« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

19/02/28 Thu 西中島南方「きがるや」の串カツと湯豆腐。

昨夜は大阪泊。

昼。 梅田の韓国料理屋さんで、純豆腐チゲ定食。 

Img_3823_2

ドラッグストアで買い物をしたら、レジの若い男子の店員が「メンバーカード、お持ちですか~」と節をつけながらヘラヘラ聞くので、「いいえ」と答えたら、「ご清聴ありがとうございました~」と言うので、思わず吹き出しそうになった。

芸人がドラッグストアでバイトしながら、芸を積んでいるのだろうか。

夜。 上海の仕事仲間が来日しているので、みんなで西中島南方の「きがるや」という串カツやさんで宴会。

お刺身がうんまい。 なぜか自家製ローストビーフまで出てきた。

Img_3825_2

串揚げ盛り合わせ。 衣が香ばしくて、かりりっととてもおいしい。 大阪の串揚げってこんなにおいしいんですね。

Img_3826

とん平焼き。 これはフツー。

Img_3828_2

この後、湯豆腐に大根おろしを入れただけの鍋が出てきた。 たっぷりの昆布だしでお豆腐と大根おろしを温めて、ポン酢で食べるだけなのに、すごくおいしい。

いやぁ、驚きでした。 写真は撮り忘れたけど、ぜひ真似してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/27 Wed 梅田の「花様」でヘルシーランチ、「Banjara」でインド料理。

今日から、また大阪だ。

昼。 お気に入りの「花様」で、ランチ。 

まず、サラダ。 麹入りのドレッシングがよく合う。

Img_3816_2

今日のメインは、豚肉と青菜のバター風味。 

相変わらず、野菜がたっぷりで、シンプルなのに味わい深い副菜がたっぷりついてきて、幸せ。

Img_3818

夜。 友人と食事。 梅田のインド料理「Banjara」に行く。

お酒を頼むと、焼きたてのパパドが出てくる。

Img_3819_2

インド風オニオンリングの、オニオンパコラ。

Img_3820_2

タンドリーチキン。

Img_3821_2

野菜のビリヤーニ。

Img_3822_2

とてもおいしいインド料理でした。 また来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/26 Tue 阿佐ヶ谷「イズミル」で、結婚記念日。

夜。 阿佐ヶ谷のイズミルに行く。 

本当は西麻布のキャンティに予約してあったけれど、イタリアンが続いたので、昨夜のうちにキャンセルしてイズミルにした。

今日は25回目の結婚記念日である。 会社を出るときにスタッフに「旦那さんから、キラキラしたプレゼントがあるんじゃないですかー」と言われて「ないないー」を笑っていたら、なんと夫が「はいこれ、25周年のプレゼント」とティファニーの箱を出したので、びっくり。

ワインで乾杯して、料理はいつものお気に入りの皿の数々。

フムス。

Img_3808_2_2

焼きたてのエキメキ。 熱々をすぐ出してくれるので、いつも一枚ずつ頼んでいる。

Img_3809_2

ズッキーニのお焼き。 ちょっと焦げてるけど、もっちりとしておいしい。

Img_3810_2

羊肉の、シシケバブ。 

Img_3811_2

牛肉のドネルケバブ。

Img_3812_2

ご馳走さまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

19/02/25 Mon ラジオ体操とテレビ体操。

朝。 6時半にNHK第一ラジオのラジオ体操が始まる。 

いつも家事の手を止めて、体操をするようにしているけれど、ある時、動作を確認したくて、6時25分からEテレで始まるテレビ体操を見たら、本来のラジオ体操がけっこうハードで、びっくり。 真面目にやるとかなり効きます。

テレビの方が動きが映像で写るので「ここまで手をあげるんだ」とか「このリズムで曲げるんだ」と分かりやすい。

テレビ体操が終わってラジオをつけると、第二体操が始まる前なので、もうひと運動できるので、最近はテレビ&ラジオ体操がお気に入りの朝の日課である。

ペルーから訪問者あり、午後打ち合わせとプレゼン、夜は銀座のボンマルシェで会食。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/24 Sun

朝。 奈良の家にて。 残り物チーズトースト。 お味噌汁。 いちご。

Img_3804_2

お弁当用に、きゅうりサンドイッチを作る。

Img_3806_2

午後の新幹線で、東京に戻る。

夜。 キノコの酒蒸し。

R0053985_2

カマスゴの炙り、再び。 旨ーい。

R0053986_2

疲れたので、蓬莱のシュウマイ2種類を土鍋で蒸す。 水菜をたっぷり敷いた。

R0053989_2

豆腐とちぎり揚げも一緒に蒸したら、ふっくらしてとても美味だった。

R0053990_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/23 Sat カマスゴを炙る。

午前中。 家の片づけ。

昼。 買い物がてら、生駒駅前の「盛こう」でランチ。 今日は木ノ葉丼とうどんの定食。 

木ノ葉丼は、かまぼことシイタケの卵とじ。 来店する客は次々と木ノ葉丼を頼んでいて、人気メニューのようだ。 この店のシイタケは甘からく煮てあって、私は生のシイタケの方が好き。 

Img_3794_2

夜。 トマト、

Img_3798

カマスゴの炙ったの。 カマスゴは早春の魚で、茹でて売っている。 旬は短い。 (翌週には、もう売っていなかった。)

私が小さいころ、父はテーブルの上でカマスゴを炙り、焼きたてを酢醤油にじゅっとつけて食べていた。 私も父の膝に上がり込んで、よくお相伴にあずかった。 関西の思い出の味だ。

今日は炙ったカマスゴを、きゅうりの酢の物のうえにトッピングした。

Img_3799

旨ーい。 明日も買おうっと。

メインは、鍋物。 鶏と豚のしゃぶしゃぶ。

Img_3796

野菜たっぷりで、旨し。

Img_3802

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/22 Fri 生駒の焼き鳥「一調」の胸肉つきの軟骨焼き。

午前中。 滋賀で打ち合わせ。

昼。 草津の牛タン屋さんで、ランチ。

3時ごろ、奈良の家に向かう。

妹と生駒駅で待ち合わせて、焼き鳥「一調」に行ってみる。

Img_3782_2

焼き鳥あれこれと、漬物盛り合わせ。

Img_3783

キムチ。

Img_3784

軟骨入りつくね。 ここら辺ではつくねを辛子で食べるんですね。

Img_3785

しし唐焼き。

Img_3786

胸肉付きの軟骨の塩焼き。 これが一番おいしかった。

Img_3787_2

長芋焼き。

Img_3788

手羽は、ちょっと焼きが甘かった。

Img_3790_2

地酒もおいしくて、久しぶりに日本酒も堪能した。 地元の人気店のようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/21 Thu 新幹線のキオスクで、ほんのり塩味ゆで卵「マジックパール」。

朝。 大阪出張のため、東京駅の新幹線ホームで朝食を調達する。

お茶とおにぎりと、ゆで卵。

Img_3761

この茹で卵は、「マジックパール」という塩味付きの茹で卵で、シンプルな味が気に入っている。 モンドセレクション銀賞受賞と書いてある。 モンドセレクションの意味がよく理解できなけど(笑)。

新幹線ホームのキオスクやお弁当売り場は、同じものを売っているわけではなくて、このマジックパールも、5号車あたりのキオスクにはなくて、もう少し後ろのキオスクにある。

昼。 梅田センタービルの「かっぽう着」で、選べる定食。 

Img_3779_2_2

午後。 打ち合わせ。

夜。 懇親会で、「牡丹園」で中華。 三晩続けて中華である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/20 Wed 阿佐ヶ谷の中華「オトノハ」。

夜。 阿佐ヶ谷の中華「オトノハ」に行く。 質のいい中華料理なら、連日でもまったく問題がありません。

前菜の盛り合わせは、今日は、クルミ、蕾菜の天ぷら、ヒラメのお刺身、ヨダレ鶏。 すべてレベルが高い。

Img_3755_2

ヒラメのお刺身は、縁側もついている。

Img_3757_2

きくらげと卵と豚肉の炒め物。 私の大好物。

Img_3758_2

麻婆豆腐。 切れのある美味しさだ。

Img_3779_2

昨日の目黒の中華もよかったが、地元の中華もスゴイぞ。 ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/19 Tue 目黒の「coyacoya」で、爽やかな中華料理。

夜。 お料理教室の食事会で、目黒の「coyacoya」に行く。

カウンターだけの小さな中華料理屋さんだ。 カウンター席は、足がつくように工夫されていて座り心地がいい。

まず、ケールのサラダが出てくる。 ケールというと「健康のために無理やり食べるもの」という位置づけで、おいしいと思ったことはなかったけれど、ドレッシングが爽やかで、とてもおいしくてびっくり。

Img_3742_2

おつまみのローストピーナツと、高菜と山くらげと思われる漬物もとても美味。

Img_3743_2

ポテトサラダ。

Img_3744_2

干し豆腐、2種類。 タイ風、バジル風、黒オリーブ風だったかな。

Img_3745_2

飲み放題のワインもおいしい。 こちらはすきっとした、オレンジワイン。

Img_3747

春巻き。

Img_3748_2

羊肉の水餃子。

Img_3749

巷で流行っている、ヨダレ鶏。

Img_3750

シュウマイ。 こちらは絶品でした。 今回、一番おいしいと思った一品。

Img_3751

シンプルな焼きそば。

Img_3752_2

麻婆豆腐。 ご飯くださーい。

Img_3753_2

じゃじゃ麺。

Img_3754_2

重くない中華料理なので、さっぱりした食後感だったけれど、こうして写真を見ると、たくさん食べて、たくさん飲んでいました。

ごちそうさまでした。 人気店なので、予約が取りにくいそうだけど、また来たいお店だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/18 Mon しつこく蒸し料理と、シシケバブ。

昨夜、蒸し料理のあと、きれいに洗った土鍋の底を上にして、エアコンの暖房の下で乾かしておいた。 

朝。 乾いた土鍋を棚に格納する途中で「まだ何か蒸してみたい」と思い直して、キッチンに鍋を戻す。

凝りもせずに、また蒸し蒸し大作戦。

今朝は、一晩塩しておいた鶏肉をオーブンペーパーの上に置き、ネギ・ショウガを上下に乗せて、酒を振りかけて、酒蒸しにする。

R0053972_2

蒸しあがりました。 冷まして固まった脂と香味野菜を除き、スープごと容器に移して冷蔵庫に格納。 翌日にはスープが全部プルプルの煮凝りになっていた。

R0053974_2

大きな蒸篭も持ってるけど、なぜこんなに土鍋蒸しが楽しいんでしょうね。  タジン鍋なぞ買った日には、一体どうなることやら。 タジンの楽しみはまだ数年先に取っておこう。

夜。 羊のもも肉を一口大に切り、塩・胡椒・スパイス・香菜で一晩マリネしておいてものを、串に刺す。 プチトマトも串に刺す。

今夜の夕食は、シシケバブである。

R0053975

ベランダのQで羊を焼いて、肉を休ませている間に、トマトも焼く。

阿佐ヶ谷のトルコ料理「イズミル」のエキメキをイメージして、ピザ生地もQで炙った。

R0053977_2

玉ねぎの薄切りにスマックをまぶしたものとトマトを添えれば、ケバブプレートの出来上がり。

R0053981

お好みで、ハリッサや、ミントソースをつけて食べる。

R0053978

大成功。  夫はケバブがよほど気に入ったらしく、残った羊肉をタッパに移して冷蔵庫に入れたら、翌日あっという間になくなった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

19/02/17 Sun 引き続き、蒸し蒸し大作戦。

日曜の朝のキッチン仕事。 

昨夜の蒸し鍋料理が楽しかったので、冷蔵庫の食材整理に蒸し鍋を使う。

立派なブロッコリーの茎の皮をはいで、適当な大きさに切って、塩を振って、蒸す。

R0053938_3

次はキノコ。 キノコ数種類も適当に切って、蒸し鍋のすのこの上にオーブンペーパーを敷いて、キノコを乗せ、塩とお酒を振りかけて、酒蒸しにする。

R0053940_2

いい感じです。 シンプルに酒蒸ししておくと、あとで和風にも、中華風にも、洋風にも展開できる。

R0053944_2

蒸した食材の表面が、露で濡れたように小さな水滴におおわれて、きれい。

冷凍しておいた焼き豚も、チンする代わりに蒸してみたら、ふっくらと出来上がった。

R0053948_2

昼。 蒸した焼き豚をさっそく使って、醤油ラーメン。

R0053952_2

午後。 トランクルームの見学。 その後、高円寺の雑貨屋さん「コトゴト」に行き、カヤ布巾を買う。

夜。 タコの酢の物、糸こんにゃくのきんぴら、

R0053958_2

メインは、プルコギ。 

R0053964_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/16 Sat 長谷園の「ビストロ蒸し鍋」で、蒸し蒸し大作戦。

土曜日のブランチ。 ナポリタンが食べたい! と意見が一致して、ナポリタンを作る。 

コツは、トマトペーストを入れて、コクを出すことです。 一緒に、青菜と甘湯葉のお味噌汁。

R0053926

夜。 タコぶつ。

R0053927_2

数年前に買って重宝しているのが、伊賀の長谷園の「ビストロ蒸し鍋」。

直火OKで、すのこがついているので、蒸す、焼く、オーブンに入れられる、万能鍋です。

私は、大きな鍋に具をたくさん入れるよりは、小鍋仕立てで、具をつぎ足しながら食べるのが好きなので、サイズはいつも「小」を選びます。

R0054004_2

鍋の底は深くて、使いやすい。

R0054003_2

形も可愛い。

R0053953_2

このお鍋の難点は、大切に扱っていても、小さく欠けてくること。

こんな感じや、

R0053955_2_li

こんな感じに。

R0053956_li

さて。今夜はビストロ鍋を使って、蒸し蒸し大作戦だ。

鍋にお湯を張って、すのこの上にブロッコリーを乗せてふたをして3分。 いい感じにふっくら蒸しあがりました。

R0053929_2

プチベールも同様に蒸します。

R0053933_2

芝エビに塩とお酒を振りかけて、こちらも様子を見ながら蒸す。

R0053934_2

ちょっと蒸しすぎちゃった。 お醤油に、唐辛子・ネギ・香菜のみじん切りを入れて、むいたエビをちょんちょんと漬けながら、広東風に食べる。

すのこにオーブンペーパーを敷いて、残り物の酢飯とウインナを蒸す。 蒸しあがったウインナははさみでちょきちょき切って、酢飯と合わせ、ネギを散らして、ウインナ蒸し寿司。

R0053937_3

これまた、おいしい。

蒸し鍋は、準備がいらないし、ヘルシーだし、蒸しものにつけるソースをいろいろ揃えると味が広がり、いいことづくめである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/15 Fri

夜。 自炊。

前田のチーズクラッカー、サワークリーム、いくら、妹お手製のマーマレード。

R0053918_2

サワークリームにマーマレードを乗せて食べると、とても美味。

R0053921_2

最近、かたまり肉を買うと、軽く塩すり込んでビニール袋で冷蔵しておく。 それを煮たり、焼いたりすると、楽しい。

今日は塩蔵しておいた鶏のもも肉を、オリーブオイルでマッサージしたあと、常温に戻してから、オーブンでローストした。

肉を焼いている間に、スナップエンドウとパスタを茹でて、にんじんのグラッセを作る。

ボリューム満点の、メインディッシュのできあがり。

R0053922_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/14 Thu 酢締めイワシの焼きサンド、「達吉」の天せいろ。

朝。 お弁当に、サンドイッチ。 

具は、イワシの酢締めの残りをさっとソテーしたもの。 千切りキャベツの塩もみ、大葉、赤玉ねぎ。 すごくおいしかった。

R0053917_2

夜。 夫にバレンタインにチョコいる?と聞くと、「いらない。 達吉で奢って。」の言うので、阿佐ヶ谷北口の蕎麦屋「達吉」に行く。

お通しは、昆布の佃煮。

Img_3724_2_2

山菜おろし。

Img_3725_2_2

だし巻き卵。

Img_3726_2_2

鴨のあいやき。

Img_3727_2 

〆に天ぷら一人前とモリそば2枚頼んだら、女将が「天せいろ2人前の方が安いですよ」と教えてくれた。 なるほど。

Img_3728_2_2

Img_3731

今夜もごちそうさまでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/13 Wed 交詢社のランチ。

昼。 交詢社のダイニングで、ランチミーティング。

今日はビーフシチューセットにした。

サラダ、カボチャのポタージュ。

Img_3715_2

ビーフシチューは、上品な味。

Img_3716_2

夜。 南阿佐ヶ谷に新しくできた和食屋さんに行ってみる。

突き出しは、きんぴら。 きんぴらの下の器には、熱々の茶わん蒸しがあった。

Img_3718_2

春菊の胡麻和え。

Img_3719_2

牛すじの煮込み。

Img_3720_2

ポテトサラダ。

Img_3721_2

サバの塩焼き。

Img_3722_2

清潔で感じがいい店だが、味はまだまだこれからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/12 Tue セカンドライフセミナー。

終日、会社の福利厚生のセミナーに行く。

大手生命保険会社による、50代の社員対象の年金生活の予備知識セミナーで、年金の賢い受け取り方、生活設計の考え方、健康寿命のコツ、やりがいの考え方などを、保険会社が有する統計や体験をもとにわかりやすく教えてくれて、非常にに面白い研修だった。

統計によると、定年退職未経験の多くの人が「健康」「金銭」「やりがい」を不安に思うけれど、定年退職を経験した人たちに同じアンケートを取ると、この3点を不安に思う人はぐんと減り、「何も変わらない」と答えた人がいちばん多い。 つまり、心配しすぎということ。

現在の日本女性の平均寿命は87歳だが、92歳で死ぬの女性がいちばん多いという。 我々が90代になるころには、さらに7歳ほど伸びるので、99歳で死ぬ女性がいちばん多くなるそう。 まさに、100年生きることが現実味を帯びてくる。 ということは、50才でやっと半分で、早いうちから「健康」と「やりがい」にきちんと向き合う必要があるのだ。

定年後も仕事を続ける人にとって、年金は新しいチャレンジの後押しにもなるようだ。

今回の講師さんの先輩も、退職後もセミナーの講師を続けたくて、50代後半で資格を取り、定年後は自分で会社を立ち上げて、セミナーの講師を続けているという。 その人が「年金はいいよ。 会社を辞めて転職しなければ、収入はゼロになるけど、年金は定期的に入るので、基本的な生活には困らない。 その分、好きなことを追求できる」と教えてくれたそう。

昼。 築地の「長正庵」に行く。 

カレー蕎麦が有名らしいけれど、そんな気分じゃないのでかき揚げせいろを注文した。 お蕎麦はおいしかった。 

Img_3705_3

回りの客は、すべてカレー蕎麦かカレー蕎麦付きの定食を頼んでいて、やっぱりカレー蕎麦を注文してみればよかったかな、と思った。

夜。 夫と妹と六本木ヒルズで待ち合わせして、北斎展に行くと、まさかの長蛇の列で、あきらめて皇妃園で、夜ご飯にした。

前菜の盛り合わせ。

Img_3707_2

妹のたってのリクエストで、エビチリ。 

Img_3708_2

家常豆腐。

Img_3709_2

鶏の煮込みそば。

Img_3711_2

皇妃園といえば、春巻き、カレー、鶏の煮込みそばなので、名物料理を頼めばよかったという事実に気づいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/11 Mon

朝。 皿うどんと、春菊のお味噌汁。

R0053904_2

昼。 夫に冷蔵庫にあるものでお雑煮。 鶏肉がないので豚肉で作ったけれど、おいしい。

R0053906_2

一切れだけ冷凍してあったお好み焼きも、解凍してフライパンで焼いた。

R0053909_2

夜。 母のマンションで、新年会。 乾物の煮物。

R0053912_2

母作の、かぼちゃの塩煮。 うまい。

R0053913_2

母の冷蔵庫にあった小松菜と絹揚げで、煮びたし。

R0053914_2

メインは母からお寿司のリクエストがあったので、近所のお寿司屋さんから出前を頼んだ。 

夫と母は、握り寿司。 私は、ちらし寿司。

R0053915_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/10 Sun 干しこんにゃく、干しタケノコ、干しゼンマイの煮物。

午前中。 サンドイッチを作って、車で多摩ニュータウンのアウトレットに出かける。

富士山が、どーんと見えてきれい。 しかし写真に写すと、こんなに小さくなっちゃった。

Img_3701_2_li

昼。 南大沢のアウトレットで買い出し後、駅前の屋台でフライドポテトを買い、家で作ってきたサンドイッチを食べる。

Img_3702

母のマンションに寄ってから、帰宅。

夕方。 帰宅すると、1日かけて戻した乾物が、ふっくらと素敵になって私を待っていた。

干しタケノコ。

R0053880_2

干しゼンマイ。

R0053885_2

干しこんにゃく、干しタケノコ、干しゼンマイ、薄揚げで、煮物。 

滋味あふれる美味しさで、ビールとよく合います。

R0053887_2

昨日作った、イワシの酢締めは、酢の物のトッピングにした。

R0053898_2

母の家で、母の夕食用に作った野菜のソテーの卵とじ。 少しおすそ分けしてもらってきた。

R0053892_2

メインは、我が家の定番、シラスのトマトソースピザ。

R0053900_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

19/02/09 Sat 乾物料理と、蒸し鍋料理。

朝。 オムライス。 自家製白菜漬け、ピリ辛糸こんにゃく、お味噌汁(春菊)。

R0053848_2

長い週末のお楽しみ、乾物料理に取りかかろう。

先日の佐賀出張で仕入れた、佐賀の干しワラビと、宮崎の干しタケノコ。 後輩のお母さんのおすすめの奥久慈の凍みこんにゃく。

凍みこんにゃくは15分で戻るので、1日かかる干しわらびと干したけのこに取りかかる。

R0053884

まず、干しワラビは、さっと水洗いして、

R0053856_2

茹でる。

R0053857_2

R0053860

茹で終わって、真水を数回変えながら、1日置く。 明日の仕上がりが楽しみです。

R0053862_2

干しタケノコも、お湯で茹でる。

R0053863

茹でた後、同じく水を替えながら、1日置いておく。 こちらも明日が楽しみです。

R0053866_2

夜。 チーズとイクラのカナッペ。

R0053869

仕込んでおいた、イワシの酢締め。 

R0053872_2

母のブリ大根。

R0053868_2

今日は、土鍋で蒸し料理だ。

まず、そら豆。 ふっくらとみずみずしく蒸しあがった。

R0053875_2

岩手県産の牡蠣。 ボリュームがあります。

R0053876_2

キャベツとプチベールとウインナ。 

R0053877_2

蒸し料理は、簡単で旨みが凝縮して、最近はまってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/08 Fri 新高円寺「アルデンテ」で、上質洋食。

夜。 夫と新高円寺の「アルデンテ」で、待ち合わせ。

前菜にアスパラとハムの春巻き。

Img_3697

パスタは、今日はいつもと違うものを注文しようと、ナスとベーコンのパスタ。 うん、これもおいしい。

Img_3698

メインは、手ごねハンバーグ。

Img_3700

付け合わせの野菜もちゃんとおいしい。 ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/07 Thu 外苑前の「ごはんやパロル」で、おいしい自然食。

夜。

元部下のT美がおいしいお店があると、「ごはんやパロル」を予約してくれた。 上海港の隣の店だ。

突き出しは、青菜のお浸しと、エビのかき揚げのおつゆ。 とても丁寧な美味しさです。

Img_3690_2

白ネギのマリネ。 柑橘系の味がほんのりして、おいしい。

Img_3691_2

雲片肉。 四川料理の前菜で、とてもきれい。

Img_3692

白滝。 白滝に目のない私だが、こんなに上品な白滝のきんぴらは初めて。 いりごまが香ばしい。 真似しよう。 

Img_3693_2

メンチカツ。 こちらも美味。

Img_3694

たらこ。 これは普通。

Img_3695

水餃子。 皮と具のバランスが絶妙で、とてもおいしい。

Img_3696

店主は、一言でいうとこだわりシェフを演じている「もたいまさこ」って感じ。

どれを食べても安心な味で、だからといってヘルシー志向の店にありがちな物足りなさを感じることはなく、料理はメリハリがあり、肉類はちゃんとがつんと食べごたえがある。

客は、健康的な美男美女ばかり。 自分の体を大切にして、体に良くておいしいものしか摂らないから、髪の毛からお肌まで上質の細胞で作られて、ピカピカに輝いている。

カウンターの端の席では、若いキュートな女子の一人客が、白ワインのボトルを頼んで、好きなペースで楽しそうに飲んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/05 Tue 佐賀の海苔と、餃子スイッチ。

朝。 宿泊先のワシントンホテルの和定食。 

期待していなかったけれど、意外や意外(失礼!)、おいしかった。

Img_3673

特に海苔がおいしい。 本物の焼きのりで、薫り高い。 

東京でおいしい海苔を苦労して手に入れているのに、ここにはとびきりおいしい海苔が普通にある。

東京に戻る。 

昼。 抜き。

午後。 歯科検診。

夜。 先日夫が「王将の餃子とから揚げが意外とおいしかった」と言っていて、昨日の鉄鍋餃子で餃子スイッチが入り、王将に行く。

焼き餃子。 

Img_3678

から揚げ。 胸肉でさっぱりしている。

Img_3676

肉ニラ炒め。

Img_3680_2

私には味が濃すぎた。 若いころなら、こんな味をご飯と一緒にがんがん食べたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/04 Mon 佐賀と博多。

今日・明日は、九州出張です。 九州は13年ぶりくらいだ。

取引先のひとたちはANAで、私はJALで似たような時間に着くようにフライトを予約した。

電車が遅れて予約したJAL便に間に合わなかったけど、移動中にネットで15分後のフライトに振り替えられて、無事に福岡空港で合流できた。

その後、レンタカーで佐賀に向かう。

昼。 顧客の事務所の近くのダムの駅「しゃくなげの里」の食堂でランチ。

佐賀牛がおいしい、豚もおいしい、水もおいしい、でもいちばんおいしいのはお米とのこと。

地元のお米を使っていて、お替りし放題。

近くの客が食べている塩サバ定食がすごくおいしそうだったので、塩サバと鶏からの定食にした。 とんかつも単品で頼んで、みんなでシェアした。

Img_3664

たしかにご飯がおいしい、お水もおいしい、しかし塩サバも脂が乗って、すごくおいしかった。 納得いく塩サバを久しぶりに食べた気がする。

とんかつも一切れ味見したら、美味。 付け合わせのベビーリーフも、すごくきれいでおいしかった。

九州はおいしい!

夜。 博多に戻り、ホテルにチェックインして、中洲の鉄鍋餃子のお店に行く。

胡麻サバ。 普通においしい。

Img_3670

鉄鍋餃子。 こちらも普通においしい。 小ぶりの餃子だけど、皮が自家製らしくむっちりしている。

Img_3671

そのほか、あれこれ食べた。

その後、近くのアイリッシュバーに移動して、ワインを飲んだ。

そして、最後に禁断の博多ラーメンで〆てしまう。 「一双」というお店に行った。

Img_3672

もう何年も〆ラーメンを封印していたけど、麺もスープも想像以上に博多ラーメンはレベルが高く、大満足の味だった。 

翌日のことを考えて、泣く泣く半分残した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/03 Sun

朝。 ごぼうとベーコンの炊き込みごはん、里芋も小さく切って入れたらとてもおいしかった。 

自家製白菜の漬物、白菜の芯のナムル、お味噌汁(岩海苔、甘湯葉、青ネギ)。

R0053833_2

昼。 炊き込みごはんを容器に詰めて、阿佐ヶ谷のココスナカムラの海鮮恵方巻を買って、母のマンションに集合。 

妹もやってくる。

みんなで恵方巻を分けて食べる。 今日は節分である。

Img_3658

私のランチは、茹でた菜の花の卵とじ。

Img_3659

妹には、持参したごぼうご飯に目玉焼き乗っけ。

Img_3660

夜。 スーパーで買った、蕗の薹の天ぷらを温めて、抹茶塩を添える。

R0053840_2

ほうれん草の胡麻和え、納豆、漬物、アユの塩焼き。

R0053836_2

夫の締めに、人の名前のついた稲庭うどん。 上質のうどんだった。

R0053842_2

食後。 豆まき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/02 Sat 豚肩ロースの茹で蒸し。

朝。 皿うどんを作ろうと具の準備が終わったところで、揚げ麺が切れていることに気づいた。 急きょ、中華麺を茹でてフライパンで焦げ目をつけて、上海焼きそばにした。

R0053826_2

午後。 ウォーキング。

夜。 豚の肩ロースの和風煮込み。

豚肉のかたまりを数日前から、塩をすり込んで、塩豚にしておいた。 

それを味噌、醤油、酒でマリネして、深い容器に豚肉と皮をむいたニンニクを入れ、味噌を溶いただし汁を2フィンガーほど注いで、アルミフォイルでふたをして、200度のオーブンで蒸し焼きにした。

途中で茹で卵も入れた。 

出来上がりをベランダ冷蔵庫で一晩冷やすと、脂が固まるので、それをきれいに取り除く。

温め直して、付け合わせの野菜と一緒に食べる。

R0053829_2

豚肉がとろとろで、おいしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/01 Fri 阿佐ヶ谷「イズミル」の秀逸トルコの粉もの。

夜。 イズミルに行く。

いつも通り、焼きたてのエキメキ(トルコパン)にフムスをつけて、ほうれん草とチーズ入りのパイを途中まで食べて、写真を撮り忘れたことに気づいた。

Img_3654

この店は、前菜も、野菜料理も、肉料理もとてもおいしいけれど、エキメキもパイ生地も自家製で、焼きたてを食べると心から幸せになる。

メインは、シシケバブ。 

マダムが「ピラフの代わりにパスタもあるけど、どうする?」と聞くので、パスタを頼んでみた。 トマト味のパスタ。

Img_3655_2

ドネルケバブ。 こちらは牛肉で、香ばしいおいしさ。

Img_3656_2

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »