Amsterdam

17/12/02 Sat アムステルダム国立美術館、「Wijnbar Boelen」で、キジ料理。

ほとんどのスタッフは今日帰国するけど、私は来週も打ち合わせがあるので、オランダに居残りです。

朝。 ネットでオランダ国立美術館のチケット(一年間有効)を買っておいたので、居残り組の人と朝一番に出かける。 

美術館に行くなら、事前に切符を入手して朝いちばんに出かけるのが一番だ。 みんながチケットを買っている間にすっと入場できて、じっくりゆっくり見られるから。

目玉作品のレンブラントの「夜警」。

R0050203

友だちの新婚夫婦を描いた絵。 画面からふたりの幸せがはみ出ていて、いちばん気に入った絵だった。

R0050204

フェルメールの有名な絵。

R0050205

この美術館にはフェルメールが4枚あるけれど、2枚は展示されるべき場所に張り紙があり、海外の展示会に出張中と書いてある。 

フェルメール好きの同行者が「前回も2枚貸し出し中だった」と言う。 すると隣にいた日本人の女性観光客が「なになになに、フェルメールがどうしたんですか?」と聞くので、「4枚のうち2枚はいまオーストラリアとアメリカの美術館に貸し出し中ですって」と伝えると、「えーっ、せっかく来たのに。 入場券半分損しましたよぉー。 あーあ」としきりに残念がる。

(あとで売店で彼女を見かけたら、フェルメールの4枚の絵が描かれたコースターだかを手に取って「2枚なかったんだから、絶対にこれ買ってかなきゃダメよ」と旦那さんに力説していた。)

R0050212

ホワイトアスパラガス好きの私は、この絵画を鑑賞しているうちに思わず写真を撮ってしまう。 昔からホワイトアスパラガスってあったんですね。

R0050210

そんなに泣くなよー。

我々が見終わるころには、チケット売り場もクロークも長打の列だった。 クロークの引き取りの列は誰もいない。 やはり美術館は朝いちばんに限ります。

美術館の入口付近では、変わった楽器を演奏していた。 とてもボヘミアンな曲だった。

R0050213

昼。 近くのカフェで一休み。 ビールください。

R0050215

イワシのサラダ。 同行者は「サラダに魚が入っているのが嫌い」と言う。 へぇー、そんな人初めて。 「スモークサーモンもだめですか」と聞くと、「スモークサーモンは平気」とのこと。

R0050217

同行者が頼んだハムのパンケーキ。 さっぱりとしたおいしさでした。

R0050216

夜。 居残り邦人3人組で、第六感に任せてワインバー「Wijnbar Boelen」に入る。

前菜に、生ガキ。

R0050219

シャルキュトリー。 とてもレベルの高い盛り合わせ。

R0050220

鴨の燻製のサラダ。

R0050221

ミニハンバーグ。

R0050223

きじのロースト。 雉、初めて食べました。 火の通し方も素晴らしく、しつこくないソースで、とても私好みの一品だった。

R0050224

同行者がイタリアで教えてもらったという、干しブドウで作った赤ワイン。 軽くないのに濃すぎなくて、とてもおいしい。

R0050222

当たりのお店でした。 

ホテルに戻り、ひとりアムステルダムからロッテルダムのホテルに移動。 居残り組のほかの二人は明日ハンブルグに移動する。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

17/12/01 Fri 美しいアムステルダムの街並み、「A.v.WEES」でチーズフォンデ。

午前中。 チームビルディングのミーティング。

昼。 町のサンドイッチスタンドで、燻製にしんと玉ねぎのサンドイッチを買って食べる。 すごくおいしかったけど、あっという間に食べてしまったので画像はなし。

アムステルダムの町はとてもきれい。 いつも行くロッテルダムは、戦争で古い町並みは破壊されてしまって、こんな風景はない。

R0050149

R0050150_2

午後。 チームビルディングの一環で、エスケープルームに挑戦する。 時間内にヒントを探して、カギを開けて脱出するというもの。

我々のチームは残り時間14分前に脱出成功で、今までの客の中でもかなりの好成績だと監視官の女子に褒められました。 ゴルフや麻雀も性格が出るというけれど、このエスケープルームもかなり性格が出ますね。 

夜。 打ち上げのレストランは「Proeflokaal A. v. WEES」。 オランダジンやビールが楽しめる古いお店。

私たちは早めについて、バーの中二階でビールを始める。

R0050155

おつまみセットは、サラミ、チーズ、ピクルス、ビタボーレン、生ソーセージのOssenworst。 どれもおいしい。

R0050153

みんな揃ってダイニングテーブルに着席。 なぜかステーキがいちばん最初に出てきた。

R0050160

オランダの冬の定番スープ、Enwten。 乾燥いんげん豆のスープで、例のごとく、生ベーコンと黒パンが添えてある。 この店では、白カビのサラミもついてきた。 いつ食べても濃厚だ。

R0050173

今日のメインは、チーズフォンデュ。

R0050161

付け合わせの芽キャベツのバター炒めがとてもおいしかった。 

R0050163

夜のアムステルダムも美しい。

R0050186_2

R0050196_2

ポップなギャラリーでは、今注目の二人の姿が。

R0050190

陶器の骨董品屋さん。 翌日お店が開いている間に行きたかったけど、結局場所がわからなかった。

R0050192

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/11/30 Thu オランダの生ソーセージ「Ossenworst」、「Brasserie Bark」で海鮮料理。

展示会最終日。 

展示会終了後、ホテルに戻る。

ランチを食べる時間がなかったので、ラップアップ会議の前に、昼飯を食べ損ねたメンバーで27日にも行った近くのカフェ「Café Binnen Buiten」に行く。

オランダのおつまみコロッケ「ビタボーレン」。

R0050098

オランダの生ソーセージ「Ossenworst」。 牛肉のミンチに塩やハーブを混ぜ込んであって、けっこう好きです。 

食べきれなくて、テイクアウトして会議室に持って行くと、あっという間になくなった。

R0050095

夜。 みんなで海鮮料理のお店「Brasserie Bark」に行く。

全盛に牡蠣の盛り合わせ。

R0050101

おいしい。

R0050105

アメリカ人のMが頼んだスープがあまりにおいしかったと言って、ぜひ食べてとおすそ分けが回ってきた。 

うん、エビの火の通し方が完璧。 スープも私が好きな透明なスープ。

R0050106

ほかの人が頼んだ、ブイヤベース。

R0050108

魚介のパエリア風。

R0050110

ムール貝。 豪華な料理より、こういうシンプルな料理がおいしい!

R0050112_2

私はメインに、オランダエビの前菜を頼んだ。 みんなのメインをさんざん味見するからこれくらいの量でちょうどいいし、オランダ海老を食べないで帰国する可能性もあるので。

R0050113_2

うん、やっぱりおいしい。

ホテルの近くのスケートリンク。 ひっそりと若者がホッケーの練習をしていました。

R0050114

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/11/29 Wed アムステルダムのガウチョで、肉。

展示会2日目。 

昨日は初日で、夜は顧客を呼んでのレセプションもあったので、写真を撮る余裕はなかった。

夜。 ステーキの店、ガウチョに行く。 今日も前菜をみんなでシェアして、メインを各自注文する。 私はお店のお勧めの赤身の部位にした。 部位の詳細は忘れたけど。

Img_1367_3_2

最近、このくらいの出来なら我が家のキャンプQで焼いたほうがおいしいと思う。

今年印象に残るステーキといえば、なんといってもハンブルグのステーキハウスだ。 この店のステーキは最高においしかった。 柔らかくて肉の密度が高くて、たぶん上手に熟成させた肉だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/11/27 Mon オランダ冬の定番の豆スープと、舌平目のムニエル。

昼。 ホテルの近くのカフェ「Café Binnen Buiten」に行ってみる。 私はお腹がすかないので、豆スープ(Enwten)を頼む。

大体の場合、このエルテンスープを頼むと生ベーコンが乗っかった薄い黒パンがついてくる。 この店もしかり。

R0050084_2

オランダのスープと言えば、定番はトマトスープ。 このエルテンは冬限定のスープ。 乾燥えんどう豆と肉汁で作る濃厚なスープで、体が芯から温まる。

午後。 展示会の事前打ち合わせ。

夜。 みんなで「Loetje」に行く。 カフェ風のカジュアルな店構えで、ふらりと立ち寄るのにいい感じのお店だ。 

なんと日本語と中国語のメニューもあった。 英語の方がわかりやすかったけど(笑)。 

まず、白ビールを頼む。

R0050086

前菜をみんなでシェアして、メインは各自好きなものを頼む。 私は舌平目のムニエルにした、表面がかりりとして白身が肉厚でおいしい。 

R0050091

オランダでは、必ずメイン料理に、山盛りのフリットと野菜サラダがついてくる。 フリットにはケチャップではなくて、マヨネーズ。

R0050092

大好物の舌平目のムニエルだけど、かなり大きくて半分食べたところでお腹いっぱいになり、「余ってるなら食べるよ」と仲間のオランダ人たちが残りを平らげてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/11/26 Sun アムステルダム着、 スペインバルで夜ご飯。

今日から欧州出張です。

久しぶりにKLMに乗る。 提携グループの合理化からか、エアフランスのラウンジはなくなっていて、デルタのラウンジに案内された。 広々として、なかなかいいラウンジだった。

機内で、映画「0.5ミリ」を観る。 奥田英二プロデュース、娘の安藤が監督、娘の安藤サクラ主演、妻の安藤和津が料理コーディネーター、と奥田英二一家の映画。 

奇妙な話なんだけど、安藤サクラの包容力でとてもいい映画に仕上がっていた。

夕方、アムステルダムに着く。 

夜。 みんなでスペインバルに行く。

まず、ビール。

R0050079

大人数なので、セットメニューを頼む。 

前菜の盛り合わせ。 

R0050080

メインの盛り合わせ。

R0050083

カジュアルなのにレベル高いスペインバルだった。 ふらりと入ったお店なので、名前は失念。 ホテルから歩ける距離のロータリーに面したお店なので、時間があるときにグーグルマップでお店を確かめるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/04/12 Fri スキポール空港探索。

朝 バナナ サンドイッチ 
昼 アムステルダム空港の「Grand Cafe Amsterdam」で。 農夫風オムレツ ビール 白ワイン
夜 機内食

朝の5時にフィレンツエのホテルを出て、空港に向かう。 

朝食レストランが開く前に出発するので、昨日のうちに朝食をキャンセルできるか聞いてみたら、キャンセルはできないが早く帰る客にお弁当を用意できるとのこと。 あら、楽しみ。

ということでチェックアウトすると、お弁当の袋を渡してくれた。

Rimg9250_2

中身は、ハムとチーズのサンドイッチ、バナナ2本、りんご一個、オレンジジュース、クラッカーとビスケット。 ありがたい。

午前9時すぎ、アムステルダム空港に到着。 夕刻の帰国便までたっぷり時間がある。 

中心街に出かけて美術館か食料品店巡りをしようと意気込んでいたが、なんとアムステルダムは雨だ、がーん。

雨になると急に不精になるわたくし。 空港にとどまって内部をくまなく探検することにした。

ヨーロッパ域内の免税店、ターミナルの外のショッピングモール、国際線ターミナルの免税店などなどを散歩がてら一つずつ見て回る。

出張が多い仕事柄、免税店では必ず旅行鞄の売り場をのぞく。 免税店に私が愛用しているVictorinoxのスーツケースの軽量版が出ていたので、買うかどうかかなり悩んだ。 (結局買わなかったけど。)

外のショッピングモールはちゃんとしたスーパーから日用雑貨の店まである。 今後のためにもどこになにがあるかわかってよかった。

昼過ぎ。 いつもラウンジばかりなので、たまには空港内のレストランで食べようと「Grand Cafe Amsterdam」に行く。

ビールを頼んでメニューをじっくり見る。

農婦風のオムレツと南アのソービニオン・ブランを頼んだ。 ワインがとてもおいしかった。 パンもおいしい。

Rimg9252

2時ごろやっとラウンジに入り、チーズをつまみにワインを飲んでいるとあっという間に搭乗時刻となった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

13/01/12 Sat アムステルダムで食材店巡り。

朝 ホテルのビュッフェ 
昼 シェラトンホテルのコーヒーショップで。 ビーフコロッケとパン
夜 機内食

帰国の日。

朝。 のんびりと朝食を取るのはひさしぶりのこと。 スタッフが「卵料理なにか作ります? オムレツもできます」と聞くので、「柔らか目の目玉焼き、卵ひとつでいい」とお願いしたら、やっぱり2個で来た。 黒パンのトーストの上に乗せて黄身をつぶしながら食べた。

Rimg8181

午前中。 2時間弱の自由時間あり、アムステルダムに青空市場があればのぞいてみたいと思っていた。 同行者の友人で、オランダ人と結婚して15年以上住んでいる人が、食べもの系の店を案内してあげるとホテルまで来てくれた。 

チーズの店、パンの店、スーパーマーケットなどを回る。 楽しい! 

小さいけれど質のいいものを置いてあるデリに寄ってみる。 

Rimg8183_2

店の奥においしそうなニシンの酢漬けがあったので買った。 店では「コンテを切ったばかりだからどうぞ!」「生ハムも切ったよ」と次々に試食をさせてくれる。全部本物の味だった。 同行者が探していた小さめのモンドールもこの店にあった。

店内のカウンターの向かいのベンチに太った気難しそうなおじいさんが座っていて、オランダ在住のひとが「あの人はオランダですごく有名な食の評論家」と耳うちで教えてくれる。 そして「うちは夫婦で大ファンなの。 目の前にいるなんて!!」と大興奮していた。 

通りには新しくできたスペインのハムの店もあり、 豚の味がずらりと並んでいる。 その場で切ってくれる。

Rimg8184

奥ではタパスやサンドイッチもイートインできて、10時過ぎから赤ワインを注文している西洋人の夫婦もいた。 

Rimg8185

2時間足らずだったが、それぞれに必要なものをゲットした。

空港に向かい、12時からシェラトンホテルでランチミーティングひとつ終えて、やっと仕事から解放される。 

さあ、うちに帰ろう。

空港の手荷物検査でバッグのひとつが引っかかって、若い男の係員が「空けてみろ」と言う。 中から出てきたのは、麻薬でもなく火薬でもなく、オランダ名物のパンケーキミックスだったので、係員が急に「パンケーキだ♪」はしゃぎ出す。 そして隣の係員の男を指差して、私に「あいつ、パンケーキそっくりだと思わない?」と言う。 ぽちゃぽちゃ系で丸い目をしていて、本当にパンケーキみたいな男子だったので、周りも大爆笑。

これが、疑惑のパンケーキミックス。

Rimg8193

パリのドゴール空港で乗り継ぎ、成田に向かう。

和食がまずかった。

Rimg8186_2
Rimg8190

Rimg8192

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12/11/27 Tue 展示会一日目。

朝 ホテルのビュッフェで。 フルーツ ハム チーズ パン レタス 紅茶
昼 手巻き寿司
夜 パーティ料理 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/11/25 Sun ヨーロッパ出張、アムステルダム着、フレッシュミントティ。

朝 フルーツ おにぎり v
昼 機内食
夜 アムステルダムのカフェレストランで。 ハンバーガー 赤ワイン

秋晴れの三連休最終日の日曜だが、今日からヨーロッパに出張だ。

午後、アムステルダム着。 今年のヨーロッパはまだそんなに寒くない。

夜。 みんなでホテルの近くのレストランに食事に行く。

Rimg7621

サラダ。 隣の同僚が頼んだツナステーキ。

Rimg7623 Rimg7626

私が頼んだハンバーガー。 食べ切れなくて、隣の人に食べてもらった。

Rimg7627

食後にミントティーを頼んだら、生のミントティーが出てきてとてもさっぱりする。

Rimg7643

アムステルダムのどの店でもフレッシュなミントティがあり、嬉しい。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

| Amsterdam | Bali | Bangkok | Belgium | Boston | Brazil | Cambodia | China | Copenhagen | Cost Rica | Denmark | Dubai | France | Germany | Hamburg | Hawaii | Ho Chi Minh City | Hong Kong | Indonesia | Italy | Korea | Kuala Lumpur | Langkawi | London | Los Angeles | Netherland | New Orleans | New York | Philippines | San Francisco | Singapore | Taiwan | あざみ野 | お勧めアイテム | お取り寄せ | お弁当 | お料理教室 | かみのやま | たまプラーザ | つくば | グルメ・クッキング | ホームパーティ | ラーメン | レシピ | 三軒茶屋 | 上野 | 中目黒 | 中野 | 九段下 | 京都 | 人形町 | 伊豆 | 伊香保 | 修善寺 | 八丁堀 | 六本木 | 別所温泉 | 北海道 | 千葉 | 半蔵門 | 原宿・表参道 | 吉祥寺 | 名古屋 | 品川 | 四ツ谷 | 城崎温泉 | 大磯 | 大阪 | 奈良 | 宝川温泉 | 宮城 | 小伝馬町 | 小田原 | 山梨 | 岐阜 | 岩手 | 広尾 | 御茶ノ水 | 恵比寿 | 掛川 | 新宿 | 新橋・虎ノ門 | 日本橋 | 早稲田 | 月島 | 東京・丸の内 | 東北沢 | 栃木 | 根津 | 横浜 | 永福町・浜田山 | 沖縄 | 浅草 | 浅草橋 | 浜名湖 | 浜松町 | 渋谷 | 湘南 | 湯島 | 溜池山王 | 田町 | 白金 | 目黒 | 社食 | 神保町 | 神戸 | 神楽坂 | 神田 | 福井 | 福山 | 福島 | 秋川 | 立ち食いそば | 箱根 | 練馬 | 群馬 | 羽田 | 自炊 | 草津 | 荻窪 | 菜食 | 蒲郡 | 西荻窪 | 赤坂 | 軽井沢 | 銀座・京橋・築地 | 錦糸町 | 長野 | 門前仲町 | 阿佐ヶ谷 | 青山・外苑前 | 青梅 | 青森 | 静岡 | 韓国 | 駅弁・空弁 | 高円寺 | 高尾 | 麻布