« 20/01/01 あけましておめでとうございます。 | トップページ | 20/01/03 Fri 乾物仕事と、家族女子会。 »

20/01/02 Thu 乾物整理と、「男はつらいよ おかえり 寅さん」。

お正月2日目のお雑煮は、小松菜。 鶏肉としめじを入れた。

R0055866-2

食品庫の乾物の整理をする。 未使用のひじきが山のように出てきた。

唐辛子類も整理する。 唐辛子ヘビーユーザーの夫がいつもテキトーに注ぎ足すので、一味唐辛子入れにイタリアのレッドペッパーが入っていたり、七味唐辛子入れに一味唐辛子が入っていたりして、知らずに使っては失敗していた。 レッドペッパーをイタリアペッパーの瓶に戻し、一味唐辛子を入れ、七味唐辛子入れに七味唐辛子を入れた。

一味唐辛子入れに一味唐辛子が入っていて、七味唐辛子入れに七味唐辛子が入っている幸せ。 一味の気分の時に七味が出てきたりしないって、小さなことだけど、大切だわー。

昼。 小腹が空いたので、納豆を塩で食べてみる。 年末にお料理仲間が「納豆に醤油が苦手なので、いつも塩で食べる」と聞いたので。 さっぱりしておいしい。 あとは数の子、タコのマリネ、チーズなんかをつまんだ。  

午後。 新宿のデパートで時計の電池の交換。 (実は電池は切れていなくて、スマホに触れて磁気を帯びて時間が狂っただけだった。)

東口の映画館で「おかえり寅さん」を観る。 楽しみにしていた、50周年目の50作目。

号泣ものでした。 何が悲しいって、この映画で初めて、寅さんがもういないことに向き合わされるから。 ほかのみんなも年取って疲れてるし。 いい映画には違いないが。

猫が死に、寅さんもいなくなり、埋まらない穴がどんどん広がる。 そのうち母もいなくなる。 そして自分もいなくなるのだ。

そんなふうに深い喪失感におおわれても、時間がくると腹は減る(笑)。

夜。 小田急の「天一」で天ぷら。 

私はお好みで揚げてもらう。 お気に入りの小柱の磯辺揚げが品切れで残念だった。

締めはミニ天丼。

Img_6227

天ぷらを食べながら、夫と寅さんの話をずっとしていたら、カウンター越しに板さんが話しかけて来て、渥美清と同じ小学校だと言う。 そして、むかし帝国ホテルの天一にいて、渥美清が時々来たと言い、その時の様子などを教えてくれた。 へぇー。 なんだか、寅さんの映画を見に行ったら、おまけがついてきた気分だった。

食後。 腹ごなしに歩けるところまで歩いてみる。 

西新宿の十二社通りを越えた裏通りの、神田川を渡るあたりの風景がとても好きだ。 自転車通勤で通る道で、夫に見せたかった。

こんな感じ。 夕焼けの時分もまたいいんだけどね。

Img_6228

中野坂上で力尽きて、地下鉄に乗って帰った。

帰宅後、ストレッチ。

|

« 20/01/01 あけましておめでとうございます。 | トップページ | 20/01/03 Fri 乾物仕事と、家族女子会。 »

SHINJUKU 新宿」カテゴリの記事

コメント

橋からの風景、とても癒されますね
月が雲隠れしかかっているところなんか
ますます素敵です

本年もnobrinさんにとって実りある
1年でありますように

投稿: 由紀子 | 2020.02.04 23:54

由紀子さん、
ありがとうございます。嬉しいです、癒しのポイントが同じで。
由紀子さんも素敵な1年をお過ごしください。

投稿: Nobrin | 2020.02.05 14:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20/01/01 あけましておめでとうございます。 | トップページ | 20/01/03 Fri 乾物仕事と、家族女子会。 »