羽田

18/12/06 Thu 青森の「ゆうぎり」で魚料理のコース。

今日から休暇を取って、国内旅行に出かける。 目指すは、4年前の夏休みに出かけてとても気に入った、青森である。

昼すぎ。 羽田空港の「ロイヤル」で軽く昼食にする。

私はクラフトビールと、ポテトフライ。

Img_3096_2

そして、シーザーサラダのドレッシング別盛り。

Img_3095_2

夫はカツカレー。 

Img_3097_2

2時半に青森空港に到着。 レンタカーで青森市内のホテル青森にチェックインする。

夜。 夫が予約しておいた「ゆうぎり」に、タクシーで向かう。

タクシーの運転手さんに「ゆうぎりというお店の場所わかりますか」と聞くと、「知ってる。 あそこはおばさんたちの魚の目利きがいい。 昔はタダみたいに安かったが、最近は高くなった。 ゆうぎりの向かいの「かまくら」という店の方が、同じくらいおいしくて安い。」と教えてくれる。

ゆうぎりで、アワビ入りのコースにする。

まず、新鮮なウニが出てくる。

Img_3099_2

アンコウのとも和え。 これ、絶品だ。 いくらでもお酒が進みます。

Img_3101_2

アワビ。

Img_3102_2

蟹。

Img_3103

鱈の白子の蒸したの。 これも、絶品です。 

Img_3104_2

帆立焼き。 焼きすぎだけど、それでもとても美味。

Img_3105_2

ヒラメの活け造り。 ヒラメがまだピクピク生きていた。

Img_3106_2

最後に、鮭の粕汁。 しみじみとした美味しさで、体の芯まで温まった。

Img_3107_2

これでお酒を入れて一人5,500円は、やっぱりお値打ちだ。

ホテルに戻り、バーで日本のジンを飲んだ。

Img_3108_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/23 wed ローストチキンの骨でスープストック、 羽田空港「エッセドウェ」のピザとパスタ。

祝日でお休み。

朝。 ローストチキンの骨からとったスープで鶏肉のにゅうめん。

Img_3640_edited1

クリスマスのローストチキンの残りを骨から肉をこそげて除いて(もちろん肉はサラダやスープの具になるので別途冷凍保存)、ネギ・干し椎茸・昆布でスープを取った。 

一晩ベランダに出しておくと油が固まるので、それを取り除いて漉すと美しいスープができた。

Img_3634_edited1

昼。 台湾からの帰国便に置き忘れたデジカメを預かってもらっていたので、羽田空港まで取りに行く。

ついでに「エッセドウェ」でランチ。

ピザはシラスのトマトソース。

R0031371_edited1

パスタはヴォンゴレロッソ。 濃厚なトマトソースでおいしかった。

R0031373

夜。 自炊はさっぱりと。 スペインオムレツに、小松菜の煮びたし。

R0031376_edited1

週末に仕込んでおいた塩豚を薄く切ってソテーにした。

R0031375_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/09/28 Mon 羽田空港国際線ターミナルの「エッセドゥエ」でピザ。

夜。 仕事後、羽田空港に向かう。 

国際線ターミナルの江戸小路で前の会社の部下と待ち合わせて、「エッセドゥエ」に行く。 今週は今日の夜しか日本にいないので羽田空港に来てもらった。

前菜はミニトマトのカプレーゼ。 おいしいモツァレラチーズだ。

R0030311_edited1

キノコとサルシッチャのピザ。 好みの味です。 

R0030313_edited1

イカのフリット。 これはイマイチ。

R0030314_edited1

ラグーのパスタも頼んでとてもおいしかったけど、写真を撮り忘れた。

元部下は最近若くして部長職を任された。 スタッフをマネージするのは大変だけど、彼女のことだからすぐに慣れて上手にさばくことでしょう。 頑張れ!

深夜便でサンフランシスコに出発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/06/27 Mon 中国出張、羽田でラーメン。

朝 フルーツ盛り合わせ おにぎり v
昼 羽田空港の「せたが屋」で。 味玉醤油ラーメン
夜 蘇州の居酒屋で。 あれこれ

今日から中国出張だ。

羽田空港で搭乗手続きをしたらお昼前だったので、ラーメンのせたが屋に行く。 けっこう混んでいた。 最近よくある味のラーメンで、おいしいけれどそろそろラーメンを卒業する年になってきたのかしらん。 あとで胃がもたれた。

Rimg1403

飛行機の中でどうしようもない睡魔に引きずられるようにして眠った。
なんでこんなに眠いんだろう。

4時過ぎに先発隊と上海で落ち合い、蘇州に向かう。

しばしメールをやっつけたあと、みんなで近くの居酒屋に出かけた。 中国で「いいちこ」の一升瓶で酔っ払うという、不思議な現象である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)