伊豆

13/12/30 Mon 真鶴半島と「一福」の生餃子。

朝 湯河原の「上野屋旅館」の朝食
昼 ぬき
夜 茹で白菜の塩昆布和え 納豆と海苔 きゅうりと鶏胸肉の酢醤油和え 里芋とうす揚げの煮物 餃子 ビール ワイン

朝。 早く目が覚めて、誰もいない浴場でゆっくり朝風呂。

夫はまだ眠っているので、玄関先の談話室に行く。 小さな洋風の部屋で雑誌や本が並んでいる。 ソファに座って新聞をすみずみまで読んだ。

R0031398_edited1

朝ごはんが机にずらりと並ぶ。 写真はその一部。

R0031395

帰り道。 ドライブがてら真鶴半島まで行ってみる。 地図で見ると真鶴半島は伊豆半島にくっついた豆粒ほどの半島だが、漁港があり、魚料理の店があり、展望台もあり、こじんまりとまとまった町だ。

R0031402 

車を停めて半島の先端まで降りてみた。  この町に住むのもいいなぁ。

R0031421_edited1

夜。 お惣菜を並べて、

R0031442_edited1 

メインは焼き餃子。 この餃子は早稲田通りと中杉通の交差点にある、持ち帰り専門の生餃子のお店「一福」で買ったもの。 

焼き方の書いたカードをくれるのでその通りにすると上手に焼けた。

R0031445_edited2 

残った生餃子はバラで冷凍した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

13/12/29 Sun 湯河原で一泊旅行。

朝 フルーツ v
昼 サルシッチャと白菜のペペロンチーノ
夜 湯河原の「上野屋」の食事 ビール 冷酒

ブランチにサルシッチャと白菜でペペロンチーノを作る。 サルシッチャの味が白菜に移ってとてもいい感じのおいしさだ。

R0031359_edited1

午後から湯河原に一泊で温泉に浸かりに行く。 快晴のよいお天気だというのに、箱根の山は雪景色になっていてびっくりする。

Img_1533

頂上からは向こうに海も見えて、広々とした気持ちになる。

Img_1534

Img_1537

宿は「上野屋旅館」。 貸切風呂が露天になっていてゆったりとできる。

R0031365_edited1

部屋に食事が運ばれてきて、忘年会とする。 

二人で2013年を振り返ってみる。 

「辛い一年になること間違いなし」と確信して始まった年だったが、終わってみるとそんなに悪い年でもなかった。 

母が近くに暮らすようになってていねいな暮らしを思い出した、それはとても小さなことなんだけど。 たとえば包装紙をたたむとか、食器をキッチンに下げるときにきれいにお皿を重ねるだとか。 

身についていたはずのことなのに、忙しさにかまけて雑になっていた、そんな些細な生活の事柄を丁寧にすると、気持ちも整う気がする。

R0031367

R0031368

R0031375

R0031382

R0031385_edited1

R0031391_edited1

| コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/29 Sat 藤田屋の朝ごはん。

朝 旅館の食事
昼 抜き
夜 茶豆 キノコのマリネ 生トマトのパスタ ズッキーニと茄子のサルシッチャ詰め ワイン

藤田屋の内風呂も気持ちいい。

Img_1324


朝ごはんは、所狭しとお皿が並ぶ。 アジの干物がおいしい。

Rimg1158

Rimg1162


チェックアウトして、近くの干物屋さんで小さ目のアジの開きを買う。

店のおじさんに「保冷剤入れてもらえますか」と聞くと「保冷剤つけたら儲けがなくなっちゃうよ」と言う。「代金はお支払いしますよ」と言うと、おじさんは下を向いたまま「儲けなくなるんだよなー」と言いながら干物を包んで保冷剤を入れてくれた。 保冷剤代は請求されなかった。 払うって言ってるのにね。

帰りに熱海峠の道の駅に寄ったら、芦ノ湖が見えた。

Rimg1178a

旅館の朝ごはんをたっぷり食べたので、お昼は抜いて早めの夜ごはんとする。

枝豆を茹でて、茹でたほうれん草にキノコソースをかけた前菜。

Rimg1183

Rimg1182

シンプルに生トマトのスパゲッティ。

Rimg1185


メインはズッキーニとナスのサルシッチャ詰めのグリル。本当はフライにしたかったが、暑さに負けました。

Rimg1184

| コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/28 Fri 湯河原の「藤田屋旅館」で一休み。

朝 さくらんぼ
昼 新大阪駅のスーパーマーケットから。 野菜の煮びたし おむすび ミニヒレカツサンド
夜 湯河原の「吉田屋」の料理

今日は有休を取った。 

昼前。 新大阪駅にあるスーパーマーケットで、昼食を調達して新幹線に乗る。 野菜の煮びたしがさっぱりとしておいしかった。 おむすびと一緒にミニヒレカツサンドも買っちゃった。

Img_1317

三島駅で新幹線を降りる。 

三島はせせらぎで有名で、駅のロータリーにも湧き水がある。 三島市の観光協会のサイトのおすすめの30分散歩コースを歩いて、ゆったりと流れる水や湧き水に触れた。 といっても、途中から白滝公園のベンチで会社とずっと電話していたのですが。

2時半すぎに夫が車で三島駅に着いたので、合流して湯河原に向かう。 

数か月前に湯河原に行ったときに観光協会のアンケートと抽選に記入したら、一万円の共通宿泊券が当たってその券が今月末まで有効なので、ぎりぎりセーフで予約した。

今回のお宿は「吉田屋」。

お風呂とお湯が素晴らしかった。 平日なので貸し切り状態。

Rimg1165

夕食の数々。

Rimg1139


Rimg1140


Rimg1141


Rimg1146


Rimg1149


Rimg1150


Rimg1153


Rimg1156

| コメント (0) | トラックバック (0)

13/03/02 Sat 湯河原「上野屋」の朝食、「偶然の旅行者」。

朝 上野屋旅館の朝食
昼 タコ焼き
夜 かぼちゃサラダ ミートボールのソテー トマト 茹で小松菜 パン 赤ワイン

朝。 貸切風呂でのんびりして、朝食。

伊豆の宿の朝ごはんだ。 葉物にドレッシングではなく、歯ごたえのいい野菜に梅味噌っていうのがいい。

002

蟹のお味噌汁。 

028

お豆腐は塩昆布を乗せて食べる。 これ、おいしい。

025

鯵の叩きはさすがに美味。

031

こんなにたくさん朝食を取ったのは久しぶりのこと。 

車に乗って帰る。

昼すぎ。 お腹が空かないので、近くのタコ焼き屋さんで買ってきて食べる。

午後。 録画してあった映画「偶然の旅行者」を見る。 原作も大好きだが、映画もまた別の意味で好き。 

「白いドレスの女」でとびきりの大人の女を演じたキャサリン・ターナーは「シリアルママ」でとんでもないおっさん頑固女に変貌したが、この映画は変貌の片鱗がまだ垣間見えるだけ。 ウイリアム・ハートもジーナ・デイヴィスもいい。

映画を見始めたので、夕食はカウチメニューにする。

映画をいったん停止して、かぼちゃサラダを作り、

054

オランダ風ミートボールをソテーして、トマトと茹でた小松菜を添えた。 

そして、映画再開。

057

お好みでマスタードをつけたり、パンにはさんだりして食べた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

13/03/01 Fri 湯河原「上野屋旅館」の夕食。

この店を選んだ一つの理由は食事の量が少なめなこと。 私はおいしいものを少しずつ食べるのが好きだし、満腹で苦しくなるのがあまり好きじゃないので。

お刺身の新鮮さは特筆に値し、どの料理もほっこりとおいしかった。

037

042 036_2

041_2

048

049

051

053

055

| コメント (0) | トラックバック (0)

13/03/01 Fri 湯河原の「上野屋旅館」。

朝 フルーツ v
昼 豆腐の麻辛麺
夜 湯河原の「上野屋」の食事

昼。 ウーエンさんの麺のレシピから豆腐の麻辛麺を作る。 お豆腐を入れる順番を間違えてしまったので、イマイチの味。

007

夫の会社が創立記念日でお休みなので、私も有給を取って温泉に出かける。 

行く先は湯河原温泉。

玄関先のラウンジ。 ガラス窓がレトロに素敵。

019

階段に続く階段。 迷路のような建物だ。

016_3

017_2

古い建物だが、隅々までぴかぴかに磨き上げてある。

018_2

我々の部屋は懐かしい感じの角部屋。

009

最上階には足湯のコーナーがある。

015

足湯の横の休憩コーナー。

013

この宿の温泉は源泉かけ流しで、温度を調整するのに水を混ぜるのではなく、わざわざ源泉を冷まして入れているので100%源泉だ。 近くの公衆温泉にもお湯を提供しているとのこと。

すごくいいお湯だった。 

| コメント (0) | トラックバック (0)

06/10/09 Mon 伊豆ー東京。

 谷津温泉の「離れ家 石田屋」の朝食
 東名海老名SAで。 桜海老そば
 自炊。 しし唐炒め キュウリの酢の物 煮物 ネバネバ三昧 秋刀魚の塩焼き 白ワイン

石田屋の部屋には内風呂と露天風呂があり、かけ流しの温泉がたっぷり。 昨日からなんども入り、身体をほぐした。 いい気持ち。

061009_014 061009_015

朝ごはん。 味噌汁は自分で作る形式。

061009_065 061009_066 061009_067 061009_068

早めに宿を出て、ドライブ。 伊豆スカイラインからの眺めが素晴らしかった。 富士山もたくさん見えた。

061009_083

昼。 海老名のSAで桜海老のそば。

061009_090

夜。 またしても秋刀魚を焼いて、秋を満喫。

061015_002 061015_006

| コメント (0) | トラックバック (0)

06/10/08 Sun 突然の温泉旅行。

 カレーうどん 煮物 梨とヨーグルト
 阿佐ヶ谷の「大勝軒」で。 特製中華そば
 谷津温泉の「離れ家 石田屋」の夕食。

朝。 カレーうどん。 あのー、カレーうどんのお汁って残すものなんでしょうか。 これがカレーライスなら絶対に残らないんだけど、カレーうどんっていつもお汁が残ってしまうんです。 どうしていいかわからないんですけど。

061009_005

午前中、気功体操。 身体にいいことしているような気がする。

しかしそのあと大勝軒の特製中華そばなんて食べちゃったりして。 妹はつけ麺に精通しているらしく、食後に「スープください」と蕎麦湯のようにスープでタレを薄めて飲んでいた。

061009_007

思い立って温泉に行くことになった。 伊豆の河津。 久しぶりの伊豆である。 天気がいいので景色が素晴らしい。

061009_008 061009_010

今日の宿は「石田屋」。 明治時代からあるお宿。 全室離れである。

061009_061

部屋の網戸の冊子が木製で驚く。 庭には鯉が泳いでいる。 静かな宿で、遠くで電車が走る音と、時折鯉が水面を跳ねる音がするくらい。 いい感じ。

061009_018 061009_076

料理が楽しみです。 魚が旨い宿らしいので。

061009_021 061009_023 061009_024 061009_025_1

お刺身も地の物で嬉しい。 アジやサザエや金目鯛など。 

061009_026 061009_030

伊勢海老のから揚げがびっくりするほどおいしかった。 ちょっと甘辛いような醤油のたれが殻と身にしみこんで。 我々はバリバリと殻までかぶりついた。 タレを残しておいて、あとで白いご飯にちょっとつけて食べたりして。 これもおいしい。

061009_032 061009_033_1

061009_035 061009_037

味噌汁はシッタカ。 シッタカにへばりついた海草が新鮮さを証明しています。 うめー。

061009_038 061009_039

デザートは水菓子と葛きりでした。 満足、満足。

| コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あざみ野 | お取り寄せ | お弁当 | かみのやま | たまプラーザ | アフリカ | アムステルダム | イタリア | オランダ | クアラルンプール | グルメ・クッキング | コスタリカ | コペンハーゲン | コリア | サンフランシスコ | シンガポール | タイワン | デンマーク | ドイツ | ニューヨーク | ハワイ | ハンブルグ | バリ | バンコク | フィリピン | フランス | ブラジル | ベルギー | ホンコン | ホーチミン | ホームパーティ | ボストン | ランカウイ | ラーメン | ロスアンジェルス | ロンドン | 三軒茶屋 | 上野 | 中国 | 中目黒 | 中野 | 九段下 | 京都 | 人形町 | 伊豆 | 修善寺 | 八丁堀 | 六本木 | 別所温泉 | 北海道 | 千葉 | 半蔵門 | 原宿・表参道 | 名古屋 | 品川 | 四ツ谷 | 大阪 | 奈良 | 宝川温泉 | 宮城 | 小伝馬町 | 岐阜 | 岩手 | 広尾 | 御茶ノ水 | 恵比寿 | 掛川 | 新宿 | 新橋・虎ノ門 | 日本橋・東京 | 月島 | 東京・丸の内 | 栃木 | 根津 | 横浜 | 沖縄 | 浅草 | 浜名湖 | 浜松町 | 渋谷 | 湘南 | 湯島 | 溜池山王 | 田町 | 白金 | 目黒 | 神保町 | 神戸 | 神楽坂 | 神田 | 福井 | 福山 | 福島 | 箱根 | 練馬 | 群馬 | 羽田 | 自炊 | 草津 | 荻窪 | 菜食 | 蒲郡 | 西荻窪 | 赤坂 | 軽井沢 | 銀座・京橋・築地 | 錦糸町 | 長野 | 阿佐ヶ谷 | 青山・外苑前 | 青梅 | 静岡 | 韓国 | 駅弁・空弁 | 高円寺 | 高尾 | 麻布