Italy イタリア

19/11/12 Tue ミラノマルペンサ空港で打ち上げ。

帰国の日。 今回の出張は長かったー。 

4時半に起床。 6時前にチェックアウトすると、フロント係のおじさんが「コーヒー飲む?」と淹れたてのコーヒーを持ってきてくれる。 このホテルは、こんな風なちょっとしたおもてなしに溢れていて、本当に居心地がよかった。

車でミラノ空港まで行く。 我々4人はミラノから別々のルートで東京に戻る。 二人はパリ経由、一人はシンガポール経由、私はヘルシンキ経由。

出国手続き後、ゲート近くのカフェで落ち合い、朝からスプマンテを頼んで、打ち上げ。 お疲れ様でしたー!

スプマンテのお供は、ハムの盛り合わせ、

Img_5860

麦とマスの燻製。 ドレッシングで和えた大麦がまだ温かくて、ホッとする味だった。

Img_5859-2

私の便が一番早いので、ひと足先にゲートに向かう。

ミラノーヘルシンキ便は、機内食が有料だ。 通路を隔てて隣の席に座った初老の夫婦は、お弁当を詰めたタッパーを数個取り出してもりもり食べていた。タッパーには茹で野菜や茹でた豆などが入っていた。 

3時間で、ヘルシンキ着。 ヘルシンキの入国管理はいつも理不尽に混んでいる。 パスポートチェックを機械化しているが、この機械が鈍いので、日本のラッシュアワー電車くらい人が詰まる。 次の乗り継ぎ便が迫っている人たちは殺気立って係員に訴えていたが、どうしようもなかった。

やっとのことで入国審査をおえて、ラウンジに行く。

ヘルシンキのフィンエアのラウンジが新しくなっていた。 

ラウンジのキッチンから、燻製、ミートボール、茹で海老と生野菜で、昼ごはん。

Img_5861

さあ、あとフライトひとつで帰国だ!

| | コメント (0)

19/11/11 Mon ヴェローナ「Yard Restaurant」で、アマロネリゾット。

週末が終わり、仕事の日。 雨。

終日、取り引きの事務所で打ち合わせ。

かなり詰め込みアジェンダだったが、全ての内容をカバーできてよかった。

夜。 ヴェローナの「Yard Restaurant」で、会食。

ここヴェネト州はワイン王国で、週末に訪れたワイン屋さんでも試飲しながらいろいろ教えてもらったが、この店で頼んだスパークリングワインも素晴らしく美味しかった。 まろやかで蜂蜜っぽい香りがして。

Durello という名前で、シャンパン方式で作られるそう。 お店で飲んでも30ユーロくらいというからビックリだ。

みんなで前菜をシェアして、メインはそれぞれ注文した。

私は、ヴェローナ名物のアマロネリゾットにした。

Img_5858

ヴェネト州の誇る赤ワイン「アマロネ」で作ったリゾットで、アマロネとチーズの風味を堪能する料理だ。

イタリア人はおいしい、おいしいと食べていたけれど、疲れが溜まっているせいか、私には味がよくわからなかった。 もったりした食感だけ記憶に残っている。

ヴェローナ、いいところだ。 仕事じゃなく、休暇で来るところだ。

| | コメント (3)

19/11/10 Sun ガルーダ湖ドライブ、夜は「Cangrande Ristorante & Enoteca」。

朝。 今日も良いお天気で幸せだ。 

実はヴェローナはおとといまでずっと雨で、晴れたのはこの二日間だけで、翌日からまたずっと雨だったので、ご褒美としか言いようがないお天気だったのである。

お散歩に出かけてみる。

Img_5790

アリーナ前の通り。 我々が泊まった「Hotel Milano」は、左の建物の右の路地を入ったところ。 部屋は小さいけれど、スタッフのサービスがすごくいい。 

Img_5792

朝食はいつもこんな感じ。 パンケーキにクリームチーズをぬって、きゅうりとスモークサーモンを乗せてレモンを絞る。 茹で卵と一緒に食べるのが好き。

Img_5793

午前中。 遅れて到着するUを待つ。 Uは疲れて部屋でゆっくりしたいというので、われわれはイタリアで一番大きい湖「ガルーダ湖」にドライブに行ってみる。 北イタリアなので、アルプス山脈も見える。

