« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

18/03/31 Sat 大混雑の上野公園。

朝。 昨日京都駅で買ったバッテラを二切れつまんで、上野の都美術館に出かける。

上野公園は、すごい人混みだ。 お花見客を当て込んだ屋台もずらりと並んでいる。 しかし、いちばん混んでいたのは、お花見客ではなく、上野動物園の入場の列だった。 係員が4-5人で長い竿で列を作って客を誘導している。 太く黒い人の波が誘導に従ってうねって進む。

私が目指すブリューゲル展も明日で終わりなので、大変な列に違いないと思ったら、大した事はなくて拍子抜け。

ブリューゲル展は、まあまあだった。 三代にわたるブリューゲル家の誰の作品なのかをもう少しわかりやすく表示してくれたら、もっと頭がスッキリしたと思う。

昼。 美術館併設のカフェで一休み。 食事は取らずに帰宅した。

早めの夕食。 干したけのこの煮物を温める。

R0051643_2

エビ入りサラダ。

R0051645_2

ミニトマトのブルスケッタ。

R0051651_2

メインは、ローストビーフ。

R0051647_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/30 Fri 四谷三丁目の「羅生門」で、壮行会。

午前中。 奈良の家に行き、用事を済ます。

昼。 生駒駅のうどん屋さん「盛こう」に行く。

今日はえのきうどんにする。 えのき茸、ワカメ、そしてかまぼこ一枚。 ほっとするおいしさだ。 この店、好き。

R0051634_2

新幹線で東京に戻り、4時過ぎに会社に着く。

夜。 前任者と前々任者がドバイと名古屋に赴任するので、壮行会。

主賓のリクエストで四ツ谷の焼肉の「羅生門」に行く。 焼肉に行くのは何年ぶりかのことだ。

前任者の壮行会はすでにグループで終わっているのだけど、赴任前に是非ゆっくり私と食事したいと言ってくれて、ずいぶん前から別枠で約束していた。

前々任者も参加する事になったので、私の部下も誘って4人でしっぽり行く。

前任者も前々任者も、2月から送別会がずっと毎日入っていたそうだ。 2か月近く自分が主賓の飲み会が続くなんて、気が遠くなります。 お疲れ様でした。

R0051635_2

R0051637

R0051639_2

よく食べ、よく飲み、よく喋りました。

今までのように気軽に会えなくなるのがとても寂しいけど、どんな時もお互いを100%味方すると信じられる人が存在するというだけで、すでに大きな財産だ。 やはり最後は人である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/29 Thu 梅田の「SOL」で、カジュアルイタリアン。

夜。 急きょ一日大阪泊が延びたので、取引先を転職した女子と一緒に夕飯を食べることにした。

堂山の商店街の路地裏にあるイタリアンバル「SOL」に行く。

前菜盛り合わせ。

R0051626_2

トマトと生ハム。

R0051627_2

アスパラガスのフリット。

R0051629_2

野沢菜とちりめんじゃこのピザ。 発想はいいけれど、食べにくい。 野沢菜を粗みじん切りにすれば美味しかったと思う。

R0051630_2

気の合うひとたちに出会えるのが、仕事の大きな楽しみでもある。

次回は東京のラボ見学に行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/28 Wed

午前中。 臨海工場で打ち合わせ。

昼。 会議のお弁当。

R0051597_2

午後は、梅田に移動する。

夜。 シンガポールのスタッフの壮行会。 広東料理だった。

R0051598_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/27 Tue 社食のサラダバー。

昼。 午後から大阪出張なので、お弁当はお休みして社食に行く。

桜えびのおそばと、量り売りのサラダバー。 

R0051592_2

ひさしぶりに食べたら、サラダバーの野菜がおいしくなっていた。 

社食のサラダバーは、生野菜が6種類、茹で野菜が5-6種類、豆類数種と海藻もあり、タンパク質類は日替わりで、茹で鷄、ベーコン、ツナ、ゆで卵などが並ぶ。 ドレッシングの種類も豊富である。

あれだけの種類は自分で用意できないので、これからは昼は社食で一日分の野菜をがっつり食べるっていうのもありかもしれない。

夕方。 新幹線で大阪に移動していると、週末から来日しているオランダ人Aから「今どこ?」とSMSが入る。 7時前には新大阪に着くので、一緒に夕飯を食べることにした。

