« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

18/08/31 Fri 大阪「花様」のヘルシーランチと、日本橋のおでん「一平」。

日帰り大阪出張。

昼。 最近のお気に入りランチスポット「花様」に行く。

ランチセットを頼むと、まずサラダが出てくる。 シンプルにおいしいサラダでお代わり自由なので、今日は半量お代わりした。

Img_2680_2

メインは、豚、鶏、野菜料理からひとつ選ぶ。

今日は豚肉にした。 お惣菜がたくさんついてきて、どれもおいしい。

Img_2681_2

ご飯もお味噌汁もとてもまっとうな味で、食後の満足感が高い。 

夜。 東京に戻り、八重洲の「一平」に行く。

Img_2683

小鯵のから揚げ、

Img_2684

お好みのおでん、

Img_2685

牛筋、

Img_2686

野菜の串焼き、

Img_2688

たこのから揚げを頼んだ。

Img_2689

〆はざるそば。 ここのお蕎麦、肩の力が抜けたおいしさで、すごく好き。

Img_2692

おでんの一平は昔、銀座の和光の裏にあった。

ほかにも何店舗かあり、新橋店は古き良き昭和のおでん屋という風情で、いつも仕事帰りのサラリーマンでにぎわっていた。 

銀座の一平が店じまいして、新橋の一平が今風の内装になると、客層も変わり、赤ら顔で自分のおでこを叩きながら「いやぁー、参った参ったー」と楽しげに笑う禿オヤジたちも影を潜めた。 そのうち、新橋の一平も閉店してしまった。

今は八重洲のこの店だけだ。 いつまでも続けてほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/30 Thu

夜。 ウズラの卵をこよなく愛すスタッフと、新橋の焼き鳥「益子」に行く。

マスターがウズラの卵をサービスしてくれて、結局彼女はウズラ串を2.5本食べた。 お見事!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/29 Wed お料理教室で、おしゃれな水餃子。

夜。 お料理教室。

花を散らしたテーブルセッティングが素敵。 本物に見える造花だ。

Img_2670

糸かぼちゃのタイ風サラダ。 ワンタンの皮を揚げて、カナッペのようにして食べる。

Img_2673

白いトウモロコシのポタージュ。 とても甘い。

Img_2675

メインは水餃子。 点心は前菜のイメージが強いけれど、ごま風味のタレで予想外に満腹になる。 餡がおいしかった。

Img_2676

締めは、マンゴともち米のデザート。

Img_2678

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/28 Tue 「達吉」で蕎麦前頼みすぎ。

昼。 社食にて、麩チャンプルー定食にお惣菜を追加。 

Img_2664

夜。 夫と待ち合わせして、阿佐ヶ谷の「達吉」へ。

山菜おろし、サラダ、などを頼んで、出し巻き卵。

Img_2667

夫が鴨の瓦焼きを頼んだら、ボリューム満点で〆のお蕎麦が入らなくなってしまった。

Img_2668

お蕎麦屋さんに来てお蕎麦を食べないで帰るなんて本末転倒だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/27 Mon

早めの昼ごはん。 ラーメンが食べたくなって、作る。 岩のりをたっぷりトッピングする。 うんまい。

R0052956

夜。 泉岳寺門前の「紋屋」で、取引先の新しい担当役員と会食。

一人一尾ずつ、好きな魚を塩焼きか煮付けにしてもらう。 私はカサゴを煮付けにしてもらった。

Img_2662

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/26 Sun

機内食は、和食を選んだ。 まあまあ。 

Img_2657

こんにゃくと牛肉のおかずがおいしかった。

Img_2659

和食は日本発の便の方がおいしい気がする。

夜。 帰宅。 届いたあゆの塩焼きとおひたしで夕食。

R0052951

週末が2週続けて出張でつぶれるのは、けっこう辛い。 

明日は大切な会食があるので出勤だけど、時差ボケでどうせ眠れないから明日は午後から出勤とする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/25 Sat サンフランシスコのフェリーターミナルのファーマーズマーケット、「Hog Island Oyster Company」で汁もの三昧ランチ。

