« 19/08/24 Sat 夏休み初日は、土曜の魚の日を楽しむ。 | トップページ | 19/08/25 愛媛県内子町の宿「内子の宿 織」。 »

19/08/25 Sun 夏休みの小旅行は愛媛。 内子町の「りんすけ」で鯛めし、内子座で文楽。

朝。 今日から3泊の旅行に出かける。 羽田空港も夏仕様のディスプレイだ。

Img_4986-2

ラウンジで朝食を取り、松山空港まで飛び、レンタカーに乗り込むと、1時前に内子の町に着く。

まずは「りんすけ」というお店で腹ごしらえ。

メニューからじゃこカツなるものを頼んでみる。 じゃこ天をあげてあるというより、じゃこや鶏のすり身や野菜のみじん切りを合わせて揚げたようだ。 とてもおいしい。 ビールによく合います。

Img_4989-2

わたしのメインは、宇和島の「鯛めし」にした。 新鮮な宇和島の鯛のお刺身と卵の黄身がご飯に乗っかっている。 鯛のアラとごぼうの煮物、鯛の潮汁が付いてくる。

これはうまい! 鯛のお刺身を食べてしまっても、卵かけご飯が残るので、まだまだ楽しい。

Img_4990-2

夫はわかめうどんを頼んだ。 魚の出汁がびしっと聞いていて、すっきりしたおうどん。

Img_4991-2

我々の旅の目的の一つは、内子座という100年以上経った芝居小屋で、文楽を見ること。 今日は大阪の文楽座の近松門左衛門の「曽根崎心中」である。

内子座の外観。 

Img_4993-2

Img_4992-2

中の様子。右側の客席と、

Img_4995

中央の升席。

Img_4997

左側の椅子席。

Img_4996

 浄瑠璃と人形使いの技で、近松を堪能した。 文楽の余韻に浸りながら、宿に向かう。

|

« 19/08/24 Sat 夏休み初日は、土曜の魚の日を楽しむ。 | トップページ | 19/08/25 愛媛県内子町の宿「内子の宿 織」。 »

EHIME 愛媛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 19/08/24 Sat 夏休み初日は、土曜の魚の日を楽しむ。 | トップページ | 19/08/25 愛媛県内子町の宿「内子の宿 織」。 »