のセットを頼んでみた。 サモサやオニオンバジーやら。 すべての揚げ物の衣がそれぞれに違って、どれもさっくりおいしい。

R00322121_edited1



メインはお店の自慢料理のラム肉のシズラー。 私はナンよりごはんが好きなので、サフランライスを頼んだ。

R00322141_edited1



でも味見したくてナンも頼む。 お店のお勧めでガーリックナンにしたらちょっとしつこかった。

R00322151_edited1


R0032223


R0032228


R0032239_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/12 Sat シンガポールの「Binomio」でスペイン料理。

週末の休息時間がないと辛いんですが、超多忙な顧客との会食が日曜日になったので週末を返上して今日からシンガポール出張。



R00321991_edited1


R00322001_edited2



機内で「ワンダフルナイトメア」(直訳は「素敵な悪夢」)という韓国のコメディ映画を観る。 



冷血な独身女キャリア弁護士が、事故死して生まれ変わる条件として2児を持つ専業主婦のおばさんとして1か月過ごすことになった。 水川あさみ似の女優オム・ジョンファがいい味だしてます。 私は入れ替わりものが好きのようだ。



夜。 友だちとホテルの近くのスペイン料理「Binomio」に行く。 



お通しのオリーブとチーズ。

R00322021_edited1



ハムとチーズの盛り合わせ。

R00322031_edited1



小イカのフリット。 

R00322061_edited1



タコのガルシア風。

R00322071_edited1



貝と生アーティチョークの炒め物。

R00322081_edited1



夜のタンジョンバガー。 南国です。

R0032210

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/10 Thu 今年の漬物。

今年はけっこう漬物を作りました。 白菜やカブが多かった。 冷蔵庫にお漬物があるとないでは豊か度が違います。

3%の塩に、白菜漬けの場合は切り昆布・唐辛子・柚子の葉を混ぜる。

漬けたばかりの状態と、

R0032173

2日ほど経って、発酵して水が上がってきた状態。

R0032177

宅配の野菜に壬生菜が入っていたので、壬生菜も漬けました。 こちらのサイトのレシピで、塩と唐辛子だけで漬けたらとてもおいしくできた。

今日のお弁当のカレーのおともに、白菜漬け・壬生菜漬け。 ラッキョウもね。

R0032188_2

夜。 新宿西口の地下街の「箱寿司」でお寿司を買って母のマンションに行く。

穴子巻き寿司。

R00321911_edited1

小肌の押し寿司と鉄火巻きも。

R0032195

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/09 Wed 頼みの卵料理。

今週は夫が出張でいないので、仕事で遅くなると母のマンションに行く。

納豆と、茹でたプチベールとひき肉入りのオムレツ。 

R0032187

さっとできて幸せな味。 一昔前はコレステロールの敵とみなされていた卵も今じゃ上質のタンパク質という市民権を奪還している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/08 Tue

午前中。 顧客の事務所で重要な位置づけのプレゼン。 その後、会食。

会食後、喫茶店でラップアップ。 一つ終わった。 しばしの解放感。

夜。 阿佐ヶ谷のおそば屋さん「達吉」に行く。

山菜天ぷら。

R0032182_2_edited1

あい焼き。

R0032183

出し巻き卵。

R0032184

そして、もりそば。 ここのお蕎麦、ほんと好き。

R0032185_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/07 Mon

一日会議室にこもり、明日のプレゼンの準備。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/06 Sun ほうれん草のポタージュ。

朝。 サンドイッチのお供にほうれん草のポタージュを作る。 玉ねぎをバターで炒めて、茹でほうれん草のざく切りも加えて炒める。 そこに昆布水と野菜コンソメを入れてさっと煮て、ハンドミキサーでなめらかにして、塩・胡椒で味を調えるだけ。 ジャガイモも乳製品も入らないのでさっぱりとしたおいしさ。

R00321581_edited1

午前中、気功教室。 

昼。 高円寺の「太陽飯店」に行く。

焼き餃子をみんなで分けて、

R00321601_edited1

私は焼きそばにした。

R00321621_edited1

餃子おいしい、今度はここで餃子とビールですね!

