バリ

05/10/14 Fri バリ四日目。

2005_10140125

 ホテルのルームサービス。 和定食(夫) ナシ・ゴレン(私) チキンパテ スイカジュース 紅茶
 ウブドの「Batan Waru」で。 グリルチキン(夫) イカン・アチャール・クニン(私) ビンタンビール
 デンパサール空港のカフェで。 サンドイッチ(夫) ソト・アヤム(私) 白ワイン


あっというまに最終日となりました。

朝ごはんに夫は和定食、私はナシゴレン。 目玉焼きの上に乗っている揚げエシャロット(玉ねぎ?)がとてもナシゴレンに合う。

その後ウブドの町まで行き、市場や通りをぶらぶらとお散歩する。 

2005_10140126 2005_10140130
道端に変な顔の石がたくさん積んであった。 みんな違う顔。 誰かに似ている顔もある。 

お店を冷やかしたりして疲れたので、途中のカフェで一休み。 ランチはバビ・グリンという豚料理を食べに行くはずだったが、お盆のためお店が臨時休業になっていたので、ここで昼食も取ることにする。
夫は洋食を頼み、私は地元の魚料理を頼んだ。 のんびりとしたカフェでおいしかった。
私がビンタンビールばかり飲んでいるので、いつのまにか夫は私のことを「ビンタンさん」と呼んでいる。

カフェまでホテルの車で迎えを頼んだら、運転手はロミーだった。 最後に会えてよかったね。
キラーナ・スパの車がホテルまで迎えに来ていた。 近くのロイヤル・ピタ・マハの敷地内のスパで半日過ごすことになっている。

2005_10140133 2005_10140136
2005_10140137 2005_10140139

専用のヴィラまで連れて行ってもらい、ミストサウナやシャワーを浴びてから、オープンエアでマッサージ。 夫によると私はぐーぐー寝ていたそうだ。 顔のトリートメントの後は、横のプールとジャクジーでゆっくりした。

個人的にはマッサージはホテルの「スパアットサヤン」のほうが好き。 時間が短かったにもかかわらず、文字通り頭のてっぺんからつま先まで濃厚で圧倒的で、心を揺さぶられるようなマッサージだった。 それに比べると、キラーナ・スパは時間が長い割りに印象が弱々しく、動きに迷いがあるかんじ。
同じスパでもいろいろあるということを学んだ。


ホテルに戻り、出発までバーでのんびりする。 楽しかったウブドの休日に乾杯。

2005_10140141

いろいろとお世話になったフォーシーズンズともお別れ。 とてもよいホテルだった。 どこもかしこも清潔で気持ちよく、スタッフ間の連絡がよく行き届いていて、一ヶ所でで頼んだことが関係各所にもきっちりと伝わっているから、顔を見せるだけで「これから夕食にお出かけですね」とか「キラーナ・スパのお迎えはもう早めに来ていますよ」とか、こちらがいちいち説明するまでもなく、いつでも用意が整っていた。 名前も早々に覚えてくれて「もうお発ちなんてさびしいー」と悲しんでくれたり。 
彼らはフォーシーズンの従業員であることよりバリ人であることを強く感じさせた。


7時にホテルの車で空港まで送ってもらう。 日が沈んで闇に包まれた道を走る。
途中、人の行列で車が立ち往生した。 運転手さんによると誰かのお葬式だそう。 誰かが死ぬと村中の人が総出でお葬式に出席するのだという。 この島では宗教が生活なのだ。

やしの木と、田園と、川と、深い緑と、暗い夜のバリともお別れ。
とても神秘的なところだった。 素朴なものの背後に深遠なものが見え隠れしていた。
ヒンズー教に接したのも初めてで、とても興味深かった。
是非また戻ってきたい。 今回はビーチをまったく無視した旅程だったが、いつかは訪ねてみよう。

飛行場のレストランで軽く夕食。
夫はトマト・ハム・レタスのサンドイッチを頼み、私は現地のチキンヌードルスープ、ソト・アヤムを頼んだ。 こういうフープ好き。

2005_10140147

夫が「しかし、よくインドネシア料理食べたなぁ。 しばらくはもういいや」と言ったので、私は唖然とした。 今日一日食べたものをよく思い出してよ、インドネシア料理を一口も食べてないじゃん! 食べてたのは私だってば。

| コメント (2) | トラックバック (0)

05/10/13 Thu バリ三日目。

2005_10140081

 ホテルのルームサービス。 和定食(夫) ミー・ゴレン(私) オレンジジュース スムージー フルーツの盛り合わせ
 キンタマーニの「レイクレストラン」で。 ローカルフードのブッフェ。 ビンタンビール
 ウブドの「Warung Enak」で。 インドネシア全土のコース料理 オリジナルカクテル 白ワイン パイナップルティ


午前中は観光なんかをしてみようか。
ホテルで車を頼む。 運転手は空港に迎えに来てくれたロミーを指名した。 ロミーのゆったりしているところが好きだし、なんとなく我々と気が合ったので。
車に乗り込むとロミーが「どんなところを回る?」と聞く。 夫が「1時までにはホテルに戻りたい。 お寺とライステラスが見たい。 あとはロミーにお任せ」と言い、私も「ショッピングも少しね」と追加した。
 
バテックを買ったあと、ロミーが2つのお寺に連れて行ってくれる。 Elephant Caveというお寺と、聖水の湧くお寺。

ヒンズー教のお寺に入るときは、足を隠さなくてはならない。 私はパンツをはいていたので別にサルーンをつける必要はなかったが、ロミーがせっかく用意してくれていたので巻いてお参りした。 腰紐は必須。

Elephant Caveは山寺で神秘的。 洞窟の中には象のかっこうをした神様が祭ってある。

2005_10140083

湧き水のお寺は緑が多くほっとするお寺。 沐浴する場所もあった。 不幸を洗い落としてくれるそう。 不幸を洗い流す必要のあるらしい人が沐浴していた。 源泉も見た。 小さな魚が泳いでいた。

2005_10140091 2005_10140094


バリの通りには犬が多い。 ロミーに聞いてみる。 「いたるところで犬を見るけど、バリの人は犬が好きなの? 猫は全然見かけないね」。
ロミー「バリの人は犬が好き。 一世帯で2匹以上飼っている家が多い。 うちでも2匹飼っている。 でもすごく世話したりはしない。 ただ飼ってるだけ。 猫は神聖な生き物だといわれているから、バリの人は恐がってあまり飼わない」
バリで猫の置物はたくさん見かけたけれど、本物の猫にはとうとう一度も出会わなかった。

お昼にキンタマーニに行く。
晴れ渡って、噴火口と湖がくっきり見える。 広々としていて気持ちいい。 ランチもここで食べた。

2005_10140102 2005_10140101

ビュッフェ式のインドネシア料理と言われたのであまり期待しなかったが、意外や意外おいしかった。 サテにいたっては、今までの人生で食べたどこのサテよりおいしかった。

2005_10140103

一緒に食事に誘ったロミーがいろいろとバリの人の生活を教えてくれる。
「バリの人はバリで死ななければならないから、外に移り住む人はほとんどいない」
「全てのお寺は北東に位置する。 島のお寺は島の北東にあるし、村のお寺は村の北東、家のお寺は家の北東」
「バリの人は全てどこかの村に属している。 お寺の用事をみんなで手分けして手伝う。 今のお盆の時期なんかは準備のために交代で仕事を休む。 外国人に対して閉鎖的なわけじゃないけど、外国から移住してきた人は村にフィーを払うだけで、実際には何も手伝わないから、村の一員とはみなされない。 バリ人と結婚したら別。 溶け込んでいる人はたくさんいる」
ふうん、そうなんだ。 見かけほど簡単じゃないんだね。


ライステラスも見に行く。
こんな傾斜が激しいところにこんなにきれいな畑を作って、全て手作業で米を育てているなんて、頭が下がります。

2005_10140106

かご屋さんに立ち寄ってお買い物。 店に入ると「どこから来たの?」と店員に英語で聞かれる。 「日本」と言うと、「...?」としばらく考え込んでから、もう一度「100%日本人?」と聞かれた。 はいはい、私はどこにいっても日本人に見えませんよ。


午後は部屋のプールサイドでのんびり。
私はちゃぷちゃぷとずっと水に浸っていた。 夫は肌を焼いていた。

日暮れ時になると密林はだんだん騒がしくなってくる。 夜行性の動物たちがそろそろお目覚めなのだ。 動物の鳴き声に混じって、遠くのほうから音楽が聞こえてくる。 太鼓を叩く音だったり、木琴みたいな音だったり。 目を閉じていろんな音を聞いていると、なぜか心が静かになってくる。 私、かなりウブドが気に入ってます。


夜。
夫が風邪気味だというので、予定のケチャダンスは取り止めにする。
ロミーのお勧めのインドネシア料理屋に出かけた。 

お店の人のお勧めのカクテルを飲んでみる。 きゅうりとオレンジの味が混ざって、摩訶不思議な味。

2005_10140110

インドネシア全土の料理を少しずつ食べるコースがお勧め!と言うので、それにする。

2005_10140111 2005_10140115
2005_10140117 2005_10140118

あまりの種類の多さに混乱気味。
スープは醤油のような色をしているが、ちっとも辛くなくとても不思議な味。 
ここのサンバルはライムやパイナップルが入っていて、とても爽やかな味だった。


| コメント (6) | トラックバック (0)

05/10/12 Wed  バリ二日目。

2005_10140034


 ホテルのルームサービス。 アメリカンブレックファスト
 プールサイドで。 ビーフハンバーガー ビンタンビール
 ウブドの「Bebek Bengil」で。 前菜盛り合わせ オーガニックサラダ クリスピーダック


朝食はルームサービスにする。 
アメリカンブレックファストを頼んだら、トースターが運ばれてきた。 外の丸テーブルにきれいにセッティングして、トースターにパンを差し込んでから「ご飯の用意、出来ましたよー!」と私たちを呼んでくれた。

2005_10140021
のっぺりしたオムレツを切ると、野菜やハムやチーズやらの具がじゃかじゃか入っていた。


朝食後、ホテル内を散策。 メインビルの中のスパやジムやギフトショップなどをチェックしたあと、敷地内を散歩。 アユン川のほとりに小さなライステラス。
メインビルの屋上が蓮池になっている。 ここのテラスでヨガを週2回やるそう。 
ホテルの敷地内はどこもかしこも幻想的な空間。 真摯な気持ちで耳を澄ませば、特別なメッセージが降りてきそうな感じ。

2005_10140033 2005_10140031

午前中は部屋のプールで裸で泳いだ。 昼前にメインプールにいって、ここでも泳いだ。
プールの向こうはアユン川。 時折ラフティングをする若者が奇声を発し、お互いに水を掛け合いながらゴムボートで下ってくる。 大騒ぎ。 上を見上げては「ハーイ!」とみんなで手を振るので、プールに浸かったまま手を振り返した。

2005_10140039 2005_10140042

プールのスタッフのおじさんが「なにか足りないものはない?」とかいろいろ世話を焼いてくれる。 メニューにないけどお勧めのカクテルがあるから、それ飲む?とか。 そのうち「いつ帰の? 明後日? それは短いね。 今度来たらうちの村に招待したい。 ここからバイクで15分のところ。 観光客は誰も来ないとっても素朴な村、本当のバリ」と言う。
私たち、いつ戻ってこれるんだろう、そしてもし戻って来れたらその時このおじさんはまだホテルで働いてるのかな。


プールサイドでランチを取る。
ハンバーガー、美味し。 付け合せのアヴォカドのソースに香菜が刻み込んである。 ビーフとよく合う。 これ、是非真似しよう。

2005_10140044

午後はメインビルのスパで、バリニーズマッサージをしてもらった。 3種類のアロマオイルから気に入ったものをひとつ選ぶ。
極楽でした。 熟練したスタッフの指がうねるように全身の筋という筋をもみほぐしていく。 五感に訴えかけてくるような濃密なマッサージ。 あまりの気持ちよさに一瞬気を失いかけた。


また部屋に戻り、のんびりゆっくりする。 ぼぉっと密林を見つめたり、プールに浮かんだり、本を読んだり、水の流れる音を聞いたり。

2005_10140060
ときおり花がはらりと落ちる。 花びらはまるで計算して置かれたように床に散る。

夕方、ホテルの敷地内でバリダンスが始まったので、見に行った。 上手なダンサーの踊りには見入ってしまう。 目の動きが凄かった。
楽団は全て打楽器。

2005_10140062 2005_10140068


夜はアヒル料理の店に出かけた。 
ホテルのコンシェルジェで予約してもらったら、いちばん奥の東屋みたいなところに通された。 回りは水田。 ここでもカエルが威勢よく鳴いている。

バリの町の照明は概して暗いのだがこの店も真っ暗に近く、夫の顔もよく見えないくらい。
ガールスカウトのキャンプだってもう少し明るかったよ。

しかし、ダックはずごーくおいしかった。 骨までばりばり食べられるくらいカラッと揚がっている。 メニューに書いてあった詳しい説明は忘れてしまったが、特製のタレにつけこんだダックを一度蒸してから揚げるらしい。

2005_10140077 2005_10140078
2005_10140074 2005_10140079

私は「外側がパリパリで、内側がジューシー」なものに極度に弱いのである。

サンバルという薬味ソースはいろんな種類があり、それぞれの店で秘伝のレシピがあるようだ。 この店の紫玉ねぎのサンバルはとてもおいしかった。 玉ねぎのオイルマリネみたい。


| コメント (2) | トラックバック (0)

Four Seasons at Sayan, Bali

我々が泊まったのはプールつきヴィラ。
Four Seasonsのサイトでスパパッケージを予約した。 内容は朝食・スパ・空港までの送迎つき。
今日はお部屋の紹介をしましょう。


2005_10140035 2005_10140023
左: 部屋の玄関。 左側の池には蛙が数匹住んでいて、夜になると威勢のよい声で大合唱になる。
右: 「Do Not Disturb」の札もとても優雅でございます。


2005_10140048 2005_10140051
左: 外のリビングルーム。 プールにいないときは、だいたいここで過ごした。 ここにヤモリ君が棲みついている模様。 2度ほど見かけた。 ベッドルームにも同じくらいのリビングコーナーがあるが、私はほとんど使わなかった。
右: プールからリビングとダイニングをのぞむ。 ヴィラにいたほとんどの時間を私はプールの中で過ごし、夫はデッキチェアで過ごした。 パラソルの下のダイニングで毎日朝食を取った。 (床のまだらは、プールから上がったまま裸足でぱたぱた歩き回る私の足跡。)


2005_10140025 2005_10140054
左: ベッドルームから見たプール。 プールの前の木々がアンリ・ルソーの絵みたい。
右: ベッドルーム。 ベッドのほかに、リビングコーナーとライティングデスクのコーナーがある。 すべて広々としている。 


2005_10140055 2005_10140007
左: バスルーム。 タイルがぴかぴかでヒンヤリしていて、素足に気持ちいい。 奥にシャワーブースとウォーキングクローゼットがある。
右: バスタブ。 初日はフラワーバスになっていた。


2005_10140057 2005_10140120
左: 外のリビングの向かいにあるバーコーナー。
右: 外のシャワーブース。 屋内のバスルームにもシャワーブースがあるが、外のシャワーブースは打たせ湯みたいにお湯が落ちてくる。 お湯の出が異常にいいので、要注意。

広いだけあって、毎日の部屋のお掃除にすごーく時間がかかります。
なんとも居心地のいいお部屋でした。 全体的にシンプルなのがいい。


| コメント (2) | トラックバック (0)

05/10/11 Tue バリ一日目。

2005_10140002

 成田空港の「和幸」で。 エビフライ・ひれカツ定食
 機内食 ワイン
 バリ・ウブドのフォーシーズンズホテル内の「アユン・テラス」で。 シェフのお勧めコース シャンペン 白ワイン

香港から戻り、翌朝バリへ出発。
今日から遅い夏休みです。

今回の旅行を手配するのはハプニング続きで、大変だった。 旅行代理店も某プラチナカードのトラベルサービスもぜんぜん当てにならず、とうとう自分でホテルを手配し終わったと思ったら、自爆テロ。 キャンセルも考えたが、ホテルの対応がとてもよかったので応援する気持ちもあり、思い切って旅行を決行することにした。

成田空港の搭乗ゲートで。
夫があたりの乗客を見回して「こんなときにノコノコとバリに旅行にいくなんて、危機管理の欠如した日本人はいったいどういう顔をしてるのか、じっくり見てやろう」と言った。 爆笑。 夫はイソップ物語を地で行くキャラだ。

デンパサール空港に5時前に到着。 ホテルの車に乗り込んでウブドまで向かう。 車に乗るとすぐに運転手が冷たいおしぼりとミネラルウォーターを出してくれる。 気持ちいい。


途中でそろそろ日没。 
畑と椰子の林の上に真っ赤な夕陽がゆっくりと落ちる。 無造作に広がる熱帯の田園風景が赤錆色の陰影を描く。 
走る車から夕焼けの風景を眺めていると不思議な気持ちになる。 大人になる過程でどこかに置き忘れてきた、素朴でしかもとても大切な何かを急に思い出したような、そんな感じ。

日が暮れてしまうと、あたりは真っ暗。 車はひたすら細く暗い道を進む。 夜ってこんなに暗かったんだね。

空港から1時間くらいでホテルに到着。 我々のホテルはFour Seasons at Sayan。 今回は海辺のホテルより神秘的な渓谷の中でゆっくりしたかったので、密林の中のホテルにした。

チェックイン後、カートで我々のヴィラに連れて行ってもらう。

部屋の玄関わきの池ではグワグワっとカエルが威勢よく鳴いていた。 足元をちいさなカエルがぴょこぴょこと走り回ってお出迎え。 

部屋に入ると、ヤモリがちろりと舌を出して壁に張り付いていた。 とてもきれいなヤモリだった。 指の吸盤が可愛かったので近寄ったら、尻尾をひるがえして急いでどこかに消えた。

2005_10140003

目の前には密林が広がり、鳥の鳴き声や、わけのわからない動物の鳴き声のようなものもする。

シャワーを浴びて、ジントニックを飲んで(ミニバーの中には、ちゃんと生のライムが一個入っているんです、嬉しいねぇ)一休みしてから、ホテル内のレストランに夕食に出かけた。

「アユンテラス」は暗い密林に浮かび上がるとてもロマンチックなレストラン。 このホテルの施設はどこもかしこもオープンエアで、自然と文明が融合している感じ。
 
お味はまあまあ。 西洋に迎合したホテルのローカルフードは、見た目はきれいだがあまり人を感動させはしない。 しかし、ワラビのソテーはとても美味しかった。 日本のワラビとオカヒジキを足して2で割ったみたいな感じ。 歯ざわり満点。

2005_10140011 2005_10140013


部屋に戻り、屋外のリビングでゆっくりしてから眠りについた。
とにかくバリの夜は暗い。

2005_10140004 2005_10140006

| コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あざみ野 | お取り寄せ | お弁当 | かみのやま | たまプラーザ | アフリカ | アムステルダム | イタリア | オランダ | クアラルンプール | グルメ・クッキング | コスタリカ | コペンハーゲン | コリア | サンフランシスコ | シンガポール | タイワン | デンマーク | ドイツ | ニューヨーク | ハワイ | ハンブルグ | バリ | バンコク | フィリピン | フランス | ブラジル | ベルギー | ホンコン | ホーチミン | ホームパーティ | ボストン | ランカウイ | ラーメン | ロスアンジェルス | ロンドン | 三軒茶屋 | 上野 | 中国 | 中目黒 | 中野 | 九段下 | 京都 | 人形町 | 伊豆 | 修善寺 | 八丁堀 | 六本木 | 別所温泉 | 北海道 | 千葉 | 半蔵門 | 原宿・表参道 | 名古屋 | 品川 | 四ツ谷 | 大阪 | 奈良 | 宝川温泉 | 宮城 | 小伝馬町 | 岐阜 | 岩手 | 広尾 | 御茶ノ水 | 恵比寿 | 掛川 | 新宿 | 新橋・虎ノ門 | 日本橋・東京 | 月島 | 東京・丸の内 | 栃木 | 根津 | 横浜 | 沖縄 | 浅草 | 浜名湖 | 浜松町 | 渋谷 | 湘南 | 湯島 | 溜池山王 | 田町 | 白金 | 目黒 | 神保町 | 神戸 | 神楽坂 | 神田 | 福井 | 福山 | 福島 | 箱根 | 練馬 | 群馬 | 羽田 | 自炊 | 草津 | 荻窪 | 菜食 | 蒲郡 | 西荻窪 | 赤坂 | 軽井沢 | 銀座・京橋・築地 | 錦糸町 | 長野 | 阿佐ヶ谷 | 青山・外苑前 | 青梅 | 静岡 | 韓国 | 駅弁・空弁 | 高円寺 | 高尾 | 麻布