新橋・虎ノ門

18/08/30 Thu

夜。 ウズラの卵をこよなく愛すスタッフと、新橋の焼き鳥「益子」に行く。

マスターがウズラの卵をサービスしてくれて、結局彼女はウズラ串を2.5本食べた。 お見事!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/07/03 Tue 汐留「Bubby's」の本格バーガーと、達吉の豆腐サラダ。

午前中。 汐留で打ち合わせ。 その後「Bubby's」というお店に入り、ラップアップ。

昼。 そのまま、お店でランチすることにした。 

私はお店のスペシャルバーガーを頼んだ。 フライドポテトも皮付きのまま揚げてあり、私の好きな細いポテトでうれしい。

この店の本店はアメリカにあるそうでハンバーガーは本格的なおいしさだったけど、生ハムは余計だった。 次回はトマトやレタスなどの生野菜がついているバーガーを頼もう。

Img_2357

パテは一つだけ食べて、残りは仲間におすそ分けした。 最近ランチをサラダにしている私にとっては、半分食べただけでも夜までお腹が苦しかった。

夜。 阿佐ヶ谷の「達吉」に行く。

今日はサラダ部の部活ができなかったので、豆腐サラダを頼む。 さっぱりしておいしい。

絹こし豆腐に野菜ときざみ海苔がたっぷり。 

Img_2359

ひさしぶりに冷酒を頼む。 女将のおすすめの微発泡のにごり酒。

Img_2360

濃いラベルとはうらはらに、とても繊細で上品な味だった。

鴨のあい焼き。

Img_2362

だし巻き卵。

Img_2363

二つとも私は一切れつまんだだけ。

締めのかけそばも二人で一皿をシェアした。

Img_2365

そばとそばつゆがさっぱりとおいしく、胸がスーッとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/05/15 Tue 人をつなぐ場所と、昔の場所。

夕方。 街づくりの会社に転職した仕事仲間と、りきまるさんの会社のネットワーキングラボを見学させてもらう。 

りきまるさんとはお互い仕事中に会うのは初めてなので、なんだか新鮮です。

ラボは人と人をつなぐ様々な工夫がされている。

Img_2187

室内で本物の植物もLED栽培されている。 屋内環境に15%グリーンがあると人はくつろげるそうです。

Img_2186

廊下にもさまざまな本や情報が。

1jpg

りきまるさんがいちばんお気に入りという一枚板のテーブル。 立って打ち合わせもできる高さで、キッチンもついている。

3jpg

コーディネイターの方と話すと、我々の業界ともつながっていることが分かり、びっくりした。

夜。 3人で食事しようと、りきまるさんと私をつないだ町、虎の門に行く。

20年間ずっとこの町で働いたので、私にとって虎の門・新橋は特別な場所だ。 大通りにも裏通りにも、嬉しさ、悔しさ、感動、後悔など、20年分のいろいろなものが染みついており、久しぶりに訪れるとあれこれ思い出されて、どきりとする。

虎の門は再開発で大好きな場所がどんどん消えていく中、別の場所で再開するお店もある。

そのひとつが洋食の「平五郎」。 

ランチでさんざんお世話になりました。 この店のえびフライが世界で一番おいしいと思っている。

夜伺うのは初めてだ。 メニューと白板からアラカルトで注文する。

牛筋大根。 上品な味。

Img_2191_2

トマトサラダ。

Img_2195_2

エスカルゴ。

Img_2192

ポテトフライ。

Img_2194_2

鶏モモのガーリックソテー。

Img_2196_2

某事務次官の女性記者セクハラ事件の話から、会社の女性の位置や地位について話が広がった。

自家製ピクルス。

Img_2197_2

ナポリタン。

Img_2198_2

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/04/13 Fri 新橋「ポンヌフ」のナポリタンと、阿佐ヶ谷のそば「達吉」。

午前中。 汐留で打ち合わせ。 

遅い昼。 新橋で乗り換えだったので、ひさしぶりに「ポンヌフ」でランチを食べることにする。 1時半過ぎだというのに、まだ数人並んでいた。

厨房をのぞくと、ナポリタンを作っているのは若手のスタッフだ。 長年、首を落としてひたすらナポリタンを炒めていた先代のシェフはとうとう引退したんだ、と思ったら、そのシェフが杖を突き足を引きずりながらゆっくり店にやってきた。 レジの前に立って会計をやっている。 もうフライパンが持てなくても、こうして店を守っているんだ、本当にこの店を愛しているんだ、と思うとなんだか泣けてくる。

人生における仕事の位置づけについて考えを巡らせていると、私の定番、ポンヌフバーグがやってきた。 

ナポリタン、ハンバーグ、サラダ、パンのセット。 

Img_1854_2

ハンバーグがジューシーでおいしい。 ナポリタンは記憶していた味より柔らかかった。

店を出るとテレビ局のインタビューをやっていた。 王様のブランチのナポリタン特集だという。 部下と一緒に快くインタビューに応じたら、放送は21日の午後と言う。 (後日番組を見たら、タイトルに2秒間だけ顔が映って、インタビューは没だった。 あはは。)

夜。 阿佐ヶ谷の「達吉」に行く。

鴨のあい焼き。

Img_1855

桜えびと青菜のかき揚げ。

Img_1857

〆は、かけそば。

Img_1858

なんだか疲れる一週間だったけど、この店の安定したおいしさに癒されます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

18/02/27 Tue オークラのカフェでランチ。

昼。 ホテルオークラのカメリアで顧客とランチ。

私はピカタにした。

R0051269_2

オークラは前の会社の近くにあり、出張者の定宿だったのでよく迎えに行ったり食事したりして、 私には思い出の深いホテルである。 駅前のホテルとは違い、用事のある客しか来ないので、ロビーに静けさが保たれているのが好き。 

そして、スタッフのサービスが格式あるのに人なつっこいところも好き。 以前、中華レストランで焼売が一個だけ残ったときも「せっかくなのでお持ちになりませんか?」とニコニコしてお土産用に丁寧に包んでくれたこともあった。

現在は本館が改装中で、どんなホテルに生まれ変わるのか、楽しみなようなさびしいような。

夜。 青山ツインビルで、悪友I子と夫と待ち合わせて、軽くつまんでから、文楽を観に行く。 演目は曽根崎心中。

R0051272_4

その後、赤坂の「ストックホルム」でスモーガスボート。

夜のビュッフェスタイルはバタバタしがちだけど、ここは時間制限もなくゆっくりできていい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/04/21 Fri 新橋「大」の焼き白子。

今日のお弁当は、ちりめん山椒、ヒジキご飯、ピーマンと塩昆布のレンチン、カレーキャベツ。

R0044219

顧客と会食で、新橋の「大」に行く。

たくさんおいしい魚料理が出てきたが、特に気にいったのが、ハマグリの土瓶蒸し。

R0044223

焼き白子。

R0044224

ボリューム満点でお腹いっぱい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/08/25 Thu

朝。 夫を送り出してから、冷凍庫の整理をする。 

冷凍庫の奥底に忘れ去られていたカレービーフンを見つけて、捨てる前にレンジでチンして味見してみたらすごくおいしい。 結局わたしの朝食となった。

昼。 にゅうめん。

R0041577

午後。 美容院に行く。 その後、蔵前の革製品屋さんに行く。 銀座に移動して、画廊で来週の欧州の記念パーティ用に版画を注文する。 版画を選んでいるうちに仕事帰りの夫も合流。

夜。 久しぶりに20代の頃から通っていた新橋の焼き鳥屋さん「益子」に行く。

益子は予約を受けない人気店だが、最初の客が帰る時間帯だったので、すぐに席が空いた。 

益子のご主人には「ここ数年、ぜんぜん来ない」とチクリと言われたが、来店を喜んでくれた。

しばらく来ないうちに、お店は改装されてきれいになり、ご主人の息子さんが店で働くようになっていた。 

焼き鳥の味はさらに進化していた。 普通のブロイラーをここまでおいしくするなんて脱帽。

早めに店じまいしたご主人も一緒に飲みだして、昔話に花が咲いた。 

「二人は結婚する前もした後も、この店でよくケンカしてたよね」などと言われてびっくり。 全部聞こえてたんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/02/10 Wed 新橋「本陣房」で、鴨鍋。

久しぶりに地下鉄に乗ると隣の乗客がひどい咳をしている、 と思ったら会社に着くなり喉がヒリヒリし始めた、やばいぞ。

夜。 会社の女子と食事。 鴨鍋が食べたくて、新橋の「本陣房」に行く。 鴨のつみれがおいしい。

R0031985_edited1

鴨鍋の〆は、鴨せいろ。

R0031986_edited1

ひりひりする喉に冷たいお蕎麦が気持ちいい。

R0031988_edited1

他のグループの人間関係がすごいことになっていることが分かった。 何ができるかわからないけど、とりあえず動いてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/06/16 Tue 新橋の北海道「やまむら」。

夜。 前任者の昇進祝いで新橋の北海道料理のお店「やまむら」に行く。

小さくてそっけないお店だけど、ぎゅうぎゅうの盛況ぶり。

お刺身の盛り合わせ。 とても新鮮。

R0003711_edited1

じゃがバターは塩辛を乗せて食べるとサイコー。

R0003712_edited1

自家製さつま揚げはふわふわのすり身と玉ねぎのみじん切りのこりっとした食感が面白い。

R0003713_edited1

アスパラガスサラダ。

R0003715_edited1

いろいろ食べたあと、最後にとうもろこし。 びっくりするほどおいしかった。 一人が「息子に食べさせたい」とラップに包んで持ち帰りにした。

R0003716_edited1

もうここは北海道。 飾り気がないけど素材の新鮮さをそのまま呑み込む旨さがある。 店はオヤジだらけ、やっぱオヤジは美味い店よく知ってるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/05/15 Fri 虎の門の老舗洋食「ケルン」で飲む。

午後アークヒルズで仕事だったので、終了後みんなで虎の門の「ケルン」に行く。

ケルンは店内もゆったりしていて古き良き時代の洋食屋さん。 夜来るのは初めて。 

しっかりした洋食系のメニューもあるけれど、量が少なめのおつまみ系のメニューも充実している。

ポテトサラダ。

R0003345_edited1

きびなご焼き。

R0003343_edited1

名物のカツサンド。 ひれ肉でおいしい。

R0003347_edited1

焼き鳥はオーブンで焼いてコールスローが添えてある。 これもおいしい。

R0003348_edited1

お店の一押しのクリームコロッケ。 お勧めだけあり、とろとろ。

R0003350_edited1

シラスピザ。

R0003353_edited1

ナポリタンは王道の味。

R0003355_edited1

最後に誰かが頼んだポテトフライがまた絶品だった。 ほんのりバターの香りがして。

R0003356_edited1

店内では客がそれぞれ馴染のメニューに舌鼓を打っていた。 気取らないけど成熟した空気が店に流れている。

マッカーサー通りが開通して町もずいぶん変わってきているけど、虎の門・新橋のそこここに今だ残る昔ながらの佇まいが私はやっぱり好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