サマーホリディが終わったガルーダ湖は、展望台に行くケーブルカーも閉鎖されていて、食堂やお土産屋さんも閉まっているところが多かった。 もう晩秋だものね。

Img_5803

開いていたラベンダー商品のお店。 店の中も外もラベンダー一色。

Img_5798

鼻が異常にいい私は、ラベンダーの匂いに参ってしまい、外でぶらぶらしていた。

ちょっとした路地もいい。

Img_5800

Img_5805

そのうち、湖が見えてきた。

Img_5806

Img_5809

Img_5810

Img_5822

水がきれいだ。

教会からも湖が見える。

Img_5817

教会の壁画もきれいだった。

Img_5814

お土産屋さん付近は入江のようになっていて、静かな風景。

Img_5824

革製品を売っているお店が多く、Tちゃんは革のリバーシブルのトートバッグを25ユーロで買った。 皮のジャケットをたくさん売っているお店もあり、「今シーズンは今日で店じまいだから、サービスするよ」とご主人が言う。 250ユーロくらいの革ののジャケットが多く、さんざん試着したけれどピンと来なかったので、私は買わなかった。 Aは真っ赤な革ジャンがよく似合い、最終150ユーロになって大喜び。

オリーブオイルを買って帰った。

ヴェローナに戻り、スーパーマーケットでお買い物した後、Uちゃんと合流して、ホテルのルーフトップバーでシャンパンを飲む。 

コロシアムが目の前に見える。

Img_5826

フォカッチャに生ハムのおつまみ。

Img_5828

月が上がった。

Img_5830

夕食に向かう途中、アリーナの上にも月が上がる。

Img_5832

夜。 Mさんの行きつけのイタリアレストラン「Cangrade」に行く。

突き出し。

Img_5841-2

スープ。 かぼちゃにアンチョビ。

Img_5842-2

生の赤海老のカナッペ。

Img_5844

マカロニ。 生パスタでむっちりとした食感でおいしい。

Img_5847-2

こちらも生パスタ。 くるみとお肉のソースだった気がする。

Img_5850-2

メインは牛肉のワイン煮込み。 きっと赤ワインはアマロネを使っているのだろう。 しかし、ここら辺ですでにお腹いっぱいで、途中でギブアップ。

Img_5852-2

デザート、その一。 

Img_5853-2

デザート、その二。 両方とも味見しただけ。

Img_5854-2

しかし、サービスで出たリキュールはしっかり入った。

Img_5855

ごちそうさまでした。

 

| | コメント (0)

19/11/09 Sat ヴェローナのワインバー「Signorvino Verona」。

前回、初めてのヴェローナで入ったワインバーがとてもおいしかった。

同じお店で夜の予約をしてあるという。 シンプルな料理が好きなので、嬉しい。

お店の名前は、「Signorvino Verona」と言う。 前回は外のテーブルで食べたけれど、今回は2階席だ。

お通しのカナッペ。 

Img_5781-2

画像がボケたけれど、自家製ピクルス。 ちょうどよい酸味でとってもおいしい。

Img_5787-2

ハムとチーズの盛り合わせ。 ハムは切り立てでおいしいこと。

Img_5784-2

チーズのプレート。

Img_5789-2

サラダも頼んだ。

Img_5786-2

シンプルなトマトのパスタ。 すごくおいしい。 お代わりしたいくらいだった。

Img_5782-2

おいしいワインに、ハムにチーズ、おまけにシンプルで最良のパスタ。 言うことありません。

| | コメント (0)

19/11/09 Sat Verona観光、ピザでランチ、印刷屋さんでハンコ。

午前中。 ホテルのレストランで来週の仕事の事前打ち合わせ、各自プレゼンの担当分野の確認など。

午後は、駐在員Mさん夫婦がベローナ観光に付き合ってくれる。

昼。 まず、ランチはピザ屋さん「Pizzeria Du De Cope」で。 ビールを頼んで、おのおの好きなピザを頼む。

駐在員の奥さんKさんが頼んだのは、季節の野菜のピザ。 どっさりの野菜がとても美味しそう。

Img_5717-2

Tちゃんが頼んだのは、カルボナーラ。 全粒粉のピザ生地で、ピザによって生地も変わる。

Img_5718-2

駐在員Mさんが頼んだのは、本日のピザからカボチャのペーストとハムのピザ。

Img_5719-2

Aが頼んだのは、カプリチョーザ。 アーティチョークの存在感が強い。

Img_5720-2

私が注文したのは、トマトのコンフィとオリーブのピザ。

このピザも全粒粉の生地だった。 小さなオリーブとこっくりしたトマトのコンフィがとてもおいしい。

Img_5721-2

しかしこうしてみると、阿佐ヶ谷の「Lupi 32」のピザも全然遜色ない。 すごいことだ。

その後、町の観光。 こちらは中心の広場。 お土産やさんが軒を連ねていた。 夜のライトアップ用の電線がぶら下がっている。

Img_5727

ロミオとジュリエットの、ロミオの家。 人が住んでいるので、外から見るだけ。

Img_5733

古びた印刷屋さんがあったので、入ってみた。

Img_5736

中に入ってぶらぶら商品を見ていると、アルファベットの頭文字の版があったので、妹と私の頭文字でハンコを作ってもらうことにした。

素敵な箱に入れてくれて(箱の色もリボンも数種類から選べた)、きれいに梱包してくれた。 画像は後日自宅で撮ったもの。

R0055667-2

R0055670-2

R0055668-2

女店主が「どこから来たの?」ときくので「日本」と答えると、「宗教は何?」と聞くので「仏教」と答えたら、「お願いがある」と言う。

友達の仏教徒が数日前に亡くなったので、彼女のためにお祈りをしてもらいたいと言う。「今ここで?」と聞くと、「そう、今ここでお祈りしてもらいたい」と言う。

お正月には神社に行くし、結婚式はキリスト教だったし、仏教の宗派は禅宗だから般若心経だけど、最初の部分しか覚えていないので、隣にいたKさんに「南無阿弥陀仏を5回一緒に唱えてくれます?」とお願いして、二人で手を合わせて、せーのー、なんまいだー、なんまいだー、と5回唱えて目を開けると、女主人が感極まる顔で涙ぐんで「ありがとう、 彼女の魂を感じたわ。 本当によかった、ありがとう、ありがとう」と神妙にお礼を言われた。 

あとで「これが友達」と写真を見せてくれた。 写真の女友達はゴージャスに微笑んでいたけど、「ちゃうやろー」と小さく言っているようにも見えた。

川の向こうの山肌に教会らしきものが見える。 ケーブルカーで登ってみた。

Img_5737

ケーブルカーを降りると、ベローナの街が一望できる。 美しい。

Img_5757-2

その後、駐在員Mさんのお気に入りのワインショップで、テイスティングをして、お勧めのベローナのワインを買った。

Img_5765-2

ジュリエットの家は、観光客で大混雑。 

Img_5767

ジュリエットの像。

Img_5768

日が落ちた川からの風景もすてき。

Img_5776

そろそろお腹も空いてきた。 夜ごはんにしましょう。

| | コメント (0)

19/11/08 Fri ハンブルグの「Hamburg Fisherstube」で、焼きシーフードサラダ、イタリアに移動。

朝。みんなはルーベック観光に出かけた。 私は、荷造り。 私は荷造りに時間がかかる。 ほかの人たちに聞くと、荷造りは30分くらいで終わるという。 私は少なくとも半日はかかる。

日本でダウンロードしておいたアマゾンプライムの「きのう何食べた?」をタブレットで見ながら、パッキング。

このドラマ、癒されるわー。 シローさんちと、シローさんの実家の佇まいが、すごくいい。 フツーなのに、暖かい感じの内装が素敵。 梶芽衣子のお母さんもいい。

昼。 ランチはここにしようと決めていたシーフードレストランに居残り組で行く。 前回は夏だったので、外のテラス席に座ったけれど、今回は初めて店内の席に行く。 とてもこじんまりしているけれど、居心地がいい店構えだ。

Img_5703

Img_5702

私は前回食べてすごく気に入った、温製の魚介サラダ。 魚介をさっとソテーしてある。 サイコーに美味。

Img_5706-2

本日の特別メニューはドイツ語しかなかったけれど、最近はグーグル翻訳アプリで、カメラをメニューに向けると日本語に訳してくれる。

今日のスペシャルメニューから、ムール貝の酒蒸し。

Img_5705

幸せなランチだ。 仕事の話はちょっと面倒だったけれど。

空港に向かう顧客を見送って、お気に入りのモールでウインドウショッピング。

Img_5709

Img_5707

Img_5710

Img_5712

夕方の便で、イタリアに移動。 ミラノから車でベローナまで。

ホテルにチェックインしたのが、10時ころ。 駐在員が待っていてくれて、軽く飲みに行く。

コロシアムの前の広場のカフェで、スプマンテと、ハムとチーズ。

Img_5716-2

誰ーっ、フライドポテトを頼んだのはー! いかんいかん、と言いながら少しつまんじゃうではありませんか。

Img_5715

 

| | コメント (0)

18/07/11 Wed 早朝ヴェローナ散歩、ミラノでサフランライス。

朝。 早起きして散歩に出かける。 

出張でいろんな国に行けていいねと言われることもあるけれど、どこへ行ってもだいたい、空港→ホテル→仕事→ホテル→レストラン→ホテル→空港、の繰り返しだ。 

唯一自由がきくのが早朝なので、治安がいい街なら早起きしてウォーキングを兼ねて散歩に出かけることにしている。 ホテルの周辺もわかるし、早くから開いているスーパーマーケットも意外と多いし。

今朝は、昨日見たお城の橋に行ってみる。 橋はこんな風になっている。 実にヨーロッパ的だ。

Img_2386_2 

そのあと、橋の反対側から川沿いに歩いてみる。

Img_2389_2

途中。 こんなお店が。 手作りパスタのお店らしく、粋なおばあさんがパスタを作っている人形だ。 ここのパスタ、食べたみたい。

Img_2392_2

8時過ぎにホテルを出発して、ミラノに向かう。 

顧客の事務所で打ち合わせと見学。 その後、ミラノ市内のレストラン「Antica Trattoria della Pesa」でランチ。

ミラノ市内に行くまで車が混んでいて、食事の時間が1時間になってしまった。

席に着くと出てくるピクルスとパン。

R0052483

ハムの盛り合わせ。

R0052484

カプレーゼ。

R0052485

ナスの煮たの。

R0052486_2

ミラノ名物「サフランライス」。 サフラン風味のチーズリゾットです。 

シンプルなのに、なんじゃこりゃー!、というほどおいしい。 そぎ落せるものはすべて落とした、引き算の美だ。 この味は簡単には再現できないだろうな。

R0052488_2

仔牛のツナマヨ。

R0052487_2

昼食後、空港に向かう。 18時前の便でロンドンに移動。

機材の関係で、フライトが遅れた。 今夜はサッカーワールドカップの準決勝なので、飛行機が遅れなければ今ごろ自宅でサッカーを観戦しているはずのサッカーファンの乗客はいらいらが高まり、中には「この飛行機は、遅れたのに謝罪もない!」と大声で機内で怒っている客もいた。

ロンドンシティ空港から、今回の宿泊先のグリニッジに移動する。

ホテルに着くと、先発隊のヨーロッパ人のスタッフがバーでサッカーを観戦しているのが見える。 バーはごった返すくらいの賑わいだ。

チェックインして、みんなに合流して、ピザを食べた。 ピザが想定外においしくて、「珍しく遅い時間にがっついている」と言われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/07/10 Tue ヴェローナ30分観光。

朝。 7時半にホテルを出発して、 8時半からボローニャの取引先本社で終日打ち合わせ。

夕方。 19時半過ぎにホテルに戻る。 夕食は9時からなので、まずスーパーマーケットで食材を物色。

有元葉子さんがウンブリア産のレンズマメがおいしいと書いていたので探してみると、ありました! 妹の分も買う。

まだ30分ほど時間があるので、駐在員が町を案内してくれた。

お城の近くの橋。

R0052442_2

古い凱旋門。

R0052440_2

商店街の歩道は大理石。 

R0052462 

ときどきアンモナイト入りの大理石がある。

R0052451

車道は石畳。 

R0052460

大理石も石畳も硬いので、すぐに腰に来ます。

すてきな壁画。

R0052453

ロメオとジュリエットと、ロメオの家。

R0052461_2

町の中心の広場には、遺跡のような劇場。 

R0052466

劇場ではオペラを上映していて、今日はアイーダだそう。 いいなぁ。 駐在員が「だから、興味あればオペラのチケット取りますよってメールしたじゃないですか、日曜からヴェラーナに入ればよかったのに。」と言う。 ええ、よくわかってます。 わかってるんですが、出張前の週末は週末で準備に忙しいんです。

広場に面した会食場所のレストラン。

R0052468

石畳と大理石であっという間に腰に来たので、全員そろうまでバーでビールを飲む。

R0052469

レストランにて。 私は前菜に蟹とアヴォカドのサラダ。 ちょっと生臭かった。

R0052470_2

メインは、シンプルなトマトパスタ。 取り立てて言うほどの味でもない。 観光地のど真ん中のレストランの味。

R0052472_2

これは隣の人が頼んだフリットミスト。

R0052473_2

ワインはRipasso。 アマローネの搾りカスで作る、お手頃だけどおいしいワインです。 

食後にリモンチェッロ。

R0052475_2

珈琲のお供に、触れるとほろほろ崩れる、手作りクッキー。 

R0052476_2

ヴェローナに一日しかいないなんてと、いろんなイタリア人に言われた。

おまけに今日から夏のセールですって。

今度はちゃんとお休み取ってゆっくり来ますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/07/09 Mon ヴェローナできゅうりのキューちゃん、イタリア風。

今日から、欧州出張です。

ヘルシンキ経由でミラノまで。

機内食はJALとモスバーガーが提携しているエアモス。 説明書に従ってレタスチーズバーガーを作る。 

Img_2377

フライドポテトの代わりにポテコ。 これ、なかなか楽しいです。

Img_2379

ミラノ空港で。 荷物がなかなか出てこない。 旅の初日からロストラゲージかと思われたが、1時間半後にやっとお出ましになり、胸をなでおろす。

ヴェローナのホテルにチェックインするころには、すでに9時過ぎだった。

食事は軽く済ませましょうと、ホテルの近くのワインショップ併用のワインバーに入ってみる。 ワインを頼むとパンとグリッシーニが出てくる。

R0052435

ハムの盛り合わせを頼む。 切りたてのハム、アーティチョークのオイル漬け、パンのプレート。 切りたてのハムが繊細でおいしいこと! パンも温かい。

R0052436

野菜の前菜盛り合わせというのを頼んだら、こんなものが出てきた。 ぱりぱりしていて、まさにイタリア版のきゅうりのキューちゃんだ。 

R0052437

塩も油も加減が素晴らしい。 野菜を一度乾燥させてから、オイル漬けにしているようだ。

R0052438

アスパラガスのような野菜は、中が空洞になっている。 ポリポリとおいしい。 何の野菜かお店の人に聞くと、なんとプンタレッラだった。 こうやって食べるとおいしい野菜なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/04/11 Thu マルセイユーフィレンツェ、ふたたびスーツケース紛失。

朝 機内食のクロワッサン
昼 フィレンツェの「Sasso de Dante」で。 鶏のレバーペースト ペコリーノとトスカーナベーコン 生サラミ ニョッキのチーズ焼き リコッタチーズ入りパスタのトリュフオイルがけ トマトとベーコンのパスタ
夜 ズッキーニのピザ 赤ワイン

朝。 4時45分にホテルを出発してマルセイユ空港に行く。 パリ経由でフィレンツェに向かう。

昨日スーツケースを紛失したばかりなので、チェックインカウンターで「フィレンツェで、必ずスーツケースを降ろして」と念を押す。 

しかし。 フィレンツェで、またまたスーツケースは出てこなかった! ちょっとー。

荷物紛失カウンターはすごく混んでいる。 同行者が「ヨーロッパの南の方は二つのことを頼むと必ず間違えるから、一度に一つのことしか頼んじゃいけない」という。

並んだり、手続きを済ませたり、お泊りセットをもらったりしていると、すっかり遅くなってしまった。 出口で元同僚のイタリア人が待っていてくれた。

初めてのフィレンツェ。

Rimg9215a

打ち合わせを兼ねたランチ。 地元料理の店に連れて行ってもらう。

Rimg9223a_2

メニューも皮張りでおしゃれ。 元同僚が「フィレンツェでは魚は頼まないようにね」と教えてくれる。

Rimg9221_2

ワインも料理もすべて、地元の元同僚にお任せした。

Rimg9234

鶏レバーのパテ。 ひー、旨い。

Rimg9226

フィレンツェ名物の生ベーコンとペコリーノ。 柔らかいルッコラに敷かれている。 こちらもすごくおいしい。 思ったより脂っぽくない。

Rimg9227_2

そして、生サラミとドライトマト。 濃厚なバルサミコ・ふっくらと戻されたドライトマト・サラミが絶妙の組み合わせで、赤ワインが進むこと。

Rimg9228_2

リコッタチーズを包んだパスタにトリュフオイルを回しかけたもの。 薄切りのパルミジャーノがいい。

Rimg9229_2

ニョッキのゴルゴンゾーラチーズ焼き。 個人的にはニョッキには別に興味がないのだが、これはおいしい! いくらでも食べられます。

Rimg9231

自家製の太いパスタにとベーコン入りのトマトソース。 こちらも止まらないおいしさ。

Rimg9233

〆はカプチーノとレモンチェロ。 友人がレモンチェロの作り方を教えてくれたので、今度挑戦してみよう。

Rimg9236

オランダ人の同行者はとんぼ返りでアムステルダムに戻ったので、私はホテルにチェックイン後、フィレンツェの町を歩いてみる。 

いろんな広場、ポンテベッキオ、小さな商店など。 とても楽しい。  しかし、すごい数のアメリカ人観光客が町中を埋め尽くしている。

中途半端な滞在なので、フィレンツェに泊まるかどうか最後まで悩んだが、やっぱり泊まってよかった。

夜。 紛失荷物の手続きで空港を出るのが遅くなったおかげでランチも遅くなったので、ぜんぜんお腹が空かない。 

お惣菜屋さんズッキーニ入りのパン、ワイン屋さんで赤ワインのハーフボトルを買ってホテルに戻った。 

Rimg9248

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1 BENTO お弁当 1 CANTEEN 社食 1 COOKING CLASS お料理教室 1 COOKING 自炊 1 EKIBEN/IN-FLIGHT MEALS 駅弁・空弁・機内食 1 FOOD DELIVERY お取り寄せ 1 HOME PARTY ホームパーティ 1 KITCHEN & OTHER ITEMS お勧めアイテム 1 RAMEN ラーメン 1 RECIPE レシピ 1 SOBA STAND 立ち食いそば 1 VEGETARIAN 菜食 AKASAKA 赤坂 AKIKAWA 秋川 Amsterdam アムステルダム AOMORI 青森 AOYAMA/GAIENMAE 青山・外苑前 ASAGAYA 阿佐ヶ谷 ASAKUSA 浅草 ASAKUSABASHI 浅草橋 AZABU 麻布 AZAMINO あざみ野 Bali バリ Bangkok バンコク Belgium ベルギー BESSHO ONSEN 別所温泉 Boston ボストン Brazil ブラジル Cambodia カンボジア CHIBA 千葉 China 中国 Copenhagen コペンハーゲン Cost Rica コスタリカ Denmark デンマーク Dubai ドバイ EBISU 恵比寿 EHIME 愛媛 EIFUKUCHO/HAMADAYAMA 永福町・浜田山 France フランス FUKUI 福井 FUKUOKA 福岡 FUKUSHIMA 福島 FUKUYAMA 福山 GAMAGORI 蒲郡 Germany ドイツ GIFU 岐阜 GINZA/KYOBASHI/TSUKIJI 銀座・京橋・築地 GUNMA 群馬 HACCHOBORI 八丁堀 HAKONE 箱根 HAMAMATSUCHO 浜松町 HAMANAKO 浜名湖 Hamburg ハンブルグ HANEDA 羽田 HANZOMON 半蔵門 HARAJUKU/OMOTESANDO 原宿・表参道 Hawaii ハワイ Helsinki ヘルシンキ HIGASHI KITAZAWA 東北沢 HIROO 広尾 HIROSHIMA 広島 Ho Chi Minh City ホーチミン HOKKAIDO 北海道 Hong Kon 香港 IKAHO 伊香保 IKEBUKURO 池袋 Indonesia インドネシア Italy イタリア IWATE 岩手 IZU 伊豆 JINBOCHO 神保町 KAGURAZAKA 神楽坂 KAKEGAWA 掛川 KAMINOYAMA かみのやま KANDA 神田 KARUIZAWA 軽井沢 KAWASAKI 川崎 KICHIJOJI 吉祥寺 KINSHICHO 錦糸町 KOBE 神戸 KODENMACHO 小伝馬町 KOENJI 高円寺 Korea 韓国 Kuala Lumpur クアラルンプール KUDANSHITA 九段下 KUSATSU 草津 KYOTO 京都 Langkawi ランカウイ London ロンドン Los Angeles ロスアンゼルス MEGURO 目黒 MIYAGI 宮城 MIYAJIMA 宮島 MONZENNAKACHO 門前仲町 NAGANO 長野 NAGOYA 名古屋 NAKAMEGURO 中目黒 NAKANO 中野 NARA 奈良 NERIMA 練馬 Netherland オランダ New Orleans ニューオーリンズ New York ニューヨーク NEZU 根津 NIHONBASHI 日本橋 NINGYOCHO 人形町 NISHIOGIKUBO 西荻窪 OCHANOMIZU 御茶ノ水 ODAWARA 小田原 OGIKUBO 荻窪 OISO 大磯 OKINAWA 沖縄 OSAKA 大阪 OUME 青梅 Philippines フィリピン ROPPONGI 六本木 SAGA 佐賀 San Francisco サンフランシスコ SANGENJAYA 三軒茶屋 SHIBUYA 渋谷 SHINAGAWA 品川 SHINBASHI/TORANOMON 新橋・虎ノ門 SHINJUKU 新宿 SHIROGANE 白金 SHIROSAKI ONSEN 城崎温泉 SHIZUOKA 静岡 SHONAN 湘南 SHUZENJI 修善寺 Singapore シンガポール Taiwan 台湾 TAKAO 高尾 TAKARAGAWA ONSEN 宝川温泉 TAMA PLAZA たまプラーザ TAMACHI 田町 TAMEIKE SANNO 溜池山王 TENNOUZUAIRU 天王洲アイル TOCHIGI 栃木 TOKYO/MARUNOUCHI 東京・丸の内 TSUKISHIMA 月島 TSUKUBA つくば UENO 上野 WASEDA 早稲田 YAMANASHI 山梨 YOKOHAMA 横浜 YOTSUYA 四ツ谷 YUSHIMA 湯島 グルメ・クッキング