佐賀

19/04/07 Sun 古湯温泉散策、佐賀のお米「夢しずく」と有田焼。

朝。 朝風呂を楽しむ。

古湯温泉のお湯は「ぬる湯」だ。 お湯の温度がぬる目で、湯質もぬるっとしている。

長湯に最適で、いつまでも浸かっていられる感じ。

Img_4190

部屋に戻り、窓から見下ろす。 この景色、好きだ。 夫もまだ起きてこないので、川沿いを散歩してみよう。

R0054209-2

 

R0054213

R0054216  

R0054219

寅さんが出てきそうなところだと思いながら歩いていると、

R0054226

この旅館の庭に、42作目の寅さんのロケ地だと書いてあった。 やっぱり。

R0054228

R0054230

旅館に戻り、朝ごはん。 どれもこれも、おいしい。 私好みの塩加減だ。

R0054234

いつも思うけど、私たちには、旅館の朝ごはんくらいの量の夕食でちょうど良いのだ。

9時に宿を発つ。

近くのダムの駅の産直所で、野菜を買う。 佐賀で食べたお米がとても美味だったので、お米も買う。 精米してるおじさんに相談して、いちばん軽いお米「夢しずく」を選んだ。

車を走らせると、川沿いにたくさんの鯉のぼりが吊るしてあった。

R0054238

有田焼の大川内山に行ってみる。

小さな窯が並んでいて、ひとつひとつ立ち寄るのが楽しい。どの窯もそれぞれに作風が違う。

R0054240

新しい洗面台、こんなのもいいね。

R0054241-2

一つの窯でお皿を一枚買い、別の窯で香炉を買った。 満足、満足。

呼子にも寄りたかったけれど、時間切れ。  車を飛ばして、福岡空港の近くで給油して、空港に戻り、帰宅。

夜。 自炊。

二人とも疲れているので、佐賀で買ったアスパラガスと茹でタケノコと半熟たまごで、ワンプレート。

アスパラガスがジューシーで甘いこと。

R0054244-2

食後。 さっそく寅さん42作「ぼくのおじさん」を観る。

古湯温泉の出番が一瞬すぎてびっくりしたけれど、それより後藤久美子の正統派美少女ぶりにあらためてびっくり! 可愛い!

寅さんの最新作にも出演するそうで、年末の公開が楽しみです。

| | コメント (0)

19/04/06 Sat 九州一泊旅、古湯温泉。

今日から佐賀に一泊旅行だ。 

先週、古湯温泉にある会社に出張したとき、「ここの桜は来週末が見ごろ。あの高台の旅館のお風呂から桜を見ると、もう殿さまになった気分ですよ」と教えてくれた。 「さぞかし旅館は混んでるでしょうね」と言うと、「いやいや、ここの温泉街はいつもガラガラ。 お正月は閉めてしまう旅館もあります」と言う。 

帰り道に飛行機と旅館を調べてみると、空いているじゃありませんか! 夫に「週末に九州に桜を見に行かない?」と誘って、一泊旅行を決めた。

朝。 羽田9時発の飛行機に乗ると、11時に福岡空港に着く。

福岡空港は、私が知る中でいちばん中心街に近い空港だ。 地下鉄で数駅で博多駅に着く。

昼。 夫が博多ラーメンを所望するので、駅ビルの「Shin Shinラーメン」に行く。

夫は、博多ラーメンとチャーハンのセット、私はラーメンと餃子のセットを注文して、シェアすることにした。

博多ラーメン、スープが塩辛くなくていい。

R0054188

餃子もかりっと焼けて、なかなかおいしい。

R0054190-2

この店は、混んでも相席にしないので、ゆったりを食事ができた。

駅前でレンタカーを借りて、出発。 海沿いを走る。

古湯温泉に行く前に、唐津方面に行ってみる。

Google先生に近くの桜の名所を聞くと、山の上の公園を教えてくれたので、行ってみる。

桜がきれい。

Img_4165

展望台のわきでは、ハンググライダーがスタンバイしている。

Img_4170

ハンググライダーが海に向けて飛び立つと、わぁっと歓声が上がった。

Img_4172

夕方。 古湯温泉の「杉乃屋」に到着。 部屋からの景色。 ほのぼのとした美しさ。

R0054193

夜。 おふろに入って、部屋でくつろいでいると、夕食の時間だ。

Img_4188

どれもこれも、基本を大切にしたおいしさだけれど、こんにゃくのお刺身が絶品だった。 

こんにゃくは別にお刺身にしなくても十分においしいと思っていたが、このお刺身こんにゃくはみずみずしくて、ぷりっとして爽やかな食感だ。 胡麻と醤油としょうがのたれも、なんともおいしい。

Img_4189-2

お刺身の後、桜餅のあんかけ。

R0054200

焼きえび、

R0054201-2

天ぷらは、サザエ、こごみ、タケノコなど、

R0054203-2_1

佐賀牛の鉄板焼き、

R0054199-2  

煮物。 すごくおいしい。 こういう地味な一品の味で、旅館の力量がわかる。

R0054205-2

ご飯と、おつゆ。

R0054206-2

デザートは、いちごとムース。 ムースも美味。

R0054208

大満足の夕食でした。 品数はあと三割少なくていいけれど。

 

 

| | コメント (0)

19/03/25 Mon 九州うまいもん、古湯温泉「古湯キッチン10」のランチと、福岡天神「割烹よし田」の呼子イカ。

今日から九州出張。 今月はギリギリまで出張が続きます。

良いお天気。

Img_4066

往きの飛行機から、マゼンタの船が見えた。

Img_4065

福岡空港でレンタカーを運転して、佐賀に向かう。

顧客の事務所に車を停めて、顧客と一緒に近くのカフェ「古湯キッチン10」でランチ。

おいしいお惣菜がずらりと並ぶ。 旅館がやっているカフェだそうで、これですでに完結した食事だ。 お米もおいしい。

Img_4067-2

メインのおかずは、鶏の唐揚げ。 漬けだれで下味がしっかりとついていた。

Img_4068

午後。 細かい打ち合わせ。 帰りは部下が運転を交代して、博多に戻り、車を返却して、天神に向かう。

夜。 「割烹おお田」で、顧客と会食。 

明太子、なまこ、イカの塩辛。 こちらのイカの塩辛は、柚子胡椒味ででさっぱりしている。

Img_4075

呼子のイカの活き造り。 でかい! その名の通り、生きている! 明太子と一緒に食べるとおいしい。

Img_4074-2

残ったゲソとエンペラは、天ぷらにしてくれた。

お刺身もおいしかったけれど、天ぷらが絶品でした。 軽くて柔らかくて上品な味で、素材の新鮮さが際立っていた。 今まで食べたイカの天ぷらの中で、一番おいしかった。

Img_4078-2

西京焼きを食べたあと、締めに、鯛茶漬け。

Img_4079-2

ごちそうさまでした。

 

| | コメント (0)

19/02/04 Mon 佐賀と博多。

今日・明日は、九州出張です。 九州は13年ぶりくらいだ。

取引先のひとたちはANAで、私はJALで似たような時間に着くようにフライトを予約した。

電車が遅れて予約したJAL便に間に合わなかったけど、移動中にネットで15分後のフライトに振り替えられて、無事に福岡空港で合流できた。

その後、レンタカーで佐賀に向かう。

昼。 顧客の事務所の近くのダムの駅「しゃくなげの里」の食堂でランチ。

佐賀牛がおいしい、豚もおいしい、水もおいしい、でもいちばんおいしいのはお米とのこと。

地元のお米を使っていて、お替りし放題。

近くの客が食べている塩サバ定食がすごくおいしそうだったので、塩サバと鶏からの定食にした。 とんかつも単品で頼んで、みんなでシェアした。

Img_3664

たしかにご飯がおいしい、お水もおいしい、しかし塩サバも脂が乗って、すごくおいしかった。 納得いく塩サバを久しぶりに食べた気がする。

とんかつも一切れ味見したら、美味。 付け合わせのベビーリーフも、すごくきれいでおいしかった。

九州はおいしい!

夜。 博多に戻り、ホテルにチェックインして、中洲の鉄鍋餃子のお店に行く。

胡麻サバ。 普通においしい。

Img_3670

鉄鍋餃子。 こちらも普通においしい。 小ぶりの餃子だけど、皮が自家製らしくむっちりしている。

Img_3671

そのほか、あれこれ食べた。

その後、近くのアイリッシュバーに移動して、ワインを飲んだ。

そして、最後に禁断の博多ラーメンで〆てしまう。 「一双」というお店に行った。

Img_3672

もう何年も〆ラーメンを封印していたけど、麺もスープも想像以上に博多ラーメンはレベルが高く、大満足の味だった。 

翌日のことを考えて、泣く泣く半分残した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)