« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

17/12/31 Sun お年越はブイヤベース。

今日は大みそか。 

朝。 夫には、昨日のチキンキャセロール、白菜の漬物、トマトと卵の炒め物、野菜スープ(即席)。 私はフルーツジュースのみ。

R0050587

昼。 養老麺(きのこ)。 さっぱりしておいしかった。

R0050591

夜。 さすがに少しはお年越しっぽいこともしようと筑前煮を作る。

R0050597

クリスマスのローストチキンの首皮を、下茹してカリッと焼いてとっておいた。それを刻んで酢の物に入れたらとてもおいしかった。

R0050594

メインはブイヤベース。 活け車海老、ハマグリ、タラ、で作った。

R0050602

おいしいソースがけっこう残ったので、これは後日のお楽しみとする。

片付けなどをして、紅白歌合戦を10時ころから見る。 

ゆく年くる年が始まるころ、温かい服を着込んで猿田彦神社に初詣に向かう。 そのあと、馬橋神社に行くとすでに初詣客で長打の列なので、お参りせずに帰宅して、寝る。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/30 Sat ローストチキンの転用、チキンキャセロール、

朝というか、昼。 サンドイッチを作る。

R0050571

夜。 サラダ。

R0050578_2

クリスマスのローストチキンの残り物で、チキンキャセロール。 もう何十年も作っているレシピは、こちら

R0050580_2

ご飯とおかずが合体しているし、ワインにも合うので、ずっと好きな料理。

R0050584_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/29 Fri ローストチキン副産物のスープ、 牛バラのステーキ。

昼。 クリスマスのローストチキンの骨で取ったスープで、チキンラーメン。

R0050562_2

丸鶏ってホント楽しい。 有元葉子さんも、一人暮らしでも丸鶏を買うことを勧めている。 確かにいろいろな部位の味が楽しめるので、もっと頻繁に使おうかな。

夜も、ローストチキンのブロスで、トマトと卵のスープ。

R0050564_2

きゅうりの酢の物。

R0050566_2

今夜も、キャンプQでステーキを焼く。 今日の部位は、ばら肉の塊。

R0050568_2

ばら肉は肉の旨みが多くて、これもまたおいしい。

R0050570_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/28 Thu 仕事納めと「Kissaco」。

年の瀬という気分がまったく希薄な中、仕事納めの日が来る。

夜。 お料理教室の仲間と恒例の広尾「キッサコ」で忘年会。

赤ピーマンのムース。

R0050550

前菜盛り合わせ。

R0050552_2

自家製の燻製サーモン。 これ、燻製具合が絶妙でとても美味。

R0050554_2

鴨も火の通し方が絶品です。

R0050556_2

〆に手打ちそば。

R0050558_2

毎年のようにこの店で忘年会しているけれど、今まででいちばんおいしいと思った。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/27 Wed 丸の内価格、「オトノハ」の卵とキクラゲ。

朝から外出。

昼。 丸ビルのお蕎麦屋さん「一茶庵 丸山」でランチ。 軽く「花巻そば」を頼んだら、かけそばともみ海苔が別に出てきた。 

R0050538

とてもおいしいけれど1,300円は高いと思い、あとでほかのお店の値段をチェックすると、どの店のメニューも1000円以上だった。 丸ビルは高い、ここ界隈のサラリーマンは大変だ。

夜。 夫と妹と3人で、阿佐ヶ谷の中華「オトノハ」に行く。 

焼き餃子。

R0050540

ハムとアスパラガスの春巻き。 美味。

R0050543_2

卵ときくらげの炒め物。 3人とも母や猫の介護で疲れてるから、卵のほっこりする味に癒される。

R0050544_2_2

締めに焼きそば。 いつもは塩焼きそばを頼むので、今日はしょうゆ味を注文してみた。

R0050545_2

私は塩のほうが好き。

汁そばか焼きそばかで大いに悩んでいた妹が、とうとう汁そばも注文した。 これはネギそば。

R0050546_2

おいしかったけど、量的には余計でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/26 Tue 神楽坂のちゃんこ居酒屋「水町」。

夜。 会社の仲間と忘年会。 前任者の同級生がやっているお店「水町」に連れて行ってもらう。

ご主人は両国のちゃんこ料理屋さんでながく修業して独立したとのこと。

前菜は、大根とブリの煮物、衣かつぎ。 ナマコの酢の物。 そして、お刺身。

R0050529_2

とても美味で、料理に期待が膨らみます。 

グラスワインがあるのも嬉しい。 最近、少量の日本酒ですぐ撃沈するので、おいしい和食屋さん(や寿司屋さん)でもワインがないと足が遠のいている状況なので。

自家製厚揚げ。 

R0050530_2

ザーサイの浅漬け? ポリポリと良い歯ざわりで、お酒が進みます。

R0050531_2

大きな牡蠣フライ。 大きさを比較するためライターを出してきたあなた、確か禁煙したはずでは…?。

R0050535_2

ちゃんこも食べたいけど、お腹も膨らんできたので、3人で一人分を頼む。 スープが数種類から選べて迷うけど、「初めてなら塩ちゃんこ」と勧めてもらった。

R0050532_2

すごーくおいしい! 

R0050536

自家製の柚子胡椒もよく合います。

R0050534_2

〆は、半田そうめん。 半田そうめんって煮込んでものびないからお鍋の締めにもいいんですね。

R0050537

とても気に入ったので、近いうちにまた来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/25 Mon 今週のお弁当。

月曜日。 豆カレー。

R0050522_2_3

朝食用のサンドイッチの中身は、スモークサーモン入りオムレツ。

R0050523_2

今日はクリスマス。 空いているだろうと仕事後に美容院を予約したら、すごく混んでいた。 担当の美容師さんによると「クリスマス、いつも結構混んでますよ」とのこと。 意外。

火曜日。 夜の会食に備えて、サラダとおかずで調整弁当。

R0050525_2

水曜日。 外出につき、お弁当お休み。

木曜日。 今年最後のお弁当はやはり夜のごちそうに備えて、サラダとおかずの調整弁当。

R0050548_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/24 Sun 今年のローストチキン。

朝。 お好み焼き。

R0050494_2

今日は我が家で恒例のクリスマスパーティの予定だったけど、母がまた入院したので、パーティはとりやめにした。 

母が予約したケーキもキャンセルできないので、妹一家に引き取ってもらうことにする。

頼んでおいた丸鶏も予定通り届いたので、ローストチキンは作ることにした。

お腹から取り出した脂身にじっくり火を通すと、こんなきれいな鶏油ができた。

R0050495

鶏油を準備した丸鶏に刷毛で塗って、オーブンで焼く。

R0050496

1時間半で、出来上がり。

R0050497_2

妹一家と分けて、病院の母にも少し届けた。

夜。 スモークサーモンサラダ。

R0050506

ローストチキンの半身を野菜と一緒にオーブンで温めなおして食べる。

R0050510

うん、おいしい。

残った骨は、クズ野菜などと一緒にじっくり煮込むとおいしいチキンスープになる。 

R0050517

この時期はベランダが天然冷蔵庫になるので、鍋ごとベランダに一晩置いて上に固まった油を取り除いて、キッチンペーパーで濾して、使うまでまたベランダに放置。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/23 Sat

朝。 作り置きのぽろぽろひき肉があるので、卵と合わせて親子丼ならぬ他人丼。 

R0050478

昼過ぎ。

夜。 自炊。 妹も一緒に食べる。

ヒジキの五目煮。

R0050482

サラダ。

R0050485_2

小鍋で湯豆腐。

R0050486

母の煮物。

R0050481

メインは、メルゲーズ。

R0050487

妹はそのまま、母のマンションに泊まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/22 Fri 中崎町の感じのいい中華「Chinese Bistro IMOSE」。

昨日から大阪に入り出張中。

昼。 梅田の「三田製麺所」で、ショウガ味のつけ麺。 たまに食べると、つけ麺もおいしい。

R0050474

夜。 取引先と合同忘年会で、China Bistro IMOSEに行く。 名前の通り、フランス食堂のような店構え。

飲み放題のワインも、料理もとてもおいしかった。 今度、自腹で来よう。 

R0050475

宴会なので、途中から席を移動したりして写真を撮る余裕がなくなりました。 

このままスタッフはみんな大阪泊だけど、私は最終の新幹線で帰る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/20 Wed お料理教室のクリスマスメニュー、今年はブイヤベース。

今月のお料理教室は、クリスマスメニューです。

柿とビーツのサラダ。

R0050462

付け合わせのガーリックトーストも、トマトとペストでクリスマスカラーです。

R0050467

メインは、ブイヤベース。

お教室では、アメリケーヌソースを活用して作る。 スープも具も事前に作って、食べる寸前に温めるので、パーティ料理に最適。

具は、ロブスター、ホンビノス、タラ。 食感のバラエティに富んだ食材の組み合わせで、飽きさせません。

R0050466

スープは別にカップで楽しむ。

R0050464

さらに、おいしいスープで作ったパスタ。 お米の形をしたリゾーニというパスタはつるんとした食感で、ごはんに似ているけれど、食べると全く別もの。 これはおいしい、是非作ろう。

R0050468

デザートは、チャイのクリスマスケーキ。

R0050469

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/19 Teu 四谷三丁目のスパニッシュ「ラ・タペリア」で忘年会。

夜。 四谷三丁目のスペイン料理「ラ・タペリア」で忘年会。

アミューズは、きのこのスープ。

R0050452

ハムの盛り合わせ。

R0050453

野菜のサラダ。

R0050454

きのこのコロッケ。

R0050455

エビのアヒージョ。

R0050457

豆とソーセージの煮込み。

R0050458

どれもこれも美味しかった。 でも、(だから?)ワイン飲みすぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/18 Mon 自宅で鴨鍋。

夜。 かまぼことわさび漬け。

R0050443

野菜を切って、お皿に並べて、

R0050444

今夜は鴨鍋にする。 ネギたっぷりで、おいしい。

R0050448

〆はお蕎麦にするつもりだったけど、茹でて残ったひもかわうどんが冷凍庫にあることを思い出した。 鴨のつくねとねぎを追加して食べる。

R0050451

うまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/17 Sun 半田そうめん。

朝。 今治のかまぼこが届いたので、半田そうめんで食べる。 半田そうめん、茹で時間が短いし、つるんとおいしくて最近のお気に入りです。

R0050419

昼。 お好み焼きと、ノンアルコールビール。


R0050422

作り置き用に、ヒジキの炒め煮を作る。

R0050425

夜。 大根の皮とベーコンのきんぴら。

R0050430

小松菜と薄揚げの煮びたし。

R0050432

五目ヒジキ。

R0050438

カボチャの土佐煮。

R0050436

メインは、サバのつけ焼きでしたが、画像失敗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/16 Sat ホームパーティ。

朝。 目玉焼き、シシャモ、きんぴら、おひたし、海苔、漬物、豆腐のお味噌汁、ごはん。

R0050400

午後。 会社の若い女子2人が遊びに来る。 ご飯食べに来てねと誘ってから何年も経ってしまった。 徐々に約束を果たしていこう。

前菜に、ゴーダチーズ、豚肉のソーセージ。

R0050406

きゅうりとディルのサラダ、

R0050407

牡蠣のオイル漬け、

R0050446

メインはBBQだったのですが、ここら辺からおしゃべりと料理に忙しくて画像は撮り忘れました。

女子が撮った肉焼き女の画像だけ残っている。

R0050414_2

しかし、若い女子たちの食欲と言ったら。 何を出してももりもりと平らげて、とても気持ちよかった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/15 Fri 阿佐ヶ谷の「Kumari」で、インド料理。

夜。 阿佐ヶ谷の「Kumari」に行く。

ビールとオニオンパコラ。 スパイスのきいた衣で玉ねぎがさっくり揚がっていて、とてもおいしいんです。

R0050398

ケバブ2種類とカレー2種類のセットを頼む。 ほうれん草のカレーが食べたかったので、お願いして入れてもらった。

R0050396_2

ケバブ2種類。 羊と鶏肉。

R0050399

寒い夜にインド料理はどうかなと思ったけど、おいしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/14 Thu 渋谷の「森本」で焼き鳥。

夜。 月例会議で顔は合わせているけれど、もう一年以上もゆっくり話していない大阪の仕事仲間とひさしぶりに3人で飲むことになった。

「予約なんて大げさなことはなしで、ふらりと気が向いたところに入ろう」というリクエスト。 

渋谷で待ち合わせして歩くうちに、焼き鳥の「森本」の前を通りがかる。 運よく席が空いたので、今夜は焼き鳥だ。

砂肝のお刺身。

R0050391

つくね。 この串がいちばんおいしかった。

R0050392

けっこう大振りの大衆的な焼き鳥だった。

R0050393


R0050394

店内はビールジョッキ片手に鶏の串をほおばる客で満ちている。 みんな楽しそうな赤い顔で、誰もが饒舌だ。 止まり木のような高い椅子に腰かけて、隣の客と袖をすり合わせるように混んだ店に身を置いていると、忘年会シーズンなんだなぁ、と年末気分になってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/13 Wed

夜。 簡単に自炊する。

きゅうりとエビの酢の物。

R0050385

BBQチキンとマシュルームのピザ。

R0050388

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/12 Tue 阿佐ヶ谷「達吉」のかけそば。

午前中。 母のマンションで、介護保険の認定ヒアリング。 今のところ全部自分でできるので、要介護にはならないけれど、今後のためにもいろいろ教えてもらってよかった。

昼。 母のマンションで、焼きうどんを作る。 煮物、三つ葉のお吸い物。

R0050369_2

午後から出社。

夜。 阿佐ヶ谷の「達吉」に行く。

板わさ。

R0050370

菖蒲カブの煮物。

R0050372

山菜の天ぷら。 もうそんな時期ですかね。

R0050375

鶏とレンコン団子の湯葉蒸し。 からし醤油で食べる。

R0050377

〆のおそばに、かけそばを初めて注文した。 柿さわのかけそばが大好きだけど、達吉のかけそばも優越つけがたいくらいおいしい。 

R0050379

またお気に入りのメニューが増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/11 Mon 今週のお弁当。

今週は、牛肉とゴボウのすき焼き風の煮物を使いまわしました。

月曜日。 五目ヒジキと一緒に。

R0050359

火曜日。 母宅で料理したので、お弁当はなし。

水曜日。 牛丼風。

R0050382

木曜日。 ビビンパ風。

R0050389

金曜日。 寝坊したので、お弁当お休み。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/10 Sun キャンプQで、メルゲーズ。

欧州出張後、初めて自宅でゆっくりできる一日。

朝。 ツナと海老のトマトソースのパスタを作る。 

私のパスタソースの好みは、食べ終わるとお皿にソースが残らないくらいの感じ。 ソースがお皿に残るのは、ソースが多すぎかゆるすぎ。

R0050344

夜。 テーブルに冷ややっこ、ゆでブロッコリー、トマトを並べて、パンプキンスープから食べ始める。

R0050350

今夜も、QでBBQです。 今日の焼き物は、メルゲーズ。 

メルゲーズは、中東風のスパイスが効いた羊のソーセージで、神楽坂のフランス食堂「サンマルタン」で食べて以来、時々無性に食べたくなる。

残念ながらサンマルタンは数年前にお店を閉めてしまったので、ネットで探してミートガイで注文してみた。

生ソーセージは、ゆっくりじっくり火を通すと美味しい。

R0050351


R0050352

中東の唐辛子ペースト「ハリッサ」を添えて食べる。

R0050353

来週の朝食サンドイッチ用に鶏胸肉もBBQした。 味見したら、しっとりしてモモ肉とはまた違う美味しさ。

R0050355

食後。 生ガキでオイル漬けも作った。 ひさしぶりにワイン片手にキッチン仕事して、癒された。


R0050358

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/09 Sat 文楽の日。

朝。 練りものとわかめのおうどん。

R0050274

今日は、文楽の鑑賞に国立劇場まで出かける。 

国会議事堂前の銀杏も紅葉している。

R0050276

国立劇場。

R0050279

公園の前に、文楽のレクチャーがある。 人形遣いの人たちが人形や小道具の説明をしてくれる。

同様のイベントに参加したのはは何年前だったかな、と自分のブログを検索すると、なんと11年前のことでした。 

R0050294


R0050312

さて。 楽しみにしていた文楽はといえば、長い出張から戻ったばかりの週末だったので、かなり熟睡してしまい(汗)。 

夫は最後まで身を乗り出すようにして、感動していた。

夜。 一緒に観劇した人たちと青山で食事会。

和食がいろいろ出てきたけど、このニシンの煮物がおいしかった。

R0050339

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/08 Fri 新高円寺の「アルデンテ」の牡蠣のフローレンス風。

夜。 新高円寺の「アルデンテ」に行く。

取り合わせサラダ。

R0050266

「アルデンテ」では冬になると牡蠣の特別メニューが登場する。

いつもはカキフライを頼むけれど、今日は気分を変えて初めて「牡蠣のフローレンス風」というのを頼んでみる。

牡蠣、ほうれん草、ホワイトソース、チーズ。 たいへん美味しゅうございます。 カキフライより軽い料理なので、前菜に頼むのもいい一品だ。

R0050268

パスタは夫の大好物、ヴォンゴレロッソ。

R0050270

メインは手こねハンバーグ。 付け合わせの野菜も丁寧なおいしさ。

R0050271

今日もごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/07 Thu

夜。 残業で遅めの帰宅。 夫も会食で遅いので、昨日の残りのオランダエビでチコリのサラダを作り、白ワインと共にキッチンで立ち飲み。

R0050262

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/06 Wed キャンプQでフィレ肉のステーキ。

やっと帰宅しました。

夜。 空港で買ったオランダ海老にチコリのサラダを添えて、前菜にする。 海老のお供はウイスキーソース。 

R0050251

オランダエビを初めて食べた夫が、「このえび、おいしい」と喜んだ。

ジャガイモ、ベーコン、芽キャベツ、玉ねぎの付け合わせを作って、

R0050253

メインはキャンプQで、ステーキにする。 今日は生活クラブのフィレ肉のかたまり350gです。 

じっくりと焼き、じっくりと寝かせました。 うまそー。

R0050255

最高の火加減に仕上がってます。

R0050257

うまーい。 

R0050259

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/05 Tue 機内で、キンドルペーパーホワイト。

帰国の日。 

朝、大急ぎでBlaakの市場に行き、大量のゴーダチーズを買い込む。 いつも行くチーズ屋さんが出店していなかったので、トリュフ入りのペコリーノは買えなかったけど、おいしいゴーダは仕入れた。 500gのチーズの塊を4つ真空パックにしてもらった。

機内食。

R0050246

メインのコックオーヴァンは、なかなかおいしかった。

R0050248

機内ではまったく映画を見る気にならなくて、読書した。

最近、Kindleを買った。 妹が「すごくいいよ」としきりに勧めてくれたので。

すでにiPhoneやiPadで電子書籍は読んでいたので、Kindleの必要性は感じなかったけど、試しに妹のKindleを使ってみると、なるほど、本当に紙の本を読んでいるような読み心地で、軽いし、電池も長持ちするし、これはいい。

雑誌や料理本などのカラー本はiPhoneやiPad、本はKindleという棲み分けにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/04 Mon アントワープでチコリのグラタン。

今回のホテル、Bilderberg Park Hotelの朝食で気に入っているのは、スモークサーモン入りのスクランブルエッグ。

トーストにチーズをのせて、その上にスクランブルエッグを乗せると、チーズが上下の食材の熱で溶けだして、美味。 

今朝のスクランブルエッグは火が通りすぎていたけど、卵とスモークサーモンの相性は抜群です。

Img_1472_2

8時半にオランダ人スタッフRichardが車で迎えに来てくれて、ベルギーのアントワープに向かう。

午前中、取引先の現場で新しい商流が可能かどうか打ち合わせ。 与信設定用に必要な情報も入手する。 現場も見せてもらう。

昼。 そのまま近くのレストランでランチ会食。

英語のメニューがないので、取引先の社長さんがざっくりとメニューを説明してくれた。

私が「ベルギーチコリをハムで巻いて、ホワイトソースとマッシュポテト乗せて、チーズを振りかけてオーブンで焼いた料理はありませんか」と聞くと、社長さんが「おお! それはベルギー伝統料理で、わしもここではそれしか頼まないんだ」とすごく喜んでくれた。 

R0050238

熱々でふーふーいいながら食べる。 これこれ、この味です。

「チコリは日本ではすごく高い」と言うと、ベルギーでも高級食材とのこと。 

(翌日ロッテルダムの八百屋さんで、日本の倍くらいの大きさのチコリが6本入った袋がたくさん並んでいたので値段を聞いたら、なんと一袋1ユーロだった。 オーマイガーッ!)

紅茶を頼むと、南部鉄の急須が出てきてびっくり。

R0050239

午後。 アントワープからロッテルダムに戻って、別の会社と打ち合わせ。 

夕方。 「打ち合わせ終わった?」と別のオランダ人からLINEが入る。 彼はドイツのハンブルグで打ち合わせだったので「今どこ?」と聞くと、もうロッテルダムに戻ってきたと言う。 いろいろ打ち合わせしたいから、夕飯を一緒に食べようと言う。

車が停めやすいので、マーケットホールで待ち合わせすることになった。

マーケットホールもクリスマスの装い。

R0050241

トルコ料理を出すワインバーに入って、前菜を頼む。 すごい量の盛り合わせが出てきた。

R0050242

3人で合流して、マーケットホール内のイタリアンバルに行く。

盛り合わせプラッターはすごい。 ヨーロッパでは最近どの店でも盛り合わせのプラッターが流行っているようだ。

R0050243

バラエティーに富んだ楽し気なプラッターだった。 

でももし選べるなら、マーケットホールの外のレストランで食事したほうが安くておいしいと思う。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

17/12/03 Sun ロッテルダムのバーレストラン「Sijf」のランチセット、「太湖居」のワンタン麺。

ロッテルダムは雨。 どんよりと灰色のいちにち。

午前中。 翌日のプレゼン資料を仕上げて、買い出しに出かける。 スーパーマーケット、デパート、雑貨店、キッチンウエアのお店、インテリアのお店など。

どの店もクリスマスギフトを買い求める客でにぎわっている。

遅い昼。 歩き疲れたし、喉も乾いたので、以前入っておいしかったバーレストラン「Sijf」に行く。

R0050226

ランチメニューに3種類のオープンサンドイッチとスープのセットがあったので頼む。

どーんと出てきました。 

スープは今回よく食べた豆スープのEnwten。 クリームコロッケ、チーズとスプラウツ、

R0050229

一番奥はローストビーフ、ベーコン、ルッコラ、パルミジャーノ、ナッツ。

R0050230

パンもしっとりした食感でおいしくて、パクパク食べてしまいました。

お店の夜の外観。

R0050234

夜。 さっぱり汁物食べたい。 昔行った太湖居に行ってみる。 

家族連れでほぼ満席だったけど、お店の人がちゃちゃっと一人分の席を作ってくれた。

ヨーロッパの中華レストランのいいところは、ちゃんとしたグラスワインがあるところ。

白ワインを頼むと大きなグラスになみなみ注がれてきた。 ワインを飲みながら、ゆっくりメニューを見る。 以前頼んだ伊府麺はメニューから消えていた。

一人で頼むには量が多すぎるけど、ワンタン麺にした。

R0050237

麺(ちょっと茹ですぎ)とスープはおいしかった。 ワンタンはおいしくなかった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/12/02 Sat アムステルダム国立美術館、「Wijnbar Boelen」で、キジ料理。

ほとんどのスタッフは今日帰国するけど、私は来週も打ち合わせがあるので、オランダに居残りです。

朝。 ネットでオランダ国立美術館のチケット(一年間有効)を買っておいたので、居残り組の人と朝一番に出かける。 

美術館に行くなら、事前に切符を入手して朝いちばんに出かけるのが一番だ。 みんながチケットを買っている間にすっと入場できて、じっくりゆっくり見られるから。

目玉作品のレンブラントの「夜警」。

R0050203

友だちの新婚夫婦を描いた絵。 画面からふたりの幸せがはみ出ていて、いちばん気に入った絵だった。

R0050204

フェルメールの有名な絵。

R0050205

この美術館にはフェルメールが4枚あるけれど、2枚は展示されるべき場所に張り紙があり、海外の展示会に出張中と書いてある。 

フェルメール好きの同行者が「前回も2枚貸し出し中だった」と言う。 すると隣にいた日本人の女性観光客が「なになになに、フェルメールがどうしたんですか?」と聞くので、「4枚のうち2枚はいまオーストラリアとアメリカの美術館に貸し出し中ですって」と伝えると、「えーっ、せっかく来たのに。 入場券半分損しましたよぉー。 あーあ」としきりに残念がる。

(あとで売店で彼女を見かけたら、フェルメールの4枚の絵が描かれたコースターだかを手に取って「2枚なかったんだから、絶対にこれ買ってかなきゃダメよ」と旦那さんに力説していた。)

R0050212

ホワイトアスパラガス好きの私は、この絵画を鑑賞しているうちに思わず写真を撮ってしまう。 昔からホワイトアスパラガスってあったんですね。

R0050210

そんなに泣くなよー。

我々が見終わるころには、チケット売り場もクロークも長打の列だった。 クロークの引き取りの列は誰もいない。 やはり美術館は朝いちばんに限ります。

美術館の入口付近では、変わった楽器を演奏していた。 とてもボヘミアンな曲だった。

R0050213

昼。 近くのカフェで一休み。 ビールください。

R0050215

イワシのサラダ。 同行者は「サラダに魚が入っているのが嫌い」と言う。 へぇー、そんな人初めて。 「スモークサーモンもだめですか」と聞くと、「スモークサーモンは平気」とのこと。

R0050217

同行者が頼んだハムのパンケーキ。 さっぱりとしたおいしさでした。

R0050216

夜。 居残り邦人3人組で、第六感に任せてワインバー「Wijnbar Boelen」に入る。

前菜に、生ガキ。

R0050219

シャルキュトリー。 とてもレベルの高い盛り合わせ。

R0050220

鴨の燻製のサラダ。

R0050221

ミニハンバーグ。

R0050223

きじのロースト。 雉、初めて食べました。 火の通し方も素晴らしく、しつこくないソースで、とても私好みの一品だった。

R0050224

同行者がイタリアで教えてもらったという、干しブドウで作った赤ワイン。 軽くないのに濃すぎなくて、とてもおいしい。

R0050222

当たりのお店でした。 

ホテルに戻り、ひとりアムステルダムからロッテルダムのホテルに移動。 居残り組のほかの二人は明日ハンブルグに移動する。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

17/12/01 Fri 美しいアムステルダムの街並み、「A.v.WEES」でチーズフォンデ。

午前中。 チームビルディングのミーティング。

昼。 町のサンドイッチスタンドで、燻製にしんと玉ねぎのサンドイッチを買って食べる。 すごくおいしかったけど、あっという間に食べてしまったので画像はなし。

アムステルダムの町はとてもきれい。 いつも行くロッテルダムは、戦争で古い町並みは破壊されてしまって、こんな風景はない。

R0050149

R0050150_2

午後。 チームビルディングの一環で、エスケープルームに挑戦する。 時間内にヒントを探して、カギを開けて脱出するというもの。

我々のチームは残り時間14分前に脱出成功で、今までの客の中でもかなりの好成績だと監視官の女子に褒められました。 ゴルフや麻雀も性格が出るというけれど、このエスケープルームもかなり性格が出ますね。 

夜。 打ち上げのレストランは「Proeflokaal A. v. WEES」。 オランダジンやビールが楽しめる古いお店。

私たちは早めについて、バーの中二階でビールを始める。

R0050155

おつまみセットは、サラミ、チーズ、ピクルス、ビタボーレン、生ソーセージのOssenworst。 どれもおいしい。

R0050153

みんな揃ってダイニングテーブルに着席。 なぜかステーキがいちばん最初に出てきた。

R0050160

オランダの冬の定番スープ、Enwten。 乾燥いんげん豆のスープで、例のごとく、生ベーコンと黒パンが添えてある。 この店では、白カビのサラミもついてきた。 いつ食べても濃厚だ。

R0050173

今日のメインは、チーズフォンデュ。

R0050161

付け合わせの芽キャベツのバター炒めがとてもおいしかった。 

R0050163

夜のアムステルダムも美しい。

R0050186_2

R0050196_2

ポップなギャラリーでは、今注目の二人の姿が。

R0050190

陶器の骨董品屋さん。 翌日お店が開いている間に行きたかったけど、結局場所がわからなかった。

R0050192

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »