« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

18/02/28 Wed

大阪日帰り出張。

昼。 梅田でとんこつラーメンのお店に行く。 気が付いたらたくさんトッピングを追加していた。

R0051273_2

夜は新大阪駅で各々好きなおつまみを買って、新幹線でプチ宴会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/27 Tue オークラのカフェでランチ。

昼。 ホテルオークラのカメリアで顧客とランチ。

私はピカタにした。

R0051269_2

オークラは前の会社の近くにあり、出張者の定宿だったのでよく迎えに行ったり食事したりして、 私には思い出の深いホテルである。 駅前のホテルとは違い、用事のある客しか来ないので、ロビーに静けさが保たれているのが好き。 

そして、スタッフのサービスが格式あるのに人なつっこいところも好き。 以前、中華レストランで焼売が一個だけ残ったときも「せっかくなのでお持ちになりませんか?」とニコニコしてお土産用に丁寧に包んでくれたこともあった。

現在は本館が改装中で、どんなホテルに生まれ変わるのか、楽しみなようなさびしいような。

夜。 青山ツインビルで、悪友I子と夫と待ち合わせて、軽くつまんでから、文楽を観に行く。 演目は曽根崎心中。

R0051272_4

その後、赤坂の「ストックホルム」でスモーガスボート。

夜のビュッフェスタイルはバタバタしがちだけど、ここは時間制限もなくゆっくりできていい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/26 Mon 家ピザ。

夜。 外食も飽きたので、軽く家ピザにする。

オリーブ、きゅうりとホタテ缶の酢の物。

R0051263_2

サラミとピーマンのピザ。

R0051267_2

マッシュルームのピザ。

R0051268_2

パルシステムの冷凍のナポリピザ生地がけっこうおいしいので、これさえあれば有り合わせの具でいつでもおいしいピザが作れるというわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/25 Sun

朝。 マシュルーム、ベーコン、ピーマン、玉ねぎの塩味パスタ。 

R0051241_2

休日は出張の荷解き、片付けであっという間に過ぎていく。

夜。 チーズ、クラッカー、オリーブ。 サラダ。

R0051249_2

イモ、にんにく、人参のロースト。

R0051250_2

メインは豚のローストリンゴソース。

R0051255_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/24 Sat

ジャカルタから東京に一日かけて帰国。 

機内で。 Netflixでダウンロードしておいた映画を見る。

「Easy A」(邦題:小悪魔はなぜモテる?!」
エマ・ストーン節をまるごと堪能する青春映画。 しかし、この邦題はひどすぎませんか。 題だけで判断したら、間違いなくリストから除外していたと思う。

「ゲロッパ」
今さらですが、やっと観た。 めっちゃおもろいやんか。 観損ねている名画って多いんだろうなあ。

夜。 羽田に到着後、夫と新宿で待ち合わせて、小田急百貨店内の「南国酒家」に行く。

前菜盛り合わせ。

R0051238_2

春巻きを頼んで、チャーハン。

R0051239_2

卵のふわりとしたおいしさ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/23 Fri ジャカルタ「Bebeck Bengil」で、バリ料理。

インドネシア、最終日。

今日もぎちぎちにアポが入っている。 

昼。 支店の会議室で、Paulのサンドイッチを水で流し込む。

夜。 アヒル料理で有名なバリレストラン「Bebeck Bengil」に連れて行ってもらう。

わお、バリです。 昔いったバリ旅行のことを思い出す。 またバリに行きたい。

R0051228_2

料理を頼むと、サンバルが4種類くらい出てくる。 

R0051230_2

モヤシといんげんの和え物。

R0051232_2

テンペの天ぷら。

R0051233_2

メインのアヒルのロースト。 青いサンバルをごはんに混ぜてぐちゃぐちゃにして食べると、ハーブの複雑な味とこんがり焼かれたアヒルの味が混ぜ合っておいしい。

R0051235_2

早の解散となったので、ホテルの近くのモールにバティックを買いに出かけた。 

ホテルに戻り、一人ガス抜きタイム! 

