奈良

19/02/23 Sat カマスゴを炙る。

午前中。 家の片づけ。

昼。 買い物がてら、生駒駅前の「盛こう」でランチ。 今日は木ノ葉丼とうどんの定食。 

木ノ葉丼は、かまぼことシイタケの卵とじ。 来店する客は次々と木ノ葉丼を頼んでいて、人気メニューのようだ。 この店のシイタケは甘からく煮てあって、私は生のシイタケの方が好き。 

Img_3794_2

夜。 トマト、

Img_3798

カマスゴの炙ったの。 カマスゴは早春の魚で、茹でて売っている。 旬は短い。 (翌週には、もう売っていなかった。)

私が小さいころ、父はテーブルの上でカマスゴを炙り、焼きたてを酢醤油にじゅっとつけて食べていた。 私も父の膝に上がり込んで、よくお相伴にあずかった。 関西の思い出の味だ。

今日は炙ったカマスゴを、きゅうりの酢の物のうえにトッピングした。

Img_3799

旨ーい。 明日も買おうっと。

メインは、鍋物。 鶏と豚のしゃぶしゃぶ。

Img_3796

野菜たっぷりで、旨し。

Img_3802

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19/02/22 Fri 生駒の焼き鳥「一調」の胸肉つきの軟骨焼き。

午前中。 滋賀で打ち合わせ。

昼。 草津の牛タン屋さんで、ランチ。

3時ごろ、奈良の家に向かう。

妹と生駒駅で待ち合わせて、焼き鳥「一調」に行ってみる。

Img_3782_2

焼き鳥あれこれと、漬物盛り合わせ。

Img_3783

キムチ。

Img_3784

軟骨入りつくね。 ここら辺ではつくねを辛子で食べるんですね。

Img_3785

しし唐焼き。

Img_3786

胸肉付きの軟骨の塩焼き。 これが一番おいしかった。

Img_3787_2

長芋焼き。

Img_3788

手羽は、ちょっと焼きが甘かった。

Img_3790_2

地酒もおいしくて、久しぶりに日本酒も堪能した。 地元の人気店のようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/12/13 Thu

朝。 歯の調子が悪い妹のリクエストで、食べやすい雑炊を作る。 

漬物がないので、冷蔵庫の奥からラッキョウ漬けを出して食べた。 

Img_3231_2

昼。 近鉄生駒の中華料理屋さんで、ランチ。

スープ、点心、サラダ、

Img_3233_2

揚げ焼きそば。 昔より味が落ちている気がする。

Img_3234_2

3時過ぎの新幹線で帰路に着く。

夜。 夫も外で食べてくるので、抜き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/12/12 Wed 生駒「盛こう」のカレーうどんと、やりくり料理。

明日まで休みを取って、実家の整理。

私は食事担当なので、昨日買った食材を工夫して明日までに使い切るのが、腕の見せどころだ。

朝。 昨日のアンコウ鍋の残りを、おじやにする。 

昼。 買い物がてら、お気に入りのうどん屋さん「盛こう」で、カレーうどん。 身体が温まった。

Img_3224

このお店を訪れる客は、それぞれお気に入りのメニューがあるらしく、席に着くなり、メニューも見ずに「けいらんうどん」とか、「盛こううどん」、とか「なべ焼きうどん」などと頼んでいる。

午後。 片付けに専念する。

夜。 白菜の塩もみに塩昆布をトッピング。

Img_3225

油揚げの炙ったの。 こんなに大きくてふわふわの油揚げは、東京では見たことがない。 味がしっかりしてとても美味。

Img_3227

大寅のさつま揚げと大根おろし。 揚げたての大寅の天ぷらは、大好物だ。

Img_3228_2

焼き穴子は、わさびを添えて。 焼き穴子も東京のスーパーマーケットにはない。

Img_3229

小松菜と薄揚げの煮びたしと、妹のリクエストで豚しゃぶ。

Img_3226_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/03/30 Fri 四谷三丁目の「羅生門」で、壮行会。

午前中。 奈良の家に行き、用事を済ます。

昼。 生駒駅のうどん屋さん「盛こう」に行く。

今日はえのきうどんにする。 えのき茸、ワカメ、そしてかまぼこ一枚。 ほっとするおいしさだ。 この店、好き。

R0051634_2

新幹線で東京に戻り、4時過ぎに会社に着く。

夜。 前任者と前々任者がドバイと名古屋に赴任するので、壮行会。

主賓のリクエストで四ツ谷の焼肉の「羅生門」に行く。 焼肉に行くのは何年ぶりかのことだ。

前任者の壮行会はすでにグループで終わっているのだけど、赴任前に是非ゆっくり私と食事したいと言ってくれて、ずいぶん前から別枠で約束していた。

前々任者も参加する事になったので、私の部下も誘って4人でしっぽり行く。

前任者も前々任者も、2月から送別会がずっと毎日入っていたそうだ。 2か月近く自分が主賓の飲み会が続くなんて、気が遠くなります。 お疲れ様でした。

R0051635_2

R0051637

R0051639_2

よく食べ、よく飲み、よく喋りました。

今までのように気軽に会えなくなるのがとても寂しいけど、どんな時もお互いを100%味方すると信じられる人が存在するというだけで、すでに大きな財産だ。 やはり最後は人である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/07/20 Thu 生駒の「盛こう」でおうどん、梅田の「mus」で蒸し料理。

大阪出張。 午前中に奈良の家に寄っていく。

昼。 生駒の駅前の「盛こう」で、日替わり定食。 山菜うどんとかやくごはんのセット。 

家族経営のお店で、店の温かさがプラスされてとても好ましいおいしさだった。

R0045153

夜。 梅田の蒸し料理のお店「mus」に連れて行ってもらう。

野菜蒸し。

R0045154

蒸し豚。

R0045156

蒸し魚。 これ、おいしかった。

R0045157

豚のモヤシの蒸し物。

R0045158

ヘルシーな気分で満腹。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/09/24 Tue

朝 フルーツ v
昼 皿うどん 
夜 生駒の「桃谷樓」で。 前菜盛り合わせ 水餃子 五目春巻き 五目焼きそば ビール 白ワイン

今週は遅い夏休み。 会社は休むけれど、実家の用事や国内出張が入っていてぜんぜん休みの感じはしない。

午前中、ウォーキング。

昼。 にら・玉ねぎ・もやし・キャベツ・エビで皿うどん。 一人分でニラももやしも一袋ぜんぶ使ったので、すごいボリュームだった。

Rimg2013_edited1

午後から母と奈良の実家に向かう。

夜。 生駒の「桃谷楼」で夜ご飯。 二人なので軽くいきましょう。

前菜の盛り合わせを一人ずつ頼んで、

Rimg2016_edited1

水餃子と春巻き、

Rimg2017_edited1

五目焼きそばをシェアして食べた。

Rimg2019_edited1

前菜の野菜がとても上手に料理されていておいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/07/06 Sat 奈良公園の中のフレンチ。

奈良公園の中の「ラ・テラス」というフレンチでランチ。 目が回るような日々の中で、オアシスのような時間だった。

テラス席には大きな木が枝を広げていて、気持ちいい。 でも猛暑なので、建物の中の席にした。

Rimg1225a

いちばん品数の少ないコースを頼む。 以前もこれでお腹いっぱいになったので。

アミューズはとうもろこしのアイスクリーム。 凍ったコーンポタージュだ。 冷たいスープはあまり好きじゃないけど、これはおいしい。。

Rimg1228

自家製のパンは焼きたて。

Rimg1230

サラダ。

Rimg1235

スープ。

Rimg1237

メインは魚料理。 カリッと表面が上手に焼き付けてあり、中はふっくら。 野菜がたっぷり。

Rimg1239

デザート。

Rimg1243

食後の飲み物はテラスで若草山を眺めながら。 

Rimg1245

しかし、暑い。 鹿もぐったり。。

Rimg1248

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/02/07 Thu 関西の食材。

朝 果物 チーズトースト シイタケとほうれん草の味噌汁
昼 生駒の「杵屋」で。 日替わりランチ
夜 かますご 牡蠣 湯豆腐 白ワイン

ああ牡蠣が食べたい、とつぶやくと、母が言った。

 - 生駒駅前の「ぴっくり通り」の入口近くの路地のほったて小屋みたいな場所に、伊勢から毎日やってくる魚屋さんの老夫婦がいて、そこの魚がとてもおいしいと聞いたから、行ってみたら。

「ほったて小屋」ってすごくレトロな響き。 昭和の香りがぷんぷんする。 いまどき「ほったて小屋」もないでしょう、といざ行ってみると。 本当に「掘っ建て小屋」である。 

小屋の中でご主人が魚をさばき、奥さんが軒先で魚を売っている。 さっそく買って帰った。

まず、伊勢の牡蠣。 個人的には的矢の牡蠣がいちばんおいしいと思うが、それよりもおいしい。 というかこれまで食べた中でいちばんおいしい牡蠣だった。 神戸に引っ越してしまった母の友だちがこの店の牡蠣の味が忘れられなくて、神戸からわざわざ買いに来るというだけはある。

さっと洗ってそのままつるりんと食べる、旨い!
次にレモンを絞って食べる、旨い!
さらに醤油を垂らして食べて、最後はしゃぶしゃぶにして食べた。 うんまい! 

(翌日も買いに行ったが、出遅れて売切れだった。)

Rimg8447

次はカマス子。 茹でてあり、初物だそう。 東京ではめったに見られない代物だ。 昔、父が晩酌をしながら、テーブルでカマス子を炙ってすぐに酢醤油にじゅっとつけて食べていた。 もちろん私の大好物だった。

魚屋さんは「焼かなくてもそのまま食べてもすごくおいしい」というので、そのまま食べてみたらこれが上質のパテのようにねっとりとしてうまい。

こちらは少し炙ってみたもの。 母が「これじゃダメ。 もっとしっかり焼かなくちゃ」と頭と尾がカリッとなるまで炙ってくれた。 たしかに中途半端はだめですね。

Rimg8448

八百屋では関西特有の野菜も並んでいる。 関西の春菊は葉が円くて優しい味。 茎がないのも特徴だ。

Rimg8451

あすかルビーという苺もおいしい。

東京においしいものはなんでも集まるというが、それはうわべだけのこと。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12/08/09 Thu

朝 バナナ 玄米おにぎり
昼 新大阪のラーメンで。 冷やし中華
夜 新幹線の車内で。 金平れんこん風サラダ 助六すし 赤ワイン

新大阪で仕事。

昼。 ラーメン屋で冷やし中華を頼む。 タレがなんだかケミカルな味。 肉もケミカルな味。 ふつうのラーメンにすればよかった。

001_3

夜。 新大阪駅のスーパーで赤ワイン、きんぴらレンコンサラダ、助六すしを買って新幹線に乗り込む。 シンプルな助六がおいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)