19/08/27 Tue 道後温泉と今治のじゃこ天、しまなみ海道。

朝。 ヨーグルトとピオーネ。 外は泣きだしそうな天気だ。

午前中。 内子をあとにして、松山方面に向かう。 内子、いい町でした。 またのんびりしに来たい。

天気がよければ連絡船で瀬戸内海の離島を訪ねるつもりだったけれど、パッとしない天気なのて車で道後温泉に行くことにする。

道後温泉の道後温泉。 改築中で大きなテントがかかっていた。

Img_5097

温泉の駐車場に、きれいな足湯があった。 源泉かけ流しだ。

Img_5095

Img_5094

さっそく浸かると、からだがポカポカしてくる。

Img_5093

界隈を散歩する。

道後温泉駅。

Img_5104

Img_5103

道後温泉と駅の間は、大きな商店街が広がっていて楽しい。 ぶらぶら歩く。 途中でだし巻き卵の串を買ってつまんだりした。 

そうするうちにとうとう雨が降り出したので、今治方面に移動する。

途中、取り寄せでお世話になっている「大岡蒲鉾店」に行く。 

数年前、夫が今治の催し物に招待されたとき、お土産にここの蒲鉾の盛り合わせをもらってきた。 その揚げかまぼこがすごくおいしくて、それ以来ちょくちょく取り寄せている。 

今回こちら方面に旅行したので、ちょっと足を延ばしてお店に寄って、あわよくば揚げたてのじゃこ天にありつこうという魂胆だ。

お店に行くと、かまぼこ以外に(というかかまぼこよりたくさん)おいしそうなお惣菜が無造作に並んでいる。 私のほかに2人くらい常連と思われる女性客がいて、魚のから揚げや、煮物や、タコ飯などを買っている。 私の前の小さなおばあさんが、顔を寄せて小声で「かやくごはん、あと一つしかないよ、早く買わないとなくなっちゃうよ」と囁く。 朝作ったサンドイッチをさっき食べたばかりだし、今日も自炊なら絶対に買うんだけどなぁ。 

私の番が来て「かまぼこの揚げたてがあれば買いたい」と伝えると、「いま、近くの農協で揚げてる、ここから5分足らずの場所。 そっちに行ってみてください」と教えてくれた。

さっそく農協のコープAに行くと、なるほど店先にテントを張って、蒲鉾を揚げている。

「東京から来た。 時々取り寄せしている」と言うと、大将が「苗字は?」と聞くので、「XX」と言うと、「XXNobrinさん」と私の姓名を当てて、みんなで驚いた。

揚げたてのごぼう天。

Img_5106

むっちりとおいしい! ごちそうさまでした。

しまなみ海道を見わたしたくて、来島海峡サービスエリアに向かう。

Img_5122

あいにくの雨で、視界がぼやけていた。 松山空港に来る時に飛行機から見たしまなみ街道が、島々まで全部見れてすごくよかったから、よしとしよう。

Img_5117-2

サービスエリア内では、蛇口みかんジュースを飲んだ。

Img_5115

Img_5114_20190914013401

そのまま高速で大島に行く。 道の駅で休憩したら、なんと七輪でBBQができるようになっていた。

B154cf5c499144bea2a9e5feacc5de3e

生け簀や食材コーナーから好きなものを選んでBBQする方式で、活き造りなどのBBQ以外のメニューも沢山ある。

生け簀のタコ、

7ef9409ae4974fe6b217ed08627319fc 

みる貝、

472f1c180b884fb1bfd9d2897d28ea82

伊勢海老。 サザエや牡蠣など、ほかにもたくさんあった。

D8e0f15df0f04d05b262e340248a5cf9

お手軽なBBQ用の食材、

D25c04a1c77a445595808c95a7541ef5

40c0a4cd15e740139bbf65e2c249f180

なんとも贅沢なBBQだ。

大島側から見た、来島海峡大橋。

4b8d612662314579aca1ce3e75ee7805

そろそろ、松山市内の宿に移動しましょう。

 