バーでワインを頼むと、ソムリエがやってきて白ワインを決めてくれた。 そして「チーズとドライフルーツ、どうぞ」とサービスしてくれた。 ごっつぁんです。

90e530687d47479c87f8d2d97d096012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/22 Thu スラバヤでビールおあずけ事件。

午前中。

スラバヤのカフェで、顧客と待ち合わせ。広々して居心地いい。 清潔感もあふれている。

R0051226

初めてのインドネシアということは顧客ともすべて初顔合わせである。

私たちはみんなインドネシアの正装のバティックを着ていたので、顧客は現地人だと思い、我々を除外して日本人を探していたそうだ。

今日も4件打ち合わせ。 

夕方。 打ち合わせを終えてスラバヤからジャカルタに戻るため、空港に向かう。

空港に着いたら、ビールをぐいっと行きましょう!と意気込んで空港に向かうと、空港のどこにもアルコールはなかった。 がーん、イスラム教の国ということを忘れていました。

お預け状態で、ジャカルタ空港に着いたのが19時20分。

ビールにありつけたのは、それから1時間後だった。 駐在員と一緒にインドネシア料理レストランで食事。

6cbcee78abd848f0995da61dd85b1f65

Cea928c14f7b4b1597e90b8a7e84be54

なかなかおいしい料理だったけど、ビールをぐびぐび飲んだことしか思い出せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/21 Wed インドネシアの太陽と、スラバヤ。

 

朝。 4時に起きてスラバヤに移動。

インドネシアでは、すっぽんぽんの太陽ががーっと上がり、夕方になるとまたがーっと沈む。 なんて直接的で、太陽が近いことか。

空港に着くころにも、こんな朝焼けがどーんと見えた。

R0051213

9時にスラバヤに着き、行動を開始する。 移動中、ユーミンの「スラバヤ通りの妹へ」の歌がずっと繰り返し頭の中に流れる。

歌のスラバヤ通りはジャカルタにある通りらしい。 ジャカルタから同行してくれている現地スタッフの女子がスラバヤ出身なので「ラッササンヤゲーって、どういう意味?」と聞くと、スラバヤ人ならだれでも知っている歌の名前だという。 これっていう意味はないとのこと。 韓国のアリランみたいなものかな。

昼。 顧客と会食。 感じのいい地元のレストラン「Mon Ami」に行く。

R0051215

みんなでシェアしたサテ。

R0051217_2

エビの揚げ物。 味見し忘れた。

R0051218_2

スラバヤスタイルの料理は、ワンプレートスタイルが多いとのこと。 私の頼んだプレートはバラエティに富んでとても美味だった。

R0051219_2

夜。 面倒なので、ホテルのレストランで食べる。 お腹が空かないのでツナサラダを注文した。

R0051224_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/20 Tue インドネシア出張。

今週はインドネシア出張です。 インドネシアは初めてです。

朝からジャカルタの顧客訪問。 延々と続く交通渋滞と戦いながらいちにち4件回る。 ふぅ。

昼。 ショッピングモールのインドネシアのファミリーレストランでランチ。 やっぱりナシゴレンですね。 うん、すっきりした味でおいしい。

R0051205_2

駐在員がライチ茶を頼んだので、私もそれに従う。 甘さ控えめでさっぱりおいしい。

R0051202_2

夕方。 移動中の車の中から大きな虹が見える。 インドネシアは夕日も虹も雄大だ。

R0051210

夜。 顧客と中華料理で会食。 画像なし。

その後、バテック屋さんに行き、みんなシャツを買った。 インドネシアではバテックのシャツが正装なのだ。 私もバテックの軽いはおりものを買った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/18 Sun ソラマメとチーズ、舌平目のムニエル。

ソラマメの時期が始まりました。 あっという間に終わってしまうので、シーズン中は毎週生協で届けてもらう。

夜。 茹でて、ハードチーズを振りかける。

R0051196_2

タコとトマトのサラダ。

R0051195_2

メインは、舌平目のムニエル。 おいしー。

R0051197_2

付け合せはローストポテト。

R0051199_2

また「女城主直虎」を見始める。 去年、NHKオンデマンドで好きな時に好きなだけ見ていたら、気賀にお城が建つころに、実放送に追いついてしまった。 

続きを一週間待つ根気のない私は、観るのをやめて放送が終了するのを待っていたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/17 Sat 阿佐ヶ谷「ガッターロ」のランチ、味の素の冷凍餃子。

午前中。 気功教室。

昼。 「ガッターロ」に行く。 シェフがひとりでやっているので、パスタを頼むと時間がかかるというので、前菜にパテを頼む。

あら、ちょっと硬めのパテで、とてもおいしい。

R0051187

メインは、ムール貝と菜の花のパスタ。 油が多くてちょっとしつこかった。

R0051188_2

お昼ががっつりだったので、夜は軽めにする。 

「餃子とビールなんかがいいね。 妹が味の素の餃子がおいしいっ言ってた」と夫に言うと、「味の素の餃子、おいしい。 買ってきて」と言う。 うちでは買ったことないけど、どこで食べたんだ。

青菜の炒め物、豆もやしのナムルを並べて、餃子を焼く。

水も油もいらない、味の素の餃子。 すごくお手軽だ。 味は私にはちょっとしつこいかな。

R0051190_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/15 Thu 困ったときのBBQ。

夜。 自炊にする。

レンズ豆のピクルス、トマト、オリーブのサラダ。

R0051179_2

メインはキャンプQで、チキンのBBQ。 付け合わせはロースとポテトと茹でたプチベール。

R0051182_2

鶏肉は塩・胡椒・オリーブオイルでマリネしてビニール袋に入れておくと、1週間はもつので、翌日以降で気が向いたときにBBQすると、あっという間にごちそうになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/14 Wed 鰻はやはりおいしい。

夜。 阿佐ヶ谷の鰻屋さん「あずまや」に行く。 

うざくを食べて、焼き鳥。

R0051171_2

うな重。 

R0051173_2

母のためにお土産を包んでもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/13 Tue 今週のお弁当。

月曜日。 祝日にて、お弁当お休み。

火曜日。 会議でお弁当も出るので、お弁当お休み。

水曜日。 冷凍してあったカレーと、そのトッピング用に茹で卵、ゆでほうれん草、ラッキョウ、福神漬け。

R0051167_2

木曜日。 舞茸ご飯、母のおでん、白菜漬け、野沢菜。

R0051177

金曜日。 ニューオリンズのスパイスマーケットで買ったジャンバラヤの素で、ジャンバラヤ、白菜漬け、目玉焼き。

R0051184_2

これがジャンバラヤミックス。

R0051185

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/12 Mon 高麗屋三代襲名披露公演。

朝。 アジの開き、ごはん、根菜のお味噌汁、お漬物、海苔。 ああ、和食おいしい。

R0051161_2

午後から歌舞伎を見に行く。

幕間で食べやすいように、銀座の三越で天むすとカツサンドを買って行く。

高麗屋の三代襲名披露公演。 松本白鸚、幸四郎、市川染五郎。 

特別な公演なので、歌舞伎役者のオールスター出演でとても豪華だった。 

チョイ役にも大物が演じていて、贅沢な時を過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/11 Sun

夜。 2週間の旅から帰宅。

軽く食べようと夫と意見が一致して、おうどんを茹でる。 具は、宇和島のごぼう天、わかめ、ネギ、おぼろ昆布。

R0051158_2

おだしが体に染みわたります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/10 Sat 帰国便では映画ざんまい。

朝。 やっと体調が戻ったと思ったら、帰国の日です。 人生、まぁそんなもんでしょう。

コロンバスサークルのホールフーズにも飽きてしまったし、ググって見つけた「Brooklyn Fare」というスーパーマーケットは朝の7時から開いているので、早朝散歩を兼ねて出かけた。とても楽しいお店でした。 ドライハーブなどを買って帰る。

朝の9時にホテルを出て帰路に着く。 

機内にて。 機内食は洋食を選んだ。

蟹の前菜はなかなかおいしかった。

R0051154_2

メインはステーキと、ほうれん草入りのポレンタ。

R0051155_2

元気になったので、機内で映画を見まくった。

ブレードランナー、ブレードランナー2049を続けて見る。 ブレードランナーは、惑星ソラリス(ロシア版)、インターステラと並ぶ私のSF映画の正典だ。 ライアン・ゴズリングも好きだし。

「スリービルボード」もすごくよかった。 重い題材で、俳優陣も華やかではないけれど、終わり方がいい。 最後にすぅーっと爽やかな風が流れたような気がした。 

邦画「ミックス」も観た。 蒼井優の変な中国人振りが面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/09 Fri ハドソン川遊覧フェリー、「Ted's Montana」のステーキ。

