岩手

10/09/15 Wed 東北くるま旅、三日目 遠野。

 鉛温泉「藤三旅館」で朝食
 遠野 伝承園の食堂で。 ひっつみセット(夫) きのこ天そば(私)
 「藤三旅館」で。 夕食 ビール 冷酒

旅館の部屋で朝ごはん。

Rimg8842

今日は遠野まで出かけよう。 お天気も最高だし。

ガイドブックには遠野はサイクリングで回るといいと書いてある。 遠野駅の観光案内所に行き「レンタサイクルしている間、車はどこに停めておけますか」と聞くと「車があるなら、車で回るのが一番」と言われた。 なんだ、そうなんだ。

まず遠野市立博物館に行く。 観光協会の人が「市立博物館はリニューアルしたばかりだし、すごくいいから是非行ったらいい」と勧めてくれたので。

当時の暮らしぶりを展示してあったり、水木しげるの遠野物語の生原稿もあり、遠野に伝わる昔話のフィルム上映もあり、なかなか楽しい。 遠野の歴史・地理・遠野物語の概要がしっかり頭に入り、いちばん最初に回って正解です。

次は河童が今でも出るという「カッパ淵」に行く。 途中に無人の農作物販売所があった。 

Rimg8850

カッパ淵は小さなお寺の裏手に流れる川にある。 ひっそりとしていて岩の上にきゅうりが無造作に置いてあった(岩の左上)。

Rimg8859 Rimg8866

車に戻る途中、カッパ淵のほうから自転車で来たへんなおじさんに会った。 青くて長いブレーカーを着ている。 ブレーカーの背中には大きく「D」と書かれている、リポビタンDの「D」だ。 真っ黒に日焼けして、細くて、歯がところどころ抜けている。 自転車を降りて我々と並んで人懐こくたくさん喋りかけるのだが、訛りがひどくて半分以上聞き取れない。 

自転車の籠に白い舞茸のようなキノコの大きな株をのせているので「そのキノコ食べれるんですか?」と聞くと、「知らないのか、○×っていう名前だ。 すごくおいしい」と言う。

「子供が5人いる、4回離婚した。 ちゃんと全部慰謝料払ったぞ、女がほっとかないんだ」といばって言う。 「子供はいるのか」と聞かれたので「いない」と答えると、急にしんみりして「そうか。 それもいいかもしれないな。 こうやって二人で旅行に出れるな」と言う。

街道まで戻ると「じゃ、お元気で」と言い残して、自転車をこいで向こう側の山の方にいってしまった。

あとで夫が「あれはカッパだったんじゃないか。 もっと年配の人に道を聞いたときも、あんなに訛ってなかったし」と言う。 実は私もそうかもしれないと思う。

昼は近くの観光施設の食堂に入る。 夫はひっつみを頼む。 私はお蕎麦を頼む。

Rimg8873

ひっつみとは繊細なホウトウのような麺。 スープは鶏肉のだしがよくきいていて、とてもおいしい。 わたしのお蕎麦はひどかった。 あとで夫に「麺が乾麺なのは許せても、おつゆがおばあさんの味がした」と言ったら、 「古い味がしたってことね」とわかってもらえた。

Rimg8875 Rimg8877

午後は遠野の秋の自然を満喫する。

Rimg8881 Rimg8890

空が高い。 すでに稲刈りが始まっている。

Rimg8900 Rimg8916

どこもかしこも静かできれい。

Rimg8888 Rimg8898

いいところですねぇ。

Rimg8914_2 Rimg8907

日本最古の民家のひとつである「曲がり家」にも行ってみた。 映画「遠野物語」のロケに使われたとのこと。 まだ一部で住居として使われている。

Rimg8920 Rimg8924

まだまだ見所はあるようだが、ここら辺で日が傾きはじめたので、花巻に向かう。

宿に戻って温泉に浸かる、あー、極楽じゃぁ。

夜はアワビまで出てきた。 今日もすごい量の食事だった。

Rimg8927_2 Rimg8929_4

| コメント (3) | トラックバック (0)

10/09/14 Tue 東北くるま旅、二日目 花巻の切り込み丼。

 ホテルの朝食ビュッフェ
 切り込み丼セット
 鉛温泉の「藤三旅館」で。 夕食

朝。 ホテルの朝食ビュッフェはいろんな工夫があって、楽しい。 絞りたてのトマトジュース、朝採り野菜、秋刀魚入りのオムレツなどなど。

午前中、松島をあとにして、花巻に向かう。

昼。 花巻の「鍛冶屋」に行ってみる。 この店はわんこそばで有名なところらしい。

店に入ると地元の人たちがたくさん入っていた。 地元にも愛されているんですね。 「わんこそばにしますか、それとも普通のメニューですか?」と聞かれる。 普通のメニューにする。

お奨めメニューに切りこみ丼とお蕎麦のセットがあったので、それを頼んでみる。 切りこみ丼とはイカの塩辛を乗せた丼である。

お好みで切り込みを少しおそばに入れてもおいしいと言われて入れてみた。 ほんとだ、温かいそばつゆに塩辛のだしが出て、すごくおいしい! これはお奨めです。 お店の人に「お客さんは運がいいですよ。 新鮮な切りこみを作ったときだけの特別メニューなんです」と言われた。

Rimg8790

我々の後ろでは観光客らしいカップルがわんこそばを注文していた。 この店のわんこそばはお客のペースに合わせて、わんこを持ってきてくれる。 いろいろと具が出てきて、それをお蕎麦とあわせて違った味を楽しむのである。 

午後。 高村光太郎が年老いて後7年も農耕自炊した庵が保存されているので、行ってみる。 豪雪地帯の集落からも外れたこの庵の生活を愛したというが、本当に静かなところである。 びっくりするほど粗末な庵だった。 雪に閉ざされた小さな空間で、さぞかしいろんなことを思索したんでしょうね。

ところで平日とはいえ、われわれ以外に人はいません。  

庵の奥に記念館があるので森を進むと、途中で小さなおばあさんに出会う。 おばあさんが「いらっしゃい」と言って一緒に歩き出したので、記念館の職員だということがわかった。 

記念館に着くとおばあさんがチケットを切り、館内の明かりを点けてくれる。 「鬼やんまが入ってくるから、お客がいないときは照明はつけていない」とのこと、そしてさっそくでかい鬼ヤンマが飛んできた。 おばあさんが1人で記念館を守っているようだ。

小さな館内の展示品を眺めていると、そのおばあさんがいつのまにか横にいて、独特の訛りのゆったりとした口調であれこれ説明してくれる。 千恵子のことなども。 

光太郎がサンタクロースの格好をしている写真について、「この写真は戦後間もないころ。 クリスマスパーティをすることになったが、当時はだれもサンタクロースなんて知らないから、(光太郎)先生に説明してもらって、みんなで着物の赤い長じゅばんを引っ張り出してきて、サンタクロースの服に縫い直した」と言う。 おばあさんにとって光太郎は「知り合いのえらい先生」なのである。 おばあさんの話を通して、高山光太郎がとても近い存在になってくる。

ここはこのおばあさんの話を聞くだけでも、足を延ばす価値があります。 

Rimg8794 Rimg8804

その後、宮沢賢治が教員のころ野外授業で引率したという「釜淵の滝」に行く。 低い滝だが、きれいな色をしていた。

Rimg8815 Rimg8818

そろそろ日も暮れてきたので、旅館に向かう。 

今回の秘湯の旅館は鉛温泉の「藤三旅館」である。 前出の光太郎記念館のおばあさんも「花巻温泉はたくさんの旅館でお湯を分け合うから、お湯が薄い。 鉛温泉はひとつの旅館でたっぷり源泉が使えて、お湯の質が高い」と言っていた。

この旅館は「宿泊部」と「湯治部」に分かれていて、自炊をしながら湯治することもできる。

Rimg8848_2

我々は宿泊の方です。

Rimg8843 Rimg8827_2

さっそく温泉に入る。 素晴らしい! やっぱ、温泉は違いますね。 じわじわと全身の毛穴から身体に効くものが入ってくる感じ。

有名な「白猿の湯」は岩盤をくりぬいて造った日本最大の立ち湯で、混浴で女性専用の時間が限られているが、もうほんとうにいいお湯です。

湯上りに「秘湯ビール」で一杯。 料理は品数がありすぎて、われわれにはこなせません。 

Rimg8838 Rimg8832  

Rimg8839 Rimg8835

茹でたタラバ蟹、キンキの塩焼きなども出てきたが、ほとんど残してしまった。

秘湯で豪華な食事は求めていないのだ、土地に密着したおいしいものをほんの少しだけ食べたいのだが。 

| コメント (0) | トラックバック (0)

08/09/03-05 平泉散策。

この夏休みは家にへばりついてノホホンと過ごしたかったが、夫は温泉に行きたくて旅館を予約していた。 

車で岩手まで。 岩手は初めてである。 目的は中尊寺の金色堂。

中尊寺はとてもいいお寺だった。 金色堂は必見だし、お寺全体が緑に覆われていてそぞろ歩きにぴったり。 ゆっくりと時間をかけて楽しむ寺だ。

2008_09060077_3 2008_09060100_2 2008_09060109_2 2008_09060120_2

中尊寺から車で数分の達谷窟毘沙門堂も岩にお寺がはりついていて面白い。 

2008_09060150_2 2008_09060151_2

寺の脇には岩に彫った大仏が。 身体も彫られていたがいつかの地震で削げ落ちてしまったとのこと。

2008_09060153_2 2008_09060157_2

一関の渓谷。 うっとりするような緑の風景。 緑と川があるとすごく満ち足りた気持ちになる。 やっぱり私は山派なのかな。

2008_09060168_2 2008_09060172_2

松島にも立ち寄ったが時間が少なかったのと天気が悪かったので、次回ゆっくり再訪することにしよう。

2008_09060191_3 2008_09060206_2

食事もおいしかった。 前沢牛、つぶ貝、サンマ、マグロ。 そして地の野菜。

2008_09060055_4 2008_09060057_2 2008_09060059_2 2008_09060066_2 2008_09060123_2 2008_09060175_2 2008_09060177_2 2008_09060179_2 2008_09060218_2 2008_09060182_2 2008_09060176_2 2008_09060189

岩手は山海の味の宝庫だ。 野菜のおいしいこと。 道の駅の野菜は安くて新鮮、さといもなどはまだ白いんです、ショウガみたい。 最終日に大量に野菜を買い込んで帰ろうと思ったが、朝早く出発したので思いは叶わなかった。 いちばんの心残り。

| コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あざみ野 | お取り寄せ | お弁当 | かみのやま | たまプラーザ | アフリカ | アムステルダム | イタリア | オランダ | クアラルンプール | グルメ・クッキング | コスタリカ | コペンハーゲン | コリア | サンフランシスコ | シンガポール | タイワン | デンマーク | ドイツ | ニューヨーク | ハワイ | ハンブルグ | バリ | バンコク | フィリピン | フランス | ブラジル | ベルギー | ホンコン | ホーチミン | ホームパーティ | ボストン | ランカウイ | ラーメン | ロスアンジェルス | ロンドン | 三軒茶屋 | 上野 | 中国 | 中目黒 | 中野 | 九段下 | 京都 | 人形町 | 伊豆 | 修善寺 | 八丁堀 | 六本木 | 別所温泉 | 北海道 | 千葉 | 半蔵門 | 原宿・表参道 | 名古屋 | 品川 | 四ツ谷 | 大阪 | 奈良 | 宝川温泉 | 宮城 | 小伝馬町 | 岐阜 | 岩手 | 広尾 | 御茶ノ水 | 恵比寿 | 掛川 | 新宿 | 新橋・虎ノ門 | 日本橋・東京 | 月島 | 東京・丸の内 | 栃木 | 根津 | 横浜 | 沖縄 | 浅草 | 浜名湖 | 浜松町 | 渋谷 | 湘南 | 湯島 | 溜池山王 | 田町 | 白金 | 目黒 | 神保町 | 神戸 | 神楽坂 | 神田 | 福井 | 福山 | 福島 | 箱根 | 練馬 | 群馬 | 羽田 | 自炊 | 草津 | 荻窪 | 菜食 | 蒲郡 | 西荻窪 | 赤坂 | 軽井沢 | 銀座・京橋・築地 | 錦糸町 | 長野 | 阿佐ヶ谷 | 青山・外苑前 | 青梅 | 静岡 | 韓国 | 駅弁・空弁 | 高円寺 | 高尾 | 麻布