 

| | コメント (0)

19/08/26 Mon 内子周辺観光と、「りんすけ」の中華そば。

朝。 ヨーグルトと、道の駅で買ったピオーネ。

Img_5018-2

朝風呂をゆっくり楽しみます。 はぁー、幸せ。

Img_5024

午前中は山の方にドライブに出かけてみる。

ここら辺は、屋根付きの橋が多い。

Img_5031

Img_5034

緑と清流が気持ちいい。

Img_5035

もっと奥に行ってみると、水車小屋もあった。

Img_5039

街道沿いは栗がたわわに実をつけている。

Img_5046

弓削神社にも屋根付き橋がかかっている。

Img_5051

まったく人影がないところだ。 音といえばセミが鳴くだけ。

Img_5055

昼。 内子町に戻り、昨日鯛めしがおいしかった「りんすけ」に再訪する。

じゃこカツ、 じゃこ天も食べる。 

Img_5064

地元のソーセージも頼んだ。 これは若干焼きが足りなかった。

Img_5066

夫が食べたかった中華そば。 中華そばというより、タンメンというかんじ。 お母さんが作るラーメンという味だった。

Img_5068-2

食後。 宿に戻る道すがら、古い街並みをぶらつく。

Img_5069

「酢卵」という健康食品を扱う古いお店。

Img_5072-2

和ろうそく屋さん。 こちらでいろいろ教えてもらって、燭台と和ろうそくを買った。

Img_5073

ろうそく屋さんの中は、屋内の土間に小さな池もある。

Img_5074

こちらはさらに奥の土間。 

Img_5075

宿に戻り、お昼寝。 涼しい部屋でゴロゴロして、のんびり過ごす。

夕方。 宿の先の古い街並みも歩いてみた。 行きたいお店もあったけれど、4時に大体のお店が閉まってしまっていた。

Img_5083-2

Img_5084-2

Img_5085-2

夜。 自炊。 近くの道の駅「からり」で仕入れた、ロースハム、トマト、キュウリのサラダ。 

Img_5086-2

ロースハムがすごくおいしい。 昨日のチーズといい、このハムといい、レベルが高い。 本気でお取り寄せしたいくらいだ。

昨日のお刺身の残りで、潮汁を作る。 お刺身のツマの大根や大葉も、吸い口にして食べてしまった。

Img_5087-2

昨日の残りのゴーヤと肉のから揚げは、炒め物にして食べた。

Img_5088-2

昨日のチーズはマフィンの上に乗せてオーブンで焼いてみる。 これもおいしい。

Img_5090

冷蔵庫の食材は、明日の朝のフルーツとサンドイッチですべてなくなる計算だ。 食材がきっちり片付くと気持ちいい。

 

| | コメント (0)

19/08/25 旅先で自炊。

内子初日の夜。

のどの奥が痛いと思っていたら、風邪を引いたようである。 子どもみたいに、お休みに入るたびに風邪をひく私。

体がだるいので、近くの道の駅で食材を買って、角の魚屋さんでお刺身も買って、宿でゆっくりすることにする。

Img_5015

ゴーヤの塩もみと、お刺身。

Img_5014

近くの中華料理屋さんから出前した、焼き餃子と肉の唐揚げ。

Img_5016-2

道の駅「からり」で買ってきた地元のチーズ。

Img_5017

このチーズ、すごくおいしくてびっくりした。 国産なのにしっかり癖とコクがある。

| | コメント (0)

19/08/25 愛媛県内子町の宿「内子の宿 織」。

今回の夏休み旅行は、眠れぬ夜のネットサーフィンで決まった。

私は、海外出張が多いせいか睡眠障害の気があり、よく寝たーっ!と思って目がさめると夜中の2時前だったりして、そのまま朝までまんじりと眠れないこともよくあり、睡眠導入剤のお世話になったりもした。 眠れないことがストレスだった。

ある時、出張用に導入剤の処方をお願いした内科の先生から「夜中に目が覚めたら、得したと思って好きなことしなさい。 永遠に眠れないなんてことはないから」と言われて、すとんと気が楽になり、以来、翌日によほどの大仕事がない限り導入剤は使わず、本を読んだり、ラジオを聞いたり、ビデオを見たりすることにしている。

数週間前の夜。 また夜中の1時過ぎにぱっちり目が覚めたので、なかなか着手できていない夏休みの計画を立てることにした。 

今年のテーマは「住むように泊まりたい」。

ホテルの部屋は狭くて無機質だし、旅館は料理が多すぎる。 好きなだけごろごろできて、好きな時に食事ができるような旅がいいね、と夫と話していた。 外食続きもきついので、朝くらい自炊もしたい、とコンドに絞って宿を探し始めた。

 去年の広島と賢島の旅行ですっかり瀬戸内海が気に入ってしまったので、瀬戸内海界隈の宿を探すと、愛媛県の内子町という町の宿がヒットした。 宿を決めて、飛行機を取り、周辺の観光情報をググると、ちょうど泊まる日に、近くの古い芝居小屋に文楽座が来て、近松の曽根崎心中をやるとある。 夫が一度ちゃんと見てみたいといっていた演目だ。 チケット予約サイトを見ると、まだ数席空いている。 ラッキー。 チケットも手配して、レンタカーと松山のホテルも手配し終わるころには、空が白々と明るくなってきた。

さて。 話は旅の続きに戻り、文楽を堪能したあとは、宿にチェックインする。 商店街にあるチェックインカウンターで鍵をもらい、宿まで案内してもらう。

今回は、古民家を一棟貸し切ることにした。 外観はこんな感じ。

Img_5028

隣の路地も雰囲気がある。

Img_5026

玄関を開けると、広い土間があり、ちょっとした休憩スペースになっている。

Img_5007

Img_5008

玄関を入ると、吹き抜けのスペースとダイニングキッチンが見えてくる。

Img_5011

吹き抜けスペースにはハンモックも設置してある。

Img_5006

ダイニング。 居心地がいいので一番長く過ごした場所。

Img_5004

キッチン。 必要なものはほとんどすべてそろっていた。 宿に着いてわれわれが最初にしたのは、ビールと白ワインを冷蔵庫に入れたことだった(笑)。

Img_5005

掘りごたつ式の和室。

Img_5003

その先に主寝室。

Img_5002

離れのお庭を通ると、

Img_5009

浴室。 窓が開いて、気持ちいい。

Img_5010

2階にもツインベッドの寝室と和室があり(画像忘れた)、隠れ家みたいなちょっとしたスペースもあり、

Img_5078

読書コーナーになっている。

Img_5079

とても居心地がいいので、数家族で長期滞在するもいい。

| | コメント (0)

19/08/25 Sun 夏休みの小旅行は愛媛。 内子町の「りんすけ」で鯛めし、内子座で文楽。

朝。 今日から3泊の旅行に出かける。 羽田空港も夏仕様のディスプレイだ。

Img_4986-2

ラウンジで朝食を取り、松山空港まで飛び、レンタカーに乗り込むと、1時前に内子の町に着く。

まずは「りんすけ」というお店で腹ごしらえ。

メニューからじゃこカツなるものを頼んでみる。 じゃこ天をあげてあるというより、じゃこや鶏のすり身や野菜のみじん切りを合わせて揚げたようだ。 とてもおいしい。 ビールによく合います。

Img_4989-2

わたしのメインは、宇和島の「鯛めし」にした。 新鮮な宇和島の鯛のお刺身と卵の黄身がご飯に乗っかっている。 鯛のアラとごぼうの煮物、鯛の潮汁が付いてくる。

これはうまい! 鯛のお刺身を食べてしまっても、卵かけご飯が残るので、まだまだ楽しい。

Img_4990-2

夫はわかめうどんを頼んだ。 魚の出汁がびしっと聞いていて、すっきりしたおうどん。

Img_4991-2

我々の旅の目的の一つは、内子座という100年以上経った芝居小屋で、文楽を見ること。 今日は大阪の文楽座の近松門左衛門の「曽根崎心中」である。

内子座の外観。 

Img_4993-2

Img_4992-2

中の様子。右側の客席と、

Img_4995

中央の升席。

Img_4997

左側の椅子席。

Img_4996

 浄瑠璃と人形使いの技で、近松を堪能した。 文楽の余韻に浸りながら、宿に向かう。

| | コメント (0)

19/08/24 Sat 夏休み初日は、土曜の魚の日を楽しむ。

朝。 卵とトマトの炒めもの。

R0055246

枝豆ごはん、きゅうりとカブのぬか漬け、ネギとわかめのお味噌汁。

R0055248

午後。 永福町のデポーで、魚を仕入れてくる。

夜。 小松菜と薄揚げの煮びたし。

R0055252

牛肉、玉ねぎ、ごぼうのすき焼き風煮物。

R0055250-2

甘エビのお刺身。

R0055253-2

今日も七輪に炭を入れて、キッチンで立ち飲み炭焼き。

甘エビの頭、穴子。

R0055255-2

分厚い穴子だ。 とりあえず全部焼いておく。 味見程度に薄く切ってわさびをつけて食べた。 残りは広島風穴子めしにするつもり。

R0055257-2

ハマチの子供の炭焼き。 夫がほぼ一人で平らげた。

R0055261-2

生活クラブのサーロインの網焼き。 大根おろしをたっぷりつけて食べた。

R0055262-2

片付け後。 1965年に作られた映画「怪談」の「黒髪」を見る。 新珠三千代のきれいなこと。 

この映画はオムニバス式で、「耳なし芳一」「雪女」「黒髪」「茶碗の中」の4話で構成されている。 どれも素晴らしい芸術作品なので、一話ずつ食後にゆっくり楽しんでいる。

| | コメント (0)

19/08/23 Fri

昼。 社食で、明太子冷やし中華。 社食の冷やし中華、太麺で意外と気に入っている。

Img_4984-2

 午後。 外出。 新橋の四国のアンテナショップに寄り、いりこを買う。

京橋の顧客事務所にて打ち合わせ。 顧客のお土産にイリコを差し上げた。

仕事後、美容院で髪を切る。

家に戻り、チーズやワインをつまむ。

明日から、わたしの夏休みだ!

| | コメント (0)

19/08/22 Thu さわらと万願寺とうがらし。

朝。 ラジオ体操。 夏休み中のラジオ体操は巡回で全国のいろいろな場所で開催される。 今朝のラジオ体操は東京葛飾区から。

ラジオ体操第1と第2の間に、首の運動があるんだけれど、その時のピアノの伴奏の曲が「男はつらいよ」だった。 やるじゃん。

夜。 自炊。 昨日買ったさわら、食べなかったので、一塩して冷蔵庫に入れておいた。 さわらを焼いて食べてしまおう。

冷奴。

R0055240-2

ズッキーニとトマトのチーズ焼き。

R0055237-2

さわらの塩焼き。 さわらって西京焼きでよく食べるけれど、自分で料理したことがなかった。 上品でとてもおいしい魚だ。 レモンと、粒さんしょの醤油煮を添えて食べた。 (画像を撮り忘れて、食べかけになっちゃった)。

R0055241-2

宅配で届いた万願寺とうがらしも炙ってみる。

R0055243-2

こちらはとろとろに火が通り、おいしいことこの上ない。

R0055244-2

七輪が我が家にすっかり定着してきている。 冬はお鍋を七輪の上に乗せて、ゆっくりお豆腐なんかを突くのも美味しそうだ。

 

| | コメント (0)

19/08/21 Wed ナポリタン。

夜。 自炊。

今日は魚にしようと、帰りにスーパーで鰆の切り身を買って帰ったが、夫が夏バテで食欲がないと言う。

夫の好物のパスタにする?と聞くと、トマト味がいいと言う。

酢のもの。 

R0055234-2

パスタは、ナポリタン。

R0055230-3

夫が「こんなもんがたべたかった」という。 夏バテで胃腸が弱っているというよりは、暑さのために何が食べたいのかわからなくなっていたようだ。

乾麺は、生活クラブのスパゲティ。 「ニューオークボ」というメーカーのもので、安全だし、イタリア産に負けない歯ごたえとおいしさで気に入っている。

| | コメント (0)

19/08/20 Tue BBQ 肉肉プレート。

午後。 天王洲アイルで打ち合わせ。

夜。 みんなで「Grill works」に行き、納涼会。 肉肉BBQプレートが豪華だった。

Img_4980

よく飲みました。

| | コメント (0)

19/08/19 Mon 朝のローストポーク。

朝。 眼が覚めると、いい感じで筋肉痛。

今日も朝からローストポークを作っておく。 作っておくといっても、すでに数日前に豚のかたまり肉に塩コショウして冷蔵庫でマリネしておいたので、200度のオーブンに入れたら、タイマーを40分後に設定するだけ。 あとはタイマーがなるまでほったらかしで、朝の身支度に専念する。 タイマーがなったら、肉の中心温度を測って62度だったら出来上がり。

夜。 自炊。

グリーンサラダ、週末に作ったチキンレバーのコンフィ。

R0055225-2

メインは、朝作ったローストポーク。 グレービーを作り、レンズ豆とブロッコリーを茹でて、付け合わせとした。

R0055229-2

| | コメント (0)

19/08/18 Sun ホットヨガ初体験と、七輪の炭の種類。

朝。 今年初めての冷やし中華を作る。 

R0055213

梅雨が長くて暑くなるのが遅かったから、夏が来たばかりのような気がするけれど、すでに9月も近い。

今年は大玉すいかもまだ1回しか買ってないし、ラタトゥイユはまだ作ってもいない。 夏になると必ず食べに行く天ぷらもまだだ。 地球環境の変化は、我々の市井の生活にまで影響を及ぼしている。

午前中。 ホットヨガの体験コースに行く。

ヨガはジムや会社の部活でやったことがあるけれど、ホットヨガは初めて。 手ぶらで出かけて、ウエアもタオルもマットも、レッスン中のお水も全部付いて150円の体験セットにつられた。

実はわたくし、鼻の性能が異常に良くて、昔から誰も気づかないようなにおいがを嗅ぎ分けられる一方で、室内のジムの汗臭さで頭痛が起きたりするので、スポーツジムは行きたくてもいけないのである。

湿気に煙るサウナのような部屋でヨガをやるのを想像していたし、においが心配だったけれど、室温高めの普通の部屋ってかんじで、ホッとする。 反対にほのかにアロマが香るような気がする。

やり始めるとすぐに、面白いほど汗が出始めた。 1時間のレッスンが終わるころには、夏の夕立にあったように、自分の汗で全身ずぶ濡れになった。 汗をたっぷりとかき、体の筋肉が適度に伸びて、こりゃ気持ちいいわ。

続けられそうなので、さっそく入会の手続きをする。 全国に400ヶ所以上スタジオがあるので、国内出張中も使えそうだ。

夜。 キッチンのカウンターにお惣菜を並べる。 モズク酢、煮物、

R0055216-2

茹でほうれん草のニンニク風味のたまごとじ。

R0055215-2

バケットとクリームチーズといぶりがっこの前菜なんかをつまみながら、

R0055217-2

換気扇の下に七輪を置いて、立ち飲み焼肉にする。

デポーでゲットした、ほうき牛の赤身、

R0055219-2

炭火で炙り、自家製の行者ニンニク醤油をちょんちょんとつけて食べた。

R0055221-2

七輪を始めたばかりのころは、「ユーカリ白炭」を使っていて、とても扱いやすかったのだけれど、備長炭にトライしてみたくなり、ユーカリ白炭が切れた頃に、備長炭を買ってみた。 備長炭は炭の密度が濃いらしくて、着火に時間がかかるし、炭の大きさがまちまちなので、けっこう扱いが大変だ。 炭焼きも奥が深い。

| | コメント (0)

19/08/17 Sat 赤坂「トゥールダルジャン」のコートダジュールで過ごす夏。

筑前煮が残ったら、かなりの頻度でけんちんうどんを作る。 これに、カレーキューブを1-2個落として、カレーうどんにすることもある。

朝。 ふつうのけんちんうどん。 これを食べると、今はなき、虎の門の「丸屋」という蕎麦屋さんのけんちんそばを思い出す。 昼食によく食べた。

R0055203

夫の昼ごはんは、ポークビーンズライス。

R0055205-2

私はトゥールジャルダンでランチなので、赤坂見附に向かう。

早めに出かけて、駅前のビックカメラに立ち寄る。 数年前からアップルウォッチとキッチンエイドの泡立て器を買うかどうか迷い続けている。 今日はキッチン家電売り場で泡立て器を触ってみる。 やっぱりデカい。

自宅のキッチンを思い浮かべて、これを買うとカウンターのフードプロセッサーを片付けなくちゃならないよね、でも使う頻度はフードプロセッサーの方が高いし、でも泡立て器を買ったら今より気軽にお菓子を作るようになるかな、しかしデカいなぁ、などなど思いめぐらし、今日も心は決まらない。

時間になり、Tさんと駅で待ち合わせて、お店に行く。

今日は「コートダジュールで過ごす夏」というお題のランチを頂く。 お料理に合わせて、シャンパン、白ワイン、赤ワインも出てくるコースだ。

パンの間にハーブが効いたドライトマトがはさんであり、添えられたオリーブオイルにもハーブが漬け込んであり、すでに気分はコートダジュール。

Img_4960

アミューズは、雲丹の軽やかムース そうめんカボチャのヴィネグレットソース。 さっぱりとしたいろんな味が層になっている。

Img_4962

小さなバゲットにはバターも一緒に出てくる。

Img_4961

続いて、モンサンミッシェル産のムール貝のスープ ガスパチョ仕立て フレッシュシェーブルとセロリのラヴィオリ添え。 名前が長い。

暑い夏にぴったりの爽やかな冷製スープだ。 お喋りしてるうちにラヴィオリを呑み込んだらしく、シェーブルの味に気づかなかった。 羊のチーズ大好きなのに、なんてこった。

Img_4963

魚料理は、スズキのグリエ 茄子のカネロニとレモン香るハーブソース。

ぷりぷりと弾力あるスズキが絶妙な塩加減と炭の香りと火通しで、絶品です。 よし、私のベランダBBQもこの味を目指そう!、と不埒な目標を定める。

Img_4965

肉料理は、幼鴨のロースト マルコポーロ。 野菜のミルフィーユ。

シグネチャーデイッシュだけあり、Tさんが「今まで食べた鴨の中でいちばんおいしい!」と言う。 ホント、幸せだ。 

この店の料理は、味を付けて行く足し算というより、雑味を丁寧に取り除いて素材の特性を前面に押し出す、引き算の料理だ。 たまには本物を味わうことが大切だとつくづく思った。

Img_4966

鴨には番号が振られていて、あとでお店の人が「お客様が食べられた鴨はxxxxx番です」と証明書を持ってきた。 友だちと同じ番号なので、二人で一羽の鴨の胸肉を食べたという事だ。

デザートは、エキゾチックフルーツのヴルーテ トンカ豆のバヴァロアとサフラン・マンゴーのシャーベット、

Img_4968

食後の飲みものは、ダイニングから移動して別の部屋でゆっくり過ごす。

Img_4975

かんかんの午後の日差しをレースのカーテン越しに、焼き菓子を眺めながら(お腹いっぱいで入らない)、ゆったりとお茶を飲む。 

とても上質のランチでした。 ご馳走さま。

夜。私はお腹がいっぱいなので、パス。

夫が「ホットドッグみたいなものが食べたい」と言うので、ハワイのホテルで食べたように、ソーセージを半分に切ってグリルして、マフィンに乗せて、オープンソーセージサンドにした。 

R0055211-2

うまい、うまい、と食べる夫の横で、昼に食べた鴨の味を反芻するわたし。

| | コメント (0)

19/08/16 Fri 新高円寺の「アルデンテ」のペペロンチーノとビーフシチュー。

昼。 社食で、ゴマだれ冷やし中華、ワカメ追加、お味噌汁。

Img_4954-2

夜。 新高円寺の「アルデンテ」に行く。

取り合わせサラダ。

Img_4957-2

パスタは、初めてキノコとベーコンのペペロンチーノを頼んでみる。 うん、おいしい。

Img_4958

メインも初めて頼む、ビーフシチュー。 こちらも真っ当な洋食の味で、満足。

Img_4959-2

ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

19/08/15 Thu お盆。

朝。 冷蔵庫の残り物で、焼きめしを作る。 焼きウインナ1本、釜揚げシラス、卵、小松菜のぬか漬け、ニラ。

R0055198-2

食べるときに、焼きめしにもみのりをたっぷりかける。 お味噌汁は、先日の鯛そうめんの残りの鯛のあらで、あら汁。

R0055201-2

夜。 母のマンションに行く。 実家から持ってきたはずの仏様用のお膳セットが見つからないので、小皿に精進料理を並べる。

Img_4950-2

祖父母や父の思い出を語りながら、あずまやで買ってきたウナギをみんなで食べた。

Img_4951-2

京都のお寺に、妹が行ってくれることになり、母がとても喜んでいた。

 

| | コメント (0)

19/08/14 Wed 立ち食い七輪と、不発のイワシの塩焼き。

夜。 スーパーで生イワシを買って帰り、換気扇の下に七輪を置いて、キッチンで立ち飲み炉端の開店です。

キッチンのカウンターに前菜や野菜を並べる。

茹でオクラ、トマト、豆アジの南蛮漬け。

R0055185-2

週末に作っておいた鶏レバーのコンフィに七輪で炙ったバゲットを添える。

R0055186-2

先日の焼きイワシは猛烈に煙が出たけれど、このイワシはぜんぜん煙が出ない。 同じお店で買ったのに、大きな違いである。

R0055188-2

食べたら、案の定ぱさぱさしていた。 欲望満たされず。 脂の乗ったイワシを見分けるのは難しい。

残り物の玄米ご飯の焼きおにぎりは、サイコーにおいしかった。

R0055192

| | コメント (0)

19/08/13 Tue 四谷三丁目の「すし処 のがみ」で新子。

夜。 のがみさんに行く。

煮タコと活じめメイタガレイをおつまみでいただく。 やっぱりおいしい。

Img_4934

今年も新子に間に合いました。 佐賀のしんこと、長崎のしんこ。

Img_4937

Img_4936

心残りにならないように、早めに鉄火巻きを食べる。

Img_4942

新イカ、

Img_4938

新イカのげそ、

Img_4939

焼きたての卵焼き、

Img_4935

生のイワシ、

Img_4940

大将と隣の客が「イワシは生より、ちょっと〆た方がおいしい」と話しているので、じゃあと、〆たイワシも食べてみた。 うん、味がより落ち着きますね。 私はぴちぴちしたイワシの味も好きなので、どちらもおいしい。

穴子を握ってもらい、

Img_4943

最後はかんぴょう巻きで〆た。

Img_4944

今夜も満足でした。

| | コメント (0)

19/08/12 Mon 「ねじめ」閉店、豆アジの南蛮漬け、羊飼いのパイ、鯛そうめん。

朝。 公園でウォーキング。 

Img_4927

そのまま阿佐ヶ谷パール商店街を歩くと、民芸品店の「ねじめ」(ねじめ正一の奥さんのお店)がとうとう閉店していた。 この商店街も個人のお店は今は数えるばかりだ。

Img_4928

Img_4929

傘屋さんも、乾物屋さんも、時計屋さんも、徐々にひっそりと商店街から姿を消し、代わりにドラッグストア、携帯ショップ、100円ショップ、チェーン系の店が増えた。

帰宅して、奥園さんのレシピでゴーヤカレーを作ってみる。

R0055169

奥園さんは毎日レシピを更新している。 ブログをやっているとわかるが、毎日更新するだけでも大変なのに、自家製レシピを毎日アップするとは、全くもってすごいことである。

レシピは、冷蔵庫にある身近な食材で作ることで一貫している。 簡単でおいしそうで、発想が素晴らしいので、とても参考になる。

レシピ通りに作ると、私の味的にはキレが足りなく感じるので、調味料は調整する。 味覚の趣味が違うのだろう。 

私は自家製スムージーでお腹が膨れて、あら汁だけ食べた。

R0055170-2

夜。 冷やしトマトと、昨日作った豆アジの南蛮漬け。 南蛮漬けがおいしいー! 食べると食欲がわいてきます。

R0055175-2

空心菜の炒め物。

R0055176-2

先日作ったローストビーフがちょっと硬かったので、小さく切ってブレンダーでガーっとみじん切りにする。

R0055171

R0055172

台所のメアリーポピンズ」によると、ローストビーフを作った翌日は残りのお肉で羊飼いのパイが定番だそうだ。 私もさっそく作ってみた。

R0055178-2

シンプルな味付けがかえって新鮮だ。 ウスターソースをかけると、また別の味になって楽しい。

R0055180-2

鯛そうめんも作った。 鯛は、オーブン焼きにして、熱々のそうめん汁に浸して、骨からだしを取る。 そのダシを冷やして、そうめんをつけて食べる。

R0055182-3

三輪そうめんが切れていて半田そうめんを使ったら、ちょっと太すぎた。 この料理にはだんぜん、細いそうめんが合うと思う。

 

| | コメント (0)

19/08/11 Sun 新ショウガと牛肉とアスパラガスの鍋。

朝7時すぎ。 三島方面に車で向かってみるが、高速の渋滞にうんざりして、港北あたりで早々に自宅に引き返した。 さすが連休の中日である。

帰宅して、ラーメンを作る。

R0055151-2

午後。 自転車で荻窪まで出かける。

豆アジを買ってきて、南蛮漬けを仕込む。 夏になると無性に食べたくなる、南蛮漬け。 骨ごと食べられるように、お酢が効いたつけ汁に浸して冷蔵庫で1日待つので、明日までがまん、がまん。

R0055155-2

ゴーヤの塩もみと釜揚げシラス、高野豆腐の煮物。

R0055159-2

ブログでみた新ショウガと牛肉の鍋料理がおいしそうだったので、作ってみる。 

R0055160

新ショウガを料理に使うのは初めて。 薄味のダシに牛肉、新ショウガの細切り、アスパラガスを入れてさっと煮る。

R0055161

うん、これは想像以上においしい。 ポン酢をさっとかけてもおいしい。 あっという間に平らげてしまった。

R0055162-2

鍋に残ったダシ汁は、半田そうめんを茹でて、にゅう麺にして食べつくした。

R0055164-2

 

| | コメント (0)

19/08/10 Sat 週末の野菜の下ごしらえ。

朝。 揚げ野菜で、ナポリタン。 お味噌汁は、ジャガイモ、わかめ、あさつき。

R0055142-2

午前中。 届いた野菜の処理。 青菜2種は塩ゆでして冷蔵庫へ。

R0055145

キャベツで、ザワークラウトを仕込んだ。

R0055146-2

カボチャは有元葉子さんのレシピで甘くほくほくと煮てみた。

R0055148  

夕方。 妹夫婦が来る。 なかなか着手できない浴室と洗面所のリノベの相談。 

打ち合わせが終わり、ビールを飲み始めたらそのまま食事となった。 その場でテキトーに作ったので、写真を撮る余裕がなかった。 

| | コメント (0)

«19/08/09 Fri メアリーポピンズのローストビーフ。