朝。 スーパーで買った果物とジュース。 

午前中。 チェルシーマーケットでホットドッグを買い食いする。 夫はクラムチャウダー。 

チェルシーマーケットの近くの波止場には遊覧船が並んでいる。 

R0051105_2

今日は初めて観光らしいことをする。 冬のニューヨークなら2時間のフェリーに乗ると楽しい、と教えてもらったので、さっそくネットで予約しておいた。

私たちのフェリーはこちら。 小ぢんまりしている。

R0051106_2

平日の午前11時なので、フェリー客もまばらである。

R0051107_2

木目調の船内は明るく温かく気持ちいい。

R0051108_2

出航してすぐに、マンハッタンのビル群が見えてくる。

R0051124_2

自由の女神はやはり圧巻です。 みんな甲板に出て、フォトタイム。

R0051128_2

ハドソン橋を見上げる。

R0051143_2

2時間ほどの観覧コースで、ドリンク一杯ついていて一人60ドルくらいです。。 

午後。 地下鉄に乗ってお買い物に出かける。 

夜。 ニューヨークステーキのお店を予約していたけれど、人気レストランなので中途半端な時間しか取れなかった。 昨日ハンバーガーがおいしかった「Ted's Montana」に予約し直して、出かける。

夫の前菜は、チリビーンズ。 生のハラペーニョがいいアクセントでおいしい。

R0051148_2

私の前菜は、サラダ。 サラダは普通。

R0051149_2

夫のメインは、ステーキフリット。 フリットにはトリュフ塩がかかっている。

R0051151_2

私のメインは、フィレステーキ。 付け合わせは芽キャベツのソテー、ベーコン入り。

R0051150

お肉もおいしかったけれど、付け合わせの芽キャベツが香ばしくてとても気に入った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/08 Thu ハンバーガー屋さんの魚サンド、「Guantanamera」のキューバ風鶏ごはん。

朝。 セントラルパークまで散歩。 気持ちいいけど、極寒です。

R0051084_2

近くのタイムワーナーセンターで、暖を取りつつウインドウショッピング。

昼。 同僚がハンバーガーのおいしいお店「Ted's Montana」に連れて行ってくれた。 この店は、自分のところで肉を挽いているので、レアがお勧めとのこと。

自家製ピクルス。

R0051087_2

オニオンリング。

R0051088_2

夫はハンバーガーを頼み、私は魚のフライバーガーにした。 ハンバーガーが自慢のお店に連れてきたのに魚のフライを頼んだので、同僚は変な顔をしたけど、体調悪くて肉を食べる気分になれなかったので。 これはこれでおいしかった。

R0051089_2

食後、私はまたホテルに戻り、ベッドで寝ている。

夜。 日本そば屋でおつまみを生ビールとおつまみを頼んだ。 おでん。

R0051090_2

肉豆腐。 

R0051092_2

海外で日本食ばかり食べる夫が、意外にも「海外の和食はおいしくない。 ほかのレストランに行こう」というではありませんか。 びっくり。

おいしかったキューバレストランの「Guantanamera」が近いので行ってみる。 以前の記事はこちら。 

R0051099_2

チキンのごはん「ARROZ CON POLLO CRIOLLO」を頼む。

うん、とてもおいしい。

R0051095_2

デザートにケーキ。

R0051101_2

ごちそうさま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/07 Wed ニューヨークの「Carmine's」のアサリのトマトソースパスタ。

朝。 「Brooklyn Diner」というお店で、朝食を食べる。 私はホットドッグがお目当てだったんだけど、ランチメニューだったので、フルーツとナッツの甘いパスタにする。

R0051072_2

夫はポークソーセージの朝食。 ソーセージを一口味見しただけで、胸がいっぱいになった。

R0051073_2

私はホテルに戻り、ベッドで体を休めながら、読書したりダウンロードしておいた映画を観たりした。 まだまだ体調が戻らないけど、ホテルでのんびりするのも贅沢だ。

夫はメトロポリタン美術館に出かけた。 本当なら私も数日通いたかったんだけど、咳もひどいし。

夜。 ホテルの近くのイタリアン「Carmine’s」に行く。

ズッキーニのフライ。 美味しいけど、すごい量。 何もこんなにどっさり揚げてこなくたって。

R0051079_2

ワイン飲みながらフライをつまんでいると、ヨーロッパから来たらしい隣の席の若い女子二人組が「聞いてもいい? それ、何の料理ですか」と遠慮がちに言う。 「ズッキーニのフリット、味見する? どっちにしろ食べきれないし」とおすそ分けした。

メインは貝のパスタ、トマトソース。

R0051081_2

新鮮なアサリがじゃかじゃか入っていて、とてもおいしかった。

R0051082_2

まだ体調がイマイチなので、私はホテルのベッドに戻る。

夫は、ひとりで出かけてライブハウスのはしごをしたそう。 BBキングのライブハウスをやっとのことで探したら、中でプロレスをやっていてがっかりしたとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/06 Tue ニューヨークの休日。

朝。 まだフラフラするけど、なんとか荷造りしてチェックアウトして、顧客との打ち合わせと施設の見学。

これですべてのアポは終了。

昼。 空港近くのファミリーレストランで、私は豆スープを食べた。

あとはニューヨークに戻るだけだ。

ニューオリンズの空港のカフェで、Mはガンボの食べ収めと言って、鴨のガンボを頼んだ。 一口もらったら塩辛かった。

R0051071_2

デルタはファーストクラスにアップグレードしてくれた。 今回3回デルタの国内線に乗って3回ともアップグレードされた。 ずいぶん気前がいいエアラインだ。

夜。 ニューヨークのホテルに行く。 夫が先にチェックインしていた。

実は1月10日に我が家の猫が22年の生涯を閉じた。 

20年以上ずっと元気で、いつも私にふわりと寄り添ってくれた猫があっという間に死んでしまった。 大往生だし、必ずお別れが来るのは分かってはいたけれど、やっぱり寂しい。

旅行よりも家がいちばん!と豪語してはばからない我々も、さすがに猫がいない家はまだまだ辛くて、私のアメリカ出張後にニューヨークで合流しない?と夫に言うと、夫もやっぱり同じ気持ちで「そうしよう」ということになった。

風邪っぴきの私は、荷をほどいて早々にベッドにもぐりこんだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

18/02/05 Mon 風邪を引く。

朝。 目が覚めたら、完璧に風邪を引いていて、まったくベッドから起き上がれない。 声も出ないし、身体の節々が痛い。 なんてこった。やっぱり土曜日にうがいをしておくべきだったんだ。

一緒に朝食を取る約束をしていた同僚に「風邪ひいた、かなり深刻。 朝食はパスしてチェックアウトまでにはなんとかする」とSMSすると、同僚も「僕も風邪ひいた。 熱があるみたい」とのこと。 がーん。

ぎりぎりでチェックアウトして、レンタカーで空港でミネアポリスで週末を過ごしていた同行者と合流して、私は後部座席に倒れ込んだ。

昼。 車はファーストフードのドライブスルーに行く。 私はオレンジジュースを飲んだ。

午後。 ホテルにチェックイン。 明日の打ち合わせ相手との夜の会食は欠席して、こんこんと寝る。

結局一度も食事を取らずのいちにちだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/04 Sun ニューオリンズのルイジアナ料理。

朝のフライトで、JFKからニューオリンズに向かう。

R0051008

8時半のフライトに乗ると、ニューオリンズには11時過ぎに着く。 氷点下のニューヨークから気温20度の南部の町にやって来た。

同僚Mが空港からホテルまでウーバを予約していた。 最近のアメリカはウーバだらけでタクシーは衰退の一途である。 空港にはウーバの待ち合わせ場所もある。

現れたウーバの運転手さんは黒人女性だった。 彼女によると、マルディグラが近いのでニューオリンズの町はすでにお祭り騒ぎとのこと。 マルディグラって何?と聞くと、なんでもリオのカーニバルに匹敵するくらい有名なお祭りらしい。

ニューオリンズを訪れるのは初めて。私にとっては次の訪問の中継地にすぎないので、事前情報ゼロで上陸したけど、すごい観光地じゃありませんか。

R0051012

ジャズ発祥の地なので、ストリートミュージシャンの質が信じられないくらい高い。 プラスチックのバケツの底をドラムにしてバチで演奏するミュージシャンたちにも目を奪われるけど、その近くで、ちびっ子予備軍たちも小ぶりのバケツで練習に余念がない。

R0051010

昼。 通りを歩き疲れて、次に気になったレストランで食べようと、入ったお店。 入口に足を踏み入れると、料理のいい匂いがする。 これは期待できそう。

私は前菜に生ガキを頼んだ。 なにこの牡蠣!? 旨すぎです。 上質の冬の牡蠣と岩牡蠣の間くらいの濃厚さで、爽やかな後味が残る。

R0051021

スープ大好きのMは当然ガンボスープを注文した。 シーフードガンボにはごはんが乗ってくる。 味見すると、スパイスが効いていて、とてもおいしい。

R0051020

メインに名物のザリガニ料理を注文した。 

スパイスの効いたスープでザリガニとソーセージとトウモロコシとじゃがいもを茹でたもの。 結構ピリピリ辛いけれど、食べだしたら止まらないおいしさだ。

R0051022

Mは一匹ずつ殼をむいて食べていたけど、ゆで汁で手がべとべとになるので、私はまとめて剥いて、手を洗ってからゆっくり食べた。

R0051024_2


R0051025_2

二人で完食しました。 

ニューオリンズでは食後の飲み物はコーヒーしかない。 紅茶も、カプチーノも、エスプレッソもない。 みんなブラックで飲むので、Mがミルクを頼むとプラスチックのコップで牛乳が出てきた。 



R0051026

そしてこのコーヒーがとても美味なのであった。 コーヒーが苦手な私もおいしいと思った。

Mがデザートに頼んだ、ブレッドプティング。 甘さ控えめで私でも一口おいしく食べられました。

R0051028_2

通りはアメリカ人観光客であふれかえっている。 みんなビーズを首に巻いている。

R0051015_2

建物の2階から通行人にビーズを投げてくれる人もいる。 私もキャッチしてビーズを首にぶら下げた。

R0051029_2

Mが「ニューオリンズに来たら、Café Du Mondeでベニエを食べなくちゃ」と張り切ってお店を探した。 

お腹いっぱいなんですけど、粉砂糖たっぷりの揚げドーナツ、ベニエ。 

R0051047

むっちりとおいしい。

R0051050_2

近くのテーブルでは、真面目そうな中年夫婦が地味なTシャツとジーンズを着て、しかし顔には派手な仮面舞踏会用のマスクをつけて、そしてたぶんマスクをつけているのを完璧に忘れて、普通に揚げドーナツをほおばっていた。 ほのぼの。

夜。 空港からのウーバの運転手さんに地元のお勧めのレストランを聞いて教えてもらったお店「Felix's Restaurant & Oyster Bar」に行く。

Mはブラディマリーを頼み、私は白ワインを頼んだ。

R0051056_2

おつまみにオニオンリング。 カリッと揚がっていて、おいしいこと。

R0051057_2

いろいろ試したいので、サンプル3点セットを頼む。 ジャンバラヤ、ガンボ、エトゥフェ(ケイジャン風シチュー)。

R0051058_2

魚のフライのサンドイッチ。 この魚のフライが絶品だった。 上質の白身魚を細く切って揚げてある。 

R0051060_2

タバスコを代表とするホットソースが少なくとも3本は置いてある。 スパイスの町です。

R0051059_2

そのうち、隣の席に10歳くらいの男の子と父親の白人親子が座り、メニューも見ずに料理を注文した。 とてももの静かな親子で、ひっそりと食事している。 何かのきっかけで我々と会話が始まった。 想像通りニューオリンズで生まれてニューオリンズで育ってずっとニューオリンズに暮らしていると言う。 この店は美味しいから毎週来ると言う。 日本から来たと言うと、ああ日本、と言いながら遠い目をした。 頭の中の世界地図をざっと探したけれど日本という国の場所は見つからなかった、という目だった。

食後。 夜の通りは、ライブの演奏が始まって、にぎやかなこと。

R0051066_2

我々はホテルに戻り、バーでスーパーボウルの決勝戦を観た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/03 Sat New Yorkのベッドタウン、Hoboken。

週末です。 今日が旅の折り返し点だ。

午前中。 ホテルの地下のコインランドリーで、洗濯する。 コインランドリーの部屋は静かで、終わるまで本を読むのもいいけど、近くのスーパー巡りをすることにする。 仕上がる頃にホテルに戻り、ホカホカの洗濯物を抱えて幸せだ。

昼過ぎ。 同僚のMが前日から「ランチを一緒に食べよう。そのあと僕の住む街Hobokenを見せたい」と言って、迎えに来てくれる。

ホテルの近くの日本蕎麦屋さんで、餃子、肉豆腐、ぶっかけ蕎麦。

そのあと、地下鉄を乗り継いで30分ほどでHobokenに行く。

この町は昔は治安が悪かったけれど、再開発されてとても気持ちのいい町に生まれ変わったそう。 子供が小さい若い夫婦が多く住んでいるらしい。

ホーボーケン駅。 昔のままの古い駅がそのまま使われている。

R0050986

R0050987

ハドソン川を隔ててニューヨークの摩天楼が見える。

R0051002_2

川沿いに遊歩道が続いている。 しかし、寒い!

R0051000_2

R0051003_2

甘いものへの興味が欠落している私にはただのお店なんだけど、とても有名なお菓子屋さんらしい。

Mのマンションに行くと、奥さんのKさんがおつまみを用意してくれていた。

R0051004

夕方。 近くに住む元部下の家族も合流して、みんなで夕飯を食べに行く。 Kさんが予約していたお店をキャンセルして、近くのピザ屋さんに行くと、なんとお酒がない。 お酒が飲みたい人は近くのワインショップで買ってきて持ち込む方式。 

元部下がワインを買いに走った。

あれこれ前菜を頼んで、ピザが登場。

R0051006

あり得ないほどデカいピザは、おせんべいのように硬かった。 ホストのMもがっかり。

食後。Mのマンションに戻り、私が持って行ったお菓子でデザートタイム。 元部下の子供もだんだん慣れてきて可愛い! 

9時頃。 そろそろお暇すると言うと、Mと元部下が車でニューヨークのホテルまで送ってくれた。 きつい日程の中の貴重な週末におもてなししてくれて、ありがとう。

風邪気味のメンバーが二人ほどいて、何だかやばいぞと思ったのに、部屋に戻ってうがいをするのを忘れた。 この夜、うがいしておけば旅の後半は違ったものになっていたかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/02 Fri New Jerseyの和食「Masa」でカレーうどん、New York「Naples 45」でイタリアン。

午前中。 打ち合わせと電話会議。 

昼。 ニュージャージーの顧客事務所近くの和食屋さん「Masa」に行く。

ゆったりした清潔な店内で、和食を楽しむ客でにぎわっている。 

私はカレーうどんを注文した。 うまし。 

さすがアメリカ仕様の和食です、これでもかってくらい肉が入っている、多分そうしないと客が入らないんでしょうね。 私は肉を避けてスープを飲む。

R0050980

午後。 顧客訪問。 予想外にうまくいったし、顧客との打ち合わせはこれで終わりなので、解放感に満たされる。

事務所に戻り、今までの顧客訪問のまとめ打ち合わせ。

夜。 カジュアルイタリアン「Naples 45」に行く。

ハムとチーズの盛り合わせ。

R0050981

フリットミスト。

R0050982

生ハムとルッコラのピザ。

R0050984

食後にリモンチェッロを頼んだら、私好みの味だった。

私が会計をすると、担当のウエイターが深刻な顔で戻ってきて「マム、なにか粗相があったのでしょうか?」と聞いてきたので、レシートを見直すと、チップの金額を間違えてすごく少なく入れていた。 「あー、間違いでした」と書き直した。

ホテルに戻り、バーで一杯。 気が緩んで、フライドポテト頼んじゃった。

R0050985

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/01 Thu ボストン「Legal Seafood」のクラムチャウダー。

ボストンの朝。

ホテルのレストランで、フルーツサラダ。 寒い場所でフルーツ頼むと、酸っぱくて硬いフルーツが出てくることが多いけど、ここの果物はちゃんと熟しておいしかった。

R0050975

同行者は、エッグベネディクト。 シェアしてちょうどいい。

R0050976

昼。 「Legal Seafood」で。 クラムチャウダー。 ボストンに来ると必ず食べたくなるクラムチャウダー。

R0050977

メインはシーザーサラダ。 本当はクラムチャウダーだけでいいんだけど、そういうわけにもいかないのでサラダを頼んだ。 案の定、半分以上残した。

R0050979

夜。 「Mistral」というフレンチレストランで会食ミーティング。 全部で11人だった。

素敵なレストランだったけど、フォーマルな会食だったので画像はなし。

会食後、車でニューヨークに移動。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »