SHIZUOKA 静岡

20/09/03 Thu 日本平ホテルの朝食、宮きしめん、お墓参りと「菊乃井露庵」。

朝。 日本平ホテルの朝食は洋食にした。 コロナ対策でビュッフェの代わりにプレフィックスメニューになっている。

搾りたてのトマトジュースを選んだ。 トマトを絞っただけて、塩も入ってないそう。 フレッシュで爽やかで、お代わりした。

Img_7311

スープ、サラダ、

Img_7308

メインの卵料理は、両面焼きの目玉焼きにした。 温野菜、ベーコンとウインナーまで付いていて、すごいボリュームです。

Img_7310

フルーツとヨーグルト。 フルーツも新鮮で甘い。 

Img_7313

あまりに美味しくて食べすぎてしまった。

午前中。 ホテルを出発して、京都に向かう。

途中、御在所SAで休憩。 夫はきしめんを頼んだ。 少し味見すると、むっちりと弾力のある麺に驚いた。 私の知ってるきしめんと全然違う、いい意味で。

Img_7316

午後。 妙心寺に到着。 私の父方の御先祖さまが眠るお寺。 夫は散策に出かけた。

Img_7329

おっさん(和尚さん)に挨拶して、お墓に向かう。

Img_7330

Img_7318

お墓の近くの井戸で水を汲み、お墓に水をかけ、今日は雑巾で墓石を少し磨いてみた。 花を供えて、お線香に火をつけて合掌。 生前すごく可愛がってくれて、死後は私を災いから遠ざけてくれている祖父母に感謝を伝える。 どうかこのまま最後まで逃げ切れますように。

Img_7321

小さい頃から変わらないお庭。 

Img_7323

本堂に戻り、和尚さんと世間話をしておいとまする。

Img_7325

それから涅槃堂に行き、法要のお経をお願いとお布施して、父の眠る万霊塔に行くと、不意に涙がボロボロ出てきて自分でもびっくり。 後日、妹に話したら「浄化されたんだよ。 毒が少し抜けてよかったねー」といった。 ひどいね。

母にお墓参りの完了を報告して、夫と合流して、オークラにチェックイン。

夜。 予約しておいた「菊乃井露庵」に行く。 

まず、秋草を添えた虫籠が登場。

Img_7343

中から秋の味覚の数々が出てくる。 楽しい。

Img_7344

次に、陶器の小箱が登場。

Img_7345

お刺身は、鯛とサゴシ。 鯛がプリップリで美味。 関東人はマグロにこだわり、関西人は鯛にこだわる。

Img_7346

お椀。

Img_7348

グジ、カブ、松茸。 豆腐の三日月も入っている。

Img_7350

焼き物。 これ、なんだっけ。 散々説明してもらって、おいしかったんだけど忘れちゃった。 夫はハモだと言い張る。

Img_7353

ハモと松茸と壬生菜のしゃぶしゃぶ。

Img_7358 Img_7359 Img_7360

日本酒が進みます。

Img_7363

締めは鮎ごはん。 緑はタデ。

Img_7361

お汁は、枝豆の白味噌だったと思う。

Img_7364

デザートは2種類。

コッテリ系と、

Img_7366

さっぱり系。 デザートに興味なくて、手抜きの表現ですみません。 コッテリ系がすごく美味しかった。

Img_7365

夫が車の話をしていたら、司令塔格の板前さんが「私も車が好きで、この仕事に就く前は、自動車の修理工だったんですよ」と言う。 ビックリして「なんでまた、車から料理の世界に移られたんですか」と聞くと、もともとは料理の修行を長くしていて、一度好きな車の世界に行ってみたそう。 ここ親父の店なんで、というので名札を見ると「村田」と書いてあった。 

帰りは先斗町を抜けて行く。 閑散としている。

Img_7369

鴨川まで降りて、川沿いを散歩して帰った。

Img_7372

| | コメント (0)

20/09/02 Wed 港北SAの料理と、日本平ホテル。

夏休み後半は、京都にお墓参りに行く。 移動は車にして、途中日本平で一泊することになった。

今年は夫がずいぶん前から中尊寺方面への旅行を計画していたが、コロナで行くべきかギリギリまで悩んだ。 岩手は最後まで感染者が出なかったところで、行くのが迷惑なのか、経済効果なのか判断つかない。 雪平鍋の実物を有次で見てみたい私は「京都なら観光客に慣れていると思うよ、観光旅行をお墓参りに切り替えたら」と詭弁を弄すると、先週全部手配し直して「日本平経由の京都にした。 車で行く」とのこと。 今年のホテルは夫任せだ。

7時起床。 いつものように、スムージー、筋トレ、お風呂。

荷造りして11時に出発。

昼。 港北SAでランチ。 

私はサンマーメン。

Img_7241

夫は、とんかつとナポリタンの定食。

Img_7243

サンマーメンもとんかつもナポリタンもすごくおいしい。 とんかつはさっくり揚がっているし、ナポリタンもパスタの固さやケチャップ味の配合など、洗練された味だ。 夫が「ポンヌフよりずっと旨い」と言った。 私も異論なし。

前回食べたカツカレーもきつねそばもおいしかったし、港北SAの料理はほかのSAと比べてレベル高いんじゃないでしょうか。 メニューを次々制覇するのも楽しそう。

 

2時過ぎに、日本平の「日本平ホテル」に到着。 

部屋からの眺望が素晴らしい。 台風が来るので、あいにく富士山は雲に隠れている。

Img_7247

外に出て芝生を歩いてみる。 

Img_7254

展望台まで散歩すると、富士山が雲から姿を見せた。 今回はあきらめていたので、嬉しい。

Img_7269

部屋に戻ると、部屋からも富士山が見えた。

Img_7278

ヨガマットを持参したので、1時間ほどヨガ、ストレッチで身体をほぐす。 夫はその間、ずっとテラスに出て景色を見ていた。

シャワーを浴びてビールを飲んでから夕食に出かける。

夜。 食事付きのプランなので、ホテル内のお寿司屋さんに予約した。

前菜の盛り合わせ。

Img_7280

いか、

Img_7281

アジ。 これはおいしい。

Img_7282

タカサゴという魚。 後で調べたら、グルクンらしい。

Img_7283

海老。

Img_7287

中トロ、

Img_7288

これ、何だか忘れた。 私は炙りのお寿司がそんなに好きじゃないみたい。

Img_7289 Img_7290 Img_7291

穴子。

Img_7292

最後は鉄火巻き。

Img_7293

ボーダーシャツに白いパンツといういでたちの四、五十代の女性が一人で颯爽と入ってきて、カウンターの隣に座った。 白ワインをボトルで頼んでお寿司をつまんでいる。 そのうち、一緒に話すようになった。 大阪に住んでいて息子さんがこちらの大学に通っているので、このホテルは定宿で、すごく気に入っているそう。 昔CAをしていたそうで、大柄で華がある女性だった。

部屋に戻ると、夜景も綺麗だ。 夫はしばらくテラスで夜景を見ていた。

Img_7298

時間も早いので、ちょっとバーで一杯。 チーズも頼んだ。

Img_7307

バーのスタッフが双眼鏡を持ってきてくれた。 居心地のよいホテルで、ただただ景色を堪能するのも悪くない。

夫が「こんなに遠くを見るのは久しぶりだ。 目の疲れと肩こりが治った気がする」と言う。

 

| | コメント (2)

15/04/04 Sat 静岡のはしご酒。

土曜日の朝。 目が覚めると夫が「駿府に版画見に行こう」と言う。 ついでに泊まっておいしいもの食べて来よう。 

午前中、車で出かける。

昼。 東名の中井のSAでお蕎麦を食べる。 

私はとろろ蕎麦。 夫は舞茸天そば。 SAのお蕎麦はひどいものもあるけど、ここのは意外とおいしかった。

R0002671

サンドイッチもおいしそう。

R0002672_edited1

東京から2時間半ほどで静岡駅に到着。 家康が亡くなってから400年経つんですね。

R0002674

家康のお屋敷だった場所では結婚式をやっている。 桜の花びらが水面に散る。


R0002678

駿府美術館で版画を見る。 懐かしくなるような風景が多い。 夫はお目当ての版画を見て大満足だった。 

夕方。 静岡駅の近くで気になっていた居酒屋に4時過ぎに行ってみると、なんとすでに満席。

町をぶらぶら歩いて見つけたお店。 この店も我々が入って満席になった。 いったい静岡の人は何時から飲み始めるんでしょうか。


R0002692

みなさん、なんだかとても楽しそうに休日のお酒を楽しんでます。

R0002681

お刺身盛り合わせ1人前。 新鮮で美味。

R0002683_edited1

もつ煮。 野菜の火の通し方がとてもいい。

R0002685_edited1

若竹煮。

R0002688_edited1

一軒目はこれくらいにして、また町をぶらつく。

静岡駅周辺にはこんな横丁が点在していて、カウンターだけのお店がひしめいている。

R0002696_edited1


R0002697

大通りではダンスパレードを行っていた。

R0002702

2軒目は、町のお寿司屋さんという風情の「入船鮨」のカウンターにすべり込み、ぬる燗を頼む。

赤身の鉄火巻き、うん、とてもおいしい。

R0002704

生シラスもみっしり甘い。

R0002706_edited1

ヒコイワシもすごく新鮮だった。


R0002708_edited1

生桜エビのかき揚げを注文して、私の欲望は満たされた。

R0002714

3軒目は、夫の欲望を満たすため「梅蘭」で焼きそばを頼む。 この店の焼きそばは淵が卵で固められていて、

R0002716_edited1

具が中に入っている。 これもビールによく合います。

R0002717_edited1

駿府城のお堀では桜が咲き乱れていた。

R0002719

そのあと、ホテルに戻りバーでカクテルを一杯。 仕事の電話がかかってきたけど、長くかからずよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09/12/31 Thu 日の出と富士山。

 旅館の朝ごはん
 静岡駅地下パルコ前の「多楽」で。 ラーメン ふらのコロッケ
 実家にて。 お年越し料理あれこれ 白ワイン

朝。 日の出は6時50分らしい。 ホテルが三保の松原の目の前なので厚着をして日の出を見に行くことにする。 

もううっすらと明るくなっています。

Rimg4856a_2

あっ、お出ましになりました。 久しぶりの日の出、きれい。

Rimg4862_3

すぐに雲に隠れてしまったが、これもまた神秘的に美しい。

Rimg4872_2

お日様、再登場。 すごい光線です。

Rimg4878_2

富士山も左手にどーん!と朝日を浴びて立っていてびっくりした。 日の出に夢中で気がつかなかったよ。

Rimg4866_4

身体が芯から冷えてしまったのでホテルに戻ってお風呂に入る。 あー、気持ちいい。 そして朝食。

ホテルを出発して日本平に行ってみる。 売店でみかんを買う。 乾燥野菜も売っている。 店のおばあさんが「このシソ、手作りだからとてもおいしいよ」と言う。 「全然香りのしない乾燥シソよくあって、買ってがっかりするんですよね」というと、「これは違うよ、ほら」と中をあけて匂いを嗅がせてくれた。 ほんと、いい匂い。 大葉と大根葉の乾燥を買った。

Rimg4900_2

昼。 静岡のご当地ラーメンでもトライしますか、と駅前を歩くがなかなか見つからない。 だんだん寒くなってきたので地下街に入る。 すると目の前にラーメン屋さんが。 コロッケもあるしこの店にしますか。 カメラを車の中に置き忘れたので携帯画像です。

091231_121133_2

店はけっこう混んでいて若者二人組と相席になった。 我々は醤油ラーメンとコロッケを頼んだ。 醤油ラーメン、とてもおいしい。 基本の基本の味。 こういうラーメンが食べたいのよね。 チャーシューもしっかりた味でとても好み、チャーシューメンでもないのに4枚も入っていたので、3枚は夫に差し上げた。

091231_120028 091231_120132_2   

向かいの若者男子2名は揃って、醤油ラーメンと焼肉とご飯を食べていた。 すごい食欲。

静岡駅で夫と別れて新幹線で実家に向かう。 今年はお正月休みが短いので、夫は自宅に戻ってゆっくりするそう。 お雑煮の作り方などを熱心に聞いていたが、本当に作るのか。

実家で小ぢんまりとお年越し。 ワインと蟹を宅配で届けておいた。 あとは母の手作りの料理などを楽しんだ。 カメラは車の中に置き忘れられたまま東京に戻ったので帰宅するまで携帯画像です。

091231_172150_2

091231_172009 091231_164031_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09/12/30 Wed 三保の松原。

 おろし蕎麦 煮物 りんご v
 玄米おにぎり お稲荷 
 「羽衣ホテル」の夕食 桜海老のコース 熱燗 白ワイン

朝。 最近食べすぎで確実に体重が増加してます。 反省もこめて朝はさっぱりとおろし蕎麦。 大根が甘い。

Rimg4806

昼前に車で出発。 今年の年末旅行は「三保の松原」だそう。 旅行企画担当の夫が天女が羽衣をかけた松の目の前のホテルを予約したという。

3時ころ清水に到着。 エスパルスドリームプラザに立ち寄る。 特産品コーナーや大型スーパーやすし横丁がある。 特産品コーナーで麺類などを仕入れ、スーパーをひやかして歩く。 静岡おでんや富士宮焼きそばなどをお土産に買った。
寿司横丁はいろんなすし屋が集まっていて、どれもこれもおいしそう。 明日の昼に食べに来ようか、でもホテルの夕食でたくさんお刺身が出てきて明日になればお寿司食べたいと思わないかもね、などと言いながらも各寿司屋の店構えやメニューをチェックしたりして。

夕方。 ホテルに到着。 さっそく三保の松原に散歩に行く。 松原が海岸沿いに広がる。 枝が横に伸びているので、テントの中を歩いているような、かまくらの中にいるような安心感がある。

松原を抜けると海岸が広がる。 その手前に羽衣伝説の松がある。

Rimg4811_2

再び松原の遊歩道を散歩していたら、突然夕陽が見えた。 写真ではイマイチだがとてもきれいだった。 追いかけていい場所で写真を撮ろうとしたが、あっという間に沈んでしまった。

Rimg4822

ホテルに戻りお風呂に入る。 内風呂はひろびろして気持ちいい、露天風呂もある。 しかし温泉ではないので残念。 

部屋でくつろいでいると夕食が運ばれてきた。

前菜の盛り合わせ。 ブルーチーズとサーモンのお豆腐のようなものと桜海老のお刺身。 夕食は「桜海老のコース」を注文した、と夫が言う。

Rimg4823 Rimg4824

続いてお刺身の盛り合わせがどーんと出てくる。 これ、二人分ですか?

Rimg4826

こんなに食べきれない。 伊勢海老とサザエがおいしかったので、私たちはそれだけあれば他はいらないです。

次に鮑が出てきた。 陶板の上でワイン蒸しにする。 ワインをかけると暴れる鮑。 怖いのですぐに蓋をした。 とてもおいしかったが、これでもうお腹いっぱいです。

Rimg4829_2 Rimg4830_2

しかし、料理は続く。 お椀(画像なし)のあとに煮物、ステーキが出てきた。 私は肉は一切れだけ食べた。

Rimg4833_2 Rimg4835_2

そのあと、豚しゃぶ! 私は野菜だけ食べた。  それから酢の物(画像なし)と桜海老のかき揚。

Rimg4839_2 Rimg4836_2

最後は生桜海老ごはん。 

Rimg4841_6

いい味だが、ご飯が冷えていて惜しい。 ご飯は冷えていてもいいが、炊いて蒸らしたあとすぐにかき混ぜてふわっとさせる工程が省略されていたので、ごはんが硬くなってしまっていた。

Rimg4843_4

食事は全般においしかったけど、量が多すぎ。  仲居さんですら「全部食べるお客さんはいません」と言っていた。 もう少し現実的な量にしていただきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1 BENTO お弁当 1 CANTEEN 社食 1 COOKING CLASS お料理教室 1 COOKING 自炊 1 EKIBEN/IN-FLIGHT MEALS 駅弁・空弁・機内食 1 FOOD DELIVERY お取り寄せ 1 HOME PARTY ホームパーティ 1 KITCHEN & OTHER ITEMS お勧めアイテム 1 RAMEN ラーメン 1 RECIPE レシピ 1 SOBA STAND 立ち食いそば 1 VEGETARIAN 菜食 AKASAKA 赤坂 AKIKAWA 秋川 Amsterdam アムステルダム AOMORI 青森 AOYAMA/GAIENMAE 青山・外苑前 ASAGAYA 阿佐ヶ谷 ASAKUSA 浅草 ASAKUSABASHI 浅草橋 AZABU 麻布 AZAMINO あざみ野 Bali バリ Bangkok バンコク Belgium ベルギー BESSHO ONSEN 別所温泉 Boston ボストン Brazil ブラジル Cambodia カンボジア CHIBA 千葉 China 中国 Copenhagen コペンハーゲン Cost Rica コスタリカ DAIKANYAMA(代官山) Denmark デンマーク Dubai ドバイ EBISU 恵比寿 EHIME 愛媛 EIFUKUCHO/HAMADAYAMA 永福町・浜田山 France フランス FUKUI 福井 FUKUOKA 福岡 FUKUSHIMA 福島 FUKUYAMA 福山 GAMAGORI 蒲郡 Germany ドイツ GIFU 岐阜 GINZA/KYOBASHI/TSUKIJI 銀座・京橋・築地 GUNMA 群馬 HACCHOBORI 八丁堀 HAKONE 箱根 HAMAMATSUCHO 浜松町 HAMANAKO 浜名湖 Hamburg ハンブルグ HANEDA 羽田 HANZOMON 半蔵門 HARAJUKU/OMOTESANDO 原宿・表参道 HATSUDAI 初台 Hawaii ハワイ Helsinki ヘルシンキ HIGASHI KITAZAWA 東北沢 HIROO 広尾 HIROSHIMA 広島 Ho Chi Minh City ホーチミン HOKKAIDO 北海道 Hong Kong 香港 IKAHO 伊香保 IKEBUKURO 池袋 Indonesia インドネシア Italy イタリア IWATE 岩手 IZU 伊豆 JINBOCHO 神保町 KAGURAZAKA 神楽坂 KAKEGAWA 掛川 KAMINOYAMA かみのやま KANDA 神田 KARUIZAWA 軽井沢 KAWASAKI 川崎 KICHIJOJI 吉祥寺 KINSHICHO 錦糸町 KOBE 神戸 KODENMACHO 小伝馬町 KOENJI 高円寺 Korea 韓国 Kuala Lumpur クアラルンプール KUDANSHITA 九段下 KUSATSU 草津 KYOTO 京都 Langkawi ランカウイ London ロンドン Los Angeles ロスアンゼルス MEGURO 目黒 MIYAGI 宮城 MIYAJIMA 宮島 MONZENNAKACHO 門前仲町 NAGANO 長野 NAGOYA 名古屋 NAKAMEGURO 中目黒 NAKANO 中野 NARA 奈良 NERIMA 練馬 Netherland オランダ New Orleans ニューオーリンズ New York ニューヨーク NEZU 根津 NIHONBASHI 日本橋 NINGYOCHO 人形町 NISHIOGIKUBO 西荻窪 OCHANOMIZU 御茶ノ水 ODAWARA 小田原 OGIKUBO 荻窪 OHFUNA (大船) OISO 大磯 OKINAWA 沖縄 OSAKA 大阪 OUME 青梅 Philippines フィリピン ROPPONGI 六本木 SAGA 佐賀 San Francisco サンフランシスコ SANGENJAYA 三軒茶屋 SHIBUYA 渋谷 SHINAGAWA 品川 SHINBASHI/TORANOMON 新橋・虎ノ門 SHINJUKU 新宿 SHIROGANE 白金 SHIROSAKI ONSEN 城崎温泉 SHIZUOKA 静岡 SHONAN 湘南 SHUZENJI 修善寺 Singapore シンガポール Taiwan 台湾 TAKAO 高尾 TAKARAGAWA ONSEN 宝川温泉 TAMA PLAZA たまプラーザ TAMACHI 田町 TAMEIKE SANNO 溜池山王 TENNOUZUAIRU 天王洲アイル TOCHIGI 栃木 TOKYO/MARUNOUCHI 東京・丸の内 TSUKISHIMA 月島 TSUKUBA つくば UENO 上野 WASEDA 早稲田 YAMANASHI 山梨 YOKOHAMA 横浜 YOTSUYA 四ツ谷 YUSHIMA 湯島 グルメ・クッキング