夜。 冷やっこ、プチベールの茹でたの。

R00321651_edited1

今日も野菜スープを作った。

R0032167

メインは豚肉のグラタンカレー風味

R00321691_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/05 Sat

遅い朝。 ラーメン作る。 麺は最近お気に入りの揖保乃糸の中華麺。 ツルツルとした食感が面白い。

R0032145

昼。 腹減ったコールの夫のために作る。 昔、会社の隣のレストラン街にサツマイモ料理のお店があって、五穀ごはんとサツマイモとちりめん山椒の組み合わせがおいしかったので、それを思い出して作ってみた。 うん、やっぱりとても合います。

R0032148

午後。 来週のプレゼンの手直し。 なんとか形になってきた。

夜。 野菜サラダに野菜スープ。

R0032151

メインに鶏肉のロースト。 シンプルに塩・胡椒・ニンニクパウダー・オリーブオイルでマリネしておいた鶏肉をオーブンで皮がぱりぱりになるまでじっくり焼くのが我が家流。

R0032152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/04 Fri 今週のお弁当。

月曜日。 森嘉のがんも煮、ヒジキ煮、茹でブロッコリー、白菜漬け、煮物。

R0032114_edited1

火曜日。 オイルサーディン入りのサラダ弁当。

R0032123

水曜日。 シシャモ弁当。

R0032128

木曜日。 ひな祭りなので、ちらし寿司弁当。

R0032139

金曜日。 夜の宴会に備えて、サラダ弁当。

R0032144_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/03 Thu 94歳の実業家。

仕事後。 母と待ち合わせて新宿の角川シネマまで映画の試写会に行く。 

「アイリス・アプフェル」という94歳にして現役のファッションアイコンで実業家のドキュメンタリー映画。 共に歩んだ夫は今年100歳。 二人とも頭脳明晰でちょっと辛口のジョークでいつも会話にスナップを効かせている。

201601260037_ex

現役の有名デザイナーたちから尊敬を集めていて、いまだスポットライトの真ん中にいるのがすごいことだ。

映画のあとは、伊勢丹の食堂街のお寿司屋さんに行く。 母は春の握りの盛り合わせ、私は数品お好みでお願いした。

R0032140_edited1

母が「85歳まで生きようと思ってたけど、90歳まで生きてみようかしら」と言った。 作戦成功。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

16/03/02 Wed お料理教室。

仕事後。 青山ツインビルでお料理教室。

サラダのドレッシングには、なんとなめ茸を使う。 アスパラガスの穂先はきれいなので半分に切って飾る。 なるほど、そうすると穂先がたくさんあるように感じる。  いつになっても学ぶことはあるのです。

R0032131_edited1

ロールキャベツはトマト味。 小さめに切った野菜がいい。

R0032134_edited1

イチゴのデザート。 黒スグリのリキュールがいい仕事をしています。

R0032135_edited1

R0032136

R0032137

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/03/01 Tue 新大阪駅「淡路屋」のお弁当。

どんなに忙しくても食事は毎回楽しみたい私にとって、新大阪駅で時間のないときに頼りにしているのは「淡路屋」さんのお弁当です。 

いつもなら余裕を持って帰りの新幹線を決めて、好きなお弁当やおつまみを仕入れるのだけれど、時にはホームにダッシュするくらいギリギリの移動時間のこともある。

そんなときは、お弁当屋さんに並ぶサンプルからまず「淡路屋」で絞込み、その中から今日の気分ですばやく一つ選ぶ。

今日はカニのお弁当。 

R0032126_2

淡路屋のお弁当は優しい味付けで、量産されている割にふたを開けると手作り感が漂う。

以前買った「ダシ巻きと穴子の弁当」も淡路屋さんです。

R0030167_edited11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »