« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

16/09/30 Fri 新高円寺の「ぐらんま」の家庭料理。

夜。 新高円寺の「ぐらんま」に出かける。

お通しは大皿料理からポテトサラダと酢の物を選ぶ。

R0042164_edited1

芋煮。 ほぉっと体の力が抜けるようなおいしさ。

R0042165_edited1

から揚げ。

R0042166_edited1

〆は麻婆丼。

R0042167_edited1

いつも通りのおいしさに、ごちそうさまでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/29 Thu

香港から帰国。 

成田から外苑前の「上海港」に行き、中国が大好きで転職して上海で職を見つけた元同僚の歓送会に参加。 メンツはほぼ全員中国駐在経験者だった。

なんで中国が好きなのか聞いたら「国自体が成長していたから、仕事もうまくいくし、すごく前向きで楽しかった」とのこと。 なるほどね、国も自分も激しく高揚するんですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/28 Wed 香港飲茶のチェーン店「鴻星」と、フィッシュアンドチップスの「London House」。

午前中。 現場で打ち合わせ。

昼。 駐在員がI近くの点心のお店「鴻星」に連れて行ってくれる。 小奇麗で手軽なチェーン店だそう。

春巻き。

R0042131

揚げ豆腐。 これ、シンプルで好きです。

R0042133

エビシュウマイ。

R0042134

蒸し肉団子、 おいしい。

R0042135_edited1

蒸し腸粉。

R0042136_edited1

シュウマイ。

R0042137_edited1

駐在員の大好物のアヒルのロースト。 プラムのソースをつけて食べる。

R0042132

こういう無難なチェーン店を覚えておくと便利ですね。

午後。 グループ会社と打ち合わせ。 事前に問題点を伝えたら役所と打ち合わせしてくれていた。 特別な認可は不要と確認できた。 あー、よかった。

夜。 ゴードンラムゼイのイングリッシュパブ「London House」に連れて行ってもらう。

フィッシュアンドチップス。 ふわふわサクサクで、うまーい。

R0042138_edited1

シェパーズパイ。 これも凝縮されたおいしさ。 サイドにグリーンサラダを頼んだ。

R0042140_edited1

この店、気に入りました。 定宿から近いし、一人で食事するにもいい。 香港の止まり木に決定。

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/27 Tue 香港のフライドポテト地点「Spasso」。

午前中。 プロジェクトトライアルの立ち合い。 少なくとも現場作業は大した問題も起こらず進んでいる。 顧客の香港支店の担当者と打ち合わせして、数点問題点がクリアになった。 一つひとつ確実に問題点をつぶしていこう。

昼。 前回の出張と同じで現場近くの海鮮街「流浮山」に行く。

海鮮料理屋が並ぶ通りには海鮮乾物が並んでいる。 

この町はオイスターソースが有名らしく、地元の顧客がラベルなしの瓶詰のソースを数本ゲットしていた。

R0042110



R0042111

前回と同じレストランでランチ。 

R0042114

今日の蒸し魚もとても美味だった。 これが出てくると白米を頼む。 魚とお汁をご飯にかけて食べるとサイコーです。

R0042115

夜。 駐在員のスタッフが連れて行ってくれたのは、偶然にも昨夜顧客と会食したイタリアレストラン「Spasso」だった。 ホテルの目の前だもんね。

駐在員がおつまみ的なものを頼んでくれた。

自家製フライドポテト。 うまーい。 香港のフライドポテト地点に決定。

R0042116_edited1

生ハムの盛り合わせ。 ワインが進みます。

R0042119_edited1

昨日も頼んだカニとアヴォカドのサラダ。

R0042120_edited1

牛肉のタリアテッレ。

R0042121_edited1

ピザもなかなかおいしい。

Img_43661

何度かこの店に来たことがあるけどそんなにおいしいというイメージはなかった。 こうしてバル風に使うととてもよいお店だ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/26 Mon パンドラの箱。

今日から香港だ。

朝。 羽田空港のJALのラウンジで、明太子バケットとカリフラワーのスープ。

R0042102

午後。 昼過ぎに香港着。 

あるプロジェクトに着手して予想外に早く成果が出そうなのだけれど、知見のない分野なのでパンドラの箱のように次から次へと課題や規制上の問題が出てくる。 ある認可なしに前に行かない可能性が直前に出てくるわ、違反すると実刑などという書類が送られるわ、一方で顧客は大乗り気だわで、顔面蒼白だ。 

香港の刑務所のトイレはさぞかし汚いだろうな。 

現地での打ち合わせで最悪の事態は回避できる方法が見つかり、ほっと胸をなで下ろす。

夜。 顧客とイタリアン「Spasso」で会食。 

前菜に頼んだカニとアヴォカドのサラダが可愛かった。

R0042103

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/25 Sun ひさしぶりの歌舞伎。

朝。 西京焼きで朝ごはん。

R0042080_edited2

妹が歌舞伎のチケットを取ってくれたので、銀座に出かける。

午前中イベントに参加して、その後「加賀屋」でランチ。 あっさりとしたおいしさでした。

R0042083_edited1


R0042085_edited1


R0042093_edited1

歌舞伎なんて何年振りでしょう。 

R0042095


R0042098


R0042100

昔は女形はどう見たって男にしか見えなかったけど、玉三郎の美しいこと。 ほかの女形もちゃんと女性に見えた。 「らくだ」という上方落語を題材にした出し物が面白かった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/24 Sat

夜。 母が最近ザワークラウトを作るので、余ったキャベツを渡したらザワークラウトになって帰ってきた。 

作り立てのザワークラウトをきゅうりの薄切りと合わせてサラダにする。

R0042074_edited1

ハスの実。 ベトナムのレストランで出てきてとてもおいしかったので、スーパーで買ってきた。

R0042075

メインは、ベーコンと中東のミートボール「ケフタ」入りのホットサラダ。

R0042077_edited1

夫の〆に一昨日作った麻婆豆腐が残っていたので、焼きそばの上に乗せた。 「なんじゃこりゃ!」と驚いた夫も、食べたら「なかなかいける」と全部平らげた。

R0042078

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/22 Thu マーボー豆腐。

秋分の日でお休み。

昼。 スーパーマーケットで「春木屋」のラーメンを売っていたので、買って母のマンションで一緒に作って食べた。 脂っこーい。 モズク酢に救われる。

Img_4284_edited1

夜。 サラミ、チーズ、インゲンの胡麻和え、トマト、春巻き。 春巻きにはレタスをたっぷり用意して、ベトナム風に巻いて食べた。

R0042057_edited1

夫が名古屋のパーティから持ち帰ったカマボコの盛り合わせ。 冷凍しておいたのだけれど、同封の紙に「じゃこ天はさっと揚げて食べるのがおすすめ」とあったのでその通りにしたら、揚げたてのようにおいしかった。

R0042058

メインは麻婆豆腐。

R0042059_edited1

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/21 Wed 北新地「むらかみ」でお好み焼き。

大阪の朝。 潮屋できつねそば(たぬき)にわかめ追加。 きつねにはうどんの方が合う。 次回はうどんにしよう。

R0042040

テーブルに置いてある揚げ玉を入れて食べる。

R0042041

夜。 北新地のお好み焼き屋さん「むらかみ」に行く。 ちょっとモダンな店構えのお好み焼き屋さんで、和服のママさんを連れて同伴するらしいおじさんも隣で食事していた。

とんぺい焼き。

R0042048_edited1

牛すじキムチ。

R0042049_edited1

たこと長芋のソテー。

R0042050

モダン焼き。

R0042053

おいしいお店だったけど、2時間制でせわしなくて残念。

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/20 Tue 新梅田食堂街の「新喜楽」の鴨鍋セット、新地の「北新地サンド」のサンドイッチ。

今日から大阪出張です。

昼前に大阪に着いたので、今日のランチは新梅田食堂街「新喜楽」に行く。 

鴨鍋と天丼のセットが新しくできたので、それを注文する。 小ぶりの天丼で、てんぷらの衣が薄く軽くさっくりとしておいしい。 粉山椒の風味が効いた鴨鍋もいつも通りのおいしさだ。

R0042030

夜。 串揚げのお店に連れて行ってもらうと臨時休業なので、近くの餃子屋さんに入って生ビールと餃子。

R0042031

早めに解散して、ホテルにチェックインして北新地をウォーキングにでかける。 

R0042032


R0042033

サンドイッチでもつまみたいなと思いながら歩いていると「北新地サンド」というお店あり。 卵サンドとカツサンドをテイクアウトした。

卵サンドは、卵焼きを衣をつけて揚げてありマヨネーズがたっぷり塗ってある。 私にはしつこすぎたので一切れ食べてあとは冷蔵庫に格納した。 明日部下にランチのお供に食べるかどうか聞いてみよう。

