London

18/09/19 Wed 欧州域内フライト騒動。

フランスのマルセイユから帰国の日。 

朝。 グーグルマップでホテル近くを検索すると、7時半から開いている大きなスーパーが見つかったので、散歩がてら買い出しに出かける。 フランスのスーパー、すごく楽しい。

ホテルの食堂でみんなと一緒に朝食を取り、9時にホテルからタクシーで空港に向かう。

欧州の域内移動のフライトは必ずリスクを伴うが、今回は本当に疲れた。

まずフランクフルトのルフトハンザ。 チェックインラゲージがちゃんと乗り継ぎの手続きができているか聞く人によって違い、ドイツ人に対する信頼度が半減した。

SAS。 チェックインにえらく時間がかかり、おまけに出発時刻がどんどん遅れた。

今回唯一問題がなかったのが、KLM。 珍しいこともあるもんだ。

マルセイユでは高速で大きな衝突事故があり、空港に向かうタクシーを降りて高速道路の路肩をスーツケースを押しながら歩いた。 

途中で、親切なフランス人がヒッチハイクさせてくれて、ぎりぎりでチェックインに間に合った。 その親切なフランス人はまったく英語が話せなくて、グーグル先生に助けてもらい「フライトは11時だから急がないと乗り遅れる」とフランス語で伝えた。 空港の駐車場料金まで払ってくれて、申し出た心づけも「いらないから、早く行け!」と送り出してくれた。 

捨てる神あれば拾う神あり、である。

BA。 マルセイユから東京まで通しで荷物を預かってくれず、ヒースローで一度荷物を受け取り、JALのカウンターが開くまでの数時間、前回お世話になった到着ロビーのパブで時間をつぶした。 マルセイユから通しでフライトを東京まで予約していたら、荷物も東京まで通しで預けられて、チェックインも通しでできたとのこと。 次回は気を付けよう。

後に、BAのサイトから顧客のクレジットカードの情報が漏洩し大問題になったが、私がネットで買った日がばっちり漏洩期間で、クレジットカードを再発行する羽目になった。

ヒースロー空港の到着ロビーのパブにて。 遅い昼ごはんにベジプレートを注文する。

フムス、ファラフェル、生野菜。

R0053107

なかなかおいしかった。

ここで今回の顧客訪問の備忘録を全部作成して、メールで発信。 

機内にて。 あまりに疲れて、映画を見る気にならなかった。 ただひたすら眠った。

そういえば、往きの飛行機で観た「終わった人」という映画が、すごく面白かった。 舘ひろしにコメディのセンスがこんなにあったとは。 まったく内館牧子は容赦ないプロットだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/07/17 Tue 体調不良とシャーウッドの森。

夜中に激しい腹痛で目が覚め、明け方にとうとう吐く。 おなかも壊す。

今回の出張は朝食をフルーツだけにしていたけど、やっぱり外食が続くと、消化器官が最初に悲鳴を上げる。 食べ過ぎですね。 

今日はバーミンガムまで遠出の一日。 朝7時過ぎにホテルを出て、フラフラしながら地下鉄・電車を乗り継いて、10時にバーミンガムに到着。

グループ会社の社長さんが車で迎えに来ており、顧客の倉庫まで行き、打ち合わせと見学。 

途中、国立の森(シャーウッドの森)を通る。 ロビンフッドが隠れ住んだ森だそうだ。 チャールズ皇太子が植林を推進していて、森の面積は年々広がっているとのこと。

Img_2446

顧客と打ち合わせとサイトの見学。 これで今回の仕事は終わり。 ふぅ。

グループ会社の社長さんがそのままロンドンのホテルまで送ってくれた。 帰りは車で移動できて本当に助かった。 ホテルに着いたのが5時半。

同行者たちはそのまま車でベルギーに移動した。 

私はホテルの部屋でお湯を沸かし、日本から持ってきていた玄米スープを作って食べる。 優しいおつゆが体に染み渡る。 玄米スープを持ってきてよかったー。

その後、すぐベッドに入り、昏々と眠った。

もちろん、無酒日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/07/16 Mon 偏屈英国人の行きつけのお店「The Trading House」。

午前中。 打ち合わせ一件。

昼。 バンクにある古いお店「The Trading House」で、元同僚のイギリス人とランチ。 古ーいお店。 

私たち二人の共通の知人のイギリス人のお気に入りのお店だそう。 そのイギリス人は何十年もここの店にしか来ないと言う。 そのイギリス人は偏屈で有名で、そんな逸話が似合いそうな重厚なお店だ。

R0052638

外食続きで胃が疲れてきたので、ランチはサラダの小にする。 具は、ローストラム。

R0052633_2

ドレッシングが重くて、ドライフルーツなどがたくさんはいったがっつり系のサラダだった。

フライドポテトはシェアする。

R0052634_2

これは友人が頼んだサラダ大。 具は、焼きチーズ。

R0052635_2

最近どう?と友人に聞く。 「僕は最近、充電にジグソーパズルやってる、パズルをやり始めると仕事のことは忘れられる、世界地図のジグソーパズルを一個ずつはめながら、こんなところにこんな国があったんだってわかって、賢くもなるよ」。 やっぱり無心になれるものが必要だ。

夜。 Canary Wharfにある和食「Roka」で会食。 海外で知らない和食に行くのはあまり好きじゃない。 なぜかって、日本人が注文して当たり前って流れになるけど、初めてのお店は何がおいしいのか、一皿がどれくらいの量なのか皆目見当がつかなくて、メニューを決めるだけで疲れてしまう。

イギリス人は枝豆を皮のまま食べようとした。 食べ方を教えると「う、うまい!」とすごく感動していた。

イギリス人がお土産に持ってきてくれたのは、なんと植物絵のジグソーパズルだった。 私もやってみようかな。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/07/15 Sun グリニッジ「Trafalger Tavern」でサンデーロースト、

午前中。 ウォーキング。 スーパーマーケットのはしごや、市場をのぞいたりする。

昼。 同行者と待ち合わせて、昨日のリバークルーズでみかけた川沿いのパブ「Trafalgar Tavern」に行く。

R0052568

生ビールを頼んで、メニューを吟味していると、

R0052564

「サンデーロースト」があるではありませんか。

Img_2434

数十年前のイギリスの家庭では、日曜日はいつも朝から家族総出でごちそうの用意をして、昼にみんなでテーブルを囲んでゆっくり食事を楽しんだ。 

肉はだいたい、羊、チキン、ポーク、ビーフなどのローストで、付け合せはマッシュポテトかベークドポテト、くたくたに火を通した芽キャベツやホウレンソウかグリーンピース、茹でにんじんなどで、肉と付け合せを各自皿に盛り、グレービーをたっぷりかけて食べた。 その分、夜ごはんはチーズやクラッカーや果物を軽くつまむくらいで、いつも静かな夜だった。

今の家庭でもサンデーランチは続いているのかな、それとも日曜日のおご馳走を用意するのは、パブの役目になっているのだろうか。

テームズ川には、レトロな船も走っている。

Img_2433

同行者が頼んだ前菜のムール貝。 大振りのムール貝だけど、いい味出てます。

R0052576_2

サイドメニューに頼んだサラダが、またとてもおいしい。 野菜が柔らくて、トマトが健康的な味で、ドレッシングもマスタードが隠し味に利かせてあって、とてもさっぱりしている。

R0052575_2

メインは、サンデーローストから羊のローストを選んだ。 想像通りのおいしさ、懐かしさ。 羊がこんなに優しい味になるのは、サンデーローストならではだ。 付け合わせのミントソースも酸っぱ旨い。

R0052574_2

午後はグリニッジの街を歩いてみることにする。 

波止場近くにある帆船「カティサーク」号。 博物館になっている。

Img_2426

典型的なイギリスのパブは、美しい花で飾られている。

Img_2424

近くの海兵学校のチャペルに入ってみると、豪華な内装にびっくり。 ダイアナ妃が結婚式を挙げたセントポール寺院と同じ設計者によるものだそう。

R0052585

R0052588

R0052589

そのまま、なだらかな坂を上がっていくと、グリニッジ天文台が見えてくる。

R0052593

人々は日光浴をしたり、ピクニックを楽しんだり、クリケットの試合をしたりして、それぞれの日曜日の午後を過ごしていた。 

お金がかからない日付変更線で記念撮影したりした。

夜。 ホテルの近くのワインバーに行く。

R0052622

生ビールとハムの盛り合わせ。

R0052623_2

お店のおすすめのロゼワイン。 ロゼに珍しく、厚みのあるおいしさだ。

R0052625

メインはバンガーズ&マッシュ。 ソーセージとマッシュポテトという定番の組み合わせ。 オニオンリングがトッピングしてある。

R0052627_2

食後にスティルトンチーズを食べた。

R0052630_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

18/07/14 Sat グリニッジ「The Old Brewery」でテラスランチとリバークルーズ、夜は「Rules」でローストビーフ。

今回の出張は来週も続くので、出張先での週末だ。 

観光地に足をのばすこともできるけれど、週末のいちばんの目的はやはり体を休めることなので、滞在先のグリニッジのホテル周辺をぶらふらすることにする。

午前中は仕事や雑事を済ませる。 

残りの日程の服装の確認など。 昔は服の荷造りはテキトーに詰めて出張先で組み合わせていたけれど、今はすべて事前に着る服を決めて、それに合わせて下着や靴下も全部揃えてスーツケースに詰めている。 朝、何を着るのか迷わないだけ、時短です。

昼。 同行者と散歩がてら町のレストランを回って、この店にした。

R0052562

テラス席に座る。

R0052504

みんなそれぞれに週末の午後のひと時を楽しんでいる。 

緑が多くて、太陽が照っていて、日陰に座ってのんびりして、すごく気持ちいい。

R0052505

我々は、シーフードプラッターと、

R0052507_2

ソルトビーフのサンドイッチをシェアして食べた。

R0052508_2

午後。 思いついて、グリニッジ波止場からリバークルーズに乗ってみる。

R0052522

往きは二階席で、景色を楽しむ。 タワーブリッジの下をくぐって通った。

R0052531

甲板には人懐こいカモメも来て、ぜんぜん逃げない。

R0052537

帰りのフェリーは、冷房の効いた1階席でゆっくりする。

R0052542

観光案内の放送がイギリス風のジョークが効いていて、面白かった。 

ホテルに戻り、部屋で一休み。

夜。 ロンドンでいちばん古いレストラン「Rules」に行く。

早めに行って、バーで一杯。

R0052545_2

ドライマティーニを頼んだ。

R0052547_2

レストランに移り、食事の時間です。

生牡蠣。

R0052551_2

大きさは普通の牡蠣だけど、味は岩ガキ。 濃厚でおいしい。 

R0052553_2

あさりのクリームソース蒸し。 これ、すごくおいしかった。

R0052549_2

メインはお店の看板料理、ローストビーフ。

R0052557_2

ヨークシャープディングも大きい。

R0052560_2

とても美味でした。 ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/07/13 Fri ニューボンドストリートの「Browns」でムール貝フリット、コベントガーデンの「J-Sheekey」でシーフード。

午前中。 顧客訪問。 その後一緒に近くのガストロパプ「Browns」でランチ。

普通のパブの店構えだけど、いったん店内に入ると大きな天窓から光がたくさん入って、すごく居心地のいい空間になっている。 こういう店が多いところが、イギリスの懐の深さだ。

5298d9f496fc43828513fcebab3fb63c

「前菜、頼む?」と聞くと、みんな頼まないと言ったけど、メニューにアスパラガスがあると我慢できない。 「アスパラの誘惑に負けちゃった」と、メインと一緒に持ってきてもらった。

R0052492_2

メインは、ムール貝とフリットにする。

このムール貝、すごくおいしかった。 小粒で、ぷっくらして、味が濃い。 ソースはサイダーとパンチェッタの軽いクリームソース。

R0052489_2

フリットもおいしい。

R0052491_2

相変わらず仕事以外の会話は、トランプ大統領とサッカーワールドカップに終始する。 

イギリス人の顧客は「ワールドカップでフランスが優勝するのは断じて許せない。 どうかクロアチア、勝ってくれ」と言うし、うちのデンマーク人スタッフは「そうかなー、クロアチアが優勝するとワールドカップらしくないよね」などと言っている。 私は観戦音痴なので黙っていた。

食事を終えて店の外に出ると、道端にプラカードが何個か落ちている。 「トランプ、帰れ!」とか「トランプ、君の髪は本物?」などと書いてあって、トランプ反対のデモ行進があったようだ。

夜。 コベントガーデンの「J-Sheekey」というシーフードレストランで、取引先のグループ会社の人と会食。 

古いお店で、劇場関係者の写真がたくさん張ってある。 

R0052495_2

お店を出てから教えられたが、私の隣の席に俳優が座っていたそう。 「ラブ・アクチュアリー」に出ていた大物俳優だそうだけど、あの映画はすごい登場人物の数なので、結局誰だったのかわからずじまい。 

R0052494_2

前菜に牡蠣。 すごくおいしい。

R0052496_2

ほかの人たちは別に前菜を頼んだけれど、私はパスして、メインにフィッシュパイ。

R0052498_2

付け合わせの野菜の盛り合わせが、野菜の火入れが最高。 どの野菜も素材の味が生きている。 ズッキーニのフライもすごく美味だったけれど、写真を撮り忘れた。

R0052499_2

デザートにアイリッシュコーヒー。

R0052500_2

そのあと、イギリス人のホストがパブ巡りに連れて行ってくれた。 

パブにも「トランプ、帰れ」と書かれたTシャツを着て飲んでいる若者がいて、ほかの客がたくさん若者の肩を叩いて、同じ意見だと伝えに来ていた。 コート掛けにはプラカードがたくさんぶら下がっていた。

隣の席の客たちも私たちに話しかけてきて、どれだけトランプに頭に来たかを延々と説明していた。

かなりのイギリス人が本気でトランプに対して怒っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/07/12 Thu ロンドンの初夏のカクテル、ピムス。

午前中。 身内でミーティング。

昼。 テームズ川沿いのOxo Towerのブラッセリーのテラス席で、顧客とランチミーティング。

日本も猛暑と比べると笑っちゃうくらい穏やかだけど、ロンドン的には猛暑の30度。 

Img_2410

今回のロンドンは盛りだくさんで、イギリスはワールドカップの準決勝に残っているし、ウィンブルドンでテニスはやってるし、昨日からアメリカのトランプ大統領もロンドンを訪問中だ。 

食事中にトランプを乗せたヘリコプターが護衛のヘリコプター数機を従えてバッキンガム宮殿に向かうのが見えた。

「何飲む?」と聞かれたので、「ピムス」を頼む。 ピムス(Pimm's)は、イギリスの夏の代表的なカクテルできゅうりが入っている。 ウインブルドンでテニスを観戦しながら飲むものだそう。

Img_2411

さて、そのお味はというと。 わたし的には、軽すぎるカクテルだった。 おっさん女はもっとインパクトが強いカクテルが好みだ。 

味はさておき、ざらっとした舌触りのストローをよく見ると、紙製ではありませんか。 環境に配慮して紙製のストローがすでに定着し始めている。

メニューをみてもピンと来なくて注文が決まらない。 だけど必ず女性から先に注文を聞かれるので「まだ決まってない、ほかの人から注文聞いて」とスタッフにお願いした。 みんなの注文を聞きながら、前菜もメインも注文がいちばん多いものにしたら、イギリス人の顧客が「あ、僕の注文をまねっこした!」と子供っぽい発言をした。 

前菜は、焼きブラータチーズと野菜のサラダ。 さっぱりしておいしい。

Img_2412

メインは、鱈のロースト。 カリカリベーコンがよいアクセントだった。

Img_2413

イギリス人の顧客が先のとがった建物を指差して、ウエディングケーキの形の基となった教会だと教えてくれる。 確かにウエディングケーキと同じ形だ。

Img_2414

夜。 Broadgateのアルゼンチンステーキハウス「Gaucho」で、顧客と会食。

担当のスタッフが今日の肉を説明してくれる。

Img_2416

肉の写真を撮っていると「私も撮って」と眼鏡を外して、ポーズを作る。 「アルゼンチン訛りの英語喋ってるけど、本当は生粋のイギリス人なの」と言う。

Img_2417

前菜はスモークサーモン。

Img_2418_2

メインはランプステーキにした。

Img_2419_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/11/15 Sun ヒースロー空港のパブ「Huxleys」で小魚フライ。

松本から戻った翌日から欧州へ出張。 体を休める日がないのは辛い。

ロンドン経由のハンブルグへ。

ヒースローのターミナル5のパブで頼んだ小魚のフライ。 どう見ても揚げすぎだけど、ビールに合います。

R0030948_edited1

21時半にハンブルグに到着。 展示会場近くの定宿のNHホテルは改装されていてきれいになっていた。 各部屋に付いていたバーカウンターと電子レンジがなくなって残念だけど。

R0030951

先発隊が隣のカフェで飲んでるけど、明日もあるので参加せずに荷をほどいて寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/07 Sat

またまた移動の日。

ホテルの朝食。 イギリスなので、ちょっと英国風にしてみた。 

チーズは飛行機の非常食用に。 何度か離陸が遅れて数時間機内に閉じ込められてひもじい思いをしてからというもの、すぐつまめる非常食を搭乗前に必ずバッグに入れておくことにしている。 

Img_0004_edited1

朝10時にホテルを出て、ヒースロー空港に向かう。 昼の便に乗ると、ドバイ着は23時半。 一日が消えてしまった感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/06 Fri ロンドンでタパス。

昼。 顧客と会食ミーティング。 The Follyというおしゃれなレストランに行った。 雰囲気とビールの味は最高だったが、料理の味はよく覚えていない。 

野菜不足だったので、前菜に芽キャベツとベーコンのソテーを頼んだら、みんなが身を乗り出してびっくりするので、こちらがびっくりした。 子供はみんな芽キャベツが嫌いなので、クリスマスには必ず食べるという。 そして芽キャベツを食べたらご馳走を食べてもいいことにして食べさせてしまうそう。

夜。 ランチが終わったのが3時前だったのでお腹がすかない。 そんなときは量の調整がきくタパスにしましょうか。

ホテル近くのタパスバーをググってみる。

知らない土地ではグーグルマップにお世話になっています。 連泊する場合は自分の足でホテルの回りをチェックして気になった店に入るけど、時間がないときはグーグルマップで自分のホテルを入力し、付近のお店のキーワードを入れるとたくさん候補が出てくる。

さて、その候補の中から「Barcelona Tapas Bar」というお店に行ってみると、ゆったりとしてなかなか感じのいいお店だった。

タパスバーに行くと頼むものは決まっている。 私はシンプルな料理が好きなので、まず生トマトとニンニクをこすりつけたパン。

R0002228_2

ハムの盛り合わせ、

R0002227_edited1_2

しし唐炒め、

R0002235_edited1_2

キノコのアヒージョはメニューになくて、クリーム煮。

R0002237_edited1_2

ベビーカラマリのフリット。

R0002233_edited2

ニンニク入りのマヨネーズに漬けて食べる。

R0002234_edited1_2

ワインもとてもおいしくて、幸せ。 お腹にずっしりこないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

| Amsterdam | Bali | Bangkok | Belgium | Boston | Brazil | Cambodia | China | Copenhagen | Cost Rica | Denmark | Dubai | France | Germany | Hamburg | Hawaii | Ho Chi Minh City | Hong Kong | Indonesia | Italy | Korea | Kuala Lumpur | Langkawi | London | Los Angeles | Netherland | New Orleans | New York | Philippines | San Francisco | Singapore | Taiwan | あざみ野 | お勧めアイテム | お取り寄せ | お弁当 | お料理教室 | かみのやま | たまプラーザ | つくば | グルメ・クッキング | ホームパーティ | ラーメン | レシピ | 三軒茶屋 | 上野 | 中目黒 | 中野 | 九段下 | 京都 | 人形町 | 伊豆 | 伊香保 | 修善寺 | 八丁堀 | 六本木 | 別所温泉 | 北海道 | 千葉 | 半蔵門 | 原宿・表参道 | 吉祥寺 | 名古屋 | 品川 | 四ツ谷 | 城崎温泉 | 大磯 | 大阪 | 奈良 | 宝川温泉 | 宮城 | 宮島 | 小伝馬町 | 小田原 | 山梨 | 岐阜 | 岩手 | 広尾 | 広島 | 御茶ノ水 | 恵比寿 | 掛川 | 新宿 | 新橋・虎ノ門 | 日本橋 | 早稲田 | 月島 | 東京・丸の内 | 東北沢 | 栃木 | 根津 | 横浜 | 永福町・浜田山 | 沖縄 | 浅草 | 浅草橋 | 浜名湖 | 浜松町 | 渋谷 | 湘南 | 湯島 | 溜池山王 | 田町 | 白金 | 目黒 | 社食 | 神保町 | 神戸 | 神楽坂 | 神田 | 福井 | 福山 | 福島 | 秋川 | 立ち食いそば | 箱根 | 練馬 | 群馬 | 羽田 | 自炊 | 草津 | 荻窪 | 菜食 | 蒲郡 | 西荻窪 | 赤坂 | 軽井沢 | 銀座・京橋・築地 | 錦糸町 | 長野 | 門前仲町 | 阿佐ヶ谷 | 青山・外苑前 | 青梅 | 青森 | 静岡 | 韓国 | 駅弁・空弁 | 高円寺 | 高尾 | 麻布