沖縄

07/07/22 Sun 沖縄ー東京。

 ホテルの朝定食
昼 那覇空港の売店で。 沖縄そば
 自炊。 茹でオクラ 枝豆 トマト 蒸し鶏ときゅうりの中華風冷菜 大東寿司 空芯菜の肉味噌炒め 白ワイン

昨日の和定食がとてもおいしかったので、今朝も和食にする。

070722_122

朝食を食べたらそろそろ出発だ。 のんびりとドライブなぞしながら那覇空港に向かう。

昼。 空港の売店で沖縄そば。

070722_123

夜。 自炊。 沖縄で仕入れてきた大東寿司というヅケの握り寿司もテーブルに並べる。 夫、気に入ったと言う。

070722_124_1

| コメント (6) | トラックバック (0)

07/07/21 Sat 沖縄三日目。

 ブセナテラスの和食レストランで。 和定食
 ブセナテラスの「ラ・ティーダ」で。 チーズバーガー 生ビール
 ブセナテラスの「シュガーケイン」で。 海ぶどう 島野菜サラダ 鶏のから揚げ 石垣牛のステーキ マティーニ 赤ワイン

今朝は和食にする。 野菜がたっぷりでとてもおいしい朝食だった。

070722_100

今日も午前中は海やプールでプカリプカリと浮かんで過ごす。 ああ、気持ちいい。 ずっとこうしていたいなぁ。

070722_102_2 

昼。 カフェテリアでハンバーガーを頼む。 ジューシーでとてもおいしかった。

070722_095

午後は読書をして過ごす。 のんびりぐたぐた。 極楽じゃ。

夕暮れ時。 バーに行ってみる。 開け放たれた庭では徐々に夜が更けていく。 夜と夕方の間の色。

070722_108

そのままバーで食事。 海ぶどう、 島野菜のサラダ。

070722_112_1 070722_115

沖縄の鶏のから揚げ、 石垣牛のさいころステーキ。

070722_117 070722_118_1

こんなところでおしまいにしようか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

07/07/20 Fri 沖縄二日目。

 ブセナテラスの「ラ・ティーダ」で。 朝食ブュッフェ
 名護の「美ら花」で。 ソーキそば ジューシー
 ブセナテラスの和食レストランの寿司カウンターで。 お好み寿司 生ビール 泡盛

朝。 早起きしてビーチを散歩。 開いたばかりのハイビスカスが色鮮やかに揺れている。

070722_062_2 

朝食はビュッフェレストランへ。 その後、クラブラウンジで果物を食べた。

070722_063 070722_065

午前中はプールとビーチで泳いだり読書したりしてのんびり過ごす。

昼。 近くの沖縄料理の店でソーキそばとじゅーしーのセット。 そばの出汁がさっぱりしていてコーレグースを入れて食べるとぴりりとおいしい。

070722_070

食後はそのままドライブに出かけた。

「道の駅・評田」はお土産屋のドンキホーテみたい。 ところ狭しと特産物やお土産が並ぶ。 生鮮食品などもあり、とても楽しい。

070722_072 070722_073

海洋博物館にも足を伸ばしてみる。 世界最大の水族館である。

070722_075 070722_078 070722_081 070722_089

いやあ、圧巻です。 ここは是非お勧めです。

070722_084_1

夜。 ホテル内の和食レストランの寿司カウンターに落ち着く。 思いのほか繊細でとてもおいしい寿司だった。

珍しいところで「島うに」と「アボカド」の握り。

070722_066 070722_093

その後、泡盛バーのテラスで夜の海を眺めながら泡盛を飲む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

07/07/19 Thu 東京ー沖縄。

 羽田空港の蕎麦屋で。 なめこ蕎麦
 沖縄のコンビニから。 スパム・玉子・油みそおにぎり 沖縄焼きソバ
 ブセナ・テラスの「瓶譚」で。 鉄板焼き シャンペン 白ワイン 赤ワイン

今日から沖縄へ旅行だ。 早起きして羽田空港へ。 

チェックインを済ませてから蕎麦屋で朝ごはん。

070722_008

午後。 那覇に到着。 レンタカーで名護のブセナ・テラスまでドライブ。 

夜。 鉄板焼きレストランで夕食。 アグー豚と石垣牛のコースをひとつずつ頼んで分けることにした。

前菜はモズクと作り置きの前菜セット。

070722_027 070722_028

ロブスター(とても美味)と島の魚2種、

070722_032_1 070722_033

チャンプルーは塩漬けしたからし菜でシンプルな味付けがとてもおいしい、石垣牛も当然うまい。

070722_034 070722_035

付け合せは紅芋とへちま。 アグーもうまい。 きゅうりの千切りとよく合う。

070722_036_1 070722_038_1

私の〆はジューシーと味噌汁を頼んだ。 夫はガーリックライス。 ガーリックライスのほうがおいしかった。

070722_039 070722_041

夫が頼んだ味噌汁の代わりの沖縄そば。 トロピカルフルーツのデザートは外のテラスで食べた。

070722_040 070722_042

ブセナ・テラスは相変わらず風通しとサービスのいいホテルだったが…。 

ひとつ大きく変わっていたことがあった! ホテルがこどもの国と化していたのだ。 どこに行っても乳飲み子から幼児まで子供だらけ。

夜の鉄板焼きレストランも子連れでないのは我々だけだった。 カウンターの隣の若いお母さんが食事の途中で赤ちゃんにお乳をあげ始めたので、ぶっ飛んだ。

子供はこんなホテルに泊まっても面白いのかなぁ。 同じ沖縄なら「おじい」や「おばあ」がいる民宿でいろいろな体験をするほうがよほど思い出に残ると思うのだが。

のちにホテルの人に聞いたら「このホテルは敢えて子連れを受け入れている」そう。 大人用にはもうひとつ「アッタテラス」というホテルを作ったとのこと。 知らなかったよ。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2004/07/16 Fri 沖縄-東京

0407_435.jpg


 「軽井沢倶楽部」の朝食ビュッフェ
 石垣島空港のレストランで。 八重山そば
 自炊。 ニース風サラダ 蟹のトマトクリームパスタ(アサリ追加) 赤ワイン

今日で、私たちの夏休みはおしまい。
ああ、楽しかった!!
青い海と青い空と吹き渡るさわやかな風に会いに、また訪れたい。

ヤギ汁を食べてないの―?、と言われたけど、もともと食べるつもりがなかったからいーの。
私は蛇でも虫でも何でも食べるが、「血」の料理だけはどうしても駄目なのだ。
血のソーセージとか、豚の血のゼリーの入ったお粥だとか、勧められて挑戦したこともあるが、やっぱり体が受け付けなかった。
小さい頃にすごい量の鼻血を出したことがある。 鼻に脱脂綿を詰めていたが、脱脂綿から血がぽたぽた伝って洗面器で血を受けなくちゃならないし、のどの方にも血がどんどん流れ出して、いやでも胃の中に流れ込んでいく。 鼻血がこんなに止まらないなんて誰も思わないから、数時間我慢したあと、救急車で運ばれた。 (病院で、もう少し遅かったら危なかったと言われた)。 
そのとき一生分の血を胃の中に入れたので、血が入っているという料理だけはもう食べないのだ。


石垣島空港の売店で買い物。
空港の売店には二人店員がいた。 ひとりはしっかりものの年配女性、もう1人は人のよさそうな女性。
私がかまぼこを手に取って「これ、一度に食べきれないけれど冷凍できますか」と聞くと、やり手店員は「できるわよ!」と即答する。 人のよさそうな店員が私の顔をじぃっと見てから、小さな声で「冷凍するとまずくなる。 冷凍しない方がいい」と教えてくれた。 私はそれでもかまぼこを買った。 有名な「石垣島ラー油」は1人ひとつまで。

昼。
空港のレストランで八重山そばを食べる。 那覇空港の沖縄そばはまずかったけれど、ここのそばはおいしかった。 売店でスパム&玉子焼きをはさんだおにぎりがあったので買う。 これは夫が飛行機の中で食べた。 私もちょっと味見したら、夫好みのジャンキーなおいしさだった。

夕方、東京着。
渋滞に巻き込まれて8時過ぎに家に着く。
猫たちがニャゴニャゴニャゴーっと出迎えてくれた。
旅もいいけれど、家もまたいいね。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2004/07/15 Thu 沖縄5日目

0407_403.jpg


 ホテル「軽井沢倶楽部」のビュッフェ。
 ホテル「軽井沢倶楽部」のレストランで。 天ぷらそば定食(夫) チャンプルー定食(私) 白ワイン
 「あだん亭」で。 ゴーヤの酢の物 島胡椒の新芽の天ぷら あだんチャンプルー 鳥のから揚げ あだんの胡麻和え(サービス) 八重山そばの皿うどん ビール 泡盛

今日はホテルでゆっくり過ごすことにする。
朝食後、水着に着替えてプールへ。
石垣島のホテルは日中ひと気がない。 行くべき島がたくさんあるので、宿泊客はみんなどこかに出かけてしまうのだ。 島の人はみんな「どこそこへはもう行ったか。 あの島はもういったか、あれあれこれこれ」と言う。 「竹富島に行った。 石垣島の半周ドライブもした」と言うと、「それだけー?! 西表はいかないのか、シュノーケリングはしないのか、ヤギ汁はもう飲んだか、あれあれこれこれ…」
ここまで来てなーんにもしないでゆっくりのんびりするなんてヘンらしい。

プールは私たちだけの貸し切り状態。 泳いでは身体を焼き、暑くなったらまだ泳ぐ。 
この5日間で私たちはゴキブリのように真っ黒になった。
たくさん泳いだので「私、魚になったみたい」と言うと、夫は「魚というよりは亀」と言った。

ランチもホテルのレストランで食べる。 ここも誰もいなくて、ひっそりしている。 外の日差しだけがかんかんとまぶしい。 

午後は部屋でごろごろしながら、本を読んだり昼寝をしたりして過ごす。
夫は長いあいだ、テラスで青い海と青い空を飽きることなく眺めていた。

0407_405.jpg

夜は郷土料理居酒屋「あだん亭」へ。
あだんはパルミットのような、若竹のような、白い植物。 ソテーも天ぷらもおいしくて、私たちは気に入ってしまった。 
「あだんがおいしい!」とパクパク食べていると、店のご主人が「こんなものだ」と食材を出してきてくれた。 そして「ほい!」とあだんの胡麻和えもサービスで出してくれた。 そのうち「これを泡盛に絞るとうまい」とシークワーサもくれた。 生協で頼むシークワーサより味が濃い。 「最近は改良品種がたくさん出てきて、ほんとのシークワーサはなかなか手に入らない」とご主人が言う。
八重山そばで作った皿うどんもとてもおいしかった。

0407_414.jpg 0407_411.jpg
0407_412.jpg 0407_421.jpg


島唄のライブハウスを紹介してもらって店をのぞいたけれど、まだ早い時間だったのか閑散としているので、今回はやめにした。

ホテルに戻ると、入り口のマットにのそのそとタカセ貝が歩いている。 男の人のこぶしほどの大きさのタカセ貝。 触ると殻の中に引っ込んでしまった。 夫が草むらに戻してあげた。

0407_428.jpg

| コメント (4) | トラックバック (0)

2004/07/14 Wed 沖縄4日目

0407_303.jpg 0407_306.jpg


 ホテルのビュッフェ
 石垣シーサイドホテルのレストランで。 石垣牛汁定食(私) ビーフカレー(夫)
 「こっかーら」で。 八重山宮廷料理 講福ヴィンテージ

朝。
全日空ホテルをチェックアウトして、レンタカーで出かける。 今日から「軽井沢倶楽部」というホテルに2泊することになっている。
軽井沢倶楽部は高台のサトウキビ畑の中にある、とても古びた静かなホテル。
全ての部屋がひろびろとしたスイートになっている。 天井が高い。 私はこんなホテルが好きだ。
冷蔵庫はついているが、空っぽなので自分で飲み物を調達すること。

ホテルにちょっと顔を出してから、石垣島半周ドライブへ出発!


まず、玉取崎展望台。 絶景、絶景。
0407_277.jpg

次は島の西側に移動して、吹通川のヒルギ群落。 蟹やトントンミーといった小さな生き物がちょこちょこたくさん動き回るのが面白くて、しゃがみこんでしばらく見入ってしまった。
0407_300.jpg


米原海岸。
キャンプをする人たちが静かにのんびりと過ごしている。 静かな静かなビーチ。

ランチは、牛汁というものを食べてみる。 とろとろに煮込んだ牛バラ肉、豆腐、野菜がたっぷり入ったお汁。 おいしい! 牛スジの煮込みのような、すき焼きのような、そんな味。 ご飯にかけると、コムタンクッパのような味もする。
底地ビーチを眺めながら、のんびりとランチ。

川平湾で、グラスボート。
さんご礁、魚、海蛇、いそぎんちゃく。 今日の透明度は100点満点だそう。 でもサンゴってもっときれいなものだと思っていた。 これって汚染されているのか。
0407_339.jpg


御神崎灯台。
草原が広がっていたり、岩場が出てきたりで、変化のある景色。
0407_358.jpg


どの場所もそれぞれに美しい。

夕食は八重山宮廷料理の「こっかーら」。
丁寧に丹念に作られた料理の数々。 妥協をしない味付け。 食材の火の通し方が完璧だった。 昔からのレシピを守っているのか、私たちにはちょっと甘すぎる味付けだった。
0407_362.jpg 0407_367.jpg
0407_375.jpg 0407_380.jpg


夜、テラスで星を見ながら泡盛を飲む。 
外の空気が本当に気持ちがいい。 普通なら外にいてしばらくすると「そろそろ暑くなってきたから」とか「そろそろ寒くなってきたから」といって家の中に入りたくなるが、ここは外にいることを忘れてしまうくらいちょうどいい気候なのだ。 まるでハワイみたい。
眠くなるまでテラスで、あれこれお喋りした。

0407_392.jpg

| コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/13 Tue 沖縄3日目

0407_250.jpg 0407_228.jpg

朝 ホテルのビュッフェ。
 ホットドッグ フライドチキン オリオンビール 八重泉のロック
 ホテルの洋食「クレール」で。 コース料理 ドライシェリー 白ワイン

昨日読んだ地元のフリーペーパーのエッセイにこんなことが書いてあった。
「友だち夫婦が遊びに来たので、竹富島に連れて行く。 水牛車で街を回るとあとは何も見るものがない島だ。 持参したジューシーのおにぎりと島豆腐を浜辺で食べて、これも持参した泡盛に氷を浮かべて飲みながら、ただただ海と空を眺める。 そんな過ごし方が似合う島だ。」
夫が「これと同じことをしてみようか」と言う。

朝食後、ホテルのツアーデスクに聞きに行くと「ジューシーのおにぎりやお惣菜は桟橋の売店で買える」と教えてくれる。 9時半の水牛車とサイクリングのコースに申し込んで、泡盛の小瓶を持って出かける。

桟橋の店には確かにジューシーのおにぎりがあったが、あまりおいしそうじゃなかったので買わない。 代わりにフライドチキンがとてもおいしそうだったので、そっちを買う。 夫はミネラルウォーターと一緒にロックアイスもちゃんと買っている。

石垣島から船に乗ると10分で竹富島に着く。
小さな島。 桟橋まで魚が白い腹をきらきらさせながら群れをなして泳いでいる。 

0407_2531.jpg

水牛車に乗る。 かんかん照りの中、水牛は車を引く。 日陰に来ると水牛はすぐに休んで動かなくなってしまう。 そうするとお尻を棒で叩かれる。 ああ、水牛の暮らしも楽じゃないね。

サンゴの塀の向こうに赤瓦の小さな家が並んでいる。 家の守り神シーサーがひょうきんな顔で屋根の上や塀の上にのっかっている。
とてもいい天気なのに、なぜか悲しくなるような静けさが島をおおっている。

水牛車の後は、サイクリングを借りて浜辺に行ってみる。 熱い熱い陽射し。
でも日陰に入ると涼しい風がわたり、とても気持ちいい。

0407_231.jpg 0407_239.jpg
0407_241.jpg 0407_242.jpg


星砂で有名なガイシ浜には適当な木陰があってのんびりする。 猫がたくさん日陰で寝そべっていた。
コンドイビーチは日陰がまったくなくて逃げ場がない感じ。 コンクリートでできた東屋のようなところで、ホットドッグとビールを買って、持ってきたフライドチキンと一緒に食べる。 夫が買ってきたロックアイスも半分溶けただけだったので、ちゃんと泡盛のロックもできた。 沖縄の人たちはほんと、揚げ物がうまいね。 フライドチキン、おいしかった。
しばらく浜辺で過ごしてから、石垣島に戻った。

夕方またホテルのプールとビーチで泳いで過ごす。


夕食は当初和食レストランに予約していたのだけれど、昨日のタクシーの運転手さんが「全日空ホテルのフレンチは沖縄一おいしいと言われている。 ホテルに泊まっているならフレンチを食べなくちゃ駄目だ」と言うので、フレンチに予約を切り替えた。
しかし! ひどいまずさ。 前菜は何時間も前から盛り付けて冷蔵庫で冷やしておいたような感じだし、コース料理だと言うのにオフィス街のランチのように矢継ぎ早に料理が出てくるので、ワインが半分くらい残ってしまった。
ホテル内のほかのレストランはとてもおいしいのに、ここのまずさは一体どういうことなんだろう?!

バーに移動して、私はマルガリータを飲む。 夫は泡盛を飲む。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2004/07/12 Mon 沖縄2日目

0407_254.jpg 0407_097.jpg
0407_103.jpg 0407_109.jpg

 ホテルのビュッフェ。 種類が多くて楽しい。
昼 ホテルの「八重山」で。 石垣島地ビール 長命草そばセット(夫) 八重山そば(私)
 ホテルの中華「ニライ」で 新中華コースとアジアンコースを取って分ける。 白ワイン

午前中はずっとプールとビーチでのんびりする。
海にぷかぷか浮かんでいると、いつまでもこうしていたいと思う。 
プールサイドの木陰で読書していてもまた、いつまでもこうしていたいと思う。

昼。
ホテルのレストランで八重山そばを食べる。 夫は長命草そばを食べた。
沖縄そばは平べったくて、八重山そばは丸い。 個人的には八重山そばの方が好き。


午後。
ホテルのエステでタラソの「海のうるおいコース」に挑戦する。
シャワーマッサージ、海草ジェットバス、そして全身の海草パック。
気持ちよくてぼぉっとしているうちに1時間半のコースは終わった。


夕方。
石垣島の中心街をのぞいてみることにする。
ホテルからタクシーに乗ると運転手が「こんなにいいお天気は珍しいから、近場でいいから観光した方がいい」と何度も言うので、近くの公園の展望台に行ってもらう。
一緒に車を降りて景色の解説をしてくれた。 島の東側が見渡せて、きれい。

タクシーの運転手さんは東京から石垣に住み着いて13年になると言う。 きちんとした目的なしに移り住むと人生の敗者になると言う。 そうやってだらだらと暮らしている人がたくさんいると言う。 自分も敗者の一人だという。 もう東京には戻れないと言う。

その後、中心街でタクシーを降りて、ぶらぶら見て回る。
デジカメの電池が切れてしまったので、かび臭くてうす暗いカメラ屋に入って「デジカメ用の電池ください」と言う。 ホコリをかぶったアルカリ単三が2個だけあった。 いやな予感がしたけど、それしかないので買う。 店の主人が「外、すごく暑いでしょ。 絶対に外に出たくないねー」と言う。  「暑いけど気持ちいいから平気」と言うと「へぇー」と驚かれてしまった。
いやな予感は見事に的中し、電池を交換してから写真を5枚撮っただけで、また電池が切れてしまった。


夜。
ここのホテルは夕食なしの宿泊は受け付けないので、今夜もまたホテルのレストラン。 今日は中華にする。

この中華料理が予想外においしかった。 スープもちゃんと本場の味がした。 昨日の鉄板焼きといい今日の中華といい、食事のレベルが高い。

0407_114.jpg 0407_115.jpg
0407_118.jpg 0407_129.jpg
0407_133.jpg 0407_135.jpg

食事後、バーで泡盛を一杯飲んでから、ビーチまで夜の散歩に出かける。
「空いっぱいの星だ!」と夫が感動する。 
しばらく空を仰いでいると、突然流れ星がおちた。 一瞬の花火のようにぱっと燃えてすっと消えた。 夢の中のできごとみたいだった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/11 Sun 沖縄1日目

0407_274.jpg 0407_063.jpg


 コンビニのおにぎり2個
 那覇空港の売店で。 ソーキそば(夫) 沖縄そば(私) オリオンビール生
 全日空ホテルの「於茂登」で。 石垣牛のコース・伊勢海老のコースを分ける 白ワイン 赤ワイン

今日から夏休み。
今年は石垣島まで足をのばすことにした。
羽田から那覇経由の飛行機に乗る。
東京―那覇の客室乗務員もとても親切で、窓から見える島々の説明をしてくれた。 那覇―石垣の客室乗務員もよく気が付いて、私たちを空いてる列に移してくれた。

2時半頃、石垣島に着く。
ああ、いい天気! 想像どおりの青い空と青い海。 同じ暑さでも東京とはぜんぜん違う。 東京はビルと車の空調のせいで熱風が吹き荒れているが、ここは自然の暑さ。


今日から3日間の宿は全日空ホテル。
びっくりするほどの豪華さはないがスタッフのサービスがとても気持ちいい。 親しみやすいかんじ。

チェックイン後、さっそくホテル内の探検に出かける。
ビーチ、プール、レストラン、エステ、と見ているうちに大浴場があったので、そのままお風呂に入る。 この大浴場は何でも揃っているから、手ぶらで出かけることができるのだ。
湯船からも青い空が見えて気持ちいい。


売店のあちこちで試食ができるようになっていている。 マンゴとパイナップルがとてもおいしかった。
泡盛の試飲もしていたら、それをじっと見ていた1人のおばさんが近づいてきて「それ、試せるの?」と聞く。 「そうですよ。 いろんな泡盛を飲み比べできるんです」と言って、少しお喋りする。 おばさんが「ここ、いいとこだねー。 ほんと、楽しいねー」とうきうきしながら言う。 同感、同感。

夜。
ホテル内の鉄板焼きのレストランへ。 石垣牛も伊勢海老も食べたいので、ビーフのコースとシーフードのコースをひとつずつ注文する。 焼き手の人が気を利かせてくれて、両方のコースを二人で分けやすいように焼いてくれる。 ステーキもミディアムレア(私)とウエルダン(夫)と半分ずつ焼いてくれた。 野菜類も土地のものでとてもおいしかった。

0407_065.jpg 0407_066.jpg
0407_069.jpg 0407_071.jpg
0407_073.jpg 0407_076.jpg
0407_082.jpg 0407_083.jpg


夕食後、外に散歩に出たら、夜空が紫の濃淡に交じり合って、とても幻想的だった。

0407_084.jpg

| コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あざみ野 | お取り寄せ | お弁当 | かみのやま | たまプラーザ | アフリカ | アムステルダム | イタリア | オランダ | クアラルンプール | グルメ・クッキング | コスタリカ | コペンハーゲン | コリア | サンフランシスコ | シンガポール | タイワン | デンマーク | ドイツ | ニューヨーク | ハワイ | ハンブルグ | バリ | バンコク | フィリピン | フランス | ブラジル | ベルギー | ホンコン | ホーチミン | ホームパーティ | ボストン | ランカウイ | ラーメン | ロスアンジェルス | ロンドン | 三軒茶屋 | 上野 | 中国 | 中目黒 | 中野 | 九段下 | 京都 | 人形町 | 伊豆 | 修善寺 | 八丁堀 | 六本木 | 別所温泉 | 北海道 | 千葉 | 半蔵門 | 原宿・表参道 | 名古屋 | 品川 | 四ツ谷 | 大阪 | 奈良 | 宝川温泉 | 宮城 | 小伝馬町 | 岐阜 | 岩手 | 広尾 | 御茶ノ水 | 恵比寿 | 掛川 | 新宿 | 新橋・虎ノ門 | 日本橋・東京 | 月島 | 東京・丸の内 | 栃木 | 根津 | 横浜 | 沖縄 | 浅草 | 浜名湖 | 浜松町 | 渋谷 | 湘南 | 湯島 | 溜池山王 | 田町 | 白金 | 目黒 | 神保町 | 神戸 | 神楽坂 | 神田 | 福井 | 福山 | 福島 | 箱根 | 練馬 | 群馬 | 羽田 | 自炊 | 草津 | 荻窪 | 菜食 | 蒲郡 | 西荻窪 | 赤坂 | 軽井沢 | 銀座・京橋・築地 | 錦糸町 | 長野 | 阿佐ヶ谷 | 青山・外苑前 | 青梅 | 静岡 | 韓国 | 駅弁・空弁 | 高円寺 | 高尾 | 麻布