中国

17/10/15-20 中国出張の備忘録

10月15日(日) 
上海は台風のため、いちにち大雨。 ホテルの食堂で元同僚とゆっくり朝食を取る。 その後同窓会組はみんな帰国して、ひとり残った私はホテルの部屋で仕事。 
昼過ぎ。 体がなまっているので、ホテルとつながっている大きなショッピングモールをウォーキング。 広いモールで雨に濡れずにたくさん歩けた。 そろそろ何か食べる時間だけど中華料理に飽きたので、何年かぶりでバーガーキングでバーガーとフライをテイクアウト。 中国語が通じず、ダブルワッパーになった。 たまに食べるとおいしい。 気になってネットでダブルバーガーのカロリーを調べると、1000キロカロリーくらいだった。 恐怖におののいて、夕飯を抜く。

10月16日(月)
午前中。 上海のホテルをチェックアウトして浦東空港に行き、取引先と合流して車で蘇州に向かい、打ち合わせ。 翌日帰国の予定だったが、別の取引先から呼び出しがかかり、急きょ広州に立ち寄ることになった。 メンバーの選定、フライトの変更や宿の手配など。 夜、和食屋さんで食事。

10月17日(火)
早朝。 蘇州から虹橋空港に行き、早めのフライトに変更などして、広州に飛ぶ。 同行者は一泊のつもりで来ていたので、ホテルにチェックイン後、ショッピングモールで衣類などの買い出しに付き合う。 夜。 モール内のシックな中華料理屋に入ったら、料理がまったく外れだった。 唯一、〆の魚の麺のみ耐えうる味だった。 歯ぎしりしつつ、ホテルに戻る。

Img_1268

10月18日(水)
午前中、ホテルで仕事。 午後、後発隊が到着。 ホテルで事前打ち合わせ。 夜、近くの中華料理で、魚の皮の前菜、鳩のローストなどを食べる。 

R0046781

R0046786

10月19日(木)
朝。 車を手配して、打ち合わせ先に出かける。 午前中、交渉。 その後、敷地内の迎賓館みたいなところで、食事に招かれる。 ヘネシーのXOで数度乾杯(一気飲み)。 車でホテルに戻り、出された宿題の整理などの打ち合わせ。 夜は仲間内で「翠園」で、広東料理。

10月20日(金)
やっと帰国の日。 広州の白雲空港から帰る。 4時前に羽田着。 いったん帰国してスーツケースを置いて着替えて、銀座に向かう。 香港から顧客が来ているので、ざくろで会食。 いろいろ情報をもらう。 10時前に帰宅。 赤ワインを開けて夫と飲み、猫に甘えてから、寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/10/14 Sat 上海 「蟹王府」で、上海蟹三昧。

バンドから少し歩くと、上海ガニ料理の「蟹王府」が見えてくる。 

今夜の食事処です。 

R0046731_2

レトロな店内。

R0046734

生演奏もやっている。

R0046735

上司がすべて料理を選んでくれた。飲み物は紹興酒のみ。

R0046739_2

サザエのお刺身、

R0046741

野菜の湯葉揚げ。

R0046743

蟹味噌スクランブルエッグ。

R0046744_2

薄いフォーチュンクッキーを半分に割ったような形の胡麻せんべいが出てきて、 上の蟹肉スクランブルエッグを入れて食べる。

R0046745_2

一口でパクリ。

R0046747_2

上海の川エビも、蟹味噌ソースの上に盛られている。

R0046748_2

いちばんおいしかったのは、これ。 上海ガニの身をむいて殻に戻して焼いたもの。 ぎっしり蟹肉が詰まっていて、上海ガニのシンプルな味を存分に楽しめる。 元上司が「蟹を剥くのは面倒だからね」と言う。 同感です。

R0046749_2

茶碗蒸しの蟹爪乗せ。

R0046751

蟹のパイ。 かわいい。

R0046752

なぜか、獅子頭。

R0046753

シンプルな白菜のスープがうまーい。

R0046754

ごちそうさまでした。

この店のメニューは立派な写真集のようなで日本語表記もあるので、日本人だけで行っても楽しめると思います。

その後、みんなでグランドハイアットのバーから夜景を楽しむ。 

R0046768

R0046770

なんだか、久しぶりに感動してしまった。 

何に感動したかって、元上司がこの二日間の詳細まで企画してくれて、自分の体を使って(これ、重要。 偉くなると自分の体を使わないで人を使うから)、部下たちをもてなしてくれたこと。 

もちろんプロの旅行代理店に任せた方が効率いいけど、その手間を惜しまぬ行為から、わたしたちが大切に思われていることをはっきりと理解する。 おもてなしとは、こういうことなんだ。

人生が何たるかを、まだまだ学ぶのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/10/14 Sat 上海観光。 

昼。 上海の「鼎泰豊」で、ランチ。

この店の鶏スープ、大好き。 

R0046693


R0046694


R0046695

テレビ塔に登ってみる。 登るのにすごい行列と押し合いへし合いだった。

R0046704_2

R0046707

ガラスの床から景色が見下ろせる。 大の字に寝転ぶ客もいたけど、私は高所恐怖症なので、ガラス床には近寄れなかった。 

R0046710

テレビ塔の入口付近には、カラオケボックスが設置されている。 寸暇を惜しんでカラオケでしょうか。

R0046715

バンドに着くころには、日が暮れてきた。

R0046716


R0046718

反対側から見るテレビ塔。 それにしても、すごい人、人、人。

R0046729

我々は夕食のレストランに向かった。 (続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/10/13 Fri 上海の「Shanghai Tan」で、同窓会。

日中は仕事。 5時過ぎに電話会議を終えて、タクシーで新天地に向かう。

今日から週末は、前々職の日本支社と上海支社の合同同窓会である。まずは新天地のパブで待ち合わせて、ハッピーアワー。 

20年ぶりに会うメンバーもいる。 みんな、ずいぶん遠くまで来たね。

その後、元上司のホストで、彼の行きつけの中華料理屋さんに行く。 

デザイナー系のレストランは最近の流行りでしょうか。

R0046649

R0046618

上司が白と赤を持ち込んでもてなしてくれる。

R0046617

鶏肉の前菜。

R0046619

アイスプラントのサラダ。

R0046621

私の大好物、豆腐のから揚げ。

R0046628

蟹を選ぶ、元上司。

R0046625

まず、蒸し料理になって出てきた。 上品な味。

R0046626

フォアグラのレンコンはさみ。 フォアグラ苦手なんだけど、これはすごくおいしかった。

R0046629

そのあと、いろいろ出たあと、〆はカニのフライとチャーハン。

R0046630


R0046632

たいへん、おいしゅうございました。

その後、みんなでカラオケに突入。 終わってホテルに戻ったのは夜中の3時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/10/12 Thu 上海のシンプル和えそば「葱油拌麺」。

今日から上海です。

2時半過ぎにホテルにチェックインして、取引先とロビーで落ち合って、打ち合わせに行く。

無事に契約更新の運びとなった。

夜。 前々職の同僚の親友と食事。 フュージョン料理のお店「Solo」に連れて行ってくれた。

R0046603

お店のシグネチャー料理、豚のロースト。

R0046606

「葱油拌麺」。

R0046605

「葱油拌麺」はねぎ油の和えそばで、シンプルなだけになかなか難しい。 

このお店の拌麺は麺の硬さも、油の回り具合も、塩加減も、香菜のからみ具合も、すべて私の好みだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/07/25 Tue 引き続き灼熱地獄と、映像流出。

朝。 同行者が、げっそりした顔で「最上階の部屋で屋根が蓄熱して、冷房が全然効かず地獄だった。ほとんど眠れなかった」と言う。 お察しします。

2-3分外で車を待つだけで頭がクラクラしてくる。 もう何日も気象警告が出ているそう。

午前中。 蘇州で生産ライン確認。 特に暑いラインは屋内だというのに温度計は43度を指している。 

その後、上海に移動。 ランチを食べる時間がないので、デリで調理パンを買って車の中でかじった。

午後。 顧客訪問。

夜。 別の顧客と会食。 昔からの仲間なので、新天地の「The Refinery」というガストロパブに行く。

R0045210

その後、カラオケ。

スタッフが恋ダンスの歌を入れてたけど、ほとんど踊りを覚えてない。 懇親会のためのあんなに練習したのに。

テキトーに合わせて踊る。 終わって席に戻ると、顧客が「その映像持ってる!」と言うので恋ダンスのYoutubeかと思ったら、ゲゲゲーっ! 私たちが踊ってるよー! 懇親会の出し物がこんな所にまで流出してるとは!

グローバル化は確かに進んでる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/07/24 Mon 灼熱地獄の上海・蘇州。

早朝。 5時半に出て、上海に向かう。 

到着前の機内アナウンスで、「上海の気温は東京より10度ほど高くなっております」。 ん? えぇぇっ!! 東京はすでに32度ですけどー。

空港から車で蘇州へ。 蘇州で打ち合わせ。

夜。 まずホテルにチェックイン。 ホテルの部屋のドアを開けたとたん、殴られたような室内の熱さ。 とりあえず冷房だけ付けて、食事に出かける。 

外は熱風、中が寒冷の温度差の繰り返しで体が確実にダメージを受けていく。

いつも行く蘇州の日本居酒屋で。 上海のスタッフが本物のマオタイ酒を持ってきた。 

R0045184

2軒目はショットバーへ。

モヒートを待ってる間にヘロヘロになり、一人で先にホテルに帰った。

ベッドに入ってVPNの設定をしながら、冷房を効かせたまま寝てしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/06/28 Wed 香港から広州へ、電車移動。

朝。 9時半の電車で広州に向かう。 

R0044931

特急列車ってどうしてこんなにワクワクしてしまうんでしょう。 鉄道ファンってわけじゃないんだけど、一番好きな映画が「オリエント急行殺人事件」だし。 

そういえばこの映画、ティム・バートンがリメイクしていて、ジョニー・デップやミッシェル・ファイファー、ペネロペ・クルスなんかが出るそう。 今から楽しみです。

車内。 隣の日本人客は、到着までの2時間の間、ひっきりなしに電話がかかってきてほとんどデッキにいた。 みんな忙しいんだね。

R0044932

食堂車もあって、懐かしい。

R0044938

昼前に広東東駅に着く。 迎えに来てもらって、ホテルで上海のスタッフも合流してみんなで点心ランチ。

鶏の足。 アワビのスープで煮てあり、とても美味だった。 

R0044934

ほかにもたくさん出てきたけど写真は大人数で写真は撮らなかった。

午後。 打ち合わせ一件。

夜。 そのまま、敷地内の迎賓館みたいなところで、会食。 たくさんの鯉が景気よく泳いでいた。

R0044935


R0044936

| | コメント (2) | トラックバック (0)

17/04/19 Wed 広州の朝食。

帰国の日。 

朝。 ホテルの周りは歩き回っても安全と教えてもらったので、ウォーキングに出かける。

金融街だけど、大きな道路の裏は住宅街だ。 緑が多くて、一階が店舗になっていてとても暮らしやすそう。

R0044185

海外出張の私のささやかな目標は、地元の小さなお店で一度は朝食を取ること。
さて、今朝はどんな朝食にありつけるでしょうか。

長年の経験から、路地裏にあって地元の客でにぎわっているお店は外れない。

こんな店や、

R0044194

こんな店など。 観光客ではなくて、地元の客というのがミソです。

R0044196

今日はこの店にしよう。

列に並ぶ前に、客の脇でしばらく観察していると、メニューや注文のシステムがわかってくる。

4個セットだけど、ばら売りもOKだ。 

列について自分の番が来ると、野菜まんと豚肉まんの写真を「ヤッコ(一個)、ヤッコ」と指さすと、うなずいて袋に一つずつ入れてくれた。 しめて、3元(50円)なり。

歩きながら一口かじると、ええぇー!!っと驚くほどおいしい。 野菜は柔らかくほのかに香味野菜の味がするし、皮は固くもなく柔らかくもなく絶妙のあんばい。 記録のために、写真をパチリ。

R0044191

豚肉まんはいかがでしょうと一口かじると、ひー、これもすごくおいしい!!

香味野菜がほんのり香るふわふわの豚肉あんと、たっぷりのスープが口に広がる。 よっぽどお代わりを買いに戻ろうかと思ったが、体重を思い出してとどまった。

R0044192

10時過ぎにホテルを出て空港に向かう。

2時半のフライトが天候のため大幅に遅れて、空港で数時間足止めとなった。 

最近デルタ航空のアメックスゴールドに入会して、何もせずにスカイチームのステータスを手に入れたのでラウンジが使えて本当に助かった。 

帰宅したのは夜中を回っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/04/18 Tue お金のビル。

朝。 仕事に向かう車から、お金の形をしたビルが見えた。 写真ではわかりにくいけれど、ビルの色は金色だ。 あまりの直接的な表現にびっくり。

R0044168

午前中、工場見学。

昼。 敷地内のゲストハウスで昼食をふるまわれる。

ふかひれスープに始まり、豪華な食材がどっさり。 

察しのよい方々はもうお分かりでしょうが、画像の右上にあるのはヘネシーXO。 文字通りの乾杯を何度も行った。 久しぶりです。

Img_0662

そして、燕の巣のダブルリームのデザートで終わる。 

Img_0664

午後。 さらに情報収集の打ち合わせ。

夜。 広東料理のお店に連れて行ってもらった。

お店のシグネチャー料理の、皮つき叉焼。 かなり危険なおいしさです。

R0044171

豆腐と海老の蒸し物。

R0044172

春雨の土鍋。

R0044173

豚肉と青菜の炒め物。 この青い野菜、フキです。 とてもおいしい。

R0044177

黒いチャーハン。

R0044174

こちらも食べたことのないおいしさだった。

R0044175

お店の名前は失念した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

あざみ野 | お勧めアイテム | お取り寄せ | お弁当 | お料理教室 | かみのやま | たまプラーザ | つくば | アフリカ | アムステルダム | イタリア | オランダ | カンボジア | クアラルンプール | グルメ・クッキング | コスタリカ | コペンハーゲン | コリア | サンフランシスコ | シンガポール | タイワン | デンマーク | ドイツ | ドバイ | ニューヨーク | ハワイ | ハンブルグ | バリ | バンコク | フィリピン | フランス | ブラジル | ベルギー | ホンコン | ホーチミン | ホームパーティ | ボストン | ランカウイ | ラーメン | レシピ | ロスアンジェルス | ロンドン | 三軒茶屋 | 上野 | 中国 | 中目黒 | 中野 | 九段下 | 京都 | 人形町 | 伊豆 | 伊香保 | 修善寺 | 八丁堀 | 六本木 | 別所温泉 | 北海道 | 千葉 | 半蔵門 | 原宿・表参道 | 吉祥寺 | 名古屋 | 品川 | 四ツ谷 | 城崎温泉 | 大磯 | 大阪 | 奈良 | 宝川温泉 | 宮城 | 小伝馬町 | 小田原 | 山梨 | 岐阜 | 岩手 | 広尾 | 御茶ノ水 | 恵比寿 | 掛川 | 新宿 | 新橋・虎ノ門 | 日本橋 | 早稲田 | 月島 | 東京・丸の内 | 東北沢 | 栃木 | 根津 | 横浜 | 永福町・浜田山 | 沖縄 | 浅草 | 浅草橋 | 浜名湖 | 浜松町 | 渋谷 | 湘南 | 湯島 | 溜池山王 | 田町 | 白金 | 目黒 | 神保町 | 神戸 | 神楽坂 | 神田 | 福井 | 福山 | 福島 | 秋川 | 立ち食いそば | 箱根 | 練馬 | 群馬 | 羽田 | 自炊 | 草津 | 荻窪 | 菜食 | 蒲郡 | 西荻窪 | 赤坂 | 軽井沢 | 銀座・京橋・築地 | 錦糸町 | 長野 | 門前仲町 | 阿佐ヶ谷 | 青山・外苑前 | 青梅 | 青森 | 静岡 | 韓国 | 駅弁・空弁 | 高円寺 | 高尾 | 麻布