小伝馬町

06/01/20 Fri 「江戸清」。

 ハムチーズトースト 味噌汁(えのき・ほうれん草) イチゴとリンゴとヨーグルト
 虎ノ門の「いしゐ」で。 刺身定食
夜 小伝馬町の「江戸清」で。 大根の煮物 ロース 鍋 刺身 雑炊 ビール 熱燗

年末、友達に「江戸清の鶏料理がおいしかったよ」と話したら、新年会は是非そこにしよう!ということになった。

生卵がのっている皿は、団子になって鍋に投入される前の鶏のタタキ。

2006_01210042 2006_01210043 2006_01210046 2006_01210048

今日は刺身も食べた。 とてもおいしかった。 おかみさんが「おいしさの決め手は、肉よ、肉! 肉なのよー!」と言った。 確かに鶏そのものがとてもおいしいのである。

今日も満腹!

しかし熱燗飲みすぎて、最後の方よく覚えていない。 反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/12/14 Wed 鶏の「叩き鍋」。

 高菜チャーハン 味噌汁(ほうれん草・揚げ玉) 梨とヨーグルト
 虎ノ門の「笹乃屋」から、たらこおにぎりとおいなり。 おかず持参。 牛肉のビール煮 トマト ほうれん草 みかん 即席味噌汁
 小伝馬町の「江戸清」で。 大根の煮物 焼き鳥 鶏ロース 叩き鍋 雑炊 ビール 焼酎のお湯割り

夜。
仕事関係の忘年会。 おいしい鶏の鍋の店があるからそこに行きましょう、と予約してくれた。

店のおかみさんが「焼き鳥に鶏ロースに鍋、でいいわね。 量はこっちでテキトーに決めるわよ」と言うのでそれに従う。 誰かがメニューを見て「茶碗蒸しも頼みましょうよ」と言うと、常連の人が「メニューにはあるけど、頼むとないって言われるんだよ」と言う。 「メニューのほとんどの料理はいつもないの」。 ふうん。

とにかく鶏がおいしかった。 焼き鳥も焼き方にこだわっているわけじゃないけど、鶏の味をしみじみと堪能することができる。
「ロース」と呼ばれる薄切りの蒸し鶏みたいなものも、下にキャベツやネギが敷いてありうまい具合にタレがからむ。

2005_12170026

「叩き鍋」は鶏のつくね鍋なのだが、おかみさんが「これ、ミンチじゃないのよ、全部包丁で丁寧に叩いてるの、だから叩き鍋」と言って、スプーンで鶏のたたきを団子にして次々と鍋に放り込んでいく。
ふわふわの団子で、とてもおいしかった。

2005_12170027

最後の雑炊も黄金色に光っていて、うまい。

2005_12170028

またお気に入りのお店がひとつ増えました。


| | コメント (10) | トラックバック (0)