梅田の居酒屋で飲む。 

その後、なんば経由で堺まで行く。 車中でぐーっと深い眠りに落ちて、目が覚めたら見慣れない電車に揺られている自分がいて、しばらく状況が把握できなかった。 まだ夢の続きなのかな、でもこれは夢じゃない、ここはどこなんだろう。 認知症ってこんな感じなのかな、と少し怖くなる。 大急ぎで記憶をたどり寄せて、ああ、堺に行くんだった、ここは南海電車なんだと思い出してほっとする。 で、今どこだ?とまた焦ってホームを見ると堺駅だった。 危なーい。

数秒の出来事に肝を冷やしました。 イベント、展示会、大阪と3週続いていて、かなり疲れがたまっているようだ。

駅前のホテルにチェックイン。 部屋からの夜景がきれいだった。

R0051595

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/26 Mon 春菊チャーハン弁当。

朝。 お弁当を作る。

おととい宅配野菜に入っていた春菊、葉の切れ込みが細かくてトウが立ち始めてる感じで硬そうだったので、一束ぜんぶ粗みじん切りにして、ちりめんじゃこもたくさん入れてチャーハンにしたらとてもおいしかった。

R0051591_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/25 Sun お花見散歩と、レンコンのガレット。

朝。 昨日のうちに最後の干したけのこを戻しておいたので、今日は豚肉・ぜんまい・こんにゃく・薄揚げで、煮物を作る。

R0051579_2 

早いうちに、近くの公園にお花見散歩にでかけよう。

お弁当を作る時間がないので、お漬物だけ詰めて、お弁当は五日市街道沿いのお総菜屋さんの「八千代」で調達しようとしたら、なんと日曜日は定休日でした。 

「八千代」は以前はコンビニのデイリーヤマザキで、店の片隅に手作りのお惣菜を売っていて、何かの折に立ち寄ったついでにお惣菜(高野豆腐と卵の煮物だった)を買ってみたら、ずっと記憶に残るくらいおいしかった。 店主もお惣菜づくりが好きらしく、しばらくしたらデイリーヤマザキの看板を下ろして、お惣菜専門店になっていた。 

半熟ゆで卵入りのメンチカツやナポリタンのおにぎらずなど、育ち盛りの胃袋の中学生男子をも充分に満足させる冒険的なおにぎりやサンドイッチを楽しみにしていたけれど、定休日なら仕方ない、気を取り直して近くの生協スーパーでおとなしく巻き寿司とお茶を調達した。 夫は揚げたてのコロッケも買った。

さて。 公園の桜は、まだ8.5分咲きという感じ。 人々は大きなビニールシートを敷いて、宴会の準備に余念がない。生ビールサーバーのデリバリーを受け取るグループもいた。

R0051574

R0051572

我々は、日の当たるベンチで、お弁当を広げた。

R0051562_2

夜。 きゅうり・カブ・スモークサーモンのサラダ。 

私の中では、スモークサーモンとケイパーはかならずセットになっている。

R0051582_2

Hanaさんのサイトで見かけたレンコンのガレットを、想像して作ってみる。 ハム・ゴーダチーズ・レンコンで作り、最後に乾燥パセリを散らした。 

わお、おいし。 これからはレンコンの処理に困ったら、これだ。

R0051586_2

メインは、鶏肉のポトフ。 スープはカップに入れて別に出した。 スープ、とてもうまくできました。

野菜もどかんと消費できて、おいしい。

R0051588_2

ポトフはたくさん作っても、飽きたらカレーにするととてもおいしいカレーになるんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/24 Sat お料理教室で、アサリとふきのとうのパスタ。

朝。 ごはんとお味噌汁、ハムエッグ、漬物の朝食。

R0051547_2

午前中。 お料理教室の振り替えで青山まで出かける。

テーブルセッティングの、黄色いチューリップがとてもかわいい。

R0051548

イワシのポルベッティと、セロリのサラダ。

R0051553_2

アサリとふきのとうのパスタ。

ボンゴレにふきのとうを刻んで入れると、一挙に春の味になる。 ふきのとうは天ぷらにするばかりだから、メニューの幅が広がってうれしい。

R0051554_2

デザートはドライフルーツとナッツがたくさん入ったアイスクリームの軽いバージョン。

R0051557_2

夜。 自炊。 スモークサーモンとトマトのサラダ。

R0051558_2

ベーコン、玉ねぎ、しめじ、ピーマンのペンネ。

R0051560_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/23 Fri 新宿の「ことぶき」で、お好み焼き。

夕方、羽田に帰国。

リムジンバスは金曜日の夕方の大渋滞で、いつもなら1時間足らずで新宿に着くのに倍の2時間かかった。 ふぅ。

待ちくたびれた夫は新宿のピザハウスでワインを飲んでいるという。 新宿に到着後、言われたお店に行くと、誰がこんなお店にわざわざ入るんだ、と思うほどシケたお店だった。 夫がつまんでいた茹で野菜もひどくまずそうだった。 いちおうメニューをチェックすると、食べ物はどれもすごく高かった。

さっさとワインを一杯飲み干して、お気に入りのお好み焼き居酒屋「ことぶき」に移る。

お通しのそうめんサラダ。 何の変哲もないマヨネーズ味のお通しが、どうしてこんなにおいしいのだろう。

R0051531_2

ホタルイカ。

R0051534_2

長芋とマグロ。

R0051539

しし唐炒め。

R0051535_2

夫の好物、くじらベーコン。

R0051536_2

ズワイガニ入りの卵焼き。

R0051538_2

豚天。

R0051542_2

焼きそば。 

R0051545_2

ああ、おいしかったー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/22 Thu 上海展示会近くの「Putien」でランチ、「紅辣椒」ふたたび。

展示会最終日は、午前中で終わり。 

昼。 展示会場近くのシンガポール系のカジュアル中華の「Putien」に行く。 

いつもより混んでいると思ったら、ミシュランの一つ星になっていた。

料理は数点頼んでシェアする。

前菜盛り合わせ。

Img_1750_2

ほうれん草のスープ煮。

Img_1751

黄魚の瞬間燻製。

Img_1757_2

チャーハン。

Img_1752_2

麺。

Img_1755_2

全部さっぱりしておいしかった。

夜。 会食がキャンセルになったので、仲間うちで昨夜おいしかった四川料理「紅辣椒」に行く。

フライドポテトもピリ辛。

R0051528_2_2

「辣子鶏」をリピート。

R0051527_2

ほうれん草ソテー。

R0051529_2

お店のスタッフのお勧めの、牛肉。 まあまあ。

R0051526_2

担々麺。 練りゴマが入っていないタイプで、きりっとした、おいしさ。 麺もむっちりおいしい。

R0051530_2

ごちそうさまでした。

話は尽きず、ホテルのバーに戻って話し込んだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/21 Wed 上海「紅辣椒」で、四川料理。

今週は、展示会で上海に出張です。

三日目の夜。 みんなでホテルの向かいの四川料理「紅辣椒」に行く。 

メニューはiPadで写真を見ながら入力する方式なので、中国語がわからなくても大丈夫。

R0051517_2

ひき肉とササゲの炒め物。

R0051516_2

私のリクエストで、鶏肉と唐辛子「辣子鶏」。

R0051518

炊き込みごはん。

R0051521_2

焼きそば。 これ、とてもおいしかった。

R0051522_2

焼き小籠包も美味。

R0051524_2_2

おいしくて、安くて、とても気に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/18 Sun

朝。 茹で野菜とかけそばでシンプルに行きますか。

R0051493

…と、思ったけど、大和芋があったので、とろろそばにした。

R0051494_2

昼。 多めに焼いて冷凍しておいたお好み焼きと、お味噌汁。

R0051496_2

夜。 サラダ。

R0051504_2

湯豆腐。

R0051505

野菜炒め。

R0051498

シシャモ。

R0051507_2

夫には、〆にチリコンカーンとジャンバラヤ。

R0051513_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/17 Sat BBQで焼きソラマメ。