R0042037_edited1

カツサンドは豚肉の薄切りがミルフィーユのように重ねて揚げてある。 

R0042039_edited1

こちらは衣も香ばしくて、ソース味も赤ワインによく合って、ひとつまたひとつと食べて気づいたら完食していた。 あーあ。

| コメント (2) | トラックバック (0)

16/09/19 Mon

世間では三連休でしたが、私のお休みは今日いちにち。

遅めの朝。 にしんそばを作る。 

R0042022_edited1

夜。 ひややっことツナとゴーヤのサラダ。

R0042023

メインはステーキ。 ニンジンの細切れグラッセを作って添えた。

R0042028

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/18 Sun 成田空港の産直マルシェ「空の駅」。

帰国の日。

朝5時半にホテルを出発して空港に向かう。

空港の手続きを済ませてアプリコットラウンジに行く。 窓が多くて明るいラウンジだ。 フォーがあったので懲りずに食べた。 生野菜には必ず入っていたベトナムミントという土地のミントがとてもマイルドな風味で気に入っていたけど、この一杯でとうとうお別れだ。

R0042015

機内で「スポットライト」という実話に基づく映画を見た。 地味だけど丁寧に作られていてとても面白かった。 何事も地道な作業の積み重ねが大切なのだ。

午後4時に成田に到着。 成田空港の到着フロアの中央出口付近にに農産物を売る産直マルシェがる。生ハラペーニョなんかも売られていてひそかに気に入っている。 葉物は朝取れも多い。 今日も生のハラペーニョがあったの、朝獲れモロヘイヤ・ゴーヤと一緒に買って帰った。

夜。 自炊。 モロヘイヤのスープ、キュウリとわかめの酢の物、

R0042016

メインは、ツナとトマトのスパゲッティ。

R0042017_edited1

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/17 Sat Rex Hotelのフォー・ボー。

昨日のうちにホテルを移動して、インターコンチネンタルの朝食。

R0041989


R0041991_edited1

午前中。 膠着状態になっている顧客と打ち合わせ。 前に進むような気があまりしない。

昼。 まだフォーボー(牛肉のフォー)を食べていないし、Rex Hotelのフォーは悪くないというのでまたまたRex Hotelに行く。

今日は一階のテラス席に座る。 まずモヒート。

R0042000

昨日おいしかった揚げ春巻きを頼んだら、今日はお皿に盛られてきた。 春巻きの皮がいつもと違う。 昨日の皮はライスペーパーだったけど、今日は普通の春巻きの皮だ。

R0042003

揚げ豆腐のレモングラスソース。 これ、とてもおいしい。

R0042004

フォーの野菜とハーブ類。

R0042006

フォーが登場。

R0042008

ハーブを入れてライムを絞って食べます。 スープがおいしい。

R0042011

ごちそうさまでした。

夜は、近くのビアレストランでビールとウインナとザワークラウトお代わり。

R0042012

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/16 Fri ホーチミン「Rex Hotel」の揚げ春巻き、ベトナムお料理教室、箸型バインミー。

もともと今朝帰国の予定だったが、欧州の顧客と明日ベトナムで打ち合わせすることになったので直前で帰国を延ばした。 

日本人の同行者は今朝のフライトで帰国したし、シンガポール人の同行者は現場に出かけてしまったので、ぽっかり空いた一日。 週末がつぶれる分、今日はゆっくりしよう。

午前中、散歩に出かけて雑貨屋さんでコットンのブラウスを2枚買った。 

昼。 Rex Hotelのカフェに行き、ワインと揚げ春巻きを注文する。

待つ間パソコンを広げて仕事をしていると、ウェイターのおじさまがうやうやしくテーブルセッティングをしてくれた。

そして出てきたのがこれ。 カリカリ熱々の揚げ春巻きがパイナップルに突き刺さっています。

R0041944_2

そしてたっぷりの新鮮な野菜とベトナムハーブも一緒です。

R0041946

前出のウェイターのおじさまが「食べ方を教えましょう」と、春巻きを野菜でくるんでスイートチリソースにつけて、と実演してくれた。

野菜も新鮮で、揚げ春巻きもとても美味でしあわせ。

午後。 数日前にググって申し込んでおいたお料理教室に出かける。 ホテルから歩いて10分のところにあるHoa Tocというベトナム料理の2階にある。

R0041950_2


R0041951_2

一品作って食べて、また作って食べて、という方式。

R0041953

まずベトナムのスープ。 これは甘くて私にはちょっと無理な味。 一緒に参加した若い韓国人男子(インターコンのシェフだそう)が、おいしいと思うかと聞くので「ユニークな味」と答えると「それは好きってことか嫌いってことか」と突っ込んで聞いてくる。 ま、好きじゃないわね。 

R0041957_2

2品目はバナナのつぼみのサラダ。

R0041960_2


R0041959_2


R0041962_2

これ、おいしい。 バナナのつぼみがミョウガのような食感です。

R0041963

次はバインセウ。 専用の粉にはいろいろ入っていて、この豆の粉も使われているそう。

R0041966


R0041968

具を炒めたあと、衣をフライパンに均等に流しいれて、気長に回しながら焼き目をつけていく大変な作業だ。 レストランではバインセオの専属のスタッフがいるとのこと。

R0041971

何とか出来上がりました。

R0041977

生野菜で包んでソースをつけて食べる。

R0041980

デザートはパッションフルーツのムース。

R0041981

全部作り終わるころには参加者たちも仲良くなって記念撮影。 台湾人の姉妹、韓国人のカップル、カナダ人の母娘、そして一人で参加したアメリカ人と私。

R0041982_edited1

アメリカ人の女性が私に「この料理教室、どうやって見つけたの」と聞くので「こっちに来てググった」と言うと、「私も」と言う。 彼女も出張中でぽっかり一日時間が空いて困った同じ境遇の人だった。

「これからホテルに戻ってモヒートを飲むのが楽しみ!」と言う。 私と同じこと考えているオヤジ女がここにいる。 一緒に飲みたそうにしていたけど、ほかにもすることがあるので別れてホテルに戻った。

夜。 お料理教室が5時までだったのでお腹が空かない。 ベトナムのサンドイッチ「バインミー」をまだ食べていないし、ホテルの近くに細いバインミーを売るカフェがあったので、テイクアウトした。

R0041986

太目のグリッシーニほどのフランスパン。

R0041987

中身はミートボールをほぐしたもの。 これ、とてもおいしかった。 ビールに合いました。

R0041988

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/15 Thu ホーチミン「Rex Hotel」の朝食。

朝。 Rex Hotelのブッフェ。 

私の朝食はまずジュースとフルーツから始まる。 

このホテルのジュースコーナーはいろいろな種類の生ジュースがあるので、私はその日の気分でミックスして飲む。 今日のジュースはオレンジ・パイナップル・パッションフルーツ。

果物も新鮮で甘い。 特に気に入ったのが小さなバナナ。 皮が薄くて味が濃い。

R0041942_2

次にスープ麺コーナーでフォーを頼む。 今日のフォーは鶏肉にした。 小ぶりのサイズです。

フォーと言えば牛肉ですが、日本で食べるフォーは鶏肉が多くてぱさぱさした味で個人的には苦手ですが、こちらのフォーの鶏肉はしっかり味がついていて、美味だった。

R0041935_edited1

日替わりベトナムおかずのコーナーから、ひき肉を米粉クレープで巻いたベトナム風腸粉。 これも好き。

R0041936_edited1

毎日飲んだカプチーノ。 

ホテルの朝食って席に着くと「コーヒー、紅茶どちらにしますか?」といわれるけど、大体の場合「カプチーノ」とか「ラテ」というと、追加料金なしで対応してくれる。 万が一「追加料金いただきます」と言われたら「じゃ、普通のコーヒーでいい」と断ってもいいし。

R0041937_2

昼はホテルの一階のレストランでセミナーの顧客と共に昼食会。

午後、セミナー開催。

夜。 身内で中華料理。

R0041938

ホーチミンはバイクが盛んで、道の360度方向からバイクがやってくる。 圧巻です。 これ、なにかの集会ではありません。 ただの信号待ちです。

R0041939_edited1

しかしその分排気ガスがひどくて、滞在中ずっと乗り物酔いしたようだった。 ハノイはさらにひどいらしいので、私には無理かもしれない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/14 Wed ホーチミン「Song Nyu」でシーフード。

早朝のウォーキング。 市庁舎の前でホーチミン氏が手を振っています。

Img_4253a

昼。 現地の代理店と会食。 「Song Nyu Seafood Restaurant」という静かなレストランだ。 

ホーチミンではビールに氷を入れて飲むんです。 これ、意外といいんですね、アルコール分が低くなるし、いつまでも冷たいし。

エビのカクテル。 冷たいカクテルかと思ったら、茹でたての海老がココナツのスープに浸かっているのでした すごくおいしい。

Img_4262

貝のグリル。 香ばしい味。

Img_4263

ソフトシェルクラブ。 あまり好きなメニューではなかったけど、本場は違います。 とてもおいしい。 蟹の味が濃い。

Img_4264

蒸し魚。

Img_4265

チャーハン。 ホーチミンのチャーハンはこれで2度目だけど、やっぱり口に合わない。

Img_4268

ニガウリとフィッシュボールのスープ。

Img_4269

お、やっぱり出てきた野菜のベトナムバーニャカウダ。 

Img_4270

タレはその店によって自慢の味のようです。 もりもり野菜が食べられてうれしい。

Img_4271

ごちそうさまでした。

午後。 打ち合わせ一件。 ベトナム人の英語にまだ慣れないのでノートに絵を描きながら打ち合わせ。 シンガポール人のスタッフに「なんでわかるの?」と聞いたら「慣れるまで何年もかかった」とのこと。 一日が終わる頃には頭がガンガンする。

夜。 別の代理店と食事。 和食屋さんに連れて行ってもらった。 「花ゆき」というお店で、日本人の従業員は見当たらないけど、日本人客で賑わっているカジュアルな居酒屋です。

試しにマグロとアヴォカドの細巻きを頼んだら、意外や意外、日本のへたな居酒屋よりずっとまともな巻き寿司が出てきた。 味もすこぶるよい。 ホーチミンは魚介が新鮮だそう。

R0041923

きゅうりとわかめの酢の物もおいしかった。 ししゃも、焼き餃子、などを堪能しました。 

こんな和食の休憩地点があるのはありがたいことです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/13 Tue ベトナムのバーニャカウダ「mam kho quet」。

午前中。 打ち合わせ。

昼。 打ち合わせ場所付近の海鮮料理のお店「Sepia」に行く。

座って出てきたのはニンニクと葉っぱに包まれたもの。 葉っぱをはずすと中身はハムでした。 なかなかおいしい。

R0041870

カニのスープ。

R0041871

これはベトナムの蒸し野菜。 たぶん「mam kho quet」という名前の料理だと思う。

R0041873

オクラ、ゴーヤ、ブロッコリー、カリフラワー、人参、ズッキーニ、葉物野菜などを蒸して、豚の脂身やサンバルやニンニクなどを煮詰めたうまみたっぷりのソースを野菜ですくいながら食べる。 蒸しただけの野菜がこのソースをまとったとたん、とまらないおいしさになる。

ホストのベトナム人が「家でこれをつまみながらビールを飲むのが日課。 これだけあればいい」というほど好きだと言う。 

R0041872

エビの炭焼き。 かなり大振りの海老で、なんと川海老とのこと。 

R0041874

魚のグリル。 これ、絶品でした。 ガルーパでしょうか。 ぷりっぷりで、味がしっかりして。 肉のような食感だった。

R0041875

デザートの果物はすべて地のものだそう。 一番外側の柑橘系がとてもおいしかった。 ポメロというそう。 あとで調べたら文旦でした。

R0041876_edited1

夜。 シンガポール人の同行者が知っているレストランに行く。 「nha hang ngon」というお店。

R0041906

店内が屋台みたい。座り込んで前菜を料理する人たちがいる。

R0041895

R0041896

料理はいまいち。

R0041899


R0041901


R0041903

特にベトナムのチャーハンは口に合わない。 ホテルの朝食ビュッフェのチャーハンみたいにぼそぼそして味気ない。

R0041900_edited1

ただ一つ、日本人の同行者が頼んだベトナム蟹の茹でたものは、すごくおいしかった。

シンプルに茹でて塩をつけて食べるだけなんだけど、むっちりとした肉の食感と上品な甘さでこの蟹は大当たり。

R0041904

歩いてホテルに戻ると大通り公園には夕涼みの人たちでにぎわっていた。 右手の白い建物がRex Hotel。

R0041914

市庁舎も美しい。

R0041916

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/12 Mon ホーチミン「Rex Hotel」。

今回の宿泊先はRex Hotelというクラシカルなホテルで、なんとなく御茶ノ水の「山の上ホテル」と同じ匂いがします。 

今年が開業90周年というだけあり、すべてがゆったりと作られていて、今のホテルの計算されつくした合理性とは対極にあり、その無駄な空間の贅沢さにずいぶんと癒されました。

5階建ての低層ホテルで、朝食レストランも5階の「Rooftop Garden」という。

R0041934_2

レストランの横にはプール。

R0041868

階下には舞台や観客席、1階のホテルが見下ろせる。

R0041867

夜に明かりが灯ると、モザイクのガラス窓がレトロ。

R0041891

1階のステージでは毎晩水上人形劇をやっていて、一人1500円くらいなのでぜひ時間を見つけて観たいと思ったけれど時間がありませんでした。 

或る夜。 会食から戻ったら劇のフィナーレをやっていたので、パチリとシャッターを押した。

R0041920

ルーフトップガーデンのテラスでは夜には生演奏がある。

R0041921

朝食の果物も充実しています。

R0041863_2

フォーのコーナーもあり、毎朝食べた。

R0041865_2

ここのカプチーノも私の好みにドンピシャでした。 ベトナムコーヒーを使ってるのかな。

R0041937_2

午後のアポが早めに終わると夕食までいったん解散となるので、私はパソコン抱えて5階のレストランのテラスに行き、メールをやっつけます。

ライムがたくさんとれる場所柄、ホテルのモヒートもライムだらけでとても気に入りました。

R0041889

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/12 Mon ベトナム出張。

今日からベトナム出張なので、私のお弁当は使い捨て容器に入れる。

R0041858

午後。 会社から成田に向かい、18時のフライトに乗ると22時にホーチミンに着く。 ベトナムは久しぶりだなー、と自分のブログを見ると8年ぶりでした。

今回のホテルはRex Hotel。 木目調の部屋が落ち着きます。

R0041861

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/11 Sun オーブンでオムレツ。

最近の我が家の流行は、オーブンで焼くオムレツ。 

小さなフライパンに油を敷いて、溶き卵の中に余った野菜と味付けに粉チーズを入れてオーブンに入れて焼き目がついたら出来上がり。 今日の中身はマッシュルームとグリーンピース。

前菜にも、御弁当のおかずにも重宝します。

R0041842

朝。 具だくさんのお雑煮。 オムレツも一切れ食べた。

R0041848

以前にも紹介したが、料理用のお酒に貝柱や干しエビを入れて常備している。 干しえび酒や貝柱酒は乾物の風味がお酒に移っていいおだしがでる。  今日のお雑煮で貝柱とお酒を使い切ってしまったので、新たに作った。 クコの実も一緒に入れた。

R0041851

夜。 妹が梨をたくさん送ってくれたので、ミョウガとレタスのサラダに梨も入れる。 爽やかな味です。

R0041853

梅田の「ひろ作」で食べた空心菜の煮物を再現してみた。 母が気に入って残りを全部お持ち帰りした。

R0041854

冷ややっこ、プチトマト。

R0041856

蓬莱のシュウマイ。 せいろに野菜をたくさん敷いて一緒に蒸してた。 シュウマイの味が野菜に移ってなかなかよい。

R0041857

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/10 Sat 阿佐ヶ谷「達吉」で、あなご天。

昨夜は大阪泊。

朝。 新大阪駅の駅マルシェの立ち食い「浪速そば」で山菜そば。

R0041831

9時半の新幹線で東京に戻る。

昼。 東京駅のキッチンストリートの鶏繁の親子丼のお店で、親子丼。 スープが塩辛いー。

R0041833

夜。 悪友I子と夫と三人で駅前のカフェで泡を飲んだ後、「達吉」に行く。

蕎麦豆腐。

R0041834

大好物のあい焼き。

R0041836

肝のオリーブ煮。

R0041837

穴子天は今日のお勧めメニューから。 初めて食べたけど、ふんわりさっくりとてもおいしい。 骨まで揚げて出してくれる。

R0041838

出し巻き卵。

R0041839

〆のお蕎麦は、花巻。 磯の香りが立ち上る。

R0041840

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/09 Fri 新梅田食堂街の自然食材の店「ひろ作」。

朝。 生ジュースを飲む。 オランダのスーパー「アルバートハイン」で買ったカイザーを焼いてサンドイッチを作る。 欧州のスーパーマーケットには常温で長期保存できる半生パンが売られて、よく2種類ほど買ってかえる。 オーブンで8分ほど焼くと出来たてのパンが食べられる。

R0041816

大阪出張に向かう。

昼。 今日は初めてのお店、新梅田食堂街の「ひろ作」に挑戦。 

カウンターだけの小さなお店で、「女あるじ」という言葉がぴったりの小柄で年配の女性店主がやっている。 遅めのランチなので、客は私一人だ。

女主が「昼は定食だけで、肉の定食、魚の定食、野菜の定食の3種類。 肉定食は肉団子、魚は鰆の煮つけ。 初めてなら野菜定食をお勧めする」と教えてくれるので、野菜定食にする。

まず、空芯菜の煮物、お漬物、豆乳とりんご酢、冷ややっこが出てくる。

R0041817

空芯菜の煮物がとても美味。 宅配で空芯菜が入っていると炒め物以外に思いつかなかったけど、お醤油・砂糖・お酒でさっと煮るそう。 私も今度作ってみよう。

メインの野菜プレート。 美しい。 どれもこれもとてもおいしい。

R0041819_edited1

玄米も自然農法で作ったものとのこと。 「ご飯はお代わり自由。 でも残すと出入り禁止になるから(するから?)、少な目に盛っておきます。」と言われたが、念のためさらに3分の1減らしてもらった。 

R0041820_edited1

卵もおいしいからよかったら食べて行って。 と温泉卵を進められたので追加で注文して、ご飯もあと2口分だけお代わりした。

R0041821_edited1

自然農法で作った野菜、ストレスをかけないで育てた肉や魚のみで料理を出すそう。 すっぴんの店主のお肌がツルツルのピカピカで皺もなく、ストレスフリーで育てた食材を食べると体にいいことを見事に実証している。

cafeクマコの野菜プレートもいいけれど、この店は野菜の扱い方がさらに熟練している。

夜は、北浜の花背で鱧。

R0041822_edited1


R0041828

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/08 Thu 高円寺の「アブラクサス」でフレンチ。

夜。 高円寺のアブラクサスに行く。

どうしてもエビのアヒージョが食べたいと夫が言うので、マダムに相談して前菜盛り合わせの数を減らしてもらった。

エビのアヒージョ。

R0041810

キッシュ。

R0041811

牛タンとルッコラのあえ物。

R0041812

リエット。

R0041813

メインは羊のグリルにした。

R0041814_edited1

今夜もおいしかった。 ごちそうさま。

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/07 Wed お料理教室。

今日のお弁当は、そば弁当。

R0041799

夜。 お料理教室。

サラダ菜のスープ。

R0041801

ロースポーク。 残った肉汁でグレービーを作るのに、香味野菜を焼き付けてコクをつけるというのが新しく覚えたこと。 

R0041803

デザートはキャラメルアイス。

R0041805

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/05 Mon いえごはん、夫の告白。

トマトのファルシーでおいしいスープが残っていたので、チキンピラフを炊いた。 目玉焼きを乗せてお弁当に持っていく。

R0041786

夜。 自炊しよう。 

ハムとアスパラガスのサラダ。

R0041787

ズッキーニのソテー。

R0041788

モロヘイヤのスープ。 茹でてブレンダーでペースト状にして冷凍しておいたので、鍋に水とチキンコンソメを温めて、モロヘイヤペーストを混ぜただけで、とてもおいしい。

R0041789

メインはルーベンサンド。 オランダで買ったチーズを乗せた。

R0041791_edited1

おいしい、おいしいと一人で喜んで食べていたら、夫がぼそっと「実はチーズ好きじゃない」と言ったので、びっくり。 えーっ‼‼‼

10年くらい前にも、毎日納豆を食べていたのにある日「実は納豆嫌い」と言い出した時と同じくらい驚いた。

| コメント (5) | トラックバック (0)

16/09/04 Sun 阿佐ヶ谷の「阿づ満や」で鰻。

日曜日の夕方に帰国。

夜。 駅前の鰻屋さん「阿づ満や」に行く。

うざく。

R0041774

肝焼き。

R0041775

焼き鳥。 鰻屋さんのタレで焼いたやきとりが密かに好き。

R0041776

メインにうな重と肝吸い。 うまし、日本人でよかったー。

R0041780

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/03 Sat コペンハーゲンのホテルの朝食。

帰国日の朝。 宿泊先の「Scandia Front」ホテルの食堂の開始時間の7時に朝ごはんを食べに行く。

Img_4236_1

パンコーナーではいい香りが立ちのぼっている。 すべてのパンが焼きたてでほんのりと温かく、とても幸せな気持になる。

Img_4241_1

果物は大振りに切ってあり、客が好きなように切り分ける方式。 とても合理的です。

Img_4237

私の最大関心エリア、ハムとチーズコーナーです。 菓子パン(デイニッシュ)のコーナーもちゃんとありますが、辛党の私は素通りでした。

Img_4240_1

いただきまーす。

Img_4242_1

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/02 Fri コペンハーゲンのイスラエル広場。

一人の夜。 ランチが遅かったのでお腹が空かないし、7時過ぎでもまだまだ明るいので散歩に出かける。

Irmaというスーパーマーケットをのぞいてみる。 木目調の店内が暖かい。

R0041736


R0041737

R0041738

外国では市場に行くのが私のミッションで、デンマークにも「イスラエル広場」という市場があるらしい。 Google Mapによると徒歩で20分くらいなので行ってみる。 

明るく美しい市場だ。

R0041742


R0041739

入り口付近では、音楽に合わせて踊る人たちも。

R0041741

質の高い市場で、イートインコーナーを併設するお店が多く、軽食とワインを楽しむ人も多い。

R0041743_2


R0041744


R0041746

とても楽しい市場だった。

歩いてホテルに戻る頃にはとっぷり日も暮れる。 

港には軍艦が停泊していて、中では音楽の生演奏もやっている。

R0041758

ホテル横のデッキに腰かけて夕涼みした。 デッキの下は海なので、ちゃぷちゃぷと波の音が耳に心地よい。

R0041752

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/02 Fri コペンハーゲン「Told & Snaps」のオープンサンド。

朝いちばんのフライトでコペンハーゲンに向かう。

午前中、ホテルの食堂で打ち合わせ。

遅い昼。 「Told & Snaps」というレストランで食事。

ビールとスナップス(アクアヴィットのこと)とオープンサンド2種類。

最初のサンドイッチに、ニシンの燻製を選ぶ。

R0041726_edited1

卵の黄身をかけて食べる。

R0041732_edited1

デンマーク人の同僚が頼んだのは、ニシンのカレー味。

R0041729_edited1

私の2枚目のサンドイッチは、同僚に選んでもらった伝統的な牛タンの蒸し鶏と卵。 牛タンの燻製がとてもおいしい。

R0041734_edited1

同僚が頼んだのもの。魚の燻製にフワフワ卵とチャイブがたっぷり乗っている。

R0041735_edited1

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/01 Thu グリーンランド海老。

ハムやチーズに目がない私にとって、ヨーロッパの朝食は楽しみの一つです。

R0041664

魚の燻製もヨーロッパならではのおいしさ。 

お決まりの食べ方は、まずサーモンやサバの燻製を楽しんだ後、ハムとチーズに移ります。

R0041665

午後。 事務所でドイツの顧客と電話会議一件。

その後、グリーンランドの顧客が名物のグリーンランドエビを携えてやってきたので、さっそくみんなで屋上で味見することにする。

R0041687

大好物です。

R0041689

ワインやビールも出てきて、みんなの顔もほころびます。

Img_2630a

「はっきりおいしいと顔に書いてある」といつも言われます。

Img_2615a

ロッテルダム事務所は今年15周周年で、お祝いのパーティで私の前任者も忙しいなか駆けつけた。

夜は「Kaat Mossel」に移動して食事会。 

R0041714_edited1


R0041715


R0041725_edited1


R0041724_edited1

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »