« 2020年12月 | トップページ

2021年1月

21/01/28 Thu きりたんぽ鍋。

昼。 時間がないので、スーパーマーケットからレンジで温めるだけのタンメンを買ってきて、残り物の王将の唐揚げを乗せた。 なかなかいける。 世の中にはいろんな便利な食べものがあるんですね。

Img_0445

夜。 母宅で自炊。 

きゅうりとシラスの酢のものと、きりたんぽ鍋。 

Img_0447

母も一緒にテーブルについた。 比内鶏や野菜やキノコのエキスが出たスープを母はおいしいと言って、お椀に2杯もお代わりして飲んでくれた。 きりたんぽと豆腐も少し食べた。

そしてまた3人でたくさんお喋りした。

 

| | コメント (0)

21/01/25 Mon 海鮮チヂミと、貴重な時間。

早朝。 Youtubeでコウケンテツが「チヂミは前もって作っておき、食べるときにフライパンで温めるといい」と言ってたので、朝のうちに海鮮チヂミを作る。

朝。 母宅へ移動。 母は洗ったお皿などを拭いてくれる。 私がキッチン用に買ってきたサラシも、10枚ほど手ぬぐいサイズに切ってくれた。

夜。 自炊の元気なく、夫がやきとりやお惣菜を買ってきてくれる。 朝作ったチヂミもフライパンで温め、酢醤油を添えた。

Img_0417

母は、疲れたから夕食は食べないと言って、ソファから動かない。 私たちが食べ始めてしばらくすると「何を食べているの?」と聞く。 「見にきてみたら?」言うと、「そうね」とテーブルにやってきた。 母用に胡麻豆腐、あいーとのちらし寿司を出す。 おいしいと食べた。

食事中、たくさん話す。 食後もテーブルに座ってたくさんお喋りして笑った。 

母は痛み止めの薬のせいで眠る時間が長くなり、だんだん遠い人となっていくが、こうして一日の中でわずかだけど、本来の母が戻ってくる時間がある。 一緒に楽しく過ごせることが本当に貴重だ。 これが在宅ホスピスの利点だと思う。

母宅、泊。

| | コメント (0)

21/01/24 Sun フィッシュ&チップス。

昼。 皿うどん。

Img_0410

夜。 自炊。

フィッシュ&チップス。 このレシピで、完璧です。 レシピでは衣にビールをいれるけど、全部炭酸水で全く問題なし。 バター液が残ったので、玉ねぎとパプリカのかき揚げにしたら、こちらもサックサクで、大変おいしかった。

Img_0416

| | コメント (0)

21/01/23 Sat ステーキでがっつりエネルギー補給。

朝。 小松菜と豚肉のお雑煮。

Img_0399

昼。 妹が商店街でテイクアウトしておすそ分けしてくれたナポリタンに野菜、ウインナをを増量。 目玉焼きも追加した。

Img_0401

夜。 自炊。

鴨の燻製の細切りサラダ。

Img_0404

メインは牛ヒレのステーキ。 バテ気味なので、ステーキと赤ワインでガツンとエネルギー補給。

Img_0406

| | コメント (0)

21/01/22 Fri フィッシュパイ。

夜。 母宅で、自炊。

マッシュポテトの残りで、イギリスのフィッシュパイが食べたくて、朝のうちから仕込んでおいた。 

Img_0397

ジェイミーオリバーのフィッシュパイは超簡単でおいしい(ジェイミーの調理器具の扱いが乱暴でビックリですが)。 日本の方がアレンジされているのが、こちら

グラタン皿を二個分作ったが、ほかにもおかずがあって、一人分を夫とシェアしたので、残りの一人分はオーブンで焼くだけの状態で冷蔵庫に入れて、明日の看病当番の妹におすそ分けとした。

| | コメント (0)

21/01/21 Thu テイクアウトの夕食と、お知らせ。

朝。 昨夜のうちに作っておいた白菜と肉団子と春雨の煮物、

Img_0390

きんぴらゴボウ、水菜の浅漬け、鯛めし、味噌汁。

Img_0386

ランチ用にハンバーガーも作っておく。

Img_0384

夜。 母宅で自炊。 といっても、冷蔵庫にあるお惣菜を並べて、豊年屋さんからかつ丼と冷やしきつねをテイクアウトした。

看病生活の唯一の息抜きが夜の外食だったので、今はかなり辛いけど、緊急事態宣言の早期解除のため外食はストップして、テイクアウトを試している。 時間を指定しておけば、家でも熱々が食べられるのが、嬉しい驚きだ。

カツ丼も熱々。

Img_0392

お知らせです。 

2002年に始めた食事日記サイトですが、とうとうブログの容量が残りわずかとなりました。 もうしばらく更新は続きますが、容量を超えたら、引越し先が決まるまで、しばらくお休みします。 みなさま、お元気で!

| | コメント (12)

21/01/20 Wed 蒸籠料理。

昼。 冷蔵庫の残りもので、焼きめし。 

夫によると、ネギのみじん切りを入れるのがチャーハンで、玉ねぎのみじん切りを入れるのが焼きめしだそう。 ほんまかいな。

Img_0376

夜。 自炊。

中華風サラダと、蒸し料理。 聘珍楼の焼売、豆腐、シメジを白菜の上に乗せて蒸籠で蒸した。

Img_0380

簡単で栄養バランスもいい。

食後。 「母を想えば」を観る。 

 

| | コメント (0)

21/01/19 Tue 豆腐とわかめのナムル。

朝。 冷凍しておいた中華がゆのベースで、卵粥を作ってみる。 母は、卵がダマになったところが食べにくそうだった。

Img_0369

夜。 自炊。 

ミニトマト、白菜漬け、牡蠣のオイル漬け、豆腐とわかめのナムル。

Img_0371

わかめと豆腐のナムルはテレビで見たレシピ。 ちぎった豆腐をしっかりと水切りして、わかめと合わせて、ごま油と塩で味付けするだけなのに、すごくおいしかった。 

メインはお好み焼き(画像忘れ)。

| | コメント (0)

21/01/18 Mon インスタントラーメン。

午前中、母宅で仕事。

昼。 マルちゃん正麺醤油味を作る。 茹でた小松菜、冷凍餃子を水餃子にして入れる。 水餃子用に黒酢も添えた。

マルちゃん正麺、初めて食べた。 インスタントラーメンにしては上出来だけど、普通のラーメンと比べると、惜しい感じ。 そもそもインスタントラーメンはラーメンとは別物ととらえているので、「これやったら、ラーメン屋行くわ」の夫の一言に同感。

Img_0358

午後。 自宅に移動して仕事。

仕事後。 母宅に戻り、母の趣味の数独を一緒にやる。 私はワインを飲みながら、母は紅茶の代わりにお白湯を飲みながら。 

Img_0366

そのうち夫が焼きたてのたこ焼きをお土産にやってきたので、みんなで食べる。 

夜ごはん、何食べたんだろう。 画像がないと全く思い出せない。

母宅泊。

 

| | コメント (0)

21/01/17 Sun

パプリカとトマトのマリネを作る。 レシピは「フランス人が愉しむ3つの前菜」から。

切ったミニトマトと、パプリカをオーブンで焼く。

Img_0341

マリネ液に漬けたら、赤い色で可愛い。

Img_0343

昼。 お雑煮、もやし炒め、白菜漬け。

Img_0346

夜。 母宅で自炊。

トマトとパプリカのマリネ、きんぴらごぼう、鴨の燻製のサラダ。

Img_0352

メインはローストポークのソテー。 付け合わせは、京にんじんのグラッセとマッシュポテト。 ポテトのくぼみにグレービーを流し入れる。

Img_0356

母には中華がゆを作ってみた。 レシピはこちらを見て。 小分けにして冷凍できるので便利。 母は米粒が残らないくらいにしてほしいというので、最後にブレンダーでガーっとやったら、おいしいとひさしぶりにお米を口にした。 よかった。

食事は在宅ホスピスの課題の一つだ。 母の好みも大きく変わるし(大好きだった白米が嫌いになり、事あるごとに淹れていたお茶全てが苦くて飲めないそう)、食べられるものがどんどん少なくなるので、知恵を絞って食べそうなものを探すが、ヒット率が低い。

| | コメント (0)

21/01/16 Sat お正月料理の名残り、太巻きの食べ比べ。

昼。 お蕎麦にする。

具は、先日作った海老とレンコンの揚げダンゴ、おせち料理の残りの昆布巻きと煮ハマグリ、かまぼこも入れた。 これでおせちもおしまい。

Img_0324

夜。 自炊。

茹でそら豆とペコリーノ、ししゃものエスカベッシュ、八つ頭の唐揚げ。

Img_0329

太巻き好きの夫がウォーキングの帰りに買ってきた、太巻き。 というか、太巻きが買いたいがためにウォーキングに行ったのだ。

Img_0337

まだこれっていう太巻きに出会えていないので、しばらくは太巻きの食べ比べが続きそうです。

| | コメント (0)

21/01/15 Fri 鯛のあら汁。

昼。 RF1の「一食分の野菜が摂れる焼きそば」を買ってきて、温めた。 香港で食べる焼きそばみたいで、なかなか美味しかった。

Img_0315

夜。 母宅で、自炊。

鴨の燻製のサラダ、ハンバーグ、昨夜の焼き鯛のアラで作ったお味噌汁。

Img_0321

鯛のあら汁を母の分は、飲みやすいようにお汁だけにしたら、すごくおいしいと言って、飲み干した。 よかった。

| | コメント (0)

21/01/14 Thu 本節荒削りと、焼き鯛。

イトーヨーカドーのお惣菜のメンチカツと、キャベツの塩もみで、トーストサンドを作る。

Img_0296

お味噌汁も作り、ピクルスを添えて、昼ごはん。

Img_0307

カツオと昆布の出汁を引く。 

最近、鰹節は本節の厚削りを使っている。 弱火で15-20分煮出すと、上質の出汁が引けるし、漉す手間がいらない。

Img_0300

夜。 母宅で、自炊。

お正月用の三浦大根の残りを、出汁でおでんにした。 

Img_0309

ほうれん草のお浸し、夫が買ってきた太巻き、お正月用の焼き鯛。

Img_0314

焼き鯛は、いつもお正月三が日で食べ切れないけど、好きだから見つけると毎年買っちゃうんです。

まずは温めてそのまま食べる。 身はいい感じに水分が抜けて、味わいが深い。 

半身くらい食べれば十分だ。

残った鯛もまたお楽しみ。 身と骨にざっくり分けておけば、骨は昆布だしで煮てあら汁に、身は鯛めしになる。

| | コメント (0)

21/01/13 Wed ローストチキンの唐揚げ。

朝。 ほうれん草のオムレツとハムのサンドイッチ。 夫と一切れずつ食べた。

Img_0285

昼。 ター菜入り湯麺。

Img_0289

夜。 自炊。

春雨サラダ、 ほうれん草と白菜とえのき茸のスープ煮、フライドチキン。

Img_0295

先日作ったローストチキンをぶつ切りにして、ニンニクしょうが醤油で風味付けしておき、水分を拭いて粉をまぶして揚げる。

フライドチキンはローストチキンの残りをおいしく食べるためにスパイス入りの粉をつけて揚げたのが起源、と何かで読んで以来、ローストチキンの残りはもっぱら唐揚げにしている。

肉はすでに火が通っているので、二度揚げも不要。 ただ好みの色がつくまで揚げるだけ。 旨し。

 

| | コメント (0)

21/01/12 Tue レンコンとエビの揚げダンゴ。

昼。 ラーメンを作る。

先日テイクアウトした王将の鶏の唐揚げが残っていたので、唐揚げラーメン。 排骨麺みたいな味になった。

Img_4263

夜。 自炊。

ゴマメと揚げゴボウ、きゅうりとわかめの酢の物、レンコンと海老しんじょの揚げだんご。

Img_4256_20210117085501

レンコンを半分くらいみじん切りにして、残りはすりおろしたら、もちもちとシャリシャリした食感が楽しい。

メインは、鰻丼。

Img_0277

| | コメント (0)

21/01/11 Mon 奈良漬けで豚の粕漬け。

コウケンテツの焼きそばを作る。 もやしがあればなお良かった。

Img_4254_20210117085301

夜。 数日前、奈良漬けを切ったときに出た酒粕を使って豚肉の粕漬けを作ってみた。 奈良漬けと一緒に食べたらすごく美味しかった。

Img_0271

| | コメント (0)

21/01/10 Sun イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ。

昼。 ナポリタン気分になり、2.2ミリの太いパスタで作る。 うまし。

Img_4261

中公文庫の「イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ」を読んだ。 トルストイの短編で、本編もよかったが、解説もいい。 

死が近い母の側で、見守ることしかできない無力な家族の一人として大きな挫折を感じると同時に、必ず自分にもやってくる死を、母を通して疑似体験しているようでもあり、慣れるどころか深くなるばかりの悲しみを持て余す自分もいて、そんな今の私にドンピシャの小説だった。

「死とは誰にも代理してもらえぬ固有な経験であり、他者との交渉がまったく断絶する孤独な経験であり、その向こう側が見えない究極の可能性であり、絶対確実な可能性であるとともに、時間的に規定できない未決定な可能性です」。

生活や心境が大きく変わる時こそ、良本が救ってくれる事を実感する。

昼。 公園でまで散歩。

Img_0258

夜。 母宅で自炊。

ローストチキンをほぐしたものにネギソースをかけた中華風サラダ、

Img_0261

ゴマメに揚げゴボウを混ぜたもの。 おせち料理のアレンジ料理で、これはなかなかいけます。

Img_0262

オリーブぶり。 最初はお刺身で、そのあとにしゃぶしゃぶで楽しんだ。

Img_0260

| | コメント (0)

21/01/09 Sat ローストチキンの楽しみ。

昼。 「豊年屋」で、五目そば。

Img_1604

夜。 自炊。 トマトサラダ、パン、鹿肉のチョリソ、イカの塩辛、牡蠣のオイル漬け、

Img_1612

メインは、ローストチキン。 クリスマスに作りそびれたので、今頃になって作った。 今回の味付けは、塩・ガーリックパウダー・オニオンパウダー・オリーブオイルで半日ほどマリネしておいただけ。

付け合わせは茹でたほうれん草とじゃがいも。

Img_1614

若鶏なら小さいので、一人でも丸鶏を買ってきて料理するといい。 シンプルな味付けにしておくと、残っても幅広い料理に展開できる。 我が家の場合、ローストチキンよりも、残ったチキンをぶつ切りにして冷凍して、食べたいときに小麦粉を叩いて、フライドチキンにするのが楽しみである。

| | コメント (0)

21/01/08 Fri 王将のテイクアウト。

夕方。 緊急事態宣言。

夜。 餃子が食べたくて、ダンダダン酒場で生餃子を買ってくる。 

夫が王将でカニ玉と鶏の唐揚げをテイクアウトして来てくれた。

きゅうりとニンニクの前菜を作る。 茹でたほうれん草のスープ煮を作る予定だったが、餃子を焼いて力尽き、唐揚げの下に敷いた。

唐揚げも蟹玉もまだ熱々だ。

Img_1603

母が蟹玉をおいしいと、たくさん食べた。

| | コメント (0)

21/01/07 Thu 「龍」のラーメン、イワシの刺身。

昼。 阿佐ヶ谷スターロードの「龍」で、ラーメンに味玉追加。

屋台の支那そばの味で、ここのラーメン好きなんだ。 なのにここで他の客を見たことがない。

Img_1589

ただ、どの店のスープも私には塩辛いので、今度からラーメン屋さんにいく時は、小さな保温ポットにお湯を入れて行こうかな。

夜。 母宅で自炊。 

筑前煮の残り、かまぼこといくら。 茹でブロッコリー、もずく。

Img_1591

スーパーに見事なイワシがあったので、お刺身にした。 母がおいしいと言ってたくさん食べた。

Img_1592

残り物のマッシュポテトのチーズ焼き。 これが食べたくてマッシュポテトをわざわざ残しておくくらい。 シンプルにおいしい。

Img_1595

メインは、イワシの塩焼き(画像撮り忘れ)。 これも母は少し食べられた。 かまぼこやいくらも「味見しようかしら」と口にした。

どんどん食が細くなっているので、母には「あいーと」などの老人食も一緒に食卓に並べているが、今日は普通の食事を一緒に食べられて、すごく嬉しかった。

| | コメント (0)

21/01/06 Wed 阿佐ヶ谷「豊年屋」のもりそば、百合根のホイル焼き。

昼。 最近ハマっている南阿佐ヶ谷のお蕎麦屋さん「豊年屋」に行く。 

ここではかなりの客がもりそばを注文する。 外は寒くて温かい蕎麦をたべたいし、もりそばだけだと栄養が偏るけど、ここのもりそばの何がそんなに客を惹きつけるのか興味津々で、とうとう注文してしまった。

もりそば、登場。 お蕎麦の量も多くて、ネギもたっぷりついて来て嬉しい。 わさびは練りワサビだ。

Img_1549_20210106160501 

麺がムチッとした食感で、お汁とよく合う。 麺が長いので食べにくいのが玉に瑕だけど、確かにおいしくて病みつきになる。

最後に蕎麦湯でお汁を割って飲み干すと、体も温まった。

夜。 自炊。

おせち料理の残り、牡蠣のオイル漬け。 先日テレビで、筑前煮に飽きたらネギを散らしてラー油をかけるだけで中華になっておいしいと言っていたのでやってみたが、我が家ではそのまま食べた方がいいという意見で一致した。

Img_1583

百合根のホイル焼き。 

お正月野菜セットに入っていて、使いそこねたので、バターとお酒だけでホイル焼きにした。 これ、ゲキ旨です! これを作るためだけに百合根買いたい。

Png_20210114043901

メインはピザ。 今日は魚の日なので、シラスとエビにした。 海苔を散らしても合いそう。

Img_1587

| | コメント (0)

21/01/05 Tue コロナ禍のお店選び。

昼。 豚キムチラーメンを作る。

Img_4204

夕方。 りきまるさんと会う機会があったので、一杯行きましょうと通りがかりのワインバーに行く。

突き出しで出てきた、ポップオーバー。 日本で初めて見た。 

Img_1541

白ワイン一本とサラミを頼んだら、ビックリするくらいの速度でボトルが空になった。

Img_1543

これでお開きにするつもりが、家で待つ夫が電話で「待ちきれないから、そっちはそっちで食べてきて」と言うし、りきまるさんに夕飯を付き合ってもらうことにする。

近くにりきまるさんがランチによく行ったという北海道池田町のワインレストラン「十勝」があり、のぞくと誰も客がいないので、ここにする。 コロナ禍でお店選びの条件が変わりました。

赤坂見附にも同じワインレストランがあった記憶があり、お店の人に聞いてみると、赤坂見附を含め数店舗あったがこの店以外は閉めてしまったとのこと。 

年季の入ったメニューから数点選ぶ。

カニサラダ、

Img_1544

羊のソーセージ、

Img_1545

ザンギ。

Img_1546

久しぶりにゆっくり話せてよかった。 

| | コメント (0)

21/01/04 Mon 仕事はじめと、蒸し鶏の素揚げとひき肉とれんこんのパスタ。

あっという間にお正月三が日が終わり、今日から仕事だ。

昼。 南阿佐ヶ谷の「すばる」で、ゆし豆腐の沖縄そば。

Img_1538

夜。 母宅で、自炊。 

年末に蒸した丸鶏にニンニク醤油をまぶして、今日は小麦粉を軽くはたいて揚げた。 普通の唐揚げより、余計な油が抜けていて、とても我々好みだ。 

Img_1534

鶏ひき肉とレンコンのパスタ。 

Img_1537

ひき肉を炒め、ニンニクパウダー・オニオンパウダー・塩こしょうで味付けして、レンコンをあらみじん切りにして、炒めてみた。 青ネギの小口切りも入れて始末した。 コツは火を止める直前に粉チーズを振り入れて、コクを出すこと。 れんこんのコリコリした食感が楽しい。

| | コメント (0)

21/01/03 Sun 和朝食と、鴨鍋。

朝。 アジの開きで和定食。

Img_4202

今年の筑前煮はとても上手にできたので、飽きずにそのまま食べ続けられている。

Img_4195_20210106155601

夜。 母宅で、自炊。

きゅうりとシラスの酢の物、筑前煮、黒豆、

Img_1523

メインは、鴨鍋。 鴨の旨みが染み込んだ野菜がまたおいしい。

Img_1525

| | コメント (0)

21/01/02 Sat 小松菜のお雑煮、牡蠣のオイル漬け、ブリのグリル。

朝。 母宅で朝食のお世話をしてから帰宅し、お雑煮を作る。 

今日は小松菜のお雑煮。 夫のリクエストで初めてお正月用に買った伊達巻も入れた。 悪くない。

Img_4170_20210106155401

昨日、母宅で牡蠣のオイル漬けを作った。 オリーブオイルで作ると冷蔵庫で油が固まるので、菜種油にした。 前菜やパスタに重宝して、楽しみ。

Img_4167

夜。 残り物のほうれん草と牡蠣のグラタン。

Img_4181

お正月用に買ったブリをまだ料理していなかったので、いっそのこと洋風にグリルした。

Img_4185_20210106155501

なかなかおいしいかった。

| | コメント (0)

21/01/01 Fri 初日の出。

あけましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

母宅のベランダから、初日の出を拝む。 もう少し待てばいい写真が撮れそうと思ったけれど、キッチン仕事をしている間に太陽が高く上がってしまった。

Img_1461

朝。 おせち料理とお雑煮で新年を祝う。

Img_1462

Img_1466_20210106155301

午後。 近くの氏神様の神社に初詣。

夜。 牛肉をさっと焼いて大根おろしで食べた。

| | コメント (3)

« 2020年12月 | トップページ