« 19/06/27 Thu K. K. George Hotelのガーデンレストランで、フィッシュアンドチップス。 | トップページ | 19/06/28 Fri ディケンズ博物館と、大英博物館、J. Sheekeyの魚料理、Rulesのサンルームバー。 »

19/06/28 Fri ディケンズ縛りのロンドン旅、「Black Bird」の英国式朝食、

朝。 早起きして、ケンジントンパークまで散歩。 緑がたっぷりで、思わず深呼吸する。

Img_4549

公園内の、ケンジントン宮殿。

Img_4546

ケンジントン宮殿の横にある池には、ハクチョウや鴨やガチョウがたくさん群れている。

Img_4553

首を格納して、熟睡する白鳥もいた。

Img_4550

たくさんの鴨が芝生の草を引きちぎって食べていた。 数十羽の鴨が同時に絶え間なく草を引きちぎる音が、ぶちっぶちっ、ぶちっと、何気にすごかった。

8時ころアールズコートに戻り、「Blackbird 」というパブで朝食。 

夫が楽しみにしていた、英国風朝食。 トースト、焼きトマト、ベーコンとソーセージ、目玉焼き、ベークドビーンズ、焼ききのこ、ブラックプティング。

Img_4556

私は軽めの朝ごはんで、スモークサーモンとスクランブルエッグのセットにした。 イギリスのスモークサーモンも濃厚でおいしい。

Img_4558

夫も私もチャールズ・ディケンズのファンなので、今回の小旅行ではディケンズゆかりの場所を訪ねてみることにした。

チャンスリーレーンの「荒涼館」の舞台となった通りに行ってみる。

近くに行くと、さっそく「骨董屋」がある。

Img_4559_20190715084701

ここも荒涼館の舞台の裏町。 もう今は銀行になっている。

Img_4560_20190715084701

こちらも小説の掃きだめのような場所、チャンスリーレーン。

Img_4562_20190715084701

ロンドンを歩くと、ディケンズがここで原稿を書いたと謳うパブもあったりする。 

Img_4609

ワクワクします。

|

« 19/06/27 Thu K. K. George Hotelのガーデンレストランで、フィッシュアンドチップス。 | トップページ | 19/06/28 Fri ディケンズ博物館と、大英博物館、J. Sheekeyの魚料理、Rulesのサンルームバー。 »

London ロンドン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 19/06/27 Thu K. K. George Hotelのガーデンレストランで、フィッシュアンドチップス。 | トップページ | 19/06/28 Fri ディケンズ博物館と、大英博物館、J. Sheekeyの魚料理、Rulesのサンルームバー。 »