アムステルダム

13/04/12 Fri スキポール空港探索。

朝 バナナ サンドイッチ 
昼 アムステルダム空港の「Grand Cafe Amsterdam」で。 農夫風オムレツ ビール 白ワイン
夜 機内食

朝の5時にフィレンツエのホテルを出て、空港に向かう。 

朝食レストランが開く前に出発するので、昨日のうちに朝食をキャンセルできるか聞いてみたら、キャンセルはできないが早く帰る客にお弁当を用意できるとのこと。 あら、楽しみ。

ということでチェックアウトすると、お弁当の袋を渡してくれた。

Rimg9250_2

中身は、ハムとチーズのサンドイッチ、バナナ2本、りんご一個、オレンジジュース、クラッカーとビスケット。 ありがたい。

午前9時すぎ、アムステルダム空港に到着。 夕刻の帰国便までたっぷり時間がある。 

中心街に出かけて美術館か食料品店巡りをしようと意気込んでいたが、なんとアムステルダムは雨だ、がーん。

雨になると急に不精になるわたくし。 空港にとどまって内部をくまなく探検することにした。

ヨーロッパ域内の免税店、ターミナルの外のショッピングモール、国際線ターミナルの免税店などなどを散歩がてら一つずつ見て回る。

出張が多い仕事柄、免税店では必ず旅行鞄の売り場をのぞく。 免税店に私が愛用しているVictorinoxのスーツケースの軽量版が出ていたので、買うかどうかかなり悩んだ。 (結局買わなかったけど。)

外のショッピングモールはちゃんとしたスーパーから日用雑貨の店まである。 今後のためにもどこになにがあるかわかってよかった。

昼過ぎ。 いつもラウンジばかりなので、たまには空港内のレストランで食べようと「Grand Cafe Amsterdam」に行く。

ビールを頼んでメニューをじっくり見る。

農婦風のオムレツと南アのソービニオン・ブランを頼んだ。 ワインがとてもおいしかった。 パンもおいしい。

Rimg9252

2時ごろやっとラウンジに入り、チーズをつまみにワインを飲んでいるとあっという間に搭乗時刻となった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

13/01/12 Sat アムステルダムで食材店巡り。

朝 ホテルのビュッフェ 
昼 シェラトンホテルのコーヒーショップで。 ビーフコロッケとパン
夜 機内食

帰国の日。

朝。 のんびりと朝食を取るのはひさしぶりのこと。 スタッフが「卵料理なにか作ります? オムレツもできます」と聞くので、「柔らか目の目玉焼き、卵ひとつでいい」とお願いしたら、やっぱり2個で来た。 黒パンのトーストの上に乗せて黄身をつぶしながら食べた。

Rimg8181

午前中。 2時間弱の自由時間あり、アムステルダムに青空市場があればのぞいてみたいと思っていた。 同行者の友人で、オランダ人と結婚して15年以上住んでいる人が、食べもの系の店を案内してあげるとホテルまで来てくれた。 

チーズの店、パンの店、スーパーマーケットなどを回る。 楽しい! 

小さいけれど質のいいものを置いてあるデリに寄ってみる。 

Rimg8183_2

店の奥においしそうなニシンの酢漬けがあったので買った。 店では「コンテを切ったばかりだからどうぞ!」「生ハムも切ったよ」と次々に試食をさせてくれる。全部本物の味だった。 同行者が探していた小さめのモンドールもこの店にあった。

店内のカウンターの向かいのベンチに太った気難しそうなおじいさんが座っていて、オランダ在住のひとが「あの人はオランダですごく有名な食の評論家」と耳うちで教えてくれる。 そして「うちは夫婦で大ファンなの。 目の前にいるなんて!!」と大興奮していた。 

通りには新しくできたスペインのハムの店もあり、 豚の味がずらりと並んでいる。 その場で切ってくれる。

Rimg8184

奥ではタパスやサンドイッチもイートインできて、10時過ぎから赤ワインを注文している西洋人の夫婦もいた。 

Rimg8185

2時間足らずだったが、それぞれに必要なものをゲットした。

空港に向かい、12時からシェラトンホテルでランチミーティングひとつ終えて、やっと仕事から解放される。 

さあ、うちに帰ろう。

空港の手荷物検査でバッグのひとつが引っかかって、若い男の係員が「空けてみろ」と言う。 中から出てきたのは、麻薬でもなく火薬でもなく、オランダ名物のパンケーキミックスだったので、係員が急に「パンケーキだ♪」はしゃぎ出す。 そして隣の係員の男を指差して、私に「あいつ、パンケーキそっくりだと思わない?」と言う。 ぽちゃぽちゃ系で丸い目をしていて、本当にパンケーキみたいな男子だったので、周りも大爆笑。

これが、疑惑のパンケーキミックス。

Rimg8193

パリのドゴール空港で乗り継ぎ、成田に向かう。

和食がまずかった。

Rimg8186_2
Rimg8190

Rimg8192

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12/11/30 Fri 生牛肉のソーセージのサンドイッチ「Ossenworst」。

朝 ホテルのビュッフェ
昼 アムステルダムのスキポール空港のカフェで。 オニオングラタンスープ 牛の生ソーセージのサンドイッチ ビール
夜 ロッテルダムの「Z&M」で。 生ハム 鶉のサラダ チーズとトマトのラザニア チョコレートケーキ チーズケーキ バラのシュークリーム ワイン

やっと展示会が終わりました! 

午前中、ラップアップミーティング。 そしてアムステルダムからロッテルダムに移動。

遅めの昼。 空港のカフェでランチ。 オニオングラタンスープと、

Rimg7686

メインはアムステルダム名物の生牛肉のソーセージのサンドイッチ「Ossenworst 」。 以前見たのはもっと生サラミ!という外見だったが、この店のは限りなくタルタルステーキに近い。 でもほんのりの塩味とハーブの味がしておいしい。 当然半分は他の人たちに食べてもらった。

Rimg7687_4

いろんな食べ物があるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/11/27 Tue 展示会一日目。

朝 ホテルのビュッフェで。 フルーツ ハム チーズ パン レタス 紅茶
昼 手巻き寿司
夜 パーティ料理 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/11/25 Sun ヨーロッパ出張、アムステルダム着、フレッシュミントティ。

朝 フルーツ おにぎり v
昼 機内食
夜 アムステルダムのカフェレストランで。 ハンバーガー 赤ワイン

秋晴れの三連休最終日の日曜だが、今日からヨーロッパに出張だ。

午後、アムステルダム着。 今年のヨーロッパはまだそんなに寒くない。

夜。 みんなでホテルの近くのレストランに食事に行く。

Rimg7621

サラダ。 隣の同僚が頼んだツナステーキ。

Rimg7623 Rimg7626

私が頼んだハンバーガー。 食べ切れなくて、隣の人に食べてもらった。

Rimg7627

食後にミントティーを頼んだら、生のミントティーが出てきてとてもさっぱりする。

Rimg7643

アムステルダムのどの店でもフレッシュなミントティがあり、嬉しい。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/12/03 Fri 雪でフライトキャンセル騒動。

 果物 ハムチーズサンド 紅茶
 アムステルダムのスキポール空港で。 ハムチーズサンド オランダ海老のカクテル フライドポテト マスタードスープ 白ワイン
 機内食 白ワイン

やっと帰国日です! 万歳! 

気がかりはヨーロッパの交通網の乱れ(雪のため)である。 テレビをつけてもずっとお天気のニュースばかり。 最初はウエザーチャンネルかと思ったくらい。

スタッフのフライトもキャンセルになり、みんな代わりのフライトを確保するのに苦労している。

我々のロンドン行きのBA乗り継ぎ便も何度も確認した。 通常運航だ。 よかったね、と安心してゴッホ美術館に出かける。 駆け足だったが、いい美術館だった。 私の好きなピエール・ボナールの絵も数点あって嬉しかった。 今度、ゆっくり来よう。

念のため、早めに空港に行きボードを見ると。 がーん、フライトはキャンセルになっていた!

BAのカウンターは長蛇の列、KMLもロンドンに飛んでいるというのでKMLのカウンターも見に行ったが、BAの列の更に3倍の長さだったのでBAに並ぶ。

数時間並んで、BAが翌日の同じ便を用意したが、我々のロンドン発の今日のJAL帰国便には間に合わない。 JALに電話すると、ロンドンー成田間のチケットを改めて買い直さなければならない、エコノミーで1人片道20万円以上、あと2席しかないとのこと。 とりあえずその2席を押さえて考える。

そのとき。 イギリス人のおばあさんがカウンターにきて「私はもう3日もこの空港にいる。 毎日BAから翌日の便を用意されるけど、その便はいつもキャンセルになる。 もうこれ以上我慢できない。 この航空券は本物なの???」と苦情を言い始めた。

ということは我々の明日のBA便もまたキャンセルになるかもしれない。 やっぱり乗り継ぎは危険だ。

日本は夜の10時過ぎだが、この際やむを得ない。 日本の旅行代理店の担当者の携帯に電話すると、ラッキーなことにたまたま会社にいたので、アムステルダムー成田直行便の空きを調べてもらい、数時間後に出発するKMLの直行便が取れた。 やったー。

BAとJAL便をキャンセルして、KMLのチェックインをして、ほっと一息。 

ラッキー!と思ったが、帰国して事情を聞くと、本当にラッキーだったそうだ。 なんと3日遅れでやっと帰国したスタッフもいたのである。

教訓: 冬のヨーロッパは直行便に乗るべし、やむを得ない乗り継ぎはアジアでするべし。

3時間ほどずっと立ちっぱなしだったから、ゆっくりと座ってワインでも飲もう、と空港内のビストロに行く。 ランチも食べてなかったね。

部下はマスタードスープを頼んでみる。 ひとくちもらったら本当にマスタードの味。

Rimg10205

おつまみにフライドポテトと茹でたオランダ海老を頼む。 ワインに合います。

Rimg10207

うちのロンドンチームと空港でばったり。 彼らはチェックインできたが、ボーディングがまた遅れていると言う。 やれやれ。

免税店のデリでチーズやサラミやクラッカーなど、食品だけ買って飛行機に乗った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/12/02 Thu 展示会三日目。

 フルーツ ハムチーズ野菜サンド 紅茶
 ドミノピザ ビール
 アムステルダムの「Flinckx」で。 サーモンとオランダ海老の前菜 ほうれん草とリコッタチーズのケーキ パンナコッタ ビール 赤ワイン

今日が展示会の最終日。 昨日で帰国する顧客たちも多く、例年通り最終日の午後はゆったりモードである。

この寒さで体調を崩すスタッフがかなり出て、持参した葛根湯はすべて人にあげた。 日本人だけじゃなく、アメリカ人、ウルグアイ人、オランダ人たちも葛根湯を飲んだ。 足りなくなったので体調悪い人にチョコラBBなどもあげた。 

ヨーロッパの出張は汁物が少なくて胸が詰まってくるので、必ず日本食を持参している。 いろいろなカップヌードルのミニ(ほんの少しで気が済むんです)、玄米雑炊、日本茶、梅干、即席味噌汁などなど。 余ったら駐在員にあげようと思ったが、日本人の急病人たちにあげたら大そう喜ばれた。 こちらもすべて消費した。 薬と和食は必須ですね。

夜。 打ち上げの会食。 小さなオランダ料理の店で、我々だけで貸切になった。

まずはビールで乾杯! みなさん、お疲れ様でした。 パンも温かくて嬉しい。

Rimg10168 Rimg10169

メニューはプレフィックスで、それぞれ前菜とメインを選ぶ。

私が選んだのは、オランダ海老とスモークサーモン。 サーモンの下に隠れたオランダ海老は柔らかく味が濃い。 ウイスキーカクテルソースととてもよく合う。 スモークサーモンも今回の出張で食べた中でいちばんおいしかった。 

Rimg10175

わたしのメインはベジメニューで、ほうれん草とリコッタチーズのケーキ。 黒い塊を切ると真緑のほうれん草の色が現れる。 くるみのソースもおいしく、とても満足。

Rimg10178_2

2次会はアムステルダムの飾り窓見学。 死ぬほど寒くて、かなり酔っ払ったイギリス人の同僚が「寒いよー。 どこかのカフェで酒のみたいよー」と3分ごとに同じことを繰り返していた。 それをみんな「そうだねー」と言いながら、完全に彼を無視して飾り窓や教会や運河などを見物して歩いた。

アムステルダムは同じヨーロッパ人ですら褒めるほど、町並みが可愛らしい。

Rimg10184 Rimg10190

Rimg10192 Rimg10196

Rimg10199 Rimg10201

しばらくすると、イギリス人だけじゃなくて全員体が冷えたので、カフェに入り、イエーガマイスターを飲んだ。

うちのチームのブルースブラザーズ。

Rimg10204

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/12/01 Wed 展示会二日目。

 ホテルの食堂で。 果物 ハム・チーズ・野菜・パン 紅茶
 ドミノピザの宅配
 アムステルダムのイタリアン「I'Incentro」で。 コース料理 白ワイン 赤ワイン

展示会二日目。 今日も忙しい。

夜。 顧客も参加して食事会。 ホテルの近くのイタリア料理の店。

ミネストローネのあと、前菜がたくさん出てきたが写真を撮り損ねた。 パスタも数種類出てきた。 ペペロンチーノ、ペンネ、ファルファッレなど。 パスタはやはりちょっと茹ですぎですね。

Rimg10149 Rimg10153

メインは魚介のグリル(とても美味だったが写真を撮り忘れた)、ラムのグリル。 ラムもとてもおいしかった。 外側はかりっとして内側はジューシーで。 味付けもシンプルなのがよかった。

Rimg10154 Rimg10156

白いTシャツに巨乳のライトを写して、みんなで大笑い。 オランダの飾り窓の辺りにはこういうグッズも多いらしい。

Rimg10157

続きを読む "10/12/01 Wed 展示会二日目。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/11/30 Tue 展示会初日。

 ホテルの食堂で。 果物 ハム・チーズ・きゅうり・トマト パン 紅茶
 展示会場のパントリーで。 カップヌードルの立ち食い
 パーティ会場でフィンガーフードを少しつまむ ワイン

展示会初日。 朝から晩まで死ぬほど忙しいいちにちだった。 2年ぶりの展示会なので盛況である。

きちんとした食事を取る暇もなかった。 これを教訓に翌日からみんな朝食をたっぷり取るようになる。

ホテルの前の通りが素敵だったので、写真を撮った。 高級住宅街にあるホテルなのである。

Rimg10143

外はマイナス5度くらい。 でも風が強く、体感温度はもっと低かった。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10/11/29 Mon アムステルダム、夜明けの散策。

 ホテルの食堂で。 オレンジジュース 果物 ハム チーズ パン 紅茶
 ホテルの近くのスーパーから。 お寿司の盛り合わせ 即席味噌汁
 アムステルダムの「串亭」で。 串揚げセット ビール 白ワイン 赤ワイン

今日は午後から打ち合わせなので、8時にウォーキングに出かける。 アムステルダムは8時でもまだ真っ暗で、ベッドに戻りたい気分になるが、運動不足なので出かける。

外は真っ暗だが(私のカメラは真っ暗でも明るく写る)、日常に関わるお店はすでに営業を開始している。 洗面器のようなチーズが山積みになったチーズ屋さん、

Rimg10124 Rimg10126

肉屋さん、パン屋さん。 どの店にも朝食を求めに来た近所の客がいた。

Rimg10129 Rimg10134

1時間ほど歩いて運河を渡るころには空は白々と明けはじめる。

Rimg10131

昼。 近くのスーパーでお寿司のパックが売っていたので、それをみんなで買ってきて食堂で即席味噌汁を作って食べる。 お寿司のお刺身はそれなりだったが、ご飯がじゃりじゃりして、ほとんど残した。

午後は展示会場でずっと事前打ち合わせ。

夜はアムステルダムの串揚げの店で食事。 串揚げにソースが最初からついていて、私にはしつこかった。

Rimg10137_2

ホテルに戻り、数字の最終確認。 真夜中の12時までかかる。 若手たちはさらに2時ごろまでやっていたそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

あざみ野 | お勧めアイテム | お取り寄せ | お弁当 | お料理教室 | かみのやま | たまプラーザ | つくば | アフリカ | アムステルダム | イタリア | オランダ | クアラルンプール | グルメ・クッキング | コスタリカ | コペンハーゲン | コリア | サンフランシスコ | シンガポール | タイワン | デンマーク | ドイツ | ドバイ | ニューヨーク | ハワイ | ハンブルグ | バリ | バンコク | フィリピン | フランス | ブラジル | ベルギー | ホンコン | ホーチミン | ホームパーティ | ボストン | ランカウイ | ラーメン | レシピ | ロスアンジェルス | ロンドン | 三軒茶屋 | 上野 | 中国 | 中目黒 | 中野 | 九段下 | 京都 | 人形町 | 伊豆 | 伊香保 | 修善寺 | 八丁堀 | 六本木 | 別所温泉 | 北海道 | 千葉 | 半蔵門 | 原宿・表参道 | 吉祥寺 | 名古屋 | 品川 | 四ツ谷 | 城崎温泉 | 大磯 | 大阪 | 奈良 | 宝川温泉 | 宮城 | 小伝馬町 | 小田原 | 岐阜 | 岩手 | 広尾 | 御茶ノ水 | 恵比寿 | 掛川 | 新宿 | 新橋・虎ノ門 | 日本橋・東京 | 早稲田 | 月島 | 東京・丸の内 | 東北沢 | 松本 | 栃木 | 根津 | 横浜 | 永福町・浜田山 | 沖縄 | 浅草 | 浅草橋 | 浜名湖 | 浜松町 | 渋谷 | 湘南 | 湯島 | 溜池山王 | 田町 | 白金 | 目黒 | 神保町 | 神戸 | 神楽坂 | 神田 | 福井 | 福山 | 福島 | 秋川 | 立ち食いそば | 箱根 | 練馬 | 群馬 | 羽田 | 自炊 | 草津 | 荻窪 | 菜食 | 蒲郡 | 西荻窪 | 赤坂 | 軽井沢 | 銀座・京橋・築地 | 錦糸町 | 長野 | 門前仲町 | 阿佐ヶ谷 | 青山・外苑前 | 青梅 | 青森 | 静岡 | 韓国 | 駅弁・空弁 | 高円寺 | 高尾 | 麻布