ニューヨーク

16/08/04 Thu ニューヨークで初オペラ。

朝。 持参したミニカップ蕎麦を事務所で食べる。

午前中。 顧客ご一行が事務所に来社して打ち合わせ。 受注はしたものの契約条件が合意に至らず平行線になっているので、実際に顔を合わせての商談となった。 お互いの希望条件の背景を説明し合い、譲るところはゆずりなんとか合意に達した。 数か月もめていたのでほっと一息。

昼。 顧客とランチ。 カジュアルなイタリア料理の「Naples 45」で。 前菜をシェアして、メインはピザにした。 ピザ生地がとてもおいしかった。

午後。 お喋りなアメリカ人の顧客が事務所に来社して、2時間近く大喋りして帰った。 出口までみんなで送りに行ったら、お別れのハグをしたあともまだ5分以上喋ってから帰って行った。 すごいわー。

夜。 ミュージカル好きの同行者がサクッとネットで予約して、アラジンを見に行くことになった。

仕事が終わらないので後ろ髪をひかれる思いだったけど、もうチケット買っちゃったし気分を切り替えてミュージカルを楽しむことにしよう。

劇場に行く前にホテルのギフトショップでお水を買ったらスタッフのおじさんに「so beautiful」とサムアップしながらお世辞言ってもらい、ちょっと(かなり)嬉しかった。

劇場の内装。

R0041382

客席は予想外に小ぢんまりしている。

R0041386

我々の席は前から2列目なので、階下のオーケストラの様子も見える。

R0041387

昨夜は(というか今朝というか)、朝の3時前までアジアと仕事の打ち合わせをしていたので、絶対に途中で寝てしまうだろうと思っていたけど、初めてのミュージカルが物珍しくて最後まで起きていました。

衣装や大道具が豪華さにびっくり。

ニューヨークに駐在していた同行者が、タイムズスクエアやロックフェラーセンターなどを通りながら観光してくれた。

R0041390

10時過ぎ。 夕飯は例のごとく、バーでおいしいビールやワインを飲みながらさくっと行きましょう。 ホテル近くの「Maggie's Place」というパブに入ってみる。

美人で気風のいいお姉さんが「食事?」と聞くので、「軽くシェアして食べたい」と答えると奥のテーブル席に通された。

近くの席では常連らしき肥ったおばさんが、大皿に盛られたメインディッシュを黙々とやっつけていた。

われわれは生ビールを飲みながらメニューを吟味する。 シェパーズパイやアイリッシュラムシチューなどの正統バー飯メニューもあって心惹かれたけど、頭も体も胃も疲れているので、やっぱりおつまみメニューにする。

コーンミール粉の衣のカキのフリット。 牡蠣が新鮮で、衣がとても軽くてクリスプでアタリだった。

R0041398

バッファローチキン、中辛。 中辛のソースは邪魔でした。 生のニンジンが添えてあり、ポリポリ食べた。

R0041399

定番のシーザーサラダ。 これも無難においしかった。 これでもハーフサイズ。

R0041400

時々様子を見にきて世話を焼いてくれる感じのいいお姉さんがいて、肩の張らないおいしい料理があって、冷たい生ビールがあってサイコーです。

アメリカのいいところは、どの店に入ってもいい感じに冷えたおいしい白ワインとそこそこの赤ワインが出てくること。 グラスワインの量がなみなみ、というところも好き。

| コメント (2) | トラックバック (0)

16/08/03 Wed 大活躍のグーグルマップ、ニューヨークのダイナーでランチ、ポルトガル料理の夕食。

早朝。 運動不足の解消にニューヨークの町をウォーキングする。 

セントラルパークから摩天楼が見える。 朝からウォーキングやジョギングをする人が多くて、気のせいか昔より肥満の人の数が少ない気がする。

R0041367

午前中。 ニュージャージーに移動して、顧客訪問。

昼。 午後の訪問先の近くで、前回気に入ったアメリカンダイナーの「Cobble Stone」に行く。 

「よくお店を覚えてるね」と言われるけど、実は気に入ったお店をグーグルマップに☆印を付けて保存しているだけなんです。 今まで行った国のおいしかったレストランには☆がついているので、Google Mapの現在地を表示させて近くの☆を探せば、必ずおいしいお店が出てくるという仕組み。 この機能、本当にお勧めです。

私はスープとサンドイッチハーフとサラダのセットにする。

今日のスープはクスウォッシュのスープ。 優しいおいしさです。

R0041371

サンドイッチの具はターキーを選んだ。 しっとりしたターキーでした。

R0041372

午後。 顧客訪問ののち、マンハッタンの事務所に行き打ち合わせ。

夜。 ポルトガル料理の「イパネマ」に行く。 

このお店は、夜は何を食べようかと事務所で話していて、ポルトガル料理に行こうということになり、アメリカ人の同僚マイクがiPhoneに向かって「近くのポルトガル料理(Portuguese restaurants near me)」と聞いて、出てきたお店のひとつ。 Siriも便利です。

カイピリーニャを飲みながらメニューを検討して、みんなでシェアして食べることにする。

ヤシの実のサラダ、

R0041375

海老のピリピリ、レベルの高いピリピリです。

R0041374

ムール貝とチョリソの煮込み、これもいい味出てます。

R0041376

メインの肉、

R0041377

肉、

R0041378

魚介のシチュー、

R0041379

とても美味でしたが、肉を一品減らしてパエリア頼めばよかったなー。

デザートはバナナクリームみたいなもの。

R0041380

ポルトガル風プリン。

R0041381

ごちそうさま。

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/08/02 Tue サンフランシスコからニューヨークに移動。

今日はサンフランシスコからニューヨークへ移動の日。

朝の8時半のフライトに乗るとニューヨークには夕方の5時半に着く、…のはずが出発が遅れに遅れて結局午後1時のフライトになった。 

ニューヨークのホテルにチェックインしたのが夜の11時ころ。 

部屋に落ち着いたら機内で作成したメールを送信しようと思ったら、なんと私の部屋には机がなかった! 仕事する場所ないじゃないですか、とパソコン片手に下に降りてバーで仕事することにした。

生ビールとルーベンサンドと頼んで、同行者たちに「バーで仕事してますが、ジョインしませんか」とSMSして、メールをやっつけているうちにみんな合流してビール飲みながら打ち合わせした。

| コメント (2) | トラックバック (0)

16/02/03 Wed ニューヨークでスペイン風ロブスター。

朝。 ホテルの朝食。 フルーツに、ハムエッグマフィン。

9時から顧客訪問。 不発に終わる。

ニュージャージーからニューヨークに車で移動。

午後、ロングアイランドのホテルで顧客と打ち合わせ。

打ち合わせ後、ホテルのバーで一休み。 お昼ごはんを食べていなかったので、テイタートッツを頼んだ。 チーズが覆いかぶさって非常にやばいカロリーです。 この店のトッツは冷凍だった。 サンフランシスコで食べたトッツは手作りで幸せな味だったなぁ。

R0031865_edited1

ニューヨークのホテルにチェックインして、駐在員と会食。 ロブスターで有名なスペイン料理の店「Francisco's Centro Vasco」というレストランに連れて行ってもらった。

R0031867_edited1

前菜にチョリソ、

R0031870_edited1

いんげんの炒め物、

R0031876_edited1

ハマグリのベーコン焼きを頼んでシェアする。

R0031872_edited1

メインはロブスター。 駐在員の人が「ボイルよりブロイルがおいしい」と薦めてくれたので、みんなブロイルにした。

R0031877_edited1

メインディッシュにはサラダ、

R0031868_edited1

ライス、

R0031874_edited1

揚げたてのポテトチップスが付いてくる。

R0031871_edited1

デザートは何だっけ、シャーベットみたいなもの。

R0031880_edited1

ニューヨークだから、チーズケーキも頼む。 濃厚でおいしいこと!

R0031882_edited1

気さくで居心地がよくておいしいお店だった。 ごちそうさまでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

16/02/02 Tue ニュージャージーのいちにち。

昼。 ニュージャージーの「The Burger Loft」というハンバーガー屋さんでランチ。 

フライドポテトは私好みのシューストリングス。 シラッチャソースとハラペーニョマヨのディップつき。

R0031850_edited1

ハンバーガーは基本の「クラシック」にした。 ニューヨークスタイルのパテは四角くて薄くて2枚はさんである。

R0031851_edited1

とてもバランスのよいハンバーガーでした。 食事制限中の同僚は「drop the bun」といって、パンの代わりにレタスなどの野菜を付けたハンバーガーにしていた。

夜。 ホテルの近くの「Savini Restaurant」に行く。

ニュージャージーは豪邸が続く住宅街も多く、平均年収が高そう。 この店でもキャリアウーマンや有閑マダムが女子会をして大おしゃべりしていた。

食事を待つ間、パルミジャーノとオリーブ。

R0031852_edited1

肉詰めのパスタ。

R0031854_edited1

レンティルのスープ。

R0031855

同行者の頼んだカルパッチョ。 日本の牛肉のようにさしが入って柔らかい肉だった。

R0031856_edited1

私のメインは、前菜のクラブケーキ。 とても新鮮でおいしかった。 メイン料理は食べきれないので、前菜の一品をメインにするとちょうどいい。

R0031857_edited1

同行者の頼んだペスカトーレ。 絶品でした。

R0031859_edited1

デザートはカロネの中身とベリー。

R0031864_edited1

| コメント (0) | トラックバック (0)

15/07/20 Mon ニューヨーク郊外のダイナーでルーベンサンド、ツナグリル。

午前中。 ニュージャージーで顧客と打ち合わせ。 その後、またニューヨークに移動。

昼。 午前中の打ち合わせが延びたのでランチを食べる時間がない。 と思ったら、次の顧客からアポの変更の連絡があったので昼食の時間ができた。

郊外の道路沿いによさげなレストランがあったので入る。

レトロな感じのダイナー、「The Cobble Stone」。

R0004361

私はルーベンサンドイッチを注文した。 アメリカに来ると一度は頼まないと気が済まないルーベン。 ルーベンは、ライ麦パンにコンビーフとザワークラウトとサウザンドアイランドドレッシング。 私はザワークラウトが多めが好き。

R0004362_edited1

明日の顧客の近くのホテルに移動する。

夜。 ホテルのレストラン「Fire & Oak」というグリルレストランに行く。 寿司コーナーもあり、平日だというのに予約客でぎっしり。 それを見たアメリカ人の同僚が「この辺は裕福な人が多いんだね」という。

R0004373

トリュフオイルがけのフライドポテト。 昔この店で食べておいしかったのを覚えてる。

R0004366_edited1

メインをシンプルなツナのグリルにしたら、大正解。 レアで頼むと豪快なマグロの赤身のタタキって感じ。 わさびとお醤油をもらって、ちょんちょんとつけながら食べるとサイコー。

R0004368_edited1

同行者はミラノ風カツレツを注文した。

R0004369_edited1

初日からがんがん飛ばして食べていたアメリカ人の同僚はとうとうお腹が臨界状態に達したようで、食べたくても何も入らないと言う。 悔しいと言いながら、ひどくつまらない顔でサラダをつついていた。

今日は同行者の誕生日なので、デザートにろうそくを立ててお祝いする。 お誕生日おめでとうございます!

R0004370_edited1

アメリカ人が注文したケーキ。 デザートは入るんだ(笑)。 チーズケーキみたいだけど、違う。 名前は聴いたけど忘れてしまった。

R0004371_edited1

| コメント (0) | トラックバック (0)

15/07/19 Sun ニューヨーク「Ben & Jack's Staekhouse」の骨つきステーキ。

朝。 サンフランシスコからニューヨークへ移動日。 

空港でチェックインしてボーディングパスを見ると、TSA-preと書かれている、やったぁ。 これがあると優良乗客として「TSA-pre」レーンに行けて、セキュリティーチェックがすごく簡単になるのです。 前回の記事はこちら

その後、「Napa Farms Market」というデリで機内の弁当用にカリフラワーとチーズのサンドイッチをグリルしてもらう。 かなりまずそうなにおいがしたけど、実際に機内で食べたら意外においしかった。

JFK空港で同僚と合流してレンタカーでニューヨークに向かう。

高速道路の先に摩天楼の町が見えてきました。 ニューヨークは東京と同じで蒸し暑い。

R0004325

ニューヨーク支店の人がレストランを予約してくれた。

R0004334

バー。

R0004336

ドライマティーニを飲みながら、待ち合わせ。

R0004337

面子がそろったらレストランに移動。

R0004342_edited1


R0004343

前菜はシェアする。 カラマリ、サラダ、クラブケーキ。

R0004346_edited1

メインは4人で二人分の骨付きステーキを注文した。 うまそうです。

R0004347_edited1

とてもおいしいステーキだった。 付け合わせのアスパラガスとケールも美味。

R0004350_edited1

肉のお皿は傾けて油を切ってくれる。

R0004351_edited1

デザートはチーズケーキ。 デザートが苦手な私もチーズ好きなので幸せ。

R0004354_edited1

なぜか一緒に山盛りのホイップクリームが出てきた。

R0004355_edited1

ごちそうさまでした。

ニューヨークの町を後にして、車でニュージャージーに向かう。

R0004357

夜遅く、ホテルにたどり着いた。

R0004360

| コメント (0) | トラックバック (0)

14/09/17 Wed 東岸へ移動日。

西岸から東岸に移動のいちにち。 アメリカは広いので国内移動といっても一日仕事である。

午前中にホテルを出てサンフランシスコ空港へ。 

ボーディングパスに「TSA Pre」とあり、これは簡易検査のレーンに並ぶことができて、荷物チェックがすごく早い。 これはランダムで選ばれた国内線の客だけなので、毎回TSA Preがついているわけではないらしい。 靴も脱がなくていいし、パソコンもごそごそ出さなくてもいいし、上着もベルトも外さなくていい。 あー、楽ちん。 9・11前の古き良き時代を思い出す。

空港内の「Napa Farms Market」というデリで、機内持ち込み用の食料を探す。 国内線は食べ物とアルコールは有料なので。 サンドイッチもお寿司もあまりおいしそうではなくて、ハムとチーズとベビーリーフの盛り合わせを買う。 でもこれはAAのラウンジでビールと一緒にみんなでつまんで食べてしまった。

機内ではひたすら寝る。 

ニュージャージーのホテルにチェックインするころにはすでに11時前。

バーに降りていくと、食べ物のメニューは11時で終わりとのこと。 アメリカ人の同僚がピザハットでデリバリーを頼んだ。 バーでビールを飲みながら、デリバリーピザを一切れ食べて今日の夕食はおしまい。

Img_3407

| コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/27 Mon ニュージャージーのアメリカンレストランで巨大なルーベンサンド。

朝 高速のサービスエリアで。 フルーツの盛り合わせ
昼 ニュージャージーの「Peppercorns」で。 ルーベンサンド
夜 ホテルのパブで。 イカのフリット シーザーサラダ

朝。 レンタカーを借りて、ニュージャージーの顧客訪問に向かう。 朝食は、途中のSAで買ったカットフルーツの盛り合わせ。

午前中、顧客訪問。

昼。 古き良きアメリカの食堂というかんじの店「Peppercorns」に入り、またルーベンサンドを頼んでみる。 店によってずいぶん味が違うので面白い。

この店のルーベンはオープンサンドで、しかもありえないくらい巨大だ。 私の作るルーベンの3倍はあると思う。

R0031846_edited2

断面を撮ってみると、コンビーフが数層になってこれだけで5㎝くらいある。 

R0031849_edited1

自家製コンビーフとザワークラウトと濃い目のチーズのハーモニーが素晴らしい。 当然全部食べきれないけど、どこで止めにするかが悩みどころ。 大勝軒のラーメンと同じことだ。

アメリカには、見るからにカロリーが高そうでしかもおいしそうな食べ物が多い。 それに和食のように油・乳製品以外で旨みを出す料理は皆無に等しい。

つまり、アメリカで痩せている人ってすごいってことですね。 あふれかえるおいしい誘惑に打ち勝って、ストイックにサラダを食べているんですから。

同僚が頼んだパストラミとチェダーチーズのサンドイッチ。 こちらも暴力的なボリュームだった。

R0031848_edited1

隣の席の女性3人組に今まで見たこともないくらいの量のサラダが3皿来たが、客たちは当たり前のように受け取っていたし。

その後、ホテルにチェックイン。 ロビーでは雪景色が広がる。

R0031862

夜。 疲れているので、ホテルのパブで軽く食事する。

R0031852_edited1

ビールとカラマリフリットを注文する。

R0031857_edited1

同僚が注文したオニオングラタンスープ。

味見したら、チーズとブラウンオニオンがたっぷり入っていて危険なおいしさ。

R0031854_edited1

私はメインにシーザーサラダを注文した。 ロメインレタスが柔らかくて新鮮で、ドレッシングがおいしくて、黙々と食べちゃった。

R0031858_edited1

| コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/26 Sun ニューヨークのチェルシーマーケット。

出張中の日曜日の昼前。 外は雪が降っていて、風も肌を切るように冷たい。 ずっと時差ボケで寝不足だし、半日くらいどこかに出かけてしばし仕事を忘れたい。(無理だけど)。

ネットで「市場」と入力すると「チェルシーマーケット」がヒットした。 この市場は屋内なのでで寒さもしのげるし、食いしん坊の同僚も行ってみたいというので、タクシーで出かける。

マーケットにはいろいろな店があり、食べ物好きのためのアミューズメント施設だ。

ケーキ屋さんではキャラクターのカップケーキが並んでいる。

R0031788

チキンもおいしそうに焼きあがっている。

R0031792

スパイスとお茶屋さんでは食欲を刺激するスパイスの香りが立ち上り、

R0031795

フレーバーディの種類も豊富。

R0031796

魚屋さんではロブスターや、

R0031802

蟹・牡蠣・エビなどが並んでいる。

R0031806

オリーブオイル屋さん。 オイルの缶が並び、ほとんどの種類が試飲できる。

R0031808

塩の試食も。

R0031809

イタリア食材のお店のハムコーナー。

この店は食材の種類も豊富ですごく安いので、パプリカとサフランを買った。 チーズも買いたかったけど、まだ旅は続くので涙をのんであきらめた。

R0031812

スーパーの野菜、

R0031815

漬けたばかりのピクルス、

R0031816

大きなキッチンウエアの店もある。

R0031819

市場を一回りしたところで、そろそろランチどき。 「The Robster Place」という店のスープコーナーでエビのスパイシースープとロブスタービスクを買い、

R0031820

「Friedman's Lunch」という店でルーベンサンド買って、同僚とシェアして食べた。

コンビーフより、パストラミといった方がいいくらいの肉。 このルーベンは肉の比率が高いが、個人的にはコンビーフとザワークラウトが1:1くらいが好き。

R0031822_edited1

隣の席では、若くておしゃれな韓国人の3人組男女が、大きな雲丹のお刺身パックを買って、雲丹を死ぬほど食べたいオーラを放っていた。 

ウニしか入っていないお刺身パックが売られているということはそれだけ需要があるということだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あざみ野 | お勧めアイテム | お取り寄せ | お弁当 | かみのやま | たまプラーザ | つくば | アフリカ | アムステルダム | イタリア | オランダ | クアラルンプール | グルメ・クッキング | コスタリカ | コペンハーゲン | コリア | サンフランシスコ | シンガポール | タイワン | デンマーク | ドイツ | ドバイ | ニューヨーク | ハワイ | ハンブルグ | バリ | バンコク | フィリピン | フランス | ブラジル | ベルギー | ホンコン | ホーチミン | ホームパーティ | ボストン | ランカウイ | ラーメン | ロスアンジェルス | ロンドン | 三軒茶屋 | 上野 | 中国 | 中目黒 | 中野 | 九段下 | 京都 | 人形町 | 伊豆 | 修善寺 | 八丁堀 | 六本木 | 別所温泉 | 北海道 | 千葉 | 半蔵門 | 原宿・表参道 | 名古屋 | 品川 | 四ツ谷 | 城崎温泉 | 大磯 | 大阪 | 奈良 | 宝川温泉 | 宮城 | 小伝馬町 | 小田原 | 岐阜 | 岩手 | 広尾 | 御茶ノ水 | 恵比寿 | 掛川 | 新宿 | 新橋・虎ノ門 | 日本橋・東京 | 早稲田 | 月島 | 東京・丸の内 | 東北沢 | 松本 | 栃木 | 根津 | 横浜 | 永福町・浜田山 | 沖縄 | 浅草 | 浅草橋 | 浜名湖 | 浜松町 | 渋谷 | 湘南 | 湯島 | 溜池山王 | 田町 | 白金 | 目黒 | 神保町 | 神戸 | 神楽坂 | 神田 | 福井 | 福山 | 福島 | 秋川 | 立ち食いそば | 箱根 | 練馬 | 群馬 | 羽田 | 自炊 | 草津 | 荻窪 | 菜食 | 蒲郡 | 西荻窪 | 赤坂 | 軽井沢 | 銀座・京橋・築地 | 錦糸町 | 長野 | 門前仲町 | 阿佐ヶ谷 | 青山・外苑前 | 青梅 | 青森 | 静岡 | 韓国 | 駅弁・空弁 | 高円寺 | 高尾 | 麻布