朝。 昨日新大阪駅で買った志津屋のカルネに炒めピーマンと卵白卵焼を追加して、さっとオーブントースターであぶる。

パンの外側がパリッとして、中側がふんわりしてとてもおいしい。 中に塗ってあるのがマーガリンじゃなくてバターなら完璧なんだけど。

R0051471_2

昼。 ほうれん草と牡蠣のパスタ。 牡蠣は自家製のオイル漬けを使った。 ほうれん草は一束まるまる使った。

R0051474_2

夜。 ゆで海老入りのサラダ。

R0051483_2

メインはフィレステーキ。 上手に焼けました。

R0051489_2

付け合わせにソラマメを皮つきのままBBQでグリルしたら、とてもおいしかった。

R0051486_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/16 Fri

午前中、少し打ち合わせをして、新幹線で帰宅。 この解放感、いいわー。

夜。 生野菜、炒め野菜、茹で野菜を並べる。

R0051465_2

自家製のきのこのオイル漬け。 

R0051467_2

メインは、新大阪駅で買った蓬莱の豚まんとシュウマイ。

R0051469_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/15 Thu 日本で感動するもの。

海外の顧客の経営陣が施設の見学にやってくる。 

見学、プレゼン、意見交換。

夜は「太閤園」で会食。 お庭がすごく広い。 庭園には蛍が自生していて、季節になると蛍狩りができるそう。

R0051437

R0051439

R0051441

R0051445

R0051440

会食は淀川亭という和食レストランで、日本の雰囲気を顧客がとても喜んだ。

日本が初めてというスペイン人が「これに感動した」と、スマートホンで録画した映像を見せてくれた。 見学した施設の一部かと思ったら、なんと自動で蓋が開いたり水が流れたりする施設のトイレの映像だった。 日本のトイレが世界一きれいだという。 そこですかっ。

その後、カラオケ。 最初に一曲歌っておけば免罪符になり、「歌え、歌え」とうるさく言われることはない。

2時ころ、顧客をホテルに送り届けて終了! お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/14 Wed 阪急三番街の中華「宝来」で五目そば。

今日から大阪出張。

昼前に大阪に着き、阪急三番街の中華料理「宝来」に行く。 昔ながらの大阪の中華料理屋さんで、外に列ができるくらいに混んでいるのに、店内は意外にゆっくりした気持ちになる造り。 年配のなじみ客がふらりと一人で隣の席に着き、メニューも見ずにお気に入りの品を注文した。

私はなじみ客ではないので、じっくりメニューを見る。 お得なセットメニューもたくさんあるけど、最近ずっと太り気味なので、単品の五目そばを注文した。 とじ卵が入って優しいおいしさだ。

R0051429_2

午後。 明日のイベントの最終打ち合わせ。 プレゼンの仕上げ。

夜。 部下と二人で軽く一杯行こうと、堂山の路地裏のワインカフェ「SOL」に行く。

生ビールとオリーブオイル。

R0051431_2

前菜盛り合わせ。

R0051433_2

シシャモのフリット。

R0051434_2

生ハムとトマト。

R0051435_2_2

牡蠣とほうれん草のリゾット。

R0051436_2

その後、明日の会食会場の下見。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/13 Tue

昼。 お弁当。 納豆、干しタケノコの煮物、ゆでブロッコリー、ヒジキの煮物、きゅうりの古漬け。

R0051416_2

夜は神楽坂の「水町」で、ドバイに赴任する前任者の壮行会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/11 Sun 干したけのこの煮物。

朝。 一日かけて戻しておいた干しタケノコを、こんにゃくと薄揚げで炒め煮にする。 上手にできました。 干しタケノコのしゃきしゃき感がすごく好き。 また九州のアンテナショップに仕入れに行かなくちゃ。

R0051402

炊き立てご飯、納豆と卵黄、お味噌汁(ほうれん草と薄揚げ)。

R0051404

昼。 レンズマメのカレー(夫のみ)。

R0051406

夜。 茹でブロッコリー、自家製きのこのオイル漬け。

R0051407_2

メインはお好み焼き。

R0051409_2

キャベツの消費にはお好み焼きですね。 おいしい。

R0051412_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/10 Sat 「やの志ん」の山菜そばと、「すぎもと」のやきとり。

朝。 ペンネのトマトソース、お味噌汁、自家製白菜漬け。

R0051387_2_2

午前中。 気功教室。

昼。 阿佐ヶ谷の「やの志ん」に行く。

一軒家のお蕎麦屋さんである。

ゆったりしたテーブル席で窓越しの光を浴びながら品よく休日の昼酒を楽しむ客たちを眺めるだけで、こちらものんびりした気分になる。 一人客には居心地のいいカウンター席もある。 我々は座敷の掘りごたつ席に座った。

春野菜天そば。 ここのかけそばもおいしい。 最近かけそばが好き。

R0051388_2

R0051389_2

夜。 阿佐ヶ谷の焼鳥「すぎもと」に行く。

突き出しの煮物。 あっさりとおいしい。

R0051391_2

焼き鳥のコース。

R0051392_2

R0051393_2

R0051397_2

R0051395_2

R0051398_2

R0051399_2

R0051400_2

お財布に優しい焼き鳥だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/09 Fri

夜。 スーパーで買ってきたワカサギフライを魚焼きグリルで温める。 あとはトマトサラダ、青菜の炒め煮。

R0051384_2

生協の冷凍ハンバーグと、ジャンバラヤ。

R0051385_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/08 Thu 浜松町の「蔵」で、ミニオペラ。

夜。 浜松町の「蔵」に行く。 

今夜はここでコース料理を食べながら、クラッシックのミニコンサートだ。 

以前、取り引き先のゲストハウスでミニコンサートがあってすごく楽しかったので、部下が連絡を取って今回のお店のライブに予約した。 その部下に急な出張が入ってしまったので、夫に付き合ってもらった。 なんと客は我々ふたりだけだった。

演奏者は、ピアノとオペラのソプラノとテノールの3人の若い音楽家たちだ。 

料理は、稚帆立貝の酒蒸し、

R0051351_2

うどとあさりの卵とじ。 春を食べているみたい。

R0051369_2

山菜の天ぷらなど、食べきれないくらいのコース料理が出てきた。

R0051374_2

料理が出始めると、コンサートが始まった。 若い音楽家たちが、曲目の説明をしながらオペラの抜粋を歌ったりして、思いがけずオペラ気分を味わえた。 ゆったりと食事しながらオペラを聞くなんて、とても贅沢な感じ。

造り酒屋さんがやっているお店なので、自家製のお酒がいろいろ出てくる。 小鬼の盃も可愛かった。

R0051360

R0051377

R0051378

韓国に出張中の部下に画像を送ったら「ファン第1号は僕ですからね!」と返ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/07 Wed 今週のお弁当。

月曜日。 ランチ会食にて、お弁当お休み。

火曜日。 ビビンパ。

R0051339_2

水曜日。 皿うどん。

R0051346_2

木曜日。 卵焼き、カブのぬか漬け、ヒジキの煮物。

R0051350_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/06 Tue きのこ鍋。

夜。 冷蔵庫にあるもので自炊にする。

こんにゃくと薄揚げの炒め煮、カブとじゃこの酢の物。

R0051343_2

冷凍庫に常備している、生活クラブのミニ揚げ春巻き。

R0051344_2

きのこ汁。 カブの葉、なめこ、豆腐。 ダシはチキンスープで。

R0051345_2

おいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/05 Mon フランス人と居酒屋とカラオケナイト。

フランスの顧客が休暇で友達と日本に2週間来ている。 去年の10月くらいから企画して、いろいろアドバイスしたりしていた。

To Do ListにIzakaya, Karaokeとあるので、「東京で居酒屋とカラオケなら、うちのチームと一緒にカジュアルにいかない?」と誘うと、「いくいく!」と居酒屋アンドカラオケパーティとなった。

夜。 居酒屋で待ち合わせ。 グーグルマップでお店の場所を送っておく。

居酒屋は赤坂の「板前寿司 江戸」にした。 この店は、店内で浴衣が着られるサービスがあるので。

お店の人と事前に相談して、板前さんと会話ができるカウンター席を予約して、料理は板前コースにした。

突き出しは、ホタテの磯部巻き、筍。 

R0051306_2

トロ入りの生春巻きのあとに、お刺身。 予想外に質が高い。

R0051309_2

このあたりで、浴衣の試着をする。 それぞれ好きな柄を選んでお店のひとに着せてもらう。 そのまま席に戻り、ご満悦で料理を食べる。

日本好きのフランス人女子が「ユズが好き。 フランスでも人気がある。 柚子サワー飲んでみよう」と言ったので、こちらがびっくりした。 柚子を知っているなんて。 以前、ロンドンで料理好きのニュージーランド人の顧客に「自宅にみりんがある」と聞いた時にびっくりしたくらい、驚いた。

このあと、焼き牡蠣、ふぐのから揚げ、お寿司の盛り合わせなど。 食いしん坊らしいフランス人たちは「フランスのお寿司とぜんぜん違う! 魚も違うけど、お米が違う! おいしい!」と喜んでいた。

前日に自分たちで日本酒を試しておいしくなかったらしく、日本酒はあんまり・・・と言っていたけど、私の頼んだ純米酒を味見して、「えー、おいしい!」とお代わりした。

R0051325_2

その後、カラオケに移動。 コートダジュールから来た人たちと「コートダジュール」というカラオケに行ったというわけ。 初めての割にはみんな歌がうまかった。

フランス人は1年で7週間休暇を取るそう。 休暇を取って旅行に出かけるそう。

なにかで読んだけれど、フランス人が長期休暇を取るようになったのはそんな昔のことではないらしい。 

昔はフランス人も今の日本のように休みが少なく働きづめだったそうだ。 当時のヨーロッパは人も経済も疲弊していたので、フランス首相が強引に長期休暇を義務付けた。 反対する人がたくさんいたけど、実際に義務付けてみると、仕事の効率も上がり、人々も元気になり、フランスの景気がいち早く回復した。 それを見たヨーロッパのほかの国も次々と長期休暇を導入したというのが、ヨーロッパの長い休暇のなりたちだそうだ。

7週間も旅行に行くとなると、準備も大変だけど、旅行用に資金をためるのも大変そう。 その間ずっと外食かと想像するだけで、胃のあたりが重くなってくる。

だから別荘や船を持っている人が多いのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/04 Sun BBQグリルで初ハンバーガー。

夜。 ゆでソラマメと、冷ややっこ。 赤ワイン。

R0051299_2

ずっと作ろうと思っていたハンバーガーをやっとキャンプQで作る。

ベーコンはキッチンペーパーの間に挟んでチンすると、カリカリベーコンになる。

ほかの具は、ピクルス、トマト、レタス、オニオン。 パンは常に2袋は冷蔵庫に入っているイングリッシュマフィン。

R0051300_2

うんまーい!

R0051302_2

チリコンカーンも作ったので、味見した。 生のハラペーニョを乗せると爽やかな味になる。

R0051305_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/03 Sat ラオスナイト。

朝。 にしんそばを作る。

R0051287_2

時間と気持ちに少し余裕がある週末は、乾物料理です。 キドニービーンズを水に浸して戻しておく。 

R0051289_2

夜。 西荻窪のとびうおキッチンに行く。 

とびうおキッチンは、普段はスリランカカレーとあご酒のお店だけど、今の期間、ラオス料理のシェフを招いてラオスナイトなのである。 りきまるさんに誘ってもらった。

とびうおキッチンの女主人も今日は客席に座り、すっかりお客さんの表情で友人たちとくつろいで、別人のようだ。

ラオス料理って初めて。 私はりきまるさんのラオス旅行記がすごく好きで、今夜の料理にも興味深々である。

まず、ラオスビールで乾杯。

R0051291_2

野菜たっぷりのラオス料理の盛り合わせ。

R0051293_2

もち米で食べる。

R0051294_2

追加で頼んだ、鶏肉の料理。

R0051295_2

鶏スープ。 あっさりとしているのにいい味が出ています。

R0051296_2

話は尽きず、近くのアイリッシュパブに場所を移して、飲んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/02 Fri 自炊ピザとステーキ。

今日も朝から予定がぎっしり入っている。 

夜。 自炊。

前菜は自家製ピザ。

R0051280_2

メインはキャンプQで、BBQ。 今日は牛バラ肉の塊を焼いてみる。

R0051283_2

付け合せは、茹でプチベール、茹でレンズマメ、人参の酒煎り。

R0051285_2

フィレやサーロインに比べて少し肉が硬いけれど、牛肉の味が濃くておいしい。

キャンプQを買って、自炊ステーキ率がぐっと増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/01 Thu 神楽坂「水町」で、牡蠣フライ。

今日から3月です。 時は飛ぶように過ぎていく。 年を重ねると、そのスピードはさらに増す。

夜。 神楽坂の「水町」で、顧客と食事。

突き出しは、ぬたと手羽。

R0051274_2

お刺身盛り合わせ。 富山出身の顧客も、魚がおいしいとのこと。

R0051275_2

自家製厚揚げのシラスのせ。

R0051276_2

牡蠣フライ。 2個まとめて揚げてあり、ボリューム満点でおいしい。

R0051277_2

カウンター客とご主人でスターウォーズで盛り上がる。

お腹がいっぱいになり、メインのちゃんこを食べる余裕がなくなってしまったら、ご主人が「ちゃんこのスープで締めの麺だけでも出せますよ」と言う。 うれしー。

塩ちゃんこのスープに半田麺。 うまし。

R0051278_2

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »