コペンハーゲン

17/06/09 Fri デンマークの伝統的ミートボールとポテトサラダ。

午前中、顧客訪問。

昼の会食には私は出席する必要がないので、今週のお仕事はこれで終わり。 バンザイ。

素晴らしいお天気なので、スーツを軽い服に、メガネをサングラスに替えて、近くのNyhavnに出かける。

R0044716

お目当てのレストラン「Restaurant Heering」はテラス席がいっぱいで、いつもの「Nyhavn Faergekro」に行くとテラス席が空いていた。

生ビールを頼んで、メニューをじっくり見る。

あれもこれも美味しそうで、お店のスタッフに聞くと3品ほど勧めてくれた。 その中から「デンマークの伝統的ミートボールのサンドイッチ、ポテトサラダ添え」にする。

しばらく待つとサンドイッチが登場。

R0044720

美味しそー。

R0044719

そして実際すごくおいしかった。 振り返ると今回の出張の一押しの食事だ。

バターつきライ麦パンに、ジューシーな豚肉ミートボールが3個乗っている。 ミートボールの旨みと脂がライ麦パンにしみ込んで、重めのライ麦パンが柔らかい表情になり、具とパンのバランスが絶妙。 今まで味わったことのないサンドイッチのおいしさを知る。

付け合わせのポテトサラダも、びっくりするほどおいしい。 

茹でた小さな新じゃがにケイパーとピクルス、それをサワークリーム入りのマヨネーズで和えて、チャイブが散らしてある。 新じゃがの季節だけに楽しめる、大人のポテトサラダだ。 絶対に真似しよう。

R0044721_2

隣の席にはドイツ人の年配女子4人がやってきた。 仲良し4人組のようで、全員がガイドブックを持っている。

何を注文するかのかなと思っていると、全員が同じスモークサーモンのサンドイッチを頼んだ。 そして、4人が別々に会計をしていた。 面白い。

R0044725

夕方。 飛行機でドイツのハンブルグに移動する。 今回は週末を欧州で過ごすことになり、ノルウェーに行けばと勧められたけれど、やっぱり次の目的地に早めに入っておくと気が楽なので、ハンブルグで週末を過ごすことにした。

夜。 ハンブルグに到着。 洋食が苦手のGさんのためにホテル近くの中華料理店をググる。

地元の生ビールで乾杯して、料理はGさんに決めてもらう。

R0044728


R0044729

| | コメント (4) | トラックバック (0)

17/06/08 Thu コペンハーゲンのホテル「SKT Annae」の朝食。

今回のコペンハーゲンのホテルは「SKT Annae」。 定宿のScandic Frontのグループホテルだ。

フロントの先のパティオみたいな空間が光がいっぱいで気持ちいい。 事前打ち合わせなどによく使った。

R0044727

ホテルの朝食。 焼きたてのパン。

R0044704

ハム類。

R0044705


R0044706

チーズやパテなど。 地元のスタッフに「デンマークでは朝からパテ食べるの?」と聞くと「食べない。 観光客用のメニュー」とのこと。

R0044707

生野菜。

R0044708

フルーツ。

R0044709

私の朝食。

Img_0790

日本では朝食は生ジュースなどで抑えているけど、欧州に来るとパン・ハム・チーズがおいしくて、どうしても食べてしまう。

昼。 顧客と会食。

夜。 ヨーロッパ人たちが週末に向けていそいそと自宅に帰ったので、夜はアジア人だけで。

シンガポール人のGが「ホテルの近くにタイ料理屋さんを見つけたよ。 白人たちが戻ってくるとまた洋食が続くからね」と言う。 どうも洋食が苦手らしい。

私同様、土地の料理を楽しむ日本人の同行者が「ヨーロッパでアジア料理を食べるのは初めてですね」と言う。

タイ風さつま揚げ、

R0044710

タイ風天ぷらをシェアしたあと、

R0044711

各自メインを注文した。 私はチキンチャーハン。

R0044712

おいしかったけど、すごい量で半分残した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/06/07 Wed コペンハーゲン「Nyhavns Faergekro」の魚介料理。

今日から欧州出張です。

ヘルシンキ経由でコペンハーゲンに到着。 ホテルに着くころにはすでに18時前だったが、ヨーロッパはまだまだ明るい。

先に着いていたシンガポール人のGとホテルのラウンジでビールを飲んでいると、オランダ人Aもやってきた。

Nyhavns Faergekro」に行く。 前回おいしかったので。

軽めのメニューを頼んでシェアした。

ニシン料理の盛り合わせ。

R0044703

スモークサーモン。

R0044701

茹で海老。 (美味!)

R0044702

前菜盛り合わせ。

R0044699

チキンクリームのパイ。

R0044700

シンガポール人のGは転職して先月からチームに加わり、新製品プロジェクトの責任者だ。

顧客としては何年も知っていたし仕事のやり方もわかりやすいし尊敬もしているけど、一緒に出張するとプライベートな一面もわかるので、興味津々。

向こうにも一日目にして「方向音痴なんだ」と私の不名誉な一面もばれてしまったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/03 Sat コペンハーゲンのホテルの朝食。

帰国日の朝。 宿泊先の「Scandia Front」ホテルの食堂の開始時間の7時に朝ごはんを食べに行く。

Img_4236_1

パンコーナーではいい香りが立ちのぼっている。 すべてのパンが焼きたてでほんのりと温かく、とても幸せな気持になる。

Img_4241_1

果物は大振りに切ってあり、客が好きなように切り分ける方式。 とても合理的です。

Img_4237

私の最大関心エリア、ハムとチーズコーナーです。 菓子パン(デイニッシュ)のコーナーもちゃんとありますが、辛党の私は素通りでした。

Img_4240_1

いただきまーす。

Img_4242_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/09/02 Fri コペンハーゲンのイスラエル広場。

一人の夜。 ランチが遅かったのでお腹が空かないし、7時過ぎでもまだまだ明るいので散歩に出かける。

Irmaというスーパーマーケットをのぞいてみる。 木目調の店内が暖かい。

R0041736


R0041737

R0041738

外国では市場に行くのが私のミッションで、デンマークにも「イスラエル広場」という市場があるらしい。 Google Mapによると徒歩で20分くらいなので行ってみる。 

明るく美しい市場だ。

R0041742


R0041739

入り口付近では、音楽に合わせて踊る人たちも。

R0041741

質の高い市場で、イートインコーナーを併設するお店が多く、軽食とワインを楽しむ人も多い。

R0041743_2


R0041744


R0041746

とても楽しい市場だった。

歩いてホテルに戻る頃にはとっぷり日も暮れる。 

港には軍艦が停泊していて、中では音楽の生演奏もやっている。

R0041758

ホテル横のデッキに腰かけて夕涼みした。 デッキの下は海なので、ちゃぷちゃぷと波の音が耳に心地よい。

R0041752

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/04/29 Fri コペンハーゲンでニシンのビュッフェ、アクアヴィット、オープンサンド。

やっと帰国の日です。 日本ではもうゴールデンウィーク始まってます。

早く目が覚めてカーテンを開けると日の出がきれい。

R0040364

早朝の町をウォーキング。 その後、ホテルの食堂で朝食。 レバーパテが激うまで、マスタードをたっぷりつけてパンに乗せて食べた。 

R0040366

そのまま明るい食堂で数時間Surface3に向かって仕事。

帰りのフライトまで半日あるので、町を散歩。 世界の三大がっかり像の一つの人魚の像を見に行く。 

コンビナートに囲まれて、なんだかとても場違いなところに置かれた感じがちょっと哀れ。

Img_3984

公園もきれい。

Img_0280


Img_0279

宮殿。 旗が立っているのは城の主が在席中ということ。

Img_3985

女性の衛兵もいた。

Img_3986

昼。 教えてもらったオープンサンドのお店に行く。 「Nyhavns Faergekro」という名前。

カウンターには冷たいニシンや温かいニシンの料理がずらり。 「にしんのビュッフェ」とある。 頼んでみよう。

R0040377

ニシンの燻製。

R0040376

ニシンにはアクアヴィット。 キンキンに冷えてます。

Img_0275

ニシンは玉ねぎ・赤玉ねぎ・チャイブ・ディル、そしてたっぷりのケイパーと共に食べる。 燻製ニシンが特に気に入ってお代わりした。

R0040381

温かい鍋に入った新じゃがいももおいしい。

オープンサンドも食べなくちゃ。 2種類頼んでシェアすることにする。

私は魚のフライにグリーンランドのエビを乗せたものを頼んだ。 フライとエビの組み合わせって私は絶対に思いつかないけど、両方食べたかったので頼んでみたら、これがアタリだった。

R0040382

こちらは店のスタッフのお勧めの、焼きタルタルステーキ。 ビーツと卵黄とカレーピクルスと赤玉ねぎが添えてある。 

R0040384

お肉の焼き方を選べるので生に近い焼き方を選んだらとてもきれいな赤身で、美味だった。 生の卵黄にからめて食べる。

通りではみんな昼間っからビールやワインを楽しんでます。

R0040389

その後、デパ地下で食料の買い出しをして、ホテルに戻りチェックアウト。

さぁ、帰ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/04/28 Thu コペンハーゲンで、フィヨルド海老、ニシン、豚せんべい。

朝。 ホテルでいつものように朝食を取りながら打ち合わせ。 

午前中、顧客訪問。 その後、事務所の向かいのレストランで会食。

ニシンとオープンサンドを食べるのがいいというのが顧客のお勧め。 

小さな茹で海老はないかなと聞くと「メニューにはないけど、黒板のお勧めのフィヨルドで採れるエビが旬。 シーズンはすごく短い」ということなので、さっそくそれを頼む。  

R0040347

んー、味に記憶がない。 オランダ海老のように味が濃いというわけでもないし、アイスランドエビのように甘柔らかくもなかった。

ずっしりした黒パン。 

R0040348_2

ニシンの酢漬け。 たっぷりのケイパーと赤玉ねぎとディルで食べる。 かなり甘いピクルス液で漬けてあった。

R0040349_2

あとでデンマーク人のスタッフが「この店はイマイチ。 本当のデンマーク料理はもっとおいしい」と耳打ちした。

午後。 郊外の顧客訪問。 こちらは揉めている顧客なのでかなり時間がかかった。

しかし何とか継続で合意できて、これで今回のスケジュールはおしまい!

夜。 スタッフがデンマーク料理のお店「Parnas」を予約してくれたので行ってみる。 

R0040350

前菜にロブスタービスク。

R0040353

メインはデンマーク料理のクリスピーポークを注文する。 

カリカリの豚バラ肉のおせんべいだ。 新じゃがにパセリクリームソースがかかっている。 豚はすごく固いけど、とてもおいしい。 ソースでふやけてくるのがまたおいしい。 世の中にはいろいろな食べ物があるんですね。

R0040355

同行者が頼んだのはシュニッツェル。 新物のグリーンピースがとてもおいしかった。

R0040356

夜の町。 通り沿いにずっとレストランやバーの灯りが続いていてコペンハーゲンでいちばんにぎわうスポットだそう。

Img_0014

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/04/27 Wed マルセイユからコペンハーゲンへ。

午前中、顧客訪問。 その後、会食。

顧客の会社内のギャルソン付きのフォーマルなレストランだったので写真はなし。 

ひとつ実感したのはフランス人はソースを大切にするってこと。 どの料理にも手間をかけたソースがかかっていて、上手にソースを最後まで食べてしまうので、みんなのお皿は舐めたようにピカピカだった。

ホテルに戻り、楽な服に着替えて空港に向かう。 空港のカフェでビール飲みながら同行者が「あと4回飛行機に乗ったら帰れます」と言った。 ふぅ。

アムステルダム経緯でコペンハーゲンへ。 

ホテルに到着するとすでに22時過ぎ。 部屋から発電所が見える。

R0040346

バーで、みんなで地ビールを飲みながらしばし歓談してから寝た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/11/26 Fri コペンハーゲンで週末。

 フルーツ盛り合わせ v
昼 顧客先で会食
 ホテルでルームサービス ハンバーガー ワイン

朝。 4時に目が覚める。 プレゼン資料にもう一度手を入れる。

午前中。 顧客先で会議。 顧客とうちの会社が戦略的パートナーなので、年に一度のトップレベルの会合に各部門が対応しておのおのプレゼンと意見交換をする。

昼。 同じビルの顧客の接待室で会食。 食器はすべてロイヤルコペンハーゲンだった。 

ホテルに戻り、イギリス人の同僚と議事録の打ち合わせ。 同僚は夕方の便でロンドンに帰った。

「雪が降っているからって、部屋でぬくぬくしないでちゃんといろいろ見たらいいよ」と言われた。 しっかり読まれてますね。 

かわいい雑貨でも買いに行こうかな、と厚着して出かける。 チボリ公園はクリスマスのイルミネーションがきれいだが、雪が降っているのでお金を払って中に入る気持ちになれない。 周りをぐるっとまわってみる。 

Rimg10066 Rimg10069

近くの商店街もクリスマスの飾りつけがきれい。

Rimg10067

寒くて1時間もしないうちにホテルに逃げ帰る。 

宿泊先ののマリオットホテルは味もそっけもないホテルで、部屋の備品が極端に少ない。 マグカップすらない。 

今日顧客先でもらったお土産を開けると、ロイヤルコペンハーゲンのペアのマグカップだった。 ラッキー、これを使おう。

ルームサービスでハンバーガーとワインを頼む。 お湯も頼んだ。

Rimg10073

ハンバーガーは予想外にジューシーでおいしかった。 持参のスープも作って飲んだ。

コペンハーゲンの郊外に住んでいる元同僚が電話で「明日、遊びにおいでよ。 一緒にランチしよう」と誘ってくれる。 

「雪、ひどくないかな。 週末に押しかけたら悪いし、今度東京で会おうよ」などとぐずぐず言うと、「東京ではいつでも会えけど、デンマークの古都に来る機会はめったにないよ」と言われて、出かけることにした。

そうときまったら、あとは部屋でのんびりしよう。

お気に入りの音楽を聴きながら、気功体操とストレッチをたっぷりとやって寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/11/25 Thu ロンドンーコペンハーゲン。

 バナナ カップにゅう麺
 ヒースローのBAのラウンジで。 野菜ハムサンドイッチ ポテトチップス
 ホテルのグリルレストランで。 パン カラマリフリット ステーキサラダ 赤ワイン

朝。 昨日のうちに近くの食料品店で買っておいたバナナと持参したミニカップにゅう麺を食べる。 ヨーロッパの長期出張にはカップ麺などを持参することが必須です。 汁物がないから。

10時に事務所で打ち合わせ。 12時前に事務所を出て空港に向かう。 ファーストクラスラウンジで軽くランチ。

5時半ころコペンハーゲンに着く。 雪が積もっている。

事前打ち合わせを終えて、重役たちを出迎える。 

夜。 ホテルのレストランで食事。

私はイカのフリットを頼んだ。 まあまあの味。

Rimg10061_2

メインはステーキサラダ。 葉っぱが硬くて食べ切れなかった。

Rimg10062_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あざみ野 | お勧めアイテム | お取り寄せ | お弁当 | お料理教室 | かみのやま | たまプラーザ | つくば | アフリカ | アムステルダム | イタリア | オランダ | クアラルンプール | グルメ・クッキング | コスタリカ | コペンハーゲン | コリア | サンフランシスコ | シンガポール | タイワン | デンマーク | ドイツ | ドバイ | ニューヨーク | ハワイ | ハンブルグ | バリ | バンコク | フィリピン | フランス | ブラジル | ベルギー | ホンコン | ホーチミン | ホームパーティ | ボストン | ランカウイ | ラーメン | レシピ | ロスアンジェルス | ロンドン | 三軒茶屋 | 上野 | 中国 | 中目黒 | 中野 | 九段下 | 京都 | 人形町 | 伊豆 | 伊香保 | 修善寺 | 八丁堀 | 六本木 | 別所温泉 | 北海道 | 千葉 | 半蔵門 | 原宿・表参道 | 吉祥寺 | 名古屋 | 品川 | 四ツ谷 | 城崎温泉 | 大磯 | 大阪 | 奈良 | 宝川温泉 | 宮城 | 小伝馬町 | 小田原 | 山梨 | 岐阜 | 岩手 | 広尾 | 御茶ノ水 | 恵比寿 | 掛川 | 新宿 | 新橋・虎ノ門 | 日本橋 | 早稲田 | 月島 | 東京・丸の内 | 東北沢 | 栃木 | 根津 | 横浜 | 永福町・浜田山 | 沖縄 | 浅草 | 浅草橋 | 浜名湖 | 浜松町 | 渋谷 | 湘南 | 湯島 | 溜池山王 | 田町 | 白金 | 目黒 | 神保町 | 神戸 | 神楽坂 | 神田 | 福井 | 福山 | 福島 | 秋川 | 立ち食いそば | 箱根 | 練馬 | 群馬 | 羽田 | 自炊 | 草津 | 荻窪 | 菜食 | 蒲郡 | 西荻窪 | 赤坂 | 軽井沢 | 銀座・京橋・築地 | 錦糸町 | 長野 | 門前仲町 | 阿佐ヶ谷 | 青山・外苑前 | 青梅 | 青森 | 静岡 | 韓国 | 駅弁・空弁 | 高円寺 | 高尾 | 麻布