« 18/09/29 Sat 「かぼちゃを塩で煮る」から、アメリカの弁当箱。 | トップページ | 18/10/01 Mon »

18/09/30 Sun レンジで蒸しナスと、キャベツの古漬けで酸菜火鍋。

朝。 小さい土鍋で、インド米のニンジンご飯をを作る。

R0053208

キャベツを千切りして塩もみしたのが大量にあるので、肉や野菜を追加してキャベツカレーを作った。 味噌汁は、薄揚げと大根千切り。

R0053211_2

夜。 レンジで蒸しナスを作ってみる。 

茄子3本の天地を切り落とし、ラップで包んで600Wのレンジで4分ほど。 粗熱が取れたら、手で割く。 あとは好きな味付けにする。 今日は、ごま油とお醤油で中華風に。 トロトロで簡単だ。

R0053213_2

メインは、酸菜火鍋。 

初めて食べたのは、田町の中華料理屋さんだった。 一年後に台北の「北平都一處」でもよく似た鍋を食べた。 そこでは「高菜鍋」と呼ばれていた。

中国の白菜漬けがなくても、ザワークラウトで作ってもとてもおいしい。

キャベツがたくさん余ったときにつくった漬物の古漬けがあったので、チキンブロスを土鍋に張り、古漬けを入れてしばらく煮る。 そこにしゃぶしゃぶ用の豚肉を入れて、スープごと取り分けて、小ねぎ、しょうがを散らして食べる。

R0053218_2

あればお豆腐や、きのこも入れて食べる。 

どちらかというと、私はスープに味がついた鍋物があまり好きでない。 食べているうちにスープが煮詰まったり、具の塩味が移って、スープが塩辛くなって飽きてくるのだ。 

しゃぶしゃぶ、湯豆腐、フグなど、味のないスープで具に火を通して、別のタレで食べる方がだんぜん好きだ。 

でもこの酸菜火鍋だけは、古漬けのおかげでスープがさっぱりしていて、大好物である。

|

« 18/09/29 Sat 「かぼちゃを塩で煮る」から、アメリカの弁当箱。 | トップページ | 18/10/01 Mon »

自炊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18486/67224417

この記事へのトラックバック一覧です: 18/09/30 Sun レンジで蒸しナスと、キャベツの古漬けで酸菜火鍋。:

« 18/09/29 Sat 「かぼちゃを塩で煮る」から、アメリカの弁当箱。 | トップページ | 18/10/01 Mon »