土曜日。 やっと帰国の日です。

夕方のフライトなので、午前中はフェリーターミナルのファーマーズマーケットをのぞいてみる。

新鮮な野菜がどっさり。

Img_2641

Img_2643

試食もアメリカらしく、とても気前よくふるまってくれる。

Img_2644

ディスプレイもかわいい。 しし唐が流行っているらしく、「shishito」と書かれてたくさんのお店で売られていた。

Img_2645

昼。 フェリーターミナル内のシーフードレストラン「Hog Island Oyster Company」に行く。

Img_2647

生牡蠣。 美味。

Img_2649

ピクルスと、しし唐に似たPadron Pepperというピーマンのグリル。 ピクルスがすごくおいしい。 ピーマンも直球のおいしさ。

Img_2650

クラムチャウダー。 ボストンの典型的なクラムチャウダーに比べると、サラサラのスープなのにクリームが濃くて、すこぶる都会的でキレがある味だ。

Img_2651_2

魚介のシチュー。 こちらは新鮮な魚介に、ハーブが効いたトマト味のスープに、こんがり焼いてオリーブオイルを垂らしたサワドウが添えられている。 今日の一押しの料理だ。

Img_2653_2

魚介のスチーマーにパスタを追加。 フェンネルソーセージが入っていて予想外にガツンとしたおいしさ。

Img_2654_2

スープ好きのMと一緒なので、汁もの三昧の注文だ。 欧米の食事は汁ものが少ないので、私も異論はない。

Mが頼んだブラディマリー。

Img_2656

大満足のランチでした。 

私は帰りにマーケットのパン屋でサワドウを買った。

ホテルに戻り、荷造りして空港に向かい、帰路に着く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/24 Fri サンフランシスコのイタリアン「Tiramisu」でほっこりイタリアン、「In Situ」で、ハイレベルフュージョン。

午前中。 顧客訪問。 大型受注あり。 この顧客からの大型受注は実に9年振りのことである。 長い道のりであった。

昼。 顧客とランチで、サンフランシスコの「Café Tiramisu」に行く。

顧客と一緒にワインで受注の乾杯。

前菜はお店にお任せすると、タコのグリル(美味!)と、ブルスケッタ、

Img_2615_2

カルパッチョ、

Img_2616_2

ミートボールのトマト煮、

Img_2618_2

私はメインにチョッピーノを注文した。 チョッピーノはサンフランシスコのトマト味の魚介のスープ煮だ。 

Img_2619_2

顧客の一人が、誕生日だったので、お店からデザートのサービスが。

チーズケーキ、

Img_2620_2

ティラミス(真ん中にろうそくがたたっていて、顧客が最初に吹き消した)、

Img_2621_2

カネーロ、

Img_2622_2

アイスクリームの盛り合わせ、

Img_2623_2

私はこんな温かみのある料理が好きだ。 食べた後にほっこりした気持ちになる。 お気に入りのお店に決定。

夕方。 前の会社の社長とコンラッドホテルでお茶をしながら、近況報告など。

夜。 社長に勧めれらた、美術館の中にあるミシュラン一つ星レストラン「In Situ」に行ってみる。

店内の様子は、いかにも美術館の中のカフェというかんじ。

Img_2624

Img_2625

このお店は、各国の有名シェフの自慢料理を再現していて、ちょっと変わったコンセプトだ。

にんじんポタージュのカプチーノ仕立て。 うん、おいしい。

Img_2629_2

これはこのお店のオリジナル料理のチキンサラダ。 葉っぱの上に大量のチーズがかかっている。

Img_2632_2

葉っぱを崩していくと、中からチキンのグリルが出てくる。

Img_2634

そのほか、リゾット、

Img_2635_2

牛肉炒めごはん、

Img_2636

ビーフスープ、

Img_2638

デザートはチーズの形をした、チーズケーキ。 

Img_2639

たいそう凝った料理だった。 懲りすぎて私にはもう理解できないほどの味だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

18/08/22 Wed バッブァローチキンの、ソース別盛り。

ニューヨークからサンフランシスコに移動の日。

午前中、事務所で打ち合わせ。 昼ころに事務所からウーバーでJFKに向かう。

チェックインして、空港のバッファローチキンのお店「Buffalo Wild Wings」でランチ。 お皿も紙製で、ファストフードに毛が生えた感じのお店だ。

バッブァローチキンを頼むたびに、せっかくクリスピーに揚がったフライドチキンがタレでふにゃふにゃになるのをいつも残念に思っているので、ソースを別盛りでお願いしたら、チキンがカリカリで嬉しい。 ソースも自分の好きな加減で付けられるのがいい。

R0052947_2

サラダ。

R0052944_2

チリケソ。

 

R0052946_2

ここ数日時差ボケで、真夜中に料理チャンネルでシェフの対決番組「Chopped」を観ていて、チリケソを使ってデザートを作るというお題があり、挑戦者のBBQシェフたちが「チリケソが嫌いな人はいない」と言っていたので、頼んでみた。

チリケソ(Chili Queso)とは、チリビーンズの上にチーズとサルサを乗せて、トルティアチップスですくって食べる前菜。 確かにみんなが好きな味だ。

サンフランシスコのホテルに落ち着くころには、夜の8時ころ。

夕食は軽くしたくて、ユニオンスクエア近くのうどん屋さん「堂島庵」に行く。

冷奴、餃子、枝豆、揚げ出し豆腐などをつまんで、メインは冷やし納豆蕎麦。

R0052948_2

かまぼこがゴムみたいでも、お蕎麦がぼそぼそしていても、そばつゆが少し甘くても、油を使わない和食は、やっぱりありがたい。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

18/08/23 Thu サンフランシスコ「Patriot House」で、洋風居酒屋風。

午前中、顧客訪問2件。

昼。 チャイナタウンの中華料理屋さんで飲茶ランチ。

私が唯一リクエストしたのは、青菜。

Img_2600

点心は、一皿が小さいからと油断しているとついつい食べ過ぎてお腹いっぱいになるので、同じ点心は二個以上は食べないよう気をつける。

Img_2603_2

〆は、牛肉焼きうどん。

Img_2606_2

夜。 身内だけなので、洋風居酒屋みたいなところに行こうと、エンバカデロセンターの「Patriot House」に行く。 

このお店は、以前「Holding Company」のいう名前のガストロパブで、名前が変わっても、内装も同じで、メニューもあまり変わっていない。 気軽だけど、料理の質が高い。

ビールのお供に、フライトポテト、オニオンリング、バッファローチキン(ソースは別盛りで)。 うまーい!

Img_2607_2

フライドポテトは、昨今の流行りで、パルミジャニーノが振りかけてある。 危険な美味しさ。

Img_2609_2

サイドメニューのほうれん草のソテーを頼む。

Img_2611_2

メインは各自注文し、私はルーベンサンドイッチ。 

Img_2612_2

自家製のコンビーフが秀逸です。 実はこの店は、私が初めてルーベンを食べたお店だ。

昔はダブルデッカーだったライ麦パンがシングルデッカーになっていたけれど、やっぱりこの店のルーベンが一番好きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/21 Tue ニューヨークのイタリアン「IL CORSO」の、レンズマメのオイル漬け。

夜。 ニューヨークのイタリア料理「IL CORSO」で顧客と会食。

パンと一緒に出てきたのが、小皿に盛られたレンズマメのオイル漬け。 

これがすごくおいしい。 こんなものが冷蔵庫に入っていたら、サラダやサンドイッチ、メインの付け合わせに重宝しそう。 ぜひ、再現してみたい一品だ。

R0052935_2

前菜とパスタはみんなでシェアし、メインを各自注文することにした。

カルパッチョ。

R0052936_2

フリットミスト。

R0052937_2

ラビオリ。

R0052938_2

ヴォンゴレビアンコ。 絶品です。

R0052939_2

きのこのリゾット。

R0052940_2

私はメインに自家製ソーセージの盛り合わせにした。 ブロッコリーたっぷりでうまい。

R0052941_2

顧客は現在、自分の連れ子3人と、彼女の連れ子3人で、子供たちがそれぞれに友達を家に連れてきて泊まったりするので、毎日が寮生活のようだそうだ。 いろんな家族の形があるんだな。

そのうち、会計事務所に勤めている連れ子の男子が近くにいることがわかって、あとからやってきた。 すごくおしゃべりで素直な男子だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/20 Mon ボストンのFenway Parkで、野球観戦。

午前中。 ニューヨークからの仲間と合流して、顧客訪問。 そのまま、ランチ。

ランチで、ハンバーガーを注文する。 ロブスターロールもあったけれど、昨日ロブスター食べたし。

アメリカのレストランのメニューには、大体店の名前を付けたご自慢のハンバーガーがある。 滞在中に一度は注文しようといつも思うけれど、そうしているうちに結局食べ損ねて帰国することがよくあるので、今回は最初に食べてしまうことにした。

顧客がボストン球場のシーズンチケットを持っていて、ネット裏のいい席なので、ぎりぎりで席をリリースしても必ずよい値で売れる、会社を辞めたらチケット売りになろうかなどと言って笑う。

そして、今日のチケットを差し上げるのでぜひ観戦していけばと言ってくれる。

もともとの予定では、このランチの後すぐに車でニューヨークに戻り、夜は元上司と会食だった。 久しぶりに元上司とゆっくり話したかったし、元上司が張り切ってミシュラン二つ星のお店を予約してくれたのも楽しみだったし、私個人はスポーツ観戦にはそんなに興味ない。 野球観戦してからニューヨークに戻ると、真夜中になるし、明日も重要な顧客訪問が2件もあるし…。

しかし、ほかのスタッフみんなの目がハート型になっているし、顧客が何度も勧めてくれるので、元上司と相談して、ありがたく申し出をお受けして、急きょ野球観戦することになった。

ボストン市民は熱烈なレッドソックスファンだそうで、町ではみんな「B」とついたTシャツやキャップを身に着けている。

我々もさっそく「B」キャップを買った。

Img_2584

フェンウェイパーク球場は小ぢんまりして、いかにもボストン市民に愛されている由緒正しき球場というたたずまいである。

Img_2593

有名人団体がパレードして、国歌の高らかなコーラスが始まり、選ばれたちびっ子ファンたちがマウンドに上がったり、ゲストが投球して思い切り外したりするころには、私もだんだん楽しくなってくる。

Img_2594

試合が始まるころには、球場は観客で埋め尽くされた。

Img_2598

日本と同じで、食べ物や飲み物を売りに来る。 我々はビールとホットドッグを注文した。

前の列に座った初老のカップルは、ビールをお代わりしながら、ホットドッグ、ポテトチップス、ポップコーン、ピザを次々に注文して胃袋に入れていた。  さすが。

試合はレッドソックスが勝っていたが、途中からクリーブランドに追い上げられてきた。 遅くなるので、9時前には球場を出る。

車で高速を飛ばし、ニューヨークのホテルに着くころにはすでに夜中の2時近かった。

試合は結局レッドソックスは負けたそうだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/19 Sun アメリカ出張、ボストン「Atlantic Fish Co」でメインロブスター。

今日からアメリカ出張です。

機内食で和食を頼んだら、2週間前にジャカルタ向けのフライトで出た和食とまったく同じだった。 びっくり。 最近そういうことになっているんですね。

Img_2578_2

Img_2580_2_2

選べる食事も和食にしてみた。 鶏肉のつけ焼き。

Img_2582

今回はニューヨーク経由でボストンまで。 顧客のアポ取りで、ニューヨーク入りするのかボストン入りするのか直前まで決まらなかったので、フライトはニューヨーク経由にして、どちらでも対応できるようにしておいた。 

結局、ボストンの顧客のアポも取れたので、ボストンまで行った。 ニューヨークからボストンの飛行機は小さくて、すごく揺れて怖かった。

夜。 「Atlantic Fish Co」という海鮮料理のお店に行く。

生ビールで乾杯。

R0052927_2

クラムチャウダー。

R0052925_2_2

生牡蠣。 同行者が生牡蠣好きなので、よく頼む。 私も好きなので異論なし。

R0052928_2

カラマリフリット。 イカが新鮮。

R0052930_2

ロブスターと貝のセット。

R0052932_2

お店のスタッフが「ロブスターに10ドル追加すれば、蟹肉を追加できる。 絶対追加して食べたほうがいい」とお勧めされたので、言う通りに追加したら、蟹肉は余計だった。

ロブスターはとても美味。 しかし単純な味なので、一回食べると、もうそれでいい。 ホンビノスが塩でじゃりじゃりだった。 

付け合わせの、蒸したじゃいもとトウモロコシはとてもおいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/18 Sat

朝。 豚キムチに目玉焼き、玄米ご飯、お味噌汁(豆腐、わかめ、ねぎ)、海苔、漬物。

R0052907

夫の昼ごはんは、刻みうどん、お餅入り。

R0052910

夜。 枝豆。

R0052914_2

アジの叩き、

R0052917_2

ベランダのWeber Qで、いさきのグリルに挑戦。 お腹にローズマリーを詰めて焼いた。

R0052919

おいしかったけれど、感動するほどでもなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/17 Fri

夜。 自炊。

なめことしめじの醤油煮、かぼちゃのそぼろあん。 買ってきたイカフライ。

R0052903_2_2

メインは湯豆腐。 白菜がないので、レタスで代用する。 豚しゃぶ用の肉を入れた。 

R0052905_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/15 Wed

朝。 オーブンで卵焼きを焼く。 夫の朝食のサンドイッチ用。

R0052898_2

昼。 社食でネギトロとろろ丼、サラダ、お味噌汁。 

ネギトロ丼のご飯が、まずかった。 炊いた白米を1週間くらい冷蔵庫に入れて、温めずに食べてる感じ。 ボソボソと硬い。

Img_2575

夜。 ひさしぶりに「ぐらんま」に行き、家庭料理を食べた。 おいしかったけど、写真は撮り忘れ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

18/08/14 Tue

昼。 社食にて、サラダ部。 ハンバーグがぱさぱさでまずかった。

Img_2571

夜。 阿佐ヶ谷の「Kumari」に行く。

生ビールと、オニオンリング。

Img_2572_2

スペシャルセットを二人で分けた。 選べるタンドーリ2種類は、羊のひき肉ケバブと、骨なしチキン。

Img_2573_2

チキンカレーをほうれん草のカレーに代えてもらった。

Img_2574

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/13 Mon 夏休み最終日。

我が家の夏休みも最終日になりました。 

今年の夏休みは、ウォーキングと運動を日課にし、毎日母と一緒の時間を持ち、少しずついろんな引き出しの中身を整頓したり、我が家ではもう使わないものをを売りに行ったり、料理をしたり、本を読んだり、映画を観たりと、心と身の回りを整えた。

出張でいろいろな場所に行くので、お休みくらい家でゆっくりしたかった。

そういえば、先日会った顧客のアメリカ人も「お休み中は絶対に飛行機に乗りたくない」と言い、大いに私に受けた。

朝。 かぼちゃのそぼろあんかけを作る。

R0052882_2

多めに焼いて冷凍しておいた、お好み焼き。 お味噌汁(湯葉、冥加、わかめ)。

R0052885_2

イリコの頭と骨と内臓を取り除いて、フライパンで炙ったものを、フードプロセッサーで細かくする。

R0052888

完璧に粉にするのはやめて、今回は粗目の仕上がりにした。 お味噌汁のダシ用。

R0052889

昼。 一人なので簡単に。 卵かけご飯、煮物、即席味噌汁。

R0052890_2

夜。 コストコで買ってきた温めるだけのスペアリブ。 アメリカ的なおいしさです。

R0052893

食後は、自家製パウンドケーキ。 Cちゃんがパリから買ってきてくれた、ブランディ漬けのチェリーを入れたら、とても素敵な味になった。

R0052896

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/12 Sun コストコで買い物。

朝いちばんで、コストコに出かける。

川崎のコストコに着くと、まだ開店前のはずなのに、駐車場はけっこう埋まっているし、大量の買い物を済ませて車に詰め込んでいる客がかなりいる。

入り口のスタッフにと聞くと「10時開店ですが、今日は早くからお客さんがいらっしゃったので、9時ごろお店を開けました」とのこと。 なんと柔軟な対応だ。

朝ごはん。 コストコのカフェでホットドッグを夫と半分ずつ食べた。

Img_2568_3

そのうち妹夫婦もやってきて、合流する。

妹夫婦は大きいカートに山積みに買い物をしていたが(義弟は支払い金額を見て凍りつき、レシートを二度見した)、我が家は冷凍庫がパンパンなので、ソーセージ、スペアリブ、タオル、薬、ワイン、お酒など、ささやかな買い出しだった。

夜。 トマトサラダ、ジャーマンポテトサラダ、

R0052865_2

今日もモロヘイヤを茹でて、ブレンダーでガーっとやる。 思いついて大和芋を一緒にガーッとやったので、白っぽい出来になった。 ねばねばでおいしい。

R0052867_2_2

残り物の焼き豚は、薄切りにしてさらし玉ねぎを乗せる。 青柚子もあったので、皮をすって散らした。

R0052868_2_2

メインは、アキダイで買ってきた鮎。 魚焼きグリルで焼いた。 旨し。

R0052870_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/11 Sat 新宿の瀬里奈で、しゃぶしゃぶ。

夕方。 今年の夏休みは家でひたすらのんびりしていると、夫が「たまには外に食べに行こう。 しゃぶしゃぶ食べたい」というので、新宿に出かける。

住元三角ビルの瀬里奈で、アラカルトで頼む。

自動的に出てくるアミューズは、スモークサーモン。

Img_2552_2

分葱のピリ辛サラダ。

Img_2556_2

カニサラダ。

Img_2557_2

カニの甲羅揚げは一人ずつ頼む。

Img_2558_2

しゃぶしゃぶのタレは、ゴマダレ、ポン酢に加えて、ピリ辛ダレ。

Img_2559

しゃぶしゃぶ。 私はお肉を全部食べ切れず、夫に残りを差し上げた。

Img_2561_2

〆のひとくちラーメン。

Img_2562

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/09/10 Fri ズッキーニとゴーヤのナムル。

遅めの朝ごはん。 

目玉焼き、きゅうりの古漬け、海苔、玄米ご飯、お味噌汁(豆腐・わかめ・ネギ)。

R0052848_2

早めの夜ごはん。

昨日の残りのイカのソテー入りのサラダ。

R0052851_2

ゴーヤとズッキーニのナムル。 いつもナムルでお世話になっているのが、こちらのレシピ。 

我が家ではニンニクを取り出しやすいように、みじん切りの代わりに薄切りにしている。

R0052852_2

メインは、春巻きと、タイ風さつま揚げ。 さつま揚げはタラと海老すり身とレッドカレーペーストで作った。

R0052855_2

食べる前に、熱々の出来立てを大急ぎで母のマンションに届けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/09 Thu お気に入りのスーパー、阿佐ヶ谷の「アキダイ」。

朝。 筑前煮を作る。 冷蔵庫にあるものをなんでも入れる。

我が家の煮物のコツは、具を油でいためた後、合わせ出汁を入れる前に、砂糖を小さじ1ほど直接具に振りかけて炒めること。 砂糖がカラメル状になって照りが出てきたら、そこに、しょうゆを直接一回しして、ざっくり炒めて味をなじませる。 

砂糖で照りを出して、醤油で下味をつけると、味が決まります。 この砂糖と醤油を入れた分は、合わせ出汁の分量から差し引くこと。

R0052822_2_2

朝。 夫に残り物のパエリアに目玉焼きを乗せる。 お味噌汁と作りたての煮物も。

R0052825_2

昼。 南阿佐ヶ谷の青梅街道沿いの沖縄そば「すばる」に行ってみる。 

食券方式だけど、おかずもいろいろあって沖縄風のおふくろ食堂って感じ。 

私は沖縄そばの小に、ゆし豆腐をトッピングした。 ほっとするおいしさ。 

Img_2550_2

お酒も置いてあるので、沖縄のお惣菜でつまむのもよさそうだ。

午後。 地元で食料の買い出し。

阿佐ヶ谷には、スーパーマーケットが点在している。 西友、イトーヨーカドー、ピーコック、イオンなど。 最近の我が家のお気に入りは「アキダイ」。

アキダイはアド街ック天国で取り上げられたり、週末の特売日には開店前から長蛇の列ができる、地元で人気のスーパーマーケットである。

お野菜と果物が新鮮で安いのでよく買っていたが、最近、母がアキダイで買ってきた魚を煮つけにしたら、その新鮮さにびっくり。 

肉はどうだろうと売り場をのぞくと、黒毛和牛の高いランクのステーキや、国産丸鶏もあり、値段もお手頃で、高円寺のOKにわざわざ肉を求める必要がないではありませんか。

練馬・杉並地域に展開する小さなスーパーなので品数は限られているが、かえって「今日は何があるのかな」と鮮魚を見るのも楽しい。

週末のお魚の日には(我が家は夕食のメインを、魚と肉と交互にするよう心がけている)、「アキダイに行ってから考えよう」となることもある。

夜。 ズッキーニのグリル。

R0052826_2

モロヘイヤのとろろ。 これは、モロヘイヤを茹でて、ブレンダーに入れてトロトロになるまで攪拌したもの。 途中でお醤油とカツオ節を追加する。 おいしいです。

R0052830

近くのスーパー「アキダイ」で仕入れた、夫の大好物の鯨ベーコン。

R0052833

同じくアキダイで買ったアワビは、お刺身にした。

R0052836_2

これもアキダイから買ってきたスルメイカを、イタリア風ソテーにする。

R0052837_2

旨し。

食後。 自家製パウンドケーキ。 

R0052845_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

18/08/08 Wed

朝。 大磯の家を出て、昼前には自宅に戻る。

昼。 チャーシュー麺。 麺はおそうめんで作った。

R0052803_2

夜。 大豆のマリネ、きゅうりとしらすの酢の物、井上蒲鉾店のはんぺん。

R0052807

大磯で魚をたくさん食べたので、メインはチキン。 台風で雨風が強いので、ベランダのBBQはやめて、オーブンで鶏肉を焼く。 付け合せは、茹でオクラと、ジャガイモのサブジ。

R0052811_2

魚もうまいが、肉もうまい。

R0052816_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/07 Tue 大磯で鮮魚を楽しむ、その2。

我々が泊まったゲストルーム。 海と松林がいい。

台風が来ているので、雨を覚悟していたが、まだ晴れている。

Img_2546_2

午前中は近場をドライブしたりして過ごす。

昼。 大磯漁協がやっている食堂「めしや大磯港」に行ってみる。 

ランチは定食のみなので、サバの煮つけ定食と、

Img_2540

花だいの塩焼き定食を頼む。 定食には、さわらのお刺身、切り干し大根、イワシのから揚げがついてくる。

Img_2539

脂が乗っていて、すごくおいしい。 

Img_2542

食べ切れないので、持ち帰りたいと伝えると、プラスティックの入れ物をくれた。

夜。 大磯の家で、自炊。

小松菜とうす揚げの煮びたし。

R0052796_2

大磯の「井上蒲鉾店」で買った、はんぺん。 はんぺんと名乗っているが、柔らかいかまぼこだ。 

吉田茂が大磯に住んでいて、客のお持たせに必ずこのはんぺんを使っていたとのこと。

少しわさびをつけて食べると、サイコー。

R0052798_2

昼の花だいをトースターで温める。 うまーい。

R0052801_2

夜から雨が始まる。 明日は早めにおうちに帰ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/06 Mon 大磯で鮮魚を楽しむ、その1。

昼。 この夏初めての冷やし中華を作る。 きゅうりをたっぷり入れるのが好き。

R0052785_2

昼過ぎ。 悪友I子の大磯の家に車で向かう。 家にある食材、ワインなどあれこれ車に積んでいく。

I子も3時過ぎに到着し、一休みしてから車で魚屋さんやスーパーで買い出ししたり、展望台に行ったりした。

夜。 ロンドンでゲットしたオリーブ入りのオイルサーディンとさらし玉ねぎ、

R0052786_2

焼き豚と白髪ねぎ、ミニスコッチエッグ、

R0052787_2

駅前で買った地元のおかひじきは、半分お浸しに、半分ナムルにして食べた。 柔らかくてとても美味。

R0052788_2

家から持ってきただだ茶豆。

R0052789_2

近くの魚屋さんで買った、地だこ。 柔らかくて、すごくおいしい!

R0052791_2

同じく魚屋さんで買ってきたカマスを、I子が塩焼きにした。 うますぎ-!!

R0052793

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/04 Sat 機内の映画、「タリーと私の秘密の時間」と「Battle of Sexes」。

早朝。 5時半にホテルを出て帰路に着く。

機内で観た映画は、「タリーと私の秘密の時間」と「Battle of the Sex」。

「タリー」は「JUNO」の監督の映画なので選んだ。

主役のシャーリーズ・セロンが16キロも太って、子育てに疲れ切った妊婦さんの役を演じている。 まず、その姿に釘付けだ。

タリー役の女優が良かった。 包容力と透明感があって、非現実的で。 まあ、非現実的な役なんだけど。

「Battle of the Sex」も「リトル・ミスサンシャイン」監督なので選んだ。 エマ・ストーンが主役だし。

昔のアメリカの女性軽視の時代の話。 なかなかいい映画でした。 主人公の敵役の、ギャンブル中毒の元トップテニス選手役の俳優がすごくいい味を出していて、知ってる顔なのに誰だか思い出せない。 あとで調べたら、スティーブ・カレルだった。 太っててわからなかった。

フライトは比較的すいていて、私の席の列は4席のうち、真ん中2席は空いていた。 3席先の乗客はアラフォーの日本人女性で、食事のあと、白ワインをゆっくり飲んでいた。 映画を観終わりふと女性の方を見ると、今度は赤ワインをちびちび楽しんでいる。 着陸近くにまた見ると、今度はビールを飲んでいる! 私より飲み助の客だった。

8時過ぎに新宿に着く。 夫と待ち合わせして、小田急デパートのお寿司屋さんで食事して帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/05 Sun

今日から夏休みだ!

先週、出張中にNHK Worldでイリコだしの番組(音が出るのでご注意ください)で、イリコ専門家によるイリコご飯の作り方を見たので、早速作ってみる。

R0052763_2

極みざんを散らすとおいしい。

R0052768_2

早めの夜ごはん。 自炊。

干しズッキーニのオイル漬け、サラダ。

R0052770_2

ステーキ。

R0052775_2

R0052780_2

母からもらった焼き鯖寿司にも、極みざんをたっぷり乗せて食べる。

R0052777_2

先日40年ぶりに作ったパウンドケーキが、意外にもみんなに大好評だったので、今夜も焼く。 前回同様に、我が家に半分、母と妹一家に半分おすそ分けする予定。

今回は生地にブランディづけのチェリーをたっぷり入れ込んだ。

R0052782_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/03 Fri 「Ya Hua Bak Kut Teh」で、シンガポール風バクテ。

午前中、身内で打ち合わせ。

昼。 近くのバクテのお店「Ya Hua Bak Kut Teh」に連れて行ってもらう。

08033

プライムリブのバクテ、高菜のお漬物(温かい)、クレソンのスープ煮を頼む。

08032_2

スープは胡椒が効いていて、シンガポール式だ。 店員が熱々のスープが入ったポットを持って店内を巡回していて、「スープの追加いる?」と聞いてくれる。

こういうシンプルで地に足がついたおいしい料理を食べると、満ち足りた気持ちになる。

午後。 打ち合わせ一件。

夜。 地中海料理「Artemis」で会食。 窓からマリーナベイが見下ろせる。

Img_2524

あれこれシェアして、最後にステーキもシェアした。 

Img_2525_2

お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/02 Thu インドネシアのサンバルと、シンガポール「Shabestan」のペルシャ料理。

昨日でインドネシアの仕事を終え、今日はシンガポールに移動の日。

朝。 今朝は珍しく、ホテルでちゃんと朝ごはんを食べる。 (最近の朝ごはんは、内臓を休めるためと、ダイエットのため、基本、果物とジュースのみなので。)

中華コーナーのビーフと卵のあんかけスープをご飯にかけて雑炊にして、麺コーナーのほうれん草やもやしなどの生野菜をお味噌汁に追加する。 (同行者から「料理してません?」と言われてしまった。)

08022_2

インドネシアの「サンバル」は、日本の醤油に匹敵するくらいの調味料で、唐辛子とハーブをすりつぶしたもの。  野菜だけのシンプルなサンバルから、エビのペーストが入った個性的なものまで、いろいろな種類のサンバルがある。 サンバルの主材料である唐辛子とエシャロットの値段が上がると、暴動が起きたりして政権を揺るがすほどだそう。

レストランで「サンバルください」と言うと、こんな風に数種類出てきたりする。

R0051230_2

うちのインドネシアの総支配人はインドネシア駐在が長い人で、家族総出でサンバルが大好きで、日本の冷蔵庫にもサンバルを切らしたことがないという。 タバスコほど癖がないので、なんにでも合うそう、ピザ、ラーメン、お味噌汁などなど。

そんなサンバルに対する熱い思いを聞いて、さっそく今朝のお味噌汁にサンバルを入れてみたら、すごくおいしかったので、近くのスーパーにサンバルを買いに行った。

スーパーには瓶詰のサンバルが並んでいて、種類が多くてどれを買っていいかわからない。 数人の店員に身振り手振りで聞いて、いちばん指差した数の多いサンバルと緑色のサンバルを買った。

Img_2535

一番人気だった赤いサンバルについて帰国後調べたら、これはエビペースト入りのサンバルだった。

11時にホテルを出発して、シンガポールに向かう。

ジャカルタからシンガポールは1時間ちょっとのフライトで、近いこと。

時差があるのでシンガポールのホテルに着くころには18時前。

夜。 川沿いをぶらぶら歩いて、ペルシャ料理の店「Shabestan」に入ってみる。

パセリとクスクスのタブレサラダと、

Img_2514_2

ファラフェル、

Img_2516_2

ナスのペーストを前菜に頼み、

Img_2520_2

メインのケバブは、チキンとラムひき肉。

Img_2519_2

チキンの胸肉はジューシーで素晴らしくおいしかった。 ラムひき肉ケバブは、阿佐ヶ谷の「イズミル」の方がおいしい。

川沿いのホテルへの帰り道は、とても美しい。

Img_2521

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/08/01 Wed インドネシアのトロピカルフルーツ、「Bebek Bengil」でアヒル料理。

東南アジアはトロピカルフルーツがおいしい。 インドネシアもしかり。 

手前左のアルマジロみたいなフルーツは「スネークフルーツ」という。 皮が確かにヘビの皮みたいだ。 味は、さっぱりした甘さ。 

手前右は、熟したグアバ。 アジアでは熟したグアバは珍しいんじゃないかな。 ねっとりした食感なのにさっぱりした甘さで、私はすごく気に入り、毎日食べた。

Img_2502_2

午前中、ターミナル見学とプレゼンなど。

昼。 事務所に戻り、会議室で和食のお弁当を食べる。 すごい量でした。

Img_2505_2

午後。 別の省庁とプレゼンと打ち合わせ。 その後、今回の出張のレビュー会議。

夜。 バリのアヒル料理の店「Bebek Bengil」に行く。

車2台で移動したら、我々の車が先に着いたので、生ビールとおつまみを頼む。

Img_2507_2

後発隊も着いたところで、改めて乾杯。 お疲れさまでした。

野菜のあえ物。

Img_2509

アヒル料理。 前回と同じアヒル料理だった。 いろいろなハーブを潰して作ってあるらしいソースがすごく爽やかで、ちょっとピリ辛でおいしい。 私はまず、アヒルから骨を全部外して、肉をソースに混ぜて、ご飯も一緒に混ぜ混ぜして食べるのが好き。

Img_2511_2

ホテルに戻り、近くのショッピングモールにバテックを買いに出かけ、ワインバーでワインを飲んで帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »