西荻窪

18/03/03 Sat ラオスナイト。

朝。 にしんそばを作る。

R0051287_2

時間と気持ちに少し余裕がある週末は、乾物料理です。 キドニービーンズを水に浸して戻しておく。 

R0051289_2

夜。 西荻窪のとびうおキッチンに行く。 

とびうおキッチンは、普段はスリランカカレーとあご酒のお店だけど、今の期間、ラオス料理のシェフを招いてラオスナイトなのである。 りきまるさんに誘ってもらった。

とびうおキッチンの女主人も今日は客席に座り、すっかりお客さんの表情で友人たちとくつろいで、別人のようだ。

ラオス料理って初めて。 私はりきまるさんのラオス旅行記がすごく好きで、今夜の料理にも興味深々である。

まず、ラオスビールで乾杯。

R0051291_2

野菜たっぷりのラオス料理の盛り合わせ。

R0051293_2

もち米で食べる。

R0051294_2

追加で頼んだ、鶏肉の料理。

R0051295_2

鶏スープ。 あっさりとしているのにいい味が出ています。

R0051296_2

話は尽きず、近くのアイリッシュパブに場所を移して、飲んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/11/02 Thu 「ナタラジ」「とびうおキッチン」「SPOON+」で、カレーのいちにち。

昼。 会社の株価が上がり、本日の社食は全部無料になった。 しかし、出遅れてすごく混んでしまったので、久しぶりに外に出て「ナタラジ」のカレービュッフェに行く。

自家製農園で採れる野菜サラダはとてもおいしいし、この店のにんじんドレッシングも大好き。 小松菜のナンもまっとうな味がする。

R0046865

カレーもおいしい。 今日は豆カレーが秀逸だった。 

私はナンはそのまま食べて、カレーに付けるのはやっぱりご飯派なんです、特にサフランライスが好き。

R0046867

夜。 おともだちのりきまるさんに西荻窪のお店「とびうおキッチン」に誘ってもらった。 

ほっそりした女性店主がひとりでやっているお店で、西荻窪の路地の路地の、教えてもらわなければたどり着けないような場所にある。

生ビールとイカ墨入りのするめを頼んでいるうちに、りきまるさんも到着。

R0046868

転職したりきまるさん、すごく忙しそうだけれど、とても穏やかな表情で、私も嬉しい。 

新しいことをどんどん取り入れる職場だそうで、見せていただいたパンフレットには、実験的なオフィスキッチンやフリースペースが広がっていて、興味津々。 ぜひ近々職場に乱入しちゃおう。

近況報告を聞いているうちに、料理も出てきます。

焼きトマトのマリネ。 トマトの旨みがぎゅっと詰まった味。

R0046869

茶わん蒸しのような卵豆腐。 きのこの味が濃くておいしい。

R0046871

メインはカレー。 ベジカレーとノンベジがあるので、ノンベジにした。 

R0046872

盛り付けられたカレーセットは、ほろほろに煮込んだチキン、ココナッツの味がする青野菜、ぐずぐずに煮込んだお豆など、それぞれに違うおいしさ。 別々に食べ始めて、後半は全部混ぜた。

ナタラジのカレーもおいしいけれど、とびうおキッチンのスリランカカレーはきりりと清涼感のあるカレーです。

こういう爽やかな味のカレーを食べると、おなかがすっきりして元気が出てしまい、名残惜しくてもう一杯ワインを飲みに行く。

2軒目のお店も、西荻のカレースープ屋さんがやっているワインバーで、図らずも今日はカレー屋さんのいちにちとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/07/18 Tue 西荻窪の「汐彩」で鱧しゃぶ。

夜。 西荻窪の「汐彩」で、鱧しゃぶのコース。

カメラを忘れたので写真を撮らなかったが、メインのしゃぶしゃぶが余りにもきれいなので、スマートフォンでパチリ。

Img_0932

最後の雑炊も絶品だった。

Img_0933

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/05/19 Fri 西荻窪の「汐彩」で、花山椒。

朝。 ホテルの近くの喫茶店「珈琲ハウス アンティーク」に行く。

スープカレーセットを頼んだ。 ボリュームたっぷり。

R0044574

昼。 用事があるので、梅田に行く。 阪急3番街の「楼蘭」で、サンマーメンを食べた。

R0044576

広場にはレゴでできた大阪のおっさんがくたびれて座っている。

R0044577

靴下に穴が開いていたりして、芸が細かい。

R0044578

午後の新幹線で東京に戻る。

夜。 夫と西荻窪の「汐彩」に行く。 コース料理もあるけど、初めてなので少しずつ頼んでみることにした。

突き出しは、ワラビ、タケノコ、さっと茹でたイカ。 

R0044579

前菜盛り合わせは、自家製からすみ、フグの一夜干し、煮はまぐりのゼリー寄せ、カニとアスパラガスのサラダ。

R0044580

ばくらい。

R0044581

牛肉と花山椒の小鍋仕立て。 花山椒、初めて。 採れる期間がすごく短いそう。 これ、とても美味。 とろける牛肉の旨みとぴりっとした山椒の香りのアクセントがすばらしい。

R0044582

若竹煮。

R0044583

ひめ貝の炙り。

R0044584

ワラビのお浸し。

R0044585

フグの白子シュウマイ。 ふんわりとしたおいしさ。

R0044586

しめは、おにぎりとお味噌汁。 お味噌汁は海藻にした。

R0044588

サービスのデザート。

R0044589

大満足のお店だった。 私は日本酒や焼酎が苦手なので、おいしい和食屋さんでも、でも日本酒や焼酎だけだと結構つらい。 ビールだけだとお腹が膨れてくるし。 この店は白ワインがあり嬉しい。

鱧料理は明日からだそう。 また鱧食べに来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/05/07 Sat 西荻窪の「しんぽ」で魚。

昼。 お料理教室のショップで買った鶏ラーメンを使って鶏そばを作る。 鶏ダシなので叉焼の代わりに蒸し鶏を乗せた。 すっきりとした味。 

R0040487_edited1

夕方。 高校の同級生と飲み会。 メンバーの一人のお勧めの魚料理のお店「しんぽ」に行く。 

座ると出てくるお通し。 お通しと言うより立派な一品料理です。 お通しでお店のレベルがわかりますね。

R0040489_edited1

小さなつみれ汁もとても美味。

R0040490_edited1

Kくんが「この店に来たらこれを食べるべし」というお刺身の盛り合わせ。 すごい種類。

R0040493_edited1

野菜好きの私が頼んだのは、焼きアスパラガスと、

R0040496_edited1

焼き筍。 どちらも絶品でした。

R0040497

人気店ゆえ、お店の予約は7時半までだったので次のお店に移動することにする。 なぜか2軒目は「ピザ食いに行こう」ということになり、指定の荻窪のピザ屋さんに電話すると1時間待ちとのこと。

「トルコ風ピザ食べない?」と提案して、阿佐ヶ谷のイズミルに出かける。

肝心のトルコ風ピザは写真撮り忘れたました。

これはお店のお勧めのピーマンの肉詰め。

R0040500

2次会から参加する予定だった悪友I子も到着して、ワインで乾杯しなおした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/11/16 Sun 帰国後、西荻窪の蕎麦「鞍馬」に直行。

朝9時半過ぎのフライトで成田に戻る。 夫が迎えに来てくれた。

自宅に戻る頃には昼前になり、夫がどこかでお蕎麦を食べたいと言うので、西荻窪の「鞍馬」に行く。 開店直後の11時半に着いたらあっという間に店は満席になる。

穴子天のお蕎麦にした。 この店の穴子天はさっくりと揚がっていて、とても好き。

R0000875

夕方。 荷を解いて片づけをしてひと息入れたころに、母と妹と甥っ子が遊びに来る。 

甥っ子はもちろんオランダのチーズが目当て。 今回は若いゴーダチーズを買ってきたので、さっそく切ってつまむ。 乾燥キノコと根菜でキノコ汁を作っておいたので、あとはサラミ、ハム、チーズ、レタス、アスパラガスなどを並べてコールドミール。 オランダのスーパーでオーブンで仕上げる生のパンを買ってきたので焼いてみたら、とてもおいしかった。 

どたばたしていて、写真は撮り忘れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/06/20 Fri

夜。 高校時代の友人たちと西荻窪の「おがわら」で食事会。

素朴で丁寧な食事でした。 

Img_2461

Img_2463

みんなと初めて会ったとき10代だったのに、ずいぶん遠くに来ちゃったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/10/28 Sun ポルトガル料理のランチ。

朝 フルーツ v
昼 西荻窪の「ぼん・しいく」で。 ポアボッカのポルトガル料理 白ワイン 赤ワイン
夜 かにとキュウリの酢の物 湯豆腐 白ワイン

午前中、気功教室。

昼。 ポルトガル料理の本「家庭で作るポルトガル料理」の丹田いづみさんが東京で期間限定でポルトガル料理を作るとブログに載っていたので、申し込んでランチを食べに行く。

前菜はヒヨコマメ、タコ、バカリャウのコロッケ。 ヒヨコマメがトマトの味がほんのりしておいしい。

Rimg7325

パン。 妹が「赤いチェックのテーブルクロスも可愛いけど、青いチェックもいいね」と言う。 確かにそうだ。

Rimg7328

爽やかな青みの小松菜のスープ。

Rimg7330

魚料理は、鱈のグラタン。

Rimg7331

メインは豚肉とアサリのアレンテージョ風。 パプリカの香りがよく効いている。

Rimg7336

サービスで出されたチーズ2種。 

Rimg7340

デザートはりんごのタルト。 こちらも紅茶によく合う。 

Rimg7343

ご馳走様でした。 どの料理もとても優しいおいしさだった。 店を出るときにいずみさんが挨拶に出てきてくれたので、ブログを知ったきっかけなどを話した。

夜。 お腹いっぱいなので、酢の物と湯豆腐。 夫には豚しゃぶ用の肉も出した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

05/02/11 Fri 西荻散歩。

0502_055 0502_057
0502_060 0502_064

 魚介のトマトソースパスタ レタスときゅうりとセロリのサラダ 味噌汁(キャベツ) りんご
 西荻窪の「鞍馬」で。 焼き味噌 アナゴ天そば 菊姫
 自炊。 冷蔵庫にあるものをお皿に並べただけ。 ガーリックブレッド 赤ワイン

午後から西荻をぶらぶら散歩。
さんざん歩き回った後、蕎麦屋で休憩。

「鞍馬」の蕎麦は筋の通った正統派で、感動。 嬉しくなる。
私もこういう飾り気のない本物になりたい。
だだし、この手の蕎麦屋にはお腹をすかせて行ってはいけません。 量といい値段といい、腹ペコなら怒っちゃうよ。

夕方ぷらぷらと自宅に戻ってきたら、家の近所のタバコ屋さんが火事にあったらしく、家が半焼していた。
しばし立ちすくむ。 屋根がないよ、この寒空の下。 家の中、水浸しだよ。
私たちより前から見物していた一人のおばさんが「自分がもしこういう目にあったらじろじろ見られるのはいやだから、見ないで帰るわ」と私たちに言い残して去った。 
夫「十分じろじろ見てたくせに」とつぶやいた。

夜。 赤ワインに合いそうな物をテキトーに更に並べて、テレビの前でつまんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

| Amsterdam | Bali | Bangkok | Belgium | Boston | Brazil | Cambodia | China | Copenhagen | Cost Rica | Denmark | Dubai | France | Germany | Hamburg | Hawaii | Ho Chi Minh City | Hong Kong | Indonesia | Italy | Korea | Kuala Lumpur | Langkawi | London | Los Angeles | Netherland | New Orleans | New York | Philippines | San Francisco | Singapore | Taiwan | あざみ野 | お勧めアイテム | お取り寄せ | お弁当 | お料理教室 | かみのやま | たまプラーザ | つくば | グルメ・クッキング | ホームパーティ | ラーメン | レシピ | 三軒茶屋 | 上野 | 中目黒 | 中野 | 九段下 | 京都 | 人形町 | 伊豆 | 伊香保 | 修善寺 | 八丁堀 | 六本木 | 別所温泉 | 北海道 | 千葉 | 半蔵門 | 原宿・表参道 | 吉祥寺 | 名古屋 | 品川 | 四ツ谷 | 城崎温泉 | 大磯 | 大阪 | 奈良 | 宝川温泉 | 宮城 | 小伝馬町 | 小田原 | 山梨 | 岐阜 | 岩手 | 広尾 | 御茶ノ水 | 恵比寿 | 掛川 | 新宿 | 新橋・虎ノ門 | 日本橋 | 早稲田 | 月島 | 東京・丸の内 | 東北沢 | 栃木 | 根津 | 横浜 | 永福町・浜田山 | 沖縄 | 浅草 | 浅草橋 | 浜名湖 | 浜松町 | 渋谷 | 湘南 | 湯島 | 溜池山王 | 田町 | 白金 | 目黒 | 社食 | 神保町 | 神戸 | 神楽坂 | 神田 | 福井 | 福山 | 福島 | 秋川 | 立ち食いそば | 箱根 | 練馬 | 群馬 | 羽田 | 自炊 | 草津 | 荻窪 | 菜食 | 蒲郡 | 西荻窪 | 赤坂 | 軽井沢 | 銀座・京橋・築地 | 錦糸町 | 長野 | 門前仲町 | 阿佐ヶ谷 | 青山・外苑前 | 青梅 | 青森 | 静岡 | 韓国 | 駅弁・空弁 | 高円寺 | 高尾 | 麻布