浜名湖

14/12/31 Wed 舘山寺「うな助」の鰻。

朝。 ホテルで朝風呂のあと、朝食。 10時前にホテルをチェックアウトした。

うなぎを買って帰ろう。 

6年前の同じ大晦日に鰻を買ったお店がとてもおいしかったけど、名前も場所も覚えていない。 近場を車で回って、こんな感じの店だったという店の前に車を停めると、店からおばさんが出てきて困った顔で私を見る。 「持ち帰りできますか」と聞くと「お弁当?」と言うので「鰻だけ」と伝えると「それならできる」と、6年前と全く同じ会話をしたので、この店だったと確信した。

R0001446_edited1

店内。 そうそうこの感じ。 小さいけどピカピカに磨き上げてあって気持ちがいい。 人懐こい猫が店を出たり入ったりする。

R0001449

鰻ができるのを待つあいだ、猫と遊んだら喜んでひっくり返っちゃった、かわいー。 

R0001443_edited1

ぽんちゃんという名前の2歳の猫ちゃんだそうです。

帰り道で、目の前にどーんと富士山が見えた。

R0001454

夜。 お年とりの食事会。 筑前煮と数の子を昨日仕込んでおいたし、母がゴマメと黒豆を作ってきてくれたので、なますを作ってお刺身を並べるだけ。 分担すると楽だわー。

R0001462_edited1_2

舘山寺で買ってきた鰻には頭がついている。 夫は一本、母と私は一本を分けて食べた。

R0001465_edited1

| コメント (2) | トラックバック (0)

14/12/30 Tue 舘山寺へ一泊旅行。

朝。 冷蔵庫のお惣菜で朝ごはん。 野沢菜、ポテサラ、大根葉とジャコの炒め煮、小松菜とツナの炒めもの。

R0001412

今日は忙しいので、白いごはんの回りにお惣菜を盛って、目玉焼きを乗せた。 お味噌汁はわかめとねぎ。

R0001416_edited1

用事を済ませて、11時過ぎに浜名湖の一泊旅行に出かける。 車を買い替えたので、慣らし運転を兼ねて。 今度の車はスポーツカーなので、高速道路で私も久しぶりに運転を楽しんだ。

4時半ころ舘山寺に到着。 夕日がきれいだった。

R0001418_edited1

宿は「ホテル九重」。

R0001426

温泉に浸かって、夕食はレストランで。 

R0001427


R0001430_edited1


R0001432_edited1


R0001434_edited1


R0001435_edited1


R0001437_edited1


R0001438_edited1


R0001440_edited1


R0001441_edited1

そこそこおいしかったけど、6年前に出た鯛のお刺身も鰻もなくて、つまらなかった。 ちゃんと事前に電話で確認するべきでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/31 Wed お年越し。

 浜名湖の「ホテル九重」で。 朝食
 大津の道の駅で。 きつねうろん
 実家で。 おせち料理 ふぐ刺し ふぐちり シャンペン にごり酒

朝風呂を浴びて部屋に戻ると朝焼けがきれい。 ゆっくりと明けていく朝を楽しむ。

Rimg0210_2

朝食は干物など。 メヒカリ、サバ、鯛、笹かまぼこ。 

Rimg0212_2 Rimg0217_2

早めに宿を出て、焼きたての鰻をお土産にしてくれる店を探す。 浜名湖畔には星の数ほどの鰻屋があるが、朝早くから開いている店はなかなかない。 やっと一軒見つけて焼いてもらった。 焼きあがる頃を見計らって店に戻るとなんとも香ばしい匂いで満ち満ちている。 

実家に向かう途中、琵琶湖に寄り道していく。 一日で浜名湖・琵琶湖とわたり、湖三昧だ。

私の目的は「丁子麩」を買うこと。 丁子麩は近江の特産の麩で、去年琵琶湖に旅行したときに買ったらとてもおいしくてあっというまに食べてしまった、東京で探したがどこにも売っていないのである。 ネットで買えるが一つ数百円のものに倍以上の送料を払うのがばからしい。

琵琶湖畔の道の駅に寄ると、特産物コーナーはすでに正月休みで手に入らなかった。

しかたない、昼食をここで取ろう。 きつねうろんを頼んだら、関西風のきつねうろんが出てきて幸せ。 琵琶湖沿いにドライブして景色のいいところで車から降りて散歩したりした。 

Rimg0220_4 Rimg0225_4

夕方、実家着。

何もしなくていいようにおせち料理を届けてもらったが、ちゃんと母が煮物・黒豆・数の子などを作っていてくれた。

Rimg0231_4

私は天然とらふぐの刺し盛りとフグ鍋のセットを頼んでおいた。 野菜を用意をするだけで楽チン。

Rimg0230_4

母は80歳を目前にして先日太極拳の指導員の資格を取ったので、食後は新米指導員に太極拳を教えてもらった。 そのお年でよく片足立ちで動き回れるもんだ、人間何歳になっても遅いってことはないんだね。

母はほかにも、ヨガをやったり、百人一首をお習字したり、源氏物語を原文で読んだりしてアカデミックな毎日を送っている。 うらやましい限りだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

08/12/30 Tue 浜名湖の魚。

 玄米おにぎり 味噌汁(キャベツ・薄揚げ) 豚なしクーブイリチー 湯葉と山椒と塩昆布の煮物 きゅうりのぬか漬け りんご v
 高速道路のSAで。 かき揚げそば
 浜名湖の「ホテル九重」のレストランで。 コース料理 ビール 熱燗

朝。 おにぎり食べて帰省ツアーに出発、温泉に寄りながらの里帰りドライブである。 去年から宿の手配は夫にお任せで楽チン。

Rimg0149_2

昼。 高速道路のサービスエリアのフードコートでかき揚げそば。 お汁が塩辛い。

Rimg0166

夕方。 浜名湖のかんざんじ温泉の宿に到着。 部屋から穏やかな浜名湖が見える。 ホテル主催のサンセットクルーズに参加したら夕陽がとても綺麗だった。

Rimg0170_2 Rimg0183a_2

30分のクルーズで身体が冷え切った。 お風呂に入ろう! 

「ホテル九重」の温泉はいろんな種類のお風呂があり、とても楽しい。

夕食。 浜名湖は塩水と淡水が混じる汽水湖なので魚がたいそうおいしいらしい。 私が好きな麻布十番のフグ屋「亀の井」もここ遠州天然とらふぐを使っている。

前菜の盛り合わせとすっぽんの土瓶蒸しのあと、鯛の活き造りが出てきた。 魚の活き造りは身が締まっていなくて(死後硬直が始まる前に食べるので)おいしくないという認識だったが、どうやって処理したのかこりこりと甘くて旨い。 お頭もあとで煮付けにしてくれる。

Rimg0195_3 Rimg0202_3

ほかにもいろいろ出てきたがやっぱり鰻は旨かった。 白焼きと蒲焼。 どちらもおいしい。 〆のご飯はみかんご飯。 みかんの粉末をご飯に混ぜて炊いたもの。 これはおいしくもなんともなかった。

Rimg0197_2 Rimg0206_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あざみ野 | お取り寄せ | お弁当 | かみのやま | たまプラーザ | アフリカ | アムステルダム | イタリア | オランダ | クアラルンプール | グルメ・クッキング | コスタリカ | コペンハーゲン | コリア | サンフランシスコ | シンガポール | タイワン | デンマーク | ドイツ | ニューヨーク | ハワイ | ハンブルグ | バリ | バンコク | フィリピン | フランス | ブラジル | ベルギー | ホンコン | ホーチミン | ホームパーティ | ボストン | ランカウイ | ラーメン | ロスアンジェルス | ロンドン | 三軒茶屋 | 上野 | 中国 | 中目黒 | 中野 | 九段下 | 京都 | 人形町 | 伊豆 | 修善寺 | 八丁堀 | 六本木 | 函館 | 別所温泉 | 北海道 | 千葉 | 半蔵門 | 原宿・表参道 | 名古屋 | 品川 | 四ツ谷 | 大阪 | 奈良 | 宝川温泉 | 宮城 | 小伝馬町 | 岐阜 | 岩手 | 広尾 | 御茶ノ水 | 恵比寿 | 掛川 | 新宿 | 新橋・虎ノ門 | 日本橋・東京 | 月島 | 東京・丸の内 | 東北沢 | 栃木 | 根津 | 横浜 | 沖縄 | 浅草 | 浜名湖 | 浜松町 | 渋谷 | 湘南 | 湯島 | 溜池山王 | 田町 | 白金 | 目黒 | 神保町 | 神戸 | 神楽坂 | 神田 | 福井 | 福山 | 福島 | 箱根 | 練馬 | 群馬 | 羽田 | 自炊 | 草津 | 荻窪 | 菜食 | 蒲郡 | 西荻窪 | 赤坂 | 軽井沢 | 銀座・京橋・築地 | 錦糸町 | 長野 | 阿佐ヶ谷 | 青山・外苑前 | 青梅 | 青森 | 静岡 | 韓国 | 駅弁・空弁 | 高円寺 | 高尾 | 麻布