« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

18/04/30 Mon 穴子飯の再生、春のホットサラダときんき。

昼。 折ごと冷凍しておいた「うえのの穴子めし」を温めて、ごはんと穴子の間にもみ海苔と錦糸卵を敷いたら、さらにおいしくなった。 お味噌汁はカブの葉と薄揚げ。 

R0051946 

今日は服と靴の整理。 高かったけれど合わなくてほとんど身につけないもの達を、思い切って捨てる。 今から終活のこと始めである。

午後。新宿で用事を済ます。

夜。 春野菜でホットサラダ。

R0051948_2

サラダには、グリルした新たけのこをトッピングして、春の味を楽しむ。

R0051951_2

メインは、きんき。 一尾は煮つけにして、

R0051954_2

一尾は塩焼きにした。 見た目は悪いけど、塩焼きが断然おいしかった。

R0051956_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/29 Sun たけのこごはんと三浦海岸。

朝。 たけのこごはんを作る。 さや付きのグリーンピースも届いたので、たけのこ豆ごはんにした。 実山椒も炊き込んだ。

R0051930_2

卵焼き、煮物、塩鮭、漬物をお弁当箱に詰める。

R0051933_2

お弁当を持って、三浦海岸までドライブ。

お弁当は、SAでの昼ごはんとなった。

いいお天気で、気持ちいい。

Img_1983

山側には畑が広がり、沿道のいたるところに野菜の直売所がある。 駅前の直売所で春キャベツを買って帰った。

夜。 広島で仕入れた小イワシのレモンオイル漬けに野菜を添える。 おいしい。

R0051936_2

魚焼きグリルで温めた、ごぼう天。

R0051939_2

エビとレンティル豆入りサラダ。

R0051941_2

たらの芽の天ぷら。 かりりと揚がりました。

R0051943_2

夫の〆は冷凍しておいた、ジャンバラヤとチリコンカン。

R0051942_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/28 Sat

今日からゴールデンウィークです! 

予定が入っているのは一日だけだったけど、直前であれこれ入りました。 でも泊まりはなし。

午前中。 気功教室。

昼。 高円寺の「太陽軒」に行く。

餃子2人分をみんなで分ける。

Img_1981_1

私はラーメン。

Img_1981

夜。 母も一緒。 

シーザーサラダ。

R0051925

サザエのつぼ焼き。

R0051926_2

舌平目のムニエル。 付け合わせは、新キャベツとトマトのホットサラダ。

R0051928

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/27 Fri 社食のいちにち。

昼。 社食で、カツオ丼とサラダバー。

Img_1976

最近は、社食で野菜をがっつり食べるので、夜は野菜の摂取を気にせず食事できるのがいい。

Img_1977

夜。 打ち合わせ後、居酒屋に変身する社食に行く。 飲み物が安いので助かります。 「琥珀のとき」がハッピーアワーは100円、スパークリングワインも1杯300円でちゃんとしたものが出てくる。

フィッシュアンドチップス。

Img_1978

いぶりがっこチーズにごぼうスティック。

Img_1979

その他、いろいろ食べたけれど写真は撮り忘れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/25 Wed 大阪「花様」の10種おばんさい膳と、お料理教室。

大阪日帰り出張。

昼。 茶屋町NUの「花様」で10種おばんさい膳。

サラダ。 近江から直送の野菜が新鮮でおいしい。

Img_1962

メインは鶏肉と青菜のお鍋にした。 ここのおばんさいはどれもこれもおいしくて、大好きだ。

Img_1965

夜。 お料理教室。

キヌア入りのサラダと、ラムチョップ。

Img_1969

今日はいつも火を通す食材を生で食べて、いつも生で食べる食材に火を通した。 アヴォカドはグリルして、スナップエンドウとズッキーニは生でサラダにして。

デザートは、ミニカップケーキ。

Img_1971

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/26 Thu 新高円寺のPizzeria「SOL」のマルガリータ。

夜。 新高円寺の近くの青梅街道沿いにピザ屋さん「SOL」ができているのに気づいたので、行ってみる。

ビールを頼むと、突き出しに切りたてのサラミが出てくる。 これは嬉しい。

Img_1972

ルッコラのサラダ。

Img_1973

マルガリータ。 とてもおいしい。

Img_1975

ピザが秀逸なので、次回は前菜をあれこれ頼まず、ワインとピザに集中しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/24 Tue 新高円寺「アルデンテ」のペスカトーレとタンシチュー。

夜。 「アルデンテ」に行く。

サラダを食べたあと、今日のパスタはペスカトーレ。 いい感じのパスタのゆで加減と、いい感じのトマトソースのからみ具合。

Img_1957_2

メインはタンシチュー。 丁寧に作られた付け合わせ野菜の下には、これもまた手抜きのないゆで加減のスパゲッティが隠れている。 おいしい。

Img_1961

この店は、夫婦と思われるシェフとマダムが二人で切り盛りしているお店なので、お二人が引退したらこの味を継ぐ人がいない。 ゆゆしき問題である。

夫が「弟子入りしてここの味を守ったら?」と言う。 私も一瞬想像してみた。 そうなら、まず換気扇を新調するところからだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/23 Mon 今日のお弁当。

朝。 ちらし寿司を作る。 夫の朝ごはんと母のお弁当。

R0051916

自分用には、ちらし寿司一口分と、菜花とキノコのオイル漬けを和えたもの。 昼は社食で山のようなサラダバーお味噌汁を食べるので、これは付け合わせみたいなもの。

R0051917

夜。 美容院に行く。 帰宅して、納豆といくらおろしを食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/22 Sun

朝。 ホームベーカリーで焼いた食パンの端っこで、ピザトースト。 

葱がたくさん届いたので、青いところまで一本丸々刻んでじっくり火を通した。 にんじんと豚肉の炒め物の残りも入れた。 ピザトーストにすると和風の残り物でも、おいしく片付きます。

R0051898_2

車の修理のため、西荻窪に行く。 夫が車屋さんに行く間、駅前を散策。 ソーセージを買った。

昼。 駅の立ち食いそば屋さんで、にら天そば。 天ぷらはニラと小松菜が入っていた。 温玉もついていた。 そこそこの味。

Img_1957

夜。 トマトと新玉ねぎとキノコのオイル漬けのサラダ。

R0051899_2

ナスとニシンの煮物。 松葉のにしんで作るので、超簡単です。

R0051902_2

母が持参した炒り豆腐。 優しいお味。

R0051904_2

メインはステーキ。 付け合わせはジャガイモ・コーン・ベーコンのソテーと、茹で菜花。

R0051908_2

焼きアスパラガス。 

R0051906_2

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/21 Sat 広島公園散策、広島空港で広島料理。

朝。 お風呂が広いので、昨日近くのドラッグストアで入浴剤を買ってきておいた。 

クナイプ入り朝風呂。 

R0051876

旅行前に、広島出身の仕事仲間に「おいしい郷土料理を出す居酒屋でちゃんとしたお好み焼きも食べれるお店はありません?」と聞くと、「そんな都合のいいお店はありません」と笑われたけど、「むすびのむさしはソウルフード」と教えてくれた。

広島駅にお店があるようなので、ベッドでまだ惰眠をむさぼる夫に「朝食用のおにぎりを調達してくるね」と伝えて広島駅の散策に出かける。

駅の「むさし」にはお弁当だけ売っていて多すぎるので、朝食は立ち食いうどんにする。 夫と駅で待ち合わせする間、駅の下のスーパーやお土産コーナーで地元の食材を仕入れた。

駅の立ち食いうどん屋さん。

私は肉うどんミニにわかめ追加。 さすが瀬戸内海、わかめがシャキシャキして新鮮でとてもおいしい。

Img_1937_2

荷造りして、チェックアウトして、川沿いのコインパーキングに車を停めて、公園を歩く。 

静かできれいでのんびりした遊歩道が続いていて、とても気持ちいい。 

しばらく行くと原爆ドームが見えてきた。 広島の町を焼き尽くした原爆の、爆心地から160メートルという至近距離でこの建物がこの姿で残ったというのが、すごいことです。 象徴的だ。

Img_1943

たくさんのアメリカ人の高校生が修学旅行で来ていた。 アメリカ人の先生は学生に何を教えるのだろうか。

広島三越のデパ地下の「うえの」で、昨日のうちに予約しておいた穴子飯を3つ引き取って広島空港に向かう。

3時のフライトだけど、昼すぎには空港に着いてゆっくり昼ごはんを食べることにする。

空港にて。 広島料理と牡蠣料理「かなわ」に行く。 

生牡蠣を選ぶと「お好みで垂らして食べてください」とブランディが出てきた。

R0051879_2

牡蠣、おいしい! ブランディを試したけど、ピンとこなかった。

これは牡蠣の珍味4種。 燻製・塩辛・チーズ・オイル漬け。

R0051880_2

焼き牡蠣が好きになった夫は、ここでも焼き牡蠣を注文した。 これは少し焼きすぎで、身が縮んでいた。

R0051884_2

小イワシの天ぷら。 

広島は冬は牡蠣、初夏は小イワシが名物とあるけど、4月の終わりはどちらも季節はずれで、口にするのをあきらめていたけど、なんと両方食べられました。

R0051882_2

また夫がお好み焼き食べたい病を発症したので、場所を変えて「てつ平」というお好み焼き屋さんに行く。

お好み焼き以外にいろいろあります。

Img_1951

突き出しはごぼう天。

R0051887_2

夫は再度焼き牡蠣を頼む。 昨日の宮島で食べた焼き牡蠣がいちばんおいしかった。

R0051888_2

すじ煮。 ごたごた野菜が入っていなくて、ミニマルな美味しさ。

R0051892_2

「がんす」という、白身魚のすり身フライ。 白身がふわふわで、これすごくおいしい。 かまぼこよりはんぺん寄りの食感だ。

R0051894_2

ネギ焼き。

R0051895

あー、おいしかった。

一泊の小旅行だったけど、とても楽しかった。 広島、いいところです。 幸せな気持ちで飛行機に乗った。

夜。 自宅にて、うえのの穴子飯。

R0051913_2

やっぱりおいしい。 奈良漬もよく合います。

R0051897

3つのうち、一つを二人でシェアして、一つを冷凍し、残りの一つは母のマンションに届ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/20 Fri 広島・宮島一泊旅行。

休暇を取って、宮島・広島に一泊旅行に出かける。

場所の候補はいろいろあったけど、NHK大河ドラマ「義経」の渡哲也の平清盛が大好きで、厳島神社で意見が一致した。

朝。 羽田から広島空港へ。 空港からレンタカーで宮島口に行き、駐車場に車を停めてフェリーに乗り換えて宮島に行く。

瀬戸内海が穏やかに美しい。

Img_1880

宮島に上陸する頃にはもう1時過ぎで、まず参道のひなびた食堂で腹ごしらえ。

焼き牡蠣とビールと穴子飯を注文すると、若い女子店員が「メインは一人一品お願いします」と言うので、夫はきつねうどんを追加した。 

おばさんが牡蠣を焼いて持ってきてくれる。 焼き牡蠣一皿2つで、450円。

R0051802_2 

うまーい‼‼ 牡蠣がそんなに好きでない夫も「うまっ!」と感嘆した。

穴子飯、登場。 

R0051800_2

穴子飯というと「うえのの穴子めし」しか知らない。 「うえの」は穴子のタレでごはんを炊いているけど、この店は普通のあたたかいごはんにフワフワの焼き穴子が乗っていて、その上からタレを回しかけている。 これはこれでおいしい。

きつねうどんも関西系の優しいおうどんで、夫はとても喜んだ。

しばらくして、修学旅行の中学生男子3人がおずおずと店の引き戸から入ってきた。 席に座り3人でこそこそ相談して、ようやく「焼き牡蠣ください」と言った。 例のごとく、若い女子店員が「一人一品お願いします」と冷たく言い放つ。 すると店のおばさんが「いいよ、いいよ、焼き牡蠣だけでもいいよ」と厨房から温かく声をかける。

若い女子店員が中学生3人注文を促すと、代表の男子が「焼き牡蠣、一皿ください」と言った。

「焼き牡蠣、ひと皿だって」と冷ややか女子店員がおばさんに伝えると、さすがのおばさんも「え、ひと皿っ」と絶句気味。

我々を含め、店の客たちは出てくる焼き牡蠣の個数がどうなるのか、興味深々。 出てきた焼き牡蠣は、2個だった。

それでも男子3人は楽しそうだ。 一人は鼻をつまんで「おれ、牡蠣嫌い」などと言いながら、3人で小さなお皿を囲んで誰がどれを食べるか相談している。

彼らが大人になったら、このことを思い出したりするんだろうな。 3人の修学旅行の思い出の一コマに立ち会って、こちらもほっこりする。 

店を出て、厳島神社に向かう。

宮島は島全体が信仰の対象なので、厳島神社は島ではなく、砂州に建てられたとのこと。 満潮に合わせて上陸したのに、穴子飯食べたり、修学旅行生を観察していたりしたら、潮が引き始めてしまった。 なんてこった。

しかし、美しい。 

R0051812 

R0051810_2

R0051807

Img_1920

Img_1936

厳島神社の裏手の紅葉谷公園を通って、ロープウェイに行く。

Img_1927

ロープウェイの駅では片道切符と往復切符が売られていた。 切符売り場の人に「片道切符の場合、帰りはどうやって戻るんですか」と聞いてみると、スタッフはしばらく考えて「歩き。」と答えた。 ひーっ! ロープウェイの下は原生林ですけど。

ロープウェイを乗り換えて萱谷駅まで登ると、瀬戸内海の風景が広がる。 瀬戸内海すてき、住みたいくらい。

R0051822_2

瀬戸内海の豊かで平和な景色を堪能して、また同じルートで厳島神社まで戻ると、大鳥居はすっかり引き潮だ。 

R0051845

私も砂州に降りて、歩いてみる。 よく見ると浅瀬に小さなカニやヤドカリがちょろちょろしていた。

宮島は弘法大師が霊気を感じて神社を建てたくらいのパワースポットなので、よい「気」が流れているのだろう。 鈍感で霊感ゼロの私でも「いいとこだ」くらいは感じる。 そもそも、古い神社仏閣はすべてパワースポットに建てられているので、お寺巡りは体と心によいはずである。

参道の売店で木の杓子を思い出に買って、フェリーに乗って本州側に戻った。 

レンタカーで広島駅前のシェラトンホテルに行き、チェックインして、一休み。

角部屋の明るい部屋だった。

R0051852

夜。 駅ビルのカフェでワインを飲みながら、どこで食べるか相談する。 

ググって気になるお店があったので、広島駅の郵便局の裏手に行ってみる。 私の好きな路地裏に小さなお店がひしめき合っているではありませんか。

R0051862_2

そのなかの「つれづれ」という和食屋さんに行く。 店の引き戸を開けると、一階は8人座れるカウンターで、小さな窓から広島駅の電車が見える。 2階にも席があるようだ。

突き出しは、茄子の揚げ出し。

R0051856_2

メニューはこんな感じ。

R0051861_2

お刺身の盛り合わせ。 新鮮。 サヨリの左の貝は、よなき貝とある。 こりっとしておいしい。

R0051857_2

筍のわかめあんかけ。 一皿を二人分に分けて出してくれる。

R0051858_2

白ねぎ餃子。 ポン酢でさっぱりとおいしい。

R0051860_2

奥さんらしい若い女将がひとなつこく話しかけてきたので、東京から観光できたと言うと「ここをどうやって見つけたられたんですか」と不思議そうに聞く。 ホテルの近くをグーグルマップでチェックして見つけたと言うと、「それでなんですね。 最近、東京からのお客さんも時々いらっしゃるんです」と納得していた。

とても居心地いいお店だけど、大阪人の夫は広島のお好み焼きを食べたくて、うずうずしている。 「そんなに食べたら、お好み焼きが入らなくなる」と小声でけん制してくる。

繁華街も見てみたいので、お勘定をして店を出た。

タクシーで移動して、薬研堀の「八紘(はっこう)」というお店に行った。 

ビールとお好み焼き。 

R0051864_2

広島のお好み焼きは、ネタと具を別々に焼くので、とても軽い。 焼きそばが入っていなければ、前菜にしてもいいくらいだ。

お腹もいっぱいになったので、市電に乗って帰った。 市電は広島市民の足らしく、すごく混んでいた。

R0051874

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

18/04/19 Thu 阿佐ヶ谷のイタリアン「Capio」。

朝。 ホテルの朝食ビュッフェ。 帰国の日なので、麺を注文する。 なかなかおいしかった。

R0051790_2

夕方、羽田に到着。

夫と阿佐ヶ谷で待ち合わせして、気になっていたイタリアン「Capio」に行ってみる。

カポナータ。

R0051794_2

ひよこ豆粉のフリット。

R0051796_2

スズキのカルパッチョ。

R0051797_2

ラグーのパスタ。

R0051798_2

イワシのフライ。

R0051799_2

ワインもおいしく、小皿料理も多く、サバサバしたマダムのサービスも感じいい。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/18 Wed 香港「Crystal Jade」の粉もの屋でランチ、「海景軒」の本格広東料理。

午前中。 中環で打ち合わせ。 

昼。 スターフェリーで九龍に戻ったので、Harbor Cityの「Crystal Jade Noodle House」に行く。

きゅうりの甘酢漬け。

Img_1875

干しエビの和え麺。

Img_1872

小籠包。

Img_1874

あとは辛い汁麺などを頼んで、シェアして食べた。 人気の店で混んでいるけど、回転が早いのですぐに出てくる。

夜。 夕方の打ち合わせを終えて、そのまま会食へ。 インターコンチネンタルの中華「海景軒」に連れて行ってもらう。

豚の皮のロースト。 カリカリで、私の大好物。

R0051783_2

薔薇でさっと燻製した、ホタテ。 中身はまだ生です。

R0051784_2

蟹入りの卵白の茶碗蒸し。

R0051785_2_2

ブドウの形をした料理。 繊細な広東料理の真骨頂です。

R0051786_2_2

ブドウの皮に見立てたくりぬいた野菜(瓜?)の中に、青菜の詰め物。 

R0051787_2_2

青菜のスープ煮。 ピータンや卵黄や卵白がトッピングしてあって、とても繊細な美味しさ。

R0051788_2_2

野菜が多めで軽い料理でとてもおいしかった。

デザートはカスタード入りのお餅。 こちらもとても上品な美味しさだった。

R0051789

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/17 Tue 香港のファミレス「翠華」でランチ。

昼。 ホテルの近くのファミレス「翠華」に行く。 洋食も中華も何でもありのお店だ。

茹でオクラ。

R0051781_2

特選魚介スープのフィッシュボール麺。 どうってことない麺だけど、スープはあっさりおいしかった。

R0051782_2

夜は、近くの火鍋屋さんに行った。 (写真は撮り忘れました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/16 Mon 香港、尖沙咀のイギリスパブ「London House」。

今日から香港出張。

3時過ぎにホテルに到着して、4時から打ち合わせ一件。

夜。 近くのアイリッシュパブ「London House」に行く。

シーザーサラダ。

R0051777_2_2

フィッシュアンドチップス。 ここのがすごく好きです。 日本でもこれくらいのF&Cが食べられたらなぁ。

R0051778_2_2

焼きカマンベール、トースト添え。

R0051779_2_2

一品の量が多いので、我々は3品を3人でシェアして十分だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/15 Sun

朝。 ニラを一束ぜんぶ使って皿うどん。 

R0051772_2

午後。 気功の講習会。 また新たな発見がありました。 講習後、「日本海」で懇親会。 軽く参加して、帰宅。

夜。 ベーコン入りコーンチャウダー。

R0051775

リンゴ入りローストポーク(宅配)を解凍して表面をさっと焼く。 付け合わせは、ほうれん草のソテー、マシュルームのソテー。

R0051774

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/14 Sat

朝。 塩鮭を焼いて、豆ごはんを炊いた。 お味噌汁はほうれん草と薄揚げ。

R0051758_2

おかずは、糠漬け、ずいきの煮物、キノコのオイル漬け・新キャベツ・新玉ねぎのあえ物。

R0051755_2

母の分も容器に詰めて、あとで届けた。

R0051759

夜。 にんじんとツナのサラダ、エビ入りシーザーサラダ、春巻き。

R0051767_2

〆は、香港蝦麺でねぎ油のあえそば。

R0051770_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/13 Fri 新橋「ポンヌフ」のナポリタンと、阿佐ヶ谷のそば「達吉」。

午前中。 汐留で打ち合わせ。 

遅い昼。 新橋で乗り換えだったので、ひさしぶりに「ポンヌフ」でランチを食べることにする。 1時半過ぎだというのに、まだ数人並んでいた。

厨房をのぞくと、ナポリタンを作っているのは若手のスタッフだ。 長年、首を落としてひたすらナポリタンを炒めていた先代のシェフはとうとう引退したんだ、と思ったら、そのシェフが杖を突き足を引きずりながらゆっくり店にやってきた。 レジの前に立って会計をやっている。 もうフライパンが持てなくても、こうして店を守っているんだ、本当にこの店を愛しているんだ、と思うとなんだか泣けてくる。

人生における仕事の位置づけについて考えを巡らせていると、私の定番、ポンヌフバーグがやってきた。 

ナポリタン、ハンバーグ、サラダ、パンのセット。 

Img_1854_2

ハンバーグがジューシーでおいしい。 ナポリタンは記憶していた味より柔らかかった。

店を出るとテレビ局のインタビューをやっていた。 王様のブランチのナポリタン特集だという。 部下と一緒に快くインタビューに応じたら、放送は21日の午後と言う。 (後日番組を見たら、タイトルに2秒間だけ顔が映って、インタビューは没だった。 あはは。)

夜。 阿佐ヶ谷の「達吉」に行く。

鴨のあい焼き。

Img_1855

桜えびと青菜のかき揚げ。

Img_1857

〆は、かけそば。

Img_1858

なんだか疲れる一週間だったけど、この店の安定したおいしさに癒されます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

18/04/11 Wed 阿佐ヶ谷「Kumari」でインド料理。

朝。 夫の朝ごはんはドライカレー。 ローストビーフ、茹でブロッコリー、目玉焼きを乗せた。

Img_1845_2

これは私のお弁当。 キノコのオイル漬けを追加。 会社のサラダバーに家の食材を追加するという魂胆である。

Img_1846

夜。 阿佐ヶ谷のインド料理「Kumari」に行く。

生ビールとパパド。

Img_1848

オニオンパコラはインド風オニオンリング。 からりと揚がってビールが進みます。

Img_1849

スペシャルセットを頼んで夫とシェアする。 スペシャルセットはカレー2種、ナンとライス、サラダ、漬物、タンドーリから2種類頼める。

先にタンドーリを持ってきてもらう。 タンドーリは羊のソーセージ、骨なしチキンにした。 今日の肉はジューシーでおいしい。

Img_1850_2

タンドーリのあとでカレーを食べる。 ほうれん草のカレーが食べたかったので、追加料金を払って変えてもらった。

Img_1852_2

おいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/10 Tue 新高円寺「アルデンテ」のペスカトーレとハンバーグ。

夜。 夫とアルデンテで待ち合わせ。

前菜に取り合わせサラダを食べたあと、今日のパスタはペスカトーレにした。 魚介がゴロゴロ入っておいしい。

Img_1843

メインは、ハンバーグ。

Img_1844_2_2

今日もおいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/09 Mon 高円寺「太陽軒」で、焼き餃子ふたたび。

夜。 先週食べた餃子がおいしかったから、また食べたいとリクエストで、高円寺の「太陽軒」に行く。

焼き餃子、春巻き、きくらげと卵の炒め物。

R0051752_2

〆は、青椒肉絲麺。

R0051754_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/08 Sun きのこのオイル漬け。

朝。 今日のキッチン仕事は、キノコのオイル漬け。

水300㏄、酢100㏄、塩大さじ1、レモン輪切り2枚を沸騰させて、キノコ400gを10分煮る。

R0051732_2

ざるで1時間くらい放置して、乾かす。

R0051734_2

ニンニクの薄切りひとかけ分、唐辛子の輪切りを1本分も加えて、オイルをキノコがかぶるくらい注いで、出来上がり。 

オリーブオイルは冷蔵庫で固まるので、私はグレープシードオイルを使っている。

R0051743

夜。 さっそくキノコのオイル漬けをトマトサラダに散らす。 

R0051744_2

ソラマメもキャンプQで焼くと、簡単でおいしい。

R0051748_2_2

ジャガイモ・ベーコン・新玉・コーンのソテー。

R0051749_2

メインはフィレステーキ。 

R0051751_2

焼き加減がここまで安定してくると、そろそろ友達を招いたBBQでも牛肉の塊をメニューに加えてもいいかも。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/07 Sat 麻布「亀の井」のふぐ。

朝。 届いたばかりの宅配野菜を茹でる。 来週はこれでつなげます。

R0051711

文旦も2個むいて冷蔵庫に格納する。

R0051716_2

昼。 茹で野菜とスモークサーモンのサラダ。 塩昆布のトッピングした。

R0051718_2

夕方。 麻布に出かける。 まず居心地のいいバーテラスで泡を飲もうとお店を探すけれど、お目当てのお店はどれもなくなっていた。 

辺りを見回すと、スーパーマーケットの成城石井の2階に、成城石井がやっているワインバーがある。 メニューを見るとシャルキュテリやワインがお手軽な値段なので、入ってカウンターでピンクの泡を一杯飲んだ。 ここはなかなか使えそうです。

夫の誕生日のお祝いで、「亀の井」でふぐ。

突き出しは、白滝の真砂。

R0051720_2_2

フグ刺し。

R0051721_2_2

白魚とソラマメ。

R0051723_2_2

から揚げ。

R0051725_2_2

あ、鍋の写真忘れた。

白菜漬け。

R0051727_2

なべの〆の雑炊。

R0051729_2_2

水菓子。

R0051730_2

白子の時期は過ぎてしまったけれど、今年も大変おいしゅうございました。

週末の早い時間帯の客はわれわれだけで、食事が終わる頃に板さんもおかみも我々のテーブルに来ておしゃべりした。 もう30年近く通っているので、親戚の家に遊びに来てるみたい。

いつも、から揚げつきのふぐコースを注文するけれど、亀の井には「しゃぶしゃぶコース」もあって、お鍋まではふぐで、お鍋だけ松坂牛のしゃぶしゃぶというコースで、とてもお勧めだそう。 今度ぜひ試してみよう。

我々が帰る頃に男女の二人連れが入ってきた。 夫が女性客が有名な歌手だというけど、私は眼鏡を外していて何も見えなかったし、夫も名前を思い出せなかったので、結局誰だったかは今も謎。

最後に亀の井のご主人とおかみと店先で写真を撮って帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/06 Fri 純豆腐の自炊。

夜。 簡単に自炊にする。

海苔入りのサラダ。 キムチ。

R0051707_2

メインは具だくさんの純豆腐。 

R0051709_2

間違いない美味しさです。 今週もお疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/05 Thu 品川駅中のインド料理「シターラ・ダイナー」のケララカレー。

昼。 品川のエキナカのインド料理屋さんで、ランチ。

ケララカレーセット。

オニオンバジー、サラダ、ごはんかナンが付いて来る。 インド米のごはんを選ぶ。 インドカレーなら、個人的にはナンよりごはんが好き。 ご飯の方がカレーによくからむ気がするから。

R0051700_2

春野菜カレーセット。

R0051702_2

ケララカレーがとてもおいしかった。 ケララカレーの定義がイマイチわからないのですが。

夜。 久しぶりに母のマンションで「小料理 お菊」が開店。 

お酒は持ち込みで、肉豆腐などが出てきました。

R0051705_2

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/04 Wed 新たまツナサラダと、ピザ。

夜。 自炊にする。 ピザかお好み焼きなら、絶対に夫の反対はない。

ツナサラダ。 新玉ねぎは普通の玉ねぎの倍以上入れてもおいしい。 レモンの皮をすって散らすと、爽やかです。

R0051695_2

スモークサーモンとケイパーと新玉ねぎのピザ。

R0051697_2

ホタルイカ・ピーマン・オリーブのピザ。

R0051698_2

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/03 Tue 高円寺「太陽軒」の焼き餃子。

朝。 母のお弁当に、牛丼の具、茹でほうれん草、キノコのソテー。

R0051682_2

夜。 高円寺の中華屋さん「太陽軒」に行く。

クラゲの前菜。

R0051687_2

棒棒鶏。

R0051684_2

春巻き。

R0051689_2

焼き餃子。 このお店の焼き餃子、私の好みにばっちり合っています。 皮も手作りかな。

R0051690_2

〆は、焼きそば。

R0051691_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/02 Mon 新高円寺の「アルデンテ」で、イカ墨パスタとエビフライハンバーグ。

夜。 新高円寺の「アルデンテ」で待ち合わせ。

まず、取り合わせサラダ。

R0051675_2

今日のパスタは、イカスミのスパゲッティにする。

R0051677_2

メインは、久しぶりにえびフライとハンバーグの盛り合わせ。 正統派のおいしさです。

R0051679_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/01 Sun インド米の水加減。

今日から4月です! 日も長くなってきました。

朝。 サフランライスを炊いて、先週作ったポトフをカレーにする。 おいしー。

R0051654_2

サフランライスはインド米で作った。 ふつう、水加減はお米の1.2倍くらいだけど、インド米の袋に「水はお米の2-2.5倍で炊く」と書いてあったので、やってみたらふわふわのご飯が炊きあがった。 面白い。 日本のお米みたいにべちゃべちゃにならないんだ。

夜。 早めの夜ごはんは、ベランダのQでBBQ。 

R0051662

マリネしておいた、むね肉ともも肉をBBQする。

R0051663_2

肉を焼いて、レストさせている間に、ブロッコリーニも焼いた。 茹でるより味が濃くてずっとおいしい。

R0051665_2

キノコのソテー。

R0051656_2

サラダ。

R0051669_2

豆もやしのナムル。

R0051660_2

茹で青菜をつけあわせにした。

R0051670_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »